海外での出産?日本での出産?皆さんのご意見を教えてください

レス15
お気に入り9

Yuri

子供

欧州在住の女性です。最近結婚をし、将来の妊娠・出産を希望しているのですが、基本的なことでわからないことがありまして、ご相談をさせてください。
海外に住んでいる場合の出産場所及び費用についてなのですが、海外で加入している保険はどこまで出産に適用されるのでしょうか?現在住んでいる国の医療費はとても高く、心配しています。

現在、勤め先の保険に加入をしておりますが、その勤め先との契約はあと半年程度で切れる予定です。そうなるとその段階で他の保険に入る必要が生じると思うのですが、もし万が一その時にすでに妊娠をしていた場合、保険への加入が困難であると聞きました。その場合には全額自費出産となるのでしょうか。それとも日本と同様に出産の場合は、海外でも基本的に保険というのは適用されないものなのでしょうか。もしそうなら、親もいる日本に戻って出産した方が気が楽とも思い迷っています。

そこで海外在住の方で出産を経験された皆さんに伺いたいのですが、(1)出産時の保険加入状態、(2)出産時に保険が適用されたか、(3)出産場所を住んでいる海外にしたか、日本にしたか、その理由、についてです。その外、心構えや、妊娠をする前に今現在しておくべきことなど何でも結構ですので皆さんの経験に基づくご助言をいただけますでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

ユーザーID:0973039155

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 不思議な質問だなぁ

    どこの国か分からないので、なんとも答えようのないことじゃありませんか?
    また、まだ妊娠もされておらず、お相手の事も全くわからない。
    異国の地で働いておられるくらいの積極的?行動力のある方なら
    ここで質問をされるよりも、もっと違った方法を取られた方が
    現実的ではありませんか?
    (そこの国の自治体なり相談機関)
    辛辣かもしれませんが・・・。

    ユーザーID:2914934570

  • ご参考にならないかも知れませんが

     男性です。長子は日本で、二子、三子は海外で生まれました。

    1.保険は、ご自分で契約していらっしゃる保険会社、または医療機関で違います。ここでお尋ねになってもあまり役に立たないと思います。僕は勤めで医療保険に入っていました。

    2。出産時に保険が適用されるかどうかは、1で申し上げた保険契約の条件で決まります。僕の場合勤めの医療保険でカバーされました。

    3。出産の場所は、長子が生まれた時は僕の職が日本にあり、その後海外に転職したためです。

     なお妻は外国人で、本人の希望で日本の助産師さんにお願いして、僕が湯を湧かしたりしました。妻は非常によい経験だったと喜んでいます。

    ユーザーID:2448435127

  • 欧州といっても国によるので

    旦那様にそのへんのことは調べていただけないんですか?
    まず自国の保険制度がどうなっているのか、調べないことには始まりません。(日本人どうしのご結婚でしょうか?)

    もしかして、安い国があればそこに移動して産む、という意味でしょうか?

    例えば私の結婚相手はフランスで、お金そんなにかからないようです(今は日本在住ですから産むとしたら日本の可能性が高いですが)し、今はどうか知りませんが、前は恋人の保険番号で診察出来たりしましたから、その柔軟性に驚いたものです。

    >その場合には全額自費出産となるのでしょうか

    旦那さまはその国の方なら、旦那様に調べさせてください。日本人なのであれば、配偶者の仕事先に何かしらカバーするものはないでしょうか?

    今の勤め先をやめたって、国の社会保険制度の中のどれかに加入できないのか、調べてください。日本の国保みたいな制度はないですか?

    日本で加入してくる海外旅行保険は、妊娠出産関係はカバーしていないはずです。

    不安材料が多く、世話をしてくれる人もあまりいないのなら、里帰りもお考えになっては。

    ユーザーID:5109929969

  • フランスのケース

    フランスで出産をしました。保険は日本企業の駐在員だった夫が給料から天引きされている、国の保険に入っていました。
    内容的に細かい数字は忘れましたが、出産費用として自腹で払ったものはほとんどなかったと思います。健診も日本に比べると少なかったので、初産の人は少々不安になるかもしれません。しかし大変なのは、まずかかりつけの婦人科の医者を見つけて、出産病院の予約を取る事です。日本ほど不足している訳ではないと思いますが、便利な所や人気のある所というのは、予約でいっぱいでした。出産自体は麻酔の分娩がほとんどのフランスです。希望は聞いてくれます。

    出産自体に問題なければ、3日で家に帰されますが、希望すれば看護師さんなど自宅に来て、いろいろ指導はしてくれます。(無料だと思う)フランスは基本的に医療のレベルは高く制度もしっかりしていますから、全く問題はありません。でも初産ならやっぱり日本での出産をお勧めします。実家の方が何かと助かるし、不安は少ないでしょう。でも今の日本の産科の現状は一般的によくないようなので、一概には言えませんね。私は3人目だったので、フランスで生みました。続きます。

    ユーザーID:7723410707

  • 続き

    まず、国をはっきり特定しないと適切な答えは期待できないと思います。私のフランスのケースも、全く役に立たないのかもしれませんし。

    基本的に出産は病気ではないので、傷害保険などと一緒になっている事はないでしょう。滞在国の運営する保険(フランスならSecurite Socialeだったか?)から、出産費用は免除、とかそういう話ではないでしょうか?

    ネットでもいろいろ海外出産にいては調べられますので、国を特定して詳しい掲示板などで聞かれるのもよいでしょう。

    ユーザーID:7723410707

  • 保険会社にもよる

    皆さんが書かれている通り、保険会社のどのタイプの保険に加入されているかにもよります。

    出産時の費用を気にされてますが、最近ではどの保険会社もだんだんと出し渋るようになってきており(どの国も破綻寸前ですから)、お産までの9ヶ月間の検診ですら、エコー、血液検査などなど検査の回数も減ったり、有料になったりしてます。

    保険の種類によっては診察も後回し、予約を拒否の場合もありますよ。(払いのいいプライベート保険を優先する医者がいるという意味)

    パートナーの方の保険会社、貴女の保険会社にまずは問い合わせをお勧めします。

    出産地ですが、私は出産時に住んでいた場所(国)でそれぞれ2人を生みました。理由は主人しか頼れる人がいなかったからです。その国の言葉も習慣も知らない、車の運転免許も持ってない母が来てもお互いストレスになることがわかっていたからです。

    その後子供と私が落ち着いた時点でたっぷり日本に里帰りしました。

    ユーザーID:0065012276

  • 欧州っていわれても、

    るるるさん同様ですが、
    Yuriさん国も明確にしないとなんともいえません。ここで何を期待してるのでしょうか?

    わたしも’欧州’にて出産いたしましたが、
    そのとき興味があって、知人にも聞きましたが、
    フランス、イギリス、ベルギー、ドイツでまったく補助金やら、病院やら、保険やらそれぞれ全然違いますよ。
    そのお国の医療レベルも現地じゃないとわからない話とかあるので、
    なんとも言えないですよ。

    今働いてるところのHRの人(HRの人を通して保険会社にそのまま移行ができるのか聞いてもらったり)に聞いてみるとか、まわりの出産経験者(現地の人でも)聞いてみたらどうですか???

    ユーザーID:4191634580

  • 非英語圏の一国ですが。

    既に皆さんおっしゃるとおり、出産費用や場所については、お住まいの国や保険会社によりますので、旦那様と一緒に調査してください。

    私が1年半前に娘を出産した際は、以下のとおりです。
    >(1)出産時の保険加入状態
        駐在のため、会社で手配してもらった保険に加入。基本プラン+アルファで妊娠・出産に有利なもの。

    >(2)出産時に保険が適用されたか
        ほぼ全てカバーされました。産後、帰宅してからの訪問看護は一部自己負担(1割程度)

    >(3)
        出産は海外でしました。最も大きな理由は、初めての子供だったので、出産や子育てを主人と一緒にしたかったからです。実母や義母も仕事をやりくりし、遠路はるばる交代で手伝いに来てくれたので本当にありがたかったです。双方実家への帰省は、娘が8ヶ月になった頃にゆっくりとしました。日本での出産経験はないので、検診が少ないとか感じることは特にありませんでした。

    トピ主さんの場合は、まず保険内容を確認するところからですね。

    ユーザーID:8333039003

  • 去年、ドイツで産みました

    昨年ドイツで第二子を出産しました。皆さんも書かれているように、欧州といっても国によって違うと思いますので、ご参考になるかわかりませんが。
    ドイツの場合、プライベートと公的保険があり、我が家のような駐在員家庭のほとんどの方はプライベートに加入しています。基本的にドイツで出産は、検診から全額どちらの保険でもカバーされるようです。プライベートはそれに加え、大学病院等で教授などに見てもらえたり、個室費用がカバーされていたりします。第一子は日本で出産しましたが、言葉と食事の問題がありましたが、シャワートイレ付きの個室でドイツの方がずっと快適でした。また、主人が帝王切開にもかかわらず、立ち会えたのも大きかったです。退院後は、ヘバメ(助産師)が自宅訪問し、子宮の戻りのチェックや、赤ちゃんの世話のアドバイスをしてくれます。その費用も保険でカバーされます。

    私の場合、帝王切開だったので、日本で加入している掛け捨ての入院保険で保険金もおりましたし、日本の社会保険で出産一時金もでたので、赤ちゃんグッズを結構買ったものの黒字でしたよ。

    ユーザーID:5129577646

  • 国によるけど

    英国の場合、NHSでの出産でしたら基本的に検診・出産とも無料です。
    私は色々考えてプライベートの病院での検診・出産にしましたので、かなりの出費です。(主人の会社からの部分的な補助があります。)
    ですが、そのプライベートの病院での検診・出産をカバーするプライベートの保険もあるようです。

    欧州と言っても、国によって保険制度はまちまちなのでは?
    どこの国か特定されないと、あまり有用な情報は得られないような気がします。

    あと、日本で出産の場合ですが、国民保険などの日本の保険には加入されていますか?やはり日本の保険未加入での出産となりますと、帝王切開などの医療行為になっても保険が適応されないので、負担額が膨大になる恐れはありませんか?あと、新生児に医療的な処置が必要な場合も、親が保険に入っていれば、すぐに扶養に入り医療費がカバーされますが、親が未加入ですと何かと大変かと思います。

    ユーザーID:3684485338

  • 日本で出産した場合のこと

    保険に関しては他のレスにもあるように、契約内容をよく読んでください、としか言い様がありません。私はアメリカに住んでいますが、「アメリカで○○という保険会社の保険に加入しています。盲腸の手術をするのですが、私の自己負担額はいくらですか?」と聞かれても、誰も答えられません。保険会社が同じでも、加入プランによって負担額が変わってくるからです。

    万が一、日本で出産の場合は、お子さんの欧州での国籍を取るためにはどのような手続きが必要なのかを調べておいてください。うちは日本人夫婦でアメリカ出産だったので、在アメリカ日本総領事館に出生届を提出するだけで済みましたが、お住まいの国では外国で出産した子供の届けはどのようになっていますか?自国民であるご主人が、在日本の領事館まで届出に行かなくてはならないかもしれません。東京近辺で出産される予定なら難しくないでしょうが、地方都市での出産で、お子さんも同伴でなくてはならなくなると、結構辛いですよ。その辺りの確認は重要ですよ。

    ユーザーID:2634355214

  • トピ主です。レスをありがとうございます。

    あいまいな文章にも関わらずご親切にレスをくださりありがとうございます。説明が足りずにたいへん失礼いたしました。
    私はスイスのベルンに住んでおります。現在勤務先で入っている保険はプライベートの世界中どこで診察、治療をうけても(出産も含みます)8割負担してもらえる保険です。海外駐在開始時に住民票を外しましたため、現在日本の国民健康保険に加入をしておりません。

    ここで産むか、日本で産むか、その場合プライベート保険に加入をしていることがどれだけ重要であるのか(あと半年で契約が切れるため)、日本での保険に入っていると何かメリットはあるのか(海外で出産したとしても)を知りたいとおもっておりましたが、皆さんからのレス、特にあっくんママさん、ミニーさんからのレスはたいへん参考になりました。

    出産場所をまだ決めておりませんが、いずれにせよ日本での保険加入が必要なのですね。

    引き続き経験者の皆さんからのお話を伺えるとたいへんありがたいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:0973039155

  • スイスで産みます

    スイス在住で、はじめからスイスの婦人科に通っています。保険はプライベートのもので病院やドクター、個室入院部屋が選べるランクです。
    だから保険のランクによっては日本で産む方が良いかもしれません。
    まず日本と違うのは内診がありません。(どこのドクターもそうなのかは知りませんが)
    あと、検診が7ヶ月まで5週間に一度で、8ヶ月目から4週間に一度なので
    たまに赤ちゃんが大丈夫なのか心配になりました。
    先にスイスで出産した先輩ママは、産んだ直後から赤ちゃんと同じ部屋なのが良い。と言ってました。
    あと、夫の立ち会いはあたりまえな感じで、夫に立ち会う?それとも外で待ってる?
    ときいたら、「立ち会うに決まってるよ。なんでも一緒にするのが夫婦だろ。
    産まれた瞬間のベイビーの写真撮らなきゃいけないし!」って。
    それから、出産時に夫だけが離ればなれっていうのが信じられない!と言われ、
    スイスで出産に決めました。
    でも、だんな様は日本人でしょうか?だったら里帰り出産でもいいかもしれません。
    私は妊娠中の食べ物に関して、日本食がすごく恋しくて、恋しくてたまりませんでしたから。

    ユーザーID:9032682959

  • 続きです

    あと、妊婦用の下着や服なんかは日本の物のほうがかわいいし、充実してます。

    それから、こちらは日本よりもお医者様からの注意などが少ないと感じます。
    何かをしてはいけないとか、何かをしなきゃいけないとか、言われた事ないです。
    これは大丈夫ですか?とこちらから質問をすれば答えてくれました。
    だからトピさんが心配性タイプでしたら、日本の産婦人科のほうが合っているかも
    しれませんね。

    ユーザーID:9032682959

  • スイスって

    スイスは国民健康保険にあたるものがないため、
    医療保険はすべていわゆるプライベート保険で、医療保険加入は義務です。

    つまり、トピ主さんのお勤め先の契約と医療保険の契約が切れても、
    いずれかの医療保険に切り替えなければなりません。

    保険の種類はさまざまで、出産をカバーする保険は、妊娠の6ヶ月前までに加入する
    必要があります。加入して6ヶ月以内の妊娠には保険がおりないということです。

    現在妊娠されていないなら、今加入している保険を、妊娠をカバーする条件に書き換えて
    (保険料が多少高くなります)、契約終了前に妊娠した場合、そのまま継続して加入し続ける
    ことができるかどうか、会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

    もし不可なら、会社の保険をはずれて、個人で妊娠をカバーする条件で別の保険に加入するか、
    仕事を辞めるまでは避妊するという手もありますね。

    日本で出産されるなら、ご両親の扶養に入ることもできますが、
    出産は無料ではないので、結局費用がかかることには違いないです。

    スイスのことはスイスで情報収集されるのがいいと思いますよ。

    ユーザーID:8041357375

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧