• ホーム
  • 話題
  • お料理に普通に砂糖やみりんって使いますよね?

お料理に普通に砂糖やみりんって使いますよね?

レス58
(トピ主0
お気に入り47

生活・身近な話題

ピピ

レス

レス数58

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちもそれに近いです。

    うちの夫も基本的に「おかずが甘いのはイヤ」です。
    甘みを使ってもいいのはすき焼きと角煮ぐらいです。
    卵焼きは味醂も砂糖も使わない「だし巻き」が好きですね。ただこれは私の感覚ではお弁当には向かないですね。

    出汁が効いているとあんまり甘味を入れなくても「しょっぱいだけ」というほどの味にはなりません。

    そういうわけでお惣菜は揚げ物ぐらいしか買いません。
    外食時は普通に食べていますがそれでも甘みの勝った味付けのものは「うわ、これ甘い」とは言います。しかし残すのは嫌いなので全部食べては居ます。

    ユーザーID:4561573237

  • 煮物には砂糖はあまり使わない

    私も家庭の玉子焼きが甘いのは嫌ですね。こればっかりはお互いの味の好みを認めるしかないのでは?

    煮物に関しては、私は砂糖はあまり使いません。
    だし+酒+醤油、場合によってみりん。その程度です。
    料理用のお酒って純粋なアルコールじゃなく、水あめなどの甘味が入ってますよね?だしをきかせるとそれだけで十分に感じます。

    これは私というより主人の好みで、食べてくれる人(主人)に合わせていたら私もその方がいいやって感じになりました。私の実家は塩分がきつい方だったと思います。

    塩気がきついのもどうしようもないですが、料理の中の砂糖の甘味ってコクというよりも、くどさに感じます。

    ここは「だしのきいた料理」を目指してみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:9928055067

  • 夫の家もそうだったよ〜

    夫の実家(東北)でご飯を食べて「砂糖もミリンも使ってない?」と思い、台所でよーーーく見ていると、基本的に使わない人でした。
    卵焼きなんて、お味噌(溶かさないでツブツブのまま)が入ります(笑)

    私も最初は、そんな味付けオカシイよ〜と思ってましたが、夫の箸の進みが余りに違うので(笑)「今日は○子さん(義母の名前)風にしたわよ〜」と砂糖無し・有りバージョンを交互に作ってますよ。

    実は、私の実家からお惣菜が送られてきて(父の趣味)「うわ〜、コレがウチ(父)の味なのよ〜」と思った時に、「あれ?夫にとっても、コレコレ!と思う味が有るんだよなぁ」と思ったので、義母風の味付けも採用しています。
    最近は、慣れてきて、ミリンはたまに使うけど、砂糖は殆ど使いませんね。

    ユーザーID:8157670575

  • 砂糖は使わない派です

    うちは逆です(笑)主人は甘党で育ちました。
    結婚したばかりの頃、主人実家で食べたほうれん草のおひたしに砂糖が入っていて口に入れたとたんのあの違和感は未だに覚えています。
    とにかく何にでも砂糖を入れています。私には甘過ぎてご飯のおかずにはちょっとね、お酒のアテとしても合わないですね。

    私も卵焼きには砂糖は入れません、出汁と塩OR薄口しょうゆです。
    煮物といってもその種類で砂糖を入れずに作るものもあります。
    必ず使う調味料は酒、みりん、醤油。醤油はやはり煮物の種類によって
    薄口、濃い口とわけます。
    出汁の味がしっかりしているところへ甘いと感じるほど砂糖を入れるとせっかくの出汁の味が損なわれるようにかんじます、あと野菜から出る甘みというのがありますよ。

    砂糖を入れる煮物といったらかぼちゃ煮くらいかしら。
    大抵は隠し味程度にいれることのほうが多いですよ。

    ユーザーID:1599632249

  • 地域差や家庭差はありますが・・・。

    トピ主さんのご実家の味は卵焼きの例をみてもやや濃すぎるように感じます。
    >コクも深みもなく
    コクや深みは甘みでつけるのではなく、旨味でつけるのが料理の基本です。出汁を代表とするアミノ酸系を強くしてみましょう。

    砂糖の1日の所要量は10gです。あらゆる料理に使っているとあっという間にオーバーします。健康のためにも調味料(塩分も糖分も)は控えめに薄味に慣れた方が人生得ですよ。

    ユーザーID:1143098999

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • タマゴ焼きは難しい

    某TVの「ガ〇テン風タマゴ焼き」は、めんつゆで味付けしてまして、
    我が家はこれが定番になりました。
    自分の実家では砂糖が入りますが、私自身は砂糖なしの方が好きです。
    夫に言わせると、砂糖を入れる事がありえないらしい。

    あと、男の人は、甘い味付けが苦手の人が多いですよ。
    カボチャの煮付けも甘い味付けは無理でも、だしと醤油なら食べるとか。夫に言わせると、甘い味付けのおかずは、ご飯に合わないそうです。

    煮物にはいれますが、甘いというよりコク出しで、砂糖(三温糖)を入れる以上にお酒や醤油を入れるので、砂糖は感じないかも。


    それぞれが違うモノを食べて育ったわけで、お互いが譲ったりゆずられたりして、その家の味になるんじゃないですか?

    ユーザーID:7881766090

  • 私も甘いの苦手

    砂糖、みりんを全く使わないことはないのですが、砂糖は週に一回くらいですかねー。基本和食党です。

    実家は甘めの味付けでした。母の卵焼きは砂糖たっぷり。すき焼きにも山もり砂糖。私はそれがつらくて。卵焼きやすき焼きが苦手料理、好きな食べ物は湯豆腐でした。

    結婚して私が料理するようになり、自分がちょうどいい甘さにしたら砂糖ほんとに使わなくなりました。
    肉じゃがは牛肉を使うときは酒としょうゆは普通に使ってもみりんは小さじ1/2程度、砂糖なし。牛肉が甘いからいらないのです。卵焼きはだしと薄口しょうゆを入れます。

    和食の場合、だしと素材の味がしっかりしていると、素材から出る甘みだけでかなりおいしくいけますよ。


    ただ砂糖も白い砂糖だけじゃなく黒砂糖とかきび砂糖とか和三盆とか、甘みだけでなくいろんな味と風味があるのでうまく使うとおいしいですね。コクや照りもあるし。でも煮物には砂糖がなくちゃだめ、というのも固定観念じゃないかと思います。

    ユーザーID:9681802547

  • 私も苦手

    煮物に砂糖やみりんは滅多に入れません。
    入れるとくどくなって食欲が減退してしまいます。
    夫は甘い味付けでも大丈夫なようですが、私は駄目なのです。
    好きな味は酸味のある味で、ポン酢の味が好きです。
    煮物でも物によっては、ポン酢や酢を使うことがあります。
    とにかく甘い味付けは苦手なので使いません。
    胃がムカムカしてきます。

    そんな私でも卵焼きや南瓜の煮物には砂糖を入れます。
    う〜ん不思議ですね。

    ユーザーID:2538881385

  • 今は、砂糖は使いません。

    みりん、酒は使うけど、極力、砂糖は使いません。
    私は、卵焼きに砂糖入れるのは、好きではないから、
    卵焼きには、砂糖なんて入れませんが、
    煮物には、昔は、普通に入れてました。
    夫の実家も煮物に砂糖入れます。
    ですが、数年前から、夫が糖尿になってから、
    砂糖はさけてます。

    ユーザーID:6486739650

  • 子供が困りそう

    今はご主人だけだからまだ良いけど・・・子供がその味で育ってしまったら、子供も苦労する(外食と結婚)と思います。
    あと文句があるなら、そういう料理だけでもご主人が作ればいいのに、とも思います。

    ユーザーID:6808050847

  • 使うけど

    煮物に砂糖、みりん、酒、使いますよ。実家の母の味付けもそうだったから。
    きんぴらとか、甘辛味も好きです。
    実家の母は西日本出身です。だからでしょうか、卵焼きには甘みは一切つけません。
    私も甘い卵焼きはどっちかというと嫌いです。おせちの伊達巻きとか、おすしに乗っている卵焼きは、あれはああいうものと思って食べますが…。
    たしかに醤油だけだと、何かコクがなくて、「とんがった味」になるように思います。しかしご主人にとってはそれが「おふくろの味」なんでしょうね…。なかなかつらいですね。

    ユーザーID:8836118963

  • それが無いと何もできません

    タイトル通り、私は砂糖とみりんが無いと何も出来ません。
    我家はトピ主さんとは逆で、
    夫が甘党(関西出身)、私がしょっぱい党(北関東出身)でした。
    で、元々夫の方が料理上手(元プロ)だった事もあり、
    基本的な所を教えてもらったのですが、
    味付けにみりんと砂糖をこんなに使うものなのか!?
    と初めのうちちょっと驚いた事を覚えています。
    甘みがあるとおいしいんだなって
    それからはほんのりとした甘さを追求する日々です。
    以前、人と話して思ったのですが、
    卵焼きは甘い派としょっぱい派に結構分かれるみたいですよ。
    私の周りだけかもしれませんけど、
    甘い派はしょっぱいのも食べるけど、
    しょっぱい派は甘いのは絶対許せん〜という人が多かったように思います。
    しょーがない、これからは2種類の味付けでいってみましょう。

    ユーザーID:9935752955

  • 夫の家と同じです。

    数年前まで同居していた夫の実家にはみりんはありませんでした。
    煮物に砂糖を使う事もなかったです。
    卵焼きには茶色になるぐらい醤油を大量にいれますし、だし巻きだと大量の醤油をかけて食べます。
    何でもしょっぱいのが夫の家の味付けで、同居中はそれで作ってました。

    今は同居ではないので、段々と味を薄めにしていき夫もそれに慣れました。
    夫も「しょっぱい」より「出汁多め」のが今は好みです。

    私も「甘いおかず」は嫌いですが、煮物などにはみりんや砂糖は使います。
    でもほんの少しです
    料理本やどこかのレシピなどに載っている量のみりんや砂糖を入れると
    甘すぎて口に合いません。

    トピ主様のお料理は甘味が強いのではないでしょうか?
    私の実家では小さな頃は母が料理してましたが、途中からずっと父が料理していたので、実家の味は父の味でした。
    その父が亡くなり久しぶりに母の煮物を食べた時に「甘い!」と言ってしまいました。
    少しだけ甘味を少なくしてみてはいかがですか?

    あと「甘い卵焼き」がダメな人は結構多いと思いますよ。(私の周りは多いです)

    ユーザーID:6254756624

  • 主人は外国人ですけど

    やっぱり甘い料理が苦手です。甘い=デザートだそうで、おかずが甘いのはおかしいそうです。
    家庭の味はだいたい塩かマスタードのみだったそうです。
    ショウユは塩味系なので好きです。

    たまには私の好みで甘い味付けにする時がありますが、だいたいショウユ味のみにしています。
    物足りない時は、薬味などを工夫されてはいかがでしょうか。
    うちはしょうが、にんにく、カレー粉、みそ、とうがらしなどをショウユ味に加えます。主人も気に入っています。

    ユーザーID:3622643114

  • 砂糖はまず使わないかなぁ

    私の母は、みりんや砂糖を使いません。
    料理が甘くなるのが好きじゃないからということで、ご主人の味覚と似ていますね。
    そんな母の作るうどんやそばのつゆは、甘味が全く無くて、私はあまり好みません。。。トピ主様の言う「しょっぱいだけ」と感じます。
    (出汁の取り方が雑というのも原因かもしれませんが)
    と言っても、1人暮らしを始めて、家を離れてから気が付いたことですが。

    で、今の私はというと、料理には、みりんは使いますが、砂糖はほとんど使いません。
    レシピ通りに作る時に、そのレシピにあれば使うという程度です。
    甘味は、みりんの「ほんのり甘い」というのが好きです。
    けいこさんのおっしゃっているのと一緒で、私も、「だしの効いた」味がいいですねぇ。
    塩味や甘味の部分は、薄くていいです。

    ちなみに卵焼きは、砂糖を入れても食べられますが、塩と出汁を入れて作るタイプの方が好きです。

    ユーザーID:0288478922

  • 育った味ですよね

    実家の母が調理師免許を持っていて料理に関しては自分なりの論があり、子供の頃から厳しくしつけられました。(私も調理師の免許を取得)

    母が云うには、本格的なフレンチや日本の懐石料理では砂糖は殆ど使わない(元から甘味の料理以外は)、砂糖等の“甘味”はそれだけで簡単に舌に“美味しい”と感じさせてしまうので本当の食材の味を感じられなくなる、食材の本当の旨味を味わう為にはシンプルな塩味が良い、だそうです。
    実は、前に教育テレビの味覚の特集や料理本でその通りの事を見た事があり(なので離乳食や子供が小さな頃は早くから砂糖を与えてしまうと甘い物ばかり欲しがる様になるそうです)確かに、落合務さんや陳健一さん等の一流のシェフのレシピは一般の家庭料理雑誌のレシピと違って、殆ど砂糖を使用していません。(例:陳さんの麻婆豆腐は砂糖無し、家庭料理雑誌では砂糖が隠し味の事が多い)
    「美味しい」と云う気持ちは全く個人別の幸せで幾ら他人が美味しいと感じても自分が美味しくなければ全然幸せじゃありませんよね。

    なので、甘味好きの家の夫と、塩味好きな私と、同じ様に幸せになれる様に両方を満遍なく作る様に頑張ってます。

    ユーザーID:4758957303

  • みりんは使うけど...

    夫は甘いおかずOKですが、私がダメです。
    ご主人と同じく、卵焼きに砂糖は絶対ダメです。
    多分、私の父と母方の祖父が甘いおかずNGで、祖母、母の料理が甘くないっていうのもあって、甘いおかずがダメなんだと思ってます。

    煮物なども、基本的に出汁とお酒、みりん、お醤油で、あまり、砂糖は使いません。
    砂糖を使う時は、みりんがなかった時くらいですね。
    その時も、なんとなーく上白糖より甘みがない気がして、きび砂糖を使ってます。

    でも、料理の味って、子どもの時から慣れ親しんだ味ですから、相手を自分流にするのって難しいと思います。
    うちは毎年、お雑煮でもめます。
    今日はトピ主さん家風、別の日はご主人のお家風っていろんな味のお料理を作ると楽しいんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:7480656786

  • トピ主さんの「普通」

    料理にみりんや砂糖は確かに使いますし、料理本のレシピにも載ってますね。

    ただ、ここで多数決を取ったり料理本を味方につけたりして「ほら!これが普通の標準でしょ!」と結論を出す事が、夫婦仲にとって意味は無いというか、むしろ良くない事だと思いますよ。世間の多数決でも、夫婦の中では1対1ですし。

    「『普通に』使う」=「使うのが常識、使わない方が非常識」
    旦那さんの味覚が「鈍い」=「自分の味覚が正解、旦那さんの方が間違い」
    という、あくまでも自分を普通とするトピ主さんの考え方の方が気になります。

    「普通」を連発する言葉の選び方から、トピ主さんの「自分が正しく、旦那さんと義母がおかしい」というバッサリ切り捨てる器の狭さが感じられました。
    その考え方が夫婦仲にとっては心配かも。

    甘味自体に反対している訳じゃないですよ。
    私も甘味を入れる派ですが、自分の趣味に合わない夫の好きな味も大事にしてます。
    それが夫婦仲良くするって事だと思います。

    ユーザーID:7032945668

  • 私も甘いの苦手

    シンプルな味付けで素材を味わいたいです。でも主人は複雑な味付けが好きです。
    これは個人の嗜好なのですりあわせは難しいですよね。うちは必ずおかずを4品作るので、半々で味付けします。そのかわり、素材は値段にこだわらずとびきり良いものを選んでます。
    ところで、個人の好みを聞くのに「普通」などと言ったらご主人は怒りませんか?

    ユーザーID:8096646760

  • 料理本では砂糖・みりんが

    普通に使われていますよね。ご主人もそこは知ってらっしゃるのですよね?
    そこであえて、みりん・砂糖は我が家では使っていなかった、我が家でも使って欲しくないということなのでしょうか。

    卵焼きに関しては、私、砂糖入れてあるの本当にダメです。
    酢豚にパイナップル入ってるのがダメと言われているのと同じ感覚くらいダメです。すみませんが、これだけは譲ってあげてください。
    みりんは普通に入れますが、本に書いてある分量よりも砂糖は少なめに入れます。他の方が書かれていますが、全く入れなくても成り立つのかなぁと重い試してみたくなりました。

    ユーザーID:9494108990

  • 砂糖もみりんも使います

     甘党ですが、甘いおかずはあまり好きではありません。
    でも砂糖やみりんを使うと味がまろやかになりますよね。
     味噌汁にみりんを少し入れるといいとテレビの料理番組で見てから入れています。
     卵焼きにはお砂糖を少し入れます。卵がふんわりするらしいです。

     調味料は味付けの為だけに使うのではないのだな〜と知りました。
    料理って奥深いですね。 味が変わるほど使いませんが、うまく使いたいと思っています。

    ユーザーID:5731475140

  • 料理に砂糖は使わないかな

    夕食は必ず和食ですが、砂糖はお菓子を作るときのみで、料理には滅多に使いません(照り焼きを作る時くらいでしょうか)。卵に砂糖を入れたことは無いです。
    みりんは家にありません(海外ですが、買おうと思えば買えます)。

    夫も私も東京出身なんですが、地域とか世代も関係ありますかね?地方の人の方が甘い味付けが好きな感じがしますが。「田舎料理」とかですごく甘い料理が出てびっくりした経験が何度かあるので。

    ユーザーID:6732428822

  • 砂糖をあまり使わずに済むなら、それでも良いかと

    素材の味に慣れたら気になりませんよ。
    でもいきなり素材の味だけを活かそうとするとトピ主さんがストレスになりますので、ほどほどに改善する形で健康食を目指すのはどうですか?

    ユーザーID:8111267551

  • 私は

    料理に砂糖とみりんはあまり使わないです。
    卵焼きはバターで焼いてパセリをかけることが一番多いです。
    母は砂糖バージョンも醤油バージョンも作ってました。

    煮物は醤油とお酒が中心です。
    素材から味がきちんと出ますからあんまりあれこれ入れないです。
    どうしても甘味が欲しい時ははちみつを使います。
    母は普通に砂糖とみりん入れてましたよ。

    というように、私はどちらも食べたことありますけど自分で作るようになってからは砂糖もみりんもあまり使わないという結果です。

    ユーザーID:0866736568

  • 甘いものは苦手

    みりんは普通に使うけど、砂糖は普通に使わない。
    ご飯や酒の肴に甘みって合わないんですよね。
    白米に塩をかけただけでも普通に食べられますが、白米に砂糖じゃ食べられない。
    そういうことだと思います。
    おはぎやぼたもちはご飯と言うよりはおやつ感覚なので食べられます。
    みたらし団子や大福と同じカテゴリーですね。

    市販の惣菜や外食で甘みが強いのは、そのほうが味をごまかせるからです。
    だしを取ってなかったり質の悪い材料を使っても、甘くしてしまえば甘みしかわからなくなりますので。

    ユーザーID:0111470766

  • 夫も嫌いです

    地域差もあるのでしょうね。
    私の夫(九州出身)も「甘い醤油味」のものが嫌いです。
    東京に住んでいたときは、こういう味付けの煮物などが多くて困ったそうです。

    私自身(東京出身)はそういう味付けは大好きなのですが、最近は少し控えています。
    出汁と白醤油、本みりんなどで薄く味付けした煮物を作っています。
    出汁だけで炊いて、甘辛の味噌で田楽風にしてもいいですし。
    卵焼きも、出汁と少々の甘塩だけ。慣れるとシンプルでおいしいですよ。

    あと、料理の本などの調味料の量は、大抵多すぎませんか?
    私は初めて作る場合は、まず半分〜2/3の量を入れてみて、あとから少しずつ整えるようにしています。

    ユーザーID:2770094678

  • みりんだけにしてみては?

    卵焼きの砂糖入り、砂糖なしは、その家庭によって違う傾向は強い
    ようですよ。私も主人も砂糖ありの家庭で育っていますが、和食屋等
    では砂糖なしの卵焼きを食する機会もあり、それはそれで美味しく
    頂いています。

    確かに料理本にも、市販の総菜にも砂糖をキッチリ入れるレシピのものが
    多いですが、体のことを考えたら、あまり積極的に砂糖を使うことは
    避けた方が良いようですよ。特に市販の総菜は日持ちに為に余計に甘く
    している傾向もあるようですので、あの味が基準と考えてしまっては
    危険ですよ。
    みりんを入れるだけでも、ほのかな甘みがついて、美味しく作れるもの
    ですが、それも御主人は受付けないのかしら。
    煮物は出汁をシッカリとって作ることで甘みがなくても美味いできあがり
    になるものですよ。

    まぁ、食事の味付けについては多かれ少なかれ、結婚すると揉めたり、
    どちらかが相手に合わせたりするものだと思いますよ。
    我が家も結婚当初は良く揉めたものですが、20年も経った今では
    我が家の味が確立してきていますよ。

    ユーザーID:7418744293

  • ご主人も同じ事考えてそう

    ご主人と味覚が合わず残念でしたね。
    大変ですよね。

    でもトピ主さんだって、
    >私は甘くてもしょっぱくても味覚の許容範囲は広い
    と言うわりには、ご主人宅の味付けに対して厳しいですよ〜。
    許容範囲が広いなら、ご主人の味でも別にいいじゃないですか。

    でも、コクも深みもなくいがいがしょっぱいだけ!で嫌なんですよね。
    ご主人から言わせたら、「妻の料理は甘いだけ!妻は許容範囲の広がりが鈍い」って事になるかも。
    ご自分のお料理と一緒で、自分には甘いのが基本でしょうか。

    私は甘い料理が苦手です。
    幼い頃、近所の太った奥さんの家で食事をした時、玉子焼きから煮物から甘くて甘くて。うちでは食べた事のない味だったので驚きました。
    そして「こんな甘いのを食べてるから、この人はデブなんだ」と思ってしまい、以来苦手です。

    ユーザーID:2315226957

  • 結婚前にチェックしておきたかった項目

    味の好みが離れていない事は重要だと思っています。
    私は一緒に食事して変に気を遣う相手とは、疲れるのでただのお付き合いすら続きません。
    なので悩むこと自体が想定できません。

    トピ主さんは結婚前に食事を作ったり、外食したりなどということは
    全く無かったのでしょうか?
    その時点で何も感じなかった、あるいはたいした事ではないと
    思っていたのでしょうか?

    ソースや醤油などの調味料が嫌いな先輩がいますが
    今は家で食事をほとんどしないそうです。食べられるものが無いとかで。
    子供が居なかったら離婚していたことでしょう。
    こういう家庭は究極かも知れませんが、どう思います?
    食事は生きていく限り、毎日あるんですよ。

    ユーザーID:3613452634

  • トピ主です。

    こんにちは。レスありがとうございます。結婚してきっと我が家の味ができていっていると思います。健康上薄味はこころがけたいと思っています。
    なるべく素材の味を生かしたものにしたいとも思っています。

    主人の実家の味を否定しているわけではありません。
    味付けもきっと家の数のぶんだけあることでしょう。
    たまにお互いの好みのプチ主張をしたりすると、たかがですがされどなので揉めたりするので他の人たちもそういう事があるのかなと思いトピを立てました。

    でもたまご焼について、甘い派は甘くてもしょっぱくてもどっちでもいけるのに甘いの嫌派は甘いのは駄目というのがなんか面白いですね。

    ユーザーID:7048609388

  • 育った家庭の味による?

    母が料理に関して一家言有り(母も私も調理師免許持ち)子供の頃から厳しくしこまれました。
    母が云うには、本格的なものになる程(元から甘味の料理以外は)フレンチや懐石料理でも砂糖は殆ど使わない。砂糖の“甘味”は簡単に舌に“美味しい”と感じさせるので食材本来の味を感じられなくなる。食材自体の旨味を味わうにはシンプルな塩味が良い、と。

    前に教育テレビの味覚の特集や料理本でその通りの事を見た事があり(幼い頃から砂糖に慣れてしまうと味蕾が発達せず、繊細で複雑な食材本来の味を感じとれず、甘い物や濃い味付けの物でないと美味しいと感じなくなる等)確かに、落合務さんや陳健一さん等の一流のシェフのレシピは一般の家庭料理雑誌のレシピと違って、殆ど砂糖を使用してません。(例:陳さんの麻婆豆腐は砂糖無し、普通の料理雑誌では砂糖が隠し味の事が多い)

    薄目の塩味は野菜や豆腐等の食材本来の甘味をうまく引き出してくれるので、シンプルな様で実は一番複雑な味を味わえるところが私は好きです。
    でも「美味しい」と云うのは全く個人的な幸せですもんね。
    夫は甘味好きなので結婚してからは両方を満遍なく作る様に頑張ってます。

    ユーザーID:4758957303

  • 味醂も砂糖も使いますが‥‥。

    トピ主さん、こんにちは。
    味醂も砂糖も料理で普通に使います。
    しかし、特に砂糖は甘露煮とか甘辛炒めとか角煮とか、そういう料理にしか使いません。
    私は関西出身のおばんざいやで働いていた祖母の味で育ったので(両親は共働き)、味付けは出汁をきかせた薄味が好きです。
    玉子焼きは基本的に甘くない出汁巻き卵です。
    調味料は一通り揃えているので何種類も使います。
    うちの子は幼稚園児ですが、何でもかけるのは出汁醤油です。

    勿論味蕾が生長するうちにと思って色々な味のものを食べさせています。
    味には結構うるさいです。
    育った家庭の味というか、好みはさまざまじゃないかなあと思います。

    たまたまトピ主さんご夫婦の趣味が両端だっただけだと思います。
    どちらが正しいというのもないと思うので、色々挑戦されては如何でしょうか。

    ユーザーID:5966107044

  • お砂糖もみりんも使います

    今までの反応だと使わない方、甘めにしない方が多いですね。
    我が家は結構使いますよ。
    卵焼きは、子どもにはお砂糖を入れてお弁当に入れます。
    夫が好きなのは砂糖+醤油味の卵焼きで、出汁巻き卵は合わないみたいです。夫の母の作る卵焼きは塩+砂糖?で甘しょっぱくて、黄色の色がとても鮮やかです。お塩のせいかな?私と娘にはあまり合いませんが。。

    みりんは煮付けなどでは「照り」の効果もあると母が言っていました。

    お醤油のすっきりしたお味も良いけれど、何でもそれでは物足りないです、我が家には。

    ユーザーID:0755479960

  • 甘味料無しでもおいしい

    甘めの味付けで育ったので基本は甘い煮物や煮つけが好きです。


    体の為に砂糖抜きを推奨してる方から、
    煮付けには最後に千切りのネギを加える、
    カボチャは買う時にちゃんと選べば素材だけの甘みと醤油だけでいけるなど
    教えてもらってから無くても平気になりました。

    私の「普通」はみりんも砂糖も使いますが、無いほうにもあわせられると思います。

    ユーザーID:4215274419

  • 普通とか関係なく

    うちの夫も甘いのが嫌いです。砂糖の甘みは特にダメで、みりんは少しなら大丈夫、という感じです。
    彼の実家が・・・というわけではなく、彼はある程度は我慢して食べていた&お義母さんが別に作っていたようです。
    めんつゆも、すきやきのわりしたも、市販のものは「甘くてだめ」だそうで、お醤油を足したり私が手作りします。砂糖は1kg買うと何年も買うことはないです(笑)

    夫婦仲良くさんがおっしゃるように、「普通」どうだろうと関係ないですよね。味などはその人の好みです。九州地方のおしょうゆなんか、醤油に普通に「砂糖」入ってますよ。九州の方が東京のおすし屋さんきて、「しょっぱいだけの醤油がでてきた!」とすごく驚いていました。育った環境や好みというのがあるので食事ってけっこうやっかいですよね。

    卵焼きですが、うちの実家では砂糖入りでした。私はそれがいやだったので、夫好みの砂糖なしを仲良く食べていますよ

    ユーザーID:9290867470

  • 使いますよ〜

    おしょうゆだけの人がいることに
    かなり驚きました!
    私も甘いのが好きなわけではありませんが
    みりん、砂糖は使いますね。
    もちろんちゃんわんむしなど
    お料理によって使わない場合もありますけど・・。
    まわりも使わないって人はいないです。

    ユーザーID:6140490297

  • 普通ではありません

    トピ主さんは関東に住んでいらっしゃるんでしょうね。私も関東のある県に住んでいますが、味付けが、砂糖、みりん、しょうゆで東京より濃いところです。

    ちなみに私は秋田出身ですが、砂糖を使う料理は、すき焼き(関西と同じ)、卵焼き、煮魚、かぼちゃの煮物、田楽味噌、寿司飯くらいしか思いあたりません。味付けに日本酒を使うことが多いようです。みりんは30年まえに東京に来て初めて味わいました。

    砂糖を料理に使うなんて、今でもできません。罪悪感すらあります。糖尿まっしぐらという感じです。

    ユーザーID:0065510805

  • 食の問題は大変

    食べ物の好みは育った家庭、地域などでかなり差がでますよね。お砂糖もみりんも使うのは普通だと思います。

    私も例えばかぼちゃはだしだけで煮たりします。在米なんですが、こちらの中華料理もかなり甘ものが多いです。これはアメリカ人に合わせてるのかもしれませんが。あと隠し味に、砂糖をほんのちょっと入れると味がマイルドになるので、私はミートソースとかドレッシング等にも入れます。甘くなるほどでなく、酸味をほんの少し和らげるのが目的です。

    醤油とか塩味だけと言うのは全然かまわないとは思うのですが、気になるのは塩分の濃さです。ご主人の好みの味は、すごく塩辛いとか言うことはありませんか。私は健康のため料理全般薄味にしてるので、外食やデリだと食べられないことがたまにあります。それさえなければ、もうこれは好みの問題なので仕方ないですね。お互いの妥協点を見つけるか、交代でちょっと違う味付けのを作るか。すごく薄味の甘いのを作って少しずつ慣れてもらうか。そんなとこでしょうか。
    トピ主さんが変と言うことはないので、自信を持ってがんばってください。

    ユーザーID:0055218736

  • ふつうに使います

    料理する時に砂糖・みりんってないといけないものだと思っていたくらいです。私は、北関東出身ですが・・地域によってもちがうものなんでしょうか。
    玉子焼きについては、塩味もありかなとは思いますが・・私が作るものは、砂糖・みりん・酒・塩・だし汁入りです。昔、雑誌にのっていたもので好きな味です。
    東京に住んでますが・・築地の有名な玉子焼きやさんのも甘いですよね。


    煮物も砂糖・みりんがないと出来ません。
    白だしも使いますが・・これには、みりん・砂糖もはいってますよね、ただこれだけで美味しいという調合になっているだけで。

    主人とは、味付けの違いで困ったことはなかったですが・・夫婦で違うと大変ですね・・食は、毎日ですもんね。

    ユーザーID:1780398761

  • こちら、おすすめです

    みりんや砂糖、私もつかいますが、健康のことを考えるとなるべく減らしたいと思っています。
    最近参考にしているのが、肉、魚、卵、乳、砂糖、みりん、だしも使わない!というのがコンセプトの料理本「あな吉さんのゆるベジ料理教室」「あな吉さんの10分レシピ」です。(「あな吉」で検索してみてください)
    野菜の味を生かして作るヒントが盛りだくさんで、野菜だけの甘みで調味料はしょうゆだけ、でもしっかり肉じゃがの味になる「肉なし肉じゃが」など、面白いレシピがいっぱい載っています。
    ベジタリアン料理なので、動物性の食品は一切使われていませんが、味付け部分だけ参考にして、肉や魚など足して自分流にアレンジしてみてもいいと思います。
    とにかく簡単でおいしいので、ベジタリアンじゃない私ですが今のところ一番ヘビーに利用しているレシピ本です。
    解決の糸口になるといいですね。

    ユーザーID:7336971708

  • つかう派。わたしのよくやる手は

    たまにある塩味派の味付けをする店に会うと使う手ですが、
    スティックのお砂糖を持ち歩いておいて、
    味の素をふるような量で、お砂糖をひとつまみ上からぱらっとさせるのです。

    しょっぱいだけでおいしくもなんともない!な味が
    まるくなってまあまあ食べられるかな?となります。
    トマトの酸味をまろやかにさせるのによく使われる手ですが
    いろいろまろやかになりますよ!

    ユーザーID:3511858868

  • あ〜、わかります。

    私の実家はみりんも砂糖もよく使いますが、
    義父の家ではあまり好まれていないようです。
    特に義父の父へおもてなしをする時、義母はかなり気を使ってるようです。
    みりんは許容範囲だけど砂糖まではちょっと・・・という感じに見えます。
    私はそこらへんの違いがあまりわからないのですが(汗)
    主人は幸いそのようなこだわりがないので助かってます。

    ユーザーID:9054364103

  • 家庭の味は自分で作る

    私も甘いお料理は苦手なので、レシピなど見ても、だいたい砂糖は「半分」位で味付けするようにしています。卵焼きは、関西風が好きです。ですから、砂糖は入れずにみりんだけで味付けします。ダシも多めです。

    こればかりは、味の好みなので、その家庭で「美味しい」と思うものを作ってゆくしかないと思います。。。

    ユーザーID:9839613867

  • 使います

    九州ですが、うちの県では味付けは甘いと思います。もちろん砂糖とみりんは入れますよ〜。
    醤油自体も甘いです。私は甘い醤油じゃないとダメで、県外に住んでいた時もずっと地元の醤油を取り寄せしてました。
    あと昔はお葬式では砂糖を香典と一緒に渡すくらいでした(お葬式で出す料理が甘いほどいいからと近所のおばあちゃんに聞いたことがあります)。
    地域性の味かもしれないですね。近所の居酒屋ではたまご焼きが「甘口」と「辛口」で選べたり、醤油も地域の物と、一般的なしょっぱい醤油が2種類あったり・・・(他県から来た人用です)。
    地元の人はもちろん甘口を選びます。
    ピピさんのご主人はうちの地域に来たら、外食できないかもしれないですね(汗)。

    ユーザーID:4539217054

  • 甘いのは駄目

    砂糖、使わないですね。なぜかよく砂糖を頂くのですが何年も封を切らず置いてある状態。とにかく甘いのが駄目で、すきやきも食べられません。かといってしょっぱいのも駄目です。塩もあまり使いません。だし汁で味を整えてうすくち醤油を少々、という感じです。でも煮物などこれで十分おいしくできます。

    ちなみに出身は京都です。あるとき東京出身の男性に「京都に旅行で言ったけど、京都の食べ物って何も味がしなくてまずいよね」と言われ驚きました。この人とは何があっても結婚出来ないだろうな(笑)と思いました。また東京出身の友人にお惣菜を頂き、味付けがあまりに甘辛くてびっくりしたことも。味覚だけは子どもの頃からの積み重ねなので簡単に妥協はできないですねー。

    ユーザーID:4914266592

  • トピ主です。

    こんにちは。引き続きレスありがとうございます。

    みなさん健康を考えてまたよりおいしく食べるために様々な工夫をされていらっしゃるようですね。参考にさせていただきます。やはり味付けの特徴は育った地域や環境によりますよね。私も主人も北東北三県内です。それから腹ペコママさんのご推薦のレシピ本とかはなんか味の革命が起きそうですね。ぜひ入手して試してみたいです。主人もきっとそういうの好きだと思います。

    どうもありがとうございます。

    ユーザーID:7048609388

  • 砂糖はつかいません

    料理の甘みは、素材の持つ甘みとみりんで十分です。

    甘い味付け(テリヤキ系の味付け、隠し味の甘みをのぞく)はご飯に合わないし食欲も減ります。
    卵焼きに砂糖?
    おやつって感じです。

    ユーザーID:6281128735

  • 好みの問題かな

    みりんや砂糖は使わないこともないですが……あまり使いませんね。
    だしとかに気をつかいます。

    甘すぎるのは好きじゃないです。
    薄味の方が健康的でよいです。

    卵焼きにお砂糖とかは私はしない方です。

    ユーザーID:8515690753

  • 使わない

    鹿児島で発売されているヤマサのさしみしょうゆが、すごく美味しいので、砂糖やみりんは使いません。

    普通ってなんでしょうね。
    自分のしている事が全てなのですか?

    私には、しょっぱいという概念が分かりません。塩辛いということだったら何故塩辛いといわないのでしょうか?

    砂糖やみりんを使おうが使わないか自由、
    好きにすればいいじゃない。余計なお世話。

    ユーザーID:3975800110

  • 塩を変えたら砂糖が必要なくなった

    以前は普通に砂糖や味醂を料理の本の通りに浸かっていましたが、妊娠を機に砂糖・味醂と油を抜いた食生活になりました。同時に、塩を変えました。著名な料理人も使用しているという自然海塩です。味噌や醤油も、同じ塩を使用しているものにしました。料理酒も、糖類などを添加せずに自然な甘みのものにしました。
    今思っていることは、「市販の料理本は砂糖使いすぎ!」です。
    ちょっと前まで、塩は専売制でナトリウムの純度を人工的に高めたものしかありませんでした。料理に砂糖や味醂を多用するのは、きっとそういう、ただ塩辛いだけの塩を普通に使っていた時代の名残だと思います。
    今つかっている塩や醤油、味噌は、甘みがあってまろやかで、ちょっとなめても塩辛くないです。だから砂糖や味醂を使わなくてもすごく美味しいのができます。海の成分と同じバランスでカリウムやマグネシウムも含まれているので、塩分(ナトリウム)過多の心配もないです。
    よい塩と酒を使ったら砂糖はあまり必要なくなると思います。

    ユーザーID:9963233090

  • 使います

    うちは両親がちがいました。
    父はしょっぱい派
    母は甘い派

    母は父の煮物を別に作ってました。甘みなし。
    私はたまご焼きは甘い→しょっぱい
    に変わりましたが煮物は甘みも欲しいです。
    ずれますが酢豚など甘酢も大好きです。

    ユーザーID:7912845377

  • うちもある〜

    うちは逆です。夫の実家が砂糖漬けか?って思うほど甘い味付けで。カレーももちろん甘口で…。

    しかし、結婚って怖い。私も徐々に影響され、自分の実家と夫の実家の中間って感じの味付けになってます。

    夫も私も、自分たちの実家の味より、今は自分たちの家の味のほうが美味しいねって言ってます。

    砂糖やみりん、りんごや蜂蜜とか、ちょっとした甘みはコクが出て美味しいですよね。

    ユーザーID:2073206437

  • 私も長年それでストレス感じてます

    私の時代は、結婚前に彼氏に手料理なんて無い世代でした。

    夫は早くに母親を亡くし、外食や出来合い物ばかりで育ったとは聞いてます。そのせいか、濃い口好みです。私には身内に板前やコックがいるので、嫁入り前の料理修行は、安い素材でも、盛り付けや、旬の素材の良さを生かした味付けにこだわるよう教えられました。ようし、腕の振るいどころと、グルメな夫に満足してもらおうと思ったら、なんと、全ての料理にマヨネーズと醤油をかけるんです。交際中に外食しに行ったとき、お醤油はどこにでも置いてありますが、マヨネーズはないかと聞いたことが何度かあったけど、あきらめたことはあり、常習性がある?とは思いませんでした。それも、どぼどぼかけて余るんです。

    うちは、マヨネーズと醤油代だけでも馬鹿になりませんが、この夫の食習慣は直らず、今では味付けなしのおかずに両方をかけさせていますが大満足しています。もちろん、私自身と、他の身内、友人を招いたときは、夫とは別々の味付けメニューにしています。

    ユーザーID:4368483803

  • 「ほらね、みんな使うでしょ!」に意味あるの?

    甘い味付けが好きな人もいれば、甘い味付けが苦手な人もいる。

    それをここで票を取って、なにか意味あるんでしょうか。
    ここのみなさんに振舞うための食事? ちがうでしょ。
    ご主人が食べるんだから、ご主人と話して解決しなきゃ。

    味付けうんぬんのことより、
    なにがなんでもご主人に味覚を押し付けようとして
    その裏づけにここで票を取ろうとしているようなのが心配になりました。

    好みの問題において「みんな言ってた」って
    なーんの意味もないですよ。

    ユーザーID:3492728180

  • 私の伯母は

    「甘い味がするもの」が一切食べられません。お菓子などの「甘いもの」だけではなく。
    伯母宅の食卓は砂糖入りの料理は皆無だそうです。
    私の家では甘くて濃い味付けが多いので想像つきませんが…、確かに人それぞれですね〜。

    ユーザーID:9032684503

  • 使わなきゃダメ?

    普通に〜の意味が分かりません。
    絶対に使わなきゃいけない訳?
    家庭の味でいいじゃない?
    うちは使いません。
    鹿児島で発売されているさしみ醤油が甘くて美味しいので。
    砂糖は、しつこくて嫌いです。
    好みでしょ?

    ユーザーID:3975800110

  • そうやって「我が家の味」

    ケン○ンショーって番組見た事ありませんか?
    地域で一番「違い」が出るのが味付けの基本なんですよね。誰しも自分の普通がみんなの普通と思いこんでる。

    どちらが普通で正しいかなんてどうでもいいと思います。お互いに相手の好みを尊重しあえばそれでいいのでは?お互いに味見し合って好みが合わさっていくこともよくありますし。

    卵焼きくらい2種類作りますけど、私は。で食卓にはソースも醤油もケチャップも出します。たまにいつもはしないような作り方をしてみて(めんつゆ入れ卵とか)一緒に味見。
    夫「結構ウマー。」私「んー、私はあんまりかなあ。じゃ君にはたまに又作ろうか?」夫「んー、たまにでいいよ。」

    ユーザーID:5296604175

  • 地域というより家庭差かな

    うちも新婚時に似たような争い(笑)がありました。
    中でも一番揉めたのがやはり卵焼き。夫は塩のみを主張。
    弁当にちょっとだけみりんを使って焼いたら帰ってきてから
    「少しずつ味を慣らそうだなんて、トリカブトみたいなことするな!」
    と激怒されちゃいました。
    それ以来、パパが要らないときのみ甘い卵焼き、
    弁当とかは胡麻や紅生姜と万能ねぎを入れた卵焼きにしています。

    結婚当初は、夫:関西 私:関東 の違いかと思ってましたが、
    帰省して義母の料理を味わってみてから 「家庭の違い」 なのだと
    納得しました。

    なにしろ、夫実家は塩といえば粗塩のみ、胡椒・マヨネーズ・バターなし。
    みりんもなければ、酒も晩酌用の酒を使いまわしている状況でしたから。
    (滅多に酒も使わない)

    今では夫も私の味に慣れましたが、それでも卵焼きだけは ↑ の
    折衷案のみです。

    ユーザーID:7368342468

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧