社会人の教採突破(既婚女性)

レス10
(トピ主0
お気に入り15

趣味・教育・教養

なつみ

教員とはまったく畑違いの仕事をしていますが、やはり教員になろうと予備校に入りました。
周りは20代過ぎたばかりの若い子たちばかり。自分は既婚で、金銭面から仕事も辞められず本当に受かるか不安が募っています。
社会に出たのが遅く、社会人経験5年にいたっていませんので社会人枠では受けません。自分で決めたことなのだと奮い立たせて頑張っていますが、
30前で既婚ということで、周りの友人の中には「仕事なんて辞めて家庭に入れば?」「子供早く作りな。」という子もいて、自分は本当にこれで良いのかと…。

今の時代夫にだけ頼るような仕事の仕方は危険ではないかと思い、
また志あって教員を目指しているはずなのにたまにすごく気持ちが弱くなります。また既婚女子ということで、不利ではないかとか。

色々不安が多くてまとまりのない文章ですみません。

叱咤でもかまいませんので、どなたかコメントお願いします。

ユーザーID:5458550211

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 頑張って!!

    私は、小学校で教員をしています。

    やる気があれば、大丈夫ですよ。ぜ〜んぜん問題ありません。

    同じ学校には、40代で合格して今2年目の先生がいます。もちろん既婚で、中学生を筆頭に3人のお子さんがいます。初任者研修は大変だったようですが、頑張っていました。

    今年の初任者は20代ですが、やはり既婚です(子どもなし)。

    以前、採用後1年も経たずに妊娠し、2年目は産・育休という先生もいましたよ。

    新卒よりも社会経験(人生経験)のある方が、視野が広くて逆にいいような気がします。

    トピ主さんも、お仕事を続けながらの勉強は大変かと思いますが、お友達の言葉に振り回されずに頑張ってくださいね!
    応援しています。

    ユーザーID:8686713469

  • OL後現在教員

    こんにちは。3年間のOL生活後、教員になった者です。現在五十代。ここまで続けられるとは思っていませんでしたが、大変でもやはりやりがいはあります。もともと教員になりたかったのですが、大学4年のとき採用試験に受からなかったので、その後OL生活をしながら夜独学で勉強し、毎年採用試験を受けてやっと受かり、現在に到っています。試験に受かったときは独身でしたが、その後結婚し、子どももいます。3年間のOL時代はいつ試験に受かるかも分からず、独身でもあり不安でしたが、今思えばとても充実した時期でした。本当に教員の仕事をされたいのかどうかがポイントだと思います。

    ユーザーID:3533161680

  • 一緒にがんばりましょう

    私は30代前半、独身で、同じく畑違いの仕事から教員を目指しています。
    ようやく通信制での免許取得の目処がつき、今年の教採にチャレンジします。

    私も、生活のためには仕事をやめられません。仕事の責任は年々増えるし、関係する勉強も必要で、教採の勉強だけには集中できません。
    結婚も子どもも、まだあきらめていません。
    教員に転職すれば、年収ダウンです。
    それでも、教員になりたいので、がんばります。
    なつみさんの不安は、私も同じです。もっと、強いかも?!
    でも、もう決めて走り出したはず。
    「今年の教採に絶対合格する」と決めて、あと8ヶ月だけ、外野にまどわされず、一緒にがんばっていきましょうよ!

    ユーザーID:6436714461

  • 私の場合

    小学校教員19年目のおばさんです。なろうという気持ちがあるなら、道は開かれると思いますよ。私の場合、国立大教育学部(今はその名前ではなくなりましたが)を落ち、私立を出たあと、某大の通信教育で小学校の免許を取り、3回受験し何とか合格し今に至ります。なってみて思うのは、私もやはり結婚してからの採用でしたが、新採時代は仕事と家庭の両立に苦しみました。右も左もわからないし指導案はたくさん書かなきゃならないし家に帰れば旦那が腹すかして待ってるし。それから私の地方の場合、地元国立大出身者の占める割合が異常に高いです。なので、周囲は皆知り合い同士、私だけよそ者状態な気持ちも味わいました。でも何といっても教育に携わる充実感は他の仕事では味わえないでしょう。免許更新制になり大変ですが。

    ユーザーID:7184594848

  • 決意が必要です。

    教員13年目を過ぎようとしている者です。

    「周りは20代過ぎたばかりの若い子たちばかり」とありますが、
    トピ主様も「30前で既婚」と書かれているということは、20代後半
    ということですよね。
    つまり、大して年齢は離れていないのでは。

    「既婚」か「未婚」かは採用試験には関係ありません。
    ただ、ご友人に口出しされたくらいで気持ちが弱くなるようでは、この仕事は
    続けていけません。
    仕事に就けば、児童生徒も、保護者も、トピ主さんの仕事ぶりに口を出してくるでしょう。
    そうした時代です。
    学校長も、経験のある周囲の先生も、当然口を出してきます。
    研究授業もあり、授業の仕方にもさまざまな先生から意見をもらいます。
    教員は公務員ですが、勤務時間内に仕事が完了するわけではありません。
    給与は安定していますが、精神的にも肉体的にもきつい山場はあります。
    精神疾患で休職される方も身近に増えています。

    そうしたことを乗り越えられるのは、「この仕事が好き」「子どもが好き」
    ということだけです。
    よくお考えの上、決断なさった方がよろしいと思いますよ。

    ユーザーID:2484758482

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 男女の格差

    女だから不利とのことですが、
    地域によって男女の格差は異なるような気がします。

    私は首都圏にある政令指定都市で教員をしていますが、男女の差を感じたことはありません。
    でも、地方に住む友人の話を聞くと、地方では女だから・・・ということによる不利はやはりあるようです。

    最近では、首都圏の教員数はドーナツ現象が起きているので、
    地方の人が首都圏の採用試験に合格して教員になるというパターンが増えてきています。
    私の職場にも秋田や岩手、広島、佐賀、沖縄・・・といろんな地域の先生がここ数年でとても増えています。

    その方たちに話を聞くと、地元では採用自体が少ないので、採用人数の多い首都圏を狙うそうです。
    (そして数年経つと故郷に帰って、故郷を再受験して採用される人もいるようです。)

    トピ主さんがどちらにお住まいか分からないので、なんともいえませんが、地域格差はあるように思います。

    なんにしても素晴らしい仕事ですから、是非諦めずに頑張ってくださいね。

    ユーザーID:6487516410

  • トピ主です。お礼。

    コメントありがとうございました。気持ちで負けてはいけないですね。 同じように仕事を持ちながら教員を目指されている方々、頑張りましょう!

    ユーザーID:1275426745

  • とてもいいことです!

     応援したい気持ちです。何とか教員採用試験クリアーしてください。
     年齢(学校以外の経験を含め)は、むしろ、メリットです。教員養成は、18歳ー22歳のときよりも、一定年齢を過ぎた方がよいくらいだと思っています。こどものこと、保護者のこと、世の中のこと、すべて重要ですから。広い意味での学力・人間力が、必要ですからね。
     そして、「よい先生」になってください。「よい先生」とは何か、というと、難しい問題がありますが、これについては言いません。
     とにかくベストを!

    ユーザーID:1195129148

  • がんばってください!

    教員(30代 未婚 女)です。

    同い年の友人は派遣社員をしており、
    契約更新されるのかドキドキしながら
    日々過ごしています。

    やはり今は資格の時代です。
    教員免許をお持ちなら
    それを生かすべきだと思います。

    もちろん採用試験の勉強はつらいですが
    既婚・未婚、年齢、性別は関係ない仕事ですから
    悩む前に勉強です。

    勉強も大事ですが、
    体を壊さないように!

    ユーザーID:9823716979

  • 勉強しなさい。

    こんなところで遊んでいないで勉強しなさい。
    半年なんてあっという間ですよ。

    ユーザーID:5927702122

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧