自分の中が本当にからっぽなのです

レス9
(トピ主1
お気に入り34

心や体の悩み

りり

35歳女、独り暮らしで求職中です。
30まで会社員をしていましたが、結婚予定で退社→破談。
会社員の頃のスキル(クリエイティブ系)を使い請負で仕事をしていますが、
折しの不況で仕事量が激減、年齢のこともあり再就職を考え始めました。
しかしここにきて、何をするにも気力が全くわかず、困っています。
ここ数年、公私ともに気苦労が絶えず、その反動か
私の中の職業人としての情熱が死んでしまったかのように心のそこから空っぽです。

今何がしたいのか、どうなりたいのかも全く分からなくなってしまい、
そんな自分にとまどっています。希望もないけど、不思議と辛さもありません。
(貯金がなくなると生きていけないはずなのですが)
そのうちお尻に火がつくだろうと、しばらく何もしない半休養生活も10ヶ月。
生活はいよいよ苦しいのに、
心はいまだにし〜んと静まり返っています。

ウツなどの症状はなく、日常生活はできます。健康です。
ただ、どうにもなりたくないのです。
恋人はおらず、頼れる家族はありません。
このままだと家がなくなっても行動も起こさず無気力のままいそうで怖いです。

ユーザーID:2520621729

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • からっぽの自分も肯定してみれば

    気力が湧かないのは、疲れているのです。
    体は健康でも心が付いていかない。
    気力が満ちるまで、休養・充電すればよいのです。

    「からっぽだ、無気力だ、なにかしたいかわからない」
    そういう自分をまるごと肯定して、認めて、
    少しづつ前向きなアクションを取れればいいですね。

    今はニュートラルな状態、これから何でもできる、
    とポジティブに考えて。

    ユーザーID:4113415423

  • 順番を変えてみましょう。

    たぶん、人はいつも「心が先にあって身体を動かしている」ものではないと思うんです。

    からっぽのままでいいから、短期バイトでもして先に身体を動かしてみては?
    職種も時給もこだわらずに。
    身体を動かしているうちに、きっと心も動き始めます。


    >どうにもなりたくない

    この気持ちすごくわかります。
    行き当たったからには、そこを抜けてどこかへいけるはずです。

    ユーザーID:3362191252

  • 何も考えずに身体を動かしてみては?

    りりさん、こんにちは。わたしもクリエイティブ系、フリーランスです。30代独身。フリーになって10年くらい経ちますが(これまではこの仕事1本で、まったく不自由なく生活してきました)、こんな大不況は初めてです。ホント、びっくり。

    りりさんは、身体は元気で気力がわかないとのこと。こういうときは、とにかく考えない、考えない。ココロや頭を使わずに、身体をめいっぱい動かしてみるといいんじゃないかしら?日差しや風を感じながらのウォーキングやジョギングなど、どうですか。光や風はココロのビタミンだしね。とくに午前中。気持ちいいですよ。

    少し元気が出てきたら、アルバイトもいいですね。できれば一心不乱にモクモクと身体を動かすような仕事がいいかも。

    わたしは近所のパン屋さん(製造)でバイトしてみようかな?なんて思い始めました。アルバイトなんて学生以来はじめてのことですが、まったく別の職業を体験するチャンスと気持ちを切り替えたら、なんだかワクワクしてきました。この際、不況を楽しんじゃえ、なんて思っています。不況ならではの面白い出逢いもあるかも。

    ユーザーID:7054664773

  • 取りあえず 一歩を!

    取りあえず、何でもいいから一歩前に足を踏み出してみませんか。
    山登りで、疲れた体に鞭打って登った一歩。 たちまち新しい風景が広がって感動。
    こんな経験があると思いますが・・・
    一歩だけで 今までと景色が全く違ってくることもありますよね。 

    「何をするにも気力が全くわかず、困っています」 
    そうですよね。そんな事よくありますよね。
    自分ってそんなに変えられるものではないでしょう。
    ならば、景色をかえてみては。
    そして何かに惹かれたときは、何も考えず突き進む。
    「思い」だけでは すべて否定的になると思いますが。

    私はカメラをかついでよく出かけます。
    「もう引き返そうか」 「いや、あの防波堤まで行ってみよう」
    防波堤に登ると、若い女性が夕日に向かってと立っていました。 
    よくある光景ですがちょっとした感動を覚えました。
    「来て良かった」 急いで帰宅し、食事もせずに写した写真の現像をしました。
    その日は いつもと違いました。

    ユーザーID:9276244431

  • 立ち止まってダメなら

    進みましょう。
    一人で居ると殻に閉じこもって中々抜け出せませんよ。
    私は短い期間でしたが、そうなりかけて無理矢理自分のお尻を引っぱたいて就活しました。
    生活のため、頑張れませんか?
    健康な体が一番の財産です。
    家に居ても恋人は出来ませんよ!

    ユーザーID:1468065458

  • きっと貴女を待っている人がいますよ

    文面から、しっかり自分を持っている方とお見受けしました。破談の原因が不明ですが、それが貴女の人生設計を一時的に惑わしているのかも・・・時には孤独も必要ですが、いつも貴女の事を気にかけ、いたわり、無償の愛を注いでくれる。そして貴女もそれに応える事の出来る相手がきっと現れますよ。人を慈しむ気持ちと、笑顔を忘れなければ・・・
    さあ〜明日から仕事探ししましょう。動かなくては何も始まりませんよ
    中途半端なスキルよりも笑顔のすてきな、前向きの女性の方が魅力的ですよ。ちなみに還暦過ぎた×一オヤジですが、毎日会社経営に専念し、社員の前ではいつも笑顔で『大丈夫、大丈夫』(汗)
    白州次郎のように生きたい・・・無理ですが(^o^)

    ユーザーID:4186185245

  • ありがとうございます。

    皆さん、早々のレスありがとうございます。
    本当にレスがつくんだ…。ちょっと感激しています。
    ご意見何度も読み返しているところです。

    動かなければ…と頭で思っていても、
    どうしても動けない(動きたい対象がない)。
    でも、切実な症状や事情がある訳でなく
    (多少傷の多い人生ではありましたが)、
    罪悪感に駆られながらも、心が行動することを頑なに拒む。

    皆さんはバイタリティーもって前を向いているというのに。

    自分の中の空虚感に完全に支配されています。
    でも、そのことが辛くも悲しくもなく(←これが我ながら最も不思議。)
    すべてが「無」です。

    引き続きご意見お願いします。
    同じような経験から脱出された方のお話も聞いてみたいです。

    ユーザーID:2520621729

  • そんな時は流されましょ

    りりさん&チャレンジャーさん同様、クリエイティブのフリーランスです。
    わたしも去年同じような状態でした。
    何がしたくて、どうなりたいかも分からない状態…。
    お金もないのに去年はほとんど仕事をしませんでした。
    最愛の人とも別れ、仕事も無くなり、
    心の底から空っぽで、でも不思議に不幸ではなくて…。
    全然お尻に火がつきませんでした。

    こんな時は小さく膝を曲げて、やり過ごしましょう。
    小さな流れに流されて、きっといつか急流に出会うでしょう。
    幸か不幸か分からないけど、そのとき火がついてロケットみたいに飛びますよ。
    私みたいに…。
    (年末から予想し無かった不幸続きに見舞われ、ただいま発射せずにはいられない状況です。不況なのにィ…)

    ユーザーID:5753410875

  • 取りあえず 一歩を!―――その2

    >同じような経験から脱出された方のお話も聞いてみたいです。
    との事で 再度レスさせていただきます。

    私もこれまで度々虚無感に囚われてきました。
    最初は、学生の頃で、その後も同様の無気力感に度々襲われました。
    一仕事終えたときの満足感そして安堵感、しばらくしての無気力感。
    「人との激しい関係」が終わったときの無力感。
    これらの連続でした。

    >自分の中の空虚感に完全に支配されています。

    どうやらクリエイティブな性格には これはつきものかもしれません。

    私の愛読書であった ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」の一節にこんな言葉があります。
    「・・・多くの場合そうであるように・・・行為を束縛するものが何もないときには、魂は行動する自由をはるかに少なくしか持たないものである。・・・」

    皆さんからのご意見は、結局は「動け」と言うことのように思います。
    私が「取りあえず 一歩を!」と言ったのも同じです。
    自分がクリエータである宿命とあきらめ、「火中のクリ」に手を出してみてはどうですか、
    あなたの魂は、きっと再び燃え上がると思いますが。

    ユーザーID:9276244431

レス求!トピ一覧