• ホーム
  • 話題
  • 「この歌が一番!」って決められますか?(駄)

「この歌が一番!」って決められますか?(駄)

レス83
(トピ主26
お気に入り40

生活・身近な話題

あれから30年

レス

レス数83

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありがとうございます。

    とうふさん、レスありがとうございます。書き込みが遅くなって申し訳ありません。

    ベッド・ミドラーの「The Rose」ですね。きっと聴けばわかると思います。(こればっかりで申し訳ありません・・・)

    「ジャニス・ジョプリン」は椎名林檎さんの歌詞に出てきたりしますが、どういう人なのかはわかりませんでした。シンガーだったのですね。
    「パーラメント」のCMは懐かしいですね。昔はよく外国煙草のCMが流れてましたね。

    世の中の全てのものが必ずしも正しい方向へ進歩しているとは思えないのですが。

    >それにしても、愛って何なんでしょうね。

    難しい質問ですね。「The Rose」の中からのチョイスであれば入ってないかもしれませんが、私が考える「愛」とは「赦し」ですかね。
    クリスチャンではありませんが、イエス様もお釈迦様も真理は同じだと思います。(言葉足らずで誤解を生じさせてしまったら申し訳ありません)

    自分と違った考えの人の意見に耳を傾け、理解しようとする、受け入れる、赦すのが「愛」じゃないかと思います。相手を尊重し、和解することで、その先に平和があるのだと思います。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • The Rose

    ベット・ミドラーの曲で、いろんな角度から「愛とは・・」と、詞が綴られてます。
    60年代に活躍した女性シンガー「ジャニス・ジョプリン」の生涯が描かれた映画「The Rose」の曲です。
    また、タバコの「パーラメント」のCMでも、1987年ごろに使われていました。

    20代の頃、大阪・梅田にある隠れ家的なバーに足しげく通った時期があります。
    そこはDJがいて、いつも私がこの曲をリクエストするものですから、顔を覚えて下さったんですね。
    来店してしばらくすると、この「The Rose」が流れたものです。あ〜、懐かしい!
    私のテーマソングとも言える曲!もちろん、結婚式でも使わせてもらいました。

    それにしても、愛って何なんでしょうね。
    川?カミソリ?飢え?花?
    皆さんはどう思われますか?

    ユーザーID:9623630928

  • ありがとうございます。

    満月夜空さん、レスありがとうございます。

    新居昭乃さんの「美しい星」を聴く為にも「ウインダリア」ぜひ見てみたいです!

    不動の一位があるってとても幸せなことだと思います。「たかが歌でしょ〜」と、さして重要な感じもしないかもしれませんが、歌の力って実はすごいと思うのですよね。生きていく上でパワーをくれるとても大切なものだと思うのです。

    辛い世の中で人生をなんとかがんばっていくために、「この一曲」があるのとないので全然違うものなのではないかと思うのです。

    中年になり人生を振り返ると、辛いこともありました。あの時「不思議なピーチパイ」が流れていたら踊っていたのかな、と今考えました。
    きっと「あの頃はよかったのに!あの頃に帰りたい!」とワンワン泣き叫んでいたのではないかと想像します。「なんで今こうなのー?」と八つ当たりもしてそうです・・・

    でもその一瞬で自分のいい時代を思い出すことができます。比較すると辛いかもしれませんが・・・。でもどん底がずーっと続くわけではないです。
    絶望の淵にいる時でも「この一曲」で踏みとどまって、気持ちの切り替えができたらいいですよね。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • 不動の一位

    私の中にも「この曲を越える曲はない」という不動の一位の曲があります。

    新居昭乃さんの「美しい星」という曲です。
    まだレンタルビデオ屋さんが初めて出来た頃、レンタルして来た「ウインダリア」というファンタジーアニメを見て、物凄い感動し、その時の主題歌がこの曲だったのです。私の映画の不動の一位もこの「ウインダリア」なんです。

    「美しい星」はそのタイトル通りの詩の内容で、美しいこの星を誰が壊してもいけない、子供たちに伝えて行く為に・・・というような内容になっているんです。少し物悲しい旋律とクロスして何度も涙してしまいます。寂しいけど暖かい・・・そんな歌です。
    他にも沢山沢山好きな曲はあるんですが、この曲が一番なのは20年以上経った今も変わりません。

    ユーザーID:9828299042

  • ありがとうございます。

    タマッチさん、いつもありがとうございます。

    清水博正さんのCDは既に生協に注文しました。来週には配達してもらえると思います。届くのが楽しみです。

    それぞれの方にベストソングがあるように、それぞれの方にそれぞれの日本一があると思います。

    私もベストソングの「不思議なピーチパイ」は不動ですが、日本一の歌手はと聞かれたら、答えに詰まりますね・・・

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • くどいオジサンと思わないで

    聞いて下さい。
    先日申し上げた清水博正さんのことです。
    ネット検索で色々出ますが、【こぶしdeねっと/清水博正「プロフィール」】に入ってみてください。
    弦哲也さんとたかたかしさんのコメント・エピソードがあります。
    なにはともあれ、CDを聴いてほしいのですが・・・。

    ユーザーID:2508847772

  • トピ主さん、ヒロさん こんにちは

    ヒロさんのレスを読んで、一時はそれほどの辛い思いをされながら「よく頑張られたね!」とエールを送り、また勝手な感傷に浸っておりました。

    そして今日、トピ主さんの心温まるコメントがなんて素敵なんでしょう。

    男も歳をとるほどに涙腺が緩くなるのでしょうか、小生もよく泣きます。
    幸いなことに、辛い悲しい出来事ではなくテレビを観ての感激の涙だったりが多いのですが・・・。

    昨日書き漏らしました、お母様にお伝えください。
    私も北島三郎が好きですが、もうお一方天童よしみという天才が居るために「日本一」の称号を与えることができません。これは永久に決められないかもしれませんが、決めないといけない事でもありませんね。(笑)

    ユーザーID:2508847772

  • ありがとうございます。

    ヒロさん、ありがとうございます。

    泣きながら環状線に乗って「時代」を口ずさんでいた時は、お辛かったでしょうね・・・

    >この歌のおかげで、私は死を回避出来たと今でも思っています。

    みゆきさんの「時代」のように、生まれ変わって歩きだせたのですね。
    ヒロさんが生きておられ、このトピに書き込んでくださったこと、私はとてもうれしいです!!(みゆきさんもきっと同じお気持ちです!!)

    ヒロさんのように、歌を口ずさんで生まれ変われる人々がもっともっとたくさんになって欲しいです。

    人はいろんな思いを抱えて今を必死に生きていますよね。でも苦しい時は、ちょっと立ち止まって休憩して欲しいです。

    辛い時は辛いと言い、泣きたい時は泣いて欲しいです。
    私も泣きたい時は号泣します。涙もたくさん流します。でもそれで辛いことを吐き出せるんです。泣くとすっきりしますよ。

    男性の方も泣いて下さいね。辛いことが多いんですもの。いいんです。泣いても。無理しないで下さいね。会社を辞めるのと、生きることを止めるのと、どちらが正しいですか。

    「生きること」とは・・・考えてみませんか。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • やはり、この曲です

    こんにちは、
    素晴らしいトピです。
    私の、一曲は、中島みゆきさんの時代です。

    この歌のおかげで、私は死を回避出来たと今でも
    思っています。何度も、何度も繰り返して口ずさむ
    ながら、あの時代は一人泣きながら大阪の環状線の
    電車に乗っていました。

    ユーザーID:3389721150

  • 間違い訂正です

    本日お昼のレス、北陸ではなくて正しくは東北でした。スミマセン。

    ユーザーID:2508847772

  • 早速のレスありがとうございます

    上空から眺めれば日本の大人も子供も幸せでしょうね。同感です。

    「江差追分いいですね〜」とは!これまた嬉しいです!
    元々は北陸辺りから伝わった追分が時間と共に変化して江差追分になったと聞きますが、その地で生活の糧として唄われ続ける民謡は人の心を惹きつけるものがありますね。

    高橋竹山いいですねー。若い頃買ったLPを2.3枚持っていますが、渋谷ジャンジャンホール?(うろ覚えです)かでのライヴ盤は独特の語りが面白かったり悲しかったりで三味線以外の魅力も満載です。

    清水博正!赤◎上昇です、是非聴いてくださいね。

    尚、これへのレスはどうぞお気遣いなさいませんように。

    ユーザーID:2508847772

  • ありがとうございます。

    タマッチさん、ありがとうございます。
    日本の子供達は幸せですよね。そして日本人も幸せ。

    でもそれを忘れているのか気づかないのか、不平不満を言う人が多いと思います。小さなことに気づき感謝することで、幸せな毎日を送ることができると思います。

    ところで「江差追分」!いいですね〜。民謡はとてもすばらしいと思います。土地の人が暮らしの中で歌ってきた歌ですものね。厳しい自然や辛くて過酷な労働の中で、歌うことで自分を励まし、癒し、慰め、喜び、生きてきたのだと思います。

    民謡や演歌はものすごく伝わりますね。どんな歌でもそうですが、歌い手の気持ちは大切です。心を込めた歌というのはとても感動させられます。

    歌詞はないですが、高橋竹山の津軽三味線には心が激しく揺さぶられます。スゴイと思います。泣けます。

    年をとって、美空ひばりさんが稀有な大スターだったとようやく理解できました(子供の時に祖母と母と観にいったことがあるというのに、記憶にないのが悔しいです)。母は「北島三郎は日本一だね!」といいます(現役演歌歌手の中で)。

    清水博正さん!赤◎急上昇ですね!絶対聴きます!

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • ありがとうございます。

    ラブ・シュプールさん、
    シングル・アゲインですね・・・あれは切ないです。まりやさんの歌はああいう切ないメロディーもいくつかありますが、よほどパワーがある時でないと沈んでしまうのでちょっと避けてしまう私です。
    まりやさんってなんであんな詩がかけるんだろうって不思議に思います。だってご本人はそんな感じじゃないでしょう。そういう意味では林○理子さんの小説も同じです。ご本人に体験があるようには・・・あっ!いけないっ!


    塩焼きそばさん、
    ポルノグラフィティのmugenですね。

    >幻想と現実の融和を歌っていて歌詞と曲が好きです。

    ポルノグラフィティは初期の頃のヒット曲くらいしか知らないのですが、この感想はなんだか私の心をくすぐり、惹かれますね。
    mugenというタイトルだからそんな感じがするのでしょうか。とても聴いてみたいです♪

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • ポルノグラフィティ。

    私はポルノグラフィティのmugenですね。
    幻想と現実の融和を歌っていて歌詞と曲が好きです。
    恋愛を主に扱ってないのも良いです。
    個人的にですが。

    ユーザーID:4216058077

  • トピ主さんが気に入って

    二度目の投稿ですが、本題とは大ズレの還暦マンの戯言を聞いてください。
    まずトピ主さんのコメントに出てくる戦争や平和や子供たち云々に、貴女のお人柄を垣間見ることが出来たようで爽やかな気分、嬉しいです。

    さて小生の音楽のジャンルはやたら広いのですが、最近休日にお酒を飲みながらよく聴くのは北海道民謡の江差追分かもしれません。プロ歌手の他に、毎年江差町で行われる全国大会優勝者のCDを聴くのですが、尺八の音と共に流れる朗々たる歌声に酔いしれております。

    あと演歌の新人で、清水博正という目の不自由な高校生歌手が素晴らしいですね。
    この人の名前は「NHKのど自慢全国大会優勝・・プロデビュー」の読売記事を昨年見つけてアルバムを購入しました。
    オリジナル曲は『雨恋々』他まだ多くないようですが、美空ひばりの「みだれ髪」北島三郎の「風雪ながれ旅」・・・胸にジンジンと響いてきます。
    もし演歌にも興味がおありなら、一度聴いてみてください。

    ユーザーID:2508847772

  • 一曲だけ選ぶのって・・・やっぱり難しいです

    前から自分でも一番好きな曲って何かな?って考えたことがあるのですが、やっぱり一曲だけ選ぶのって、難しいです。

    それでも、あえて一曲だけを選ぶとしたら、
    竹内まりやさんの「シングル・アゲイン」かな。

    歌詞の中で、
    「もし再び出会って、瞳を探り合っても、隔てた時を埋める術は何ひとつ無い。手放した恋を今、あなたも悔やんでるなら、やっと本当のさよならできる」っていうところが、胸がキュンと締め付けられます。

    中学時代に大好きだった彼女とお互いに好意を持ってはいたけど、違う高校に行ってしまい、すれ違いでちゃんとした交際がほとんどできないまま、自然消滅したような感じの中、何年か経って、偶然、彼女を見かけた時の淡い恋の感情が、歌詞とダブるので好きなんだと思います。

    ユーザーID:6009773679

  • ありがとうございます。

    ねこさん、2度目のレスありがとうございます。
    「It’s a small world」、いいですね〜!
    これってあのディズニーランドのあれですよね?世界の子供達が民族衣装着てこの歌を歌っている中を、船に乗って回るアトラクションのあれですよね?

    だとしたら、感動ですね〜。あれはいいです。私は完全なる中年な上に子供もいませんけど、友人(もちろん中年)同士で行っても乗ってしまうんです。癒されるし、なんか感動してちょっとうるっとすることもあります。

    世界が平和で、世界中の子供達が幸せな世の中が実現して欲しいです。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • ありがとうございます。

    タマッチさん、レスありがとうございます。
    団塊の世代の方々の青春時代って70年安保闘争とかベトナム反戦とかの時代ですかね。岡林信康さんの「チューリップのアップリケ」というのもそのような時代の歌なんですね。

    昨今は昔を懐かしむ風潮が広がっていますね。古きよき時代でしたけど、一方では高度経済成長による環境汚染や公害問題もあったし、確かに貧困や差別は今よりもっとひどかった気がしますね。

    >貧困が原因で家を出てしまった母親を偲ぶ少女の心の叫びが歌詞です。

    想像するだけで切ない歌ですね・・・でも今こそこんな歌を聴けば、なんだか平和ボケして自分に甘い私達は、もう少し正しい目線でがんばれるのかもしれませんね。

    フランク・シナトラの声を想像したら、きっと素敵って思っちゃいました。ロクムさんに教えていただいた一曲、ジャズの名曲ですね♪

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • 心境が変わりました

    2回目です。1回目は「さとうきび畑」でしたが、先日、某所で
    それこそ、国籍、肌の色が違う子どもたちが、何の屈託もなく
    仲良く遊んでる姿をみたら、「It’s a small world」もいいなと思いました。人類共通の理想です。

    ユーザーID:6511863712

  • やはりフォーク時代の曲ですね

    1曲に絞るのは難しいのですが、フォークソングブーム時代が青春真っ只中だった団塊の世代の私には、岡林信康の「チューリップのアップリケ」が無くてはならない存在です。(当時より、別名フォークの神様)
    元々はフォーク=反戦歌が構図だったのでしょうが、彼の歌には反戦よりも貧困や差別を取り上げたものが多くあり、ある女性の遺書が基になったらしい「手紙」と共にその代表曲だと思います。
    貧困が原因で家を出てしまった母親を偲ぶ少女の心の叫びが歌詞です。何度聴いても悲しすぎて切な過ぎるのですが、健気な彼女を応援したくて聴くのかも知れません。
    最近はコラボ等で別路線を歩まれていますが、当時のライヴ盤がCDで色々と出ています。ぜひ一度聴いてみてください。
    PS:フライミートゥザムーンはフランク・シナトラが好きですねー。

    ユーザーID:2508847772

  • ありがとうございます。

    歳がばればれさん、
    ♪街のあかりがとてもきれいねヨコハマ!
    ですね〜。私も好きですよ〜!私は関東人ですが都会ではないので東京・横浜は都会=怖いところみたいな感覚でした。CMで見る食べ物も食べられなくて、横浜のお菓子のCMを見るたび恋焦がれていました。それを横浜に住む大叔父が持って来てくれたときは早く食べたくてお客さんがいるのにチョロチョロしてましたね〜!
    先日新幹線に乗った時、昔の人はこれを歩いたのか〜としみじみしましたね。「他国を見られる」と言われても・・・「家定公、簡単に言うよねぇ〜」って思い返してました。

    丁稚のさだ吉さん、
    さすが阿久悠さんですよね〜。そしてこれをジュリーが歌っているっていうのがたまりません!
    当時子供の私には沢田研二さんのセクシーさは全くわかりませんでしたが、大人になってからはあの群を抜いた色気を理解できました。「なるほど〜、だからあんなに大人の女性が燃えていたのね」
    (この歌は百恵ちゃんのプレイバックパート2にもでてきますよね〜)

    バーボンのボトルを抱いても絵になります・・・この歌を歌いこなせるのは、ジュリー以外にはいないと思います。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • ありがとうございます。

    お返事が遅くなり申し訳ありません。レスありがとうございます。

    リンクルおじさんさん、
    「愛が生まれた日」ですね〜。はい、ヒットしましたね!カラオケで皆が歌ってました!確かにきれいなメロディーです。
    あの時代はデュエット曲がたくさんありましたけど演歌だった気がするので、この歌は画期的だったのかもしれません。明るく楽しい時代でしたね。「Teen Town」もきっときれいなメロディーなんでしょうね。聴いてみたいです。

    クマネコさん、
    >お互いの旅立ちを祝福したい。立ち止まることなく歩き出す勇敢な人々みんなに、あふれるほどの幸せがありますように!

    ちょっとうるっとしてしまいました・・・自分以外への幸福の祈りは自分に返ってくるのです、自然に。

    >このトピのおかげで、小沢健二のアルバムを久々に聴いてみました。

    すごくうれしいです!人生を生き抜くのってとってもハードだと思うんです。特に今の時代。だから辛い時はそのまま頑張り続けるのではなく、時々少し立ち止まって幸福な時代を思い出していいと思います。エネルギー補給できたら、それからまだ動き出せばいいと思うんですよね。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • 沢田研二さんの

    『勝手にしやがれ』です。
    ふられた男のやせがまんをこれほど見事に表現した曲を私は他に知りません。

    ユーザーID:1855787228

  • 懐メロになりますが・・

     子供の頃、母がお風呂の中でいつも歌ってくれた「ブルーライト横浜」♪
    九州の先っぽの方で生まれ育った私には、あの頃、横浜、東京なんてアメリカ行くのと同じ感覚でした。そういう意味では「篤姫」の方が進んでいたのでーーすぅ!

    ユーザーID:9512667172

  • 僕らが旅に出る理由

    小沢健二さんの「僕らが旅に出る理由」。

    ♪ぼくらの住むこの世界では旅に出る理由があり
    誰もみな手をふっては、しばし別れる♪

    二度と会うことのないであろう人にも「しばし」と明るく手を振って、お互いの旅立ちを祝福したい。
    立ち止まることなく歩き出す勇敢な人々みんなに、あふれるほどの幸せがありますように!
    そんな気持ちを込めて、人生のさまざまな別れの場面でくちずさんんできた歌です。
    好きなアーティストは?と言われたらぜんぜん別の人なのに(ファンの人いたらごめんなさい)、1曲選ぶなら、なぜかこの曲ですね。


    このトピのおかげで、小沢健二のアルバムを久々に聴いてみました。
    他の曲で、「10年前の僕らは胸をいためて『いとしのエリー』なんて聴いてた」という歌詞があるんですが、この歌を聴いてたのがもう15年前だわ・・・としみじみしてしまいました(わからないですよね、すみません)。

    ユーザーID:2291409384

  • わたしの一曲は・・・

    最近は昔ヒットした藤谷美和子さんの「愛が生まれた日」ですね。こんな綺麗なメロディをよくぞ作ったものと、作曲者に脱帽。Instrmentではジャコ・パストリアス(Jazz Erectric Basist)の「Teen Town」ですね。素晴らしいです。

    ユーザーID:0158150999

  • ベストソング、一曲だけお願いします。

    兎の耳さん、
    レス、ありがとうございます。
    3曲教えてくださいましたが、ベストソング一曲だとすると「花と小父さん」ということになるのでしょうか。伊東きよ子さんというお名前は聞いたことがあるように思います。

    良い歌はたくさんありますから、ベスト一曲と言うのは難しいですよね。私も皆様からレスいただいて「うわぁ〜♪」と思う曲もたくさんあるのですが、どんなに良い歌がでてきても私にとっては「不思議なピーチパイ」を超える一曲はありません。当然ですよね!だからこそ私のベストソングなのですから。
    例えば「竹内まりやさんの全曲」と「スピッツの全曲」と言う点で比べたら、私は「スピッツ」のマサムネさんワールドの方が好きだと思いますが、一曲だけなら「不思議なピーチパイ」がぶっちぎりです!

    歌というのはその時の心境や情景が一緒になって覚えているものだと思います。私にとって一番輝いていた素敵な時期が「不思議なピーチパイ」のヒットと重なっていたのでそのような結果になっております。

    せっかく書いていただきましたのにすみません。

    どうぞ皆様の「ベストソング」を「一曲」お願いいたします。

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • マイナーソング「花と小父さん」

    「卒業写真」
    街で卒業写真のあの人に再会し、卒業後の自分があまりにも変わってしまっているように思え、声をかけられなかったけど、変わった私を叱り見守ってほしいと。時が経って変わって行くなか、残像として持ち続けている、かつての思いは今も変わっていないのでは。
    「星に祈りを」
    長男田中邦衛、次男橋本功、長女佐藤オリエ、三男山本圭、四男松本省二の「若者たち」というドラマが60年代にあったそうですが、知らなかったものの、この空に陽が昇り歩き始める前向きな主題歌と、同じザ・ブロード・サイド・フォーの哀愁的な「星に祈りを」は、なぜか不思議に歌詞を覚えていて歌えます。幼ない頃の記憶が残っているでしょうか、後から聴いたからなのでしょうか。

    一番印象的といえば「花と小父さん」でしょうか。
    健気に咲く花の命は短いけれど、それでも疲れた小父さんを精一杯癒してあげたい。伊東きよ子「花と小父さん」の曲は、ラジオで聴くばかりでしたが、今も耳に残り続けています。マイナーになってしまいましたが。

    ユーザーID:5221639565

  • ありがとうございます。

    ぱふぱふさん、
    スピッツ!大好きです!出会ったのは20代後半でしたので青春時代は共にできませんでしたが、草野マサムネさんの世界が好きですね〜。彼の詩、曲、声、三位一体って感じです。私の出会いは「涙がキラリ☆」です。
    しかしながら持っているCDは2枚・・・(しかもベスト)。
    「魔法の言葉」にはKOされそうな予感です。あ〜みゆきベストに続いてこれも手に入れたくなりますね〜。スピッツは全部そろえたいと言えばそろえたいのです・・・ほんとのこと言えば・・・。でも今不景気を生き抜くのに精一杯です。でも欲しいです!スピッツのお気に入りは書ききれません・・・

    とおりすがりさん、
    「陽のあたる道」(Sunny Side Of Life)ですね。おそらく聴けばわかると思います。「高石ともや&ザ・ナターシャー・セブン」さんはわかりませんが、歌の方は耳にしたことはあると思います。
    「私の大切な、大切な、歌です。」
    このお言葉がとても嬉しいです。高石ともやさんもザ・ナターシャー・セブンの皆様も、作詞作曲された方もとても嬉しいと思います。
    そしてそんな大切な歌を教えてもらえた私も嬉しいです!

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る
  • ありがとうございます。

    みどりのおじさんさん、
    「丘を越えて」知ってます!古賀メロディーも藤山一郎さんも知ってますよ!古賀さんのギターを弾くお姿。藤山一郎さんのあのお声と姿勢の良さ!とても丁寧に歌われます。祖父母と一緒に見たのを思い出します。
    「丘を越えて」はこれからの季節にピッタリじゃないですか♪
    「古くてすみません」なんておっしゃらないでください。名曲は不朽なんです。みどりのおじさんさんに比べたら私の30年はまだまだですね〜!

    しろやぎさんさん、
    ユーミン!(どうしてでてこないんだろう?と実は待ってました)
    「リフレインが叫んでる」はしろやぎさんさんにはキューンとなる歌詞ですね。どうしてどうして僕達は出会ってしまったんだろう?って・・・ねぇ・・・
    ユーミンも名曲が多い!懐かしいなぁ〜。私の大好きな映画(の1本)が「私をスキーに連れてって」なのですが、同世代の仲の良い友人ですら笑うんですよね・・・。素敵な青春映画なのに!(バブルとユーミンは私の中ではセットです♪)

    思い出の曲を聴くと、そこにつながる方々を思い出しますよね。歌のマジックですね!

    ユーザーID:1438941764

  • トピ主のコメント(26件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧