• ホーム
  • 口コミ
  • うさぎをJALでカナダから連れて行くためのキャリーについて

うさぎをJALでカナダから連れて行くためのキャリーについて

レス49
(トピ主29
お気に入り26

旅行・国内外の地域情報

ころ

うさぎをJALでカナダより日本へ連れて行くことになりました。
JALで指定されているサイズ以下の小さなキャリーに入れなくてはいけませんが、見つかりません。
どんなものがありますか?

犬や猫のように『SKYKENNEL』という丈夫なキャリーを使用することはできず、45X41x45(高さ)cm以内でJALのクレートの中に入れることにのみと言われました。
このサイズ以下では、一般的なお出かけ用のキャリーで、素材はプラスチックか布製、長さがギリギリか50cmを超えるものがほとんどです。
更に、グラスファイバー・強化プラスチック製で丈夫なワイヤーのドアがついているものとのコトですが、それは『SKYKENNEL』であり、サイズも52.5X40X37.5(高さ)cmが最小です。
キャリー本体がワイヤーで囲まれたものは不可です。

安全性と快適性では『SKYKENNEL』世界のスタンダードでJALでもそのサイトにリンクしているのに、うさぎは『小動物』というだけで、『SKYKENNEL』は使用できず、クレートの中にいれるキャリーにも強度を求めているにもかかわらず、それに準じたキャリーが収まるクレートが無い。
一般的なプラスチック類ではだめと言いながら、そのサイズ・強度に準じたキャリーの情報は知らない。
ルールだからだめの一点張りで、うさぎのリクエストを勝手に落とされてしまいました。

続きます

ユーザーID:9785613200

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです。1

    『SKYKENNEL』を使用する犬や猫の場合、クレートに収める必要は無く、体にあったサイズが選べます。
    私の場合はうさぎだからだめの一点張り。
    しまいには、他の航空会社や業者を使えと言われました。
    バンクーバーからはJALとエアカナダの二社のみで、エアカナダは犬と猫のみの扱いです。
    (ちなみにJALの担当者はこのことを知っていて、あえて他の会社と言ってきました。)
    そして、カナダでペット運送を扱っているのは日本通運で、こちらも業者によるうさぎの日本への輸出は難しく、個人で手荷物扱いでお願いしますとありました。

    結局の所最初に戻り、途方に暮れています。
    JALの『あれもだめ、これもだめ、わからない』で心が折れています。

    日本に帰らなくては行けないし、シェルターから引き取ったうさぎを諦めることもできません。
    JALの方に丈夫で安全で快適なキャリーの情報をお願いしても『知らない』で跳ね返されました。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 続きです。2


    なお、カナダからのうさぎに出国や、日本での検疫に関しては確認済みです。
    こちらは問題ありません。

    ただ、きちんと耐久性のある『SKYKENNEL』が利用できるか、またはJALのクレートに収まる基準をクリアした小さいサイズのキャリーがちゃんと手に入ればいいのです。
    ただしその小さいサイズは一般的にうさぎでは無く、ハムスター用だと言うことらしいです。(過去に利用した方の話)

    バンクーバーから成田までの飛行時間は12時間。
    チェックインの2時間と、空港までそして入国から検疫までの時間を足すと14・5時間もキャリーの中です。
    しかも、這いつくばる体勢で。

    うさぎは、犬や猫と違い消化器官の構造上、絶食させることができないのです。
    牧草などでもいいから何か噛んでいないといけないのですが、こういうことを知っている方は少なく、当然、JALからはいっさい駄目と。
    一番短時間で外に出してあげるには、この直行便のJALしか無いのです。

    もう一週間以上も同じことの堂々巡りです。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 私は逆で…

    日本からカナダにJALでハムスターを連れて行く予定です。

    ハムスターもげっ歯類専用のクレート(45x41x45)に入れられるケージに入れるのですが、硬質プラスチックのケースで良い、と確認取りました。硬質プラスチックの実際の成分は?と聞くと、特に指定はない、と言われました。いわゆる衣装ケースのような材質は硬質とみなされるそうです。なので、ウサギでも硬質プラスチックのケージでOKなはず。JALはメールで親切に返答してくれますよ。

    私はケージを自作します。AMCという小動物用ケージを改造しますが(小部屋に分ける、カギを付けるなど)、このサイズはウサギには小さいと思いますが、ころさんのウサギさんのサイズはどのくらいでしょう?アメリカに在住時、かなり小さな猫用キャリーがありました(座席の下に置ける)。「Petmate Cabin Kennel Petco」で検索してください。サイズは17インチx12インチx8インチです。

    またJALとのやり取りは、電話だけでなく証拠に残る形(FAXやメール)でやり取りすることをお勧めします。日本の検疫のことも忘れないように!

    ユーザーID:5869372416

  • 続きです。

    『SKYKENNEL』を使用する犬や猫の場合、クレートに収める必要は無く、体にあったサイズが選べます。
    私の場合はうさぎだからだめの一点張り。
    しまいには、他の航空会社や業者を使えと言われました。
    バンクーバーからはJALとエアカナダの二社のみで、エアカナダは犬と猫のみの扱いです。
    (ちなみにJALの担当者はこのことを知っていて、あえて他の会社と言ってきました。)
    そして、カナダでペット運送を扱っているのは日本通運で、こちらも業者によるうさぎの日本への輸出は難しく、個人で手荷物扱いでお願いしますとありました。

    結局の所最初に戻り、途方に暮れています。
    JALの『あれもだめ、これもだめ、わからない』で心が折れています。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 続きです。2


    日本に帰らなくては行けないし、シェルターから引き取ったうさぎを諦めることもできません。
    JALの方に丈夫で安全で快適なキャリーの情報をお願いしても『知らない』で跳ね返されました。

    なお、カナダからのうさぎに出国や、日本での検疫に関しては確認済みです。
    こちらは問題ありません。

    ただ、きちんと耐久性のある『SKYKENNEL』が利用できるか、またはJALのクレートに収まる基準をクリアした小さいサイズのキャリーがちゃんと手に入ればいいのです。
    ただしその小さいサイズは一般的にうさぎでは無く、ハムスター用だと言うことらしいです。(過去に利用した方の話)

    もう一週間以上も同じことの堂々巡りです。

    先ほど、トップにて
    >安全性と快適性では『SKYKENNEL』世界のスタンダードでJALでもそのサイトにリンクしているのに、
    と書きましたが、『JALでもそのサイトに写真を載せているのに、』の間違いです。
    誤解を受ける書き方でごめんなさい。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 口コミランキング

    その他も見る
  • 参考になりますか?

    参考になりそうなQ & Aがありました。
    http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4636673.html

    ユーザーID:6712950709

  • 無事に、うさぎちゃんを連れて帰れることを願っています。

    私は4年ほど前に、成田から欧州への便でJAL機にうさぎを乗せたことがあります。
    日本からなので参考にならなかったらごめんなさい。

    指定された大きさに近い、普通の家庭での飼育用のケージ(たまたまペット用品のお店で見つけたサイズが合ったものだったのですが、ハムスター用かも知れないですね。)を使用しましたが、少し大きかったのでプラスチック部分を切断して、サイズにあうように調整しました。

    サイズの近いものを準備して、調整できそうにありませんか?

    食べ物は牧草と水分補給用にフルーツを入れていたと思います。

    その当時、特にサイズ以外に素材などについては注意を受けなかったのですが、現在は厳しくなっているのでしょうか。

    他の航空会社に断られたため、JALに(日本のお役様用窓口に電話で問い合わせをしました)お願いしましたが、かなり親切な対応でした。

    無事に、うさぎちゃんを連れて帰れることを願っています。

    ユーザーID:2874487766

  • リスクマネジメント

    > 日本に帰らなくては行けないし、シェルターから引き取ったうさぎを諦めることもできません。

    まずシェルターから引き取る際に日本に帰ることを想定して可能かどうか調べるべきでした。

    私は現在海外で暮らしていますが私の身近にもいらっしゃいますよ、日本で飼っていた犬は手続きが大変だと置いてきたのに、こちらに来た途端シェルターから犬を引き取り、その上家の周囲に住み着いていた猫を可愛がって気がついたら家の中にも猫がウジャウジャ…という人が。

    さて、トピ主さんのうさぎちゃん、チェックインから無事対面までの時間が14.5時間とありますが、いくら最短といってもそんな長時間噛まない状態で過させて本当に大丈夫なんでしょうか?
    実際問題、キャリーケースなんてどうにでもなる問題でしょう。
    一番考えないといけないのは、絶食状態が命取りにもなりかねないうさぎちゃんを長時間拘束というリスクにさらした状態で連れて帰ることが正しい選択といえるか?ということ。
    現在お住まいの場所で新しい家族を見つけてやるほうがいいのではないですか?

    ユーザーID:6479564951

  • リスクマネジメント-2

    以下は移動キャリーの問題なんて問題のうちに入らないと書いた理由です。

    日本の動物検疫所のHPの「輸出国から日本向けに輸出されるウサギの家畜衛生条件」(カナダ)です。
    http://www.maff.go.jp/aqs/hou/require/pdf/17-209ca.pdf
    この条件、特に5,6,7クリアできますか?

    http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou12/pdf/14_0001.pdf
    こちらによると、日本入国時に必要な「衛生証明書」について以下のような注意書きがありますね。

    (げつ歯類については、衛生証明書において必要とされる証明内容として、「輸出国政府機関が指定した保管施設において、出生以来保管されていたことを求めていますが、一般家庭で飼育していた場合には、通常、指定が受けられません)

    つまり、トピ主さんのうさぎちゃんはこの指定が受けられないので、トピ主さんの元で1年以上の飼育が条件です。また無事入国できても検疫検査は到着日を含めて3日間です。

    うさぎちゃん、本当に大丈夫?

    ユーザーID:6479564951

  • 初投稿で失敗しました。

    ころです。

    コメントがうまく反映されずに、二重投稿になってしまいました。
    見苦しくなってしまって済みません。

    >ハムの母さん
    日本からですか。
    ちっちゃい彼らなのに、一番手がかかりますよね。(笑)
    衣装ケースは硬質なんですか。
    それは良いことを聞きました。
    私が持っているキャリーは、アイリスのメッシュネットキャリーです。
    これがOKなら、JALカーゴの基準のように網をかけたりロープでしっかり止めれば可能です。
    Petmateで奥行き17インチが見つからなかったので、検索情報はとても助かります。
    電話でのやり取りにらちがあかず、メールでの相談は不可能とずっと言われていたので、(嘘をつかれた?!)、十日間も毎日電話でイライラしていました。

    ありがとうございます。
    結構前進です。
    検疫はOKです。
    助かります。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • そのトピは私です。

    >ねこみみさん
    こういったコミュニケーション掲示板に投稿するのが初めてで小町でのタイムラグを知らなかったのと、至急情報が必要だったので、gooにも投稿しました。
    何件かコメントを頂きましたが、質問内容に関するコメントが少なかったので、こちらのサイトからも必要な情報を待っています。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • うさぎ愛好家

    多分カナダにもあると思いますが、うさぎ愛好家協会の方、またはウサギを引き取ったシェルターに相談してみたら?腕の良い大工さんを紹介「もちろん出費は覚悟の上です」か、知恵を貸してくれるかもしれませんよ。うちにもウサギがいますが、日本に持ち帰るということで驚いています。グッドラック!

    ユーザーID:5526576946

  • うさぎ好き

    うさぎってとってもデリケートですよね。

    新しいおうちや、新しいキャリーバッグに慣れるには1週間くらい必要だと思います。
    ストレスで食べなくなることもありますよ。
    やむをえない事情なんですよね・・・

    長時間のフライトにうさぎちゃんが耐えられるかふあん
    もし、ワンワン吠える犬と一緒に運ばれることになったら・・・
    うちのうさぎだったら。と思うと涙がでました。

    すみません。ただの感想で・・・
    トピ主さんも納得できてうさぎちゃんも快適な方法が見つかると
    いいですね。

    ちなみに、ねこみみさんのはりつけたリンクはトピ主さんの投稿だと
    思いますよ。
    かわいいうさぎちゃんですね。

    ユーザーID:5338168154

  • 前進できそうです。

    >うさっぴさん
    いろいろな情報の中で、LAの予約センターから頂く情報と、東京本社で出しているまたは問い合わせされた方の情報では、食い違いがあるようです。
    信憑性に関しては、最終的に自分で責任を持って確信しますが、何よりもLAサイドのお話がはっきりしないことです。
    私から東京に問い合わせすることもメールを出すこともできないと言われましたが、よく考えればそんなことはありませんよね。

    連絡方法もわかったので、しっかりチェックします。

    うさっぴさんのコメントに大きなヒントがありましたので、気がかなり楽になりました。
    どうもありがとうございます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 大丈夫です。

    >ワンコさん
    ご心配くださってありがとうございます。
    自分のプライバシーに関することですので、特に詳しく書くつもりはありませんが、日本に帰ることを想定して云々に関して、私は先代のうさぎを引き取った時も最後まで看取った時も現在のうさぎを引き取った時も、後先を考えずにしたわけではありません。

    こちらに永住しているのです。
    もう15年以上になります。
    今回は家族の事情で帰国することになり、それは今のうさぎを引き取ってしばらくしてからのことでした。
    10年以上も前にうさぎを日本に連れて行く方のお手伝いをしたこともあり、ある程度調べていたので、今回の問題もキャリーサイズ以外は『全く』問題ありません。

    続きます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • メールでのやり取り

    私は日本のJALホームページ(確かペットのページ)よりメールで質問しました。

    捨てメールアドレスを教えていただければ、ころさんに私がもらった返答メールを転送しますよ。
    ウサギさんだと体は猫並もしくはそれ以上!に大きかったりするので、げっ歯類というくくりにするとクレートサイズがつらいですよね。

    移動中の水分補給は、寒天(食物繊維なのでOKだと思います。ゼリーだと?です)という手もあります。固めの寒天にカロリーを付けてペレット代わりにする手もあります。またペレットを忍ばせる、というのは結構有効なはずです。果物や野菜、牧草類は×ですが、ペレットなら床材に忍ばせられます。(誤食を防ぐために紙は避けたほうが良いですよね…そうなるとタオルでしょうか?)

    温度が心配なら、犬猫用に「体温反射」のフィルムのようなものがあると思いますので、それをキャリーの壁に貼るなり、床に敷くなりできると思います(誤食しないかチェック)。もちろんheat packもOK。北米のheat packは長時間用が多いので安心です。

    ユーザーID:5869372416

  • 続き。ワンコさんへ

    ちなみにワンコさんがくださった検疫の情報は、家畜衛生条件です。
    ペットのうさぎの輸入は全く別物です。
    これは以前から動植物検疫所の方と既に了解済みです。

    今回のキャリーサイズに関して、いままでと変わってしまった、矛盾に関しての指摘なんです。
    頂いた情報や私が実際に探した中に、ハムスターサイズのキャリーは見つかりました。
    ただ、やはりうさぎには窮屈なサイズです。

    飛行時間やうさぎの絶食に関してここにコメントしたのは、頂いたコメントの中にUS経由で帰国することや貨物で送ることを提案されたことがあり、私にできるベストを尽くすのに必要な情報やアイデアを得るために、私の心情も含めてあえて、ここに書きました。
    それだけ真剣であることを察してくさい。

    実際にうさぎをつれて日本へ帰国している方はいるのです。

    私はうさぎを引き取った時、必ず最後まで看取ると決めたんです。
    最初のうさぎもそうでしたし、そうしました。
    引っ越した先で充分に面倒がみられないなら、引取先を見つけるのもあるかもしれませんが、私の場合は違います。
    日本ではもう受け入れのための用意も済んでいます。

    続きます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 更に続き。ワンコさんへ

    キャリーのことを問題にしたのは、IATA動物輸送規則に基づいてサービスしているJALの実際の矛盾ににどれだけ対抗できるかです。
    私なりに色々調べても、なかなか必要な情報が手に入らない、キャリーが買えない・・・など、そしてLAの予約センターからの要領を得ないお話に、もしかしたら単に私が知らないだけなのかと思い、みなさんに情報を求めたのです。

    『JALの規定サイズにでも簡単にこれだけのものが手に入りますよ。』
    『充分に快適なキャリーがありますよ。』

    っていう情報が欲しかったのです。
    今後他にもペットをつれて国際線の飛行が安全にスムースにできるようにお役に立てればと思ったからです。

    >トピ主さんのうさぎちゃん、チェックインから無事対面までの時間が14.5時間とありますが、いくら最短といってもそんな長時間噛まない状態で過させて本当に大丈夫なんでしょうか?

    ↑おかしいって思いますよね?
    何も表に出なければ、何も変わりません。
    あまりここで細かいことを書くことはしませんが、察していただけますか?

    無事に帰国できるように、全力を尽くします。
    ご心配くださってありがとうございます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 私も日本からアメリカですが

    カナダなら近いかもしれません。帰りは、長期赴任だったのでアメリカで位牌として日本に持ち帰りました。

    私がアメリカに持ち込んだときは、かごの大きさはJALの足下の前の座席の下のサイズとお聞きしました。ちょうどいいかごが無かったのでちょっと大きめ(たぶん小鳥用、プラスチック部分のサイズはちょうどいいもの)を針金をカットし、うんこおとしの金板は捨て、ちょうどいい大きさにしました。下になじみのタオルを山の様に敷きました。
    うさぎ本人には逃げ出した時用にさんぽ紐をつけました。

    うちは、ずっと座っていると足が悪くなるため、時間と余裕があれば何度もトイレ(空港や実は機内でも)に連れて行き、足のストレッチをしました。
    それでも機内では何も食べず(草も持ち込み不可)、動かず。水も私の指を少々舐めたくらいでした。

    鳴かないので周囲には全く気付かれず(乗務員と隣の席の人は知っていたが)良い仔だと言われましたよ。

    無事に日本に帰国出来ます様に。

    ユーザーID:0718413142

  • 2度目です

    そうそう、私は上記かごに手作りでキルティングでちょうどいい大きさのバッグをつくり、かごを囲みました。

    検疫には、何度も電話しました。

    がんばってくださいね。

    ユーザーID:0718413142

  • うさぎは弱い

    うさぎ飼いの立場から、どうして連れて行かなければならないか分かりません。
    うちの子達は車で10分の獣医さんでも道中そわそわ、待合室で犬や猫が見えないようにキャリーにカバーをかけてもにおいと物音でびくびくします。

    もちろん個性もありますが、うさぎは気が弱いんです。不安で心臓麻痺を起こしえます。

    ぜひ里親さんを探してあげてください。
    本当にうさちゃんのためを思っているなら・・

    ユーザーID:5835241363

  • 最終手段はこれで!!

    >konekoさん
    あとひと月あるので、もうどうにもできないようならやってみようと思います。
    ただ、手持ちにあるハードプラスチックのキャリーが、細工をすればなんとかいけどうな段階に来ているので、今週中にわかると思います。

    まめ(うさぎ)を手離す気は毛頭無いので、必ず一緒に日本へ行きます。
    お気持ち、とても嬉しいです。
    ありがとうございます。
    頑張ります!

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 嬉しいです。

    >すうママさん

    この十日間、気が全く休まらなかったんでしょうね。
    昨晩、夜中に胃けいれんを起こし、仕事中に発熱してしまいました。
    丈夫だけが取り柄だったんですけど。

    でも、気持ちを察していただけてとても嬉しいです。

    この間にあふれた疑問や問題などが、一つ一つ解決されてしました。
    いろいろ勉強になりました。

    まだまだ頑張れます。

    ありがとうございます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 寒天ですか・・・なるほど

    >ハムの母さん

    ペットシーツを考えましたが、食べてしまう可能性大なので、タオルを敷こうと思います。
    寒天は盲点でした。
    にんじんが大好きなので、すり下ろしたものを寒天で固めて試してみようと思います。
    とても助かります。

    温度は、JALのバルクカーゴの気温は暖かく保たれているとのコトですので、大丈夫だと思いますが、キャリーの下に敷くのはいい考えですね。

    かなり張っていた気が少しずつほぐれていく気まします。
    いろいろ検討してみます。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 惜しかったぁ!!

    >うさ吉さん

    今回のことが数年前のことなら、キャビンに持ち込むことができたんですよね。
    それだったら何も悩むことは無かったんですけど・・・。

    食事はギリギリまでキャリーに入れて、日本に持ち込めるお野菜を用意して持っていきます。
    (植物検疫所に確認済み)

    現在、規定サイズ内で割とリラックスできるキャリーが使える可能性ができてきたので、緊張感が少し和らぎました。

    頑張ります。
    ありがとうござます。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 考え方の違い

    >LSAさん
    うさぎは弱いですね。
    えぇ、弱いです。

    まめは虐待・育児放棄でレスキューされたうさぎでした。
    人間のためにあちこちをたらい回しにされたうさぎです。

    一緒に暮らして二年ちょっと、私がベッドに向かえば私の枕の上に乗って一緒に眠ります。
    私が起きる15分前にいつも私の顔をぺろぺろ舐めて起こしてきます。
    バスルームに行けば後をついてきて、彼がココと決めた場所にあるシンクの下のおトイレでいっしょに用を足します。
    その光景はなんとも間抜けで、愛おしく思います。

    私はまめを最後まで看取ると決めました。
    まめは私がちゃんと彼の元に帰ってくることを知っていると信じています。

    人間の事情で手離すことはあるでしょう。
    きちんと里親さんを捜すことも責任だと思いますし、それが幸せであることもあると思います。

    私は連れて行くことと置いていくことのどちらが愛情か、それを決めることはできません。
    一概に決めつけられないからです。
    あなたの生活が、明日も同じであるとは限りません。
    ならば、全ての人はうさぎと暮らすことはできませんね。

    私は私が生きている限り、まめを手離すことは考えていません。

    ユーザーID:9785613200

  • トピ主のコメント(29件)全て見る
  • 頑張って!

    人によっていろいろ事情はあるでしょうし、新しい飼い主を探すのがペットにとっての幸せと考える人もいるでしょう。でも、自分の命ある限りはペットを絶対に手放さない!と考えるトピ主さんは、立派な飼い主さんだと思います。そんな人ばかりなら、世の中から不幸なペットはいなくなるでしょうに。

    手元に情報がなくてすみませんが、すべてがうまくいくことを祈っています。飼い主の不安はペットに伝わるので、どーんと構えて頑張ってくださいね。

    ユーザーID:4634580207

  • 念のため

    私も海外在住、動物を飼っています。
    帰国のことを調べた際、キャリーの中にはタオル等は入れられないと
    聞いたことがあります。JALのサイトでも反射板のようなものと書かれて
    いましたので、ご確認された方がよいかと思います。
    電話応対の方がチェックインカウンタに居るわけではないですし、その
    電話応対の方も言っていることが規定と違ったりしていますよね。
    メール等で問い合わせし、プリントアウトして持参して、もし当日
    チェックインカウンタで何か言われた場合の対応を準備されることを
    お勧めします。
    キャリーの空港でのX線検査もありますし、某国では動物ごと…とも
    聞きますので、この辺りも十分に下調べされ方がよいと思います。
    無事の帰国報告をお待ちしています!

    ユーザーID:1639753856

  • 少しお役に立てたみたいでうれしいです。

    まめちゃんと無事に日本に到着できることを心からお祈りいたします。

    ずっと一緒にいようねと暮らしはじめたうさぎを誰かに引き取ってもらって、自分だけその国を離れるということは本当に考えられないことですよね。

    うちのうさぎは去年病気で亡くなってしまいましたが、私が初めての海外での暮らしになかなか慣れない時期も、ずっと見守っていてくれたようで、かけがえの無い時間を過ごせたことを今も幸せに思っています。

    これからも、まめちゃんとずっと一緒に楽しい時間を過ごしてくださいね。

    ユーザーID:2874487766

  • 励まししか出来ないのですが

    もしかして、ウサギのページの「ウーロン」のバナーを作ったころさんですか?
    誠にまどろっこしい話で申し訳ないですが、時々ブログを拝見させていただいてました。
    コメントはつけたことがないので、「はじめまして」ですが。
    日本にお帰りになるのでしょうか?
    提供できる情報はまったくないのですが、是非まめさんを連れて帰ってあげて下さい。
    昔もJALのウサギに対しての対応は良くないと聞いたことがあります。
    そこで探して、アメリカの航空会社で帰ってきたと言う人もいました。
    ウサギに詳しい先生は、ウサギは繊細だけど結構丈夫とも言ってます。
    年2回、飼い主の関係で海外旅行していたウサギを昔知っています。
    がんばって下さい

    ユーザーID:9958660304

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧