正論 (駄?)

レス167
(トピ主27
お気に入り116

生活・身近な話題

NSR

私は理に叶っていれば自分の感情とかはかなり簡単にその理に合わせてコントロールする事ができます。
でも、そういう事が簡単にできる訳でもない人が多い(勿論できる=良い、できない=ダメと考えている訳ではありません)様で、ケンカなどしている時に正論を軸に話しを進めようとすると、「その正論が嫌なんだ」的な発言を聞く時があります。

気持ちは解らないでもない。。。気がしますが、イマイチよく解りません。

何故「正論」が嫌いなのでしょう??

すみません意味解りますか?

ユーザーID:3863982816

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数167

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 食べ過ぎは良くない

    でも、今は腹一杯食べたい。
    そんな時に、一緒に腹一杯食てくれるのが友達なんだと思います。

    ユーザーID:6307491436

  • 正論って

    正しいのに、嫌われるんですって。

    私も最近まで知りませんでした。

    教えてくれたのは夫です。
    どうやら私もそれまで正論小僧(大魔王では決してありません)でしたので、
    指摘してもらってよかったです。

    要するに正論って、裁いてしまうのでは無いでしょうか。
    良い悪い・・・の判定まで突き詰めてしまう。

    人間関係においては、そこのところあえてぼかしたほうが後々お互いのためだったりするから。

    感情派だから正論が嫌い・・だけではないと思う。
    理性派だからこそ、正論は慎む、みたいな人もいると思う。
    私はそのタイプです。

    ユーザーID:1768691314

  • インドの近くの紅茶の産地・・・?

    トピの文章の意味が判るまで結構かかりました。
    細かい状況が分からないので想像ですが、相手が嫌なのはあなたの「正論」ではなく、コミュニケーション能力の乏しさという可能性もあります。ケンカしているときであれば、まず互いに落着いて話し合える状況を取戻してからでないと話はできません。
    それから、正論は結構ですが、それが偏狭なものであれば鼻につきます。他の方の意見にも耳を傾けて初めて識見も広がりますし、他者を傾聴させることのできる論理が展開できると思います。

    ユーザーID:0435338348

  • そりゃぁ相手は、正論で推し進められれば

    自分が負けると判っているからです。

    因みに、わたくしも正論が好きです。
    自分よりも他人の云う事が正論と思えば、簡単にそちらに賛成致します。変える事に拘りなどありません。

    自身の意見にあくまでも拘る人間はいくらでも居ますよね。そうそう簡単に変えたとあっては、コケンに関わるのでしょう(笑)


    まだわたくしがうら若い乙女だった頃(笑)我が父に「お前は正論ばかりだ。正論ばかり言う女は可愛げがない。男に嫌われるんだぞ。」と言われたことがございました。その時わたくしが思ったのは
    「可愛い女になりたいなんぞ思って居らん。男に好かれたいとも思って居らん。正論云えぬほど馬鹿らしいことはない。」です。
    う〜ん、可愛くなぁ〜い(爆)

    あ、ズレましたね。ごめんなさい。ふっ・・・

    ユーザーID:7165319034

  • 逃げ道をなくしてるからかな。

    正論は人を追い詰めるからじゃないでしょうか?

    そういう私も、よく「君のいうことはわかるけど、
    社会ってもっと感情で動いてるものだ」とよく言われました。
    よくも悪くも、人の感情を害しないように先手をうっておく
    ことは大事かなと思います(挨拶をする、自分の意見を言うにしても
    人の話に部分的に共感するふりをする、とか)。

    もうちょっと具体例を出していただけるとレスしやすいです。

    ユーザーID:4887361375

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 認知的不協和という考え方

    人は基本的には弱いので、物事を自分に都合よく解釈します。

    タバコが身体に悪いことは分かっているのですが、喫煙者は適当な理屈を並べて禁煙の辛さを回避しようとします。
    曰く、「私はストレス解消のためにやむなくタバコを吸っているのであって、タバコは害というよりむしろ有益である」とかなんとか。

    行動経済学でも分かるとおり、人は完全に合理的ではありえません。
    快楽が好きで苦痛が嫌い。
    たとえ目の前の苦痛が長期的には利益をもたらすと「理屈では」分かっていても、どうにもこうにもやめられない。

    黙って見過ごせばいいのだが、たまにそれを真正面から突っつく人がいると、その言い訳がましい小理屈は崩壊します。

    だから正論が嫌いなのです。

    どんなことでも魔法のように簡単に出来るわけではない。
    それをいいことに「出来ない理由」を並べ立てます。
    「そりゃあ正論だけど、できやしないよ」

    なるほど。

    もしかしたら「どうしたら出来るか?」を考えられるなら、正論を嫌いにならずに済むかもしれませんね。

    ユーザーID:5572532576

  • 「正論」が嫌なのではなく「あなたの態度」が嫌なのでは?と想像

    相手は正論をわかった上でケンカしているから、今更あなたに言われたくないのかもしれません。「そんなのわかってんだよっ!(わかってることいちいち言うな!)」みたいな。

    または正論を言う時のあなたの態度や言い方が、嫌とか?(スノッブな感じとかスカしてるとか、気取ってるとか)


    (言葉)「その正論が嫌なんだ」

           ↓

    (真意)「その正論(を言う時の君の、人を見下したような態度)が嫌なんだ」


    相手を馬鹿にしたような態度がちょっとでも滲み出ていたらアウトですよ。
    「え?俺、何も悪いことしてないよ?何で?何で?」
    そういう空気読めない人っていますから・・・

    あくまでもわたくしの想像でございます。失礼しました。

    ユーザーID:5772540620

  • 『正論を金科玉条のごとく言う人』が嫌いですね

    『正論を言って何が悪い?』と言う人の問題点のひとつは、
    KYな正論をぶって自分が嫌われることを理解できないから、
    であると(まことに勝手ながら当社比で)思います。
    例を一つ出しましょう。

    ペット好き同士の会話で、『家が火事になったらペットの救出は
    どうする?』という話をしていたとしましょう。
    まあいろいろ話が出るでしょうが、そこにトピ主さんがやってきて
    『ペットはしょせん動物なんだから、人間より優先度は低い。
    人間が助かってペットが死ぬのは当然』
    と言ったとします。ええ、トピ主さんの言うことは正論です。
    まったく正論です。
    でも、そんな簡単に『ペットが死ぬのは当然』なんて、ペットを
    とてもとても大事にしている人間には、考えることを忌避したい
    レベルの話であって、その時その時で最善を尽くして出来るだけの
    ことはするから、気安く『死ぬのは当然』などと言ってほしくないと。
    そんなときは正論を言うのではなく、黙っているべきなのです。

    という例えを、ご理解いただけるでしょうか。

    ユーザーID:1955161075

  • 分かり切ったこと

    言われるまでもなく分かっている(けどできていない)事を指摘されたら、何となく腹が立ちませんか?

    あるいは。
    正論とは現実離れした理想論である場合もあります。
    「いや、今そんな事を言われても困るんだけど…」

    そして。
    感情が優る人は、理などどうでもいいのです。
    気に入らないものは気に入らない。
    手を離したら持っていたものが落っこちることにすら腹を立てます。

    ユーザーID:9364877288

  • 正論と言うか…

    ケンカ(など?)に正論を持ち出されても困ります。
    正論じゃないからケンカなんです。

    気持ちは解らないでもない。。。気がするのに、イマイチよく解らないのとおんなじです。

    トピ主さん、どこかでお会いしました?(いえ、なんかデジャブが…笑)

    ユーザーID:0202020731

  • 性格のタイプが違うのでは?

    あなたとそのお相手の性格のタイプが違うのでは?

    時々、ケンカ時に、皆さんがそういう場でも持ち合わせている
    「情」を無意識に忘れてしまって、よくいう「ガチガチの理詰めで」くる人がいます。

    多分トピ主さん、頭がキレる方なのでは?だから自分と同じ様にできない人を(仕事も感情も)
    「理詰めで」責める。周りもそれを感じるから、失礼ながら「ひけらかしている」ように肌で感じるのでは。

    で、結果が「嫌」。

    もちろん「情」も大切にされているとは思いますが、そのことは相手に伝わっていますか?

    世の中はお互い様です。自分も密かにその相手に助けられているかもしれない。
    少々の理不尽さはのみこんで雰囲気を柔らかく、楽しくこころがけることが寛容かと。

    意味が違っていたらごめんなさい。
    でも、自分にとっては簡単にできることでも、相手には難しいこともあります。
    あなたとは色んな意味でタイプが違うかもしれないってことです。
    それを理屈で責めてみても意味はないと思います。

    ユーザーID:6889089641

  • 感情>正論

    正論とは社会的な論理

    みんなわかっていること。
    だけど
    人は感情の生き物ですから

    感情が激しいときは
    感情>正論 なのでしょう
    特に怒りの場合はね。

    秩序も人の本能も全てカバーする
    本当の正論は無いです。

    ユーザーID:0866733793

  • 正論が嫌いなわけではないと思いますよ

    冷静に理性的に論理思考が出来る状態なら
    誰もが「理にかなった正論」を受け入れる事は可能ですよ。

    例えば、互いに対等な立場で意見を出し合う、議論する会議の場などなら。

    しかし、トピ主さんが例にした「ケンカしている」状況は
    理性より感情が先行している精神状態でしょう。極端に言えば勝ち負けの世界。
    その様な状況では、正論を受入る=自分の非を認める(負ける)事となるなら
    >「その正論が嫌なんだ」
    と、なる事は容易に想像できませんか?

    だからといって「正論が嫌い」なわけではなく、
    理にかなっている事は理解しているのだと思いますよ。
    でも、今現在争っている相手の発言だから、
    感情的に受け入れられないだけの事です。

    例えば、ケンカまでいかなくとも、
    相手と意見が対立した場合、正論を盾にして
    相手を責めるだけの対話しか出来ないなら
    相手を言い負かす事は出来たとしても
    説得術としては最低だと思います。

    カーネギーの「人を動かす」という本を読んでみてください。
    トピ主さんの疑問に対する答えが有ると思います。

    ユーザーID:8960993630

  • 100%正しいことはないからかな

    物事には両面があり、この世で無条件に100%正しいこと、100%悪いことはないからだと思います。

    例えば、100%悪いことをあげてみなさいと言われてもなかなか思いつかないものです。

    核兵器などは100%悪いと言えるかもしれませんが。

    ユーザーID:8354369503

  • 「正論」が正しい答えだとは限らないからです。

    その人の気持ちを酌む、って大切な事だと思うんですよ。

    喧嘩の相手にしてみれば、自分が間違っていたのは承知して、
    それでも「おもしろくない」って事、あるじゃないですか。
    でもそこで畳み掛けるように正論を主張すれば、
    相手を反論も、言い逃れもさせない状態に追い込んでしまいます。

    トピ主さんのやっている事は、
    参っている相手を
    追い込んで
    追い込んで
    叩きのめしているのかも知れませんね。
    それは誰のために?
    トピ主さんが、気持ちよく優越感を得るためでしょうか?

    読ませていただいた文面からは
    無慈悲ななさりようをする方だな、という印象ばかりを受けました。

    ユーザーID:7042313660

  • 「正論過ぎて腹が立ちます」

    小町でもよく見かけるこの一言ですが、要は「何が正しくて何が間違っているかなんてどうでもいい。自分の感情を優先しないのが面白くない」という、極めて非論理的で感情的、かつ幼稚で自己中心な意見だと思います。

    社会的な善悪の判断や常識より、個人の感情が勝ってしまうようでは大人とは言えないと思いますが、小町を見ている限りそういう人も少なくないようです。

    正論が嫌なのは、正論が通ると自分に都合の良いようにならないから。正論を無視してでも自分の思い通りにしたいから。
    それだけだと思いますね。

    ユーザーID:2587169226

  • 正論 とは 何ぞや

    理数系の問題でしたら「正しい」というのは「まぎれもなく正しい」とわかるものが多いですよね。

    しかし、「論」となると、正しいというのは主観的なものであることが少なくない。

    時代と共にものの考え方や価値観は変わります(もちろん、不変のものもあります)。
    また、見方によって異なるもの(見解の相違という余地がある)があります。
    そういうものを、一方的に「正論」と主張する人は少なくない。
    その種の正論が、トピ主の言うところの「嫌われる正論」じゃないでしょうか。

    どうやらトピ主さんはお若いようですね。

    トピ主さんの「正論」がどこまで正しいのか、じっくり考えて、年配の人にも謙虚に聞いてみてはいかがでしょう。

    限定的な論だったり、机上の空論的なものだったり、前提とするものに疑問がある論理展開だったり、推測が強引に論にすりかえられていたり、そんな「正論」ということはありませんか。

    ユーザーID:7700221382

  • 正論が世の中を良くするわけじゃないから

    タイトル通りです。
    大人になれば誰でも解ることだと思います。
    理詰めで押し通そうとしても人間の心には響かないことが、沢山あります。
    某作家さんが、そういう人を「正論バカ」と呼んでいました。

    ユーザーID:7846075076

  • トピ主です。1

    >ランランさま
    やっぱり解りにくいですよね。
    実は昨日一日頭がボーっとしていて、トピ分を書いた後文章を再確認したのに(笑)「何か変だ」。。。でも何が変なのか解らないから良いやと思って送信ボタンを押してしまいました。
    すみませんでした。

    >大ちゃんさま
    理屈とか正論とかは置いておいて、完全にリラックスできる状態での付き合いが欲しい時がある。それにつき合うのが友達だという意味で良いのでしょうか??

    >みみさま
    そうなんです。
    正論は嫌う方も正しいと認めているのに嫌われる事があるのは知っています。
    なので空気読みつつのコミュニケーションになります。

    >麺屋さま
    すみません。文章については上述の通りです。申し訳ありませんでした。
    そうですね。。。
    自分なりにやってきたつもりなのですが、場を落ち着けてからゆっくり話しても聞いて(本当に聞いてる)くれているのですが、実質上右から左に流れているのと同じで「留まらない」んですよね。。。

    ユーザーID:3863982816

  • トピ主のコメント(27件)全て見る
  • トピ主です。2

    >まだむYさま
    まだむYさまの性格は私と似ていると思います。
    自分よりも正しいと思う人がいれば簡単に、本当にいとも簡単にそちらに賛成します(笑)
    この「そちらに賛成する」時が正に「自分の正しさは相手のより劣っていた」という事を認める行為であり、私たちはそれを普通にするが、それを「負け」とか「不利になる」などと考えてできない人がいるという事でしょうか?
    違いはそこにしか無いように思えるのですが。。。


    正論が嫌な人の大半は「自分が負けると判っているから」なのでしょうか?
    そうだとすれば、結果的にそうなる事を解っていながら(?)何故なおその正論ではない方面を最初に選択するのでしょうか?
    初めから苦しく、しかも終わりにも楽しみの無い状態に見えるのですが。。。
    歪んだ価値観や世界観をもった権威者の前などでついそういう選択をしてしまう気持ちなどがあるならそれは解らないでもありませんが、だからと言って正論に反対していたら歪みや闇はどんどん大きく強くなるばかりだと思うのですが。。。

    ユーザーID:3863982816

  • トピ主のコメント(27件)全て見る
  • 物は言いよう

    具体的な話がありませんので想像で申し訳ないのですが、要は『物は言いよう』なのでは?

    けんかで正論出して収まりがつかないなら、お互いヒートアップしすぎているか、相手の感情の収めどこが無い所まで攻めてたりしませんか?
    正論の力技で無理やり説得すると、その場は収まり自分も正しいことが通るから良いじゃん、と思うかもしれませんが、不満だけが鬱積して残る場合が多いです。

    学会での討論でも裁判でもないので、ある程度妥協(根本を曲げろと言っているのは無く、枝葉のところでです)をし、うまく立ち回って相手を説得するのではなく気持ちよく納得させる術をもてればきっとより良い関係を築けると思います。


    ただ、相手が「痴漢はされる方も悪いよね」等々、どう考えても愚かな発言をしているのであれば遠慮なく正論で叩きのめしてやればいいと思います。

    ユーザーID:6154526026

  • 正論ねぇ

    正論ふりかざす人って結局正しい時もあるしズレてるときもあってどっちにしろ自分は正しいと譲らないんですよねー

    めんどくさいし日本中の人がみな正論のみで会話をすれば大変住みにくい国になりそうな…

    正論な会話力より円滑な会話力の方が好かれるし頭いいなぁと思います。

    ユーザーID:5719620457

  • ケンカ?

    仕事のこと?それともプライベート?
    仕事なら理にかなっていることを優先した方がいいですよね、
    私もそう思います。
    プライベートでしたら正論は百も承知であえて選択しないのでは?
    だって感情が入り込んできますから・・
    人の感情に正論って区別するのは難しいですよ。

    ユーザーID:1534019741

  • 分かりにくいけど分かったかも

    分かりにくい文章ですが、何となく分かりました。
    トピさんは感情を抑えて、常に正論を言っているが、他の人は喧嘩のとき
    感情に流されて、正論を言っても聞き入れないのはなぜかというような
    質問と解釈しました。
    答えは、当たり前ですが喧嘩をする場合は、正論で行う議論ではないのです。
    人間は、ある時は感情でぶつかり合うのです。喧嘩も恋愛も正論や理屈で
    行うのではなくて、心で行うのです。頭で何でも対応できると思うことが、
    普通ではないのです。
    トピさんは、頭で心を押さえつけ過ぎではないでしょうか。

    ユーザーID:4755802439

  • 2回目ですが

    せっかくお返事いただいたのに、すいません。

    私が言いたかったことは、
    前半ではなくむしろ後半なんですよ。

    「要するに正論って、裁いてしまうのでは無いでしょうか。
    良い悪い・・・の判定まで突き詰めてしまう。。。。」

    これを含めて以降の部分です。

    えっと・・トピ主さんに「そうなんです。〜〜知っています。」って言われても、どうなの〜?と思ってしまいます。

    もっと言うと前半は意見の違う貴女と円滑に会話するための話題提供(一般論)なんですよ。
    文章で言えば序文です。

    本文読まずに序文だけ読んで「それは知っていますから。」と本を 閉じるようなコミュニケーションに感じます。

    ユーザーID:1768691314

  • 正論だろうとなかろうと

    世の中には何事をも勝ち負けと捉える方がけっこういらっしゃいますね。そういった向きには、自身の意見を押し通すこと=勝ち なのでしょうね。
    誰しも初めは自分の意見を正論と思っているのではありませんか?話し合ううちに間違いに気付き「どうやら形勢が不利だぞ・・・」と。

    まぁ、おっしゃる様に権威の前に端から「違う」と思いつつも追従する場合は、正論より美味しい事を優先するわけです。
    そういう場合、その後の歪みやら闇やらが・・・等の事までは「考えたくもなし」と云うことかしらね。


    わたくしは、コケンやらプライドやらに拘りたくもないコ気楽な人間でして(だらしのない、とも云う。笑)人と争うのなんて面倒臭い事など真っ平御免、負けるが勝ち、逃げるが勝ち、のヘナチョコです。
    トピ主さんの様なしっかりした御仁と似ているなど、と〜んでもない。わたくしなんぞにそんな、勿体無い!
    いえ、似ていちゃぁなりませんよ。貴方の為に(笑)

    ですが、わたくしはトピ主様のお若い真面目な感じが好きです。子供のうちから小賢しいのは卑しいです。上手い立ち回りなど段々に身につければ宜しい事と思います。

    ユーザーID:7165319034

  • トピ主です。

    皆様お一人お一人に返信したいのですが、あっという間に大勢の方々のレスがついてしまったので、まとめてお返事する事をお許し下さい。

    そうですね。。。
    色々とご意見を頂き、思う事もありました。
    もう少しよく考えてみたいと思います。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:3863982816

  • トピ主のコメント(27件)全て見る
  • それは……

    「正論」には勝てないから、嫌いなんです
    さらに、めんどくさいからです

    おそらく、私もトピ主さんと似た論理の展開をしているのだろうと思います


    まだまだ小町初心者ですが、あちこちで「正論」が通じないトピ・レスを読んで勉強させてもらってます。いろんなトピ読んでみたらいかがでしょう

    ユーザーID:6704487349

  • いろいろあると思うけど

    それが自分にとって現実的でも建設的でもない役に立たない
    「正論(現実的ではない理想論)」だからという場合もあります。
    言い方が気に入らないという場合もありますし、お前に言われたくないと思うときもあるでしょう。

    「正論」が「適切」ではない場合です。
    正論を主張する相手は必ず自分が正しいと信じて譲りません。

    話し合いをしても必ず自分は正しいと言って譲らない相手を気持ちよくさせつつあきらめてもらう時に言う場合もあります。
    勝ち負けというより、絶対に譲らない思い込みの激しいわがままな相手から早く逃げるための言葉でもあります。

    後、例えば盗聴盗撮をしてる人があなたの生活習慣はよくないですよ
    と言ってきたとしたら嫌ですね。
    言われたくないですね。「正論」でも。
    それ以前に気持ち悪いなって思いますでしょ。

    ユーザーID:1846376075

  • 仕事じゃない前提なら。

     正論なんてもの、無いですよ。
     感情に基づく行動も、理屈に基づく行動も、どちらも正しいのです。

     面白い本をついつい止められなくて、夜更かししてデートに遅刻した。

     この場合、デートに遅刻しないように夜更かししないようにするのも、面白い本をついつい読んでしまうのも、どちらも人間として正しいのです。

     そういう場合に、「夜更かししないようにするべきだ。なぜなら待っている人に迷惑をかけるから」とか言われても、受け入れられないわけです。

     正論なんてもの無いのに、それをそうするべきだともっともらしい理屈をつけて説得されるのが、いやなんですね。
     喧嘩のときにあるのは、相手の気持ちの理解と、歩み寄りです。
     正論なんてもの、ないって思っとくと良いと思います。

    ユーザーID:9529968375

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧