• ホーム
  • 話題
  • 手を重ねるときどちらの手で押さえますか?

手を重ねるときどちらの手で押さえますか?

レス14
(トピ主1
お気に入り10

生活・身近な話題

にのまえまこと

はじめまして

椅子に座っていて、ひざの上で手を重ねるとき。
立っていて、体の前で手を重ねるとき。

どちらの手でもう片方の手を押さえるのが正しいのでしょうか。

高校の折、先生に「いたずらな片方の手(右手か左手のどちらかはっきりとおっしゃっていました)をもう片方で押さえるのですよ」と聞いたのですが、先生がいたずらな方と言った手とは逆のほうの手にいたずらなイメージを持っていて、イメージと逆だなぁ、、、と思ったのだけ覚えていて、どちらの手で押さえるのか忘れてしまいました。


雑誌などで、礼法を身に着けていそうな方の写真を見るたび手元を見るのですが、お母様と娘さんで逆だったりして、かれこれ10年くらいすっきりしません。

ご存知の方、教えてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

ユーザーID:9563241554

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 確か…

    「動」を意味する右手を「静」を意味する左手で抑えるんだと思います。

    数年前まで百貨店に勤めてましたが、そこでは
    「お客様のためにいつでも動きます」
    という意味で、逆に右を上にするよう指導されました。

    ユーザーID:5278731023

  • 左が上だったような

    どこで聞いたのか忘れてしまいましたが、
    例えば刀を抜くなど、よく動くのは右手なので
    それを左手で押さえることで
    「私はあなたに危害を加えることはありません」
    ということを表わすとか・・・。

    ユーザーID:5709333228

  • 刀を持つ手

    右手を左手で抑える、と覚えては如何でしょう。
    私の聞いた話では、大昔お客様をご案内する際、
    通常刀を持つ右手を自ら抑えることで、相手に対し敵意はないのでご安心を
    という意志を示すものだと。

    ですから立ってご挨拶する際手を重ねる場合も、勿論左手が上です。

    ユーザーID:4282544010

  • 昔ビジネスマナー教えてました

    さびねこさんと同様の理由で左が上と教えてました。

    でも、みちさんのレスもあ〜なるほどと思いました。

    ユーザーID:8141801011

  • 左手が上

    江戸時代、武士は刀を左側にさされていたそうです。
    左側にさす=右手で抜き取る。

    左手を右手の上に重ねる事で『私はあなたを攻撃しませんよ』って言う意味があるそーですよ

    ユーザーID:5078917609

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • どちらが正解かにとらわれない。

    「刀を持つ右手を、左手で押さえる」というのは有名ですね。
    サービス業などで決められている人はいるかもしれませんが、
    わたしは右手を上に重ねるのが習慣なので、右が上です。

    たぶん昔、茶道の先生に「右手が上」と言われたからです。
    理由は教えてもらわなかったんですが(自分で調べろということ)
    お茶室の中には刀は持ち込まなかったので、刀は関係ありません。
    それより、なにかあった時に対応できる方を上にするという意味かな、
    とわたしは解釈してます。右利き前提の考えですが。
    「左が上が正解」の人には、無知と思われる可能性はありますね〜

    ユーザーID:3048109810

  • 右を左でおさえる

    接客業をしていたころに習ったのは、右を左でおさえるということでした。
    他の方同様、「あなたに危害を加えませんよ(丸腰)」という意味だとか。

    ユーザーID:0252796288

  • 右手を押させる

    百貨店勤務時に指導されました。

    理由は、さびねこさんひしょーさん同様でしたね。

    ユーザーID:0133581646

  • 茶道で右手が上

    昔少し習っていた茶道の裏千家では、左手を下に右手を上に重ねると習いました。

    他の流派では左手が上のようです。礼法の小笠原流も左が上。
    大日本茶道学会では自由のようです。

    ユーザーID:6641419401

  • 雑誌の写真は、デザイン的なものもあるのでは?

    ン10年前に新入社員研修で習ったのは、皆さんがおっしゃるように「右手の上に左手を重ねる」でした。
    理由は皆さんと異なり、利き手(右手)はごついから、もう一方の手でかくす‥‥‥だったと記憶しております。
    某デパートで、エレベーターガールや案内嬢に対する指導ですので、刀を持った侍の話を持ち出すより、如何に自分をきれいに見せるかという話の方が、すんなり受け入れてもらえるという配慮だったのかも知れません。
    ちなみに、私はお客さまの目に触れるような職場には配属されませんでした。(何でだろう?)

    ‥‥‥で、雑誌の写真の話ですが、モデルさんが「気をつけ」の姿勢をして、真正面から写ってるって、あまりないと思います。
    足自体、どちらかを半歩前に出して、スラッと重なるようにして、なおかつ、若干斜めから撮影するんだと思います。
    そのとき、手の重なりが、きれいに見えるようにしているのではないでしょうか。
    恐らく、手の甲から指先までスッと見えた方が、きれいに見えると思います。

    ユーザーID:8216374529

  • 美しい方が上

    一般に、利き手と逆の手の方が華奢なので、そちらを上にする方がスマートです。

    ユーザーID:7447913778

  • 写真室で

    都内ホテルの写真室で家族写真(といっても息子と二人ですが)を撮ったときに「右を上」のポーズに直されました。
    向かって右に息子、左にわたしだったのと、左手にかさばる指輪をしていたので(笑)、単に写真写りの関係だったかもしれませんが。
    わたし自身はもともと若干左利き気味であるので、左を上にしがちです。
    皆さんのレスを見るとそれでよいようなので、ほっとしています。

    ユーザーID:7527703431

  • 右が上

    小学校の時、何かのセレモニーで左手を右手で軽く持つ(右が上)と習いました。
    その後、茶道でも(裏千家だったかな)右が上だったので、私は自然と右が上です。

    ユーザーID:0870117613

  • ありがとうございます

    トピ主です。
    皆様ありがとうございます!!


    右手を左手で押さえるのが一般的なようですね。
    子供のときアニメを見る代わり時代劇をみて育ったので、
    「刀を持つ手を押さえる」というのが、すとんと気持ちにはいってきました。動くほうを押さえる、というのは高校時代に教わった理由と通じますし。

    「より美しいほうの手を上にする」というのも美しいですね。
    私は右利きで、わずかに左手が(本当にわずかですが)細いので、左手を上にすることになりますね。

    デパートにお勤めの方の「お客様のために動きます」というのも素敵。茶道では逆と言うのも、知らない世界への興味をそそります。


    長年の疑問が晴れて、すっきりしました。
    教えてくださって感謝いたします。

    ユーザーID:9563241554

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧