「生活費折半」するつもりないのに「家事育児折半」

レス176
(トピ主4
お気に入り226

男性から発信するトピ

社会人男

年下の友人男性(31歳)から相談を受けています。

派遣社員の彼女(29歳)から、結婚に関する条件として、
「家事育児折半は当然、生活費は多く稼ぐ方が多く負担」
と言われてるそうです。

友人男性の年収500万円は、彼女の約2倍です(推定)。
彼女の希望する条件に、正当性あるのでしょうか?
そういう条件つける女性のこと、どう思われますか?

ユーザーID:9401967858

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数176

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いまどき?!

    社会人男 様

    当方男です。
    一つお聞きしたいのですがその年下の友人は、結婚するのでは
    なく『共同生活』をしたいのではないですか?

    共同生活なら、彼女の言っている事は間違っています。
    もし、結婚ならば(愛情と言う面で)両者とも間違っています。

    ユーザーID:3877640998

  • 思うに

    結婚するつもりはあまりないということを
    その彼女は暗に告げているんじゃないですか?

    ユーザーID:1488889438

  • 不当です。

    「生活費は多く稼ぐ方が多く負担で
     家事育児は稼ぎの少ない方が多く担当」

    それが基本ルール。

    あとは帰宅時間や体調の良し悪しに応じて
    互いを助け合えばいいのですよ。
    家計管理の仕方にもよりますが
    共働きだとだいたい2パターンにわかれますね。

    <1>お財布が別

    生活費負担額は収入に応じて比例
    この場合「夫:妻=2:1」
    (残金は小遣いまたは各自で貯金)

    <2>お財布が一緒

    夫の給料=生活費+夫小遣い
    妻の給料=貯金+妻小遣い

    彼女がそのように言うその根拠を聞いてみましょう。

    ユーザーID:5171232382

  • 基本はどうだろう。。。

    そこの家庭が話し合いをしてそれで合意が出れば、他のお宅がどうであろうがそれでいいのです。
    となるのではないでしょうか。

    たとえば、生活費が15万かかるとして、彼が10万彼女が5万の支払いということですか。
    これは別におかしくないと思いますが。
    彼が彼女の2倍の収入なら。だめなのですか?

    家事はどうでしょうね。
    お互いの仕事のサイクルもあるでしょう。
    お互いが同じような時刻に出掛けて帰ってくるのであれば、折半もしかたないかも。その代わり、休日に彼女さんに頑張ってもらうとか。

    育児も上記とおなじですが、お二人で作った子供さんなのですから、
    愛情も同率でいいのでは?というか、収入によりけりで愛情半分ですませるわけにはいかないでしょう?

    多分ここで聞いて色々な答えが返ってきますが、彼女が納得しないかぎり引かないと思いますよ。

    よく、お小遣いは収入の10%とかいうんですよね?(私は小遣いがないのでよくわからいですが)
    そう考えると、それぞれ小遣いを取って残りは生活費と貯蓄に回すというのもありかと。
    いろんなプランを考えてみては?

    ユーザーID:4281666215

  • 同じ仕事量でも給料に差はあります。

    派遣社員といってもフルタイム勤務ですよね?
    毎日9時5時働いて、同じような仕事量でも給料に差が出てくるのが男女差です。
    極まれに奥様のほうが稼ぎが良いという人もいるかもしれませんが
    今の日本の社会で本当に男女平等だと思いますか?

    私の考えは夫婦は家族なのだからお財布を一緒にして、
    どちらが生活費を負担するか等と言わず、二人の稼ぎを一箇所にまとめ、
    そこから生活費など出して、余ったら貯金していけば良いと思う。
    夫が倒れれば妻が支え、妻が倒れれば夫が支えていけばいい。

    家事はそれぞれの家庭の考えがあるでしょうが、
    子供に関しては二人の子供です。 どちらが欠けてもできないでしょ。
    育児は夫婦が協力してやるべきです。

    我が家は共働きですが、私が職場復帰するとき主人に提案しました。
    専業主夫になってくれないかな?って。
    主人は「それだけは勘弁してくれ」と言って却下されましたが。

    お金に関して、どちらが損した得したとかせこい事言ってたら
    資産なんか作れませんよ。 家族なんだから二人が稼いだお金は二人のものでいいじゃないですか?

    ユーザーID:0330998616

  • 何を持って「折半」とするか…

    どう思うかと言えば、「派遣もそろそろ危ないし適齢期だし結婚しとくか、でも面倒が増えるのは嫌だなぁ」と思ってそうな女だなと思います。また「結婚して子供産んだ時に夫が非協力的だと嫌だから、先手を打っておくか」とも思ってそうで計算ちゃんだなとも思います。

    問題1
    そもそもお二人が考える家事のレベル感のすりあわせから必要ですよね。
    女性はぴかぴかで毎日掃除機かけないと気が済まないのに、男性はそんな必要ないと思っていると、どうしてもうまく折半できませんから。

    問題2
    バリバリに決めてしまうと後々「決めたのに」と言われそうで嫌ですね…。
    3か月に一度見直しをするなどの修正補正案の余地を残しましょう。

    問題3
    その女性、派遣で年収250万円って全然残業ないですよね。
    (自給1,300円でも8時間/日×22日/月×12か月/年で270万ちょい)

    本当に公平を期すなら、平日の家の平均滞在時間(睡眠時間除く)の比率から家事育児分担比率を計算すればと思います。

    女性:5時終業、男性:9時終業で11時就寝として、
    女性:男性=6:2=3:1ですから、そのくらいなら負担できるんじゃないですか?

    ユーザーID:9321084812

  • 人それぞれ。正当性って何?

    結婚してからもめたくないから、先に条件つけてるんでしょう。
    ライフスタイルは変わっていくので、結婚前の条件がずっと当てはまるわけではありません。

    私の場合、生活費は夫、私の収入は全貯金。
    夫の方が忙しく残業が多いので家事は私がほとんどしています。
    しかし、夫が早く仕事が終わった時は料理をしてくれたりしますし、手伝って欲しい時は手伝ってくれます。
    貯金はその後、家を建てるときに頭金や引越し費用に使ったり。
    でも、これだって一例にすぎません。

    正当性って・・・家事育児って物があってきっちり分割できるような事項じゃないですよね。
    お互いその二人がどう思うかでしょうね。
    家事育児折半が当然というのがひっかかんですね?
    じゃあ、逆にどうしたいのか提案すれば良いのです。

    話し合いで納得いかないなら、結婚はおすすめできません。
    結婚しても話し合いで解決できないのでうまくいかないです。
    そうなった時に小町に相談しにくるのでしょうか?

    それと、派遣社員であれば契約がきれたとき、0円になります。
    次の仕事が滞りなく紹介がくるかわかりませんよ。

    ユーザーID:8726323154

  • 放っておけ!!

    大変失礼なのは承知していますが、その友人男性、あまりにも情けない・・・・・
    ついでもそんな相談を掲示板で聞くあなたも30過ぎた男性として非常に情けない・・・・

    男と女の関係に他人がたとえ相談されても首を突っ込むのは野暮ってもんですぜ。
    (最低限、自分の中だけで消化して、口には出さないでくださいな)
    別に国が強制して友人男性がその彼女と結婚させる訳ではないでしょう。
    「大の男が31にもなったんだから手前で考えやがれ」と突っぱねる位が本当の友情でしょう。

    (あぁっ、情けなや情けなや)

    ユーザーID:9681977545

  • 労働時間に応じては?

    収入の多少は、男女の違いや雇用状態の違いなどで、致し方ないこと。
    収入が多いからといって、家事の負担を少なくしろと主張するのは、ズルイです。

    でも、全くの折半にしろとは、私も思いません。
    私が共働きの頃に感じたのは
    「労働時間を考えて欲しい」
    でした。

    ヘトヘトになりながらも、夕食の準備をしている横で「稼ぎのいい」夫が、ヘラヘラとテレビを見ていたら・・・殺意が・・・湧いてきます(笑)

    ユーザーID:7993659729

  • 結婚は正当性を追求するものじゃないよ

    「そういう条件でもOK、それでもこの女性と結婚したい」と男性が思えば全然問題ないと思います。

    その友人男性は
    ・条件をのんでその女性と結婚する
    ・彼女を説得して自分の思う条件で結婚する
    ・彼女との結婚自体をあきらめる
    のいずれかを選べばいいだけのことです。

    「彼女の条件が正当かどうか」友人に相談し、その友人がこういうトピ立てるなんて30代にもなって幼いと呆れます。

    世の中にはいろいろな夫婦がいますよ。女性が家事、育児から経済的責任まで負って夫に自由なことをさせ、それでも幸せだと感じているケース、夫または妻に複数の愛人がいるが、それでも不幸と感じず相手を愛して結婚生活を続けているケース。
    法に触れたり社会に迷惑を及ぼしたりするのでない限り、「家事育児折半は当然、生活費は多く稼ぐ方が多く負担」なんて当時者同士の問題です。

    結婚前なのだから条件が嫌なら断ることもできて何の問題も無し。

    ユーザーID:8690235699

  • 参考になるかどうか・・・

    大学生の息子がいます。
    小町を見るようになってどうやら最近の若い女性は私が若いころとはずいぶん違った価値、スタンスをお持ちだということを知り、なんとなく息子にトピ本文に似たことを聞いてみました。

    息子の返答

    「はぁ〜〜〜??んなもん世の中のおんな全員がそんなこと言ってないし、俺はそんな女は絶対に選びません、そんな女ばっかりじゃありませんよ。ったく小町ばっか見てんじゃねえっ!!!」

    こう言われました。なんとなくホっとした母でした。


    「もうさ、結婚なんかしなくていいからさ。そうほうが自由だし、私も目障りな姑と思われるの厄介でめんどくさいし」
    こう言ったら

    「はい、はい。」とあっちの方向いて呆れ顔であしらわれました(笑)

    ユーザーID:9918670448

  • 相手の男を信用していない、愛していない感じ。条件で選ぶタイプ

    >そういう条件つける女性のこと、どう思われますか?

    相手の男を信用していないか、愛を信じていない感じがします。
    または、結婚は経済契約主義者、かなと思います。
    ドライな感じ。

    言わなくても相手が、ちゃんとしてくれると判っていれば、
    条件としてわざわざ言うことはないと思います。
    条件として言わなきゃ、何もしない男と思っているのかもしれないですね。
    あるいはあまり愛情が無いのかも。

    条件ということは、
    この条件を満たすなら結婚してあげるけど、
    満たさないなら結婚しない、っていう感じですよね?
    「相手が誰か」で結婚を決める人じゃなくて、
    「条件」で決めるタイプの人かもしれないですね。

    ユーザーID:8736449645

  • 結婚生活は人それぞれ

    結婚生活は仕事ではありませんので、当人同士が納得していればどんな条件であろうと、他人がアレコレ言う資格はないと思います。

    >「家事育児折半は当然、生活費は多く稼ぐ方が多く負担」
    良いんじゃないですか。2人が納得していればね。
    世の中には「生活費は折半当然、家事は早く帰宅した方、育児は妻」という家庭も多いですよ。

    ご友人は年収が2倍でも妻と生活費を折半したいという主張なんですよね?でも妻の方は違う価値観ならどこかで折り合いをつけないといけませんね。全て折半で損得勘定ばかりの結婚生活をおくりたいのなら同じ価値観の女性を見つけるしかありません。勿論、産休も妻と夫で折半が正当ですよね。出産は折半出来ませんよ。この場合は夫は何をすれば同等になるのかしら?

    ユーザーID:4169218453

  • 仕事量の少ないほうが家事を多く負担

    私の考える平等はこうです。
    仕事プラス通勤プラス家事育児の時間が同じ。
    よほどのガテン系重労働で無い限り。
    それだと時間が短くても体力消耗するから。

    家計に関しては、夫婦別会計の生活費折半という考え方自体が理解できないので。

    ユーザーID:7559061816

  • ここは女性が多い場ですよ

    きっと女性よりの意見の方が多いと思いますよ。

    当方女性ですが、フルタイム勤務も専業主婦も両方経験しておりますので
    どちらの言い分も分かる気がします。
    負担をどうするかなんてそのときになってみないと分からないのに・・・。

    私は現在非常勤の専門職ですが、夫に何かあった時(事故、病気、不祥事などなど)は
    自分が大黒柱になる気でおり、その備えもあります。
    その結婚相手の女性にはそれだけの心づもりがあるのでしょうか?
    今の社会で500万の年収を稼ぎ出すことの責任とそれに伴う
    疲労を分かっていらっしゃるのでしょうか?

    また、その男性には家事育児の大変さが分かっていらっしゃるでしょうか?
    全く折半できないにせよ、奥さんをねぎらい時にはいたわり、週末くらいは一緒に家事をやるぐらいの
    心づもりがおありでしょうか?

    そもそも結婚前に家事育児の分担なんていう小さな条件を提示するなんておかしいと思います。
    「どうしていきたい?」と話の流れで二人で話し合うものではないですか?
    一人で考え詰め、結論を突きつけるような方との結婚自体をお考えになった方がいいと思います。

    ユーザーID:0663791207

  • 女性の立場ですが・・・・・・(その1)

    その彼女の意見は、個人の考えなので、どうのこうの言える筋合いでは
    ないと思います(一般論ではないので)。
    ただ、生活費の負担との兼ね合いについての話は別として、
    「家事を男女平等に」という女性ほど、結婚生活での夫に対する不満が
    多くなりがちだと思います。

    何事も、平等とか、半々とかって難しいじゃないですか。
    男性側もなるべく「平等に」と心がけたところで、家事には育児も
    含まれると考えるとしたら、女性じゃないとやれないことがたくさん
    あるし、
    正社員で働いている男性のほうが、残業や仕事上の付き合いなども
    あるでしょうから、家時間に余裕がある派遣社員の女性のほうが、
    家事をすることになるのは当然だと思います。
    その結果、妻の不満になるなら、夫婦の不幸の始まりですよね。

    なので、同僚さんには、
    「彼女に、自分もなるべく家事をやるようにはするけれど、
    (上記のような理由で)、厳密に半々は無理だと思うし、それが
    不満なら、結婚は考え直したほうがいいね、と釘を刺して
    相手の出方を見るといいよ」ってアドバイスすると思います。

    ユーザーID:5261459256

  • 仕方ない

    女性と男性は完全に平等な競争ができているわけではありません。

    子育て中に働けなくリスクを現時点でとっているとみなせば、共働きのときの条件としては言い分も解るような。

    嫌ならば相手を変えるのも含めて話し合いですね

    私はその男性より年収が多いですが、万一男性の年収が低くかったとしても、ふたりの収入を足して必要経費を支払っていくつもりです。

    妊娠出産時に折半なんてなったらやってられないので。

    ユーザーID:9854011357

  • おおきなお世話

    言い方にもよりますが、至極真っ当ではないかと。
    当方は30代九州男児です。
    まずトピ主さんの考えがおかしい。
    家庭内での家事労働の割合に収入は関係ないと考えています。

    例えば会社で考えれば当然ですが同じ会社、同じ労働条件で500万円と200万円の収入なんて当たり前なのでは。
    それを家に帰って収入が少ないので、余分に家事をしろなんて言えば、誰もが納得しないのでは。
    もちろん趣味程度の仕事で家計の足しにもならないなら家事をしてくれと考えるかも。

    それと友達はラッキーかも。専業主婦を配偶者にもつ殆どの人は月数万円のお小遣いでやりくりしてるんだから

    ユーザーID:3153669636

  • 結婚前に相談するのは当然と思います

    ただ、これが叶わないと結婚しないと言うことでしょうか?
    それとも結婚することが前提で今後の生活設計の相談でしょうか?
    前者であればそんな一方的な条件出す人はお断りですが・・・。

    私だったら、まず家事育児の分担割合は、勤務時間の割合に比例させると思います。

    夫婦別会計にするなら、その上で家事分担割合で生活費を計算します。

    勤務時間と通勤時間が夫12時間、妻9時間なら家事割合は4対3。
    生活費分担も4対3。

    生活時間を考慮に入れないとどちらかの不満が出ると思います。

    ご友人達の勤務時間がわかりませんが、家事育児折半なのに生活費負担も折半ってアンフェアです。

    ユーザーID:1785166705

  • 女性の立場ですが・・・・・・(その2)

    続きです。

    ちなみに我が家の場合、夫婦とも正社員。
    年齢差があるせいもあって夫の年収は、
    私の2倍以上あります。

    基本、家事は全部、私がやっています。
    夫は、私のPCの手入れ(ウィルス除けとか)、
    高いところの電球を変えるとか、
    私がほんとうに出来ないことはやってくれるので
    とても感謝しています。

    共働き夫婦の家事分担に関する妻側の不満を
    よく聞きますが、
    夫への家事への貢献期待度が高ければ高いほど、
    不幸のもとだなぁ、と思ってます。

    ユーザーID:5261459256

  • この場合は

    トピ主さんのご家庭がどうなっているかわかりませんが・・・
    相談内容からして彼女が正しいです。
    結婚後も仕事を続けるなら家事育児の折半は当たり前です。
    収入の多い少ないにかかわらず会社に勤めているなら立場は対等です。
    お互いに収入が同じぐらいなら折半でいいと思いますが2倍の差があるなら収入が多いほうが多く出すのも必然では?

    友人は結婚をなんだと思ってるんでしょうね。
    私から見たら友人は、経済的自立していて自分の身の回りの世話を全てしてくれて夜の相手もしてくれる都合のいい女が欲しいと言っているのと同じです。
    違うと否定しても言い訳ですよ。

    育児については折半は当然です。たとえ奥さんが専業主婦でもです。生むのは女性ですが育てるのは夫婦です父親を放棄するつもりですかね友人は?お金を稼ぐだけが父親ではありません。休みの日にちょっとかまえばいいとでも?ありえない!保育園の送り迎えも交代ですよ
    専業主婦なら土日休日は子供の世話をするのが当然です。父親なんだからね。

    私が友人の彼女の友達なら結婚を考え直せと忠告します。
    だって結婚する意味がないですもん。

    ユーザーID:3300992515

  • レスします

    どう思うかって?どう言う意味でしょうか?

    質問ですが、全額負担したかったのでしょうか?それとも、お手伝いさん代わりに結婚するつもりだったのでしょうか?

     それが判らない限りお答えしようがないのですけど…

    年下の友人男性(31歳)には正当性がありますか?
    いやなら結婚しなければ良いことです。

    ユーザーID:7646443158

  • 収入は拘束時間に比例しませんからなぁ

    1.家事育児折半の件

     トピ主の友人男性が妻に対し、「収入が少なくても、健康であれば働くべき」
    という考えを持っており、妻がフルタイムで働くことを前提とすれば、

    ・女性はフルタイムで働いていても、男性ほど収入が無い場合が多い。
    ・収入が少なくてもフルタイムで働けば、当然拘束時間は長い。
     (残業等で多少の違いは出てくるでしょうが、起きている時間の多くを
     仕事で拘束されるのはどちらも同じ)

    …という点から、仕事で拘束されない時間(自由になる時間)の量で
    家事を比率を決めるのが妥当だと私は考えます。
     そうでなければ、男性の収入が格段に多い場合、女性は寝る暇もなく
    家事をしなければならず、それが健全な家庭の姿かという点で
    疑問を感じるからです。
     もっとも、片方の収入が極端に多いなら、もう片方は仕事をせず
    家事比率を10:0にすることも妥当な選択と思います。

    2.生活費の件

    収入の比率で負担比率を決めるのも妥当だと思いますし
    収入の少ない側に合わせ、両者同額の負担で生活が成り立つならば
    それも妥当だと思います。

    ユーザーID:0252735830

  • ありだと思います

    結婚は二人がするものなので二人が納得するのであればなんでもありです
    正当性は関係ありません。
    小町を見ても自分の条件は一切無視して結婚相手の条件を好きに並べている人もいますし、実際その同じような条件で結婚されている人も多くいると思います。

    ユーザーID:7031924078

  • 理解できない

    私は生活費って折半するものじゃないという考えです。お互いの収入はまとめて夫婦・家庭の収入とみなします。
    どっちが「○○費担当」とか決めないです。
    そういう意味でその女性の言い分は私は理解できません。

    ユーザーID:1883184060

  • ジョークでないことを前提として

    男女同権の社会でそんな理屈が通るとも思えませんが…
    年を追うごとにその友人の待遇が悪くなっていくのは目に見えていますね。

    家事育児折半?家にいる時間が長い方が多くやればいいんじゃないですか?派遣社員ならほとんど定時に帰れるのに、正社員の友人のように残業等で長時間仕事をした上に、家事までするんですか?その間、嫁は居間でテレビでもみてるんですか?

    生活費は多く稼ぐ方が多く負担?使った分だけ負担すればいいじゃないですか。衣食住を平均したら、男と女の生活費はそう変わりはしないはずです。(男は食費は多いかもしれないが、被服代はそれほど多くない。女はその逆。)

    結婚前からそんなことを言ってる女性を嫁に貰うのは、リスクが大きいように思います。

    『愛があればいいじゃない。』とかいう女性の言葉をよく聞きますが、愛があるのは男性側も同じであり、男性のみが負担を強いられる理由にはならないはずです。

    金がらみなので、バーナード・ショウの格言を一つ。
    『できるだけ早く結婚することは女のビジネスであり、できるだけ結婚しないでいるということは男のビジネスである。』

    ユーザーID:1685576897

  • その情報では判断し難い

    お互い残業無しなら、家事負担も半々で公平になる可能性もありますけど、普通それだけ収入差があれば実際に家事をする時間が限られますから、ほどよく公平になると思いますよ。
    また、生活費が収入割として、単純換算で夫250万、妻125万入れたとして、使えるお小遣いは100万円以上も差が出ます。いっけん公平ですけど、それで良いと思えますかね?

    ユーザーID:1871566580

  • カップルごとで考えは違うでしょうが

    生活費きっちり折半で家事もきっちり折半が良いというお考えでしょうか?
    確かにそういうご夫婦も居るでしょうが、わたしの感覚だとそれは結婚というより同棲に近いですね。

    それに出産は折半できませんよ?
    育児もきっちり折半!!なんか実際にはできません。
    パパは母乳はでませんから。
    それに産休育休を取るのはやはり女性で、その分生涯賃金が変わったり、仕事を失うリスクもあります。

    子供は産んで欲しいけれどすべて折半、という条件をつけてくる男性の方が私にはおかしく感じます。
    少なくとも伴侶としては考えたくないです。

    ユーザーID:3120088067

  • それくらい 太っ腹でなくちゃ (当方男性)

    >「家事育児折半は当然、生活費は多く稼ぐ方が多く負担」

    度量の深さを見せてあげる気はないのかな?

    現実問題として、家事育児折半については、気持ちは100%あっても困難(できっこない)。
    であるからして、生活費は多く稼ぐ方が多く負担は覚悟しておくべし。

    ユーザーID:6653514797

  • フルタイムで働くなら

    普通じゃないかなぁ。特に何とも思いません。
    稼ぎが少ないから、家事を多く負担しろって言う男性の方が、なんだか思いやりを感じないなって思いました。
    私も夫の半分の稼ぎしかなかったので、なるべく家事はすべて自分がやろう。って思ってましたが、夫はすごく分担してくれました。
    お互いに、助け合う気持ちが足りないように思います。

    ユーザーID:3733022508

レス求!トピ一覧