ペットショップで・・

レス55
(トピ主0
お気に入り65

生活・身近な話題

wanda

愛犬が去年の暮れに亡くなりました。17歳でした。生活が忙しく昼間は忘れることができます。
夜中やベッドに入った時に毎晩涙を流してから寝るのが日課となっていました。骨壷を抱きしめたり、形見の乳歯を見つめたり・・
ぬくもりを再現してみたり、40歳にもなって乙女なことを・・。
お正月に偶然にも愛犬を亡くした義理の姉が亡くなった愛犬と同じ犬種のワンちゃんを飼い始めて連れてきました。
久しぶりにリアルワンちゃんの感触・・羨ましくて、心に葛藤が生じました。
また抱きしめたい・・でも、実際には私のワンコが旅立って、まだ間もないのに。私って薄情でしょうか。義姉のことは他人のことと割り切っています。

昨日は買い物のついでですが、ついペットショップを覗いてしまいました。しばらくは平気で微笑みながら仔犬ちゃんたちを見つめていたのですが
BGMで花・花の「大好きな人」が耳に流れ込んできて、涙が湧いてきました。「ああ、駄目だ・・」何が駄目なのかわかりもしないままそんな言葉だけが
口を出て・・店から飛び出した私でした。夫や子どもと共有できたらいいんでしょうけど、私ボロボロになりそうですので、やはり話せない。

聞いて下ってありがとう。

ユーザーID:4106168973

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数55

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 心中お察し申し上げます

    17年も一緒にいらしたわんちゃんとのお別れではお寂しいことでしょう。
    うちにはネコも犬もいます。どっちも多頭飼いなので、寂しさはまぎらわすことができますが、やはりふとしたことで涙が止まらなくなったりします。

    急がなくていいです。少しずつ気持ちを切り替えてください。
    あなたは、愛するわんちゃんが、例えばあなたが亡くなった後、あなたをしたってさみしく泣きながら生きていて欲しいですか?たとえ私がいなくても、幸せに暮らして欲しいと思いませんか。

    悲しく思う人がいると、なかなか天国にいけないといいます。きっとトピ主さんのわんちゃんも、あなたが心配でそばにいます。「お母さんかなしまないで、17年幸せだったよ」と、あなたのそばで語りかけていると思います。
    亡くなった事を悲しむよりも、幸せだった日々を思い出してあげてください。愛する人に思い出してもらいたいのは、笑顔だったり、楽しく遊んでいた日々だと思いますから。
    がんばってください。

    ユーザーID:0457891509

  • 薄情じゃありませんよー

    トピ主さんのお気持ち、お察しします。
    私たち夫婦は猫2匹と暮らしています。
    子供ができない分、まさに子供のような存在。文字通り猫かわいがりです。
    まだまだ先が長いですが、この子たちがいなくなったら・・・と思うと
    それだけで悲しくなってしまいます。

    夫のいとこも猫好きで多頭飼い(すべて元ノラ)をしているのですが、
    1匹がなくなると、すぐに新しい猫をどこからか拾ってきます。
    彼女は、そうするのは決して亡くなった猫を忘れるためではなくて、
    きっと亡くなった猫が暖かい家を探している他の子たちに、
    「次はあなたの番よ」とチャンスをくれたのではないかと思っているといっています。
    もちろん、彼女は今まで亡くなった10匹以上の猫のすべてを覚えていて、今でも話に出てきます。

    もしご家族がいいというのであれば、新しいワンちゃんを迎えてはいかがですか?
    新しいワンちゃんを迎えたからといって、亡くなったワンちゃんのことを忘れるわけではないですよね。
    トピ主さんの笑顔を天国から見て、きっと安心してくれると思いますよ。

    ユーザーID:0036187376

  • お気持ちお察しします

    私も生まれた時から常に犬がいる環境で育ったので愛犬を失くされたお気持ちお察しします。

    生まれた時に飼っていたつがいが亡くなってあまりにもつらかったので両親は犬を飼うのをためらい1年ほどブランクがありましたが、なぜか捨て犬が我が家にあつまるということがありましてそこからまた2頭飼い始め、その犬たちも亡くなり、雑種でしたがあまりにもかしこく溺愛されていたので1年は飼わないと両親はいっていたのですが、1週間もたたないある日、母がたまたま覗いたペットショップで今飼っている子と出会ってどうしても連れて帰りたくなって連れてきたそうです。失ってしまった悲しみを我慢できなかったそうです。

    続きます

    ユーザーID:0893140234

  • お気持ちお察しします2

    続きです。
    結果論ですが、愛犬の死を悼み1年喪に服していたときよりも家族は幸せな気分になりました。今でも以前飼っていた子たちの話題は出ますし、写真も飾られています。今の子はもう私たち子供が家をでたのこともありますが、それはそれは溺愛されていています。私も帰省時には親へのあいさつをそこそこに犬と遊んでいることが多いです。
    亡くなってしまった子の死を悼む気持ちと新しい子をお迎えする気持ちは天秤にはかけられません。
    ぜひとも、また良い出会いがありましたら新しい家族をお迎えしてあげてくださいね。

    ユーザーID:0893140234

  • 悲しいですね。

    わたしも2年前に20歳のにゃんこを見送りました。
    wandaさんと同じようにしばらくはふとした時に涙が出たり、彼女が使っていたクッションを抱きしめたりしていました。
    新しい仔を飼うことは薄情だなんて思いませんよ。
    ペットロスはペットでしか癒されないと思います。
    ワンちゃんも大好きだった飼い主さんが悲しんでる姿をみてもっと悲しんでるかもしれません。
    天国に行くに行けないかもしれません。
    いつまでも忘れないで楽しかった思い出を思い出すことが前の仔に対する誠意かなって思います。
    (家族だから忘れるわけないけど)

    小さな仔たちは飼い主より先に亡くなって悲しい思いをさせるけど、先にいってくれるのも彼らの優しさかなって思います。
    だって自分が先だったら残った仔のことが心配で心配で仕方がないもの。

    ユーザーID:8046035512

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 薄情ではないと思います

    トピ主さんが新しいワンコを迎えたいと思ったのなら、そうすればいいと思います。
    決して薄情ではないと思います。
    新しいワンコは星になったワンコとは違う、代わりではない。
    それが分かっているならいいと思います。
    きっと新しい家族が癒してくれますよ。

    ユーザーID:7331239758

  • おつらいですね

    我が家も14歳の愛犬がいます。
    いつかは旅立つと思いますが、そのとき私の家族はわたしの悲しみを理解できないと思います。

    知り合いに愛犬より先に旅立った女性がいます。
    彼女は「あなたは愛犬を見送ることができてまだいいのよ。」ととても無念そうに言いました。

    wandaさん、いつか楽になる日がきます。
    穏やかに。

    ユーザーID:5904615535

  • 薄情なんかじゃありません

    愛犬を亡くされて、辛かったですね。中には「ペットが死んだくらいで、そんなに悲しむのはおかしい」「ペットと人間を一緒にするな」って言う人がいますが、人間同士、人間と動物、動物同士、それぞれ想いは十人十色です。悲しいのだから思いっきり悲しんでいいのですよ。

    さて、新しく家族に迎えるワンちゃんのこと。私は気持ちの整理がついているのなら、それは薄情なことではないと思います。「縁」もありますからね。天国のワンちゃんがあまりの悲しみようを見かねて贈ってくれたのかもしれないし。

    それから、「40歳にもなって・・・」とありますが、歳を重ねてきたからこそ感じることの出来る「愛しさ」「悲しみ」があると思います。私も今のほうが若い頃よりずっと感受性が強くなったようです。泣けるし、笑えるし、感動できるし。これって幸せなことかも・・・と超プラス思考で日々送っています。

    ユーザーID:7603262447

  • 17歳まで大事に育ててもらって・・・

    わんちゃん、幸せでしたね。
    私は、ロングコートチワワを7歳で突然死で亡くし、2週間後には似た感じのパピヨンを我が家の子にしました。
    新しい子を飼うつもりはなかったのですが、あまりの落ち込みように、家族が心配して無理やり迎えてくれました。
    結果、よかったと思っています。新しく迎えた子も、今年で13歳になります。前の子を忘れたことはありません。写真も飾っています。

    わんちゃんは、飼い主さんの悲しむ顔を見たくないと思いますよ。
    ニコニコ笑っていて欲しいと願っている筈。

    ユーザーID:0507465571

  • 分かります

    我が家は猫2匹、犬が1匹います。
    猫は未だ比較的若いのですが、ワンちゃんが14年目でかなり高齢です。
    最近は動きが鈍くなってきて、お別れの日がいつ来るのかびくびくしてます。
    本当にそんなことは考えたくないのですが、、
    子供も居ますが、ワンちゃんより年下。
    私にとっては長女なのですよね。
    トピ主さん、亡くなったワンちゃんの一番の望みは貴方が幸せになる事ですよ。
    そして、思い出をいつまでも忘れないで、他の動物、人間に優しくする事。
    悲しいのはそれだけ愛していたから。
    段々と元気を出して下さいね。

    ユーザーID:1042731119

  • ちょっと考えてみてください

    もしあなたがその亡くなったワンちゃんで
    大好きな大好きな飼い主さんが
    いつまでも骨壷抱きしめて悲しんでたら
    どう思われますか?
    落ち込まないでー!元気出してー!って
    思いませんか?
    心配で天国にいけないと思いませんか?
    いつまでもいつまでも悲しんでたら
    ワンちゃんも悲しいと思います。
    次のワンちゃん飼って構わないと思います。
    むしろ飼ってあげてほしいなぁ。
    それで早く元気になって。
    いつまでもワンちゃんのこと忘れないで
    たまに思い出してあげると
    ワンちゃんも喜ぶんじゃないかな?
    新しい犬を飼う=前のワンちゃんを忘れる裏切る
    と言うことではないと思います。
    どうか楽しい思い出をたくさん思い出してあげて。

    ユーザーID:7052329975

  • お気持ちわかります。

    私は7ヶ月の雄猫を去勢手術で失いました。
    ですから、あなたの苦しみや悲しみ・・痛いほどわかります。
    毎日毎日泣きながら暮した日々のことも思いだします。

    でも、その深い悲しみの中で一つ気がついたことがあります。

    それは、あの子と出会った「意味」です。

    あの子は私を喜ばせるために来たのです。
    こんなに私を泣かせる為に来たのではないんです。
    だから私が笑ってなければ、あの子と出会った意味がなくなるんです。
    私が幸せじゃないと死んだあの子に申し訳がないんです。

    そう思った私は、とにかくあの子とそっくりな猫を探そうと決めました。
    身代わりでも何でもいいから、とにかく悲しみから立ち上がろうと決心しました。
    そして、よく似た子猫をもらって育てました。
    時間と子猫が悲しみを癒してくれました。薄情でも何でもないと思います。

    私が心から笑えるようになって初めて、死んだあの子も安らかに眠れたのではないかと思ってます。

    だから、どうぞ死んだワンちゃんの為にも一日も早く笑顔を見せてあげて下さい。
    それが飼い主さんの義務であるし、何よりの供養だと思います。

    ユーザーID:3563522350

  • 家族にもはなして

    お気持ちお察しします。

    ちょっとトピずれかもしれませんが、犬を失った傷を癒してくれるのはやはり犬だとはよく言われています。
    ですから新しい犬を飼うことができればいいなと思います。
    でも私は今飼っている犬はペットショップで購入したのですが、次は保健所や動物病院から引き取ろうと決めています。

    購入する時は気がつかなかったのですが、今は「買った」ことを、とても後悔しているのです。
    犬が家族になり愛情が深まるのつれ、売られていた命を買ってしまった、どんな気持ちで売られていたんだろう、もし売れ残ったら殺されていたかも…など。

    すぐに違う犬を飼うと薄情な気がしてしまいそうですが、傲慢な言い方かもしれませんが他の犬の命を救う気持で飼われたら亡くなった犬も喜んでくれるんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:4915139951

  • ボロボロになってもいいじゃないですか。

    ご家族と気持ちを共有されてみたらいかがでしょうか?
    17歳ということはご結婚されて飼い始めたのでしょうか?
    お子さん達にも沢山の思い出を残したわんこでしたでしょう。
    誰も語らないけど「実は・・・」ってお子さんも思っているのかもしれません。
    そして「わんこの話をするとお母さんが悲しがるから」と言えずにいるかもしれません。思い出を語ることはいってしまったわんこにとっても嬉しいことではないでしょうか。
    私は子どもの頃から犬猫うさぎ小鳥と生きものが途切れることなく育ってきました。現在は犬を飼ってます。新しく犬を飼ったからといって今まで居た愛する者の思い出は変わる事無く心を暖かくしてくれています。
    そして今、抱きしめる事の出来る暖かい生きものに対して今まで以上の(経験や反省する事を生かして)愛情を注ぐ事ができるような気がしてくるのです。

    ペットを飼うって「縁」だと思うのです。
    トピ主さんが涙にくれる前に「この子・・!」とピン!とくるわんことまた、いつか出会えますように。

    ユーザーID:8970179802

  • 薄情でもなんでもないのです

    17歳で旅立たれたわんちゃんは、とても長生きなわんちゃんだと思います。
    きっと愛情を受けて生活をしていたのでしょうね。
    そんな愛犬が先に逝ってしまい、悲しいのはよくわかります。

    でもね。
    愛犬さんは「大往生」なのですよ。
    それを飼い主のあなたがいつまでも引きずってはいけない。

    自分に置き換えてみて。
    愛情をこめて育てて生活をしてきて、「ありがとう、幸せな人生だったよ」と言って旅立ったあと、残った人がいつまでも泣いて悲しんでいたらどう思います?

    それよりも、にっこり笑って過ごしていてくれるほうが安心して天国にいけると思いませんか?
    たまに思い出して空に向かって「元気ぃ?」と声かけたりでいいのでは?

    あなたが泣いていると、心配になって天国で楽しく遊べないですよ。

    他のペットを飼ってもいいのですよ。
    たまに思い出して話し掛けてあげれば十分だと思いますよ。
    あなたが笑っているほうがわんちゃんもずっと幸せだと思います。
    もちろん、ご家族もね。

    気持ちも天国のわんちゃんもどうぞ解放してあげてください。

    ユーザーID:7034918606

  • お気持ちわかります

    去年の夏、2歳の誕生日を目の前にした愛猫を事故で亡くしました。
    結婚8年目でようやく授かった子を流産し、精神的にボロボロだった時期に我が家にやってきた子でした。

    頭でわかっていても現実を認めるのが辛くてお葬式の後の一ヶ月は写真を見ることもできず、玄関を開けても愛猫の出迎えがないことで居ないことを再確認させられた日々はとても辛かったです。
    それでも1人になると、まるでそこに愛猫がいるかのように独りごとを呟いたり。

    結局その後、わずかひと月ほどで新しい子を迎えました。

    wandaさんのまた抱きしめたいという気持ち、本当にわかります。私も同じ気持ちでした。
    亡くなった子に対して、薄情だという思いも罪悪感ももちろんありました。
    新しい子を迎えたその日、愛猫の骨壷と写真を前にその子を紹介しました。
    『新しい家族だよ、でもあなたの代わりじゃないんだよ。ずっとずっとあなたも家族の一員だからね、よろしくね』

    もちろん今でもあの子は家族の一員です。この先もずっと。
    新しい子にはあの子のぶんまで愛情を注ぐ毎日です。
    今は幸せです。

    ユーザーID:0666987831

  • 元気を出してください!

    わかります。私も愛犬をなくしてから、ずっと(こっそり)泣いてばかりいました。2年経った今でも、思い出すだけで泣けてきます。私は事情があって、今は新しい子を飼う事ができませんが、またいつか飼うつもりですよ。それも、保健所などからもらってくるつもりです。ペットショップで売られている子達は、いつか飼い主さんが現れますが、捨てられた子達はそうもいかないですよね。変な発想でしょうが、そんな子達を飼う事が、亡くなった愛犬への供養にもなるような気がするんです。(すみません、全く根拠もないですけど)

    新しくまた犬を飼う事は良いことだと思います。きっと亡くなったワンちゃんも、トピさんが悲しみにくれている姿は見たくないと思いますよ。また新しく家族を迎えて、楽しい生活を送ってみてはどうですか?頑張ってくださいね!!

    ユーザーID:3814028714

  • 二代目飼ってもいいんですよ

    愛犬が旅立ったばかりなのに別のわんこに心動かされることは薄情だとご自分を責められるようですが、そんなことはない、失った先代への愛情が濃いほど寂しさに耐えられず次を求める気持ちが強くなるようです。

    一緒にするのは不適切かもしれませんが人間同士の夫婦の場合でもそうなんだそうです。
    妻を愛して愛して仲のよいご夫婦の妻が先立ち残された夫。こういう場合、当然、夫は亡き妻を思って一生独身だろうと思うし実際そういう人も多いのでしょうが、「寂しさに耐えきれず前の妻への愛情が強いほど早くに再婚する」という人も案外多いそうです。
    愛妻家で有名だった某漫画家氏のケースもそれで、子どもたちも「母を亡くして憔悴し切った父を見てられない。再婚してくれる人がいてよかった」と再婚を心から喜び祝福したそうな。

    それぐらいのものですからご自分を責めず二代目と出会ってもいいと思います。
    天国の先代も、悲しみに打ちひしがれている元飼い主様を心配しているのでは?貴女が二代目と幸せになればほっとして喜んでくれると思います。

    ユーザーID:3381758007

  • 元気だしてください

    17年も暮らすと、もう十分家族の一員だったでしょうね。
    辛い気持ちわかります。

    新しい犬を迎えられてもよいと思いますよ。
    薄情ではありません。
    新しい犬はきっとトピ主さんの心を癒してくれると思います。
    亡くなった愛犬をそばにおいておきたいのもわかりますが、
    新しい犬を迎えられたら、
    骨を霊園に納められたらどうでしょうか?
    トピ主さんが遺骨を抱いて泣いてばかりいると
    亡くなった愛犬も天国に行きづらいのでは?

    また、犬を迎えられるならペットショップだけでなく
    保健所等も選択肢として考えてくれたらと思います。

    ユーザーID:6597081346

  • わたしもトピ主さんを他人と割り切って話します。

    ペットは人間の都合で飼っているものだと思います。
    特に犬などは人間の都合で品種改良されたり
    増やされてきた生き物。
    責任をもって最後まで面倒をみられるならば、
    トピ主さんのご自由に、と思います。

    ちなみに私は今まで猫や犬の最後を何度か看取ってきましたが
    亡くなってからすぐには、次のペットを飼う気になれませんでした。
    優しいとか、冷たいとかではなく、
    ただそんな気になれなかっただけです。
    次はどうだかわかりません。

    ユーザーID:1743331430

  • 私も同じです

    昨年11月に大好きな00(名前)をなくしました。
    私も思い出すたびに涙が止まりません。
    毎晩夜中に目が覚めて、ないていました。
    モット、モットかわいがって上げたかったという気持ちで胸が締め付けられます。
    昼間は何とか考えないように頑張るんですが。。。心の奥は隠せないもので、寝ているうちに本当の私の心が出てきてしまうんですね。
    私は大分貴方より年上ですが、こういう悲しみは年齢には関係ないと思いますよ。
    きっと、ワンちゃんに良くして上げた優しい方なのだと推察いたします。

    変な話ですが、更に悲しかったのは友達が泣いてばかりの私の人格まで(その人は見ていないですし、何も迷惑を掛けていません)疑われた事です。
    同じ経験をした人でなければ分からない悲しみです。
    一緒に暮らしを共にした子供達とは悲しみを共にしています。

    もう、犬のことを他の人に話すのはその日から辞めました。
    天国のその子とはたまに長距離で話す息子達と、あとは、私の心の中だけで話をしています。

    ユーザーID:0386160815

  • 笑顔でお見送り

    一緒に過ごし家族になったペットがいなくなってしまう。悲しいですよね。
    私も小さい頃に一緒に成長し共に過ごした犬がいました。その子は私がまだ歩くか歩かないかの時に家にきました。
    (信じられないでしょうけどその時の事は私の記憶にあります)
    両親は共働きで年のはなれた姉兄もバイト等で、私は鍵っ子でした。
    一番、幼い私と時間を一緒に過ごしたのはその犬でした。
    約10年生き。昔の話なので犬が10年生きれば長生きと言われていました。
    旅立った時は、まさに今で言う「ペットロス」です。
    初めての死の体験でもありました。
    4〜5年隠れて泣いていました。

    大人になり学んだのは、生きたものが旅立つ時は
    本人はちゃぁ〜んと人生を全うして旅立ったということ。

    一緒に過ごしてくれてありがとう。と笑顔で送ってあげてください。
    だって貴方がそんなに悲しむと言うことはとっても素晴らしい
    わんちゃんだのでしょう。
    見事にお役目果たしきりましたよね。
    無理に次のワンちゃんを迎えることはありませんよ。
    他の子を迎えても同じように思い出し悲しくなります。
    いずれ一目ぼれする子が現れます。

    ユーザーID:6009831981

  • 新しい家族

    私は今2匹のチワワンを飼っています。
    周りで高齢の為亡くなってしまったワンコが沢山いますがその後の飼い主であるママ達の対応も置かれている状況で様々です。

    例えば孫がいたりと忙しいママ達はもう飼う事もなく悲しみから立ち直り段々と新しい生活ペースが出来てくるようですが、50代、60代で独身だったりお子さんがいないご夫婦は周りからするともう見ていられないくらい衰弱されてる方が殆どです。

    例えばあんなに犬の散歩の際いつも挨拶をしていたのにまだ犬を飼ってるママ達に会うと涙が堪えられなくなるようで気づかぬフリをして避けていきます。
    ですが新しい仔犬を迎い入れた途端に赤ちゃん子犬の子育てに奮闘し、明るく元気になられてますよ。
    毎日骨壷を抱いては涙している姿を知ってるだけにそれが薄情などとはとても思えません。
    それよりご自分の生きる支えになる為にもいいことだと思いますが・・・。
    それにペットショップなどでは売れ残ってしまう子達が沢山いるわけでその子達を育ててあげるのも小さな命を助ける事にもなりますし、ご自分を冷たいとか薄情などと思わず新しい家族を迎えてあげてはどうでしょう?

    ユーザーID:1342039222

  • 自分が歳をとったときの世話

    今は40歳なのですね。トピ主さんが歳をとり、世話や散歩が難しくなったときに子供さんは協力出来る年齢になりますか?
    または協力してくれますか?
    死んですぐ後に飼う、というよりもこちらの方が気になりました。
    私の親(60歳)が中型犬の仔犬を飼ったので、世話と散歩は間違いなく子供達(私と兄弟)に回ってくることになってます。今は動物も介護がありますから、正直大変です。

    ユーザーID:2762068591

  • 私もです。

    こんにちは。
    少し私の話をさせてください。
    私も13歳の愛犬を、10日にみおくりました。
    辛いですね。私も立ち直れない気がしました。
    でも、私は昨日と今日、もう涙をだしていません。
    また、ふと泣けてくるんでしょうが・・・
    wandaさんと私の違いは、まさにwandaさんがおっしゃるように、
    愛犬の他にも犬が居るからです。
    一匹は、数年前に拾ってきた子ですが、
    もう一匹は、この年末に掃除道具を買いに行ったホームセンターに居た子です。
    この子は、私の愛犬が自分の死を感じていて、
    私の為に我が家へ来させるようにしたんだと周りの人は言ってくれます。

    私もそう思うのです。
    薄情なんかじゃないんですよ。そんなに愛してもらえるワンチャンが居るなんて素晴らしいことです。wandaさんの愛を必要としている子が必ず居るんです。
    愛犬を忘れるわけないですよね、私達が。あんなに愛したんです。
    幸せなワンチャンが増えるだけです。そして自分も幸せを感じることができる。
    こんなに犬が大好きなのだから、その我慢は必要ありませんよ。
    もう一度、見に行ってみてくださいね。

    ユーザーID:2819018257

  • ここにも いますよ。

    我が家の愛犬も昨年10月に16歳で虹の橋へと旅立ちました。
    それは、もう悲しい毎日でした。

    私もちょくちょく買い物がてらペットショップを覗きに行きます。
    ワンちゃん達見ていると、自然と涙が出て泣いてる自分がそこにいます。
    他の方が見ると、きっと「変なおばさん」なのでしょうね。

    あなたのお気持ち本当に良くわかりますよ。
    だって、私もあなたと同じですもの。

    ユーザーID:8191530875

  • わかります

    私も去年愛犬を亡くしたので、お気持ちとてもよく分かります。
    新しい家族を迎えてwanndaさんの心が少しでも癒されるなら、亡くなったわんちゃんもきっと喜ぶのではないでしょうか。

    ひとつ気になったのが、ご主人様やお子さんと気持ちを共有されていらっしゃらないようだということ。
    このままでは、心の傷が癒えるのが遅くなってしまいそうな気がします。

    ぜひ、ご家族で悲しい気持ちを語り合って下さい。親子で涙でボロボロになって下さい。新しい家族を迎えたい気持ちを話してみて下さい。
    とうていwanndaさんひとりで抱えきれる悲しみではないでしょう?

    私達も親子で、また夫婦で幾晩も泣き明かし、今は少しずつ元気を取り戻しつつあります。

    わんちゃんの魂とwanndaさんご家族の気持ちが、安らかになられますように。

    ユーザーID:0142092859

  • 映画の話ですが

    秋に公開された「グーグーだって猫である」という映画の冒頭に、今のトピ主さんとまったく同じ状態の主人公が出てきます。主人公が亡くしたのは、にゃんこですけれど。
    大島弓子さんという漫画家の、同名のコミックが原作です。
    主人公は程なく、新しい猫を飼いはじめます。よかったら観て(読んで)みて下さい。

    ユーザーID:7865799584

  • もらい泣きした

    私も、「こんな愛情いっぱい育てられたワンちゃんは幸せだっただろうな」と思いました。
    気の利いたことはいえませんが、元気だしてくださいね。。

    ユーザーID:7746082148

  • お気持ちに従って

    私も昨年、長年苦楽を供にしてきた愛猫を亡くしたばかりです。本当につらくて一生立ち直れないのではないのかと思うくらい落ち込みました。
    さらに色々と事情があって最後に看取れなかったこと、亡骸も引き取れなかったことが本当に悔やまれ、ずっと心の整理がつかずにいました。
    そんなある日、ふと見ると庭先に子猫がうずくまっているのです。人を怖がる様子もなく、ドアを開けると恐る恐る家の中に入ってきて、それ以来全く外に出ようとしませんでした。
    娘はすかさず、”ママ、きっとあの仔が虹の橋で待ちきれずに戻ってきてくれたんだよ!”もちろん私も主人も新しい仔を迎える心の準備は全くできていませんでしたが、きっと縁があって我が家に来てくれたのでしょう。
    結局新しい家族の一員となって、今は皆とても幸せです。
    そして天国で愛猫はそんな私たちの様子を見て、安心してくれていると確信しています。ですからもしトピ主さんが少しでも新しい仔を迎えたい気持ちになったり、どこかで何かしら出会いを感じたりしたら、その気持ちに従っていいと思います。一日も早くお気持ちが癒されますよう、お祈りしております。

    ユーザーID:4498918472

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧