海外駐在中の貯金

レス25
(トピ主1
お気に入り91

生活・身近な話題

salseros

こんにちは。アジアの某国に駐在中のものです。
よく駐在から帰ったら高級マンションを買った!とか駐在中は貯め時と聞きますが、我が家はなかなか貯まりません。

理由は、子供がインターナショナルスクールに通っている(日本人学校があるため日本人学校の費用しか会社からいただけません。でもせっかくの機会なのでという思いが大きいです)、メイドを雇っている(夫の出張が多くセキュリティなどのためにも雇っています)などの理由のほか、気づけば贅沢な生活を楽しんでしまっています。

外食も多いですし、休みとなれば海外旅行など、、、。あと野菜もこだわってオーガニックを買ったりしていますし。

過去のトピを見ると年間500万!などとありますが、我が家は250万〜300万の貯金というところでしょうか、、、なんだか日本にいるときとあまり変わりません。

海外にいる間は散財する派!ときっちり貯める派!がいると思いますが、皆さんいくらくらい貯蓄されているのでしょうか?隣の財布が気になります。。。

ユーザーID:1652943864

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 我が家は

    我が家は、駐在って本当にお金が貯まるんだ、と驚いているパターンです。

    子供がいないのでお金が掛からないのが大きいです。(そろそろ欲しいと思っていますが)また私も日本で働いていた会社の系列会社で、日本の給料で働かせてもらっているので、生活は全て私の給料で賄っています。とは言っても、住宅、光熱費などに加えて、メイドさんも会社の福利厚生の一環なので生活費がほとんど掛かりません。

    ですので年に2回海外旅行に行って(去年はデンマークと韓国に行きました。+日本に2回帰国)、週に3,4回外食をしても、年1200万程貯まっています。

    途上国での駐在ですので、その分不便やストレスもありますが、それを差し引いてもこれだけお金が貯まるのであれば、3,4年我慢してもいいなと思っています。

    ユーザーID:0330519018

  • それは昔の話

    海外駐在になれば、役職が上がり給料アップ
    その上手当が付くのは当たり前でした。

    アジアに駐在ならば、セキュリティー付きのエリアに住んでいますよね
    メードを雇うのは、ほぼ義務と言うか
    雇っていない人を見た事がありません。

    外食も結構しましたよ!
    物価が明らかに低いので結構貯まりました。

    しかし、現在では社会情勢の変化もあり
    役職は上がってもさほど給料は上がらず
    手当もかなり減額になっています。
    昔みたいに貯蓄が出来るのは無理ではないですか?

    当時から、ヨーロッパなどの駐在の方は
    物価の恩恵をあまり受けられないため
    そんなに貯蓄はしていませんでしたよ。

    ユーザーID:7112936939

  • 我家の場合

    在米6年目です。5年で約3千万弱貯めました。

    でも、これは我家は年齢差のない子どもが3人いること。日本に帰国する頃は、高校・大学受験、或いはアメリカの大学受験など、先にかかるであろう費用を考えてのことです。

    周りは、やれ旅行だ、宝石だ〜、ブランド品のバーゲンだ〜外食だ〜と華やかですが、我家は我慢我慢です。子ども一人に付き最低1千万と考えているので、あとちょっと、、、やっと先が見えてきました。

    旅行も車やマイレージを使っての貧乏旅行・・・日本の友達には大きな家に住んで優雅に暮らしてるのでしょう〜と思われながらも、実情は日本にいたころの方が外食も旅行も多かったような気がします。

    まあ、子どもが大きくなるとなかなか一緒に旅行も喜んでは行ってくれなくなりますし、必然的に貯める派になりました。

    ユーザーID:6826207241

  • 北米大都市です

    年間500万円超のペースで貯金しています。
    子供がいませんので。
    最近ドル安ですので、何かと助かります。

    ユーザーID:9170615171

  • 北米 メーカー勤務の妻です

    1回目の赴任で北米に6年、子供が小さかったのでディケアに
    月1000ドル近く払いながら遊びほうけていました。
    帰国時のアメリカの銀行口座には150万円くらいで
    日本の口座には1千万円近く貯まっていました。日本では家のローンも払っていたのでローンがなければもっと貯まっていたのでしょうね。

    2回目の赴任はすでに5年が経過していますが
    もう全く遊ぶこともなく子供達の為の進学資金をためています。
    1回目のときより待遇がものすごく悪くなり思っているほど貯まりません。現地でも教育費がかさんでいるのも原因です。
    日本の口座には今回の赴任だけで2千万弱が貯まっています。
    今、特にメーカーは待遇も良くはないので将来に向けて
    堅実に貯金されることをおすすめします。
    とはいうものの私も駐在生活を満喫した末に出した結果なので
    ほめられたものではないんですが。

    ユーザーID:7238769348

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 凹むなー

    それでも300万貯められるんですね。。。ではもっと節約すれば貯められそうですよね?!

    我が家はメイドさんも居ないし、旅行や買い物にも走っていませんが、年200万位しか貯まりません。。。分母が小さいからしょうがないのでしょうが。。。

    駐在もホントにピンキリですね。。。

    ユーザーID:2564078657

  • 最近は貯金が減ってるな

    ウチは、年間頑張って、700万の貯金だな。

    ホント会社によっていいろいろ差が出るね。うちの場合はマンションと車しか支給されないので、
    基本は日本と同じような暮らし方です。

    それに貯金の額は、暮らし方もそうですが、まず為替や滞在国の物価が大きく影響しますもんね。

    今は何だか、こういう話すごくおも~く感じるようになりました。

    ユーザーID:8853737955

  • 日本と同じ

    欧州滞在子供2人です。物価が高いので、日本の生活以上に質素です。旅行も年1回。外食は月2回(その中にマクドナルドが含まれます)日本にいたときは外食もできたし、共働きできたのにと思います。あと、手当のいい会社の奥様と、日本人学校つながりでおつきあいするときに出て行くお金もかなりの額です。
    会社の手当や、子供の有る無しにもよりますが、欧州の場合は日本よりいいのは、住宅環境(会社で用意されているので)ですね。
    こちらで、駐在員のかたと長くつきあって来た通訳の方が、昔はすごい優雅な生活をしていたイメージがあるが、この頃は現地の人より質素な日本人が多いと話していらっしゃいました。

    ユーザーID:9125891609

  • あまり内情を暴露するのは・・・

    会社によって各種規定は異なります。赴任国によっても、赴任者の役職・資格によっても異なります。
    手当てについても現金支給(給与に上乗せ)が通常でしょうが、現物支給や供与の例もあるでしょう。運転手付きの車を準備する場合には、一切の手当てはありません。
    奥様間でこの種の話をすると、良いトコ取りをして「なんでウチは・・・」と夫を責める結果になる傾向が多いですね。比較するのもナニですし、あまりヒトに言い触らす話しではありませんので・・・

    ユーザーID:8634317255

  • なるほど

    なるほど、、、でも皆さんがっちし貯めていますね。

    でも、我が家も家のローンがあと4年ありますから、今は仕方がないのかな。考え方を変えれば、家のローンもあって、こちらでも楽しんで好きなことをして年間250万〜300万ためめればいいほうですかね(甘い?)。

    まだまだご意見お待ちしています!

    ユーザーID:1652943864

  • アジア圏在住

    米国駐在さんに同意見です。
    駐在員の内情を暴露するような、このようなトピックは
    お止めになったほうがよいかと思います。
    誤解されかねません。

    ユーザーID:0794063781

  • 正直に書くと

    駐在といっても待遇は千差万別ですが、あえて書きますと円高の影響で日本円にすると随分目減りしましたが1年で350万+日本給でしょうか。
    給料日前を気にしなくて良くなったのは感謝しています。でもまだまだこれからためますよー。

    ユーザーID:5095283128

  • 米国駐在さん、たまごさんに同意

    現地永住の方、会社の経営サイドの方、日本国内で働いている方々。
    いろいろな人が見ています。やめた方がいいです。

    ご存知だとは思いますが、駐在員は疾病リスクが高いんですよ。
    お金の心配より、ご主人の健康の心配をした方がいいと思います。

    この世界的な不況の折。3月の決算でC外事業の数字が思うように
    出ない会社も多いでしょう。事業所撤退や駐在員を減らす方向で
    行ったら、取らぬ狸の・・です。

    ユーザーID:8294123587

  • 欧州は厳しいですよ!

    欧州に住んでますが、子供の学費、家では日本食ばかりの主人の食費、会社から支給されないのに車を2台所有している経費がかさみ、貯金はほとんどできません。

    このトピを見て東南アジアに駐在経験のある主人に話したら、欧州とあちらではかなり事情が違うと説明されました。

    国によっては自国の通貨は海外持ち出し制限があるため、現地の生活費は生活費として現地支給、日本では満額お給料やボーナスが支給されることもあるそうです。
    また、お給料が高めになっているのは危険手当や僻地手当ての意味もあるそうです。

    そういう意味では私の今いる場所は、自然が美しく、人も比較的のんびりで変な事件も少ないので、経済的にはこちらのトピの方々のようには恵まれていませんが、幸せなのかもと思いました。

    トピ主さま、トピの趣旨からはちょっとずれてしまいすみません。
    でもこういう駐在家庭もあるので、貯金額を聞いてもあまり意味がないんじゃないかと思いました。

    ユーザーID:5912040739

  • 驚きました。

    少し辛口になるかもしれませんが、トピ内容を拝見して正直目を疑いました。


    我が家は欧州勤務で10年以上ですが、
    会社の待遇次第で、家の建つ人もいれば、日本での生活を残し赤字覚悟で赴任してくる方もおいでですよ。
    それぞれが自分達の生活を営むしかないです。

    他人のお財布が気になるのはよくわかりますけれど、ここで無邪気に語られていい内容かどうか、一考していただきたいです。

    うちも決して楽な生活ではありませんが、孫を見せに帰国も多いです。でも帰国しても、まだまだ金銭的に余裕があると見られてうらやましがられてもいます。

    誰でも家が建つ、などの先入観を持たれたくないのも本音です。辛口ごめんなさい。

    ユーザーID:5415512043

  • じゃ、ほんとの事書きますよ。

    夫はアメリカ人、エキスパートとして東京支店に駐在員として転勤となり、東京の外国人が多く集まる街で4年間暮らしました。
    せっかくの東京暮らしなので、贅沢に暮らしました。子供をインターナショナルスクールに通わせて、お手伝いさんを雇い、買い物は高級スーパーで、外食は週2、3回という生活。週末毎に軽井沢や箱根に遊びに行き、バケーションは香港やタイ、オーストラリア、ヨーロッパ各地にも行きました。
    で、4年間で5千万以上貯金出来ました。お金を使う時、1万円が千円の感覚でした。
    東京に来ているエキスパートの待遇は日本からの駐在のそれよりもいいと感じました。機会があれば是非また東京で住みたいです。

    ユーザーID:3349584673

  • そりゃもらいすぎだから仕方ない

    夫婦で海外在住暦は5年ほどありますが、駐在ではありません。
    そのときに会った、またはうわさに聞く駐在員方たちの生活は、やっぱり贅沢でしたよ。

    実際、私の知人が最近欧州赴任になったのですが、
    家賃は実費支給ではなく、一定額が支給される形です。
    彼らは、支給額の半分ほどの家を借り、残りの約10万円ほどは貯金するそうです。
    その他、車の購入費用、前任者の家具を格安で譲ってもらえるのに、多額の家具代など、
    必要のない大金の支給に、貯金するぞ!と大喜びの彼らでした。
    給与支給額も日本勤務時の2倍ほど、4−5年駐在すれば数千万円貯金できそうです。

    この不景気時代、彼らの会社も赤字を垂れ流しているのにこの待遇。
    しかも、欧州でも日本人がもっとも何不自由なく暮らせる町への赴任に、
    待遇を厚くする理由がわかりません。

    日本の駐在員待遇も、任地によって、もう少し見直されれれば、
    変な色眼鏡で見られることもなくなると思いますよ。

    最後に、東京駐在を体験された方。
    エキスパートって、おかしいですよ。
    駐在員って意味じゃないと思います。

    ユーザーID:5210507885

  • 欧州駐在

    アジアってやっぱり貯金たくさん出来るんだな〜というのがまず最初の感想です。欧州は今ユーロバブルがはじけてまた変わりつつありますが為替によりあまりリッチな生活は出来ないです。ただアジアと違い連休の旅にヨーロッパ各国を旅出来るので本当に楽しませてもらってます。会社によりますが欧州駐在ですと日本より質素な人もいますし色々です。次回駐在は貯金出来そうなアジアがいいな〜とこのトピを見て思いました。

    ユーザーID:2801305947

  • エキスパートとは。。(はいはいさんへの回答)

    はいはいさんの方がご存じない様なので、ここで詳しく説明させてもらうと、外国から日本に働きに来る人の中では東京に「”現地(つまりここでは日本)採用”として」来る人と、「エキスパート(ある分野での専門家)として外国の本社や支社からやって来る」人がいます。
    前者の場合、家賃が出なかったり、報酬も普通、待遇も良くないケースが多いのですが、後者の場合は大抵が100万円単位での家賃補助、教育や日常生活における待遇の優遇があります。外国人が自国に住んでいる様な生活(食事や子供への教育など)が施される様に会社が金銭をもって保証しているのです。そしてまた任期が終わると元の外国の職場に戻る事になります。そういう人達は大抵広○や元○布に住んでますよ。
    私達の中では「ご主人はエキスパート?」って聞いて、その答えによってその人の背景を察知していたものです。
    待遇を良くしないと誰が好き好んで数年を外国で住もうと思うでしょうか?その人の立場になって考えられては?

    ユーザーID:2131315669

  • 駐在員は英語で

    expatriateだと思います。後のコメントを読むと駐在員という表現ではなく、現地採用と外国から来た専門職と言いたかったようですが。

    ユーザーID:5095283128

  • すごいんですね・・・!

    みなさん、ほんとうに、すごい・・・・。
    エキスパートがどうのこうのなんて
    日本の地方で普通にサラリーマンしている身では
    全くしりませんでした。

    麻布とか、六本木とかにいる裕福そうな人たちって
    そういう背景なんですね。

    素直に、うわあ、うらやましい!!
    って思いました。

    お手伝いさんつきの運転手さんつきの暮らしなんて
    ドラマかまんがの世界です。

    インターナショナルスクールかあ。
    うちは標準語とお国なまりのバイリンガルよ♪

    な〜んて、考えてるとちょっとガクっときちゃいます(><)
    家族は健康第一よ!明るいのが一番よ!
    スーパーの特売バンザイよ!
    と思っててもねえ(笑)
    私もできる事からがんばろう〜。
    とっても参考になったトピでした。

    ユーザーID:1550518026

  • それはexpatでは?

    >アメリカ在住さん

    おっしゃりたいことはわかっていました。
    エクスパット、expat(expatriate)のことですよね。
    駐在員ですね。駐在員にも専門家はいると思いますが、
    expatは必ずしも、専門家だけではないと思います。

    エキスパートって言われると、expertのほうを想像してしまいます。
    日本語英語の弊害ですね。
    それとも、本当に、専門職の駐在員という意味で書かれたのでしょうか。

    とにかく、ちょっとあげ足取り的でした。すみません。
    この話題は本題とは関係ないので、勝手ではありますが、
    これ以上この話題の書き込みはいたしません。失礼いたしました。

    ユーザーID:5210507885

  • 物価、人件費が安いと貯まりやすい。

    やはりアジアや途上国に赴任された方(大企業に限る)は
    日本に振り込まれる給料を一切使わないとかなり貯まる。
    でも現在では日本での生活に比べて1,3〜1,5倍程度の貯金率が平均です。
    もちろんそれ以上、それ以下の方も沢山います。

    逆にアメリカや欧州では赤字になる場合もあると経験者は言ってました。

    でも世界中を開拓してきた2,30年前の駐在さんに比べたら今のほうが
    楽になっている赴任先もあるので給料も比例しています。

    海外で働くという事は現地の言語、習慣などの違いでストレスが
    溜まりがちになります。ご主人をまずいたわってあげてくださいね。

    ユーザーID:6656339961

  • 笑っちゃいました

    アメリカ人と結婚なさっているアメリカ在住さんの「エキスパート(ある分野での専門家)として外国の本社や支社からやって来る」という「詳しい」説明は傑作ですね。

    ず〜っと昔の某A新聞の「日本語相談」かなんかに「命は、やはり『息』と関係してるんでしょうか?英語でも『God breath you!』と言いますよ」と、やはり「アメリカ在住」の方からの投稿がありました。

    アメリカ在住の専門家奥様、楽しませていただきました。

    ユーザーID:1820353316

  • いろいろですね。

     夫の会社は、中小企業なのですが、海外3ヶ国に現地法人があります。転勤になったら、友人から「お金が貯まるね」と言われました。
     でも、赴任して、いろんな事がわかり始めて、不公平さに嫌気がさして
    います。
     後から赴任した社員は、希望の地域で自分で家を探し、車は会社で用意してもらい、ガソリン・税金他経費も会社持ちで、うちは、会社で指定された家に住んでいますし、車は日本から預金をおろし買いました。
     会社で買っていないので、ガソリン他も自己負担です。
     他社の社員さんと比べて不満を抱かないのですが、同じ会社で、待遇の差がありすぎると、いろんな事を考えてしまいます。
     どのように消化していったらいいのかと思います。
     考えずに、会社に貢献しているのかと思うようにするしかないのかと
    思っています。
     愚痴ですが、家族帯同の規則の元、勤めを休職してきたのですが、
    早く任期満了が来て欲しいと思っています。
     支離滅裂ですみません。

    ユーザーID:3250605116

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧