供養って誰のため?

レス22
(トピ主0
お気に入り16

家族・友人・人間関係

pon_tan

このたび同居していた母が亡くなりました。
同じく同居している父が高齢であることと、お寺が新幹線で2時間ほどかかる場所にあるため、葬儀は身内だけの密葬で済ませました。

そしてこのたび49日法要と納骨を兼ねて、お寺へ行くこととなりました。
葬儀は(故人の)知人友人には一切知らせずに執り行ったので、「ご都合が合えば、是非いらしてください」と何人かに連絡しました。さらに本当に最後まで親しくしてくださった数人を、納骨の後の食事会にお誘いすることとしました。

ここで出席者をどうするかで、揉めています。私は、私たち家族(故人からみて、夫、娘、娘婿、孫)と姉夫婦(同じく娘・娘婿)と知人にしようと考えていました。

しかし姉が、娘家族(同じく、孫、孫夫、幼稚園入園前のひ孫3人)も家族だから食事会に参加させたいというのです。

けれど、1)そもそも少人数でひっそりやりたい、
2)ひ孫三人は本当にうるさくて、故人を偲ぶ雰囲気が台無しになる恐れあり3)あちらの孫と、故人および残された父とはここ10年くらい2年に一度顔を合わせるくらいの関係 
4)ひ孫に至っては顔と名前も分からないくらいの関係 
といった理由から、出席を遠慮して欲しく思っています。

そこで、皆様に質問です。そもそも供養って誰のため?
私は故人に替わり生前お世話になった方へお礼をし、残された父を宜しくお願いします、という趣旨で開催するつもりです。
しかし姉は「供養は家族のためだから、家族全員参加する」の一点張りです。

ユーザーID:2868009590

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お二人とも違うと思う

    供養はお母様のためのものです。
    自分のことで姉妹がケンカしているとお母様が知ったら、どう思われるでしょう?

    ユーザーID:6941154455

  • 身内の法事で、住職に
    日頃、疎遠にしている人々の縁を結ぶ事が、法事の役割の一つ。
    と言う主旨の説教をされた事があります。

    騒がず、静かに過ごす時間と場所があることを学ぶのも、
    2年に1回が、○○の為と1年に1回、半年に1回になるのも
    名前と顔が一致させる機会が1つ増えたのも
    「縁」と言うことが出来たなら、
    >供養は家族のため
    になるかと思います。

    ただし、善し/悪しは、別問題でしょう。

    ユーザーID:4959211372

  • 聞き流してもらっていいです

    現代は、冠婚葬祭の形も人それぞれですから、答えは無いと思います
    お姉さまのおっしゃることも、間違っていないと思います
    昔はほとんどの人が徒歩の範囲で生涯を終えたから、スタンダードのぶれはとても小さかったでしょう
    私自身は、死んだ人が残すものの不思議に関心がある(重きを置く)から、子供がいるなら伝わってる血筋は無視できないと思います
    そういう時に、一族が集まるんじゃないでしょうか?
    もちろん、血ではない繋がりも大切です

    子供の出席がいやなのですか?
    人の死にまつわることは、大人のことだと思ってらっしゃるのですか?
    大人の雰囲気の偲ぶ会をお望みなのですか?

    もう半世紀近い昔、自宅での曽祖父のお葬式に、子供の私はお客さんの多さに大はしゃぎしたそうです
    遺影の前で踊る私、その前で笑いながら白いハンカチを目に当てている大叔母・・・そんな白黒写真が残っています
    ずっと持って引っ越しているのも、お気に入りだからです

    ユーザーID:6914834506

  • トピ主さんの目線ではなく

    トピ主さんの思いは胸の中に置いておくとして。

    お母様から見れば、やんちゃなお孫さんも微笑ましいものではないですか。

    >私は故人に替わり生前お世話になった方へお礼をし、残された父を宜しくお願いします、という趣旨で開催するつもりです。

    これは納骨のときに一言、知人友人の方たちにご挨拶すれば良い事では、食事会に出席しない方もいらっしゃるかも知れませんから。

    いくら姉妹でも思いがが同じとは行きませんから、トピ主さんの思いは思いとして、心の中で手を合わせれば良いんじゃないかと思います。

    ユーザーID:6542058721

  • 姉の娘一家は出席したいのだろうか?

    乳幼児3人を抱えた人間が、法事に積極的に参加したがるとは思えないんです。お姉さんが独断で突っ走っているのではありませんか。その場合、むしろ積極的に断ってあげた方が良いかもしれません。もちろん「かえって申し訳ないから」というスタンスを貫き通します。

    「気持ちだけで本当に充分なのよ」
    「葬儀の時だって、姪ちゃん大変そうだったもの」
    「姉孫ちゃんたちだって、大人しくしているのが辛い時期なのに、静かにしていなきゃいけない場に連れてくるのは可哀相よー」
    等など、善人モード全開でどうぞ。

    もしお姉さん一家が「可愛い孫子ちゃんたちをもっと見てもらいたいの!&あわよくばタダで食事したいの」というタイプでしたら、以下のような案はどうでしょうか。

    「でも断るだけじゃ申し訳ないから……姉さんが帰る時に、姪ちゃんに商品券を言付けてもいいかしら。それでお母さんのことを思いながら、孫子ちゃんの負担にならないようなお店で楽しく食事してもらえたら、お母さんも喜ぶと思うのよ」・・・みたいな。
    1万円で静かな法事。いかがでしょう。

    ユーザーID:3974511575

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 施主は?

    >そもそも供養って誰のため?
    生きている(残された)人達の為だと思います。
    故人が何を望んでいるか、どうして欲しいのかは判りません。もう亡くなっているのだから。
    残された人達がそれぞれの供養の仕方で、気持ちを落ち着かせていけばいいと思います。

    ところで施主はどなたでしょうか?お父様?トピ主さん?
    意見が分かれ、どうしても纏まらない場合は、私は施主の意向が尊重されるべきだと思います。
    施主がお父様だとして、ひ孫達の参加も構わないと言われるなら、そうしてあげるのが一番いいかと。

    あと
    >日頃、疎遠にしている人々の縁を結ぶ事が、法事の役割の一つ。
    確かにこういう事でもないと、疎遠になった親戚が集まることは少ないですね。集まるキッカケにはなります。
    しかし、私は施主の立場だった時、この考えの年長者の為に大変苦労した経験があります。
    本当に良し悪しは別だと思います……。

    ユーザーID:1655716345

  • 是非呼んであげてください。

    私は、先日、父の7回忌法要をしました。
    私も母と7回忌法要はこじんまりとしようねと話していましたが、もともと親戚が多いのに加えて、みんなが、父の7回忌のことを覚えていて、自ら「7回忌の法要はいつするの?」と尋ねてくるので、結局、「参加したい」という人は全員、お招きしました。

    もちろん、その人たちのお子さんも来たりしてそれはそれは、騒がしかったです。
    そして、法要が終わってからの会食・・・。かなりの人数になったので費用もかさみました(涙)
    でも、私はお招きしてよかったと思います。

    このご時世、「法事に参加しなければなりませんか?」なんてトピが立つ時代、参加したいとおっしゃっているならお招きした方がいいのでは?

    主さんやお父様がうちうちで行いたい気持ちもわかりますが、お姉さまも自分のお孫夫婦とその子供たちを呼びたいという気持ちを是非組んであげて欲しいです。
    それに・・・後々、あの時呼んでくれなかったって根にもたれるかもしれませんよ。
    供養って故人のことを偲ぶ会でもあるけど、親戚が集まってわいわいすることのできる会でもあると思います。

    ユーザーID:4437711057

  • 余り悩まずに

    基本的には、施主さんが決めて良いと思います。

    法事に孫とその子(曾孫)が来るのは仕方無いですよ。
    台無しになるかもしれませんが、その時は、お父様とトピ主さんだけで別途偲ぶ食事をされたら良いと思います。
    「あれはヒドかったねぇ」
    「確かに、ビデオに撮って置けば、後々ネタになったのになぁ」
    なんて言いつつ、亡くなったお母さまの話をしつつ、親子で食事をされては?同居されているのですから、いつでも2人で話せるでしょう。

    私の母方の祖母の時は、従姉妹の子達が怪獣で大変だったけど、終わってから伯母の家で、ゆっくりお茶して祖母の話をしたのが、ある意味、法事だった様に思います。

    それにしても、新幹線で2時間かかる距離へ、幼稚園前の幼児を3人も連れて行こうと思いますかね?預ける訳にも行かないのかもしれませんが、子連れはキツイと思いますよ。まさか、観光(温泉に泊まるとか)目的なのでしょうか。
    3人も幼児が居るなら、この時期はカゼや体調不良でキャンセルも有り得ますよ(楽観視し過ぎ?)。

    余り悩むと、お母様が心配しますよ。なるようになれ、と開き直れたら良いのですけれど。

    ユーザーID:7096569269

  • 亡くなった方の気持ち

    長生きをされていたなら、それはあの世の旅たちを祝う気持ちもあるそうです。近所で80を超えて亡くなった方は、そのお友達がそういいます。よって、じめじめしないで、っと。
    お葬式は慌ただしさなんかもあり身内だけとなったのでしょうが、面倒でも亡くなった方の血縁関係者やお友達で故人を偲ぶのもありではないかと。
    でも、そこで大事なのは、そんな席ですから、度を越しての騒ぎは注意をしてください。そこで、その親がどう判断するかですね。今の時代騒いでも(にぎやかと騒ぐは違います)叱れない親もいますからね。たとえ、騒いでも親がきちんと対応できるなら、周りの人間も納得、理解をします。
    そこをきちんと伝えて上で相手がどう判断するかですね。絶対来るなとは、言えませんからね。

    ユーザーID:4045103180

  • 誰のためでもある

    お母様の供養は、お母様(故人)はもとより、お父様やあなた達親族、その他お母様が生前交流を持った全ての人々のためにあってよいと思います。
    人の死は、個人的な当人の問題だけではなく、その方が突然自分の世界からいなくなるという、他者にとっての存在の死でもあります。
    小さくするとか公にするなど、実質的に執り行う方たちの都合は優先されることでしょうが、下手な理屈をつけるより、自分の本当の事情など、率直に話されたほうが、解決にちかづくように思います。

    ユーザーID:0009403631

  • お母さまのため

    私は霊魂など信じないタイプですが、それでも供養はやはりお母さまのため
    だと思います。

    お孫さん、曾孫さんの数も少ないようですし、参加していただけるのなら
    してもらうのがよいかと思います。生前あまり交流がなかったとしても
    お母さまのDNAを次代に引き継ぐ貴重な存在ですから。

    私の子どもも小学校1年のとき曾祖母の葬儀・法事に出ましたが一応
    記憶に残っているようで、自分の8人の曾祖父母のうち一人だけは
    覚えていると言っています。(他の7人は既に亡くなっていた)

    ユーザーID:3946357113

  • トピ主です

    まず、母の遺言で遺産及びお墓は私が継ぎ、祭主も私になっております。
    また今回の法要の施主は私の夫が務めます。
    そして姉の娘一家にもお寺での49日法要と納骨には参列をお願いしてあります。
    しかしその後の食事会は遠慮してほしいのです。
    故人との「縁」を大切にするなら、なおのことそう思ってしまいます。
    ここ10年くらいは殆ど音沙汰の無かった姉の娘と、1度しか顔を見ていないその幼子達に供養されるより、
    長年のあいだ公私ともに支えて下さった知人に送られたいのではないか?と私なら考えます。
    はっきり言って、病気のときも殆ど寄り付かず、
    葬儀の際も残された父と姉の娘およびその幼子達は1回も話をせず、
    それで供養はしたいと主張されても。
    そんなに祖父母のことを思っているの?と白々しく感じてしまいます。
    その上、幼子三人は本当にやんちゃですから。
    葬儀の際も、葬儀屋さんがあれこれ支度してくださる横で、跳んだり跳ねたり、大きな声ではしゃいで、収拾がつきませんでした。
    父も90歳、来て下さる方ももう80歳以上の高齢の方が大半です。
    身内の手は高齢者の手助けに回したいのです。

    ユーザーID:2387752560

  • うちの地域では

    法要や納骨にはきてもらって、後の食事会には呼ばないとの事なのですね。
    地域性もあるのかも知れませんが、うちでは法要の後の食事は、法要に招いた方々すべてに準備します。
    ある人には食事を準備してある方にはお帰り願うって、食事会に招待しなかった方々に失礼かなって少し違和感を感じました。
    もしかしたら、お姉さんの嫁ぎ先も同じ考えなのかも知れませんね。
    納骨まで付き合ってもらう以上、その後の食事会も招かないと失礼(娘婿とかに)にあたるって気にしているのかも。
    でも、私は供養は遺された遺族が心の整理をするためにするのだと思います。
    なので、施主側の意向が一番と考えます。
    「食事会は極親しい者たちでしたいから」と言われたら、それで納得しますけどね。
    ただ、最近、我が家でも立て続けに法要を行いましたが、その関係で久しぶりに従姉妹達と交流ができ、再び連絡をしあうようになりました。
    ふと思ったのは、法要って、こうやって付き合いの薄くなった親類縁者との関係を再び結び直すって側面もあるのかもなって事です。
    お姉さんも同じように考えているのかも知れませんね。

    ユーザーID:5443455705

  • 食事だけ出さないというのはちょっと

    法事に来てくださった方に食事を出すのは最低限の施主の役目だと思います。
    どちらが先か分かりませんが、納骨・法事に呼んでおいて食事会は遠慮しろと
    いうのなら、私でも気を悪くしますね。最初から呼ばないのなら、まだ理解
    できますが。

    ユーザーID:3946357113

  • 姪家族だけ食事なし?

    えー、それは無いのではないでしょうか。
    元々法事自体に招かないというのは分かりますが、新幹線で二時間の
    遠距離の法事に招かれて、親戚の中で自分たち家族だけ食事会は遠慮して
    くれと言われたら何の嫌がらせかと思います。

    故人と縁遠かった(とトピ主さんが強調する)姪家族を法事に呼ぶのは
    なぜですか。そんなに縁遠くしているならそもそも法事に呼ばなくて良い
    ではないですか。

    ユーザーID:0889362442

  • レス見ましたが

    >と私なら考えます。

    それは、ご自分の時にされて下さい。
    結局、ご自分の気持ちを大事にしたいんですね。
    私は、参加させるべきだと思います。だって、故人の思いは誰にもわかりません。施主さんの思いを一番にするのなら、断って下さい。

    子供が騒いで嫌な気分になるかどうかは、参加された人にしかわかりません。

    ユーザーID:1713028044

  • 遺された者の為。

    故人の為でもあるとは思いますが、実際は遺された者の為だと思います。
    故人を偲ぶ気持ちを消化するためでしょうね。
    みんなで集まってお互いの気持ちを聞いたり思い出を話したり。
    思い出が少なくて話せない人も、他の人の話を聞いて「ああ、こういう面もある人だったんだな」とか感じたり。

    私も曾祖母に会ったのは幼稚園の時に1度きり。
    それでも居間にちょこんと座っていた曾祖母を覚えています。
    曽祖父に会ったことはありません。
    でも法事で聞く思い出話が私の曽祖父の思い出です。

    ユーザーID:3552019434

  • お母様のために祈ってください。

    お悔やみ申し上げます。
    供養というのはお母様のためです。お母様が寂しくないよう、霊をなぐさめ、偲び思い出して差し上げることが最前の供養です。とりわけ四十九日は大事で「極楽にいけますように」と祈って差し上げてください。そして、お母様に「私たちを見守ってください」とお祈りしてください。

    ユーザーID:9948815093

  • 亡くなった方の気持ちになってみたら

    供養は、誰のためって。決まってますよね、故人のためです。
    故人が、騒々しいのが嫌いな人で、静かなことが好きだったらそうしてあげるし、
    自分の沢山の孫やひ孫が好きだった人なら、騒々しいとか関係ないですよね。
    皆さん、故人そっちのけで自分の都合ばかり言っていたら、怒りますよね。
    良く葬式とか三回忌とかで、こうした議論がありますが、生きている人の
    ための供養なんてありませんよ。
    生前のお礼でもないし、生きている人を宜しくでもないです。
    あくまでも死んだ人のことを思って、その人を偲ぶことが目的ですよ。
    我々年配の人間は、それを若い人たちに伝える義務があります。

    ユーザーID:4396253853

  • 不謹慎な言い方かもしれませんが

    田舎育ちの田舎暮らしです。
    親族のつきあいも密なので、物心つく前から法事に出ています。

    自分で取り仕切る側にまわって最近よく思うのですが
    法事というのは親族の絆を深める貴重な「イベント」だな、と。
    そしてそれは子供にとって「大切な教育の場」でもあるんですよね。

    親戚というのは「ヨソ」でも「ウチ」でもない擬似社会を学ぶ場ですし
    そこで礼儀というものに触れなければ
    社会に出るまで縦の人間関係を知る機会はほとんどありません。

    法事の場でうるさくするなら、叱ればいいじゃないですか。
    なんで私が…と思わなくもないですが、それが大人の務め。
    故人もそうして社会というものを担ってこられた方なのではないですか?

    故人は亡くなられましたが、縁というものは生死を関係なく結べるもの。
    その方のありし時を知ることは子供たちにとって
    自分のルーツを知る大切な機会です。

    また、日ごろおつきあいがないのなら尚更
    お父様にとって孫やひ孫に会う、数少ない機会では?

    故人からプレゼントされた一日だと思って
    お食事をいっしょに囲んでみられてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:3839967013

  • どんな人でも供養する心は持っているはず

    法要には招いて食事は遠慮してくれというのは、
    私の周囲では一度も聞いたことがありませんし、
    仮にそんな話を聞いたら、多分、末代まで語り継がれることになります。
    追加レスを読んで、もしかしたらトピ主さんは
    姪御さんやお姉様に、言葉は悪いのですが
    罰を与えようとしてるのではないかと感じました。

    供養とは、故人のためでもあり、残された者たちのためでもあります。
    残された者たちが憎みあったり、心をすれ違わせるためにするものではありません。

    姪御さんやその子どもさんたちは、お母様が生きていた確かな証の1つです。
    色々とご苦労があったことはお察ししますが、
    その供養の場で彼女たちがお母様のことを改めて思い出したり、
    みなぞう様が書かれているように、
    法事で聞く思い出話でちびっ子たちが曾祖母を知り思いをはせても、
    なんら問題はないと思うのですが。

    年配の方が多く参列されるとの事、ちびっ子たちのうるささより、
    そういう姉妹間のすれ違いを見せられるほうが
    心配をかけてしまうような気がします。
    どうか冷静になって考えて欲しいと思います。

    ユーザーID:6468725931

  • 法要は残された人たちが仲良くするとき

    供養は故人をしのぶもの、と思いますが、法要は「故人にゆかりのある、生きている人たちが仲良くするところ」と理解しています。ですから、残されたものたちが心穏やかにつどい、ともに会食・談笑するさまを故人に報告できれば最高と思っています。

    トピ主さんが、長年お姉様と不仲であったらしいことは読み取れますが、お母様の人徳で集まった一族が、今後はなかよく生きていけるようになったとしたら、なくなられたお母様はもちろん、お父様もお喜びでしょう。あなたの今後の人生も心豊かになりそうな気がします。にぎやかな会食は心の雪解けにいいものではありませんか。

    ユーザーID:6471886772

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧