亡き妻のことを思うと...

レス43
(トピ主1
お気に入り136

男性から発信するトピ

泣く夫

昨年10月に、19年間連れ添ってきてくれた妻が、病気のため、45歳という若さで他界しました。
お葬式、香典返し、四十九日まではあっという間に過ぎましたが、気が紛れるようなことがある間は良かったのです。最近になって頻繁に妻のことが思い出されて、その都度、涙を流してしまいます。
最期になって、体が痛い、痛いといっていた妻の様子が、脳裏から離れません。なぜもっと早く医者に見てもらうよう強く言わなかったのか。何の根拠もなく、大丈夫だろうと思っていた自分は愚かでした。
妻が元気だった頃のことを思い出しても、なぜもっと優しい言葉をかけてやらなかったのかとか、つまらない意地を張ってばかりだったとか、もっと素直に感謝の言葉を口に出せば良かったとか、後悔してばかりです。
残された三人の子どもたち(小中高)のことを思うと、自分がしっかりしなければと思うのですが、ともすれば負けそうになる自分に嫌気がさします。
失ってしまったものの大きさを、失って初めて気がつきました。

ユーザーID:2675905191

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数43

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 活。

    ・何の根拠もなく、大丈夫だろうと思っていた
    ・優しい言葉をかけてやらなかった
    ・つまらない意地を張ってばかりだった
    ・感謝の言葉を口に出さなかった

    奥様にとって、貴方は
    上記のような夫だったわけで、
    後悔したって何も変らない。

    貴方が今するべきは、
    お子様達の母役も立派に務め上げる事。

    我が父は 母を粗略に扱っていた癖に
    母が事故で死んだ途端にめそめそと
    後悔を口にしたり酒を飲んで泣いたり
    思い出をたどる傷心旅行に出ました。
    その姿を見て私達姉弟は父の事を
    全く唾棄すべき男だと思っていました。

    生きている時にしなければならない事をしなかったのは恥ずべき事実として甘んじて受け、
    今後の生き方を「後から泣いて後悔」せずに済むようにすべきでしょう。

    ユーザーID:3646744956

  • 亡き妻のことを思うと

    泣く夫さんへ

    メール読みました。あなたの気持ちは痛い過ぎる位解ります。
    自分も7年前、54歳の時、33年連れ添った連れ合いに先過きだたれましいました。当時はあなたと同じ気持ちです。何を見ても、聞いても、連れ合いの事が思い出されて、自分自身を取り戻すまで、4年必要でした。今でも、毎日思い出しますが、少し気持ちが和らいできて、素直に相手に感謝が出来ます。
    本当に失って、相手の尊さがしみじみ感じられます。あの時は、もっとやさしくして、もっとそばに居てあげて、もっと話をきちんと聴いてあげて、と言った後悔ばかりです。きっと、これは生涯自分が相手のために背負って行かなければならないと思います。
    兎に角、時間が癒してくれるのを待つだけだ、と思います。辛いでしょうが、気持ちをしっかり持って元気でお過ごし下さい。自分は、New Yorkから
    メールを書いています。元気で、では。

    ユーザーID:6268186112

  • お悔やみ申し上げます

    我が母も47歳で他界致しました。大腸がんでした。

    もっと早くに病院に行けば助かったかもと悔やまれます。あまりご自分を責めないで下さい。

    私と妹は成人しておりましたし、それぞれにパートナーが居たので支えられ何とか過ごしてまいりました。ただ父は傍に誰もおらず、急に手にした母の保険金(かなりの額だったとか)で混乱したのか投資だか株だかに手をだし、すべてなくし、謝金まで作ってしまいました。これが直接の原因ではありませんが、現在5年程音信不通です。

    トピ主さんはお子さんもいらっしゃる様ですし、しっかりなさらないといけない立場でしょうから、我が父の様な馬鹿な事はなさらないとおもいます。(父のほかに同じような人が居たので)

    泣く事もいいと思いますが、お子様たちと頑張って下さい。

    ユーザーID:0824044623

  • 優しい旦那さんですね

    奥様はいまもそばにいてトピさんを励ましています。
    見えないだけでそばにいるんです。
    トピさんの寿命が来たとき必ず会えます。

    その時まで頑張ってお子さんと共に生きてください。

    ユーザーID:1464531419

  • 奥さまは十分にわかっていらっしゃいますよ

    読んでいて涙が止まりません。
    誰が45歳で亡くなると思うでしょうか。
    ご自分を責めないで下さい。

    >なぜもっと優しい言葉をかけてやらなかったのかとか、つまらない意地を張ってばかりだったとか、もっと素直に感謝の言葉を口に出せば良かったとか、後悔してばかりです。

    奥さまは、いつもそばにいらっしゃいますよ。
    そのお気持ち、奥様には十分に伝わっていますよ。

    >ともすれば負けそうになる自分に嫌気がさします。

    負けたっていいじゃないですか。
    人生の伴侶を亡くしたんですよ。
    悲しい、辛い気持ちを押さえこんでいたら
    今度はトピさんがつぶれてしまいます。

    こうやって、言葉にして吐き出すことで気持は少し紛れませんか?
    誰か、奥様との思い出話とか話せる人はいませんか?
    この小町では、きっとみんなが聞いてくれると思いますよ。

    涙には気持ちを落ち着かせる作用があります。
    涙を我慢せず、泣きたい時には思いっきり泣きましょう。

    本当に良い言葉が浮かびません。
    ただただ、一日も早く笑顔が戻ってくる事をお祈りします。

    ユーザーID:8748551582

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • それでもあなたは生きている

    まず最初に、心からお悔やみ申し上げます。
    本当におつらいことでしょう。
    私も家族を亡くしたときに似た思いをしました。

    今、奥さまにしてさし上げられることは、
    おこさんたちを立派に育てあげること、
    信心されてる宗教によっての供養
    そしてご主人が充実した人生を送ること、でしょう。
    今後周囲の人への対応も変わってきたでしょう。意地を張らないようにしよう、とか。

    あの世があって奥さまが見ておられたら、喜ばれるように生きてください。

    なんとなくえらそうな書き方になってしまってごめんなさい。
    本当にトピ主さんの気持ちと自分の以前の気持ちが重なって、
    涙がでてきます。悲しいですよね。いくらその時の自分としては十分なことをしていても、後悔にキリはないんです。

    それでも私たちは生きているので、できるだけ後悔が少ないように生きましょう。

    時間はいくらか悲しみを薄める役には立ちます。

    とりとめもなく失礼しました。

    ユーザーID:6741430190

  • ご自愛ください

    奥様の早すぎる旅立ち、トピ主さんとお子さん達にとってどれほど辛い出来事だったことでしょう。お気持ちとてもよくわかります。
    私の父も、母が亡くなった際にはかなり落ち込み、立ち直るのに長い年月を要しました。
    私は一人娘でしたので、たった3人の家族が2人になってしまいました。
    父を支えなくては!と必死だったあの頃のことは今でも忘れられません。

    トピ主さん、お子さんが3人もいらっしゃるんですね。
    悲しみを共有できる人が1人でも多くいるということは本当に素晴しいことです。トピ主さんと奥様が築き上げてきた、大切な存在ですね。
    どうぞ、お子さん達に支えになってもらってください。
    子供達なりに、今後どうしていくべきかはちゃんと考えています。

    そして、決して無理をしすぎないでください。泣きたい時は子供達の前で遠慮なく泣いてください。
    ご自分の辛いと感じる心を、「親なのだからしっかりしないと!」という気持ちで押さえつけようとするのだけはやめてください。そういう無理を子供は望んでいません。

    いつか、この悲しみを受け入れられる日がきます。どうかご自愛くださいね。

    ユーザーID:1997317958

  • 辛い思いをされている、泣く夫さんへ

    はじめまして。

    奥様をなくされて、さぞかしお辛いことと思います。

    実は私の夫も、前の奥さんとは死別しています。
    奥さんは妊娠していました。
    その辛さから、何もできず荒れ果てて仕事も1か月できなかったそうです。

    でも、自分が元気でいることこそ亡くなった奥さんの供養になると
    思えるようになったそうです。
    色んな人に励まされ、もがき苦しんだそうですが、
    前向きになれたきっかけのひとつに、
    飯田史彦さんの著書「生きがいの創造(決定版)」を読んだことがあるそうです。

    主人がこの本を読んだことがある、ということを知らずに
    私も実は読んだことがあって、
    私も最近ある悩みを抱えていたのですがが
    少し気持ちがラクになったのです。

    二人とも時期は違えど、同じ本に心を軽くしてもらいました。
    宗教とかの本では決してありません。
    少しでも、泣く夫さんの支えになれば…と思いコメントさせていただきました。
    ご自分の気持ちの持って行きようが見えてくると思います。

    どうか、あまり自分をせめられませんよう。

    ユーザーID:5321402507

  • 心中お察しいたします

    Echamoと申します。
    仰るとおりこれまでは、何かと用に追われ気が紛れていらっしゃったのでしょう。そして一段落ついた今、これまで抱えてきた様々な想いがあふれ出し、さぞかしおつらい思いをなされているとお察しいたします。 

    過去の想いに挽かれて立ち止まってしまう、涙してしまう、そんな御自分に嫌気がさしていらっしゃるとのことですが、今は、奥様との楽しかった思い出、闘病生活、後悔、その想いの一つ一つを涙で丁寧に洗う大切な時期であり、その作業を通じて少しづつトピ主さんの心を温める奥様の姿がよみがえっていらっしゃることと思います。

    今、トピ主さんが三人のお子様にして差し上げられるのはたった一つ、涙しているそのお姿を見せてあげてください。 一緒に奥様に対する思いを共有する時間を作ってあげてください。”お父さんは、私たちはこんなにお母さんを愛している”という想いを確認することが、今後のお子様方の成長において、何よりの支えになると存じます。

    “失ったものの大きさ”に気づかれたトピ主さんは、その痛みを癒す道を確実に歩んでいらっしゃいますよ。 ゆっくり進んでいってくださいね。

    ユーザーID:4241100820

  • その気持ちが・・・

    奥様が他界されて、随分悲しい日々を送られているのでしょうね・・・
    ただ、その気持ちは奥様に届いているはずです。

    人間誰もが、日々の暮らしの中で目の前の幸せに、気づかずにいつも不平不満ばかり言っているものです。
    だけど主さんみたいに、失ってみて、改めてその存在、ありがたさに気づく。
    だから、これから残されたお子様は、奥様からの宝ものです。
    どうか、お子様と今まで以上に幸せになってください。

    人生は短いようで長いもです。
    しかも一回きりです。
    泣いてばかりの人生よりも、笑って過ごす人生を、奥様も天国から望んでいられると思いますよ。。。
    大丈夫です。いつも奥様が見守ってくれてます。

    これからが主さんの第二の人生と考えて、奥様を敬い続けていき、
    そして、後悔ばかりせず、その気持ちを大切に、どうか幸せに過ごして下さい。
    愛をもって・・・・・

    ユーザーID:4253117120

  • とぴ主さんつらいですよね。

    でも、奥さんも愛する家族に思いきり尽くせなかった思いを
    残して逝ったのではないでしょうか。

    逝くほうも残される方も互いに満足する人生って、よほど
    常日頃から命とか人生とか、と考えていないとできるものではないのかもしれません。

    とぴぬしさんには奥さんが残しただいじな子どもたちがいるんですよね。
    それこそ、こどもたちと心からの愛情交換をしながら後悔しないように生活して、そしていずれ奥さんのところにいったときに奥さんから私の分までありがとうと言って褒めてもらえるように、、月並みな言い方しかできませんが、奥さんの分まで頑張って、、

    ユーザーID:7625893490

  • 泣く夫様へ

    はじめまして。

    私は7年前、母(当時50代前半)を癌で亡くしました。
    末期になるまで病院に行かなかった母を、当時中学生だった私と高校生だった姉は、どれだけ責めたことか…。
    とにかく、辛い日々は続きました。

    そして、それまで仕事に熱中しあまり家に帰ってこなかった父が、
    逆に家にこもり過度の飲酒でさみしさを紛らわすようになってしまい、
    徐々に家庭内の居心地が悪くなってきました。

    現在、姉は仕事などで家を離れがちだし、私は海外の大学に進学をしたので、
    家族がバラバラであるという感じがします。
    父は入退院を何度か繰り返し、最近たい退職しました。

    父の行動を非難したくはありませんが、
    私としては泣く夫様にはどうか強くあっていただきたいと思います。
    奥様の亡き後、お子様の支えになれるのは泣く夫様であるのですから、
    負けそうになるなどおっしゃらないでください。

    今は信じられないかもしれませんが、いつかは絶望から救われる時がやってきます。

    どうか、一番辛い時期である今を、父親として、そして夫として力強く乗り越えてください。

    ユーザーID:2397079087

  • 奥様に心は届いている

    誰が45歳で妻を亡くすと思うでしょうか!

    毎日生活の中で、いつもいつも優しい言葉をかけ続ける日本男子など、そうはいません。
    ご自分を責めないで下さいね。

    奥様の忘れ形見である3人のお子さんに恵まれたことを感謝なさって、4人一緒に、仲良く元気に生活していくことが、奥様の心残りを取り去ることになることでしょう。

    4人で仲良く、毎日助け合って元気に笑って暮らす・・・。

    それだけを目指して下さい。
    お子様のためにも、それを目指して・・。

    ユーザーID:2644863662

  • ご自分を責めないで下さい

    トピ主さん、お辛いですね。
    様々な時を思い出されていっらしゃるんですね。
    奥様は悲しい想いだけで、旅立たれたのでしょうか?
    いいえ…
    トピ主さんに出会い、結婚なさり、
    3人のお子様に恵まれて、
    幸せな日常を過ごされていたのではないですか?
    姿は見えないかもしれないけれど、
    奥様との絆は永遠です。
    悲しかったり、辛い時は感情を抑えることなく、
    解放することも必要です。
    どうぞ、ご自愛下さいませ。

    ユーザーID:1699030175

  • それが運命です。

    悲しいときは、泣きましょうね。
    30代の私が言うのも、どうかと思いますが…私も夫を2年前に亡くしました。母も高校生の時に亡くしました。両方の立場から…

    どんなに、亡くなる前に奥様の為にいろいろされてても、後悔はするのだと思います。満足なんて出来ないのでは?もっと優しくしてあげればよかった…もっともっと…きっと尽きることはないのではないでしょうか。

    私もですが、お子様の事は亡くなった奥様に恥ずかしくないよう、育てていってくださいね。

    悲しみが無くなる事は、まだありませんが、それでも少しずつ時間が悲しみを癒してくれます。

    ユーザーID:2224849707

  • 手紙

    昨年、大好きな父を亡くしました。(二人暮らしでした)
    やはり痛がっていた姿や苦しんでいた事を思い出すと本当に辛いです。
    私はどうしようもない気持ちになった時、父に手紙を書きます。
    そうすると少し気分が落ち着きますよ。
    また、帰宅したら必ず仏壇にろうそくを灯し手を合わせる事にしました。(以前は手を合わせるだけでした)
    特別宗教心はありませんが、やはり父に近づけるような気がします。

    ユーザーID:1017545569

  • 強く

    私が知っている人なのですが、自分だけが可哀想だと思っている人がいます。
    お酒に走り、悪酔いし家族に八つ当たりする。
    家族の嫌われものです。
    子どももお母さんを亡くして哀しいのですよ。
    どうかその事を忘れないで前向きに生きて下さい。

    愛する人との別れはいずれ来ます。
    その時に後悔しないように夫を心から大事にして仲良くしたいと常日頃から思っています。

    時間が哀しみを少しは和らげてくれます。
    お元気になられたら又ここに来て下さいね。

    ユーザーID:0005034768

  • スピリチュアルな本

    スピリチュアル的な本をお読みになることをお勧めします。

    あの世に行かれた奥様が今何を想っているかがわかってくると思います。
    ご主人が悲しんでばかりでは先立たれた奥様も行くところにいけず、心配が絶えない状態かもしれません。
    奥様のことを思い出して涙することはむしろ自然なことでしょう。でも、これからも生きていかなくてはならない人はいつまでも引きずっていると先立たれた人に心配をかけることになるのだそうです。
    奥様にはたくさん感謝の気持ちを伝えて(心の中で)ください。
    生きている人も、あの世に先立った人も、みんなが穏かな気持ちでありたいですものね。

    まずはその手の本を手にとってみては??

    ユーザーID:2552892552

  • 冷たい言い方ですが

    あなたがどんなに後悔されても、何をしても奥様は帰ってきません。
    奥様は亡くなる前に、きっとお子さんの将来を案じていたはずです。
    だからあなたが、やることはただ一つでしょう。
    本当に後悔しているならば、奥様が気がかりだったことをきちんと
    成し遂げて差し上げることが、最も故人の供養になると思われませんか。

    ユーザーID:7528757863

  • 私も夫を亡くしました

    私も、おととしの9月に夫を亡くしました。夫は46歳でした。
    前日まで元気で、当日に脳出血で倒れ、意識不明のまま1日半の急死に私はあまりのショックで、うつ病になりました。何の気力も湧かず、ほぼ8ヶ月間は、寝たきりの状態でした。私が元気をとりもどしたきっかけは、仕事の女性の先輩からの1本の電話でした。先輩は、引きこもっている私を引き出してあげると、本当に親身になって話を聴いてくれました。きっとこの頃が、私の落ち込みの底だったのだと思います。

    私は仕事を再開し、元気をとりもどして行きました。
    主人は目の前にはいないけれど、必ず見守ってくれている。天国の主人の分まで、私が毎日を大切に、娘と一生懸命に生きようと思うようになりました。私が気力を回復したのは、今思えば、月日が癒してくれたのと、多くの人の優しさ、支えを感じたことでした。トピ主さん、無理に元気になろうと思わないでいいんですよ。泣きたい時は泣いてもいいんです。これからの月日が、ゆっくりと心を癒してくれます。大切な奥様は天国で必ず見守ってくださってます!トピ主さんの幸せを心から祈っています!

    ユーザーID:6014145556

  • 男ありき

    トピを読んで、随分古いですが「男ありき」という映画を思い出しました。

    苦労を掛けてねぎらうことも無かった妻に先立たれて、夫役の志村孝がびっくりするほど憔悴して妻の墓の前で泣くのです。
    その時に確か亡き妻に向けて「子供たちのことは心配しなくて良い」て言ったんじゃないかな。

    泣く夫さんもそういう気持ちなんじゃないですか。
    これから子供達と幸せになるように頑張ってください。

    それと、子供と伴侶では感じるものが違います。

    この方が奥さんに対して如何だったかなんて私達は解らないことですから、責めるようなレスはお止めになったほうが良いですよ。

    ユーザーID:7505651999

  • お悔やみ申し上げます

    父が亡くなった際、兄妹で唯一の男だった兄が涙を我慢していたことを思い出してしまいました。まして、泣く夫さんは父親ですし、頑張らねば!と気が張りすぎているのではないでしょうか。一人で頑張る必要はないですよ。ご家族のみなさんで頑張ってくださいね。
    どなたかが書かれていましたが、私も時間が解決するものだと思います。我が家も3年経過して気分が落ち着いたような気がします。今はアレもコレもしてあげたかった、なんで…と色々自分を責めてしまいますよね。泣きたければ泣けば良いし、奥さんの事を思い出したい時はご家族で話せば良いと思います。

    ユーザーID:4566422360

  • お察しします

    私はちょうど一年前に父を亡くしました。
    数日前から具合が悪そうだったのを知りながら、
    仕事の忙しさにかこつけて「来週、病院へ連れて行くから」と待たせているうちに自宅で倒れ、そのまま…

    私もトピ主様と同じように自分を責めて責めて、
    四十九日のあと、父を送ってくださったご住職に想いを打ち明けたところ
    次のようなお言葉をいただきました。

    亡くなった方にしてあげたかったことがおありなら、
    それを、いま生きている方にして差し上げてください…と。

    トピ主様、どうかお子様たちをうんと可愛がってあげて下さい。
    私も遺された母を大事にします。
    それが何よりの供養になると思うから。

    ユーザーID:2093374684

  • グリーフケア

    グリーフケアで検索してみて下さい。
    たくさんの書籍も出ていますし、トピ主さんの助けになる体験談も数多くあります。
    身近な人を失った悲しみは半身をもがれんばかりの苦しみです。
    トピ主さんの後悔の念は、言ってみれば正常な反応です。
    喪失後は、後悔や置いて行かれたという怒りも経験します。
    トピ主さんが打ち明けた後悔の念を、あなたは悪い夫だったなどと受け取っているレスがありましたが、決してそうではありません。
    皆が体験する、喪失の過程です。
    これから数年間は必要かと思います。でも、必ず日が指す日がやってきます。

    どうかそれまでお子様と、生きて下さい。
    奥様の話をタブーにせず時に泣いたり、笑ったりしながら生活して下さい。

    ユーザーID:1536039655

  • ご自愛ください

    トピを拝読してもらい泣きしました。心からお悔やみ申し上げます。
    私も3年前母をなくして、トピ主様と同じように5か月ほどしてから悲しみが深くなり、毎日夕暮れになると泣いていました。
    看病中もっと優しく接すれば良かったと後悔していました。
    トピ主様はきっと奥様に優しかったと思います。奥様にも伝わっていたと思います。それでもどんなに頑張っても、もっとこうすれば良かったと、誰でも思ってしまうんじゃないでしょうか。
    アロマオイルを買いに行った店で、フラワーエッセンスというのを見つけました。花の写真を何十枚と見せてくれて、選んだ中からアドバイスしてもらって買ったのが「スターオブベツレヘム」でした。大きなショックを受けている時に飲むと良い花だそうです。
    母を思い出して涙が出てくるときに、水に数滴落して飲みました。すると気持ちが落ち着きました。一か月位すると発作みたいに泣くのはなくなりました。トピ主様もニールズヤードやカリス成城のようなアロマオイルの店に行ってみてはいかがでしょうか。
    どうか自分を許してあげてください。

    ユーザーID:1484725638

  • 【最後まで強くあれ】さんのコメント

    さすがにトップバッターだけに素晴らしいコメントです。これほどまでにご立派なコメントは今までに拝見したことがありません。どうでしょう、その調子で本を書かれたら。そして新しい宗教を起こされては。

    私はそれほど立派な人間でないので現実的なアドバイスを。トピック主さんの後悔の念はよく理解できます。みんな愚かな人間なんです。奥様に感謝し、今は後悔しているのであれば奥様が一番して欲しいことを考えられては。

    亡くされたことの辛さから立ち直り、子供3人の成長を精一杯頑張ることが奥様への最大の孝行ではないでしょうか。これからの方が大変な人生のように思います。大きな問題が目の前にあるのでなく、罪滅ぼしのために大きな【チャレンジ】に立ち向かう。

    苦しいときに【問題】ととらえると苦しすぎて前に進めなくなります。それを【チャレンジ】ととらえるとファイトが出てきます。これはアメリカの著名な心理学者の説です。それが働くはの私が証人です。頑張って下さい。

    ユーザーID:1580129478

  • ありがとうございます

    「泣く夫」です。
    たくさんの励ましのお言葉を頂戴して、本当にうれしく思います。
    闘病していた時に妻が書き遺してくれた手紙にあった「私は絶対に病気には負けない。私の三人の宝もののためにも」との言葉を、改めてかみしめています。子どもたちを育て上げることを、妻に約束したのですから。

    今の生活は、朝5時半起床、洗濯機を回して、朝食と3人分の弁当を用意。洗濯物を干してから(最近は晴れが多いので助かってます)七時に出勤。残業がほとんどできない分、朝1時間早く出社して仕事をします。帰りはスーパーで食材を買って、帰宅後すぐに夕食を準備。洗い物をして、子どもたちの勉強を見てから、妻の写真の前に座って一日の報告をします。この時なんです、涙が止まらなくなるのは。
    でも、こんな父親をいろいろと助けてくれて、母親を亡くした寂しさにも負けずに毎日学校に行く三人の子どもたちを見ていると、彼らに負けないように頑張ろうと思うのです。

    ユーザーID:2675905191

  • 応援しています。

    長年、傍らにいた人がいなくなる・・・
    これ以上の悲しみは無いですよね。
    寂しくて寂しくてたまらないものです。

    今は、自分に優しくしてあげて下さい。
    そして、できるだけ優しい人と一緒にいてあげて下さい。

    十分な癒しなんて、とてつもない時間がかかるものです。
    大事な人を亡くすのは、そのくらいの悲しみです。

    そしてあまりにも自分を責めると、
    空の上で何もしてあげれない奥様が苦しみます。
    それより、安心させてあげましょうよ。

    ゆっくりゆっくり癒していきましょう。
    そのうちまた必ず笑える日がくるはずです。
    そしたらまた一つずつ、先の事考えましょう。

    ユーザーID:4891794325

  • 奥様は感謝していらっしゃる。

    泣く夫様
    奥様は、懸命に、お子様達を守り、育てていらっしゃる
    トピ主さんに、感謝していらっしゃいますよ。
    トピ主さんとお子様達の日々が穏やかであります様に

    ユーザーID:1699030175

  • 私がした事

    親不孝な私が、父を亡くした時にしたことですが、良かったら試して下さい。
    生きている時に言えなかった感謝の言葉、謝罪、素直に手紙に書いて、父の亡影の写真の裏側に入れてあります。

    私の思いが、伝わった気がします。

    ユーザーID:2819241066

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧