昔に比べて国立大学は入りやすい?

レス27
(トピ主1
お気に入り59

趣味・教育・教養

まなこ

漠然とした質問ですみません。

私も主人も昭和40年代生まれです。二人とも同じ高校出身、まあまあの進学校でした。主人は国立大学に行きましたが、私は国立を落ちて私立大学に行きました。私たちの受験のころは国立大学は一校しか受けられなかったし、狭き門というイメージだったのですが、最近は少子化のせいでもう少し広くなってるのでしょうか?

私のまわりで、それほど進学校でない高校に通ってる子の親が
「やっぱり国立に行ってもらわなくちゃ」と言ってるので、内心
「え?そんなに簡単に国立っていけるの?」と不思議に思ってます。もちろん誰でも行けるわけではないことはわかってますが、
なんというか、大学受験者の中での国立大学志願者の割合が大きくなってるような気がします。ちゃんと調べたらわかるのかもしれませんが。

うちには息子が三人いるので、みんな国立に行ってくれたら大助かりだな、と思ってます。昔より入りやすくなってたら嬉しいです。でも、昔ほど国立と私立でかかるお金に大きな差はない、という話も聞きますが、どうでしょう。それもあわせてお聞きしたいです。よろしくお願いします。

ユーザーID:3072663553

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • たかが学歴、されど学歴

    基本はやっぱり勉強のデキ具合と大学の選び方。
    チャレンジャーになっちゃうと楽観はできないですよね。

    この辺はあんまり変わらないのじゃないでしょうか。
    国立はやはり能力、学力の高さがないと。

    しかし・・・うまくできているというかなんというか、
    まず受験料がバカにならないです(涙)
    そうですね、学費にびっくりするほどの差はないようです。
    入学金がどうなんでしょう、ここで差があるのかしら。

    ユーザーID:3668555101

  • 学費について

    >昔ほど国立と私立でかかるお金に大きな差はない

    専攻の学部・学科によって違うと思います。
    国立大学は、医学部や薬学部工学部のような理系の学部と、法学部、経済学部のような文系学部で学費にほとんど差がありません。
    私立大学は、実習や大規模な機械が研究や授業・実習に必要な理系の学部は学費が高く、文系は、図書とコンピュータがあればほとんどの授業や研究が出来てしまうので、相対的に学費が安いです。

    国立大学の学費は繰り返し値上げされてきました。
    現在では、文系に限って言えば、国立学費/私立学費の比は1.3くらいかと思います。

    ユーザーID:5645801156

  • 簡単、ではないけど…

    簡単とはいいませんが、教科書の内容を読んで理解して、
    授業についていってわからなかったことを質問するなり
    復習する、というごく当たり前の勉強さえすれば、
    難関でなければ国立に入れないということはないと
    思うのですが…

    そのごく当たり前のことさえおろそかにする受験生が
    いるから、受験生総数より国立の定員が少ないにも
    かかわらず入れるわけですが。

    ユーザーID:0600932781

  • なぜ国立に入りやすいか

    長男が進学校に通っていました。
    国立はかなり高い割合で合格しています。
    なぜか?先生が国立をすすめます。そしてそれは男女
    関係なく、全国にある国立を受験させます。
    私は中国地方ですが、かなり遠くの大学を
    すすめられたお子さんもいます。

    授業料は安いですが、あまり遠いと
    交通費もかかるし、地域によっては就職は難しい。
    東京の有名私立がいい場合もあると思います。
    先生は、国立に何パーセント合格するかを
    まるで営業マンが成績をとったような感じで
    親に話します。次男は職業高校ですがそんな感じでは
    ないので助かってます。

    ユーザーID:6300190926

  • 就職まで考えた方がよいかもしれませんよ

    神奈川県在住です。
    娘が6年前に国立大学を受験しました。
    前期後期で受験校は違います。
    結果的に都内の私立大学に進みましたが、こちらのほうが正解だったようです。
    就職に関して、トップクラス国立大でなければ、トップクラス私大出身の方がよりどりみどりでした。
    地方国立大に進んだ娘の友人達は、エントリーしにくい都心大手企業もあり、苦労したようです。
    地方国立から地方企業にならよいかもしれませんが・・・

    大学進学だけではなく、その先も考えられてはいかがですか?
    昔より入りやすくなったかどうかですが、受験していないのでわかりません。

    ユーザーID:1921634696

  • とは言えない

    当方39年生、大2と大4の娘がいる地方在住者です。
    進学校から東京の私大理系に入学、それぞれ一人暮らしをしています。
    想像を絶するお金がかかっており、長女の卒業を指折り数えています。

    授業料は国立文系・国立理系・私立文系なら 僅差です。年間80万前後でしょう。私立理系は130〜200万、医学部なら500〜800万です。

    現在国立大の受験機会は増えてはいます。センター試験不要の推薦、要センターの推薦、前期試験、中期試験(主に公立大)、後期試験、定員割れした学部学科での二次募集。
    でも、どの試験もその受験生の上位だけが合格することに違いはなく、入りやすい事はありません。受験生の負担(出願の手間・旅行費・精神的・肉体的)は受ける数が多い程大変です。
    また社会情勢もあり、就職まで視野に入れると費用だけの問題で国立にこだわるのは子供にとって必ずしも最善とは言い難い所です。
    偏差値だけを見ると、私立より低い所は日本中にありますが受験科目が多いです。少子化で広くなってるのは一部の私立大位で、実力より低いランクの国立大以外は「行ってもらわなくちゃ」などと言えるものではありません。

    ユーザーID:2626222006

  • マナビジョンとか

    代々木ゼミのサイトでセンターランク見ると
    確かに国公立といっても
    科目数もランクも二次試験も様々ですね
    学費も高いですし、免除や無利子奨学金は落ちましたね。
    でもお金がないからと地元国立しかだめとは私は思えません
    18になれば一人暮らししてほしいですし
    私は私でやりたいことあるし
    大学へは出すけど卒業したら一切面倒見る気はないですし
    成人式の着物や車を買ったり家を建ててやったり
    結婚式のお金を出すつもりはないですね
    都会へ出してそれっきりです
    ほとんど帰りませんしなんとか生活してるみたいですね
    地元にいて何から何まで世話して買ってやるのは
    もううんざりですね

    ユーザーID:9830591917

  • 入りやすくなったのかも

    少なくとも第二次ベビーブーマー世代(昭和40年代後半から50年前半)よりは入りやすくなったと思います。

    京都にある国立大学の合格者でも上位は以前と変わらずレベルが高いけど、下位の方は以前では絶対合格出来なかった人が合格しているようです。以前では考えられないほど学力が低下している、と。だから平均的なレベルが下がってきているという記事を以前読みました。

    ユーザーID:9957461468

  • そうですね。

    こんにちは。
    今春国立大を卒業する長男と国立大2回生の二男がいます。
    昔もそう変わらなかったと思いますが
    国立大といってもピンキリです。
    地方は入りやすいですし 都市部は倍率高いです。
    ただ最近は 国立でも推薦があり
    前後期最高3回チャンスあります。
    ですから1発勝負という感覚がない為 入りやすいという気にもなるかも・・です。
    それでも 定員数が少ないですから 
    やはり狭き門ですよね?

    自宅から通える大学ならば いいですが
    自宅外生になると 
    学費の他に 住居費、生活費がかかります。
    国立大に通っていても この出費を加えると
    私立大理系1年分など軽くオーバーします。

    私立理系でも子供1人ならば なんとかなるかも・・・ですが
    どの子にも同じように 教育を受けさせてやりたい・・・親心ですよね。
    ウチの場合
    2人とも自宅外大学生なので 本当に家計は火の車でした(汗

    受かる受からないはおいといて
    最近の経済状況では 国公立行ってくれると 親は助かる・・・親御さんの本心じゃないでしょうか?

    ユーザーID:9457079288

  • 入りやすくなっていると思う

    団塊ジュニアの大学受験と比べると今は入りやすくなっていると思います。

    実際のところもう既に大学受験の攻略方法は、既に研究し尽くされており、ノウハウとして確立されているので、それに沿って勉強をすると一流国立大学でも合格します。

    超一流大学内でもマニュアルにそって勉強して入学したた学生と子供の頃から神童といわれて塾にも行かないで入学する学生の差はあるといえばありますが。法人化された国立大学の経営を維持するように一定数の学生数を維持するとなると、質が落ちるのはさけられません。質の高い学生の確保に成功しているのは東大・京大・阪大ぐらいではないでしょうか。

    学費は10年前の倍(約25万→約50万)になっています。毎年徐々に学費は上がっおり、年間100万程度の学費まであがるのではないかといわれています。

    ユーザーID:6098079938

  • ありがとうございます

    みなさま、早速のレスありがとうございます。今まで読んだところでは、私たちの時代よりは入りやすくなってると感じてる方が多いようですね。

    でもたしかに国立というだけで大学を選んではいけないですね。
    遊びに行くのでないし、のちの就職のことも考えないといけないし、
    そこでどんな勉強をしたいのかも大きくかかわってきますね。
    当り前のことですみません。

    地方の国立に行くぐらいなら、自宅から通える私立に行く方がいい・・・という意見もありましたが、残念ながらうちから通える大学の選択肢がすごく少ないのです。
    ですから、私立にしても国立にしても自宅外になりそうです。
    今後の参考にしたいので、引き続きご意見をよろしくお願いします。

    ユーザーID:3072663553

  • 思うのですが

    人間どうしても都会に出たいのは心情だとおもいます
    でも都内に国立少なくないですか?
    そして単科大学というか教育系とか外語だったりしますね
    せめて首都大がみたいな国立大学がもう一つと
    千葉や埼玉や横浜にも総合国立大学があればいいです
    地方には行かなくなってるのなら
    倍率が高い地域を手厚くするのは理想と思うのですが

    いくら国立大学とはいえ
    縁もゆかりもない地方に行くなら
    都内や名古屋、関西が親としても
    満足ではないですか?
    志望動向にあわせて国も考えたらいかがですかね
    就職は都会でしてほしいのが親の願いではないでしょうか
    縁もゆかりもない地方企業や自治体には行けないと思うのです

    ユーザーID:9830591917

  • 質(モラル、その他)が下がっているのは確か

    国立大学に入りやすくなっているかとのトピですが。
    全然変わっていません、入りやすくなったと感じるのは、受験負担が
    過去(今の受験生の親が受験した頃)よりも軽くなっているからでしょう。
    AO入試、推薦入試などの入試機会が増えたことも入りやすくなったと感じる
    一因ではないかと思います。
    ようは、昔は、年に1回の一発勝負だったのが、今は夏休み頃から数回入試が
    あるようなものなのです。

    ただ、学生の質については、多くの大学教授が「質が下がっている」という
    新聞投稿や記事、ネットでからも、「容易」にわかると思います。

    ユーザーID:6554905516

  • 景気による

    国立は私立より学費が安いというイメージが広く浸透していますから、景気が悪くなると人気が上がる=入りにくくなります。

    ところで国立大学を選ぶのなら、就職先をよく考えたほうがいいです。
    地方国立大出身者は、他県や都会での就職では知名度のある私立に負けることがあります(偏差値レベルで同等であってもです)。
    しかしその大学のある県での就職にはかなり有利です。
    私も地元の国立大を出ましたが、就職活動時に大学名を告げたときの反応が、地元企業とそうでない企業とでは明らかに差がありました。OBも地元企業のほうが多いですしね。
    なので、働きたい・住みたい県の大学を選ぶと将来楽ですよ。

    ユーザーID:7969082445

  • 人口比率的には入りやすいのでしょうが……

     児童数が減っている。学力低下が叫ばれているという昨今事情から考えれば、学力的にボーダーラインは下がってきたのではないでしょうか?

     しかし、社会事情ですと、第二次ベビーブーマーの方々の時は、前半の方々はバブルの時代です。後半の方々は不景気の時代です。親御さんの経済状況により、国立を狙わなければならない方は左右される部分はあると思います。

     そして、共通一次からセンター試験と科目学科も時代によって変わってきています。
     昔は英語のヒアリングが無かった、理科、社会は一時期1教科でOKだったなど、時期に応じてそれなりの難易度があると思います。

     一昔前は、地方の国立大に入れば、その地方の大手企業に就職が内定したようなものだと言われていました。
     失礼を承知で申し上げますが、仕事の無い地域の国立大学へ入学された場合、就職活動はかなりご苦労すると思います。

     ちなみに、国立大学は独立法人です。入学金も学費も基本的には独自で定める事ができます。ジリ貧の国立大では、じきに私立大学より高い学費を要求するところも出てくるかもしれませんね。
     

    ユーザーID:6099881079

  • 入りやすいかよりも、どう学ぶか?

    ・昨今、大学進学が一般化し「極めて入りやすい大学」から「入学自体が難しい超難関大学」まで多様化。
    ・国立大の傾向:1偏差値上「難関校→東大、京大旧帝国大学系」と「地方大学」との差が一層開いた。 2人口密集地帯の国立大と地方国立大とでは、前者が人気。 3地方国立大で難関なのは医学部医学科。(これは東大合格レベルでも難しい。) 4就職戦略は一流私大の方が巧み。しかし私大ブランド校、就職実績優良大学は少数。 5国立大学の重要役割の一つは「義務教育の教員養成」であり、これは私大より伝統実績がある。→ 医師養成も同様。だが地方病院疲弊の最中定員増。 6学費も昭和50年代以降何度も値上げ。私大との差が小さくなった。 7単科大学は統合等で減少。 8農学部が難化。工学部より難しい大学もある。「地方大学」工学部は入りやすい。
    ※但しこれらは一般傾向。要はどこの学校に入ったかより、どう学んだか?が重要。「地方大学」で相当努力し、国家公務員一種合格、一流企業就職等も多い。入学後の学びこそ重要?

    ユーザーID:5818615942

  • 国立大学も色々あります

    私は昭和30年代の生まれです。当時国立大学の学費は驚くほど安く、「国立が駄目なら商業高校に進んでくれ」といわれた世代です。

    その頃に比べると、一部の大学を除いて、国立も私立もはいりやすくなっていると思います。工業課程や商業課程からも推薦で入れる地方の国立大学もあります。ただ、推薦入試などを除けば、国立の方が受験科目数が多く大変ですし、東大・京大・阪大等は今も昔も同じく激戦です。

    現在息子の通う国立大学の学費は年間535800円です。文学部も医学部も同一です。おそらく私学文系はその1.5倍、理系2〜3倍以内、医学部10倍以上?です。医学部を除けば、下宿の国立より、自宅私立の方が、理系でも安くつきます。文系だと、国立にこだわる必要はあまりありません。

    国立か私立かはお住まいの地域にもよります。地方の国立大学は、都会の国立・私立大学より生活費や学費は安くつきますが、就職先がその地域に限定されるおそれがあります。トピ主さんのおすまいの地域である程度名の通った就職に有利な大学に進まれる方が良いと思います。

    ユーザーID:1720297813

  • 関東圏の場合

    関東圏で就職にまったく問題ない国立大学は片手ほどもありません。

    首都圏旧二期校トップの学校ですら就職は大変厳しいものがあるそうです。

    子供の友人はそこの工学部に入学した後、一年後に私大に入り直しました。

    教授陣や学費が魅力的なことは分かりますが、就職状況の確認をお勧めします。

    ただしこれは都内の上場企業に就職するときの話で、地方公務員や教師を目指すのなら問題ありません。

    基本的にその県の国立出身者を採用するのが前提ですから。

    気をつけた方がいいのは地方企業に就職する場合です。

    別の県の国立出身者は採用されません。

    ユーザーID:4209193767

  • 失礼を調子で

    今の地方国立大学ではレベル低いところはあると思う
    何故なら指定校で有名私立大学に進学が決まった生徒が
    学校の意向で夏以降全く勉強せずセンターを受けて
    二次試験がない大学へ出願して受かったりしてますから
    もちろん指定校は蹴れないので行くつもりもなく
    勉強もしていないのにです
    なんだかそのレベルの国立の生徒より実力あっても
    私立へ行けば学費高いのはおかしいと思う
    センターで輪切りしてでも得点率で学費を決めたらどうでしょう
    すべてを平等にするといいと思う
    大学を私立も国立も国預かりにするのです
    そこで成績で学費を割り当てるのです
    なんだか生成の悪い子が安い国立へ行き
    上智や青山へ行く子が高いのはおかしいと思う

    ユーザーID:9830591917

  • 見かけの数値に惑わされないで

    よいこ様。横ですみません。
    大学発表の就職率は、定義が大学毎に違います。
    95%を超える就職率を提示している場合は、分母が「就職希望者数」とお考え下さい。こちらは就職を諦めてしまった人を除いています。お気をつけ下さい。
    国立大は、分母を「卒業者数」とする所が多いですね。こちらでは1−8割程度の就職率になります。T大や工学部の場合、修士進学者が多いため、就職率が悪く見えます。言いたかったことは、大学毎の進路事情、発表する就職率の分母が違う限り、比較が難しいということです。

    >首都圏旧二期校トップの学校ですら就職は大変厳しいものがあるそうです。
    >子供の友人はそこの工学部に入学した後、一年後に私大に入り直しました。

    工学部同士の再受験はメリットがありません。修士で別大学に行けば良いからです。もしかすると、工学部から文系学部へ再受験したという意味でしょうか?なお「文系学部就職率(6-7割;修士進学者を除く)<工学部修士就職率(9割;博士進学者を除く)」ですので(全大学平均値。文科省のHPより)、これも就職することが目的ならメリットがありません。

    ユーザーID:1888469456

  • たしかに昔よりも入りやすい?

    地方国立医学部卒で現在医学部で教官をしています。今の学生の出身高校をきくと、え?そんな高校からも入ってくるの!今は。と、唖然とすることがしばしばあります。都内の二流の私立高校からとか。ものすごくがんばって入ってきたのかもしれませんが、ちょっと20年前では考えられません。
    少子化だし、昔よりも楽に入れそうですね。

    ユーザーID:6881933892

  • 塾講師バイト経験者

    結果的に言えば「大学は入りやすくなってる」のは確かです。
    ・少子化
    ・でも定員増

    だからです。国公立に関して言うと実は100校ぐらいあります。
    つまり「国公立」と一律でなく1位〜100位があると言うことです。
    センター得点で言えば国立医学部は95−86%、東大京大で89−83%ですが、
    地方国立は70%以下でも可能なところがあります。
    この落差は意外に知られてません。よって地方の無名国公立理系などは倍率が2倍以下のところも出ています。

    で私立国立関係なく、大学も勝ち組と負け組がはっきり出てきています。
    有名大学は人気ですが無名大学は不人気で潰れかけです。
    下位50%は定員割れかそれに近いと考えてけっこうです。
    学費は年間で国立55万、私立100万です。
    音大や医学部でなければそれほどの差はありません。
    日本は奨学金制度も充実してるしバイトもできるので、
    「お金がないから国公立は地方にのみ通用するデマ」だと感じます。
    地方の有名大はみんな国公立だからそう言われるのでしょう。
    東京は国公立が東大、一橋、東工大ぐらいしかないので私立偏重です。

    ユーザーID:2864517253

  • 母校が……

     横レスですいません。
     aさんの
     >東京は国公立が東大、一橋、東工大ぐらいしかないので私立偏重です。
     のご指摘ですが……
     多分aさん、上記3校以外は認めないとのお考えだと思いますが、一般的にはその他にも大学はあるので、蛇足とは思いますが補足させてください。

     東京には国公立大は12存在します。

     東京外国語大学(外語大)
     東京医科歯科大学(医科歯科大)
     東京藝術大学(藝大)
     東京学芸大学(学芸大)
     東京電気通信大学(電通大)
     東京農工大学(農工大)
     東京海洋大学(海洋大)
     御茶ノ水女子大学(お茶女)
     首都大学東京(首都大)

     東京のみ、これだけあるのです。人が集まるわけですよね。

    ユーザーID:6099881079

  • 入りやすいのは易しい。ただ選べば難しい

     今年の大学受験。某予備校が言う事には「不況のため私学よりも国公立を希望する受験生が多い」でしたが、現実に私学への志願者が少ないです。(各大学が志願者の集計をアップしています)

     一期校・二期校と言われていた時代は【年間】の授業料が今の私立幼稚園の【月謝】よりも安かったのですが、今は、私立・国公立ともに突飛に差がある。とまでは行きません。それよりも地方の国公立は帰省費用・生活費をトータルで考えないといけません。(私立でも奨学金をもらうと割安)

     でもね、今は私学の受験回数が異常に増えたので、受験料が馬鹿になりません。AO入試、自己推薦入試、指定校入試、センター利用、得意科目重視、通常入試、全学部一斉入試、二科目受験、地方受験、それぞれ前期・後期があります。総定員をその試験回数で分けていますので定員500名でも、各試験日での募集定員は20名だったりします。なので何回も受験すると受験料3.6万円かける試験回数となります。(うちは50万円でした!)

     就職は、都内のMARCHクラスよりも地方の国公立や関関同立の方が悪いです。企業の中枢が都心にあるので仕方ありません。

    ユーザーID:7867963029

  • 「学費」という面だけで言えば

    一番有利なのは「住んでる自治体が作った公立大学」に行くことです。
    なぜなら、地元住民は学費が「優遇」されるから。首都大学東京で言えば
    東京都民は学費が50%off、大阪市大でも大阪市民は約35%offです。

    ただ就職という部分では「都市部の公立大学」でない限りはちょっと
    厳しくなるかもしれません…。

    (ちなみに大阪市大はなにげに偏差値が高いです。筑波あたりとあまり
    変わりません。その分就職は「関西系企業に強い」利点がありますが)

    ユーザーID:1384260393

  • 地方国立大学の地盤沈下は目を覆うばかり・・・

    景気の冷え込みと共に新卒採用の絞込みが進みます。新卒採用枠はランキング上位の国立大学および有名私大に限定されます。
    かつては地場産業等への就職で強みを見せていた地方国立大学ですが、首都圏・関西圏からのUターン新卒により、地方経済の落ち込みで唯でさえ少ない採用枠を奪われているのは事実です。旧制帝大でさえ慶応・早稲田の後塵を拝する状況です。ましてその他国公立大学では・・・
    定員割れとなる様な国公立大学は、その使命を終えたものとして縮小の対象とすべきでしょう。

    ユーザーID:2516202048

  • 私もそう思います

    30代前半です。
    私が受験生の頃はセンター試験で最低でも70%の得点が無いと危ない状況でした。
    今は60%でも選ばなければ合格圏の大学があるようです。
    私立大学に至っては受験すれば合格(倍率1倍以下)もあるそうで、時代が変わったなあと思います。
    全国の大学全体のレベルが下がっているように感じます。
    また、知人の某国立大学の准教授から聞いた話では、入学後の学生のレベル、モラルの低下に悩んでいるそうです。

    ユーザーID:9130886321

レス求!トピ一覧