諸外国の通勤事情(駄)

レス21
(トピ主4
お気に入り15

旅行・国内外の地域情報

ちょう

小町に掲載された相談に対し、
在外の方から寄せられた「日本との比較レス」がたくさんある中で、
電車にまつわるもの、少なくないですよね。その度に疑問に思っておりました。

私は現在首都圏に在住で、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車で通勤、
片道2時間近くという厳しさを毎日身をもって体験してますが、
諸外国の都市においても毎日の通勤の状況は同じようなものなのでしょうか?

映画やドラマで通勤シーンといえば、
テイクアウトのコーヒーを抱えてハイヒールでオフィス街をひた走るヒロインや
ガラガラの地下鉄やバスの車内が一瞬映るだけ、といったシーンしか見たことないですし、
実際は数カ国旅行で行った事があるくらいで、実情を知りません。

興味がありますので、ご存知であれば教えていただけませんか?

ユーザーID:6045560967

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 生春巻きが有名な国

    日本でも免許はありません!!
    唯一の日本人である私。
    会社が郊外にあるので自宅から40分くらいかけてバイク通勤です。ほかのベトナム人と同じくガソリン代支給。
    テレビなどでご覧になったことがある方はご存じだと思いますが、公共交通機関が発達していないので、とにかく、バイク、バイク、バイク!!
    しかも、道は凸凹、逆走バイクはあたりまえ。
    毎日絶対に渋滞にあいます。排気ガスと日焼け止め防止のために、マスクと手袋、サングラスは欠かせません。
    これから雨季なので、雨の中の通勤が憂鬱です。

    ユーザーID:2096241531

  • 電車のない国

    公共交通機関は、去年やっとできたバスのみ!
    こちら、アラブ首長国連邦です。

    ドバイやアブダビ共にかなりの都会ですが、みんな自家用車またはタクシー通勤です。毎日ものすごい渋滞になります。
    バスは出稼ぎ労働者の方々ばかりでぎゅう詰めです。
    今年末にはメトロができる予定ですが…
    通勤に使えるようなルートではないのが痛いところです。

    オフィス街を颯爽と歩く人たち、ドラマのようですね。
    この国は暑いので日陰を探す人が目立つかな〜。

    ユーザーID:9386585401

  • パリも通勤地獄です

    パリ及びパリ近郊の不動産は高いので、庶民はどんどん郊外に移り住み、通勤に片道1時間半とか2時間といったことも最近は珍しくなくなってきています。その結果、パリと郊外を結ぶ鉄道はかなりの乗車率です。郊外高速鉄道網(RER)A線のラッシュは東京以上(?)と言われ、乗り切れない乗客を押す係員もホームに待機しています。
    パリ市内の地下鉄も、東京の地下鉄といい勝負をしていますよ。
    電車の中では、無料の新聞を読んでいる人が多いですが、お化粧をしている人や、財布に入っているお金を数えている人や、携帯で話している人、音楽を聴いている人(ヘッドホンを付けて聞いてるのではないんです!)、編み物をしている人などもいます。郊外の電車は席が比較的ゆったりとしているので、隣の席の人にあまり迷惑にならないからなのかもしれません。眠っている人はあまりいませんが、たまにぐっすり寝込んでいる人もいます。

    ユーザーID:7756787757

  • ロンドンはひどいですよ

    ロンドンですが、通勤時は大変混雑します。

    特に夏は地下鉄の車両に冷房がないため、非常に暑くなります。対処法は?「暑い日にはペットボトル入りの水を携帯しましょう」というポスターがここ数年地下鉄の駅構内に貼られています。駅も湿った暑苦しい空気が垂れ込みます。そのためか、巨大な扇風機を設置した駅も昨年ありました。

    設備投資を怠ったため、信号機や車両制御システムが壊れるなど、遅延や運行の中断が頻繁です。本来の終点からかなり前の駅で「信号機が壊れたので、次の駅が終点となります」というアナウンスも最近減ったものの、未だよく遭遇します。

    そして運賃も高い・・・

    ユーザーID:0241701154

  • 香港も

    香港の電車も、朝夕のラッシュは満員です。
    ホームには、あふれる乗客を押し込んでくれる人までいます。(笑
    バスも混みますし、道路も渋滞。

    パリで暮らしたこともありますが、他の方がおっしゃるように混んでました。

    ただ、どちらの都市でも言えるのは、日本の山手線なんかの
    本当のギュウギュウづめにはかなわないってことです。
    ドア付近はそれなりに混んでますが、奥の方はまだやや余裕がある。
    日本だと、ドア付近も奥の方も変わりなく、身動きがとれないくらいギュウギュウですよね。
    今のところ、あそこまでというのはありません。

    ユーザーID:8165172383

  • ロンドンの地下鉄通勤

    先日、ロンドンの地下鉄、ゾーン1あたりで、朝の9時ちょい前の通勤ラッシュに目撃したシーン。

    通勤者はお父さん+片手に3歳くらいの子供、もう片手に1歳くらいの子供がのったベビーカー。

    結構混んでいたのですが、がんばってお父さん乗ってきました。
    そして、「エクスキューズミー」を連呼しながら、降りるときも片手でベビーカーを押し出し、もう片手は3歳児の手をとり、大変そうでした。

    パワーのあるお父さんだからこそ、子供を片手でだっこしたまま、電車に乗っていられたり、片手でベビーカー操作できるんだろうなぁ。なんて思った瞬間でした。

    イギリスはお父さんもかなりがんばっている!

    ユーザーID:8775330278

  • ハンバーガーのお国では

    アメリカならああいうシーンはNYとかでの都会の絵です。
    電車とかは都会に行かないとまずないし。

    普通の街に住んでる、普通に収入のある人は大抵車通勤です。
    私も結構大きなところに住んでいますが車通勤です。

    でも渋滞はやっぱりあるし、事故は日常茶飯事だし、雪が降ったりすると普通は40分で帰れるところ3時間以上かかったりするしでストレスはマックスです。
    日本での満員電車も経験しましたが、同じくらいです。

    主人は電車通勤ですが、ガソリンが値上がりしたときみんな一斉に電車に変えたようで、いつもあった席が取り合いになったそうです。なので先の駅から乗るようになりました。

    どこでもやはり人が集まる都会はそうでしょうね。逆にそういうことを経験しなくていい田舎は仕事がないのでそれもまた問題ですが。

    ユーザーID:0254054507

  • ヨーロッパ小国から

    電車とメトロ通勤で勤務先のある首都まで約1時間半。ここでも珍しくはありません。朝の渋滞が続いていてもマイカー通勤の人も多いです。首都圏内は地価が高く、生まれ育った地元から離れたくない人も多いです。

    朝の車内ではほとんどの人が同じ無料の新聞を広げてます。駅でクロワッサンとコーヒーを買ってそのまま会社へ。東京では毎朝優雅にスタバでコーヒー飲んで一息つけてたのに。

    帰りのラッシュはすでに4時からです。駅までの地下鉄はぎゅうぎゅう。整列乗車のマナーはありません。電車から降りる人も待たずに乗り込む人も多いです。
    駅への連絡通路でのエスカレーターは、急ぐ人のために左側を開けておくのですが、マナー無視の人も多いです。

    利用客が多い路線のため2階建て電車も走りますが、それでも多くの人が通路に立ちます。車内の階段や通路にどかっと座る人も。携帯で大きな声で延々と話す人、音楽をがんがん鳴らし続ける人、SUDOKUに取り組む人、弁当箱からサンドイッチを取り出して食べ始める人など、いろいろです。
    金曜日の夕方は、1週間分の洗濯物を溜めたかなり大きなバッグで帰省する学生も多く、さらに通路は狭くなります。

    ユーザーID:4315589349

  • 通勤時間30秒です(汗)

    在米。大都市にすんでいます。私が住んでいるアパートは3階までが商用テナントが入居し、それより上の高層会はアパートになっています。地下1−4階がガレージです。もともと郊外に住んで、車で通っていたのですが、たまたま引越しを検討していたときに、勤務先が入居しているビルのオーナーが住居用アパート部分の入居者を探していたので、引っ越しました。よって、現在は会社とおなじビルに住んでいます(汗)。

    商業エリアにはグロッサリーストアーやジムがあるし、遠出するときは、そのまま地下の駐車場へ行って車ででかけるので、ここ1年ぐらい、傘を使った記憶がありません。

    アメリカへ来る前は、毎日、大磯にある実家から都心にある勤務先まで通っていたので、トピ主さんのおっしゃる通勤地獄はよく理解できます。

    ユーザーID:2852417407

  • タコスの国も

    通勤ラッシュは東京と同じくらいですね。
    連結バスに乗るのも一苦労。
    乗り口いっぱいに広がって待ち、バスが来ると一気に押し合いの始まりです。(この時点ではまだ扉も開いてません。)
    降り口も乗り口も一緒ですが”降りる人が先”というルールはなく扉が開くと一斉に乗り込みます。
    乗ったとしても急ブレーキ急発進なので座席と捕まる場所の取り合いです。
    こちらの女性は気が大変強いので自分がつかまれないとなると人をお尻で押しのけてでも場所取りしますし、叩く人も結構いますね〜。
    降りる際は大きな声で「降りまーす!!」って言わないと降りられない時もあります。

    地下鉄も同様です。
    扇風機の様な空調機しか付いていない車両にいっぱい人が乗り込みます。
    しかも地下鉄構内は日によっては蒸し暑くっているだけで汗をかきます。
    通勤ラッシュ時間は女性専用車両がありますがこちらも気が強い女性が沢山のっているので喧嘩もしばしば。
    男性と混合の車両に乗れば日本同様痴漢にあいます。

    もっと過酷なのは、突然停車して人をたくさん乗せそのまま15分ほど動か無い時。
    窒息しそうになります。

    ユーザーID:2950285751

  • トピ主です。

    皆様、レスありがとうございます。
    各国の通勤時の交通事情、大変興味深く拝見してます。トピを立てた甲斐がありました。
    やはり各国それぞれ形は違えど大変のようです。皆様、お疲れ様です!

    ここでは内緒様@ベトナム
    バイク渋滞!見る分には壮観でしょうね、でもいざその中に入ると命がけですよね。
    雨季に入るとさらに過酷でしょうが、どうか頑張ってくださいね。お気をつけて!

    みかん様@アラブ首長国連邦
    富裕層のイメージが強く、車・タクシー通勤に納得ですが、やはり労働者層はバス通勤なのですね。
    暑い国ではぎゅうぎゅう詰めの過酷さがさらに増しそうな気がします。
    お互い頑張りましょう!

    パリ子様@フランス
    日本と変わらない住宅&通勤事情なのですね。身にしみてその辛さはよくわかります。お互い頑張りましょう!
    それにしても車内の状況はなかなかフリーダムのようですね。ヘッドホン無しの音楽には恐れ入りました(笑)

    ユーザーID:6045560967

  • トピ主です

    傍観者様@イギリス
    夏に冷房がない車両にスシ詰め・・・!それはキツイですね!初めて知りました。水分補給を怠ると文字通り命取りですね。
    どうかくれぐれもお気をつけください。

    粥麺様@香港
    アジア各国の都市は慢性的にギュウギュウのイメージがありますね。
    混雑にイライラしててもやっていけませんから、なんとか親切な方に押し込んでもらって(笑)お互いがんばりましょう。

    S様@ロンドン
    逞しい、かっこいいダディですね!頑張る人は自然と応援したくなりますね。
    片手で子供を抱え・・・う〜ん、女性にはくやしいがマネできない。
    ロンドンも電車は過酷なようですね。お互いがんばりましょう!

    プリン様@アメリカ
    やはり車社会のようですね。
    羨ましいっ!と思いきや、当然それはそれで交通渋滞により通勤の時間が読めないし・・・。辛いですよね。
    ガソリンの高騰時は家庭に大打撃で日本も車が減りました。よく分かります。
    雪の日の車通勤、どうぞお気をつけて!

    ユーザーID:6045560967

  • 米国シアトル

    シアトルのダウンタウンに住んでいます。
    シアトルのダウンタウンは東京に比べたらかなり小規模ですが、それなりの都会です(笑)
    電車はありませんが、こちらではバスの量(陸と地下)が多く、利用者も多いです。そしてある一定の範囲以内であれば無料です。マイカーを持たないダウンタウン居住者にはとても便利です。カリフォルニアの郊外に住んでいた時は、バスというと低所得者が使うものとして軽蔑されていました。しかしシアトルでは低所得者以外の人達でも通勤に使います。夫の会社もバスの定期券を従業員に配布していて、殆どの同僚はバス通勤です。

    ユーザーID:8332566984

  • ロンドンの地下鉄・・・

    5年ほどロンドンにいましたが、地下鉄には本当に泣かされました。

    賃金が安いからと2週連続でストライキするし(もちろん交通網は大混乱)、遅延なんか当たり前。
    そのくせ運賃は毎年上がるし。
    設備投資すると言うのが理由みたいですが、しょっちゅう信号機は故障するし・・・投資しているとは思えない。

    トドメが、私の最寄の地下鉄が事故を起こしたのですが、日本と同じように1日2日経てば復旧するだろうと思っていたら、見通しが甘かった!
    なんと約2ヶ月間休止!
    代替バスなんかあるわけもなく、通常バスには人が溢れて・・・
    とても先進国の交通機関だとは思えなかった(大げさかな?)

    6年前にロンドンを出てから何度かロンドンに行きましたが、それ以来一度も地下鉄には乗ってません(笑)

    ユーザーID:2637281554

  • バスに乗せてもらえない!(通学ですが)

    フランス郊外の町で学生時代を送っていた時の話です。

    その町は地下鉄もなく大学への通学手段はバスかトラムのみ。私の住んでいた所はトラムの駅から遠かったのでバス通学でした。

    しかしそこは他の学生も同じ。当然朝の通勤バスは学生でギュウギュウ詰めに。しかも安全の為か、寿司詰めになったバスはそれ以降の停車場に止まっても車掌が乗車拒否!

    厳しい厳しい学校の規律で遅刻は厳禁(たった1度の遅刻でそのセメスターの単位はアウトでした)。学生も必死の思いで車掌と乗車交渉したり。たまに数人限定で乗せてくれる時なんてそれこそ我先にの勢い!

    サバイバルだったけど楽しい思い出です。

    ユーザーID:0746175948

  • ニュージーランドでは

    こんにちは!各国の通勤事情、おもしろいですね。

    私が住んでるニュージーランドの通勤事情は・・・

    地下鉄はない&列車はあるけど30分に1本くらいで頻繁に遅れるため、バスか車での通勤がメインです。自転車通勤の人も多いです。

    車は時間によっては渋滞がひどいですが、それでも通勤時間は長くても30分〜45分くらいじゃないかな〜。私は10分です。

    それよりなにより、帰宅ラッシュの時間が早くてびっくりします。17時〜18時くらいがピークです。残業なんてしません。
    金曜日ともなると、15時頃から帰宅する車で道路が混み始めます。
    金曜の午後に急ぎの仕事を依頼すると、すごくイヤな顔をされます(笑)

    通勤の風景でいえば、スーツをきちっと着てる人があまりいません。(よくて、ジャケット+パンツ。ネクタイしてる人があまりいない)
    スーパーやポストオフィスなどの仕事着(制服)でそのまま通勤してる人もよく見ます。

    もっと田舎の町へ行くと、通勤先(?)の牧場まで馬やトラクターに乗って、という風景もよく見ます。

    ユーザーID:4242229232

  • 米国西部の地方都市より

    私の住むところでは、電車通勤と車通勤する人が半々くらいですが、環境保護への取り組みが盛んな街なので、自転車通勤の人も割りとよく見かけます。 また、街中心部での渋滞を避けるために、郊外にある無料駐車場付きの電車の駅までは車で行き、そこから電車に乗り換える人も少なくありません。 電車内はラッシュの時間帯は混みますが、ぎゅうぎゅう詰めというほどではないですね。 

    >テイクアウトのコーヒーを抱えてハイヒールでオフィス街をひた走るヒロイン
    みたいな人も、朝のオフィス街ではそう珍しくはないですよ。 一方、郊外では車通勤の人たちが、スタバやクリスピークリームのドライブスルーの入り口で行列しています。 車通勤にしても電車通勤にしても、特に不便だと感じたことはありませんが、個人的には通勤時間30秒の在米さんが羨ましいです(笑)。   

    ユーザーID:6073604188

  • 米国中西部通勤時間0秒0分です。

    米国某100万人都市に住み、他の州にテレコミュートしてます。FORTUNE 50に入る大会社の正社員で、普通にオフィスで働いている人たちと同じ待遇です。今ガソリン代高いし(失礼、日本よりはまだずっと安いですが)、何しろラッシュのストレス、時間の浪費が無い。

    また、社内のいざこざが仮にあったとしてもかかわるほど一箇所に長くいない。本当にありがたいことです。
    そのかわり、仕事はインターナショナルのため、月に2,3度真夜中に電話会議があったりしますが、そんなの。本社、全然平気です。

    また、会社がデカイので世界中に買収した会社があり、また、各国に拠点のオフィスがあるため、米国内なら1週間位、ヨーロッパや日本を含むアジアへは2-3週間ずつ月に1度位のペースで出張があります。ちょうどバランス取れてます。

    ユーザーID:3186689008

  • トピ主です。

    当初の期待以上に面白く拝見しています。皆様、レスありがとうございます。お礼が遅くなり申し訳ありません。
    世界中になんと同士がたくさんいらっしゃることか!

    スタバが懐かしい様@ヨーロッパ某国
    毎日長距離の通勤お疲れ様です。
    整列乗車なしの乗ったもん勝ち!意外に体育会系・・・というか、サバイバルですね。
    負けじと乗り込んでがんばってください!それにしても帰宅ラッシュ早いですね(笑)プライベートも充実できそうです。

    在米様@アメリカ
    通勤時間30秒!ここまでで最強(?)ですね。
    日常生活がタテの移動で済んでしまうなんて。傘のいらない生活、憧れます・・・。
    でもすっぴんでその辺ウロウロできない(笑)

    とき様@メキシコ
    なかなかの過酷度ですね。そりゃ気も強くないと、尻ごみしてたら乗れないし降りれないですね。
    モジモジしてたら叩かれて場所奪われる…過激すぎる・・・
    負けないで頑張ってください!応援してます。

    ユーザーID:4542134097

  • トピ主です。

    りな様@シアトル
    バス無料ですか!なんとお財布に優しい・・・
    同じ国でもバスの扱い(というか見方?)がまたずいぶんと違うのですね。
    ところで地下にバスがあるのですか?初めて知りました。興味が湧きました・・・後でちょっと調べてみよう♪

    お馬ちゃん様@ロンドン
    ロンドンの地下鉄の過酷さ、ひしひしと伝わってまいります。
    2か月のあいだ代替えなしで休止は驚きですね。今は離れられたようですが、本当にお疲れ様でした。
    トラウマ気味?のようですが、いつの日か設備投資の成果が表れた頃にリトライしてみてはいかがでしょうか。

    ヒヤシンス様@フランス
    学生時代からデッドorアライブのなんと厳しい体験を…!お疲れ様でした。否が応でも逞しくなりそうです。
    ヨーロッパのバスやトラム、絵葉書になりそうな美しい風景を想像しますが
    その実なかなか厳しいものがあるのですね。勉強になります。

    ユーザーID:6045560967

  • トピ主です

    羊の国から様@ニュージーランド
    列車の時刻よりバスの方が正確。これが日本との大きな違いですね。
    帰宅時間も早く、家族や友人と過ごす時間にも重きをおかれてるのですね。素敵です!
    馬で牧場へ通勤って私個人的にものすごい憧れます。

    Bookworm様@アメリカ(西部)
    日本の政令指定都市に、周辺のベッドタウンから通勤する時のスタイルに似ている感じですね。私も以前はそうでした。
    とはいえ私の場合、環境への配慮という建前で実際はただ
    「街中の駐車場が高いから」というお寒い理由でしたので、一緒にしちゃいけませんね。
    電車でも「ソコソコ混むけど座れるわけじゃない程度」というのも結構疲れるものです。頑張りましょうね!

    テレコミューター様@アメリカ(中部)
    これはスゴイ、というか番外またはジョーカーって感じでしょうか(笑)
    なにせ、縦にも横にも移動なし!
    でもイザ移動する時には思いっきりグローバル。
    まさに世界を股にかけてご活躍されているのですね。規模が大きすぎて想像もつきませんが・・・。
    不規則な時間の中でご苦労も多いと思いますが、応援しています!

    ユーザーID:6045560967

レス求!トピ一覧