強迫性障害を克服された方いますか?

レス29
(トピ主14
お気に入り67

心や体の悩み

アオ

 こんにちは。30代の主婦です。

 自己診断ですが、強迫性障害で悩んでいます。
 潔癖症がかなりエスカレートした状態です。
 生活にも支障があるほどで、何とか治したいと思っています。

 強迫性障害に関する本を読んだり、心療内科に行くことも考えましたが、昨晩、「もうやめよう」「今なら、やめられるかもしれない」と思い立ち、儀式のようになっている消毒作業をやめました。

 ただ、一晩経って、今日はその決意が昨日ほど強くなく、少し揺らいでいます。昨日と違う生活で、違和感もたっぷりです。でも、何とかこのまま続けて、普通の生活に戻りたいと思っています。

 同じく、強迫性障害だった方、克服された方はいらっしゃいますか?
 克服した経緯や、どのくらいの期間で克服できたのか、消毒作業をしないことに違和感なく、普通の感覚に戻るまで、どのくらいの期間を要したのか等、何でも良いので、克服談を教えていただきたいと思います。

 同じ悩みを抱えていらっしゃった方の克服談を励みにして、何とか普通の生活に戻れるよう、このまま頑張りたいと思います。

 宜しくお願いします。

ユーザーID:7091744328

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 森田療法

    の本はお読みになりましたか?

    神経症に陥るからくりが細かく説明されています。
    読んで理解するだけでとても救われ、それだけで治ってしまう人もいるようです。

    たとえば、消毒したいという思いにとらわれ、そこだけに注意を向けてしまう事で
    更に気になってしまうという悪循環に陥ります。
    また、消毒をしてしまう自分を異常な事としてそれを排除しようともがく事も悪循環の要因です。
    消毒したい気持ちや消毒せずにいる違和感をとにかく受け入れた上でそのままにして、でも消毒せずに我慢し、目の前のやるべき仕事に夢中になる事で症状は消えていくというものです。

    あるがままの自分を受け入れ、とらわれから解放されようという考え方です。

    薬も何もいりません。
    心のチャンネルを少し変えてやる事で症状は劇的に改善されます。
    パニック障害や赤面症などにもとても有効です。

    ユーザーID:2301939375

  • 克服できますよ

    実は私はOCD(専門用語でこう言います)歴20年以上。今やっと克服しつつあります。それは長くかかるという意味ではありません。90年代よりこの症状に進歩的な治療法が見直され、やっとその専門医に出会えたからです。
    それは「行動療法」といいます。ネットで調べてみてください。
    私もここまで何件も病院を替わり、うつ病やパニックと誤診もされました。
    完治を目指すのがOCDのよくないところ。要は生活が楽しければよい。
    たくさん専門書を読み、調べてみてください。きっと快方に向かいますよ。

    ユーザーID:3103648597

  • 克服はしていませんが

    一番しんどかった頃よりは症状が軽くなりました。私も診療内科に行けるなら行きたいのですが
    SADの症状もあり怖くて行けません。でももしトピさんが診療内科に行ける状況なら行った方がいいと思います。

    私の場合はまず強迫観念を無視する事から始めました。だからトピ主さんも今は辛いと思いますが絶対に無視して下さい。
    必ずブーメラン効果でひどくなって返ってきます。「消毒くらいしなくたって平気、平気」くらいの気持ちで流しましょう。

    主婦という事ですが旦那さんは強迫性障害に対して症状など理解してくれてますか?
    私もトピ主さんと同じく30代の主婦ですが、主人も同じく強迫性障害なのでお互いに相手が
    強迫観念に従って行動しようとしてるなってわかるので「(強迫観念)入ってるからやめようね」って言い合います。
    理解してくれる相手がいるだけでかなり気持がラクになりますよ。もし理解してくれる人が周りにいなければ
    自分で強迫観念かな?って感じたら普通の人はここまでするかな?って客観的に考えてみて下さい。

    私も最初は凄くしんどかったけど無視出来る様になってからはラクになりました。

    ユーザーID:8753318533

  • トピ主です1 mkさんまで読みました

     レスを下さった皆さん、ありがとうございます。見ず知らずの私にレスを下さったことが、本当に嬉しいです。

     強迫性障害と思われるほど潔癖が酷くなって6年です。

     6年前、主人の長期出張で、とある地方に住んでいました。その地方独特の人柄や、暗黙のルールみたいなものに違和感を感じ、受け入れることが出来ず、同時に「関わりたくない→触れたくない→汚い」という感覚が、私の中に生まれました。

     去年、ある出来事がきっかけで、憎悪感で頭がいっぱいになるほど憎い人ができました。その人は、そのとある地方の出身者でした。時間と共に薄れつつあった「汚い」という思いが、改めて決定的になり、その人に関わる物に、間接的にでも触れることができなくなり、完全に拒絶するようになりました。その人の家に履いていった靴、その靴で歩いた自宅マンションの内廊下、その廊下に触れた空気・・・普通に考えれば、馬鹿馬鹿しいことなのですが、その人に関わる物を徹底的に排除したいという思いからでした。

     主人には、ずっと我慢してもらってきました。1度主人の怒りが爆発しましたが、私が克服することを信じてくれていました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • トピ主です2

     ですが、主人が限界を感じているのがわかります。本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。1年前、その人から全力で私を守ってくれた主人に感謝しているのに、一方で潔癖を主人にも強要していることが、申し訳なくて仕方がありません。

     この1ヶ月、どうしたら克服できるのか、ネットで調べたり、本を読んでみたりしました。自己分析の結果、憎しみの解放が、強迫性障害の克服にも繋がるかもしれないと思い、憎しみの解放の仕方を探してみたり、仏教の教えを読んでみたりもしました。

     仏教の教えを読んで少し気持ちが軽くなり、「今ならできるかも」と思ったのが昨晩でした。

     ですが、流れ作業のように染み付いた習慣があるので、消毒作業をしないことが不安ではありますが、「ここは他人の家。自分のテリトリーではないから、汚れても平気。」と考えつつ、普通の生活を送っていた頃のことを思い出し、再現するようにイメージしています。

     mkさんの仰る様に、普通の生活を思い浮かべて、消毒習慣を無視できるように頑張りたいと思います。 

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • トピ主です3

     また、にゃっほさんの森田療法や、今日ちゃんさんの行動療法も、積極的に勉強してみたいと思います。
     実は、森田療法もネットで見てみたのですが、あの膨大な活字を見て、すぐに閉じてしまいました。でも、克服>活字ですね。頑張って読んでみます。

     お二人の、「薬も何もいりません。心のチャンネルを変えて。」「克服できますよ。」という言葉が、とても温かく、気持ちが少し楽になりました。ありがとうございます。

     ぶらぶらさんのレスからは、奥様思いの優しさが伝わってきました。熱湯消毒、「わかる!」と思いました。私も毎日しています。最近、配水管は、熱湯にいつまで耐えられるか、と少し心配しているところです。
     他のトピで、お子さんを守ろうとする意識が消毒につながっているのでは、というレスがありました。もしかすると、奥様の「母」の思いがそうさせたのかもしれませんね。
     子供嫌いの私でしたが、最近「欲しい」と思ってきたことも、治そうと思い立ったきっかけでした。

     温かいレスを下さった皆さんに、本当に感謝しています。ありがとうございました。
     引き続きの克服談も、宜しくお願いします。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • ここは?

    森田療法のサイト、こちらはご覧になりましたか?

    ここの体験フォーラムではトピ主さんと同じような悩みを持ち、克服した人のアドバイスなどが
    沢山載っていますよ。

    自分だけじゃないんだとわかるだけでもきっと心が落ち着くと思います。

    ユーザーID:2301939375

  • 忘れた〜〜

    あ、アドレスのリンク忘れてました。。。失礼しました〜〜
    http://www.mental-health.org/index.html

    ユーザーID:2301939375

  • にゃっほさん

     再びのレス、ありがとうございます。

     ずっと、この悩みを、主人に相談することができませんでした。
     仕事で疲れている上に、安らげるはずの家では、私の我がままで潔癖を強要し、二重に追い込んでいる。主人への申し訳なさと、話しても、完全に理解はされないだろうという思いでした。

     小町の前に、一番信頼している親友に初めて相談しましたが、彼女も職場でのストレスがあり、「無理・・」と言われてしまいました。逆に、訳のわからない話を聞かせてしまい、余計に疲れさせてしまったことが、申し訳なかったです。

     1人で何とかするか、勇気を出して心療内科を受診するか、と考えていたので、にゃっほさんのレスが、本当に温かくて嬉しいです。

     前回のレスで、今までの経緯と憎悪について書きました。憎悪感が、人として綺麗な感情でない事はわかっています。相手に罰が当たりますようにと願う、醜い自分もいます。もしかして憎悪感でいっぱいの人間に、もうレスを下さる方はいないかも・・とレスを期待する一方、不安でもありました。
     でも今、必死にそこから這い出たいと思う自分もいます。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • にゃっほさん 続きです

     今の私には、憎悪の解放と強迫性障害、両方のトレーニングが必要そうです。

     にゃっほさんに教えていただいた森田療法の体験フォーラム、見てみました。精神科の先生のアドバイスが聞けるなんて、今の私には、目から鱗のサイトです。早速登録して、相談させていただこうと思います。
     同じ悩みを抱えていらっしゃる方の体験談も励みになりますし、不潔恐怖以外の神経症で苦しんでいる方もいるのだと、勉強にもなりました。
     普通の生活のイメージトレーニングを繰り返して、「消毒習慣」から意識をズラす練習をしようと思います。

     憎悪の解放については、ヒントが見つかればと思い、スマナサーラ長老(仏教の長老で、おそらく偉い方)と、江原さん本を読んでいるところです。家事の合間に少しずつ読んでいるのですが、温かい気持ちになると同時に、読んだ後、「今ならできる」という思いが湧いてきます。

     改めて、2度も温かいレスを下さったことに感謝しています。ありがとうございます。小町のレスを励みに、頑張ってみます

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 参考になれば 

    私も以前、強迫神経症(今ではこう言わないのですかね?)に苦しみましたので、主さんのお辛い気持ち理解できます。今は、多少あるものの、生活に支障をきたすほどではありませんし、自分自身ほとんど辛いこともありません。なので、主さん私のような者もいるということ覚えておいてくださいね。大丈夫です、適切なアドバイスがあればきっとよくなると思います。体自体はご健康ですよね。

    私の場合は、潔癖はさほど強くなく、別のことについての強迫観念に苦しみました。
    30代前半の今でも多少でることはありますが、コントロール(儀式的ではなく)ができるようになったとは思います。


    和久廣文 著
    強迫神経症は治る
    「こだわる心」から「流れる心」

    確か確か、この方だったと思いますが、確か電話でも治療しておられると思います。(もし違ったらごめんなさい!)
    今サイトを貼ろうと思いましたが、削除されるといけないので、お名前だけ書いておきますので、ネットで検索してみてください。

    私にはこの方の方法は、納得できるものでしたので、お勧めします。
    そんなに長くない本です。ネットで買えますよ。

    ユーザーID:8230093284

  • 心は流れる

    アオさんこんにちは。

    >憎悪感が、人として綺麗な感情でない事はわかっています。相手に罰が当たりますようにと願う、醜い自分もいます。

    あのね。
    人間は心で何をどの様に思っても、それを言語化しないかぎり、罪はないんですよ。
    葉さんの紹介していた本も森田療法も同じ事を言っていると思うのですが、心は流れているのです。
    その感情にとらわれなければ、時と共に自然と流れて消えていきます。

    憎悪感を持つ一方、丁寧なレスで感謝や気遣いができるアオさん。
    どんなアオさんも人間らしい心を持ったかけがえのないアオさんです。
    ご自分を否定せず、今まで辛かったねと、自分で自分に優しい言葉をかけてあげて下さいね。

    ユーザーID:2301939375

  • 私も筋金入りの不潔恐怖です

    10年以上苦しみました、今は軽くなった方ですがまだ拘りは強い部分も残ってますが。完治は目指さず共存しています。不潔恐怖は精神科にいっても直りにくいですよ、私はそう医者に言われました。なにより自分で治すという気構えが大事です。薬や他のものに依存している間は治りません。不潔恐怖でも生かされていることに感謝しながら人の為に自分が出来ることを淡々としていく、これで心の安定感が得られその結果症状が軽くなっていく感じでしょうか。そして怒りの感情も手放すことも確かに大事なことですよ。
    ぜひこのブログを参考にしてください。 
                  伊勢白山道

    ユーザーID:0253688630

  • 葉さん

     レスありがとうございます。

     実際に克服された方のレス、本当に励みになります。私と同年代の方なので、身近に感じられて、とても心強いです。

     今は、「生活に支障をきたすほどでもなく」とのことですが、和久さんの本の通りに実行された結果、強迫観念がコントロールできるようになった、ということでしょうか?

     和久さんの本、調べてみたら、たくさんの著書がありました。どれも強迫神経症に関する物で、こちらも心強い味方になってくれそうです。しかも「そんなに長くない」というのが、活字が苦手な私には、これまた助かります。
     不潔神経症の克服法に関する本も出ているようなので、合わせて読んでみたいと思います。

     葉さん、勇気づけられるレスを下さって、ありがとうございました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • にゃっほさん

     レス、ありがとうございます。

     「憎しみ」という場所に自分の心が留まっている、自分のレスを読み返してみて、改めて実感しました。

     1年前、憎しみの対象となった人から受けた言葉・行動は、私にとって、とてもショッキングなものでした。
     とても尊敬していた人が、いつの間にかその謙虚さを失くし、「師である私を尊敬し、媚び、従い、支え、捧げよ」という姿勢になっていくのを、一番近くで見ていました。
     そして、次第に従わなくなった私から、彼女は全てを奪い、止めを刺しました。

     自分の中で、常識的に間違っていると判断できる事はしたくない、それが私が彼女から離れた理由でした。そのことに、全く後悔はありませが、そんな彼女が、今でも甘い汁を吸い続けている事が許せない。憎しみは、そこから来るものです。

     レスなのに、愚痴になってしまって申し訳ありません。でも、書いていて、少し気持ちに整理ができたような気もします。
     彼女を憎み続けたところで、彼女が変わるわけでもないし、私が前に進めるわけでもありませんね。憎しみのヘドロが増えたら、流れる心も、流れなくなりますよね。
     
     

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • にゃっほさん 続きです

     小さい頃から記憶力が良いと言われてきましたが、今その記憶力が、正直とても邪魔で仕方ありません。

     「心は流れて」いるんですね。今の私の心には、1年分のヘドロが溜まっていますが、森田療法や和久さんの本の助けを借りて、私の足を掴んでいたヘドロを、少しずつ掃除して行こうと思います。

     にゃっほさんの言葉には、本当にドキッとします。でも、その度に「抜けられるかも」という思いが湧いてきます。
     「憎しみを持っている自分」を認め、これからは「前を向いて進む自分」に脱皮できるように頑張ります

     いつも勇気づけて下さって、本当に感謝しています。ありがとうございました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 月子さん

     レスありがとうございます。

     10年以上も、苦しんでいらっしゃったのですね。私と同じ、不潔恐怖症の経験談なので、とても励みになります。ありがとうございます。

     「完治は目指さず共存」という言葉が、先が見えなかった目標のハードルを、手の届く所に下げてくれた気がします。

     「今なら」と思い立って以来、消毒作業は以前より減っていますが、まだゼロとは行きません。ゼロに!と完璧を目指すのではなく、ゼロの近くを目指して!と思って頑張ります。

     不潔恐怖症が酷くなってから、帰宅後の洗浄が面倒で、外出が極端に減りました。外出が嫌いな訳ではありません。

     でも、主人を含め、誰にでも出会う人に対して、親切になれるよう心がけたいと思います。

     紹介して下さったブログは、本にもなってるみたいですね。「感謝すること」の大切さに気づいた、というコメントをたくさん見かけました。

     活字に弱いので、時間はかかりますが、皆さんに紹介していただいた本は、順番に読んでいこうと思います。

     月子さん、貴重な体験談を話して下さって、ありがとうございました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 病院へ行くのもいいですよ

    私も強迫性障害を患って12年ほど経ちます。

    今はずいぶん楽になりました。
    心療内科に通って、薬を飲んでいます。
    SSRIという副作用の少ない、比較的安心なものです。
    もう4年くらい飲んでいます。

    行動療法も知っていますが、私の場合は、すぐにそこまでする心の体力というものはありませんでした。
    薬によって、不安などが取り除かれると、自然と行動療法が行えていたといった感じです。
    強迫観念を無視するというのも、症状によりますよ。
    軽い人なら、大丈夫かもしれませんが、逆効果になる人もいるようです。

    私は主治医には、初めのころ、「気になったら、手も洗ってもいいし、我慢しなくてもいいよ」と言われました。
    行動療法という言葉もその先生からは聞けませんでした。
    しかし、ある程度私が安定してきた頃に初めて行動療法という言葉をその先生から聞きました。
    「がんばって、これをやってみて」と言われるようになりました。

    とぴ主さんがどの程度かはわかりませんが、自分に合ったやり方を選ばないといけないと思います。

    ユーザーID:3906259633

  • 二回目のレスです。

    アオさん、こんにちは。その後お元気ですか?

    本、検索なさったとのこと。参考になればうれしいです。

    私はあまりにその時に苦しくて、本の裏にある著者のやっておられるカンセリングに勇気を出して電話してしまいました。

    その後電話での治療を受けました。地域的に通うのは不可能だったので。

    費用のことなど(私には出しても惜しくないと思える金額でした。)一度家族と話し合ってください等、先生は慎重にカウンセリングをやるかやらないか考えるようにと初めにおっしゃってくださいました。

    一回に30分くらいだったようないがします。その時は。これもあまり覚えていないくらい、そのつらい記憶、強迫神経症の辛い苦しみは今では幸いにも過去のものなんですよ。

    アオさん!だから大丈夫ですよ!

    適切な指導があれば、かならず大丈夫です。

    確か著者の先生も克服者です。

    (著者と書いたのも、また削除されるのを避けてます、もちろん前回私が紹介した本の方です。)

    アオさんの心がこれから、癒され、苦しみから解き放たれますように、祈っています!

    お元気で。

    ユーザーID:8230093284

  • 匿名さん

     レスありがとうございます。
     匿名さんも、長い間悩んでおられるのですね。

     私も、小町に相談する前、心療内科を探しました。

     強迫性障害のサイトに、強迫性障害の専門医を選んだ方が良いとありました。それをもとに探してみたのですが、どの病院が自分の症状に合っているのかよくわからず、判断がつきませんでした。
     SSRIという薬のことも、その時知ったのですが、実は以前、「副作用もなく、ごく一般的」と言われ処方されたピルが、体に合わなかったことがあり、近い将来子供を、とも思っているので、できれば薬の治療は避けたいと考えています。

     すみません、消極的過ぎて矛盾してますよね。でも、通院できない最大の理由は、私の勇気の無さです。やはり心療内科というところに、少なからず抵抗があるのです。治したいと思いつつも、どうしても1歩が踏み出せず、まず自分で出来る事から始めようと考えていました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 匿名さん 続きです

     強迫観念を無視するのも、症状によるのですね。アドバイスありがとうございます。
     私の場合は、不安になったりはしないのですが、負けず嫌いの性格が裏目に出て、消毒しないことで「負けた」という思いになります。勝手に一人で奮闘して、変ですよね・・・。

     「主治医の先生から、初めは、気になったら手も・・・」との事ですが、月子さんのレスにもあったように、「完璧を目指さずに」を目標にと考えたら、「治さねば!」から、「徐々に治していこう」と、気持ちに余裕ができました。私もまだ、気になったら手を洗ってしまいます。ですが、今は無理矢理にでも「まあ、いいか」と思い込むことで、先週よりは、手洗いの回数が若干減りました。

     森田療法などをもう少し勉強してみて、改善できないようであれば、覚悟を決めて、病院に行ってみようと思います。
     心療内科について、何もわからない状態だったので、匿名さんのお話が聞けて良かったです。

     貴重な経験をお話して下さって、ありがとうございました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 葉さん

     再びのレス、ありがとうございます。
     温かい言葉までいただいて、本当に勇気が出ます。

     電話カウンセリングを受けられたのですね。匿名さんのレスからも、やはり、専門家の方に相談に指導を仰ぐことが大事なのだと、改めて思いました。
     病院に行く勇気が出ないヘタレな私には、電話カウンセリングは、かなり心強い味方になりそうです。

     実は先週、あるお坊さんのサイトで仏教の教えを読んだのですが、そのお坊さんの「悩み電話相談コーナー」があり、思い切って電話してみたのです。
     強迫性障害・憎しみの解放、共にアドバイスを下さり、行き詰った気持ちが楽になりました。「お坊さんの言葉」は、お釈迦様にアドバイスをいただいているようで、行き詰っていた心をほぐして下さいました。

     前回お答えし忘れてしまったのですが、体はいたって健康です。風邪もひかず、薬を飲む機会もないので、私にも合わない薬があることに26歳で初めて気づきました。

     実際に克服された葉さんの「大丈夫!」は、お守りのような言葉です。挫けそうになった時は、「大丈夫!」を思い出して頑張ります。ありがとうございました。
     

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 前例を作ればいいんですよ

     アオさん、消毒行為をたまに忘れたりした事ってありませんか?その時にそのままで過せたのだから今回も消毒なしでもまぁいいかって思えれば少しずつ聖域がなくなり楽になっていけますよ。前例を作ってしまうんです。
     私も不潔恐怖初期の頃は症状ばかりにとらわれ一喜一憂して症状を無くす事に躍起になってましたがこの病が自分に気付きを与えてくれたと思え始めてからは逆に感謝さえしてますよ。自分の中にある傲慢さやマイナス感情で自分の心が汚れていたんだなって。だからその投影として不潔恐怖になってしまったんだと原因を分析できました。そして大事なのは心の病を抱えていようが生かされている事に気が付いた事です。そうしたらちっぽけな事だなって思えてきました。生きているからこその悩みなのだと思いますよ。

    ユーザーID:0253688630

  • 月子さん

     こんばんは。レスありがとうございます。
     月子さんの仰る通りのことが、本にも書いてありました。

     「前例を作る」。強迫性障害関連の本では、汚いと思うレベルを綺麗な方からABCDとし、AからBへ、BからCへと、段階的に自分の中で容認して行く。1段階ずつ前例を作って慣らしていく、というアドバイスが書かれていました。
     今、AからBは意外とスムーズに行けそうなのですが、BからCに踏ん切りがつかないところです。でも月子さんの仰るように、忘れた時に、既に前例が出来ているんですよね。考え事をしながら家事をしていると、忘れる時や、忙しくて「まあ、いいか」と思える時があるので、それを最大限利用して、聖域を広げて行きたいと思います。

     「生かされている」。仰る通りですね。
     先日、電話相談にのっていただいたお坊さんに言われた言葉です。
     「汚れた言葉や思いは、自分自身を汚し、壊していくだけ」
     昨日読んだ本には、
     「人は、人間という着ぐるみを借りて生かされているだけ」
     どちらも、少なくともこの1年、私が忘れていたことでした。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 月子さん 続きです

     借り受けた大事な体を、私は、汚れた思いや大量のエタノールで、痛めつけていたのです。
     「生きている」ではなく、「生かされている」のですね。それに気づき、大事な自分の体に、とても申し訳ない気持ちです。

     この間、親友から良い事を教えてもらいました。
     「偉大な宇宙に、心の洗濯をしてもらおう」
     親友は毎日就寝前、宇宙の空気(空間のことです)で、1日の心の汚れをジャブジャブ洗い、クリーンな心になって帰ってくるイメージを思い浮かべるそうです。そうすることで気持ちの整理をし、嫌な思いを引きずらず、次の日を新たな気持ちで迎えることができるようになったそうです。
     これを教えてもらって以来、私も実践しています。と同時に、こんな私を心配してくれ、長い間ずっと親友でいてくれた彼女に、本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

     会ったこともない私に、こんな大切な事を教えて下さった月子さんにも感謝しています。
     私も月子さんのように、問題が起こった時、原因を自己分析できる冷静さを持つことを心がけたいと思います。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7091744328

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 同じ症状です!!1

    アオさん、こんにちは。
    私と同じ症状の方と初めてお会い(?!)できて、今、心が少しほっとして、慰められています。
    いわゆる強迫観念症とは、私の症状は少し違うので、強迫観念症の類を読んでもピンとこないのです。
    強迫行為を繰り返して安心している(自分を守っている)というところだけ、強迫観念症と共通しているといった具合です。

    アオさんも私もですが、要は、自分を傷つけた人(傷つける可能性のある人)から、自分を必死に守ろうとして、強迫行為を行っているんですよね。
    だから、私も怒りの感情を手放そうとしたり「赦す」感情を、まず持とうとしました。
    でも、結果的にはうまく機能していません(症状を発症して16年です)。

    ただ、夏ころ「小林正観」さんという仏教の教えをもとに、本を書いていらっしゃる方の本に出会いました。
    題名を忘れたのですが(「宇宙を貫く幸せの法則」だったかな!?)、


    長くなるので、改めて書き込みます。

    ユーザーID:0021715912

  • 同じ症状です!!2

    こういう類の本もいやというほど読んでいますが、
    でも、彼の本は、「他者の思いに囚われないで、自分を高い位置に置いて、他者を眺められるような」、
    本当に、自分を少し高い位置において、俯瞰して眺められるような気持ちにさせてくれました。

    自分を少し高い位置において・・というのは、
    「私自身は、誰の感情にも惑わされることなく、いつも通り、謙虚さと感謝と品格を持って生きていく」
    と、自分の軸を見失わないことで、得られる余裕のようなものです。

    とはいいながら、症状は少し軽くはなりながらも、やはり強迫行為は続いています。
    アオさんと同じで、止めれそうな気もしながら・・でもやっぱりムリ・・という感じです。

    最近、思うのですが、やっぱり一人で頑張るのはきついです。

    この病気は、自分でマイナスの暗示をかけているだけなのはわかっているので、
    プラスのイメージに書き直さないとダメなんですよね。
    でも、自分で決めた暗示だと弱いのです。
    誰かが絶対大丈夫!と言ってくれないとダメなようなのです。

    続きは次のページへ。

    ユーザーID:0021715912

  • 同じ症状です!!3

    そう思うと、やはり自分に自信がないことが、この病気の根っこにあるのだろうなと思います。
    自信の欠如なんだろうな!と自己分析している自分がいます。

    それは今すぐに治らないとして、とりあえず、他者からの強烈で、絶対的な応援が必要だと感じています。

    「大丈夫だよ!
     汚れた人と接触したからといって、あなたが、その人を受け入れている(アオさん的に言うと負けている)ことにはならない!保証する!!!
     私が絶対の保証をするから絶対!絶対!大丈夫なんだって!
     これからは、そんなことに煩わされないで心から安心して、生きていって!」

    そういう言葉を待っている自分がここにいます。
    そういう言葉で、やっと背中を押されて、少し恐怖が緩和されて、えいっ!
    って恐怖の中に飛び込めるかもしれないと思う自分がいます。

    どうでしょう!?
    こうやって、誰かが絶対的な確信的なメッセージを日々送ってくれたら、治ってしまう気がしませんか?

    ユーザーID:0021715912

  • 同じ症状です!!4

    同じ症状です!!2の説明に追加です。
    自分を少し高い位置において・・というのは、
    「私自身は、誰の感情にも惑わされることなく、・・」

    他者の思いに引きずり込まれるのは、その同じ低いレベルに自分がいるのを認めているようなもの。
    私は、そんな低いレベルにはいない!んだから、他者の思いに引きずり込まれることはないよ!という意味です。

    人は、あまりにもバカバカしいことには、無頓着ですよね。
    気にしないですよね。
    例えば、TVの芸能ニュースや、レベルの低い週刊誌なんて、鼻から信用してないのと同じで、
    (そういったお仕事に携わっている方には失礼な内容ですみません)
    ・・その時、なんとなく楽しんで忘れてしまう位の存在・・、
    そんな低いレベルのことに、かっかかっかしているだけなんだと思います。
    もしかしたらパロディにもなるかもしれない(笑)。

    私は、
    完璧に、他者の低いレベルの感情に翻弄されてしまっているんだなあと、
    認識することができたおかげで、少し精神的にラクになれています。

    ユーザーID:0021715912

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧