飛行機での怖い経験

レス102
(トピ主4
お気に入り219

旅行・国内外の地域情報

つい先日、アメリカで国内線(ナッシュビルからニューアーク)に乗りました。とても小さな飛行機で、横1列と2列の小型機です。NY付近の悪天候のため、出発が4時間くらい遅れました。機長は30代くらいの女性でした。出発後、NYが近くなると、雪雲がかなり深く、窓からの視界はゼロでした。空港が近くにあるんだろうなと思われるのにいつまでたっても視界ゼロです。snow stormとのことでした。思ったほど機体はゆれなかったのですが、着陸時にどこかにクラッシュするのでないかとかなり緊張しました。お守りをかかえながら、お経を唱え、無事に着陸したときは、神様に感謝いたしました。皆様は、飛行機で怖い経験されたことありませんか?

ユーザーID:4359540158

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数102

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 生まれて初めての飛行機で…

    香港からの帰り。
    ちょうど関空の上空に台風が居るところを帰ってきた時がすごかったです。。

    関空発着の国内線は朝から全便ストップしており、私の乗った飛行機でも
    「この便は福岡到着になるかもしれません」というアナウンスが頻繁に流れていたのですが
    なぜか台風のド真中を、予定通りお昼頃に関空到着になりました。

    そりゃもう〜!!めっちゃくちゃ揺れるわ揺れるわ!外見たら海の荒波と雨が入り混じったの?が
    吹き荒れてるわ!周りは真っ白で視界ゼロだわ…
    身の毛がよだつ時間が数十分。
    周囲はシーーンと静まり返る中、時々念仏唱えてる人の声が聞こえるわ…。

    そんな中、突然「ドン!」と下から震動がし、
    「!!!!!」
    と思ったら(頭の毛が逆立ちました)無事着陸していました…。

    あの時は本当に死ぬかと思いました。

    …でも、後で考えればあの時のJALのパイロットの判断と技術が凄かったんだろうなあ〜

    ユーザーID:4845534794

  • 2回ほどあります

    1回目は太平洋便で乱気流に巻き込まれたときです。ジェットコースターのように5mくらい落ちました。全員絶叫。もちろん私も。幸いけが人はいませんでした。太平洋便は乱気流多いようですね。

    2回目はニューアークからボゴタ経由でキトに行ったときです。このときは都合二回怖い目にあいました。最初は乗り込むとき。機内入り口に自動小銃で武装した強面の警官が3人ほどと空港職員が数人立っていて、乗客全員のパスポートと手荷物を確認してました。私はパスポートでスルーでしたが、前にいた人はコロンビアのパスポート所持者で、楽器のケースを持っていたので、開けられた上に楽器振り回されてひどい目にあってました。その間、警官が彼に銃を向けているのが本当に怖かった。ボゴタはアメリカへの麻薬供給場所とされてるからでしょうか。

    最後はキト着陸のとき。キトは2850mの高地で朝晩は霧が発生します。もともと曇っていたのですが、雲の中に突入したなと思ったら、雲が切れる前に滑走路が目の前に出現し、激突するんじゃないかと思いました。空港に迎えに来てくれたガイドさんから、「良くあるんです。結構怖いでしょう」って言われました。

    ユーザーID:8257114452

  • 千羽鶴

    物理的に(?)こわかったわけではないんですが。

    沖縄に行くとき、普通の席の予約が取れず&まあ新婚旅行だし、ってんでスーパーシートを取りました。私たちの席の前がちょうどCAさんの席で、離陸時はご対面の状態。ふとCAさんの手元を見ると、鶴のマークの折り紙で折り鶴を折ってました。ひとつではなく。

    もしかしたら外国のお客様にあげるつもりだったのかもしれない、と今は思ったりするんですけど、そのときは、「この飛行機は千羽鶴折って祈らないと無事に到着しないくらい危険なのかよ!」と、すごーく不安な気持ちになりましたとさ。せっかくのスーパーシートだったのに〜。

    ユーザーID:6446011372

  • 乱気流で泣きました

    台北発関空行きでした。
    食後のトイレには、列ができていました。
    終わって自席にもどろうとした時、
    CAさんが血相を変えて列に走ってきて、
    並んでいた人に「お客様、すぐにお近くの席にお座りください。この先、悪天候が予想されます。すぐにご着席ください」
    と、みなを空いている席に座らせました。
    間もなく機体が乱気流に突入。
    底なしに急降下したかと思えば、今度は急上昇。
    この繰り返しが続くこと十数分。
    絶叫マシンなんか目じゃない怖さでしたわ。
    揺れが収まった頃、乗客を落ち着かせるために、機長からアナウンスがあったくらいです。
    茫然自失としていたら、窓から関空近くの町灯りが見えてきて、
    安心したのか涙がポロポロこぼれてきました。
    いい歳したおばちゃんなのに、
    こわかった〜、うぇ〜ん!
    と大声を上げて泣きたい気分でしたよ。

    以来、飛行機は大丈夫ですが、あの時をフラッシュバックさせる絶叫マシンには乗れません。

    あと、怖いおもいではないんですが、
    関空発沖縄行きに乗ったら、偏西風の影響とかで、通常のフライト時間の2倍近くかかった事があります。
    あの時は、沖縄は遠いなぁ! と思いました(笑)。

    ユーザーID:9762470598

  • 30年前の事です

    CAとして乗務した飛行機は着陸時、左にグーッと引っ張られる感じはしたもののスポットに入り、お客様が降りていかれました。
    笑顔でお見送りする私達・・・いつもの光景です。
    お客様が全員降りられた後、整備士がいつもの何倍も乗り込んで来ました。
    コックピットではひそひそながら大騒ぎしていました。
    お掃除のオバサン達に「あんた達無事帰れて本当に良かったねえ」としみじみ言われました。
    なにがあったのか知りませんが30年前の出来事です。

    ユーザーID:8948337565

  • ありますよ〜

    欧州在住です。
    ロンドンからの帰路フライト、あと15分ほどで到着の案内直後、冬の嵐に巻き込まれました。
    滑走路の真上まで降りてきていたにもかかわらず、横風で着陸断念。
    再浮上してお隣の国の空港まで飛ばざるを得ないことに.... 
    結局1時間ほど嵐の中を飛び、風が吹きまくる中、なんとか無事着陸。
    このとき機内では感動の嵐、キャプテンを称える賞賛の拍手が鳴り止みませんでした。

    再浮上の時に離れていく滑走路を見た絶望感、嵐の中で異常に静まりかえった機内、
    着陸時に機内から見た滑走路脇に待機する消防車や救急車、
    到着後、救急隊員に搬送されていく具合が悪くなってしまった乗客の方たち、
    まるで映画のシーンのようでした。

    私はこの後、飛行機恐怖症になりセラピーを受けなくてはなりませんでした。

    ユーザーID:1282702768

  • 路線航空ではないのですが

    海外出張が多いのですが通常は航空会社の飛行機のみです。
    アメリカの会社に出張した際、先方の会社の工場が全米各地にあるので時間短縮のため各地の工場を会社保有の双発のプロペラ機で案内してくれることになりました。操縦士と副操縦士が一番前、仕切りは無くてその後ろに6人で定員の小型機です。まずセントルイスからテキサスの工場に向かうことになりました。
    セントルイスを離陸して2時間ほどした時点で飛行機が衝撃的に振動し大音響のブザーと共に機内および操縦席のアラームランプが一斉に点滅し始めました。
    私は右側の席に座っていたのですが窓の外を見ると右のプロペラの回転が減速して止ってしまいました。機長は副操縦士に火を吹いていないか、とか叫んでおります。
    左のプロペラは無事なので、結局テネシー州の空港に不時着したのですが、着地するまでは右側の止まったプロペラとはるか下に見える地面を見ながら恐怖の塊りになっておりました。
    私はどちらかと言うと高い所が苦手で、高い所から下を見るとお尻と背筋がゾクゾクするのですが、その時はその極みが着地するまで続きました。もう二度と小型機には乗りたくありません。

    ユーザーID:2758872463

  • 女満別空港から羽田

    昔々女満別空港から羽田行きの飛行機に乗りました。
    コーヒーの柱を見ました。
    オレンジジュースの柱も見ました。
    飛行機自体が古くて小さくて…怖かった。
    あれから飛行機に乗ってない。海外旅行にも行ってない…。

    ユーザーID:2267197972

  • 評判の良くない航空会社

    安さにひかれて乗りました。
    もうすぐ着陸という時、大きく機体が左右にフラフラと揺れ始めましたが、そんなことはお構いなしに強行着陸。
    明らかに左側だけの車輪で着地した様子で、そのまま左翼が滑走路についてしまうんじゃないか・・・と思うぐらい左に機体が傾きました。
    「きゃっ」という声も多数聞こえ、自分はあまりの恐怖に声が出ませんでした。
    その後飛行機は耐えてくれて、右側にどっすん、無事に着きました。
    もしかしたら大したことないことだったのかもしれませんが、元々評判が悪いので非常に怖い思いをしました。
    行きの出来事だったので、帰りにもう一度その航空会社に乗らなくてはならないことが憂鬱で憂鬱で仕方なく、最終日は観光どころではありませんでした。

    ユーザーID:1980635938

  • 私もアメリカ国内線で・・・

    もう20年以上前になります。アメリカ国内線で定刻通り出発!と思ったら、離陸直前にエンジンが停止してしまいました。機体の整備をしますということで駐機場に戻ったものの、機内に閉じ込められて4時間。「機体を交換してくれればいいのに〜」と心の中で祈ったのですが、結局整備完了のアナウンスとともに飛び立ちました。飛行中に機体が揺れるたびに不安で不安で・・・

    2時間後無事に着陸しましたが、着陸と同時に拍手喝采! あ〜、やっぱりみんな怖かったんだなぁ〜と思い、涙が出そうになったのを覚えています。

    ユーザーID:9308094177

  • ありました

    もう十数年前のことですが、ロンドンからの帰国中、
    天気の悪い所を通ったらしく、機体がもの凄く揺れました。
    CAさんがCA用のイスにベルトして座るくらいでした。

    ありえない悪路を走っている電車のような感覚を覚えました。

    めちゃくちゃ怖くて、いつの間にか寝てました(ある意味神経太い?)
    目が覚めたら、何事もなかったかのように、静かな空を飛んでいました。

    すごく怖かったけど、プロにとってはよくあることだったのかな?と思いました。

    今となってはいい思い出ですね。

    ユーザーID:4549134869

  • Smoke gets in my eyes〜♪

    アムステルダムからロンドンに飛んだ時の飛行機が、ものすごーく小さくて、観光バスみたいな機体だったんです。片側2席、10列くらいはあったかな?

    飛行は順調だったのですが、間もなく着陸という頃になって、ふと窓の上部を見たら、煙?水蒸気?霧?何だかわからないけど、白い気体がシュワシュワシュワ〜っと入ってきたんですよ。思わず窓側席の語外国人に「見て見て!」と言ってしまったのがまずかった。初の国外出張だとかでちょっと舞い上がってた彼、更にテンション上がってしまい、大騒ぎしてくれました。よくあることなのか、CAさんも他の乗客も特に気にしてないみたいでしたが。何事もなく無事着陸したのですが、件のお隣さん、大袈裟に喜んでました。

    こういうことって、よくあることなんでしょうか?
    飛行機は気密性が高いと思っていたので、ちょっとビックリしました。

    ユーザーID:3940100051

  • 飛行中の燃料漏れ

    ロス行きの便で成田を出発して2時間が経った頃、後ろの席の方が不安げな様子でCAに何かを言い、それを聞いたCAが慌ててコックピットに行ったかと思ったら機長を連れて戻ってきて皆で窓の外を見ながら何やら小声で話し始めたんです。
    耳をそばだてて聞いてみると「左の翼から燃料のようなモノが漏れているけどアレは本当に燃料なのだろうか」

    ええ!?と慌てて窓の外を見てみると本当に翼のジョイントの部分から液体がダ〜と流れているではないですか。
    機長はしばらく考え込んでいましたが、結局異変を知らせたその乗客に「“多分”燃料じゃないでしょう。心配しないで、報告ありがとう」と言い再びコックピットへ。ロスまでの残り10時間、生きた心地がしなかったのは言うまでもありません。

    もう一つは成田に着陸寸前で飛行機が急上昇し始めた時。
    機体はミシミシ言うし天井から水が漏れてくるし荷物が落ちてくるしで機内はちょっとしたパニック。原因は「着陸する滑走路の前方に飛行機があったから」。管制塔が指示を間違えたらしいです。状況を報告するアナウンスの声がすごい動揺していたのがさらに恐かったです。

    ユーザーID:5011951099

  • 無事だったけど

     ホームステイでアメリカ西海岸から成田空港に帰国する途中。

     飛行中に大部分のガソリンを海に投棄し、アラスカに着陸しました。

     そこでしばらく待って、飛行機は再出発。
    (同じ飛行機か他の飛行機か未確認)

     10年くらい経ってから航空関係の方とその話をしたら、「よっぽどのことがないかぎりそんなことはしない」とのこと。
     火災になりそうなエンジントラブル(か何か)の可能性があったらしいです。

     全然知りませんでした。

     ビザあったらアラスカ観光できたのに。

    ユーザーID:1122294620

  • 先輩の話ですが・・・

    アメリカの国内便でロスに向かう際(どこからかは忘れてしまいました)、飛行機のエンジントラブルで1時間ほど離陸が遅れたそうなのですが、

    たまたま翼の横に乗っていて、窓からエンジンの調整作業を見ていたのですが、作業員の人たちが肩をすくめて、「OH〜NO〜原因分かりませ〜ん」という表情をしていたのに、

    「エンジンの調整が済んだので只今からロスに向けて出発します」

    とアナウンスが流れ、ほんとに飛び立った時は、ロスに着くまで気が気ではなかったと言っていました。

    作業員さんの表情は、エンジントラブルとは関係ない雑談によるものだったのかもしれませんが、先輩が無事でなによりでした。

    ユーザーID:5734075215

  • 落雷に

    欧州内を飛行中に落雷にあいました。 赤い閃光が一瞬眼に入り、機体に衝撃もありました。その衝撃は大きいものではありませんでしたが赤い光を見たので飛行機が外部から攻撃を受けたと思ってもう墜落して死ぬかと思いました。 それから機長のアナウンスがあり、「今のは雷で、度々私たちは遭いますし心配ありません」とのことでした。

    乗務員の機体の確認後でしょうから、落雷から機長の話までしばらく時間がありましたのでいろいろなことを考えてしまいました。

    大体の飛行機には避雷システムがあるみたいですが
    でも中国の飛行機にはそれがないものあるらしく、
    以前墜落しているみたいです。
    神経質になるのも行き過ぎですが
    今はインターネットで機体も事前に確認できるし
    ある程度は選んで乗りたいと思います。

    ユーザーID:9129320576

  • ありますよ

    1回目は南国便。タービュランスで落下。幸い皆ベルトを
    締めていたのでけが人はいませんでしたが
    締めてないCAさんが倒れてましたね。
    以来、垂直降下する絶叫系は乗れません。
    体感で50mは落ちた気がします。

    2回目は卒業旅行のシンガポール。
    「機体に時限爆弾が仕掛けられたとの電話が・・・。」
    近い空港に着陸。機体と荷物は滑走路の真ん中に放置。
    客は窓も無い1室に入れられました。そこで金属探知機で
    検査と身体検査。幸いいたずらでしたが。
    到着空港では終電近い時間でスーツケースをかかえて
    走りました。

    ユーザーID:2094975790

  • おーいっ!!

    その日、香港の空港は近づく台風の影響で風が吹き荒れていました。
    離陸を待つ私たちの飛行機もグラングラン揺れていました。
    数十分待ったでしょうか、他社便が次々フライトキャンセルする中
    私たちは飛び立ったのです!

    それからが大変。雲の上に上がるまでジェットコースター状態。
    靴やかばんが宙を舞っていました。
    外国人客は悲鳴をあげ続けていましたが、私たちCAは
    ただただ引きつった笑顔を浮かべているしかありませんでした。

    無事フライトを終え、成田に着いたときキャプテンが
    「あ〜凄かったな〜。膝がガクガクしてたよ〜」と言っていたのを聞いて
    「おーい!!そんなら初めから欠航にしろよー!!」と

    つっこみを入れてやろうかと思いました・・・

    ユーザーID:1804003296

  • 一人旅、ハワイからの帰便で

    席の隣に、米陸軍の兵士の方が座りました。
    沖縄の基地に行かれるという事で、独り同士だった為か色々話し掛けられました。

    その内戦争についての意見等話が深くなっていき、二十歳そこそこだった私は少し面倒だな、と口が重くなっていきました。
    会話が弾まなくなったせいでしょうか。
    彼は少し眠ろうかな、と毛布を掛けました。
    君も掛ける?とその毛布を私の膝にも掛けてくれ。

    その毛布の下で、私の太ももをなぜだしたのです!

    怖くなって身体を離し、毛布からも出ました。
    いい人に見えたのに男はオオカミ、その始めての経験でした。
    今なら直ぐCAに告げ口してちゃんと謝らせ、席も替えたのに、その頃はそれが私が出来るせいぜいの事でした。

    怖い経験って違う意味でした?

    ユーザーID:4375254782

  • 何回も。

    1、プロペラ機で着地位置違いの為 タッチアンドゴー。
    2、プロペラ機でフェーン現象時のエレベーター昇降状態。
      (低高度の為、地上詳細部まで見え恐怖。)
    3、天候不順の為空港上空旋回、燃料切れで近隣空港緊急着陸。
    4、ジェット機の機体故障で、空港引き返し、
      強引着地時 消防車並走。
    その他多数。

    初海外旅行のかたに 体験談を話す楽しみ有り。・・・ヒッヒッヒ。

    ユーザーID:5160705013

  • 勘弁して(涙)

    ソウルからの帰り、もうあと一時間くらいで着くかな〜と思ったところ、「まもなく気流の悪いところを通過します」のアナウンス。それと同時にCAさんたちがバタバタ着席してベルトをしめ始めました。数分後、激しい縦揺れ(涙)絶叫マシーン苦手な私は涙目でふんばってました。大型機なら大した揺れではなかったのでしょうが、わりと小さめの機体だったために風の影響をうけて激しく揺れておりました(涙) 着陸時にもかなり時間がかかり、無事に帰国できたことを神様に感謝しました…。ちなみに隣にいた夫はけろっとして「国内線のプロペラ機はもっと揺れるぞ〜」とのことでした。

    ユーザーID:2953950939

  • 台湾で・・・

    十数年前、社員旅行で台湾に行った際、
    台北からの移動で国内線の小さい飛行機に乗った時のこと。

    まだみんな乗り込んだばかりで「座席どこかな〜」と奥に進んでいる最中に
    もうブルブルブル〜と動きだし、
    乗務員さんが「シットダウン!シットダウン!」と叫び、
    「えぇ!?」と思いながらも、みんなとりあえずその辺の座席に座って離陸。

    するとすぐに給食のパンみたいなのと紙パックのジュースがポイポイ配られ、
    外では何度か「バフ、バフッ」という大きな音して、
    ずいぶん揺れながらも、なんとか無事に着陸しました。

    あの「バフッ」は何だったのかわかりませんが、
    「あぁ、これで社員全員いなくなるかも」と、うっすら思いました。

    ユーザーID:5588876617

  • 確かドイツで

    着陸時、台風だったらしく何度も下りては上がり、又旋回して再チャレンジ…というのを繰り返しました。
    乗客もみんな不安そう。そして私は…あまりの上がり下がりに酔ってしまい「早くおろしてくれ〜〜〜吐くかも〜〜」とダブルの恐怖。
    無事着陸した時は「ブラボー!」やら口笛やらで乗客が喜んでる中、私は無事の喜びと吐き気をこらえて涙目でした。

    もう一つ。アメリカの航空機で突然上から水がダーーーっと垂れてきた時は恐ろしかったです。(エアコンの水だと思うけど、よくわからない)

    ユーザーID:3684686452

  • 着陸前の揺れ、今でもこわい〜

    飛行機事故は、離陸後の30分間と着陸前の30分間に集中しているので、水平飛行中の多少の揺れには動じない私でも、アメリカ東海岸からロンドンへの機内では恐ろしい体験をしました。

    ロンドン上空で「霧があるが間もなく着陸態勢に入る」と機長のアナウンスがあった直後から、機体が上昇したり下降したり、小刻みに上下左右に揺れたり、大きく左右に傾いたり、まるで嵐の中の船のような状態が数十分も続きました。

    機内は静まり返り、きょろきょろ辺りを見回す人が続出する中、ついに私の後ろのアメリカ人女性が、すすり泣き始めました。

    「Oh my God」と繰り返しながら、もう耐えられない、これから何が起こるの、ああ神様助けてと、聞いているうちに、私も真剣に青ざめてしまいました。

    この女性は、最初ダンナさんと2人の息子さんと4人で前列の私達のシートに間違って座っていたので、あのいかにも気丈そうな3〜40代のアメリカ人の母親が、家族の手前で冷静さを失ってパニックになる程の揺れだと思うと、無事に着陸するまでは恐怖心との戦いでした。

    でも主人は「大した揺れじゃない」と言い寝てましたが。。。

    ユーザーID:4017347628

  • 結局何もなかったんですが

    台風の中飛び立つ飛行機に乗った時は緊張しました。
    それなりに揺れたのですが恐怖を感じる事はなく、無事暴風圏内を抜けた時はホッとしました。
    福岡から仙台に一泊の予定だったのですが、次の日追いつかれた台風により帰りの便が欠航し二泊しました。
    素人目には行きの方が明らかに暴風だったんですがね、おもしろいですね。
    これは心構えが出来てたから良かったんだと思います。
    天気の良い中、急にガクンと揺れた時の方が怖いです。

    ユーザーID:8256711030

  • 狙われてたの?

    NYで9.11のテロが起こったときにアメリカ在住でした。
    その年の暮れに家族でメキシコ旅行の予定でいたところ、第2のテロが
    予告されアメリカ発の数便のフライトがキャンセルになりました。
    幸い私たちの便は予定通り飛びましたので、家族でメキシコへ出国し
    数日間楽しんで帰国便に乗るためにメキシコの空港に到着したところ、
    物々しい警備でビックリ。
    私たちの便が、どうやら狙われている数便の1便だったらしく、
    同じ路線の前2便はフライトキャンセルになっていました。
    登場予定の乗客は一部屋から出ることを許されず、トイレに行く時には
    銃を持った兵士が同行(涙)。
    それはそれはすごいセキュリティーチェックを終えて、いざ飛行機に乗り込んだら、これまたビックリ。
    ビジネスシートには黒いコートにアタッシュケースを持った強面の
    警官が陣取り、通路にも警官が仁王立ち。
    その状態で5時間のフライトを終え、アメリカの空港に着陸時には、
    窓の外に戦闘機がお出迎え(滑走路に誘導)!
    着陸時の乗客の歓声と拍手と、警官の能面のような顔が対照的でした。
    ある意味での怖い経験でした。

    ユーザーID:2446732181

  • 20年前ですが。

    ハワイのホノルル空港を離陸する時です。普通離陸する時ってパワーが全快しますよね?

    それが離陸する直前にそのパワーが無くなり静かになったのです。当然離陸は止めたんだろうと思ったらそれまでの勢い?のせいでエンジンが止まったまま離陸してしまったんです。飛行機は右の翼が海に近く窓からはさんご礁が見えました。機内は何も音はしないで不気味でした。飛行機のエンジン音が聞こえたのはそれから30分ぐらいしてからだったと思います。「墜落する」ずっとそう思っていました。

    一緒にいた5歳下の妹を守る事も出来ず両親は2人の娘を失うのかと思って気が変になっていました。それからエンジン音がして水平奇行になりましたが誰も機内食は食べず嘔吐していた人もたくさんいました。日本に戻って来て着陸するする前もいきなり霧に包まれドスンと言う音がして着陸しました。そして格納庫に衝突する寸前で急ブレーキをかけられベルトがお腹に食い込んでしまいました。

    飛行中もアナウンスはありませんでした。私達は何があったのかもわからないまま卸されました。何人かの人達は車椅子で出て来ました。本当に墜落すると多い怖い思いをしたのにいまだに理由がわかりません。

    ユーザーID:1532237554

  • それはよく晴れた夏の日…

    沖縄から帰る便で、窓から見える景色に
    「わあ〜、九州が良く見える!関門海峡だね!あれは!」
    と、興奮気味に話す私に、姉が一言、
    「今、中国地方を飛んでるよ…」
    地理感のなさに、自分で自分が怖くなった。

    ユーザーID:5443651584

  • 荒っぽい運ちゃん

    パリからロンドンに向かうBA機だったと思います。
    誘導路走行中、CAさんがシートベルトの確認をしながら、通路を歩いていました。
    ‥‥‥と、チャイムも鳴らずに、突然エンジンの音が高くなり、結構いいスピードで急カーブを曲がって滑走路に進入、そのまま加速して離陸。
    CAさんたち、苦労して自分の席に戻りましたけど、シートベルトを締めるヒマはなく、4点式シートベルトを胸の前で握りしめ、足を踏んばって必死で耐えていました。

    その飛行機、離陸上昇中に、たいした高度じゃないと思いますけど、ストーンと落ちました。
    フラップを早く上げすぎたのかな‥‥‥と思いますが、機内は一瞬「わあっ!」という声の大合唱。

    あと、成田が出来たばかりの頃、父がアメリカ出張から戻ってくるというので、お出迎えに行きました。
    まだインターネットのない時代、電話で運航状況を確認したときには定刻だったのに、成田に着いてみると遅延に。
    1時間後、2時間後に出発した飛行機は次々と到着しているのに‥‥‥。
    本当にドキドキしました。
    無事帰国した父に聞くと、滑走路まで出たけれど、エンジンが不調で戻って整備したとか。

    ユーザーID:8696226517

  • ついこの間

    春一番が吹いた日に、成田に到着する飛行機に乗っていました。出発時間も成田付近強風の為で1時間遅れ、「揺れるんだろうなぁ」と覚悟して乗りましたが、着陸寸前の飛行機の揺れは半端ではなかったです。雲の間でのフリーフォールのような揺れが収まって、窓から滑走路が見えてきたと思った瞬間に激しい左右への横揺れ(風が強い中、バランスをとっていたのかな?)、足元に収納しておいた荷物も転がっていくし、心の中で「神様助けて」って祈ってました。
    着陸したときには本当にホッとしましたね。

    ユーザーID:6913502608

レス求!トピ一覧