26年間の幸福だった結婚が一瞬にして崩れてしまった。

レス45
お気に入り259

サリー

男女

北米に住む50歳の主婦。息子・娘(25、22)と同居中です。

2年前の3月に、8ヶ月ぶりに(1年の予定で単身日本へ行っていた)夫が一時帰郷した時、「女性ができてその女性と一緒になりたい」という告白をされました.11歳年上のアメリカ人の夫は高学歴の専門職で、私はそれまで愛情あふれる幸せな結婚生活を送っていました.本来は夫の出発の3ヶ月後に私も日本へ行き一緒にいるつもりでしたが、看護学校への入学準備を優先させたために出発を8ヶ月後の3月まで延ばし延ばしにしていたのです。私の「自己実現」の夢を彼も応援してくれていたのですが、夫からはのちに「一人で寂しかったんだ。君が一緒だったらこうはならなかったと思う」と言われ、彼を100%信頼していた私の考えが甘かったのだと気づかされました。

26年も連れ添った愛する夫を失ってしまい、生きて行くのがあまりにもつらい毎日がいまだに続いています。私が自分で立ち直って自分の足で歩んで行くしか道はないのだということを頭では分かっていますがなかなか気持ちが追いついて行きません。告白をされてから3日後に以前から予定していた通りに彼と二人で日本へ旅立ちました。一度は彼が私の悲しみを目の当たりにして翻意してくれたのですが、「その気持ちは2時間しか持たなかった。やっぱり自分の幸福を追求したい」と言われました。それでも彼はきっと戻って来るだろうとタカをくくっていたのですが、本気だと知ってからは精神的なショックで自殺願望に襲われました。13年ほど前から軽度の精神不安定のために坑うつ薬を少量服用していた状態でしたが、今回は危惧していたとおりやはりひどい鬱病と診断され入院をしました。現在も薬を服用中でまだ時折不安が襲います。辛いけれどこの困難を克服するためにこれから本気で自分を確立したいのです。どうか皆さんのあたたかいご意見が聞ければと思います。

ユーザーID:1358329176

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いい節目じゃないですか。

    もう決心をつけられらっしゃるようですね。これからは御自分の幸せを追求していいんですよ。

    逆説的ですが、パートナーとうまくやって行くためには1人でも生きて行ける心構えが必要なようです。相手がいないと生きて行けない人は、大事にしてもらえません。

    13年間、精神不安定のパートナーと御一緒だった御主人はおつらかったと思います。そろそろ自由にしてあげてもいいでしょう。(老後のお世話は新しい女性にお任せして...)

    これから学校で勉強なさるとのこと、すばらしい計画だと思います。過去は振り返らず、新たな毎日を楽しんで下さい。

    ユーザーID:3472690545

  • 離婚しません

    離婚って双方の同意が無いと離婚出来ないので、私だったら同意しません。

    >一人で寂しかったんだ。君が一緒だったらこうはならなかったと思う
    そんなの言分けでしょう。
    もっと一人暮らししている人いますよ。
    誰もが好きな人が出来て離婚するわけではないです。
    8ヶ月の間に女が出来るなんて早すぎませんか?
    妻の座はあけ渡しません。

    8ヶ月ほったらかしにでもしていたのですか?
    メールでいろいろ出来たでしょうに…

    ユーザーID:8941429831

  • だめです。我慢したら

    裁判をして、ちゃんと慰謝料をもらってください。そうじゃなければ、ただの泣き寝入りですよ。これは、配偶者の不貞に当たると思います。我慢なんてしたら、あなたの負けです。

    ユーザーID:9454548585

  • 外国では一方の意志だけでも出来る場合があります

    外国では一方の意志だけでも離婚出来る国があります。一方が決意してしまったら離婚しないことが出来ない。でも、そのような国の場合、生活保障、財産分与が厳格に行われますので、離婚をすることは避けられなくとも生活が成り立つように、その点で賢くなる必要がありますよ。

    ユーザーID:9377183018

  • トピ主です

    >13年間、精神不安定のパートナーと御一緒だった御主人はおつらかったと思います。そろそろ自由にしてあげてもいいでしょう。(老後のお世話は新しい女性にお任せして...)
    13年間は薬のおかげで実はとても気持ちが安定していたのです。あえて服用のことを書いた意味は「崩れる要素があった状態だった」ということでした。そして予想通りの精神的なショックから命を落とす寸前まで落ち込みました。ただ、今でも彼を愛しているので「自由にしてあげてもいいでしょう」と言葉にははっとされました。うなずいています。

    その女性と知り合う直前までのメールには必ず(お互いに)「愛しているよ」などの愛情あふれる文が書き込まれていました.自宅では帰宅すると必ず私が愛情の表現(ハグやキス)をしていました。子供達はウチの両親は絶対に離婚することはないと思っていたと言います(北米なのでご多分にもれず、友達の両親がたくさん離婚している)。

    あまりの晴天の霹靂にただただ生きる情熱と方向が定まらない、ということでしょうか。学校をがんばるのが当面の生きる道なのだと言い聞かせています。ありがとうございます。

    ユーザーID:1358329176

  • 気分転換が必要

    まだ50歳じゃない。子供達は自立して手が離れてる。あなた自由なんだから、自殺考える前に飛行機に飛び乗ってどこか暖かい南の島に行ってみたら?環境を変える必要がありますよ。これから素敵な恋ができる可能性だってある。夫は61歳でしょう。いいじゃない。他の女が老後の面倒を引き受けてくれたと思えば。離婚の条件に財産は全部ありったけもらって悠々自適に生きていくのもいいんじゃないですか?

    ユーザーID:8850079376

  • 意外とそういう男性多いです


    在欧州35年のやまなみです。どんなにかショックだと思います。

    でも、私の回りでも60前後で離婚される男性が多いのです(高学歴、専門職の職場です)。残念ですが。男性は、女性とは別の価値観で生かされているような気がときどきします。また、高学歴、専門職の男性は、年を取っても結構、パートナーとして人気があるようです。

    私の国は一方が希望すれば簡単に離婚できますから、私のまわりにもめっちゃ離婚が多いです。そういう私も40代で離婚していますが。

    20何年もの結婚生活の後、一方的に離婚されると、当然、恨みがつのります。鬱になる方もすごく多いです(しかし去った方が鬱になったというのを聞いた事がありません)。

    でも、子供さんはあなたの味方だと思います。「去る者は追わず」の悟りに至るのが今後のためにはよいかと。できるだけ条件のいいうちに離婚し、そして彼の幸せを祈ってあげてはいかがでしょう。

    ちなみに、私の元主人はまもなく新しい女性と破局し、復縁したいと10年間言い続けています。どちらも再婚しておらず、今は友人です。

    ユーザーID:4476494518

  • 日本の法律と違います

    残念ながら、ご主人はアメリカ人で生活のベースがアメリカにある様なので、 アメリカの法律では片方の希望だけで離婚ができます。
    そして離婚の原因はあまり重要ではありません。              日本だとすぐ慰謝料を沢山貰えという人が出てきますが、こちらの一般家庭では慰謝料ではなく、持っている財産を分割(大体半分づつ)って言うかたちになります。(資産家は違います)
    ですから日本のように、別れた後もどちらかが慰謝料を払い続けるって事はあまり無いです。ましてとぴ主さんのお子さんはすでに成人されているので、養育費は貰えないのでは・・? 
    今はとぴ主さんも新しい目標をお持ちの様なので、ぜひそれに向かって欲しいと思います。それこそ老後の生活が結構近いご主人から解放されたと思って。この節目を境に今後自分のために自立しようとする強さを持ってください。今までの生活を振り返っても仕方ありません。気を外に向けて頑張ってくださいね。
    って言う私もアメリカで貴方と同じ境遇です。(子供2人はまだ小さいです)
    私はまだまだ頑張れる、と日々自分自身を戒めながら生活しています。
    お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:7097040426

  • 頑張って!

    単身赴任中に、「女性ができてその女性と一緒になりたい」、なんて・・・
    それは「不倫」ですよね。。絶対に正当化させちゃ駄目です!
    相手の女性は日本人女性ですか?なんか腹立たしいですね。人の夫に手を出すなんて信じられません。
    訴えて!慰謝料を請求しましょう!ご主人に、もちろん相手の女性にも!
    慰謝料を請求されたらその女、逃げて行きますよ。それで、ご主人も自分が浮かれてバカだったと気が付くのではないでしょうか?
    人の夫に手を出すほどの浅はかな卑しい女なんかとご主人が一緒になったって幸せになんてなれませんよ。ご主人がもう少し歳を取り、身体が不自由になってきたり、病気にでもなれば、「ポイッ」と捨てられるんですよ。
    ご主人を愛していたら、簡単に身を引いちゃ駄目です。とことん頑張って下さい。絶対に離婚しちゃ駄目です。

    くじけずに頑張って下さい!!

    ユーザーID:3099429395

  • あなた自身の力を信じて

    サリーさん、お辛い様子が伝わってきます。
    41歳の若輩ものですが、私も在外、夫はイギリス人です。レスさせて下さい。

    サリーさんが今でも「愛情あふれる幸せな結婚生活」とおっしゃるからには、本当に素晴らしい毎日だったのだと想像します。
    そしてそれは、決してご主人から与えられただけのものじゃないと思います。サリーさんもご一緒に作り上げてきたものですよね。
    どうか、そのように言い切れる年月を築いた、「あなた自身の力」を信じて下さい。

    確かに今は壊れてしまったかもしれないけれど、あの時代は本物だったんです。人は変わります。世の中が変わるように、人の心も永遠じゃない。でも、だからといって、サリーさんが築いた日々が幻だった…というわけでは、決してないですよね。

    26年もの長い間、そのような幸福を手にしていたんだということに、どうか誇りをもって下さい。
    看護師さんの勉強、応援しています。これからの新しい人生、輝くような日々は必ずまたやってきます。
    どうか負けないで!

    ユーザーID:1024331802

  • がんばって!

    サリーさん、今はおつらいでしょう。
    でも大丈夫ですよ,きっと再出発できます。
    貴方には二人のお子さんもあるし、これから看護を習得するというターゲットもあります。学校で新しい友達もできるでしょう。一人になった方が人間関係が直接的で楽に広がります。これから新しい人生が始まります。そこでいままでの幸せだった結婚生活から来る人生経験を充分活かしてみてはいかがですか?元気は季節と同じように、自然と巡ってくるものです。
    離婚くらいで命を絶ってしまってはもったいないです。

    ユーザーID:4557812802

  • トピ主です

    夫は23歳(70年)の時に初めて日本に滞在する機会があってから数回通算で12年ほど関西に住みました.日本の文化に接するたびに思考や対人関係などで日本のよさを体現して行ったほどです。私はふざけて「前世はきっと日本人だったんだ」と言ったものでした。しかし欧米人はやはりやはり日本人の家族観と比べた時「個人の幸福」を追求する文化などだな、と今回悟りました.

    今はとても辛い日々が続いており、以前夫の友人から夫が「将来はサリーもいい人を見つけて幸せな結婚をしてもらいたい、そしていい友人として連絡を取れる仲になっていたい」と言っていたと聞き、なんて虫のいい話だろうと思いました.でも今でも憎しみはありません.つらい気持ちだけです.だからそのうち友人としていられればどんなにいいだろう、と思うことがあります。

    ユーザーID:1358329176

  • 過ぎた26年よりも、先は長い!

    今、失った幸せを見つめて途方にくれていらっしゃるトピ主さんのお気持ちを思うと私の胸まで苦しくなります。

    しかし、"Show must go on. Life must go on." です。

    ところでトピ主様は50歳だそうですね。

    平成19年簡易生命表を見てみると日本の50歳の女性の平均余命は36.9年だそうです。

    この先、この平均余命を天が授けてくれるのであればどんな風に過ごしたいですか?過ぎた26年よりまだ長いのですよ。

    失ったものを思って嘆きながら暮すのも一つの方法でしょう。でも、あなたの人生はあなたご自身のものです。もっと前向きに何かに取り組んでみませんか?

    看護学校への入学を希望されていたのでしょう?いいチャンスではないですか。

    さて、離婚されるのであれば ”アダルタリー”は最も罪が重い離婚理由になるはずですからいい弁護士を頼んでしっかり”アレモニー”をとりましょう。あなたの生活を支える費用を払ってもらいましょう。

    トーレンスさんは離婚時の資産を半分にするだけと書いておられますが、将来のソーシャルセキュリティも半分取れるはず。とにかく調べてみましょう。

    ユーザーID:2224481349

  • 続きです。

    離婚に関してもう少し。私はアメリカに住んでいます。

    私自身は離婚経験がないので、すべて友達、知人から聞いた話です。ですから最後のところはきちんと御自分でお調べください。

    先ず、州によって法律が違うので、弁護士を頼むのが一番の近道。弁護士を頼まずに自分で図書館で調べつくしてしっかりアレモニーを勝ち取った日本女性も知っていますが、これはとても大変なこと。

    決断したらすぐに行動に移し、裁判所から資産の凍結命令を出してもらわないといけません。でないと、どんどん使われたりどんどん名義変更されたりして、離婚が決着したときには資産が殆どなくなってたという悲劇を知っています。

    きっと他にも気をつけることがあると思いますが、とにかくぐずぐずしていたのでは先の37年有余の生活が脅かされてしまうのです。

    どんなに昔はやさしいご主人だったとしても、新しい女性に心が移ってしまった今では、本当にこれからのあなたの生活を金銭的に支えてくれるかは疑問。だからこそ法廷できちんと決めてもらわないといけないのです。

    どうか、一刻も早く決断なさって、行動に移されますように。

    ユーザーID:2224481349

  • 嘆いている場合じゃないです

    カナダ在住の者です。にゃーさんの言うセキュリティーとは年金を指していると思います。彼の受け取る年金の半分はトピ主さんの取り分です。結婚生活が長いので間違いなく取れると思います。

    財産はすぐに評判の良い弁護士に頼み、保全してください。不動産、動産どちらも正式に離婚もしくは別居の手続きが完了するまで現金化できないようにする処置、リーンと呼ばれる形で相手が勝手に売却できないようにして下さい。

    まさかプリナップで権利放棄など結婚前にサインしてないでしょうね。それでもいくらかは取れますが。別れてもお友達なんてきれいなこと言ってる場合じゃありません。

    アメリカ人なら絶対に引きませんよ。欝になってる暇もありません。いろんな事が急展開していく時期があります。その時に慌てても遅いです。

    失礼ですが、借家ですか?これからはお金だけの話になりますが、本人同士が争うより、専門家に任せてください。良心的な女性の評価の高い弁護士が良いです。日本人会のようなところで相談にのってもらえませんか?安い弁護士は避けて下さいね。弁護士のブラックリストがあると思います。

    ユーザーID:5482306201

  • 妻が従属的だったときは幸せだったのでしょう

    妻の「自己実現」の夢を応援してくれていた、とありますが、彼の理性がそうさせていただけで、無意識下では「従属的な妻」の方が安心だったのではないですか? 「一人で寂しかったんだ。君が一緒だったらこうはならなかったと思う」という言葉に、本人も意識していないであろう本音が出ているように思います。13年間軽度の精神不安定があって、ご苦労も多かったと思いますが、旦那様にとっては、それが「安心」だったのかもしれません。

    ユーザーID:4747029242

  • ミッドライフクライシス

    というヤツですね。。たぶん。
    調べてみてください。かなり当てはまるはず。

    ミッドライフクライシスで離婚したカップルを知っていますが、大抵離婚を切り出した方が後悔してるかな。。

    ユーザーID:9999875504

  • トピ主です

    トピ主です。お聞き苦しいかもしれませんが少し述べたいと思いました.

    相手は私と同じ歳の人妻でした.ライブで知り合い意気投合したそうです.夫は結婚指輪をしていますし既婚者であることを伝えたようです(女性と楽しい時間を持ちたかったのでしょう)。しかし彼女ははじめから(3ヶ月後まで)「以前10年間結婚していたが今は独身で子供はいない」と夫の問いにはっきりと答えたと言います。

    ところがその時でも27と18の娘がいたとのこと。あとで真実を告白した時に偽りの理由を「自分を守りたかったから」と言ったそうです。(魅力的に見られたい=自分の利益を守るため?)でも夫にはもうそんなことはどうでもいい話でした.

    私達は隠し事がない関係だったのでその調子ではじめの頃は夫が彼女のことをいろいろと私に聞かせるという「失敗」をします。子供もいる上、実はこれまでの10年間は家庭内別居だったそうです.以前にも本国に妻子がいる南アジア系外国人と交際していたとも。きっと外国人相手の不倫は後腐れなく「遊べる」からではないかと私なりの勝手な推測をしました.

    ユーザーID:1358329176

  • トピ主です

    私が女性に直接あった時の印象を友人に伝えると「水商売?」どうも男扱いに慣れた印象だからそう言ったのでしょう.(実際は紳士服販売のパート)実際夫は「彼女と話がぴったり合ったんだ」と。ただ私の直感では永く続くようにはどうしても思えません.しかしこれは別の話なので一旦収めます。

    彼女に取ってはまさに渡りに船で、知り合って8ヶ月後にはさっさと離婚をしています。とてもしたたかな女性だと思いました.一番悪いのは夫ですし私にも夫をそうなびかせて顧みなかった部分があったから彼女の「愛」に接した時、私に欠けていた物に気づかされたのだと思います。ただそれにしても、彼の性格的な面(最終的に自分を最優先させたこと)が大きいのだと。つらいです。

    ご意見を拝読して改めて早く決着を付けるのが私にとってよい方向なのだと思いました.義父は私が最低限家はもらうべきだと。二人ともまだ社会的な地位がない頃に結婚しているので、金銭や財産の分与に関する婚前同意書はありません。共同の財産や貯蓄、年金は折半になり、さらに慰謝料(配偶者への生活費支給)が加わると聞きました.弁護士さんに相談しようと思います.ありがとうございます。

    ユーザーID:1358329176

  • アメリカで去年離婚しました。

    サリー様

    突然のことでびっくりされたでしょう。
    お話を伺っているとそれもありえるかなと思います。

    私はアメリカ在住で去年離婚しました。
    私はサリーさんと同年代です。

    この年代での離婚は案外多くそのうえ面倒な裁判に持ち込むケースが多いです。

    アメリカでの離婚は日本とは違います。
    離婚をご主人に任せておくととても不利になります。
    裁判にもっていくと弁護士の費用が大変高くなりますが
    その方が安心です。

    弁護士は高くて評判のいい弁護士でもあわないとかよくない場合もあり
    たくさんお金を使っても結果が良くない場合もあります。

    ご主人が浮気をしたと申し立てても結局取り分はかわりませんし
    性格の不一致で単純に財産の半分を要求してお子さんが大学にいれば
    その間は養育費をもらえます。またご主人だけが働いていたのであれば
    アリモニーも要求できます。

    もしご主人が協力的であれば一緒に弁護士のところに行ってセトルメントを
    つくってサインしてもらうと安上がりになります。

    値段は高くて1万ドルくらい安くて3000ドルくらいです。

    続きます。。。。。。

    ユーザーID:4080777873

  • 続き

    まず弁護士を見つけましょう。
    ご主人が協力的であれば話し合ってセトルメントをまとめれば
    安上がりになります。

    ご主人の財産がどのくらいあるかわかりますか?
    書類のコピーをとっておきましょう。
    家は売ることになると思いますがもうけはありますか。
    あれば半分もらう権利があります。

    詳しいことは弁護士に相談しましょう。

    弁護士は高いですがちゃんと財産の半分をもらえるのですから
    早めに手を打った方がいいです。

    ユーザーID:4080777873

  • 頑張って!!

    お辛いでしょうけど、本当に頑張って下さい!!

    トピさんの人生、しっかりけじめをつける為にも
    法律家にお世話になり、裁判しましょう。
    協議離婚なんてもってのほかです。
    そして、トピさんの旦那様は頭が切れる人だったようですから、
    トピさんは気付かれないように(子供にも言わない)
    水面下ですばやく書類をまとめ上げたほうがいいです。

    テープレコーダーも念のため購入を考えて下さい。

    トピさんにとって大事な旦那さんですが、
    旦那さんは自分を優先しました。
    たった2時間しか良心の呵責がなかったというのです。
    こんなひどいことってありません。

    トピさんはこれから自分を守らなくてはならない。
    感情は後からでもいいんです。今は理性的になって
    早く事務処理をして賠償金を払ってもらいましょう。

    絶対、負けてはなりません!
    そして裁判の時は夫を信用してはいけません。
    お辛いでしょうが、トピさんは心を許してはいけませんよ!

    応援しています!!

    ユーザーID:0557662619

  • 2月4日のレス読みました。

    離婚に向けて動き出すご決心を固めつつある、と言う感じですね。
    義父様もトピ主様のお味方のようで心強いですね。

    他の方がすでに指摘しておられますが、一旦離婚するとなったら、これは”バトル”になることを覚悟されて、弱気になったり、相手に甘くなったりしてはだめですよ。

    「以前あんなに優しい人だった」ご主人様が豹変することも十分覚悟しておきましょう。

    私の友達(アメリカ人)は最後までご主人(アメリカ人)の豹変振りが受け入れられず、もたもたしているうちに、ご主人は現金で持っていたような資産は全部新しい彼女と贅沢な旅行などで使い果たしてしまったそうでした。友達とはそんな旅行は一度も行かず、二人で質素倹約、老後のためにと貯めてきたお金、全部!です。「そんな風にお金を使えるような人じゃない」とたかをくくってたんですよね。もちろん、彼は質素倹約に嫌気が差したんでしょうが、相手を間違えてますよね。

    今こうしている間にもトピ主様のところではどうなんだろうか、大丈夫だろうか、とはらはらしております。

    小町にはたくさん味方がいますから困ったときにはどんどん書き込んでくださいね。

    ユーザーID:2224481349

  • 元気出して! 前向きに!

    私も在米です。離婚した人、周りにい〜っぱいいます。私も心構えだけはしっかりしておこうと思っています。

    つらい思いをしているところに、きついことを言うようですが、あえて、「アメリカではよくあること。自分だけじゃない。大丈夫。仕事もできるし、前向きにいこう!」と自分に言い聞かせてください。

    私の義母は米人ですが、夫(私の夫の父)と離婚した後、不動産ブローカーの資格を取り、老後は新たなパートナーと同居していて、(結婚はこりごりと言ってしなかった。)最期はその人と子供たち、私と孫たちに看取られて亡くなりました。

    アメリカだったら、いくつになっても、再出発できます!幸い、お子さんももう成人だし、サリーさんの人生これからです。パ〜っと花を咲かせましょう!

    私もご主人、ミッドライフクライシスだと思います。アメリカ人って日本人のようにやせ我慢できないし、べらべら新しい彼女のことを話しちゃうところなんか純粋なのかなあと思いました。

    別の親戚は離婚した奥さんと再婚してます。サクサクと離婚を進めて、分けるものは分けて、前に進みましょう。応援してます!

    ユーザーID:6421581015

  • ご主人さまの立場ある者です

    私の前妻はイギリス人で20余年人生をともにしました。サリーさんのご主人と非常に類似したパターンで6年前(実際は8年前)に離婚しました。彼女とは結婚当初から苦労を共にし乗り越えてきました。今の自分があるのも彼女のおかげだと思っています。年に2度(彼女の誕生日とクリスマス)電話をかけています。これは罪滅ぼしでやっているわけではありません。ただ、"How are you?"と聞きたいだけです。彼女の元気な声を聞きたいからです。

    私は、当時の私のアクションを正当化したり、弁解する気はまったくありません。離婚の直接の原因は私の不倫です。しかし、正直なところ別のところに根源があったと思っています。子供たちも独立し、何か新しいチャレンジをしたい、このまま平凡な将来に不安を感じた、誠に身勝手なのですが、そう感じたのです。不倫は単なるカタリストだったのです。
    この様な私がいうのは本当におこがましいのですが、時間だけがつらい気持ちを癒してくれると思います。お金のこと、弁護士のこと具体的なアドバイスはできませんが、ご自身の将来のことだけを考えて頑張ってください。

    ユーザーID:8731189473

  • トピ主さんへ

    今はさぞ、おつらいことと思います。ちゃんと眠れていますか?食事は取れていますか?

    私は米国在住です。一昨年、アメリカ人の夫とこちら(米国)で離婚をしました。他の方も書いていらっしゃいますが、米国での離婚は日本とは要領がまったく違います。なので、日本在住の方からの離婚に関するアドバイスは、残念ながら、こちらでの離婚にはほとんど、参考になりません。「ぱたのうち」という国際結婚の方を対象にしたウェブサイトがありますので、そこでなら、もう少し、トピ主さんの現状にあった助言が得られるのではないでしょうか。

    もちろん、最善はできるだけ早く信頼できる弁護士を雇うことであることは言うまでもありません。がんばってください!

    ユーザーID:6714930008

  • トピ主です。

    皆様の励ましとても心強く感じました。本当にありがとうございます。
    語弊がないように書き加えます。「水商売のひと」という表現については職業柄相手方に楽しい時間を与えて話を合わせることに慣れている人なのだろうという意味から出た言葉でした。彼女の職業が男性相手の仕事という点では一致しました。夫の職業については「まじめで少々かたぶつ(実母に言わせると今まで遊んだ経験がないから浮気で終わらなかったのだと)」「経済的な不安がそれほどない」点が彼の意思決定に十分働いた要素の一つではと思います。

    女性のことを夫は好きな音楽やスポーツそして遊びに「とことん付き合って一緒に楽しんでくれた人」「自分の欲求を見事に満足させてくれた人」として、今まで感じたことのないほどの愛情をその女性から注がれたと捉えています。

    ここ数年夫は超多忙の毎日でした。日本では羽を伸ばす遊びモードに切り替わっていたのだと後で気づきました。知人の米人男性も白人は日本に行けばモテるから一人にしたのはまずかったとも。もう終わったことですが彼が大変だった時にもう少し感情面のケアをして上げていればと思いました。どうか私の失敗をご参考までに。

    ユーザーID:1358329176

  • 嘆いてる場合じゃないです2

    義父の方が味方のようですが、いずれご主人サイドにつく方なので円満にしておく事は必要ですが、情報は与えない方が良いです。夫の親族、友人は全て失う覚悟をして下さい。弁護士を雇った時点でご主人に接触してはいけません。でないと、弁護士が手を引きます。弁護士の人選は重要です。好きになれるかどうかも判断基準です。冷静にやるべき事をやる、女性の立場に立つ人が条件です。

    お子さんにも情報を与えない方が良いです。父親だから不用意に漏らすかも知れません。トピ主さんの個人財産があったら隠してしまうのも手です。

    彼は弁護士ですか?そうなら強敵です。自分の法的立場が見え、取るべき方法を知ってます。彼は定年を控え、年金、財産にこだわりがあるでしょう。気取られないよう手を打って下さい。日本女性であるトピ主さんはなんとかなると思っており、法的手段を取ったら驚くと思う。話し合いで解決する事は勧めません。良かった思い出は忘れて下さい。問題は今です。

    法廷費用は互いが持ちます。今、出せますか?前金が必要です。

    これを乗り越えたら強くなれるし、自信もつきます。欝が悪化しないためにも勝ってください。

    ユーザーID:5482306201

  • トピ主です

    同様の経験をされた立場から書き込みをして下さった方々、そしてあたたかいお気持ちを表して下さった皆様、きょうは朝目覚めのあとこのページを読ませて頂いてとても心強く感じました。

    あしたのジョー様、おっしゃる通り根源があったのだと思います。私があまりにも彼に頼りすぎて甘えていたのだと。それでも彼自身もそんな私をずっと「可愛いやつ」と思って接していたのも事実で、誕生日のカードにいつも私への美辞麗句を書いていました。また嘘がつけない純粋で誠実な人だったからこそ「浮気」ではなく「本気」に移行して私との別れまでも決心できたのだと。意思が強く能力と自信のある夫は彼女にも「大丈夫だからついて来てほしい」くらいのことは言ってると思います。

    夫は告白後、日本へ同行した私が入院後回復しカナダへ一人戻ってから二ヶ月後に帰郷し職場に復帰しましたが、ついに自宅へは戻らず女性をその二ヶ月後に呼び寄せて同居し始めています。その8ヶ月後(昨年5月)に日本へ転職をして今は日本で暮らしています。既に私の意思には関係なく離婚の選択肢しかない状況です。 続きます。

    ユーザーID:1358329176

  • トピ主です

    「豹変」のことはすでにもう感じ始めています。かなりの金額を夫から提示された後も私は始まったばかりの学校と私の気持ちが追いつかない状態のストレスから手を付けずにいたら、数ヶ月後にこの金融危機です。

    2度離婚したカナダ人の友人が「罪悪感を感じている早い時期に済ませなさい」と言ってくれてた意味が今となってはよく分かります.今は弁護士さんに任せるのが一番なのだと思っています。

    だいぶ後で義妹とのメールで知ったのですが、夫が既に実家の両親や弟妹に女性を紹介していたことを知り、またひどいショックを受けました。「けじめを付けたいから別れてくれ」と早い段階でせまってきた彼に、私は離婚もしていないのに紹介するとはどんな「けじめ」なのかとひどく取り乱しました。義妹は実兄がずいぶん変ってしまったこと、その女性についてはよい印象がなくきっとほかのきょうだいも同様の意見だろうとも。

    義父母や義理のきょうだいからは「いつまでも家族の一員だよ」と温かい言葉をかけてもらっていますが、ご意見の中で、夫の関係する人間(姻戚、友人など)も最終的に自分側ではない心づもりをした方がよいとありましたが、参考にしたいと思います。

    ユーザーID:1358329176

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧