主人の酒量について

レス17
(トピ主6
お気に入り15

恋愛・結婚・離婚

ホリー

はじめまして。
主人40代半ば、私30代後半、結婚5年目です。

タイトル通り、主人の酒量について悩んでいる毎日です。
・毎晩、焼酎2合(水8:焼酎2)、日曜は昼にも同量飲んでいます。
・4年前からうつ病を発症し、抗うつ剤など服用。
・尿酸値を下げる薬も服用。(こちらも4年ほど前から)
・健康診断では、肝機能の数値は毎回悪いです。(まだ治療の必要はない状態です)
精神科及び、内科の先生からは、いきなり”禁酒”はストレスが溜まるので、なるべく週に1〜2日休肝日を設けた方が良いでしょうと、言われています。
主人も『来週から少しずつ休肝日を設ける』とは、言っているのですが。中々。。。

最近、主人の体調が(うつ病)安定してきたので、2年半前に中断した不妊治療を再会し始めたばかりなのですが、相変わらず酒量・休肝日を改める気配がありません。
このことで、最近喧嘩というか、私がイライラしてしまい主人を責めたりして、悪循環です。
二人とも子供は欲しいです。(特に主人はとても欲しがっています)
先日は、休肝日を設けないなら、『不妊治療は辞めると』言ってしまい、主人を落ち込ませてしまいました。。。
こういう場合、私はあまり責め立てたりせず、気長に見守っている方が良いのでしょうか?

男性の方のご意見も是非いただきたいです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:5325364822

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つらいですね。

    抗鬱薬内服している状態での飲酒は危険です。

    高尿酸血症甘く見てはいけません。痛風発作はひどい人は入院する程です。
    今の状況ではアルコール性肝炎→肝硬変→肝癌という最悪パターンに陥る危険性が非常に高いといえます。肝硬変になった肝臓は元の正常な肝組織には戻りません。

    ご主人の健康の心配は勿論ですが、40代健康状態に不安のあるご主人とお子さんを設けることを考えると不安ですね。ただでさえつらいことも多い不妊治療、主さんだってイライラします。
    ご主人も解ってないわけではないのでしょうがお酒はやめられない。

    お話を聞く限りではアルコール依存症の気配が。ご主人にも色々ストレスがあるのかも。仕事・家庭・不妊治療、そして自信の鬱という病気のこと。

    精神科に通院されているのならそちらの医師に相談されてはいかがでしょうか。ご主人と一緒に相談できるならそれが一番でしょうが、それが難しい状況なら奥様だけでもアポイントとって相談することも出来ると思います。鬱患者はただでさえ対応が難しい。専門家の手と知恵を借りてみてはいかがですか。このままでは主さんのココロまでまいってしまいますよ。

    ユーザーID:3984457260

  • 適量?では

    毎日焼酎2合(焼酎2:水8)は心配するほどの酒量ではないと思います。こんなことを言うと逆効果かもしれませんが、勿論人によって適量の差はあると思いますが、多すぎる量ではないような気がします。休肝日は有るに越したことはありませんが、肝臓の数値はお酒の影響だけでは無いことがあります。私は60代前半ですが、毎晩ビール1本(500ml缶)とウーロンハイ(焼酎5:ウーロン茶5)を4〜5杯、〆に赤ワインをウイスキーのストレートグラス(小)で5〜6杯やっています。ただし、アルコールの分解を助ける薬を一緒に飲みますが(邪道かな?)。いずれにしてもあまり気にする量ではないと思います。ごめんなさい、レスになってなくて。

    ユーザーID:1774851518

  • 依存症は量ではない。

    あなたも旦那さんも
    飲む量がこれくらいなんだから、すぐに禁酒できるはず
    と思ってますよね?
    依存症は自分の意思でお酒を飲まない日を作れない状態のことをいいます。
    とにかく理由をつけたがりますよ。
    寒くて眠れなかった、仕事でストレスがたまった、夜寝付けなかった
    などなど。
    休肝日を取れと医師に言われて、あなたにも言われながら
    実行できていないところから、依存症の確率が高いと思います。

    アルコール依存も同じ精神科ではありますので
    うまいこというと、病院を変えてみましょうと受診させるのは比較的
    簡単かもしれませんよ。
    専門の病院の方が安心です。

    内科の先生も数値が悪いのに、いきなり禁酒はストレスたまるって、、
    依存症にかかったら、酒で「生きるか死ぬか」の選択になるのに。

    うちの夫もそうでした
    今通院中です。休みの日の昼間から飲まずにいられないとう状態の頃から
    おかしいなと思い始めました。
    依存症になると、もう一生一滴も飲んじゃいけなくなります。
    どっちみちやめるしかなくなるわけです。
    早死にする前に受診することをお勧めします。

    ユーザーID:4674985178

  • 続きます

    まだお子さんがいらっしゃらないとのこと。
    今の状況で、旦那さんがのらりくらりしていたら、確実に夫婦仲に
    亀裂が入ります。
    鬱でもある旦那さんをほって離婚は良心の呵責に耐えられない、と
    思ってあるのでしたらすすめませんが
    30代後半、まだ他の方と再婚しても出産はできる年齢です。
    子供だけが生きる目的だとはいいませんが、切望してらっしゃるならば
    離婚も考えられた方がいいと思いますよ。

    私はもう子供が産めない年齢になりました
    一人子どもがいますが、いるばかりに離婚に踏み切れず(これは自分のせいでもありますが)
    若いうちに離婚していたら今頃楽しい家庭が作れていたのかも?
    なんて思います。

    ユーザーID:4674985178

  • 依存主かも

    うちの夫は現在アルコール依存症で入院しています。
    一昨年に肝硬変が発覚しそれからずっとアルコールを絶っていたのですが
    堪えきれずに少しずつ飲んでいたのです。
    以前は毎日トピ主さんのご主人と同じ位飲んでいましたが
    入院前の一年間は週に缶ビール〜3本くらいでした。
    そのような生活をしてきた昨年末、我慢の限界を超え
    遂に入院となりました。

    先日、アルコール依存症の家族会というものに参加したのですが
    ソーシャルワーカーさんがこうおっしゃっていました。

    ●アルコール依存症は自覚のない病気なので体が悪化してから病院(内科や外科等)を巡り、
     最後にやっと精神科を受診する人が多い。
     精神科以外の病院ではアルコール依存症の診断は出ない

    ●依存症患者は飲む事を絶対に肯定する方向に持っていく(否認の病と言います)

    ●やめたくてもやめられないのは依存症

    依存症患者はアルコールが体に悪いのをわかっていても飲む事を止められません。
    うちの主人がまさにそうでした。
    トピ主さんのご主人もそんな感じがします。
    アルコール依存症外来の受診をお勧めいたします。

    ユーザーID:5775508142

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • risarisaさんに同意です

    ご主人は依存症の域に入っていると思います。
    私の元夫がそうでした。
    毎晩飲むが蒸留酒ではなくビールだから大丈夫、と本人が言っていました。
    しかし酔いつぶれるまで毎晩飲む。
    休肝日と言って最初のうちは週1〜2日あけていましたが
    それもそのうちなくなり、休日は昼間から飲酒。
    やがて仕事に差し支えるようになり、職場にも依存症がバレて異動に。
    まあその辺で見限って離婚したのでその後は知りませんが。

    本人の強い意志と自覚が無ければ、お酒をきっぱりやめる事は難しいと思います。
    周りにいくら言われても「自分は依存症では無い」と思っている以上どうしようもありません。
    でも、実際肝臓の数値が悪いんですよね?
    禁酒がストレスになるとか休肝日がどうのと四の五の言ってる場合では無いと思います。
    この際、内科の先生に協力して頂いて、うんと脅かしてもらったらいかがでしょう。
    命に関わるとなれば目が覚めるかも知れません。
    本当は専門の病院が一番ですが、いきなりでは敷居が高いかも知れませんので。

    ユーザーID:7869284352

  • 主です1/2

    沢山の、色々なご意見・アドバイスありがとうございます。
    はぁ…。やはり、思っていた通りのご意見でした。。。

    実は、私自身も自他共に認める酒豪です。
    主人と違うところは、飲まない日があっても大丈夫です。

    知り合った頃は、今以上に飲みまくってましたので、昔を思えば酒量は大分減ったのですが。
    今まで何度も同じ事を主人にアドバイスしてきましたが、本人に自覚が無いかぎり中々難しい問題です。
    主人の体のことも心配なのですが、約束を一向に守ってくれないだらしない主人に対する私のストレスだけなのかもしれません。
    『俺の趣味は、お酒と読書』だそうです。

    一昨年ちょっとした行事の為、痛風発作を怖がり一週間程禁酒したことがあるので、やればできるじゃん!!と関心していたこともあったのですが。
    与太郎さんの様に『適量では?』と、言う友人もいたり、『数値が悪いんだし、1日も禁酒できないのは依存症だ』と言う友人もいます。

    続きます。

    ユーザーID:5325364822

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 主です2/2

    性格的に、とてもメンタルの弱い主人です。
    甘いと言われるかもしれませんが、今は、うつ病の治療・回復が優先ですし、不妊治療という新たなプレッシャーが加わったので、これ以上のストレスは逆効果だと思い、アルコール依存症に関しての受診は考えていません。

    あまりこのことばかり考えてしまうと、私のメンタルまでも崩れそうです。
    もし、取り返しのない病気になってしまったら、その時に考えようと思います。
    反面、力不足で主人を見限れない自分を情けなります。
    1日も早く、目を覚まして欲しいと神様に祈ります。

    ユーザーID:5325364822

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • ご自分から変わる

    もし旦那さんへ禁酒をお願いするなら、トピ主さんもご一緒に禁酒しましょう。
    私はいいけど、あなたはダメって、なかなか納得できないと思いますよ。

    お酒に弱い人よりも強い人の方が、アルコール依存症になりやすいそうです。
    自分は強いという変な自負があるのでしょう。
    旦那様のことを仰る前に、ご自分から変わられてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:7810082608

  • 鬱病とアルコール依存症

    アルコール依存症と鬱はよく併発するみたいですね。私の夫の場合は、アルコールが鬱を引き起こしていたみたいで、アルコールを断ったら、鬱は無くなりました。

    逆に、人によっては、鬱が原因でアルコールを手放せなくなり、依存症になる場合もあるみたいですが。

    鬱病の治療回復が優先と言われていますが、飲んだら、鬱症状も悪くなるかと思うのですが。とぴ主さんだけでも、依存症の専門医師にご相談ください。

    休肝日を設けないならというような、依存症患者に条件をつけることはよくないかと思います。結局、家族は見守るしかできませんし。

    まず、本人が自覚することからはじまり、本心からやめたいと思わない限り、断酒は長続きしません。

    年齢的なこともあり、お子さんがほしいのはわかりますが、その前に、アラノンに行かれたり、関連の本を読んでみてください。

    最悪の場合、アルコール依存症が進行すると、出産、育児など全部とぴ主さんの肩にかかるだけでなく、病人を抱えて、一家の大黒柱として家計を支えていかなければならなくなると思います。

    アルコール依存症は一気に進行する時がありますよ。

    ユーザーID:3094495679

  • 主です

    ともさま 書き込みありがとうございました。

    主人に対しても、禁酒を強制してはいません。
    これからも健康にお酒を飲みたいのであれば、適量を守りつつ休肝日を設けて欲しいと言うのが、私の願いです。
    ”私自身酒豪”と書きましたが、飲み会などでははめを外す程飲みまくりますが、日常はワイン1〜2杯程度です。
    もちろん、肝機能はいつも正常値です。
    お手本になるように休肝日を作ったりしているので、参考にして欲しいのですが、中々。。。
    のんきな言い訳かもしれませんが、決して禁酒を強制しているわけではなく
    ”休肝日”を設けて欲しいのです。
    精神科・かかりつけの先生にも、アルコール依存症の相談なども何度か相談してきましたが、今の状態では、禁酒と言うほどではなさそうなのです。
    反対に、全く飲まなってしまうとストレスになってしまうので、まずは週に1日、2日と少しずつがいいです、と言われました。

    私が、禁酒すれば主人も気持を改めてくれるのでしょうか。。

    ユーザーID:5325364822

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • トピ主です

    アルコール依存症の妻さま ありがとうございました。
    ご主人はどのような方法で断酒に成功したのですか?やはりご自身の強い意志でしょうか。

    主人の場合は、職場のストレスからくる鬱(適応障害とも言われました)です。
    そして、ストレスを発散する為にお酒を飲んでいるようです。
    先日、精神科の先生にアルコール依存症の相談をしたそうです。
    私も何度か相談しました。
    前のレスにも書きましたが、早急に禁酒する状況ではなさそうなのです。。
    私もお酒が好きですし、主人と一緒に晩酌をしながらの食事も続けていきたいです。
    悠長な事を言っていると思われるかもしれませんが、休肝日は設けて欲しいというのが私の願いです。
    反面、やっぱり”アルコール依存症”なのかな、とショックです。

    関連の本も、探して今後の参考にしてみます。
    ”禁酒”と宣告される前に、1日も早く自覚して欲しいと願うばかりです。

    ユーザーID:5325364822

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 危険だと思います

    アルコールとうつの薬の併用はかなり危険だと思います。
    アルコールも薬物です。
    バルビタール型の薬物に分類されています。
    うつの薬とアルコールを一緒に摂取すると効果が増幅される場合が
    多いと聞いています。
    薬剤師さんに聞いてみた方がいいと思います。
    お互いに効果を増幅させるので、処方薬依存にもアルコール依存にも
    なった人を知っています。
    気をつけてください。

    ユーザーID:3998878914

  • あれ?

    抗うつ薬投与時のアルコール摂取はダメだったと思いますが、精神科の先生は何も言わないのでしょうか?
    ストレスを与えないため、たまにグラス1杯程度のワインやビールは飲んでもいいよ、とおっしゃる先生はいますが、トピ文のような摂取量は反対されると思うのですが。

    酒豪だから大丈夫だと思っていませんか?
    アルコール依存症って本人の自覚がないものです。
    肝臓が取り返しのつかないことになって入院して治療を始める人が多いみたいですが、早期治療にこしたことはないです。
    依存症になった人を断酒させるのはとても大変です。しろうとじゃ正直難しいかと。アルコール依存症の専門病院を受診することはできませんか?

    時には医師を変えることが必要なこともあります。

    ユーザーID:1666694107

  • 主です

    ねねさま 赤とんぼさま 書き込みありがとうございました。

    皆さまの仰るとおりだと充分理解しております。

    精神科の先生には、私も何度かお酒の相談をしてきましたが
    アルコールを飲みながらの服用でなければ適量は大丈夫だと言われました。
    本来なら、アルコールはだめと、言われるところでしょうが
    主人の飲酒を知っている上での先生の判断だと思っています。
    もちろん今の主人の酒量は適量には該当しませんが。

    アルコール依存症の専門医の受診は今のところ考えておりません。
    精神科、不妊治療に加わり、新たに専門医を受診させるのは、本人に負担になるのではないかと思っています。
    これ以上ストレスが加わると、酒量も増し、落ち込み、鬱が悪化するような気がします。
    ただでさえ、疲れやすい&落ち込みやすい主人ですので。。。

    難しい問題です。

    まずは、休肝日を設けてくれるように良い方法があったらいいんですが…

    ユーザーID:5325364822

  • トピ主のコメント(6件)全て見る
  • 簡単な話です

    愛していますか?
    ご主人がどうしてそうなのか本気で考えたことありますか?
    お酒を飲むのはストレスに対する適応行動じゃないですか?
    「ああ、あなたお仕事では我を抑えて、ここでささやかなうっぷん晴らししているのね、ご立派ね。」って普通云いませんか?愛しているなら。
     愛していないなら、ご主人かあなたのどちらかが大したことなかったんですよ。最初から。
     そのうえで、DNAを残すのかどうかを判断され、そうするなら骨の髄まで愛し抜くか、そうでないなら心配などしないか、そのどちらかが良いです。

    ユーザーID:4379088361

  • 主です

    その節は、色々なアドバイスありがとうございました。
    こちらに相談させて頂いてから、10ヶ月。
    久しぶりに自分が投稿した内容を振り返ってみようと思いこちらに参りました。

    その後ですが、主人と一緒に不妊外来を受診し、3ヶ月後に妊娠しました。
    治療を始めると、検査にも協力してくれて、週に1回の禁酒を実行してくれていたのですが
    長年の飲酒が原因だと思うのですが、体調を悪くし入院しました。
    現在はすっかり健康体になり、飲酒も大丈夫そうなのですが
    先生曰く、「恐らくアルコール依存に近い状態だったので、たまに一杯が今日は一杯、二杯と酒量が増えて
    元に戻ってしまうので今後一切飲酒しない方が良いです」と言われ、これをきっかけに一滴のお酒も口にしてません。

    現在は三度の食事もきちんと摂り、時間があるときはジョギング・ウォーキングを実行してます。
    そんな主人の姿を見て、出産に向けて穏やかな生活を過ごしています。
    ※お酒を断った替わりに食欲(甘い物)が増し、少々太り気味が新たな悩みですが…

    saitama様
    とても考えさせられる文章でした。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:5325364822

  • トピ主のコメント(6件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧