関西弁を短期間でマスターした友人

レス11
(トピ主0
お気に入り6

生活・身近な話題

Sky blue

幼馴染の友人も私も高校(18歳)まで岡山で育った後、進学で関西に引越しました。
学校一年目の夏休みに再会した際、その友人がネイティブ関西人のような流暢な(?)関西弁をしゃべるのにビックリ!
本人は別に努力したわけでもなく、話してる相手の関西弁に引きずられて自分も同じようなしゃべり方になってしまうのだと言います。
その友人は結婚後、九州へと引越して行き、今度は何弁か分かりませんが、とても私には耳慣れない方言で話すのです。
実家に里帰りした際にはしばらく経つと岡山弁に戻るらしいのですが。
私のほうは関西に10年以上住みましたが、関西弁にはなりませんでした。
現在海外に住んで、語学の習得に苦労しております。
この私の友人のような人が海外に住んだらすぐに現地の言葉を身につけるんじゃないかと思うのですが、どうでしょう?

ユーザーID:5007559430

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そんな気がします。

    「関西弁」を「マスター」というのがユニークで素敵です。

    きっと言語中枢が発達した方なんでしょうね。
    右脳型?なのかも知れません。
    普段標準語をしゃべる人が、
    地方からの電話に、お国言葉で返したりする。

    結局方言って、円滑にコミュニケーションがとれるから、
    これだけ「お国柄」が廃れた世の中でも残っている訳で、
    だからコミュニケーション能力に優れた方ならば余計に、
    「マスター」は簡単にできるのかも知れません。

    ユーザーID:4525895800

  • 耳の大切さ

    Sky blueさん こんにちは。そのご友人の方、スゴイですね。とても柔軟な「耳」をお持ちなんでしょうね。

    私も海外在住です。
    この国に来る以前、すでに英語は出来ましたが移住に際しこの国の言葉を習得しなければなりませんでした。
    大人になってからの新しい言語習得の厳しさを身を持って体験しました。

    もう亡くなっていますが、フランスの耳鼻咽喉科医であったアルフレッド・トマティス博士のお名前をご存知でしょうか?
    聴覚に関する研究を長年され、その研究に基づきトマティスメソッドと呼ばれる聴覚訓練法を確立された方です。
    博士が仰るには「言語は聞くこと、それも正しく聞くことによって学習される」とか。
    つまり聴覚の果たす役割りがどの言語習得においても重要であり、それは母国語においても同じことだそうです。
    そして外国語習得には、その言語を聞き再現する能力、ひいては聞いた言葉を再現している自分の声を聞き取る能力が
    必要だと仰っています。ご友人はきっと、この能力に秀でていらっしゃるのではないでしょうか?

    ユーザーID:1617316183

  • 人の目を気にしすぎる私

    私も比較的短期間でマスターできるタイプです。
    大阪で仕事を始めてから数ヶ月で普通に話せるようになり、出身は九州ですが、大阪人だと思われていました。
    そして今は東京にいますが、半年もたたず関西弁が消えてしまいました。が、関西人と話し始めると釣られて話す事ができます。
    九州の田舎に帰るとネイティブの言葉で話せます。
    多分私は人の目を気にしすぎるのだと思います。周りが東京弁(?)なのに目立つ関西弁は恥ずかしいし、関西にいる時や田舎に帰ると東京弁だとすごく気取った奴と思われそうで。単なる、自意識過剰もその理由だと思います。お友達は結構人の目を気にするタイプではないですか?私は自分の方言を絶対変えない人って羨ましくもあります。

    ユーザーID:5722540172

  • 逆に

    関西の人が東京に出て、すぐに標準語になる人と、何年住んでも関西弁のままの人がいますよね。芸能界でも同じ。芸人さんで、ドラマに出て標準語が上手な人は、器用な人だと思います。

    ユーザーID:1568714768

  • 耳がいいのかどうか

    私は関西出身で現在他県に住んでいますが、こちらでは関西弁でしゃべらないので、一度も関西人だと思われたことがありません。
    相手も関西弁でないと、出てこないんですよ。
    標準語は、中学の時に東京から転校してきた友達としゃべっているうちにうつりました。覚えようと意識したわけではないのですが。
    今の土地では、親しい地元の友達がいないのでこちらの方言はうつっていませんが、冗談で真似することはよくあります。

    耳がいいかどうかわかりませんが、語学は好きで、ヒアリングは得意な方かもしれません。
    海外に住んだことがないから外国語はわからないなー。でも英文メールやチャットを何度かやりとりしていると、相手の表現の真似をしているうちに英語で書くのが上手くなって、海外の人に「英語できるんだね!」と言われたことがあります。
    語学って真似することから始まるのかな、と思います。

    ユーザーID:9891583772

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 別の努力も必要

    私も引越しが多かったので、日本各地の方言を話せます。

    その後、ヨーロッパや英語圏を転々としました。ですが、すぐに語学習得というわけにはいきませんでした。
    方言と同じようにイントネーションはすぐつかめるのですが、文法や発音は別。タ〇リさんの芸のような「外国語に聞こえる日本語」はすぐ話せますが、その国の言葉を習得するにはまだまだです。

    ですが、一旦マスターするとどの国でも「訛りないですね」と言われるほどにイントネーションに違いはないようです。米国人と話せば米語訛りになり、英国人と話せばブリティッシュ訛りになります。

    ユーザーID:6076789835

  • 音感が優れている方なのでしょう!

    共通語の「こんにちは」は
    5文字全て同じ音で平坦なのですが
    大阪弁の「こんにちは」は
    5文字全てが違う音なのだそうです。
    以前、話し方教室に行かれた事がある
    文化人の方がこんな話をテレビでしていました。

    以前SMAPの木村さんがテレビで
    大阪弁のリズムはジャズに似ているので
    大阪のミュージシャンが作った曲は
    歌うのがとても難しいとおっしゃっていました。

    お友達はとてもリズム感がある方なのだと
    思います!

    ユーザーID:8342272306

  • 外国語は違うんでは

    自身の経験上、英語に限って言えば日本語の訛りができるようになったからといって英語がネイティブのように発音できるようになるとは思えません。

    私の地元弁は訛りがありイントネーションが標準語とかなり違います。
    だけど標準語は完璧で今まで一度も東京出身以外に思われたことがありません。それはテレビとかで標準語を聞いていたからというのもありますが、1つ1つの言葉の発音は基本的に同じ日本語なのでイントネーションなどをコントロールすればできるのです。

    だけど外国語は言葉そのものが全く違う、さらには英語だとL/R, THなどの音が日本語には存在しないので、日本語の訛りと標準語を操れるからといってそれが簡単に外国でもできるとは思えないのですが。
    まさに私は人生の半分くらいをアメリカで過ごしていますが発音はバリバリ日本語訛りです。

    ただカラオケとか上手な人は、音そのものを聞き分ける耳を持っているので英語の発音もだいたい上手です。

    ユーザーID:1193399861

  • 一つの特技

    話し好きだったり読むのが好きで語学の上達が早い人と、耳で聞いた音を上手に復唱できる能力は違うかなと思います。

    英語圏に住んでますが、理路整然と自分の意見を「バリバリの日本語訛り」で弾丸のように話せる人もいれば、聞き取りもほとんど出来ないのに、少しだけ話せる英語がまるでネイティブという人もいます。

    耳のいい人は、その部分でちょっとアドバンテージだと思いますが、それ以外はやっぱり勉強だと思います。

    ユーザーID:0942784408

  • 日本語の難しさ

    私も関西に住んで、一生懸命テレビを見たり、同僚の話し方を真似てみましたが、どうしてもマスターできませんでした。どう努力しても、私の関西弁は、テレビドラマなど、関西人でない俳優の関西弁みたいだと言われましたが、逆にドラマの関西弁を不自然とも感じなかったのです。私は東京、妻は東北出身なのですが、妻の関西弁はかなり自然だと言われるので、その違いは何かと考えたところ、どうやら標準語と、土着の方言の発声法の違いにあるような気がします。標準語は明治維新後に、人工的に作られた言葉であるため、言葉も発音も不自然で、また音の高低よりも音の強弱が強い傾向があるようです。たとえば「みなさん」という言葉は、「な」が高く、しかも強く発音される傾向にあります。しかし関西弁はじめ、土着の方言は、言葉が優しく、ほぼ同じ強さで音の高低のみで発音を使い分けている印象です。ですから東北弁を話す妻の方が、関西弁を話す上でも有利なのだと思いました。

    ユーザーID:4091471534

  • 音感がいいと得かも

    英語圏に住んでいますがネイティブの方から「ほとんどアクセントがない」と言われます。昔から聞いた音やフレーズを「そのまま繰り返して言える」という特技がありました。 

    多分これは小さい頃九州で育ち(まったくネイティブに九州弁をしゃべっていました)、その後東京に移ったり(もちろん今は当強弁です)、幼い頃に音楽教育を受けたおかげかもしれません。

    もちろん、どなたかがご指摘なさっている通り、外国語の場合、語彙を増やしたり文法を覚えるなどの、恣意的な努力が必要になります。

    しかし「言語の音をつかむ能力(一種の頭の中の配線でしょうか)」は方言だけでなく、他の言語(特に日本語と発音やイントネーションがかけはなれている言語)の習得にはプラスだと思います。

    私は現在関西弁をマスターしたいのですが道は遠いですね(まわりにしゃべる人がいないのと、年とともにイマイチ言語習得力が落ちているようです)

    ユーザーID:3289679820

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧