夫が私に黙って保証人に。。。

レス32
お気に入り142
トピ主のみ4

小夏

ひと

先日、夫への電話から夫が義父母(小さな会社を営んでいます)の保証人になった事が分かりました。相手先の名前から金融関係の会社だというのは分かったので、夫に何の電話だったのか聞くと「また話す」と言われて数日後「400万円の保証人になった」と聞きました。

なぜ私に何も話さず保証人になったのか尋ねたら「いつも世話になってるからいいだろう!」と一喝されました。もちろんその通りで、保証人になってもいいかと言われれば断らないと思います。
ただ、全て済んだ後で聞かされた事がモヤモヤするんです。正直、義父母から直接話して欲しかったですし、せめて夫も決める前に相談して欲しかったです。その後義父母に何度か会ってますが、その話しは一言もありません。

嫁には黙って保証人…モヤモヤしてる私は変ですか?保証人になるって結構大事だと思うのですが…「借りた本人が逃げたから保証人のお前が返せ!」みたいなテレビの見すぎでしょうか(汗)

ユーザーID:0413348873

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 論外

    自分の家庭の資産が1億円あるならOK.
    要するに、その金額が自分たちの家計にとってどれくらいか?によります。
    わが家だったら論外。もし自分たちが払うことになったら家計が崩壊するので。

    また、どのような内容の保証人かわかりませんが、場合によっては、
    『たとえ義理父母が破産せずとも、貸し手の考え方一つで、義理父母と保証人のどちらへでも請求できる』
    というものもあります。

    そもそも借金の返済に『100%確実』などというものはありえません。
    (だったら保証人など不要)

    次に、今回のことを妻に相談するのが普通か?については、『家庭それぞれ』としかいえません。
    問題の本質は
      『普通か、そうでないか』
    ではなく、
      『妻の私が相談してほしいというのに、それを聞き入れない夫』
    という、とぴ主さん御夫婦の関係性でしょう。
    ましてや、
      『相談して欲しかった』
    という要望に一括(逆ギレに等しい)で返すってのは論外。
    一般的には『逆ギレする=後ろ暗い』です。

    ユーザーID:9050287914

  • 保証人は嫌ですね

    心理的に一番嫌なのがこの「保証人」ですね。私的には、直接400万円を義父母さんへ貸した方がすっきりするぐらいです。貸したら返って来ないと思わなければなりませんが。
    400万円と、額が決まっているならまだ少し安心です。400万円は出せるように用意しておきましょう。

    ただの「保証人」と「連帯保証人」があります。怖いのはこの連帯保証人の方です。借りた本人が逃げなくても、トピ主さんの方が取りやすければ請求がきます。どっちに請求してもいいのです。保証人は先に借主に請求します。そこで財産なりを処分して足りない分はトピ主さんが払うことになります。

    もう事後なのでご主人と揉めても仕方ないでしょう。それがご主人の狙いなんでしょうが。けど、ご主人への信頼はなくなりますし、モヤモヤは続きますね。お詫びとしてご主人に何か豪華なものでも買ってもらいましょうか。

    ユーザーID:9804608563

  • ちょっとした罪のない秘密とは訳が違う話だと思います

    トピ主さんがもやもやするのは当然だと思います。義父母様の態度も、多分、トピ主さんに後ろめたいのでしょうし、トピ主さんに頭を下げるのも、プライドの問題で厳しいかもしれません。でも、そんなハイリスクな話を、蚊帳の外状態で決められたら、やりきれませんよね。といっても、トピ主さんはNOと言いたいのではなく、事後報告という事態について不快なお気持ちになっておられるのですよね。その場合、私なら、ひどい喧嘩になっても旦那様に反省を求めます。

    どんなに言いづらくても、最初に言ってほしかった。「お世話になっているから」と、リスクを引き受けるためには、事前に知り、納得して引き受けてこそ思えること。事後報告や秘密にしていて万一の事態が起きた時、気持ちよく共に乗り越えることはできない。夫婦の信頼関係にヒビが入るような話だと思う。今回のことは、「君はしょせん他人」「黙っときゃわからない」という扱いをされたみたいで、深く傷ついた。彼女は一緒に乗り越えてくれると言っているから、小夏にも一言声をかけてやってくれと、なぜあなたからお義父さんお義母さんに言ってくれなかったのか、残念でならないと。私は何なの?と。

    ユーザーID:4388513042

  • 根保証なら要注意です

    商売上の借り入れの保証人なら、根保証かどうか確認したほうがいいです。

    会社を営んでいく上で、借入金と上手く付き合うことは必要かもしれませんが、なるべく商売に無関係な親族を巻き込まないようにするのはマナーだと思います。それができない(けじめをつけられない)から経営がうまくいかないか、経営がうまくいかないからそれができないのかわかりませんが、最悪、義父母が全てを失った場合、無一文の父母を助けるのはトピ主夫です。

    経営が思わしくなく、貸したお金がムダになりそうな場合は早々に手を引き、もしもの場合に備えてそのお金を取っておくほうがいいような気がします。

    ユーザーID:7390056070

  • 私も怒る

    商売が上手くいっているうちはいいかもしれませんが、何かあった時に自分たちの生活に大きく影響をしてきますから当然夫が黙って保証人になったら怒ります。

    ユーザーID:7990287076

  • 本当に400万円?

    金額を低めに言っているということはないですか?

    後で金額を勝手に増やされている恐れはないですか?

    (不動産を持っている場合)抵当に取られていることはないですか?

    確認をお勧めします。


    一般的に銀行から借金をすれば、銀行は経営に口を出してきます。当たり前ですよね、つぶれたら銀行が損するから。

    保証人でも同じです。借金返せなくなったら自分たちにお鉢が回ってくるのですから、ガンガン義父母に口出しましょう。そして口出しされるのが嫌なら保証人外せ、と言い続けることです。

    ユーザーID:6838802116

  • トピ主です。1

    皆さまレスありがとうございます!

    皆様のレス大変参考になりました。やはり何かあると我が家に…(涙)そんな貯金はありませんし、幼い子供が2人いますし余裕もありません…
    夫と少し話してみました。義父母から夫に話しがあった時夫は「小夏にも相談しないと」と言ったそうです。義父母は「小夏に相談してどうするんだ。いつも良くしてやっているのに!早く書いてくれ!」と言われ、言い方にカッときて早く帰りたかったし小夏なら反対しないだろうと思いサインしたそうです。「悪い事をした気がして言いだせなかった。勝手に決めてごめん」と反省してくれたようです。
    その後すぐ義父母に電話して「小夏も交えてもう一度詳しく話しを聞かせて欲しい」と言いました。
    すみません、続きます…

    ユーザーID:0413348873

  • トピ主です。2

    義父母は「なんで小夏に話さなきゃいけないんだ。お前に頼んだのに」と言ったそうです。夫は「もしもの事があった時に、自分の経済力では助けてやる余裕はない。そうなれば小夏にも働いてもらう事になるんだし当然じゃないか?」と言いましたが義父母は「もしもなんかない。話す必要はない」と言い続け、夫も腹が立っている様子で大喧嘩になりかねなかったのでとりあえず電話を切るよう促しました。

    私に頭を下げるのが嫌なのか、ただ嫌われてるだけなのか…近々夫だけでもう1度詳しい話しを聞きに行ってもらうことにしました。
    しかし義父母の態度に納得がいかないです…。軽く考えすぎてるような、舐められてるような気がします。

    ユーザーID:0413348873

  • お気持ち察します

    こんにちは。

    確かに私も(賃貸不動産等の)保証人が必要だったら、やはりまず親族をあたるので、義父母の保証人になるのはやむを得なかったと思います。

    でも義父母の態度は全く理解できないです。
    「子夏さんに話す必要はない」と。

    私の義母も、私に黙って夫にお金の無心をしていました。
    それも数百万という大金を。
    その後も隠し続け、私が知って電話で何に使ったのか聞いても
    納得のいく理由は返ってきません。

    それまで聞き流していた嫌味も許せなくなりました。

    親戚だからこそ、お金の問題はきちんと話し合っておかないと
    泥沼になりますよね。

    私は夫の事は好きだけど、お金にルーズな人が親族にいるのが我慢できません。
    いつも離婚という言葉が頭に浮かびます。

    ユーザーID:7986274677

  • たいしたことは言えませんが

    似たような話は良く聞きます。
    実際に旦那さんが借金の保証人になって、自己破産まで追い込まれたご家庭も知っています。
    こんな不況の時代ですし、自営業は色々と大変ですからね。
    無闇に同情する必要はありませんが、あまり拘っても向こうは謝ってもくれないので考えるだけ無駄でしょう。
    幸い旦那さんが思ったよりしっかりした方のようですし、今後義家との話は旦那さんに付けて貰いましょう。
    あなたは愛想を振るわず、義家に対して面白くない風体を作ってください。
    (義家との電話中怒鳴ってみるとか泣いてみるとか)
    さて以下はあなたが早急に行うべきことです。

    まずお金は掛かりますが弁護士に相談し、最悪の事態に備えて財産をどう守ったらいいか自衛手段を整えてください。
    払うにしても払わないにしても、知識があれば対応出来ます。
    たとえあなた方が借金を払うにしても、路頭に迷って一家心中なんてことにはなりません。安心してください。

    ユーザーID:7266901790

  • 保証人なりました

    家も数年前、義父(夫の実父ではない)の保証人になりました。夫婦二人で呼ばれ、義母に泣いて頼まれました。貯金でなんとかなる金額だったので、受けてしまいました。もちろん夫は義父にもの凄〜く釘をさしてましたが…
    結局、本人は破産し、義母とも離婚し行方知れず…。我が家は払いましたよなけなしの貯金を…。

    払えない額の保証人は、自分を苦しめます。ご両親も大切でしょうが、ご自分たちの生活も大切です。

    もう、なってしまったのなら仕方がありません。何事も無いことを祈りましょう。

    ユーザーID:3427669057

  • 危ないパターン

    借金の保証人の印を、そんな風に押したのですか?もしかして金額だけしか見ずに、何が書かれているか読むことなく、せっつかれて印を押したなら、かなり危ない類の保証人というおそれがあります。このような経緯の場合、資金繰りに行き詰る前の今なら逃れる方法もあるかもしれません。借用書をよく読んで、夫と相談し、必要ならただちに行動したほうがよさそうな感じです。

    ユーザーID:7390056070

  • 2度目です

    何か義父母が言ってきたら、2言目には「保証人をやってやっているのに、その態度は何だ!!」と言いましょう。特に「やってやっている」と強調して。そして毎回言い続けましょう。

    「文句があるなら、借金全部返してから言え」と言えば、義父母は現実にお金がないのですから黙るしかないはず。

    ユーザーID:6838802116

  • 私の実体験から

    時間がないと急かしたり、人に頼みごとをしておきながら反論するところは
    多重債務者である私の父と同じです。


    しばらくして、再度、保証人の依頼がある可能性が高いです。

    そのときに、「断ったら、前回保証した400万を自分が負担しなければならない」との思いから、
    さらに多額の保証人になってしまうパターンが一番危険です。

    今のうちから、どういった対応を取るのか、ご主人と話し合っておくべきです。

    ユーザーID:7159261671

  • 考えすぎではありません。慎重で当たり前です。

    最初から、保証人に払ってもらえばいいと思いながら
    「保証人になってほしい」と考える人は少数だと
    思います。(皆無とはいいませんが)

    自分で払うつもりでも、結果払えず、保証人が
    かぶることになった・・・なんて話たくさんあります。
    私の知り合いでもいましたよ。
    保証人になって、結局身内の借金を背負うことに
    なった人。

    保証人が独身ならば自分だけのことですが、配偶者や
    子どもがいれば、その人たちの生活にもかかわってくること
    なので、保証人になってくれと頼む側が「関係ない」とか
    「相談する必要ない」とか言うことではありません。
    信用していないのかと開き直る人もいますが、そういう
    態度で信用しろという方が無理です。


    保証契約は、債権者と保証人の間の契約なので、お義父さんと
    もし話がついても、債権者が「うん」と言わない限り、
    保証人をやめることはできません。今の状況では、残念ながら
    ご主人が保証人をやめるのはとても難しいと思います。
    返済状況は確認させるように厳しく言うくらいしかできないかも
    しれません。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:7053949517

  • 個人的には

    夫の御両親が妻に対し「夫に保証人になってほしい」という事を伝えなければならない とは思いません。二人揃っているときに相談するのがベストだと思いますし、「小夏に話さなきゃいけないんだ」という言い草は酷いですけどね。
    ただし承諾する前に夫から妻に対し相談があるべきだと思います。トピ主さんが怒るべきなのは、事前に相談しなかった夫に対してではないでしょうか。

    一つ引っかかったのが、夫の御両親が自営されているというところです。
    民法においては保証人と連帯保証人では取り扱いが変わりますが、会社に対する保証は民法に優先して商法が適用され、こちらは区別がありません。
    もっとも商法は会社法に改正されたので、その辺の取り扱いがどう変わったのか、あるいは変わっていないのかはっきりとは存じませんが・・・一度確認されておいた方がよいと思います。

    ユーザーID:0005202778

  • 離婚の準備を!

    と言っても、万が一のためです。
    トピ主さんには、幼い子が2人もいるんですから、それを守る為です。
    夫さんには、お気の毒ですが・・・

    もちろん、弁護士に相談するなど、対策をわすれずに。

    ユーザーID:5481749167

  • トピ主さんは専業主婦?

    義理の実家の資産はどうなっていますか?
    なんとかご主人をなだめすかして、土地、家、株、車などの資産を把握しましょう。
    それから義実家が借金した会社に行って、どんな借金が、総額いくらあって、ご主人が保証人になってるのが本当はいくらなのか等の情報を集めてください。

    その上で義理の実家に乗り込んで、返済計画について追及し、
    逃げようとしたら、所有してる財産を処分しての返却を迫りましょう。
    すべて抵当に入っていて、もうダメだ的な状況なら、
    破産する前に、トピ主家の財産をすべてトピ主名義にして離婚しましょう(もしトピ主さんが働いていて、今後トピ主さん名義で家や教育ローンが組めそうなら)。
    嫁に相談する隙を与えないほど切羽詰っているのです。
    今のうちに最悪の事態に備えておきましょう。
    ご主人は頭のねじがゆるいので、
    計画は打ち明けず、騙し騙し進めてください。

    ユーザーID:1313237014

  • それで破産したトピがありましたよ

    以前小町で、夫が勝手に保証人になったがために破産した、というトピがありました。家も取られ(妻名義にしとけば良かった、と後悔されてました)、小学生だったかな、子供の将来も心配されてました。本当にお気の毒でした。

    私の父も、父の兄(私から見れば叔父、自営業でした)の保証人になり、結局叔父が夜逃げしたので、父が借金を被りました。我が家も破産寸前まで追い詰められました。私も大学進学できなかったし、お金のことで両親はケンカばかりで離婚問題になりました。親は借金を20年かけて返してますが、60歳過ぎても貯金がないので、親の老後が私にはひどく重いです。

    アパートを借りるのにも保証人は必要ですが、トピ主さんの義父母は・・・なんというか態度が怖いですよね。保証人になれ!と焦って迫る人は既に返すアテがないような気がします。不安にさせるレスですみません。でもこのトピ、ご主人に見せたほうが良いですよ。ご主人軽く考えすぎです。今回は大丈夫でも、この先同じことが何回かあるような気がします。

    ユーザーID:4377247294

  • kiki様に同意

    >時間がないと急かしたり、人に頼みごとをしておきながら反論するところは多重債務者である私の父と同じです

    私の義父もまさにこれでした。
    夫が独身時代に連帯保証人になっていたため、義父の破産後450万円のお金が一気に飛んで行きました。
    一気にですよ。
    保証人はローンなんて組んでもらえません。
    一括請求がくるのです。
    トピ主さん、義家には絶対に絶対に何かあります。
    ご主人にすぐこのトピを読んでもらってください。

    ユーザーID:8381728600

  • 義父母の気持ちも分かる

    トピ主さんが、

    >義父母の態度に納得がいかないです…。軽く考えすぎてるような、舐められてるような気がします。

    と思われるのは至極もっともです。

    ただ、おそらく、義父母さんにとって、「息子(トピ主さんの夫)に保証人になってもらって融資を受ける」以外の選択肢は、現実問題として採り得なかったのだと思います。

    息子を保証人に立てなければ、融資を受けられない
      ↓
    資金ショート
      ↓
    会社倒産

    という流れになるのは必定だったのでは?

    誰だって、息子に保証人なんか頼みたくありません。
    でも、せっぱ詰まって、やむにやまれず、息子に保証人になってくれるよう頼んだ。
    それだけで、義父母さんにとってはかなりの屈辱でしょう。
    その上、さらに(普段下に見ている)嫁にまでお伺いを立てなければならないなんて、とてもじゃないけど耐えられない!
    という義父母さんの気持ちも分かるような気がします。
    弱い人間なのですよ。
    もうこれ以上追い詰めないであげてくださいな。

    ユーザーID:2932073386

  • トピ主です。3

    皆様ありがとうございます!
    無知なので皆様のレスに本当に感謝しています。

    私に相談するなと言ったのは、夫曰く私の事をあまり気に入ってないから、相談されたとなると下に出なければならないのが嫌だからだろうとの事です。
    判を押す時に急かされたのは、義理の実家に住む義弟2人のどちらかが帰って来る時間になりそうだったからのようで、2人には言うなと言われたそうです。
    何を考えてるのかさっぱり分かりませんし、何か裏がありそうでこわいです。
    離婚というのは私は考えていませんでしたが、夫から「自分が勝手に決めてしまったんだから、最悪の場合離婚しよう」と言われました。たぶん、何言ってるの!?と言うのを期待してたんでしょうが「そうなってもしょうがないよね」と言って普段怒らない私が色々責めたので猛反省しているようです。
    なので、もうなってしまったのはしょうがない、詳しい話しを聞かせてもらって何とか義父母に頑張ってもらうしかない!と思っています。自分たちが背負う事態になるのは絶対嫌ですけど、何も知らずにそうなるのも絶対嫌です。

    …すみません、続きます。

    ユーザーID:0413348873

  • トピ主です。4

    …続きです。

    自分たちが苦労をするのはかまわないのですが、子供に苦労させるのは嫌ですし、ちょうど仕事の話しもいただいたところだったので、もしもに備えておこうと働きに出る事に決めました。共働き=余裕があると思われるのも嫌なので義理の実家には黙ってるつもりです。
    夫の仕事が忙しく、義父母と話しに行くのは少し先になりそうです。話しをつけるまで義父母に関わるなと言われたのでしばらく私は関わらない予定です。でも全部夫に任せるわけにはいかないので夫と何回も話し合おうと思います。

    ユーザーID:0413348873

  • 働けそう?

    もう、押してしまったものは戻りませんね。

    今更遅いですが、保証人って連帯ですよね?
    だとすると、実印ですか。 ご主人が管理してたの?

    こんなこと聞くのは、実印なら役所で印鑑証明もいるし。
    さあ、来い、来たらはんこ押せという簡単な話でないもの。

    どんな印鑑でも届ければ実印だけど、大体はちょっと
    いいもの作りますよね。 すると、印鑑に「前だよ」という
    印がありません。
    それは、「簡単に押さない」という所以だそうです。

    とりあえず、返してもらう方向に持っていく。
    二度と、勝手に誰相手であろうと押さない、ことを約束
    してもらいましょう。  
    働けるなら、無理して体こわさないようにね。

    ユーザーID:6072198380

  • いますべきこと

    何人かの方がおっしゃっているように、すでに多重債務を抱えている
    状態の可能性が高いと思います。「義弟に言うな」なんていかにも、です。

    本人から説明をきく、というのは正直、あまり意味がないと思います。時間のムダです。
    ウソで取り繕って、怒りだすか、あるいは同情を引こうとするだけでしょう。

    とにかく印をついた書類の写しを入手すべきです。
    確認すべきは法的にどんな義務を負ったのかを理解することです。
    その上で弁護士に相談しましょう。自治体等で無料相談もありますよ。
    法廷の上限金利を超えているなど、問題をみつけられるかもしれません。

    またご主人から、義弟さんに事情をきいてもらうことです。
    義弟さんもご両親がかわいそうで黙ってあげているのかもしれません。
    ここまできたら、両親をこの状況からどう救うかを協議すべきときではないでしょうか。

    ユーザーID:2246215136

  • 言うことは同じですね

    >判を押す時に急かされたのは、義理の実家に住む義弟2人のどちらかが帰って来る時間に
    >なりそうだったからのようで、2人には言うなと言われたそうです

    多重債務者の父と同じ手口ですね

    義弟さん達も保証人にされているのではないですか?
    そして「兄さん(トピ主さんのご主人)に心配をかけるから、保証人になったことは
    黙っているように」と口止めされているのではないでしょうか

    うちの場合、家族全員の被害額が判明したのは、弁護士に自己破産の相談に行ったときでした
    みんな、喧嘩になるのがイヤだったからお互い黙っていたんですが、ヒドイもんでした


    >詳しい話しを聞かせてもらって何とか義父母に頑張ってもらうしかない!と思っています


    おそらく、本当のことは言わないと思いますし、もし何か聞き出せても
    真偽は確かめようがないのではないでしょうか


    トピ主さんご夫婦がやっておくべきことは、
    義父母と喧嘩してでも、自分達の生活を守る覚悟を決めることと、
    義父母が破綻したときに備えて自分達の生活を守る手段を講じておくことです

    ユーザーID:7159261671

  • 今から対策を…

    ご主人名義のものを少しずつ小夏さん名義にできませんか?
    年間110万までなら非課税で贈与できます。
    ただし、100万を5年かけて贈与すると「総額500万の贈与だった」と見なされることがあるので、ちょっとだけ税金を払う年を作るの方が良いでしょう。
    (200万までなら税率が10%なので、111万の贈与だと税金は千円。)

    最悪、義父母が払えなくてご主人の財産が差し押さえられる場合、被害(あえてこう書きます)が少なくなります。

    しかし…。
    同居の義弟さんに言いたくないというのは問題ありですね。
    義弟さんに知られたくないというのは、別の借金の保証人に義弟さんがなられているケースが考えられますよ。

    一度、ご主人とご主人の家族で家族会議を開き、経営実態を明らかにしてもらうべきです。売り上げや利益、生活費、負債総額など、本当に返していける借金なのかどうか確認してください。

    ユーザーID:3589893243

  • 貸すより怖いのが保証です

    義父母が借りているのは(夫が保証した相手)銀行ですか。
    利率は何パーセントですか。
    返済方法は? 
    1回限りそれとも繰り返し有効な保証契約ですか?。
    保証した契約書のコピーもらっていますか。読めばわかります。

    銀行(JA・信用金庫・信用組合を含む)なら返済可能な先にしか貸さないので
    リスクはやや低いですが゛それ以外なら審査はゆるく金利も高いでのが普通です。

    400万円あげたつもりでいれば腹も立たないでしょう。
    ただ心配なのは400万円のみ保証したつもりでもその後の借入と金利と
    延滞損害金全部がすべて保証の範囲だったというケースです。

    過去の経験から最悪のケースは夫も自己破産もしくは完済まで何年間も
    最低限の生活。
    この可能性は義父母のプライドの高さとイレギュラーなやり方から見て
    90パーセント。
    ラッキーなら借金返済が済んで保証契約は解除でめでたしめでたしです。

    返済見通し(保証解除)を根掘り葉掘りきくのは主人の役目でしょうが、
    少なくともあなたは最初に挙げた保証の内容を知っておくべきです。

    ユーザーID:0397480594

  • 嫌な話ですが・・・

    中小企業を運営しております。

    タイトル通りの話をさせていただきます。

    ウチの会社に二人ほどいます、連帯保証人になったばっかりに自己破産した社員が。一人はトピ主さんと同じく自営の親御さんの連帯保証で、もう一人は、世話になった人から頭を下げられてやむなく判を押したらしいです。
    あまり詳しく書くことは出来ませんが、地獄だったようですね。取立ては厳しく、家族には愛想をつかされ、財産、信用、職業まで失ったようです。
    ちなみに二人とも人格は円満で、仕事は真面目、大手企業に勤務してました。

    世の中には、このようなことがあります。御主人はもう捺印されたようですから今の借金に対して責任があります。よく内容を確認し、場合によっては専門家のアドバイスを受けられることをおすすめします。

    ユーザーID:2786055219

  • 今から覚悟を

    人ってね、人に借金をする時や保証人になってもらう時は必死なんですよ。笑顔を見せ「絶対に返すから・迷惑はかけないから」と自信を持って言う。子供に対してなら「お前を育ててやったんだから親孝行のつもりで」とか言い出します。「それがなければ首をくくるしかない」と脅しに近いことも言います。
    相談された方はそれについ負けてしまうことがありますよね。まして世話になっていると感じている相手なら。

    義父母さんも必死だったんだと思いますよ。追い詰められていたんです。だから返そうとか迷惑がかかるかとかは意識の外です。そんなことは考えていません。今この瞬間をしのぎたいだけなんです。
    こんな倒産の多い時代ですから、恐らくすぐに行き詰ってしまうでしょう。持ち直せるものなら銀行からの借り入れで何とかなったはずです。

    と、トピ主さんの心を痛めてしまうようなことを書いてしまいましたが、今からその準備をしておいて欲しいということです。その契約がどんなものなのか、そして会社の状態がどんななのか、厳しくチェックすべきです。
    義父母さんはさらに保証なりを求めてくるかも知れません。それは引き受けないように。

    ユーザーID:0046450026

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧