現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

犬を飼うこと

ひよ子
2009年3月4日 15:13

はじめまして。38歳の女性です。
小学生低学年の娘がひとりいます。娘はとても犬好きで、毎日のように飼いたいと言っています。
今の年収や家の状況(一戸建て)では、飼うのに問題はないと思います。
でも、犬って長生きですよね。十年以上、長いと十五年くらいは生きるのではないかと思います。
十五年もたつと夫も60歳、私も50歳を超えます。その間に状況が変わって飼えなくなってしまう可能性を考えると、犬を飼う勇気が湧きません。
子どもは、極端な話、両親が突然亡くなっても、どうにかして生きていくことができますが、犬は死ぬしかないですよね。
でも、そういう風に考えては犬を飼える人なんていないのではないかとも思います。
犬を飼っている方、状況が変わって飼えなくなったらどうしますか。

ユーザーID:5893366478  


お気に入り登録数:23
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
犬と一緒
あいあい
2009年3月4日 16:54

いままで飼った犬は全て最後まで看取りました。
犬が飼えなくなりそうになった時、私は人間関係を疎遠にしてまで、家族である犬を取りました。
又、子供達がそんな私を見かねて手助けしてくれたこともありました。
もう、、次の新入りを飼う気力はありませんが、今の犬も最後まで家族です。

ユーザーID:5373526066
う〜ん…。携帯からの書き込み
きりん
2009年3月4日 23:41

現在10歳の巨大ラブラドールと私、末期癌の父と三匹(!)で暮らしています。
犬を飼い始めた頃は6人暮らしでしたが今は前述のような構成です。他には遠方の大学に通う息子がおり、たまに帰省しますが基本的には人間は二人です。

まもなく人間は私だけになります。とても悲しいことです。でも私以上にうちのワンコの悲しみは想像を絶するものがあります。(病の父の傍らからワンコは離れません。)それだけ犬は飼い主に忠実であり、家族が大好きなのです。(黒ラブが白ラブになってしまった話しをご存じですか?犬の飼い主への想いが痛いほど伝わってきます。我が家もラブなので他人事とは思えません。)

私はまもなくワンコと二人きりの暮らしになりますが何があっても彼とずっと一緒にいてあげるつもりです。事情や都合ができても絶対にワンコが一緒であることを前提に対処します。

飼えなくなったらと考えてしまうなら犬を家族に迎えることは難しいと思います。子供を家族として産み育てることと同じですから。途中で子育てを放棄することが許されないことと同じです。

何かがあった時に経済面・愛情面での備えは必要なのも人間の子供と同じですよ。

ユーザーID:9075447827
もしもの場合、考えとくと良いですね
ミリコ
2009年3月5日 0:45

私も日頃から主人と『もしも』の場合のペットの引き取り先を話し合ったりしています。ホント人生何が起きるか分からないですからね。今のところ3匹いるペットの飼い主候補は親戚と友人で、それぞのペットの生まれた親元と兄弟犬が居る家なのでまず問題なく引き取ってもらえます。

ただ小学低学年のお子様の犬を飼いたい気持ちというのは現実とのギャップで変化する可能性大です。犬の世話を任せられる年でもないですし、、
殆どがトピ主さんの手間となりますから、そこら辺、子供の為に、汚い、面倒な事は全部引き受けるわよというお気持ちじゃないと無理だと思います。

それに良い方(トピ主さんは神経細やかな気の利く良い方のような気がします)の犬って問題犬になる事が多いので(過保護、もしくは厳し過ぎ)、パピー教室なんかに通われると良いと思いますよ。
ちなみに犬の教室って『上手く犬を飼う為に飼い主に勉強して貰う教室』なんですよ。飼い主の教室なんです。

私も通いました。動物好きが自慢だったのに全然犬の事を理解していなかったんだなあと、過去に飼っていた犬たちに申し訳なくなるような事だらけで、、、ホントお勧めします。

ユーザーID:9360732620
犬は心の支えになります
犬の兄弟
2009年3月5日 2:52

>子どもは、極端な話、両親が突然亡くなっても、どうにかして生きていくことができますが、犬は死ぬしかないですよね。

実際飼ってみると、犬の命がいかに短いか、ということに驚くと思います。15年なんてあっという間です。逆に犬が亡くなったときが一番辛かったです。幸い上司も犬好きで、事情を話したら病欠を取らせてくれました。

私(37歳)も中学校時代、小学校低学年の妹のたっての望みで犬を飼い始めました。大人から言わせると「難しい年頃」で、本当によく犬に話を聞いてもらっていました。犬は私の家族になり親友になりました。私の心がわかるのになぜ足が4本なんだろう?と、犬をしげしげと見つめながら思ったものです。大学生になって家を出ましたが、犬が電話に出て話せないことが心から寂しくなったりしていました。

たとえ両親に突然不幸が訪れたとしても、犬がお子さんの心の支えになってくれると思います。

ユーザーID:9067913691
何があろうと・・・
オバサンA
2009年3月5日 5:41

家族の一員として、飼えなくなるような状況になることを避けます。

状況が変わって、子供を放棄する事は、ありえない事<離婚意外>と同じです。
主さんに万が一何かあっても、きっと娘さんが大事にしてくれます。

ユーザーID:3282192309
うちの犬もいつの間にか8才。
ぼにーた
2009年3月5日 10:47

最後まで飼えないかもしれないから、とためらうトピ主さんの気持ちもわかります。
けれども「最後まで飼おう!」と決心しないと飼う事ができないのも犬だと思うんです。
決心さえつけば、困ったこともいろいろ起きるかもしれないけれど
犬は形にできないものをたくさんご家族にプレゼントしてくれるでしょう。
と、いうことでトピ主さんの質問へは
「飼えない状況になったら、飼えるように状況を変えます」

ユーザーID:6748621230
ここで相談される前に
まりも
2009年3月5日 14:28

突然 家族と引き離されるワンちゃんを少しでも減らすために、犬の事よーく勉強してから考えてください。
子供が欲しがってるからと言う理由だけでは飼い始めて欲しくないです。
親御さんが、きちんと勉強をし犬を飼う事は大変な事をお子さんに教えてください。
かわいいだけで飼い始め、途中で放棄する人が増えています。
きっとトピ主さんはそんな事はないと思いますが。
飼い主に捨てられた動物達が歩む生涯を考えてください。
新しい飼い主を探せば済むわけではありません。動物たちは最初の飼い主を一生ひきずります。

ユーザーID:7137956432
心配ならば・・・
わんわ
2009年3月6日 16:47

犬を飼うからには最期まで看取らねばと言うお気持ち、正しいです。
トピ主さんの後は娘さんが引き続き面倒を見れば良いことだとは思いますが、もし看取れるかどうか心配であれば、成犬を飼うと言う選択肢も考えてみてはいかがでしょうか。
トピ主さん達のように先を考えて成犬を選ぶ方もいらっしゃるみたいですよ。

ユーザーID:4322228632
何が何でも最後まで
mogu
2009年3月7日 1:13

安易に動物を飼い始める人が多い中、トピ主さんの慎重さはとても大切だと思います。
私はもうすぐ5歳になる犬と暮らしています。
犬の一生は長い…と私は思ったことがありません。
逆に「どうして15年しか生きてくれないの?」と切なくなります。

何があるか分かりませんから、飼えなくなった時の事を考えておくのも必要ですね。
私も「もし愛犬より私が先に死ぬ事になったらどうしよう」って時々不安になります。
病気や事件事故など、明日の命の保証なんてどこにもないですし…。
そうなったら家族が面倒を見てくれるとは思いますが、愛犬には持病があり
毎日朝晩欠かさず薬を飲ませなければなりませんので、ちゃんとやってくれるか不安です。
愛犬の事を人任せにできない性格が、仇になってしまう場合もあるのかもしれません。
なので、いざという時に備えて愛犬の事をノートにまとめて家族に渡してあります。

私にとっては我が子同然なので、自分の死以外、どんな状況であろうと飼えなくなるというのはありえません。
何が何でも飼える状況へもっていく努力をすると思います。
絶対に手放す事なんてできません。

ユーザーID:6373512175
オーバーだけど人生変わりました
ニーナ
2009年3月7日 4:10

私はずーっと猫党だったのですが、2年前急に思い立って犬を飼いました。飼う前にひよこさんみたいに計算しました。自分の歳プラス14と。54歳だったから、きっとこれが最初で最後の犬だと覚悟も決めました。

飼ってみてまあ驚いた事!猫と全然違う!当然ですけど。正直言って大変でした、慣れるまで。
でも今は一心同体。飼ってよかったです。夫婦仲までよくなった。家族の一員、4、5歳の子供って感じでしょうか?でもまだ2歳なのに結構私の事心配してくれます。

私が急に死んだら、彼がいます。その彼もいなくなったら、義理の弟が私達の犬をかわいがってくれるので彼の所で面倒を見てもらいます。もしもの事を考えて、どこへでも順応できるよう最低限のしつけはこころがけています。<死ぬしかない>というふうには思いませんが?

ユーザーID:7786851248
実家の犬
もにか
2009年3月7日 14:10

20才を過ぎた頃、実家で大型犬を飼い始めました。
きょうだいが沢山いる家なので、誰かが散歩に連れて行くだろう、この犬が生きている間は
子供達の誰かが常に家にいるだろう、と。

ばたばたと相次いで全員が結婚して家を出ました。

今家にいるのは両親と犬だけです。
母は小柄でこの犬の散歩ができず、夕方の散歩は業者さんにお願いしている始末です。
両親が海外旅行に行く時は、きょうだいのうち都合の付くものが実家の留守番に行っていました。
犬への愛情は一家揃って深すぎるくらい深いのです。

犬も10歳になりました。
春から子供達のうち2人が実家の近くで住むことになりました。
両方ペットの飼える家です。
老犬介護は任せて!預かることもできる!と1人は言っております。
犬にとってもかつて生活を共にした人間と頻繁に会えて、嬉しいでしょうね。

お子さんが8歳なら、早くとも家をお出になるまで10年はあります。
10年間ちゃんと世話ができるのか本人に確認すること。
10年後、トピ主さんだけでも世話ができるような、あまり大きくない犬にすること。
このあたりさえしっかりしておけば大丈夫ではないでしょうか?

ユーザーID:3446885812
トピ主です
ひよ子(トピ主)
2009年3月8日 13:44

私の大変後ろ向きなトピにレスしてくださった方々、どうもありがとうございます。
15年は長いと思います。私は犬が大好きとまでいえないので、なにがあっても最後まで面倒をみから飼うのだという決断できないのだろうと皆様のレスを読んでいて思いました。
子どもの年齢を考えると、小学校から大学まで自宅にい続けるかどうかも分かりませんので、最初から犬の面倒は私がみる事になるだろうと考えていました。
娘には、自分で勤めだし、犬を責任もって飼える状況になってから飼いなさいね、という話をしました。

生き物を飼うということは生半可なことでは出来ないと思いますし、娘も分かってくれたようです。彼女は本当に犬が大好きなので、将来は可愛い犬と一緒に暮らせるようになってくれれば嬉しいのですが。

犬を実際に飼っていらっしゃる方、犬大好きな方には不快に思われた方もいらっしゃったかもしれません。冷静で暖かいレスをいただいたおかげで色々と考えることができました。本当にありがとうございました。

ユーザーID:5893366478
 
現在位置は
です