母の死を乗り越えられません

レス28
(トピ主2
お気に入り66

心や体の悩み

ケロ

昨年の3月に母が急逝しました。
母は、歳のわりにはとても若く、亡くなる当日まで元気だったのに、心不全で亡くなりました。
その時、私は数日後に出産を控えていました。
母の訃報を聞いた時は、訳が分からず今でも現実を受け入れる事ができません。
親の死は、遅かれ早かれ訪れるもので乗り越えなくてはいけないのは分かっていますが、どうしても乗り越える事ができません。
子供は無事に生まれ、もうすぐ1歳になります。
日に日に成長していく子供を見ると、すごく嬉しいのですが、こんな可愛い姿を母に見せる事が出来なくて本当に悔しくて仕方ありません。
赤ちゃんとママとおばあちゃんが仲良く歩いている姿を見ると胸が締め付けられます。
どうしたら乗り越えられるのでしょうか。。

ユーザーID:2137957797

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人は死を迎えて終わりじゃないです

    こんにちは。

    最愛の家族を失った悲しみ、よくわかります。
    私の場合、息子を失いました。私も、息子と、妻と、私の母親が並んで歩く姿を夢見ていましたが、実現できませんでした。今生を去っていくものもいれば、あなたのように与えられる命もあります。
    あなたに与えられた役割なんじゃないでしょうか。お子様に、おばあちゃまのことをしっかり伝えて良い子に育てていきましょうよ。

    このURLで、以前、私は、がんばろうという気持ちになりましたのでご案内しておきますね。

    http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html

    ユーザーID:2549067376

  • まだ1年も経ってないんですもの・・。

    私は10年前に母を亡くしました。うちも急でした。
    そのころは彼氏さえもいない独身の身で実家で憔悴しきった父と二人、泣いてばかりの真っ暗な日々でした。だんなさんの胸で泣ける既婚の実姉がとても羨ましかったです。。
    抱きついて泣ける夫、抱きしめて泣ける我が子がいるだけでもトピ主さんは傷の治りは早いと思います。私も今では夫・子供ありですが
    自分の家庭を持っているのにこの試練を乗り越えられないって人は聞いたことありません。お母様の生を引き継いだお子様を愛して愛してあげてください。私には残った父がいますが、もしこの先父が逝くことがあればそのときは我が子が強力な慰めとなってくれそうな気がしています=子供を持って強くなれました。これだけは月日がたつのが薬です。絶対に乗り越えられますよ。実母に抱っこしてほしかったという思いは私にもありますが実家の父と夫の両親が孫をとても可愛がってくれるのでそれで満足です。

    ユーザーID:6181491127

  • 悲しみは、時間をかけ薄らいでいく。

    ・お子さん出産後、1年弱。予想だにしなかったお母さんの急逝。うんと親孝行したかったのでしょう。お子さんを抱いてもらったり、遊びに行ったりしながら。苦悶する心が伝わってきます。

    ・悲しみを癒すには、心に湧いてくる思いを見つめ続けるしかない。泣いて泣いて、悔やんで悔やんで、幾度も嘆くうちに、諦めもできてくる。受け入れられなくて当然。急逝ですから。その驚愕を、反芻し続けるしかない。

    ・ただお子さんも可愛らしい盛りでしょうから、お子さんの前では笑顔でいられるとね。難しいですが。

    ・実母は重い心臓病でした。人工弁との交換、バイパス形成という大手術。完治させたいと本人の強い願いで実施。だが術後管理がまずく元気な姿に戻れませんでした。悲しみの極みにある私に「お母さんの葬式なんか、行く必要ない。」と姑が断言。大喧嘩。
    心の傷を修復不能なまでいたぶられました。以降姑と笑ったことはない。それくらい親の死はデリケート。あなたも苦しさを兄弟姉妹と分かち合い、親の務めを果たしていってね。(子の成長は待ってくれない。)

    ユーザーID:0341218801

  • 突然のことで

    どんなにショックだったか、悲しいお気持ちは耐えがたいものだと思います。最近、霊について考える機会があり、本を読んだり霊能者のTV番組を見たりしています。
    悲しんでばかりでは、亡くなられたお母様は安心してあの世に旅立てないです。亡くなった人を悲しませてはいけない、そのためには自分自身がしっかり生きて、大丈夫だよと言ってあげられる日が来るといいですね。私もすでに両親を亡くし、毎日何度も泣いた日がありました。

    人は輪廻転生によりまたこの世に生を受けること、残された家族は霊が早く成仏できるように充分供養をしてあげること、生まれた時に亡くなる時期が決まっていること、などなど・・今は納得できなくても、少しずつ。。
    きっとお母様はかわいい子供の成長を見守っていてくれます。心を強く持ってがんばりましょう!

    ユーザーID:7959527449

  • 私もどうすればいいのかわかりません・・・

    私は去年4月に母を亡くしました。
    癌だとわかってから、たった8ヶ月で逝ってしまいました。
    幼稚園の子供の送り迎え、お弁当作りをしながら、入院中も通院中もできるだけ付き添いました。
    ある程度の余命がわかっていたので、後悔しないように周りの協力をえながら最大限寄り添いました。

    でも、余命よりも半年も早く、たった3日間で寝たきりになりあっという間に亡くなってしまいました。

    死後しばらくは忙しく何がなんだかわからないまま過ぎました。

    でも、月日が経てば経つほど辛くなりました。
    色んな場面が浮かぶんです。
    元気に歩いてたのに・・歩けなくなって・・

    そばにいたことで、思い出すことが多すぎて・・・

    結果、母の死後1ヶ月頃『うつ病』と診断されました。
    今は薬のおかげで、最低限人間としての生活はしています。
    主人や娘に負担をかけながら生きています。

    ケロさんは突然のことで、もっとお辛いでしょうね・・・。
    どうすれば乗り越えられるんでしょうね・・・。
    参考にならなくてごめんなさい・・・。

    ユーザーID:6279085046

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • いまのままでいいと思います

    いまのありのままの感情をそのまま受け入れて下さい。
    悲しいことにがんばって耐えなくていいんですよ。
    泣きたくなれば泣いてもいいですし、
    何も手につかなければ何もしなくてもいいと思います。

    お母様は、あなたがお母様を思う気持ちを嬉しく思っていますよ。
    だから、お母様を失った悲しみを乗り越える必要なんてないと思いますよ。

    少し気持ちが落ち着いて冷静になれたら、
    お母様からいただいたご恩をお子様に少しずつ返してあげて下さい。
    お子様にたくさんお母様のお話をしてあげて下さい。

    あなたのお子様はあなたのような優しいお母様の下に産まれてきて本当に幸せですね。
    それはあなたがあなたのお母様に幸せにしてもらったからかもしれませんね。

    ユーザーID:0423376945

  • 乗り越えるか、寄り添うか

    毎日苦しいですね。
    祖母を亡くした時、短期間ですが苦しみました。

    そのとき、苦しみから抜け出したくて
    「喪」「喪失」についての本を読みまくった覚えがあります。

    葬式とかその後の仏事は(形式上やってる場合も多いですが)
    もともとは、「喪」の苦しみから徐々に解き放つために
    必要なものだとわかりました。

    乗り越えるという感覚だとなかなか難しいかなと思います。

    お亡くなりになったことに寄り添うっていうのか。

    ときには、お墓の前で思い切り泣くとか。

    般若心経を、毎日唱えるとか。
    (お経を唱えるのは亡くなった人のためもありますが、
    唱えることで自分の心が安定するようです)

    お母様の写真に話しかけて、毎日お子様のご成長を報告するとか。

    私もよくわかりませんが、自分なりに「喪に服す」ことを
    考えればいかがでしょうか。

    ユーザーID:8233788264

  • 乗り切れなくてもいい

    私も元の夫を亡くました。今は新しい人と幸せに暮らしていますが、元の夫は私の大切な友でした。離れて会う事もなかったけれど、時々メールで手紙を書いたり、お誕生日の電話をもらったり、(今の彼も知っている事ですが。)それが急に亡くなってしまったのです。2年になるけれど私にはいまだに信じられません。胸がキュウーンと締め付けられる事もたびたびあります。
    私はこの悲しみが「しみ」になって残ったのだ、と思っています。本当に悲しい。でも日常生活はちゃんとやってます。あんまりこのことを口にださなくなりました。
    トピ主さんのお母様の死が、心にしみを残してもしかたがないのではないですか?それと一緒に、でも前進する!のもいいじゃないですか?

    ユーザーID:0311297297

  • お気持わかります

    35歳の主婦です。
    私も長女を妊娠中に母を亡くしました。47歳でした。まだ、七ヶ月で大きなお腹で通夜も告別式も主人がいなければなにもできなかったと思います。

    実母と赤ちゃんと三人でお出かけママが羨ましい気持わかります。顔、見せたかったです、私も。分娩台の上で生んだ後泣けてきました。

    でも無いものをねだってもしょうがないと思う事にしました。じゃないと母に申し訳ないです。

    癌で持って3ヶ月のところ私の妊娠や妹の結婚で嬉しかった様で、7ヶ月に延びました。

    最後に手紙を頂きまして、「お母さんの子供でありがとう」と締めてありました。私の方こそ貴女の娘で感謝です、と返したいところです。

    その時お腹にいた娘も9歳です。色々母の事話します。おもしろい人だったのであんな事した、こんなこと言ってたと、泣かずに言える様になってきました。

    トピ主さんはまだ1年、ゆっくりと前を向けるようにしましょう。焦らないで下さいね。

    ユーザーID:9869447385

  • あなたのすばらしいところは

    母親を頼りたかったのではなく、
    かわいい子どもを見せたかった、親孝行をしたかったと言っているところです。
    最近は親元を離れず、一卵性親子を公言して、
    自立をしないさせない親子が急増してます。
    それはそれで、バランスが保たれていればありですが、
    時間がたてば立つほど、
    子育て時に親がいない思いは強くなっていきます。
    私の思いは、
    娘たちが子育ての時は生きていて協力してあげたいなあ。
    自分の健康管理しっかりしたいなあ。・・・です。

    悲観的な思いよりは、日々、笑い飛ばして生きる方が、
    ストレスが無く長生きにつながると統計も出てます。

    どうか、前向きに明るく日々を過ごされますように・・・。

    ユーザーID:1520293670

  • 時が経てばやわらぐけど・・・

    私なんか8年が経とうとする今も、時々たまらなく会いたくなるし思い出します。
    まだ一年やそこらなんて、常にパニック状態というか、毎日胸が苦しくて何を見ても涙が溢れ出て、全身が張り裂けそうでした。
    急にさよならが来るなんて、その10日前の最後の電話の時(まさか最後なんて思わず)にはケンカして冷たいことを言ってしまった自分が今でも許せないでいます。
    母親の存在って大きいものですね。

    でも、他界して何年経っても、ふと身近に居るという感覚を覚えることがあります。
    耳元に聞きなれた口調で声がすることも。
    むしろ生前より近く感じることも。
    いつまでも心配させてしまっているせいかもしれなくて、死後の世界の人にとって良くないかもしれませんが。

    パニックは時と共にやわらいで、普通に日常をこなせるようになります。
    でも消えない哀しさも抱えながら生きることで、他人の悲哀、そして人生には必ず「限り」があることを深く理解する人生のレッスンでもあると思うんです。
    すぐ乗り越えるのは無理だし焦る必要はないですが、貴女の元気な笑顔が戻る日をお母さまも待ち望んでいらっしゃると思います。

    ユーザーID:5980754346

  • 悲しみの乗り越え方

    大切な人を失うというのは本当に苦しくて、辛いことですよね。私もそんな思いをした一人です。それから、沢山、悲しみを乗り越えてきた人、また、そうでない人達をみてきました。よく、耳にしますが、本当は、時間は悲しみを解決してくれないと思います。でも、それを乗り越える為には、時間がかかります。少しずつ、時間をかけて、”分かろうとする”ことが大切です。状況を理解し、受け入れられた時に”乗り越えられた”んだと思います。
    悲しくて普通です。胸が締め付けられたり、ポッカリと穴が開いたような空虚感があっていいんです。沢山泣いて下さい。でも、分かろうとしてみてください。そうしたら、必ず、あるとき乗り越えられた自分に気づかれると思います。
    少し前にビデオで”Ps.I love you"というのを観ました。アメリカ映画です。悲しみの乗り越え方が、大げさですが、解りやすく描かれていると思いました。もし、よかったら、みられてはいかがでしょうか。
    時間がかかっていいんです。人によって、時間のかかりかたは色々です。急がずに、試してみてください。この、乗り越え方。

    ユーザーID:4894985399

  • それは自然な感情だと

    思います。無理に抑えつける必要もありませんし。
    ……それで良いのではないでしょうか。

    私も早くに母を亡くしましたが、母娘で歩いている
    姿を見かけると悲しかったですよ。そんなものじゃ
    ないかな?

    時間が経てば悲しみも薄れます。人間はそういうふ
    うにできているものなの。薄情とかじゃなく……。

    もうすぐ一周忌ですね。そちらの気候はどうですか?
    暖かい土地にお住まいでしたら、お子さんと一緒に
    お墓参りできますよね。

    お子さんがもう少し大きくなったら、お祖母ちゃんの
    思い出を話してあげては? 繋がっている命ですから。

    悲しみは悲しみとして、どうぞ日常を大切に……。

    ユーザーID:6058271430

  • 父を亡くしました

    こんにちは。

    私の場合、母は健在ですが昨年二月に父が闘病の上に亡くなりました。
    第二子を妊娠したのがわかり父に連絡してすぐの事だったので、
    トピ主さんと同じように子供の顔を見せることが出来なくて悲しいと思うことが多々あります。

    遠方に住んでいたため、一人目の子供に会わせることができたけれど
    それもわずかな時間だけです。
    でも一人目を会わせることができただけでも幸せだったなと今は思います。

    お孫さんとの時間が実際なかったのは本当に残念でしたね。
    でも絶対に亡くなったお母さんの気持ちは、
    亡くなった今でもすぐ近くにあると思います。
    お孫さんを見守ってくれているはずです。


    他のお子さんやおばあちゃんを見て辛くなる気持ちを乗り越えるのは
    今はまだ大変だろうけれど、
    時間の経過がゆっくりと心を癒してくれます。

    そのような光景を見ると寂しくなって
    しょんぽりしてしまうのはわかります。
    でも、天国のお母さんのためにも
    トピ主さんやお孫さんが元気で笑って、
    一瞬一瞬を大切に過ごすのが一番の供養だと思いますよ。

    ユーザーID:0785275973

  • ありがとうございます。

    皆さん、私のトピにレスをありがとうございます。
    暖かいお言葉に、胸が熱くなり泣いてしまいました。
    まだまだ悲しくて思い出しては泣いていますが、母を心配させない為にも子供の為にも少しずつ前を向けるように・・と思っています。
    子供が言葉が分かるようになったら、母の事をたくさんたくさん話してあげようと思います。
    そして、子供が人の痛みが分かる優しい心を持った子供になるように育っていってくれれば・・と思います。

    ユーザーID:2137957797

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 私も同じです

    母が亡くなってもう8年経ちます。
    でも、未だに乗り越えられてない、と思います。
    母亡き後に生まれた子どもが3歳と0歳。
    可愛い盛りで、母が生きていれば嬉しそうに愛しそうに目を細めただろうなぁと思います。
    トピ主さんと同じで、母娘孫の組み合わせの楽しそうな親子連れを見ると、苦しくて苦しくて…。
    義母と義姉達も羨ましく思うし、義母が私の子ども達を抱いてる姿を見ては、「あぁ母もこうして抱きたかっただろう」という思いが消えません。
    ですが、こういう思いが出てくる時は、気持ちが沈んでいる時だけになってきました。
    以前はもっとしょっちゅう思っていたんですけどね。
    こして少しずつ少しずつ乗り越えていくものなのかな?と最近思います。
    とはいえ、きっと一生この思いは消え去ることはないとは思いますが。

    トピ主さん、ここにも同じ思いの者がいます。
    一緒にゆっくりゆっくり、時には思いっきり泣いたりしながら乗り越えて行きましょうね。

    ユーザーID:9749070234

  • がんばりましょう!大丈夫!!

    私も母を急病で亡くしました。だから辛いお気持ちとてもわかります。ましてや出産直前。今までよくがんばってきましたね。ここで吐き出して心を軽くしましょう。

    私も以前母の死についてトピをたて様々な意見をいただき大いに救われました。もしよければ見てください。
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1201/215039.htm?g=01

    私のトピのレスを頂いた中でも書いてありますが私もふっと母がそばで見守っていてくれるのを感じることが多くあります。きっとケロさんのお母様もどこかで一生懸命生きている姿、お孫さんをみてくれていますよ!

    町でみかける親子の姿には私も胸が締め付けられます。でもそれを乗り越えそして自分自身はもう家族にさびしい思いをさせないようお互い身体に気をつけて暮らしましょう。

    ユーザーID:1591932699

  • 乗り越える必要がありますか?

    "赤ちゃんとママとおばあちゃんが仲良く歩いている姿を見ると胸が締め付けられる" これは、亡きお母様への想いがあるからです。故に乗り越える必要は無いのでは?ただその想いが強くて実生活に問題が生じているなら別ですが。

    後、お子さんが小さいとのことで、心身的にも悲しいことは考えないようにする方がいいですね。これからすくすく育っていくお子さん、その成長をあの世から見守っていてくださるお母さん、皆が明るく元気に生きていくためにもクヨクヨせず、元気に子育てに励むのがいちばんでは?

    お子さんが立派に成長されることをお母さんも望んでおられたはずですから。お子さんが大きくなったら、一緒にお墓参りに行って亡きお母さんとの楽しい思い出話をされるのも。貴方が忘れない限り、永遠にお母さんは貴方の心の中に生き続けていますよ。

    歴史は繰り返す、お母さんが亡くなってクヨクヨしている母に育てられた子供は、自分の母が亡くなった時、同じように....子供のためにも、亡きお母様のためにも、お子さんを元気に育てることに注力しましょう

    ユーザーID:9356480212

  • つらいですよね

    私は10代のとき母を亡くしました。そのときはもう生きている意味がないと思うほどつらかったですね。
    それでも他の家族がいるのでなんとか生きました。
    毎日毎日泣いていましたがいつの日か泣かなくなり、そして
    いつの日かまた人生が楽しいと思えるようになりました。

    今はまだつらくて仕方ないと思います。乗り越える必要もないと思います。

    うちは当然孫の顔も見れずに亡くなりました。
    でもいつも天国から母が見ていてくれると思っています。
    トピ主さんのお母様もきっと天国から見守っていてくれると思います。

    ユーザーID:3346789904

  • 私の経験では

    一周忌がピークに寂しくなると思います。
    四十九日を過ぎてから、脱力していました。

    そしていろいろな人に慰められましたが、思い出しては泣いていました。
    ある時「あまりに悲しむと、仏様は心配して天国に行けなくなる」そう言われました。
    それから涙が出そうになったら、気分の切り換えをしました。
    掃除でも何でも良かったんです。
    体を動かすのが一番、効いたかな。

    それから思ったんですけど、お母さんはお孫さんの成長を見ていますよ。
    誰よりも近い場所から、ちゃんと見守ってくれています。
    トピ主さんがお母さんを見えないだけ。
    だからあまり悲しまないで下さい。

    ユーザーID:5087307726

  • あぁ、同じだ・・・

    私も誰かとこの気持ちを分かり合えないだろうかと、
    トピ立てしようと思ったりもしました。
    まさに同じ境遇でビックリしました。

    昨年2月、私の出産前日に母が急逝しました。同じく心臓です。
    私は初めての出産、しかも、不妊治療を経ての待望の子供で、
    やっと、孫を抱かせてあげられる!と、思っていたのに、
    その願いは一生かなわないのだ、という事が、
    いまだに受け入れられません。

    母の最期を見送る事はできましたが、葬式等は出られず、
    出産も含め、もう一年もたつというのに、
    まだふわふわと現実感がない感じがしています。

    続きます

    ユーザーID:6364549604

  • あぁ、同じだ…(続きです)

    子供は日々成長して、毎日笑顔に癒されています。
    それが救いとなって、
    私も父も何とか笑っていられるようにはなりましたが、
    ふと、子育ての大変さを目の当たりにした時に、
    「私の時はどうだった?」って聞きたいのに、
    母の大変さは、もう想像するしかないという事が、辛いですよね…

    かわいく成長していく子供を、
    母はどんな風にかわいがってくれたんだろう…
    抱いて欲しかったな…という行き場のない気持ちは、
    もう、本能だなって思っています。

    夫はもちろん支えてくれ、
    それには感謝しきれない位ですが、
    やはり、芯の部分での共感は得られないですよね。

    あまり、人前では泣かなくなりましたが、
    それでも、どうしようもなく悲しくなり、
    密かに涙する毎日でしたが、
    この気持ちを芯から分かってくれる方がここにいて、
    悲しみを分かち合える事が、
    なんだか少し、救われるような気がしています。

    トピ主さん、トピを立てて下さってありがとう。

    お互いに、子育て頑張っていきましょうね。

    ユーザーID:6364549604

  • ありがとうございます。

    レスをくれた皆さま、ありがとうございます。
    私と同じくお母様を亡くされた方からのレスは、本当に励まされます。
    特に、914様は全く境遇が同じとの事で驚きました。
    他の方のレスにもありますが、母はきっと私たちのそばで子供の成長を見届けてくれていると思います。
    以前は、そのように言われても、ただの慰めにしか聞こえなかったのですが、最近なんとなくですがそれを実感します。
    子供も、何もない天井を見て笑っているので、きっと母が見ているんだなと思っています。
    みなさん、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:2137957797

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 同じく母を亡くしました

    境遇が違いますが、私も10年前、母を亡くしました。

    その時、娘5歳、息子2歳
    二人ともおばあちゃんっ子で、
    息子なんておばあちゃんに育てられたようなものでした。

    その子がやっと「ばーば」と言えるか言えないかの時期に
    母はガンで亡くなりました。

    上の子のランドセルを見せたかったと、
    長々と落ち込んでいた私に父が一言
    「もうちょっとしたら小学校だった、もうちょっとしたら中学だったって言ってたら、キリがない。
    二人揃って結婚式に出て、二人揃って孫を見れただけで
    お母さんもお父さんも幸せだ」と


    普段はバカばっかり言って、説得力のない父でしたが
    その時の言葉に妙に納得しました

    私はありがたいことに孫まで見せられましたが
    弟はまだ独身でした

    だけど母の実家と同じ職業に就いていた弟は
    「好きな道に進んだ自分を見せられたから幸せだ」と言ってました

    自分の事ばかりで恐縮です

    時間をかけて
    少しずつ、少しずつ前を向いてね

    ささやかな経験談でした

    ユーザーID:8243218260

  • 母の死

    先月12日に母は何の前触れもなく逝ってしまいました。すでに50歳になる三男の甘えん坊です。母の80歳と結婚60周年の祝いはどこでするか、電話で快活に話していたその次の夜中に、突然の父からの電話が、私の人生に大きな爆弾を落としたように突然急激に降り注いできました。ありえない、信じない、でも警察(検死が必要でした)に迎えにいき、何も言えぬ母に対面しました。
    あれから3週間経ちました。酒を飲み、泣き続ける私を妻が怒ります。
    火葬場で担当者が「永遠のお別れです」と言ったのが胸に突き刺さりました。「違う、しばしの別れだ」と僕は重い涙を流しました。
    時空を越えていつかまた会いに行きたい。会いたい。きっと会えると思っています。優しかった母に必ず会いに行きます。

    ユーザーID:9037324144

  • 想い

    10年以上前に親しい身内をなくしましたが
    ず〜っと悲しくて、半年は毎日、2年ほどはよく泣いていました。
    しばらくしたらふっきれるとか、そんなものではないです。

    気持ちが定まらずに憔悴しきってしまうので
    他のことがおろそかになってしまいますが
    体を壊したり、社会生活がうまくいかなくなることは
    一番悲しむだろうと思って、がんばって乗り切ってください。
    夏生まれさんも。

    つらさは、わからない人にはわからないようで、無神経な言葉に
    なおさら悲しみが強くなったりもしますが、そういう人とは
    これからのお付き合いもわかって、距離をおきました。

    唯一救われたのは、説明はつきませんが
    不思議なことがいくつか起こって、もしかしたら魂というものや
    計り知れない世界があるのかもしれないと思ったことです。

    私は自然と、今もその人の幸せを願っていて
    辛いときには、受けた大きな愛情を想い
    その人のためにも幸せになろうと思います。

    ところで大事にしていた人の遺された家族って
    幸せになることが多いようです。
    守っていてくれるのかもしれません。

    ユーザーID:7135747443

  • 愛が深いほど

    はじめまして、、生きているということは自分の中の母とともに生きていられる
    ということでもあるのではないかと、最初は(今ですけれど)ロボットのように暮らそうとも、生きていることを母とともに生き残った私が
    せっかく産んでもらった娘としての人生を無駄にしてはならない、と自分に言い聞かせながらいきています。
    愛が深いほど悲しみも深く、絆も強いのではと思います。家に入る前に駐車場の車の中で、一人で運転している時とか母を思ってしまい
    泣きます。家で泣くと父が苦しむと思うので。

    こんなときに母はどうしただろうとか私の中に母の生き方が生きているとおもいます。
    永遠の命はないけれど、思いはだれにも奪えないものです。
    一期一会に、母の魂とともに生きます。
    お子さんがいらっしゃるのはすばらしいことです。
    子供は未来だからです。がんばらなくていいです充分ですから、お母様もお子様のときがあったのですから
    あなたさまとお子様が愛にあふれた人生をいきられることこそお母様がお喜びになられることと思っております。

    ユーザーID:2668098231

  • 15年たちました。

    ケロ様

    悲しいお気持、お察しします。
    私も15年前の事を思い出し、涙が出そうです。

    私は娘(第一子)を産む2週間前に母親が心不全で
    他界しました。
    早いもので、その娘も来年は高校受験です。

    父も8年前に他界して・・・

    悲しい気持は我慢しないで涙を流した方が
    いいと思います。
    無理して乗り越えないでいいですよ。
    悲しいときは悲しいと思う自分と向き合ってください。

    私は、いつかあの世で父と母との再開を果たしたときに
    「頑張ったね」と褒めてもらえるように
    毎日を丁寧に過ごしていこうと思っています。

    大丈夫です
    時間薬は少しづつ効いてきますよ。

    ユーザーID:4955638186

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧