「そもそも論として」という言い方はおかしいでしょうか?

レス63
(トピ主1
お気に入り37

キャリア・職場

ぽてじ

30代男性です。

会話で、私は「そもそも」というべきところを「そもそも論として」といってしまうことがとても多いようです。
あまり私は違和感を感じないのですが、みなさんは「そもそも論として」という表現に違和感を感じますか?

ちなみに・・・

「全然OK」には違和感を感じていましたが、ここ3年ほどで慣れました。今はほとんど違和感を感じません。
「ホームページ」も今は違和感感じません。自分では「webサイト」しか使いませんが。

日本語乱れていますかね?

ユーザーID:5234537973

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 普通

    会話では「そもそも論として」を使うのは 堅苦しいと思います。
    「そもそも」ですら 会話で使われたら嫌かもです。
    批判的否定的な内容の前につける言葉ですよね。

    そんな話を聞く相手の立場になって考えて見て下さい。

    ユーザーID:1979481259

  • そもそも

    「そもそも論として」という言葉はあるんですかね?

    私は初めて聞きました。

    ユーザーID:2574773282

  • 変ですね

     そもそも論なんて、はっきりいって
     日本語ではないです。新語でね。
     でもやっぱり変です。

    ユーザーID:4889411182

  • 違和感を覚えます

    「そもそも論」って何の論理のことですか?「論として」をつけなくても「そもそも」だけで意味が通じるので、違和感がありますよ。
    それと、違和感は「覚える」ものです。トピ主さんは「違和感を感じる」を多用しておられますが、「頭痛が痛い」、「借金を借りる」、「今の現状」などと同じく二重表現です。

    ユーザーID:6034110939

  • 私は耳慣れませんが

     変といえば「論」は「結論」「理論」などの形で使いますが「論」単体では使わない・・・と思う程度です。

     変ですかと言われると、その人の特性だと思ってしまえば変ではありません。一種の流行語のようなものかと思って聞き流します。

    ユーザーID:0902475800

  • 初耳でした!

    初耳だったので思わずググりました。
    「そもそも論」という言葉があるんですね、へー。
    (でもこの言葉自体、私にはまだしっくりと「そういう意味、使い道か!」とまでは腑に落ちてません)

    こんな感じなので「そもそも論として」とよく使われたらかなり違和感あるでしょうね。何が言いたいんだろう?と思うと思います。そこに耳が行ってしまってそれに続く本題に集中できないかも。

    「そもそも」ですむのならそのほうが耳障りでないと思います。

    私はウェブ製作をしていた事もあるので「私のホームページ」という言い方はかっこ悪いと感じて「私のサイト」と言いますが、製作にあたってクライアントにはホームページとわざと使いますね。特に「これが初めて」という方にはホームページのほうがしっくりくるようなので。

    ユーザーID:0513674349

  • 酒の席では

     いいんじゃないでしょうか。特に二次会か三次会でかなり出来上がった状態なら。

     他社の重役が居て、自社の命運をかけた場面なら、トピさんの会社の品格が問われることにはなりましょうね。少々幼稚に聞こえますから。

    ユーザーID:4807864205

  • 意味がわからないと

    思います、そもそも論って言われたら。。「そもそも」を「そもそも論として」に置き換えてると分かったら、変な言葉を使う人だなあと思うでしょうね。自分自身、話は下手だし、言葉使いもそんなに良くはありませんが。

    ユーザーID:5518702115

  • 日本語として「正しい」かどうかは結論が出ない気がしますが、

    そういう言い方する人は結構いるし(特に職場など)、日本語としては
    わりと最近使われ出した言い回しなだけに違和感を持つ人はいるでしょうが、
    私としては「間違った言葉づかい」と言うほどのものではないと思います。

    それに、「そもそも論として・・・」と言いたい所であれば、単純に「そもそも」に
    言い換えてしまうというのも、なんかニュアンスが変わってしまう気がします。

    私が思うに、
     ・「そもそも・・・」というのは、「そもそもこういう話だった」ということを、
      “単に相手に言いたい時”に使う。

     ・「そもそも“論”として・・・」というのは、「そもそもこういう話だったはず
       だが、その発端が忘れ去られているのでは・・・」といった状況の時に
       そもそもの発端に立ち返った“論理的思考を相手に求めようとする”ような、
       ただの「そもそも」より、やや強調のニュアンスがある。
      (相手にも改めて考えさせたい、みたいな)

    そういうわけで、単なる「そもそも」とは別に「そもそも論として・・・」という
    言い方も存在意義はあるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:6049014054

  • 例文です

    そもそも論として、わたしは日本人なので英語のことは全然わかりません。
    いや、一応中学生くらいの英語ならちょっとはわかるかもしれません。

    そこでホームページとwebサイトの意味がどのように違うのか検索サイトのwebサイトから(あっ、いやホームページかな?)オンラインで英英辞典のあるホームページにたどり着きました(あれ?webサイトかなぁ?)。
    あぁ、わたしにはホームページもwebサイトも全然同じに思えます。

    そして私のつたない英語力でhome pageとweb siteと引いてみると、確かにホームページとwebサイトの意味って違っていました。
    まったくもってしかり、確かに日本語は乱れています。すべてあなたのおっしゃていることはそのとおりでした。

    でも全然OKですよ。
    言葉っていうのはどんどん変化していくものですからね。

    あっ、そうそうそんな私でも「一生懸命」ていう言葉には抵抗を感じます。
    でも今はそういう使い回しもOKなんだそうですね。

    ユーザーID:2929277324

  • 初めて聞きました

    タイトルの通りです。

    違和感があるというか、「そもそも」と要点を言いたい割にまわりくどい印象です。
    違和感云々の前に、おっしゃりたいことは普段きちんと伝わっていますか?

    「違和感を感じる」についても私はしつこいなと思っていますが、これは普段はいちいち気にしないことにしています。

    ユーザーID:8820574233

  • 気にしないと思う

    初めて触れる表現ですが、普通の会話なら気にしないと思います。「そもそも私の論としては」や「そもそも一つの論としては」と解釈して流すような気が。公的な発言ではあえて省いているのかと胡散臭くなります。

    ユーザーID:5185430736

  • 「違和感を感じる」も違和感を感じます

     大学時代に国文科に在籍していた者ですが、「ソモソモロントシテ」は初めて聞きました。一体どこから生まれた言葉ですか?トピ主さんが勝手に作り上げた言葉ではありませんか?素直に「そもそも」と言えばいいのに、何故わざわざ「論として」を足して長くしているのでしょう。私の周りに「ソモソモロントシテ」と言う人はいませんが、いたら「ソモソモロントシテって何?」と尋ねると思います。「そもそも」そんな日本語ないと思いますから。

     あと「違和感を感じる」も「違和感を感じ」ますね。私は「違和感を抱く」「違和感を覚える」と言っています。「違和感」という言葉は「違和を感じる」という意味の言葉なので、そこに「感じる」を使ってしまうと「違和を感じると感じる」という意味の分からない日本語になってしまうと考えているからです。こう書くと「それは違うと思います」などとお節介な横槍を入れてくる人がいるかもしれませんがね。

     日本人として少しでも正しい日本語を使うように努力しませんか。ホームページとかウェブサイトとか、そんな言葉はこの際はっきり言ってどうでもいいとさえ私は思います。

    ユーザーID:7010781877

  • おかしかないが 使いすぎは良くない

    なんと申しましょうか これってかなり上から目線の言葉ですよね。
    役人言葉とでもいうのでしょうか、上からの目線で下の人間に「お前には分からんだろうから最初から教えてやるぞ」的に使う人が多いので あまり使うと嫌な奴というイメージがついちゃう言葉ですよね。
    どうでもいいことをさも重大なことのように言っているという印象もありますしね。
    あと議論自体が行き詰まった時に出てきやすい言葉なので そもそも論〜と誰かが言い出した時はいったん休憩を挟むタイミングでもあります。

    というか オヤジ言葉ですよね。
    この言葉を使い出したら「ああ、オヤジの仲間入りだ・・・」と哀愁が漂ってきます。
    日本語は乱れながら流れていくものです。
    臨機応変にするのがスマートでしょうね。

    どんな言葉でも同じ言葉を何度も使うのは見栄えがよくありません。
    同じ意味でも違うバリエーションを揃えた方が相手への説得力のある武器になるのではないでしょうか。

    ユーザーID:6841956477

  • 会社の50代の上司もです

    口癖なのでしょうけれど、一日に何度も何度も「そもそも論として」と言うんです。私はそのたびに違和感を感じ、心の中で「”そもそも論”なんて言葉は無いよ!」と叫んでいます。

    その他にも文法的におかしい日本語や、造語(?)のような単語を頻発しながら何だかんだと言うのですが、話の内容よりその間違った言葉の使い方へ気を取られます。

    ユーザーID:6950775347

  • 職場用語?

    夫が「そもそも論として」を使います。
    他にも「喫緊の」とか、学生時代は使ってなかった言い回しを仕事を始めてから色々使うようになったので(夫とは学生時代の友人)、職場用語なんだなと思っていました。

    でも、別に局地的に使われている言葉じゃなかったんですね。

    そういえば、小泉総理が「骨太の改革」を掲げていた当時、耳慣れない表現だなと思っていたら友人が「骨太の〜って、開銀の人がよく使ってたよ。開銀用語なんじゃない」と言っていました。
    ブレーンの竹中大臣は開銀出身ですものね。

    今までと違う何らかのニュアンスを込めたいとき、ちょっと変わった言い回しをしてみたいということはあるでしょう。
    日本語の乱れとは思いませんが、あんまりやりすぎると鼻につくので、控えめに使った方がいいと思います。
    私は夫が「そもそも論」を連発すると、「そもそも論として、それ日本語としておかしいから!」と意地悪してしまいます。

    ユーザーID:9659873167

  • 違和感あります

    使う人がいるのは知っています。聞いたこともあります。
    いわゆる「オトナ語」なのでしょうね。
    私は非常に違和感を覚えますが。

    そもそも(笑)「そもそも」と「そもそも論」は同義語なんでしょうか。
    なんか違う気がするんですが。
    「そもそも」と言うべきところに「そもそも論として」と使うのはおかしくないんですか?
    私のイメージでは、じゃぽんさんがレスしていらっしゃるように使い分けるものかと。
    そういう使い分けなら、一応「そもそも」「そもそも論」共存はありかなと思います
    (個人的には「そもそも論」は変な言葉だと思っているので、あまり認めたくない
    気持ちだったりしますが)。
    でも、トピ主さんのように同義語として使うのなら、「そもそも」と普通に言って
    いただきたいし、そうすべきじゃないかと思います。

    「そもそも論として」を連発されたら・・・。
    そうですねー、なんか「説教好きなおじさん」という印象かしら。

    ユーザーID:8405705896

  • それ、見ました!

    strangeさんの意見に同意します。

    「そもそも論」は、そもそも日本語としてどうか?
    違和感を感じるか?正しい使い方なのか?
    という以前の言葉だと思います。

    つまり、職場用語というか、特殊用語というか…。
    議論するまでもない言葉というか。

    糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」から出た
    『オトナ語の謎』という本があります。
    たしか「そもそも論」が載っていたと思います。

    他にもおもしろいオトナ語がたくさん載っていたので
    ぜひトピ主さんに読んで欲しいですねー。

    そんなに気にしなくてもいいですよ、オトナなんですから。

    ユーザーID:8396421645

  • 「そもそも論として」はおかしい。

    私の理解では、「そもそも〜」とすべきです。では「そもそも論」がないかといえば、辞書にはなくても、造語として使われるのではありませんか。

    「そもそも〜」といった、原理・原則に立ち戻るような論の立て方を意味します。ふつうは、「それはそもそも論で、そんなことを言い出したら、現実の問題として議論がすすまない」いったふうに、否定的ニュアンスがあります。

    ユーザーID:9263369126

  • 28歳主婦さん

    ごめんなさい。
    「お節介な横槍」とは思わず、素朴な疑問なので教えていただけませんか?

    <「違和感」という言葉は「違和を感じる」という意味の言葉なので、そこに「感じる」を使ってしまうと「違和を感じると感じる」という意味の分からない日本語になってしまう

    たしかに。
    「頭痛が痛い」のようなもんでしょうか。
    でも「違和を感じると感じる」が変なら、
    「違和を感じると抱く」も「違和を感じると覚える」も変だと思ってしまうのですが…。

    ごめんなさい!
    国文科卒と書かれていたので、ちゃんと理由を知っているんだろうと思って興味があるだけなんです。
    できたら教えてください。

    ユーザーID:6641025377

  • ある世代以上のサラリーマンに流行した言葉

    これって元々霞ヶ関の役人言葉だたっと思います(出典が分からないので断言はできません)
    答弁や記者会見 役人以外に説明が必要となったときにもったいぶって相手を煙に巻く使い方をしていたのがそもそもの始まりだったのではないでしょうか。
    それをインテリの言葉としてサラリーマンがエリートをちょっと気取って使い出したのだと思います。
    ですから わざとインテリぶって使ってエリート役人を皮肉るブラックユーモアな側面があるのではないでしょうか。

    冗談でお上品ぶって「そうざます」なんて言ったりするでしょう?
    そのニュアンスがあるんですよ。
    そうでない場合もあるでしょうけれど 使い方を気をつけないと霞ヶ関エリートの尻馬に乗ってる虎の威を借る狐のようになってしまいます。

    ですが 日本語のニュアンスは時代時代で変わりますし、トピ主さんの周囲にはどう受け取られてるんでしょうね。
    あまり若い世代にはニュアンスの分かりにくい言葉ですし、トピ主さんより上の世代の方に対してはかなり無礼になってしまうので 慎重に扱った方がいいかもしれません。

    ユーザーID:1200844095

  • あ、あった!

    ほぼ日刊イトイ新聞にありました。
    「オトナ語の謎」です。

    http://www.1101.com/otona/index.html

    日本語の乱れは若い世代からだけではなく、オヤジ世代からも同様に乱れていたと言うわけですね。

    私が気に入らない表現は
    「いちばんベターな方法」(苦笑)
    「最も○○なものの一つ」(英語のone of the 〜estの訳から来ているらしい)
    「最も」というのは一番だから一つしかな〜ィ!!と私はいつも思います。

    でもまあ誤用がいつの間にか正しいとされることもあるわけですよね。
    言葉は時代と共に変わると言うことで。

    「そもそも論として・・・」なんて言われたら思わずその人の顔を見てしまいます。
    なんか理屈っぽい感じがして「苦手感」がアップします。(笑)

    ユーザーID:5719030427

  • サラリーマン用語

    たまに使いますね、"そもそも論"。
    会議が堂々巡りになった時とか。私も30代男性です。

    でも使わないように気をつけています。

    日本語としておかしいか? と言うよりも、
    ちょっと上から目線な言葉だと感じるので、
    控えるようにしています。

    ちなみに、
    ・全然OK
    ・ホームページ
    ・違和感を感じる
    これらには違和感を感じません。全然OKです。

    ユーザーID:1317815534

  • 私も聞いたことなかったけど

    聞いたことないからって、端から「ない」とか「トピ主さんが勝手に作り上げた」とか
    決め付けるのおかしくないですか?
    パソコン使っているんだから、検索ぐらいしましょうよ。

    それから、「違和感を感じる」に噛み付いておられる方がいますが、間違いとは言い切れないようです。
    これも検索してみてください(ちなみに大辞林には例文として載っています)。

    ユーザーID:8250159817

  • ドクロストンさんへ

    「違和感を感じる」は私も苦手ですが、
    間違った言葉遣いではないそうですよ。
    「違和感」で一つの言葉だから、使ってもいいそうです。
    (諸説ありますが)

    言葉遣いについて指摘されるなら、その内容が合っているか
    しっかりと確認した方がいいと思います。

    ユーザーID:0655860115

  • 「そもそも論」は

    糸井重里さんの「ほぼ日」から出てる「オトナ語の謎」に出てた気がします。

    日本語としてそもそも…なんて堅苦しく考えずに、言葉なんて流動的なものだと思ってた方がラクじゃないですか?
    「オトナ語…」読むと、一字違いでニュアンスが変わって、その辺を使い分けられる、社会人も悪いもんじゃないなぁって思いますよ。

    って言うか、そういう所を楽しめる方がいいと思います。

    ユーザーID:2837502675

  • ほぼ日で紹介されていました

    懐かしいですねぇ「そもそも論」。
    もう何年も前になりますが、ほぼ日刊イトイ新聞の連載「オトナ語の謎。」で紹介されていましたね。
    会社に入ってから上司や先輩社員から覚えるサラリーマン用語、サラリーマン風の言い回し。それらがオトナ語です。

    バックナンバー第15回に、そもそも論が出てますので、見てみたらいいと思います。ああ、うちの職場でも使う、使う!と嬉しくなっちゃうオトナ語から、こんなのこの業界では聞かないなぁ、変なのぉと思っちゃうオトナ語まで、いろいろありますよ。


    トピ主さん、きっと社会人になってから「そもそも論」を使う人たちと多く関わってきたんでしょうね。

    ユーザーID:1231537708

  • 意味を取り違えている

    「そもそも」は、- - - はかくあるべきという言い方をするときの枕詞みたいなものです(接続詞。副詞的に用いられることもある。)。
    「そもそも論」というのは、そういう話始めをする「話し方」、つまり名詞です。

    「一般には」というのと「一般論は」というのと同じ使いわけをします。

    この場合、「一般には/そもそも」のような始め方をした場合は、肯定的につなぐ。
    「一般論は/そもそも論は」と始めたら「一般論はこうだが、実はこれが正しい」のように逆方向に話を展開すると違和感が無い。

    というわけで、トピ主さんの「論」は違和感たっぷりです。

    ユーザーID:3019850919

  • 言います

    39歳男です。使いますし聞きます。相手によりますが。
    TVですがやしきたかじんさんの某番組で辛坊さんがたまに言っているのを聞きます。

    女性では聞きませんね。議論好きな男性が使っているように思えます。

    ユーザーID:7343243688

  • そもそも使い方の問題?

    「そもそも論」という言葉に違和感があるというより、
    使い方を間違えているのではないかと気になります。

    「そもそも論」に続く言葉が、
    グループ内で周知済みのことだったり
    一般論について述べるのであれば
    「そもそも論」でもよいと思いますが。

    単に自分の意見を述べたいのであれば、
    それは「論」ではないので
    「そもそも」が正しいのでは。

    ユーザーID:1902674452

レス求!トピ一覧