• ホーム
  • 学ぶ
  • 心底やりたいことが見つかったのはいいのですが、遅かったかも

心底やりたいことが見つかったのはいいのですが、遅かったかも

レス19
(トピ主5
お気に入り23

趣味・教育・教養

政策系で国立大学の大学院に在学中の24歳です。

16歳の頃から自分の将来について悩んでいて、興味のあることはたくさんあっても仕事としてやり抜いていきたいと心底思えるものが見つからず、ここまできてしまいました。学校の成績にしてもスポーツにしても何でも大体上手くやってこれた(努力型ですが)ため、何が得意なのかもあまりわかりませんでした。
大学受験、就職活動、院試などの節目には色々考え積極的に行動もしてきました。

ですが、昨年末にしたあることをきっかけに元来興味のあった国際協力に進みたいと思いました。そして薬剤師という立場でやっていきたいのです。薬剤師になって数年経験を積んでから将来的に、と考えています。

・私は一つ身体的な制限があって、国際協力の他の仕事(行政職のような)だと難しいかもしれない
・理系が得意で、帰国子女なので英語は強み
・他国に永住権があり、そちらに住む可能性もあるが、一定の基準を満たせば日本の国家資格で通用する
・結婚してもフルタイムで働くつもり

大学院まで行かせてもらって、これから最低5年(学士編入、編入は基本私立しか見当たらない)は贅沢でしょうか?
学費も奨学金として自分で全額負担するつもりですが、その間の機会費用や年齢的なものと就職、結婚、近い将来の薬剤師の過剰供給問題?など、少し踏みとどまってしまう要素があります。30歳まで社会に出ないのもどうかなぁと・・・。

医療系のお仕事をされている方、それ以外の方も社会に出た経験のある者としてアドバイス・感想をいただきたいのです。周りの先輩には学部卒後、医学部や獣医学部、数年浪人してのロースクール進学などいろんな方がいるのですが、普通に就職したり結婚してる友人を見ると考えることがあったり。まだ親に言い出せずにいます。

どうかよろしくおねがいします。

ユーザーID:7289471162

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 遅かったと思っている今が一番未来・・・!

    蒼さん

    やりたいことが見つかるなんて本当にとても素晴らしいことだと思います。

    ましてや私なんかに比べはるかに若い!

    今、やりたいことが見つかった、
    そう思った今が一番の未来なんですよ!

    応援しています。

    ユーザーID:9217871014

  • 遅すぎる

    遅すぎるってことはいつまでもないと思います。
    周囲のことを気にされているようですが、どうでなんでしょうねぇ。
    うちの息子、娘はもう少し若いですが、何か目標を持って頑張ってくれていたら、うれしいような気がします。

    私自身、やりたいことが明確でなく、日々の業務を一生懸命やってれば、何か見つかると思って頑張ってきました。
    でも、少し違ったかなぁと思ってます。
    過去に係わりをもった人たちを思い返すと明確に将来の目標を持った人たちが、一定の割合でいたように思います。
    日々の業務を一生懸命頑張っている人、将来の目標に向かって日々頑張っている人。
    どっちが価値があるか、どっちが幸せかとかではありませんが、ちょっと違っていると今思います。
    将来の目標が何であるかも、ひょっとするとあまり関係ないような気がします。

    私も今やってみたいと思えることがあり、50歳を前にして勉強しています。
    まだ、おそらく20年ぐらいは生きるので、少し時間はかかりそうですが、やり遂げようと思ってます。

    トピ主さんもおそらく既に結論をお持ちだと思いますが、自分を信じてがんばりましょう。

    ユーザーID:0316931622

  • 遅すぎるということはないです

    全くをもって遅すぎるということはないです。むしろ、一度政策系のことで海外協力をしてから、受けなおしたほうがいいのではと思うくらいです。
    結婚等に不安をおもちですが、自分の意思をもち、目標に向かっている姿こそ異性からみて素敵です
    でもですが、私は、海外協力が初めにありき、ではなく、自分の専門、能力を活かす道の一つが海外協力であると思っております
    帰国子女ということで、日本の風習、慣習に会わず国際協力といっているのかな-という危惧もあるのですが

    過去をみれば最初に日本地図を作ったかたは、50歳をすぎてからの仕事ですし、いろいろ言われていますが前の総理大臣も50歳をすぎてから
    国会議員になったのですよ

    ユーザーID:7958553313

  • 同じような人もいますが、

    私の友人に大学卒業後に薬学部に入学し直した人がいます。その方は特待生で4年間授業料負担ゼロで卒業されました。

    英語も理系も得意なのであれば、特待生を狙っていくのも手かなと思います。

    ただ、薬剤師になれれば、国際協力の仕事に就ける訳ではないと思うので、国際協力の道に進めなくても薬剤師になりたいのであればがんばってください。

    あと、蛇足ですが、薬学部は化学や実験が好きでないとキツイですよ。

    ユーザーID:9130929795

  • ありがとうございます1/2

    レス、ありがとうございます。温かいです。

    まんまるさん
    そうなんですよね。今までこれと思うものが無かった苦しみをずっと味わってきているので、いますごく嬉しいです。
    一番未来・・・!

    ウッキーさん
    人生長いなぁと自分の祖父母を見ても最近感じていて、
    いままで1年2年の遅れもものすごく大きな損失に思っていたのですが、
    最近人生80年と考えると、数年なんてたいしたことないなぁと。
    たまに逃げたくなるときもありますが、お互いがんばりましょう。私も応援しています。

    ユーザーID:7289471162

  • ありがとうございます2/2

    ねこさん
    日本社会に対しては多少の違和感はありますが、最近はもう随分馴染んできたので大丈夫です。(時間かかりました)
    結婚は本当に未知数で、相手ありきのことですし、いまから考えてもしょうがないかなぁと少しずつですが思えるようになりました。

    ちーこさん
    その友人の方は全額免除?だなんてすごいですね!!
    そこまでは出来なくても、仮に入学したら周りの大半の学生より年上なので
    絶対に負けられない!という意気込みでいきたいと思っています。授業料半額免除位は受け取るつもりです。
    国際協力の道は、仕事に就ける保証がないのはわかっているので、覚悟しています。最悪、年をとって、引退する頃にボランティアとして行くのでもいいかなぁと思っています。


    みなさんレスありがとうございました。
    批判的な意見の方が多い位の覚悟でいたので、背中を押してくださる意見ばかりでびっくりしています。
    今週中に親に話してみます。
    必ず、報告にきますので、よかったらチェックしてみてください。

    ユーザーID:7289471162

  • 遅くなりましたが

    まだ見ている方がいらっしゃるかはわかりませんが・・・。

    先週母親にだけ少し話をしてみました。
    急な来客があったため途中で話が終わってしまったのですが、
    もともと安定志向の高い母親(公務員を勧めてきたり、国家資格取ればと幼い頃から言っていたので)なので、
    びっくりはしていましたが、「まぁちょっと考えてみれば〜」程度でした。
    もう少し自分自身でも調べて考えて、財政的なものもきちんと提示しながら一度話してみようと思います。

    また報告します

    ユーザーID:7289471162

  • 全然遅くありません

    はじめまして。
    過去の自分を見ているようだったので思わずお返事いたしました。
    まず、遅いと悩んでおられるようでしたので、その点について一言。

    思い立った今が、一番若い。

    どこだか忘れたのですが、格言集のようなところで拝見しました。
    私もそのとおりだと思います。

    私は国立大を卒業後(学部卒)6年間働き、現在は国立医学部の学生です。働いているうちに、蒼さんのように決心して今に至ります。

    悩まれておられるようなので、現実的なお話を。
    薬剤師になった後、その仕事の制限性や、蒼さんの指摘されている過剰供給問題などを懸念して医学部に入学する人が沢山います。もうすぐ、薬剤師でなくても薬を売れるような法律ができるらしいです。しかも現在薬剤師は6年間大学に通う必要があり、いまから薬剤師として社会に出るには厳しいものがあると知り合いの薬剤師が言っておりました。ですから将来性を考えるならば、私だったら医学部受験をお勧めします。

    長くなりそうですので続きます。

    ユーザーID:1833194550

  • つづき

    学士編入ですが、医学部なら国立も全国で20校ほどあります。試験は英語と自然科学です。自然科学では差がつきにくく、英語が出来ることは大変な強みです。ただ、面接もありますが。倍率も30倍と高いです。もし、身体的制限で…というのでしたら、本当にすみませんが、そうでなければ一考してみるのもどうでしょうか。

    それから、国立大の場合、一度大学を出てから大学に再度入学した場合、学費免除になる制度があります。私もこれを利用して学費免除をうけています。

    日々の生活費は、私の場合は全て自分で働いた蓄えから出していますが、ご両親が良い、といってくださるようならば甘えてもよいと思います。他にも受験費用や、引越し代など色々と必要です。

    最後に結婚について。私の場合、大学に再入学したことで確実に婚期は遅くなったといえます。周りの友人は皆結婚し、子供もいます。学生結婚もありですが、子供は難しいでしょう。薬学部の授業、実習なども大変と聞きました。その点は自分で折り合いを付けるしかないと思います。

    私も蒼さんのように悩みに悩み、決断しました。

    最後になりましたが、納得がいく選択が出来るよう、応援しております。

    ユーザーID:1833194550

  • いつでも遅すぎるということはない1

    私は文学部を卒業後、大学の事務職として3年間働いている間に、研究者になりたいという希望を持ちました。そこで大学院の文学研究科に入学、奨学金を受けながら博士課程前・後期5年間を過ごし、その間に30歳で結婚しました。夫も院生だったため、3つ4つアルバイトをかけもちしながら学費・生活費全て自分でまかないました。
    大学院を出てからは非常勤講師としてあちこちの大学で教え、著書もありますが、結局36歳になっても常勤で就職できず。。

    34歳で離婚し、実家にも頼れない事情があったため、ずっと1人で生きていくかもしれない覚悟を決めて、わりとすっぱりと方向転換しました。
    やはり研究が好きだったので、民間研究所に就職、しばらくのんびり仕事してましたが、たまたま担当した法律関係の業務に興味を持ち、39歳で社会人大学院の法学研究科に入学しました。そして今では論文を発表したり、仕事でも法律関係の本を書いたりするようになりました。次は法科大学院に挑戦しようかな〜と思っています。

    続きます。

    ユーザーID:0487719301

  • いつでも遅すぎるということはない2

    続きです。

    今44歳でしみじみ思うのは、先々のことまであれこれ考えても、フツウ、考えた通りにはならないということ。そしてそれでも、むしろだからこそ、人生はかなりオモシロイ、ということです。何もないと思えるところにでも、そこに一歩踏み出せば、そこから道はのびていくように感じます。

    こんな私も、なぜ私は人と違って紆余曲折を経験しなければならないのか悲しくなることもあります。でも友達が言ってくれた、「カミサマに好かれてるんじゃない?!こいつは鍛え甲斐がある、って見込まれてるんだよ」という言葉に救われています。

    ユーザーID:0487719301

  • 一度、社会に出ては?

    海外で国際機関で働いています。トピ主さんの場合、国際機関のジュニアーポジションから狙っていくことになると思いますが、年齢制限がある上、実務経験が重視されます。トピ主さんは今、修士課程ですよね?必ず修士は取ってください。できれば、博士があったほうがいいですが、修士でもすぐれた実務経験があれば、コンペティティブです。

    修士を取得後、一度、社会に出て実務経験を積み、その間 or その後に短期のインターンでもいいので一度、国際機関で働き、それから大学に戻って薬学を学び、卒業後、国際機関のアッパーポジションを狙うのが現実的だと思います。

    トピ主さんが30歳まで大学にいて、その後、実社会を経験せずに国際機関を狙っても、年齢制限にはギリギリセーフかもしれませんが、そんなモラトリアムな人を雇うところはまずないと思ったほうがいいです。

    ユーザーID:5952829294

  • 補足とおわび

    すみません、色々と言葉足らずだったので補足します。

    自分の投稿を読み返してみて、心底やりたいことが見つかった、というのに安易に医学部も選択の一つに…と勧めてしまうような文面になってしまったこと、お詫びいたします。
    申し訳ありませんでした。
    薬剤師になった上で具体的にやりたいことが決まっている、見えているのでしたら良いのですが、もし何か釈然としないものがあるのなら、こんな選択肢もありますよ…ということを示したかったのです。
    薬剤師でなくても薬の開発は出来ますし、薬剤師ではできないことも沢山あり、それを今のうちからきちんと把握しておかれるとよいと思います。実際にその仕事をしている薬剤師の方にお話を聞けることができれば一番ですが。

    もしこれを転職にたとえるならば、人事の人は必ずこう突っ込んでくると思います。
    ”どうして、貴方のやりたいことは薬剤師でなければできないのか?”と。
    この問いに明快に、論理的に答えることができるのならば、もう迷いは無いのではないでしょうか。あとは自分を信じて進むのみです。
    色々と駄文、失礼いたしました。

    ユーザーID:1833194550

  • やりたい時がやる時

    蒼さん、こんにちは。
    私の過去と似たような状況でいらっしゃるのでレスします。

    私は、大学卒業後の社会人生活中に国際協力の道に進みたいと思い、退職後留学して政策系の修士、博士号を取りました。
    が、博士課程中の開発途上国での生活の中で、現地では政策よりも医療などの実践的な事の方がより必要とされていると感じたため、海外で社会人枠で医学部を受験し、昨年医師になりました。
    その時、私の年齢はもう30代後半でした。
    個人的には「回り道をした」と思う時もありますが、全ては回りまわってここまで来たような感じがします。
    まだ私自身は医師として国際協力の現場に行くには実力が足りませんが、先輩の中にはそのような現場に数年行かれる方もいますし、ボランティア団体の募集、国連からの募集も頻繁にあります。

    上記のような理由で、蒼さんが今から方向転換されるという事については、贅沢だとは思いませんし、遅いとも思いません。
    24歳は私が修士課程を始めた年齢です。
    国際協力の場で働きたいというのでしたら、むしろ医療系の資格をもった職業の方が将来的にはチャンスは多いと思います。

    ユーザーID:7676581174

  • なんだ〜まだ20代前半なんだ

    「遅かったかも」とあるので、40代か50代の方か…と思ったら
    なーんだ、まだ20代前半の方なんですね。
    若い若い。

    私の大学でも、いったん就職してから入りなおしてくる人がいましたし

    30代40代から看護師を目指す人もいますし。

    やなせたかしさんがアンパンマンを描いたのは50過ぎ
    ブレイクしたのは60過ぎです。

    結婚は、パターンは星の数ほどあるので
    標準パターンにこだわらなければ、大丈夫だと思いますけどね。
    相手が日本人じゃなくてもいいわけですし。

    ユーザーID:6868915585

  • 応援してます!!

    多くの人がやりたいことがわからず、「やりたいこと=仕事」に結びつかずに仕事をしているように思います。
    トピ主さんがやりたいことが見つかったことがまず素晴らしいです。
    あとどなたかも書いていましたが、人生で今が一番若いときですよ。
    過去には戻れないんですから、これからの人生では「今」が一番若いので、
    遅すぎということはありません。

    かくいう私も留学しアメリカの大学を卒業後に日本で就職したのですが、
    やっぱり看護師になりたいと思うようになり、今年の4月から看護学校に
    入学することになりました。今年30歳で勉強に不安がないとは言い切れないですが、
    後悔のない人生を送りたいので決断しました。

    トピ主さんは私よりも若いので大丈夫です。ただみなさんが書いてあるように
    薬剤師についていろいろ調べてから実行に移ったほうが、後で自分が思っていたのと
    違ったら時間もお金も無駄になると思うので、まずはいろいろ調べたり、
    経験者の人達から話を聞くなどをしたほうがいいと思います。

    応援してます!!

    ユーザーID:5724775716

  • やりたいこと≠できること

    私立の薬学部に5年となると、免除等なければ
    なんだかんだで1000万近いお金が必要に
    なるのではないかと思います。
    それを奨学金を含めても、自分だけでまかなうのは
    難しいようにも思います。

    何かを始めるのに遅すぎることはないと思います。
    しかし、年齢を重ねるごとに払わなければならない
    犠牲も大きくなると思います。その犠牲を払ってでも
    やりたいのならやはりやるべきでしょう。

    海外での永住権があるのなら、現地で薬学部に
    行かれた方が現実的なのでは。そもそも薬剤師として
    でないとその関係の仕事はできないのか?専門職ではなく
    コーディネーター的な立場なら薬剤師なしでもいいのでは。

    人生は確かに長いですが、歳を取るごとにやはり
    若いときと同じようには過ごせません。体力や気力等の
    低下もあります。ピークは30代くらいではないでしょうか。

    やりたいことを見つけたのはすばらしいことです。
    しかし、それを出来る能力があるかどうかはまた別です。
    やりたいこと=できることではありません。

    ユーザーID:4292726709

  • レスが!

    いつの間にかたくさんいただいてたみたいで。皆さん本当にありがとうございます。似たような経験(の先輩)をされている方も多いみたいで、本当に参考になる意見ばかりでした。皆さんの経緯を聞くだけでも、なんだか勇気づけられ、顔は見えないけど、実際にこれだけ頑張っている人が近くにたくさんいる!って。笑

    やりたいこと≠できること。これはここ2,3年で一番実感し、学んだことかもしれません。それを踏まえての薬剤師なのです。やりたいということ以外に人生において絶対に譲れないもの、色々な制限、適性などを考えてもこれ以上のものはないかもしれないと思っています。逆に、そういった意味で医師は自分の選択肢としてはありません。(silさんお気遣いありがとうございます)

    確かに年齢や結婚は、流れに任せざるを得ないことですが、金銭的な面はかなり引っかかっています。奨学金や親の援助(実家にいることなど)で何とかならないことはないのですが、、、。それだけ投資するには、相応の見込みをしなければと思いますが。自分のお金だけでは出来ないのと、お金を貯めるまで働き続けてそれからとも考えますが、決断しにくいところです。

    ユーザーID:7289471162

  • 続き2/2

    国際協力は、地味なNGOからUNボランティアや国境無き医師団などの緊急援助等を考えており、スペシャリストとして国際機関で働きたいという気持ちはありません。わがままですが、私生活も大事にしたいのです。私は運と努力でここまで来たので元々頭も良くないのは身に染みてわかっています。

    また将来子供をと考えているのですが、母が私にしてくれたように、可能な限り専業主婦のような形でいたいので、パートや再就職の際にもいいかなぁと考えています。

    国際協力をするための手段として薬剤師(医師や看護師のがいいですよね)よりも、生活スタイルに適していること、あと夢と興味と趣向が全て集まったような感じです。気になるのは、金銭面と年齢ですね・・。

    正直私は「物事を始めるには遅すぎるなんてことは一つもない」とは思っていません。特に私は生き急いでると言われるような考え方の持ち主なので。ですが自分のことは冷静に考えられません。
    みなさんの言葉で一番心に残ったのは、「今が一番若い」ということ。人に迷惑を掛けなければいいのかなと思ったり。。もう少し様子見してみます。ありがとうございました!

    ユーザーID:7289471162

レス求!トピ一覧