捨てるものも工夫すれば役にたつ?

レス5
(トピ主1
お気に入り7

生活・身近な話題

eco

高度成長社会に住む私たちが出すゴミの事、なんとかならないものかといつも気にしています。せめて自分だけでも!と捨てるものを再活用する方法はないものかと考えてます。

例えば最近、掃除を上手にするサイトを見ていて1案浮かびました。

ミネラルウオーターのプラスチックのボトル、毎週何本と捨てているのですが、あれをそこから6-7センチのところで切って、それに下着や靴下、手袋等小さなものを入れて引き出しの中を整理する事に使っています。引き出しが深いので、いつもごちゃごちゃになっていましたが、この透明プラスティックで2段に重ねて収容する事ができました。

こんな小さな工夫で捨てるものを利用できたら、地球のエコロジーにもなるし、自分も気持ちがよくなるので続けたいのですが、皆さんの中でこんな事をしているというお話、聞かせて頂けませんか?

よろしくお願いします!

ユーザーID:2722264259

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • もっと冷静に

    全体をちゃんと見ましょう。
    それで、やれているのは整理整頓の改善だけです。

    購入しているペットボトルの量は変わらないようなので、
    長期的には廃棄量に変化はありません。
    無理に善意に解釈すれば、将来的な整理用品の購入の可能性、
    すなわち整理用品の廃棄の可能性が下がっているところに意味があります。

    この件に関して必要な知識は足し算引き算程度です。
    エセのエコ商売に引っかからないようにお気をつけください。

    ユーザーID:1187582917

  • エコを考えるなら・・・

    ミネラルウォーターをペットボトルで買わないのが一番いいんじゃないですかね・・・

    今はペットボトル型ではない販売形態がいろいろありますし・・・

    ユーザーID:0854620675

  • エコじゃなくって、エゴじゃ?

    トピ主さんが日本在住だとすれば、ピントがずれていますね。アメリカなら、分別回収していない所がまだ多いですから、言いたいこと、分かります。
    「ミネラルウオーターのプラスチックのボトル、毎週何本と捨てているのですが」って、そのプラスチックのボトルはペットボトルじゃないんですか?ペットボトルでないなら、「捨てる」しかない容器の商品を買い続けるのはなぜですか?浄水器付けるとか、リユースできるボトルのお水を買うとか、他に方法できるでしょ?ボトル入りのミネラルウォーターを買うしかないなら、リサイクルできる素材(ペットボトル)の商品を買いましょうよ。

    廃品利用のつもりかもしれないけど、工作に使ったりして切ったペットボトルの残骸は、「回収しません、ゴミとして出してください」という自治体もあるので、安易に加工しないほうがいいです。トピ主さんのお住まいの自治体に確認してください。

    トピ主さんの、物を大切にしたいという気持ちは、とても大事だと思います。ただ、もうちょっと、長い目というか、広い視野を持って、根本的なところから生活を見直すほうがいいのでは?

    ユーザーID:6927901030

  • いい遅れました、すいません。

    私は南欧に住んでいるのです。浄水器を取り付ける事も普及していません。リースするというシステムもありません。新しく家を建てるようなことになれば家で使うの水を全部きれいにしてしまうシステムをつける事も可能なのですが、今の家は借家ですので、ペットボトルの水を買っているわけです。ちょっとピントが外れてましたね。ごめんなさい。

    でもこんな事もしています。最近朝日新聞で読んだので、日本ではあまり知られていないのかな、と思いました。
    台所からでる野菜の切りくず、お茶っ葉、コーヒーの出し殻、庭からは落葉、雑草、刈った芝などを、網で円筒を作った中に円筒状のプラスティック(換気の為に穴があいている)を入れその中にためています。いっぱいになったら閉じて半年から一年寝かせて園芸用の土ができるというものです。予定どおり行けば、秋には捨てるはずのものから土ができるわけで楽しみにしています。

    ユーザーID:2722264259

  • やはり海外でしたか・・・

    やっぱり海外でしたか。国や地域でリサイクル事情が違うので、やり方が違って当然ですよね。できることから始めたいというトピ主さんのお気持ち、よく分かります。ちなみに、生ゴミを堆肥にしたり、急速乾燥させて減量する仕組みは、結構日本でも広報活動は盛んです。導入する家庭に補助金を出している自治体も多いです。特に東京など大都市圏ではゴミを埋める場所がなくなりつつあるので、行政側の危機感は強いと思います。でも、個人レベルの工夫や努力が、一番大きなパワーになりますよね。

    私が普段しているのは、買い物の時に包装を断ることと、ゴミの徹底した分別でしょうか。幸い、住んでいる自治体がリサイクルと資源の分別回収に注力しているので、私も丁寧に分別して資源がリサイクルの輪に戻るよう頑張っています。

    廃品の再利用ということであれば、古いTシャツを切って靴磨きに使うとか、鍋の油や醤油を吸い取らせたりします。でも古着や古布も、資源として回収してくれるので、厳密には「廃品」とは言えないですね。

    ユーザーID:2705985481

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧