• ホーム
  • 学ぶ
  • 子供の習い事。習わせたきっかけとやめたきっかけは?

子供の習い事。習わせたきっかけとやめたきっかけは?

レス16
(トピ主0
お気に入り30

趣味・教育・教養

えりか

お子さんに何かしら習い事をさせているご家庭は多いと思います。
うちの2人の子供もピアノとスイミングをやっています。
始めたきっかけは上の子は自分から「やりたい」
下の子は「上の子が楽しそうだからやりたい」でした。

現在、始めて6年目になります。
上の子は中学生になり運動部に入ったことをきっかけに
スイミングはやめました。もうメドレーまで行っていたので
心残りはなかったようです。
ピアノは継続しています。
講師から音大をすすめられるほど上達しましたが
本人は「楽しく弾きたいから」と趣味の域で続けています。

ご相談したいのは下の子のことです。
同じ習い事をやっているのでどうしても上の子と進度を比べがちですが
「これがこの子のペース」と考え口に出したことはありません。

しかし最近は後から始めた同級生の子達にもどんどん置いていかれて
少し悩んでいるようです。のわりに、練習はさぼりがちで
「うまく弾けるようになりたい」とか「速く泳ぎたい」という欲が
全くないように見えます。

ピアノは言われなければ練習しないし、グレードテストも、
スイミングのバッチテストも「受けたい!」といって
申し込んでも一向に合格しません。
講師や友達に会えるのが楽しいだけで惰性で行っているような印象もうけ、
何のために行っているのかこちらの方が考え込んでしまいます。

どちらの習い事も1万弱/月かかっています。
目標を持って頑張っているなら惜しくはないお金なのですが
最近では無駄な出費のような気がしています。

子供が自分から「やめる」と言うまで続けさせればいいのか、
親が「やめてほしい」と考えていることを伝えてもいいのか。
主人は「時間と金の無駄。やめさせればいい」と言っています。
皆さんの経験をお聞かせください。

ユーザーID:8460847205

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どこのお宅でも同じとおもいます

    子供二人に幼稚園からです。

    スイミング・・選手育成コースに上がる前のバタフライ合格まで。
    書道・・・・・・「行書ひらがな」が書けるようになるまで。うちの場合は高校1年まで。
    ピアノ・・・・・大学受験勉強を始めるまで。つまり高校2年に上がるまで。
            でも本人が好きなので入学後にまた習い始めました。
    その他の運動系、音楽系は小学校卒業を機会にやめました。

    ピアノは中学生になると発表会用に連弾をするので楽しいです。
    書道もピアノも姿勢が良くなります。

    ユーザーID:3068906508

  • やめなくてもいい

    難しい問題だけど、下のお子さんいくつですか?

    私は小学生の間は続けた方がいいと思います。(中学生になったらやめるとは言う必要ないと思います)
    ピアノの練習も好きではないけど、言えばやるんですよね?スイミングも行きたくない、という訳ではなく試験も受けているけど受からないというだけなんですね。

    あまり簡単にお金の問題だけで、あっさりやめてしまうと、他の事でも諦めが早くなりそうな気がします。
    お金を払ってまで、とい考えもあるかもしれませんけど、苦手な事をコツコツ、嫌々でもやる「我慢」みたいな事は必要なんじゃないでしょうか?まして自分からやるといったことを。

    水泳はもしかしたら結果的には、あまり向いていなかったのかもしれません。でも水泳そのものの能力を伸ばすだけでなく、楽しく友達と泳ぐ楽しみとか、親ではない大人と関わる人生経験のうちの一つ、とでも考えていいのではないでしょうか?効率やお金の事だけを考えたら、たぶんやめた方がいいのでしょうが、他に新しく始めたい習い事などありますか?なければ、ホントに勉強だけになってしまうのですか?

    子どもにはちょっとした、でも大事な息抜きなのかも知れません。

    ユーザーID:7855392354

  • 質問

    ●結果がでないと習い事代金は無駄に感じますか?

    テスト受けたからって合格するとは限らないと思うのですが・・・
    また合格しないと無駄というわけでもないと思うのですが
    上の子と比較するのってどうかな〜と思います。

    ●お子さんに楽しいか聞いたことありますか?

    惰性でやってるように感じるなら嫌だと言い出しにくいのかもしれません。
    それとも結果が出ないから親に申し訳なくて落ち込んでるとか・・・。
    上の子と比較されるのが嫌で、楽しいのに、どこか楽しめないとか・・・

    楽しいかどうか聞いてあげてみては?
    いきなりやめるかって質問は、続けたいと考えているなら残酷だからしないほうがよいと思います。

    ユーザーID:2867815177

  • 素直に伝えてみては?

    わが家の子供も習い事をさせています。
    実際に以前習っていたものを辞めさせた事もあり、
    トピ主さんと同じく“やる気がない”“さぼりがち”
    “経済的な問題”で私から子供に伝えました。
    本当にやりたいと思う気持ちがあるのなら惜しいお金では
    ないのですが本人たちも辞めたい気持ちを持っていたので
    そこはきっぱりと辞めさせました。

    今は他のやりたい事を見つけ頑張っています。
    (月謝も前習い事よりもかなり安!!)

    もっとやりたい事を見つけさせるきっかけにもなるんじゃないでしょうか?
    わが家は決断をしたおかげで日頃からあきっぽい子供たちが
    とても必死に、そして楽しめる習い事に出会いました。
    やっぱり本人のやる気しだいですよね。
    どんどん上達していると先生からも褒められます。

    トピ主さんのお子さんにもぜひそういう習い事にめぐり合って
    もらいたいなと思います。
    子供の頑張っている姿は本当に良いですよね!!

    ユーザーID:0583708687

  • トピ主です1

    皆様ご意見ありがとうございます。子供達は現在中1と小5です。
    幼い頃からかなり性格が違います。

    下の子供はだらっとしたタイプです。生活態度がグズグズしていて体育の着替えが遅いことや給食が遅いことを学年が変わるごとに注意されます。
    毎朝の仕度も遅くて見ている私がハラハラし「遅刻するから早く!」と言ってしまいます。
    宿題もピアノも一声かければやりますが自分から取り組みません。
    マンガやTVをみることは大好きで言われなくても見ています。
    でもペットをとても可愛がり毎日お世話します。親バカかもしれませんが、人に対して優しく接しユーモアたっぷりに話すので友達も多いです。

    テストを受けたいと申し込んでも、練習はしないし、落ちたからといっても
    「また受けるからいいや〜」と残念がる様子も反省もありません。
    (「次はがんばるよ!」の一言が出れば私の気持ちも違うと思うのですが)
    その様子を見ているとお金の話でお恥ずかしいですが5千円の受験料が本当に無駄な気がしてしまって、はたして続けても良いものか?と
    考えこんでしまいました。

    ユーザーID:9968416312

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • トピ主です2

    最近気がついたのですが、計算がとても速くて正確で、字がとても上手なのです。算数はずっと得意科目だったのですが高学年になってそれがハッキリとしてきました。
    字に関しては今までも時々書初めなどで賞をいただくこともあったのですが、親子ともどもあまり意識していませんでした。でも次第に
    「この子は自分に向いてることがわかっていないのかも・・」
    「もっと向いていることが別にあるんじゃないか」と私が悩み始めたのです。

    もし、姉と同じことをして結果が出せないことを苦痛に思っているなら違う事(自分の得意なこと)をして自信になったらいいなと思うのですが、本人は全く苦痛には思っていないようです。ただ、「お姉ちゃんと一緒に通える」「友達に会える」のが嬉しい楽しい、だからやめたくないようです。
    ただスイミングはテストに受かった友達とクラスが分かれてしまって、それについては寂しいので最近気にしているようです。

    苦手なことをコツコツ・・・そうですね。そういう考えがありましたね。
    その習い事ではなく「我慢」を習っていると思えば少し道が見える気がします。

    ユーザーID:9968416312

  • 条件をつける

    私の子供の頃の話で恐縮ですが。

    ・水泳:幼稚園〜小学校3年
    ・ピアノ:小学校1年〜高校3年
    ・バトン:小学校4年
    ・そろばん:小学校5年
    ・バトミントン:小学校6年
    ・塾:中学校3年間

    バトンを始めるために、水泳を辞めました。
    ただし、全種目の25mをクリアしてからです。
    また、そろばん、バトミントンを始めるために、それぞれピアノ以外の習い事を辞めています。

    私が母に言われたのは「お金は無限にない。あなたができる習い事は2つまで」「一つ始めたら最低1年は続けなさい。投げ出したら次から新しい習い事はさせない」
    の2つです。

    お子さんが「友達と会うのが楽しい」という気持ちもわかります。私もそうでしたよ。
    でも、母の言葉に納得した覚えもあります。

    まず第一歩として、「テストを受けるなら結果を出しなさい。出せないなら(習い事を強制をしていないのだから)辞めなさい」でどうでしょう?

    ユーザーID:5432473198

  • 親が頑張る?!

    ピアノがとっても上手で先生をしている友人がいました。
    その人は「私が頑張ったんじゃなくて、親が頑張ったのよ。」って言っていました。子供の頃は練習がイヤで、友達とも遊べず「やめたいよ!」って何度も泣いたそうです。でも、親が辞めさせてくれなかったそうです。でも今はその親に感謝しているそうです。
     私も子供の頃ピアノが習いたかったのですが「お金がないから」とか「どうせすぐに辞めるから」と親に言われ習わせてもらえませんでした。中学・高校になって音楽の教師にあこがれたこともありましたが、ピアノが弾けないし・・・と少しだけ悲しい思いをしたことを思い出します。
     本人がいやがっていないのなら、もう少し続けさせてあげても良いと思います。お稽古は、人と競争するためにやってるわけではないし。今はお母さんが頑張って。将来の道を選択する時のために、チャンスはたくさんつくってあげたいですよね。
     私も息子にピアノ・空手・スイミングを習わせています。中学生までは続けさせたいと思っています。中学生になって、部活をしたいと本人が思えば、きっとその時に自分で何かを選ぶと思います。

     

    ユーザーID:6941901401

  • 「上達しないから」とは言わないで

    5年生の子の親です。水泳、ピアノともにやっています。うちの子は、下のお嬢さんと同じタイプです。水泳はずっと通っているのに、なかなか検定に受からず、ピアノは、わが子なりに前進しているものの、発表会ではもっと上手な子が幾らでもいます。

    私なら、レッスンに欠かさず通い、自発的ではないにせよ、声をかけたら練習するのであれば続けさせます。

    うちは兄弟がいないので、兄弟との比較はありませんが、とてもよく出来るお子さんの話をきくとやはりうらやましく思います。でも、水泳は体力づくりになる、ピアノは楽譜が読めるようになれば将来趣味が広がる、とそのたびに自分に言い聞かせています。そしてわが子なりの進歩をほめるようにしています。

    上のお嬢さんが優秀でうらやましいかぎりですが、妹さんのレベルがむしろ世間では普通です。「サボっているから」という理由でやめさせるのはいいですが、「上達しないから」と結果を理由にするのは酷だと思います。

    「結果が出ない」=「頑張ってない」ではないと思います。もしかして、上手なお姉ちゃんの手前、家では練習しにくいのかもしれませんよ。

    ユーザーID:1244712704

  • 子供の思い

    私の子供たちに習い事をさせたのは、一つくらいは特技や趣味を持てたら という思いからです。
    なので、通える範囲で通わせました。
    通うからには一生懸命やらせようとまでは思いません。
    個々により向き不向きがあるからで、興味を持ったものだけ続けさせるつもりでした。

    トピ主さんの下のお子さんの本心は続けたいのでしょうか?
    辞めたいと言いにくいから仕方なく続けているのでしょうか?
    私がトピ主さんの立場なら、お子さんが「続けるのが苦痛だからもう辞めたい」と思っているのなら辞めさせ、「上達しなくても楽しいから続けたい」と思っているのなら続けさせます。

    どちらにしても、お子さんが傷つく言葉を伴う「やる気がないなら上達できないから辞めなさい。」とか「いつまでも合格できないなら時間と金の無駄だから辞めなさい。」というようなことだけは言わないであげてください。
    あくまでもお子さんの思いどおりにするよ的な言い方が良いと思います。

    ユーザーID:4581939854

  • 本人はどうしたいんでしょう

    娘さんがどうしたいのかが一番大事です。
    もし結果が出ていなくても本人が楽しいと思っているならば
    ぜひ続けさせてあげてください。
    でもちょっとでも嫌な気持ちがあるのなら「お休みしてみる?」と
    しばらくやめてみてもいいと思います。
    本当に好きなら成績に関係なくやりたくなります。
    嫌なことをしぶしぶやってても身につきません。

    自分にも経験があって小1の時近所のお姉ちゃん達に誘われて
    ピアノを習い始めました。
    そこはみんなで一緒に行って一人一人レッスンしてみんなで帰ってて
    時間効率は悪いかもしれませんが楽しく習っていました。
    (田舎でコンクールとかは無関係だったからかもしれません)
    でも親の転勤で引っ越してきたところはマンツーマンのところしかなく
    すごく苦痛になって練習もしなくなりレッスンも嫌がるようになり
    それを見た母が「楽しくないなら意味がない」ってことで
    中学入学を理由にやめさせてくれました。
    でも音楽は嫌いじゃないので社会人になってから別の楽器を
    習い始めて、ピアノを習っておいてよかったと感じます。

    ユーザーID:8153346656

  • 下の子タイプです。

    わたしが下の子タイプです。実際に姉妹の妹です。

    習い事も、同じ感じでした。
    親からしたら、お金をドブに捨てたみたいだろうし、よく叱られました。
    わたしは、習い事自体は興味なかったし、行けと言われたから通ってただけでした。
    当然身に付かず、大人になっても役に立ってません(汗)

    ・エレクトーン5年→音階読めず、1曲も弾けません
    ・スイミング4年→せいぜい25メートル
    ・そろばん6年→3級止まり、暗算出来ない

    結局、友達もやめていくし、なんとなく小学校高学年くらいで止めて行きました。

    娘さん、興味がないのなら期限や条件を決めて止めさせた方がいいと思います。
    娘さんも、止めるきっかけを探しているのかもしれません。

    ユーザーID:0953788305

  • 結果を求めない

    うちの子供たちの場合ですが。

    娘(小1):昨年5月より柔道を始めました。
    息子(年中):娘を見ていて11月から柔道を始めました。

    娘の場合、自分からやりたいと言い出しました。

    今のところ、二人とも柔道が好きみたいですね。
    私が経験者と言うのもあるのですが、結果を一切求めていません。
    試合も、勝てばうれしいですよ、もちろん。
    でも、勝てとか、勝たなきゃだめ!とかは言いません。

    まだ、その時期ではないから。

    結果だけを求めてしまうと、伸び悩んだ時点で挫折してしまうから。
    いまは、プロセスを評価してあげています。

    ユーザーID:2358322590

  • 下の子の世界

    まず、水泳に関しては泳げるべきだと考えているので、一定のレベルをクリアされるまで続けられたほうがいいと思います。

    私は姉と2人姉妹。そして姪が中1と小5です。
    下の子は幼児の頃からお姉ちゃんの真似ばかり。何のお稽古をしたいと聞いても、お姉ちゃんと同じもの。
    上の子のお稽古に下の子を付き合わせているのが一般的なので、視野が狭い子供の答えとしては普通だと思います。
    姉は自分の経験もあり、それを嫌がって、あえて違うものを体験レッスンさせ、選ばせていました。
    妹にすれば姉がやってるものは出来ないし、親は送り迎えが倍になりますが。。
    今は一人は体操、一人は水泳ですみ分け出来て、頑張っています。
    比較しないと言っても、お姉ちゃんは5年生で○級までいったとか、本人も周りもわかっているものです。

    そういう我家は男子年子2人。弟のほうが血の気も多く、兄にライバル心メラメラです。
    柔道の3兄弟のようになればいいですが、、兄弟セットにはしないつもりでいます。

    トピお嬢さまはお友達に会うのが楽しいなら、恵まれた良い環境だと思います。
    なので私の考えは参考までに。

    ユーザーID:6037026420

  • 本人に考えさせる

    最初はやりたくても、気が変わることはあります。
    でも「途中で投げ出す」のはいいことではないと思っているので
    はっきり嫌でなければ
    自分から「やめたい」とはなかなか言えないでしょう。

    「もうすぐ中学生だから、新しい習い事を始めるには早い方がいいし
     もし、ピアノや水泳をやめて、
     他にやってみたいものがあれば、そっちに時間を使うようにする?」
    とでも聞いて、お子さんにとって今の習い事を続ける価値があるのか
    自分で考えさせてはいかがですか?
    やめるのも自由、続けるのも自由、
    でも、続けると自分で考えたからには、きちんとやる「責任」もあるのだと。

    習い事をするにはお金も家族の協力も必要だということは
    きちんと自覚させた方がいいのでは?
    子供がやりたいことができるようになることは
    親にとってうれしいことだから
    本人ががんばるなら、できるだけ協力したい。
    だから、やるからにはがんばる。
    やる気がなくなったらやめろと、
    うちは1年生のころから言っています。

    ただ、「成果が上がらないからやめろ」は
    絶対に子供に言ってはいけない言葉だと思います。

    ユーザーID:8908147774

  • いつも子供の意志にまかせています。

    12歳の子の母です。今までに息子は、

    ピアノ−3歳から4歳まで(個人教授自宅にて)
    書道−4歳から7歳(個人教授で自宅にて)
    チェス教室−6歳から8歳
    木工教室−7歳から9歳
    囲碁教室−9歳から10歳
    ドイツ語−10歳から12歳(個人教授)


    ピアノと書道以外は、自分で始めたいと希望して、本人がやめたいと意志表示するとやめさせました。

    ユーザーID:2066313243

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧