賃貸保証人へのお礼について

レス6
お気に入り9

なすなす

話題

まったく初めてのことで、どうしたらよいか悩んでおります。

夫の職場の上司(男性、独身)が引越しをすることになり、保証人を受ける人がいないため、私の夫が受けました。ご両親は高齢で年金収入のみのため保証人は出来ず、実家は遠方で兄弟もいない為に保証人のあてがなかったようです。夫もお世話になっていますし、新卒以来ずっと同じ職場で安定した収入もあり、信用のおける方ですので受けました。

後日、お礼に「薄謝」の名目で、一万円の商品券をいただきました。こちらの手続きは役所で戸籍謄本を取り寄せたくらいで、まさかお礼をいただくなどと思ってもいなかったので、素直に受け取って、そのままでいいのか、判断に悩んでおります。敢えてこちらから何かするとしたら、「引越し祝い」の名目での贈り物でしょうか。同じようなご経験がございましたら、ご意見をいただきたく、投稿します。

ユーザーID:0156634241

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は身内でした

    私も家族に保証人になれる人がいないため、伯母に頼みました。
    お礼の電話をして、伯母の好きなお菓子を贈りましたよ。
    保証人は軽い気持ちでなるものではないですし、受け取っても良いのではないでしょうか?
    もちろん、戴いたことにも電話などでお礼は必要だとは思いますが…

    ユーザーID:3644098065

  • 当然頂きましょう

     保証人というのは大変なことです。上司が、家賃を滞納したら?突然死んだら?あなたのご主人が全て責任を負うのです。なかなか、引き受け手など見つかりませんよ。私だったら、二の足ふみますもの。お礼は、身内でも何らかの形でします。まして、赤の他人なら当然です。ひとまず、常識はある上司のようで、良かったですね。

    ユーザーID:3961668212

  • 素直にいただいてOK

    その上司は、金銭的には常識的な方だと思います。
    もし、賃貸保証人が身近にいなかったら、保証会社に依頼することになったでしょう。それをしますと、手続きが面倒ですし、費用も最低家賃の半分はかかります。また、年間保証料として毎年1万円以上かかることもあります。(保証会社によって費用は様々です。)

    ですので、お礼はそのまま有り難くいただけば大丈夫です。そして、引っ越し祝いはいらないと思います。トピ主さんのご主人の親切にお礼をくださっているのに、それにまたお礼をすることになります。

    ただ、賃貸とはいえ保証人です。今後は、断られたほうがいいですよ。今現在、どんなに信用おける人でも、数年後にどうなっているか分かりません。その保証をした賃貸に上司が住んでいる限り、ずっと保証人役は続くのですから。トピ主さんのご主人が断れば、上司は保証会社を使ってお金で解決できたことです。それに、そういう大事なことは、部下ではなく、自分の上司に依頼するべきかと思います。上司には断られたのかもしれませんね。

    ユーザーID:3306244674

  • ゆきさんへ

    ゆきさんご意見ありがとうございます。
    家族が出来ない場合、伯母様ならばお願いしやすい関係ですよね。お礼にお好みのお菓子というのも、いいなと思います。
    確かに、本来軽い気持ちで受けるべきではないと思いますので、お礼はそのまま受け取ります。どうもありがとうございました。

    ユーザーID:0156634241

  • neneさんへ

    neneさん、ご意見ありがとうございます。

    上司は夫の大学の先輩でもあり、就職を面倒みてくださったことなどもあって、お人柄もわかっていたつもりで軽くとらえてしまったのですが、おっしゃるように、本来、簡単に受けるべき事柄ではありませんね。お礼はそのまま受け取り、万が一の時のお金と手間は覚悟するようにします。管理会社などの連絡先もしっかり確認するようにします。ありがとうございました。

    ユーザーID:0156634241

  • shimizuさんへ

    shimizuさん、ご意見ありがとうございます。

    保証会社に依頼する手間や費用を考えて、お願いできるならばという感じで、夫に話をしたのかもしれません。私が借主の立場だったら、出来るだけ身内に保証人をお願いしたいと思いますが、お願いできる身内がいなかったらどうしたものかと考えてしまいます。

    今回はお礼はそのままありがたくいただき、万が一の時は、保証人としての役割を果たしたいと思います。

    夫とは以前から、借金と会社設立関係の保証人はやらないと話し合ってはいたのですが、賃貸の契約であることに油断してしまいました。お世話になっている上司だったこと、倒産する職場ではないこと、収入に対して家賃が抑えてあったことなども気を許した原因だと思います。今は私たちに住宅ローンなどの借金がありませんが、この先どんな経済状況になるのかわかりませんので、今後は断ります。しかし今回は受けたので、万が一の場合の責任を考えて、手続きや費用の準備はしておきたいと思います。どうも世間知らずなようですので、お話を伺ったことで大変勉強になりました。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:0156634241

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧