ナンシー関さん 好きでした

レス25
(トピ主0
お気に入り46

生活・身近な話題

夏色

ナンシー関さんがお亡くなりになって、はや数年。
彼女の歯切れの良いテレビ関連エッセーやコラムが
大好きでした。

もう新しいコラムは読めないんだ。
彼女が2009年のテレビを見たら、どう言うだろうか?
藤原紀香離婚とか・・・
知りたいなあ。

あ、ナンシーさんはそもそも藤原紀香が陣内さんと
結婚していたことも知らないけど・・・

ユーザーID:8957241383

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今年も命日と誕生日が過ぎました

    最近テレビ見なくなったなー。
    ナンシーがいないから当然なんですが。

    飯島愛さんのことを
    「自己喧伝しない珍しいタレント」といった文脈で
    肯定的な見方で書いていたのを覚えています。
    それを読んでから、飯島愛さんのことを注意してみるようになり
    ナンシーの言ってた意味がわかりました。

    ユーザーID:8197340572

  • ヨコですが

    「先代が」さんへ。2代目?のセリフですよね。
    私も、軍団はいつから襲名制に!と笑いました。

    当たっているといいな。


    トピ主様レスをされている皆様、共感するものがここにもいます!

    私も大ファンです。ほとんどテレビを見ない生活を長く続けていますが、ナンシーさんご健在のころは、妙に日本の芸能界に明るかったです。

    ネットで何でも分かるような時代が到来しても、もう芸能界に丸っきり興味がなくなりました。

    ナンシーさんだからよかったんだろうな。2番煎じ風な記事を読むと、やめてとすら思います。彼女の代わりはやっぱり要らないのです。

    ユーザーID:8093850760

  • ナンシー大好き!

    追悼本も含め、すべて持っています。
    あまり有名じゃない頃から大好きで
    消しゴム版画展で実物を見たこともあります。
    本当に好きです。
    なんで、なんでいなくなっちゃったんだ、ナンシー!!
    テレビで芸能界のバカ事件(失礼)が
    起こるたびに、本当にそう思います。
    愛にあふれているナンシー、
    また会いたい、
    新しいコラムを読みたいです。

    最後に、ハンドルネームの意味が分かる人がいたら
    嬉しいなぁ
    私の一押しです!!

    ユーザーID:1529897926

  • りんご飴様

    >そして芸能生活での息が、意外に長い

    全く同意です。
    ナンシーはその辺も見抜いていたんだなぁ、と思います。
    弱者には決して手をつけなかったナンシー。

    棟方志功とナンシー関を生んだ青森県ってすごいなぁ・・。

    ユーザーID:1971295802

  • 空前絶後の人

    私もナンシーさんの大ファンです。
    たいていの人気作家や漫画家には「この回はハズレかも」という作品があるのに、ナンシーさんの版画やコラムはいつもハイレベル。
    必ず笑わせてくれたり、ハっとさせられたり。

    多くの方が、形にならないモヤモヤを鮮やかに言葉にしてくれた、と絶賛されていて、私も本当にその通りだと思います。
    でも実は、皆が元々思っていたこと、というよりも
    全然気付いてもいない、深く考えてもいない事柄について書かれた文章でも、読んだ瞬間に
    「そうそう!私もそう思っていたのよ!」と思わせてくれるところが
    ナンシーさんの観察力・筆力の凄さだったのかなぁ、とも思います。

    晩年の主要な連載は週刊朝日と週刊文春のコラムだったでしょうか。
    ナンシーさんの新作を確実に週に2本も読めていたなんて・・・
    あの頃は幸せでした。

    ユーザーID:9716864043

  • 私も好きでした。

    昔、ナンシー関さんのホームページを見てたら、サイン会の日時に間違いがあったので、メールをしたのです。
    そしたら、ナンシー関さんから、「サイン会に来られる際に、間違いを指摘してくれたことを言ってほしい」という返信を頂きました。そして、サイン会でプレゼントをくださいました。
    毒舌コラムなのに、実態は、義理堅い人だったので驚きました。

    私も、ナンシー関さんならどう言うだろうな〜と、よく思います。

    ユーザーID:0904107846

  • 素晴らしい、と思わず首を振ります。

    トピ主さん、嬉しいトピ、ありがとうございます。
    やっぱりナンシ―関さんは凄いですよね!

    例えば、ある芸能人を見て『…なんというか…この人、う〜ん…』とモヤモヤしても、その『モヤ』を言葉にする事が出来ない。

    それがナンシ―関さんに関われば、ああっと言う間に解決。
    (そうそう、それが言いたかったんだよ〜!)
    と、ナンシ―さんの両の手を取って上下にブンブンしたい位でした。

    『モヤ』は一つずつ解体され、磨かれ、丁寧に並べられ、さあ、ご覧あれ!という感じで拡げられる。

    私はその冷ややかな様で全く冷たく無い、綺麗でいて無駄がない言葉を拾い上げては、つくづく、良い品だ、と感嘆せずにはおられない。

    なんてね〜。

    ナンシ―さんの亡くなった翌日。或る番組の男性司会者に他の共演者から、その彼には、過去に消しゴム版画と共に寄せられたコラムが有る、と読み上げ…当人、結構ムッとしてましたね。はは。
    ココで苦笑い出来れば、『大人だなぁ』と、彼に好感を持ったのですが。

    ナンシ―関にウォッチングされた人間は、『面白い匂い』がする。
    そして芸能生活での息が、意外に長い。

    ユーザーID:4225089321

  • 丸山タケシ氏

    新潮の「TV無法地帯」はナンシーさん路線ですね。
    渡る世間は鬼ばかり(略して渡鬼)を斬ったときはおもしろかったですよ。
    「イガグリとカズのラブシーンだけは見たくない」でしたっけ?

    ナンシーさん天国で「有り得ない事が起こり得るのが渡鬼、スガコマジックを甘く見るな」とか突っ込んでそう。

    ユーザーID:9435088523

  • 嗚呼

    単なる毒舌・悪口じゃなかったですね。
    独特のあのスタンス。
    ひけらかしも、コンプレックスも、いやみも感じられない毒舌なんて。
    ときには毒舌の中の「愛」までを行間で感じさせてくれました。
    誰がまねできるっていうんでしょう。
    本当に稀有の天才だったと思います。

    芸能人のこもごもはもちろん
    ケータイ小説などが持て囃される昨今の出版のレベルの低さ、彼女にぜひ切り込んでいただきたかった・・

    嗚呼、カンバーーーーーーッ

    ユーザーID:9618255157

  • 信仰の現場

    私もナンシー関さんの着眼点、文章が好きでした。
    有名、無名を問わず、その人物の隙というかアクというかを人の斜め上を行く見方が出来る人だったと思います。

    色々な著書がありましたが、私は「信仰の現場」が一番好きです。
    アングラではないけど一般人はあまり近づかない場所、ナンシーさん的に興味を持った場所に潜入取材した本なのですが、文章と共にナンシーさんが撮影したと思われる写真が掲載されており秀逸な内容です。
    ナンシーさんが今もご存命なら、どんな場所に興味を持たれたのでしょうか。

    ユーザーID:9880223912

  • 新作を読みたい

    といまだに思っちゃいますよね。
    観察眼の鋭さや文章表現の巧さとともに、何より本人の人柄や倫理観などの真っ当さを感じさせて、本当に好きでした。

    ナンシーさん亡き後は、斎藤美奈子さんを「マイ第2のナンシー関」と意位置づけて「辛口」を楽しんでいるのですが、書評の人だからテレビ評はしてくれないしな〜。やっぱり「ナンシー亡き後にナンシーなし」ですかね〜

    ユーザーID:3571202459

  • トピ主です

    トピ主・夏色です。
    うわ〜 一夜明けたらこんなに多くのレスが・・・
    ナンシーさん、愛されていたのですね。
    自分のことのように嬉しいです。
    それにしても早すぎる死は惜しいです。

    ボンさま〜 わかりますよ〜
    私の「夏色」も「夏色のナンシー」と言う歌(早見優でしたっけ?)から
    取りました。

    そう・・・彼女の跡を継ぐ人はいまだ現れませんね。
    書評だと斉藤美奈子さんに「似た感覚」を感じますが、
    テレビ批評の世界では、見当たりません。
    ほんと、変なパロディばかりで、「本物」が居ません。
    もやもやしてしまうわ〜 本当に。

    私が「この人って天才!」と思ったのは、
    毒蝮三太夫の消しゴム版画に
    つけたキャプションでした。
    「冥土に土産を持たせる男」
    ・・・すごい。すごすぎる・・・

    ナンシーカムバック〜

    ユーザーID:4499531830

  • 好きでした。

    あの消しゴムにはいつも笑ってました。
    コラムも辛口で、ブロス読者の私としては、突然の訃報に愕然とした次第です。
    彼女の代わりになる方は、ホントにいませんねぇ〜

    ユーザーID:2062670505

  • 惜しい人でしたね

    記憶スケッチ。私もすきでした!
    夜中に読んで、息を殺して大爆笑したのを思い出します。
    腹がよじれるとはこのことか!と思いました。

    コラムでたくさんの芸能人を斬っていたけど
    テレビを愛するゆえ、でしたよね。

    もう彼女の書いたものを読めないなんて。
    急逝から7年近く経った今でも残念です。
    ナンシーさん・・・。

    ユーザーID:2030735770

  • 好きでした〜

    私も好きでした。
    初期〜中期が特に同意できる点が多くて面白かったです。
    なんというか、テレビを見ていて感じる「違和感」というものを的確に文章にしてくれていたんですよね。何度膝を打ったことか(笑)
    本当、彼女がまた生きていたら今の芸能界をどういう風に書いてくれるのかな?って…すごく興味がありますね。

    ボンさん、研究所ですね(笑)

    ユーザーID:2644123660

  • 今でも読むよん

    リリーフランキーさんとの対談とか、町山広美さんとの本とか。全然爽やかさを目指した本じゃないのに(笑)憑き物が落ちたような軽い気分になります。
    リリーフランキーさんも好きです。「小さなスナック」の彼による追悼文には泣いた。

    ユーザーID:0520037939

  • 神でした

    先日、文庫で「何を根拠に」を購入したばかりです。

    ナンシーはテレビで起こるすべてのことを愛していたんだと思います。
    そして、その審美眼と嗅覚で「テレビの中で起こっていること」を伝えてくれるメッセンジャーであり通訳であったのかな、と思います。
    フォロワーもたくさん出て来ましたね。文体を真似た方もたくさん居ますが、どうもこう、ナンシー読後のような爽快感がないんですよね。

    ナンシー、小○ファミリーはあんなことになってしまったよ。
    森○さんはまだまだご存命だよ。
    なでしことか侍とか、××ジャパンが跋扈(失礼)してるよ。
    おバカタレントとか、その逆に高学歴しか売りのないタレントとか、どう思うよ?

    余談ですが、弟が内装業のアルバイトをしていた際、ナンシー宅に仕事で伺ったことがあるそうです。
    彼はその家が有名人の家とは訃報を聞くまで知らなかったそうですが、「テレビの数、荷物の多さは今まで行ったどの家よりも凄かった。家主さんは大らかな外見だったけど、繊細そうな人だった」と言っていたのが今でも印象的です。

    いつも心にナンシーを。私の座右の銘の1つです(大マジ)

    ユーザーID:8931023162

  • 「通販生活」の

    「記憶スケッチアカデミー」のコメントは大好きでした。あの的確なコメントは天才でしたね。爆笑しました。
    消しゴム版画も好きでした。

    ユーザーID:1443534543

  • 同じ気持ちです。

    いろんな芸能の話題や世の中の事件、ドラマ、CMなど。気になることがあると時々ふと思うんです、「ナンシーさんだったらこれをどんな風に表現してくれたんだろう」って。あの文章をもう読めないのが残念で残念で。

    何か、「どうでもいいことなんだけど、なんか見ててもやっとする」気持ちをスパッと斬ってくれる存在がいなくなっちゃった感じですね。

    本は永久保存版です。

    私のHNですが、ファンの方なら由来をおわかりいただけるかもしれません。

    ユーザーID:5003802398

  • ですよね

    ナンシ−関 の文字を見て うれしく勢いでコメントさせていただきます
    ハンコと彼女独特の目線で書かれた書籍の数々…
    彼女だったら どんなことを思うのだろう…
    紀香・陣内や玉置・石原の復縁、はたまた小室の地下生活、今のおバカブーム、芸人のモテッぶり 聞きたいことたくさんです
    彼女にかわる人が未だにいない現実に やっぱりすごい才能の持ち主だったんだなって思います
    亡くなってもうかなり経ちましたよね…
    とぴ主さんのお陰で ナンシ−さんの話ができてうれしかったです〜ありがとうございます。

    ユーザーID:9911478818

  • 大好きです。

    私もナンシー関さん大好きです。
    文春のコラムでハマって、全ての著書を揃えたところでの訃報・・
    本当に本当にショックでした。

    今でも読み返しますが、芸能等時事ネタでも古さを感じないんですよね。
    文体の面白さと分析の鋭さは類を見ないと思います。

    最近はポストナンシー関を狙った?コラムニストがたくさん出てきていますが、どれもこれも正直、甘すぎる。素人の感想やないかい、と思ってしまう。

    やっぱり彼女じゃなきゃ駄目です。
    これからどんな芸能人が出てこようと、どんなニュースがあろうと、もうそれらを斬ってくれる人はいないのだと思うと、残念でなりません。

    ユーザーID:9412764923

  • ナンシー小関もいますが

    やはり本家には及びません、消しゴム版画にしても薄味です。

    向田邦子さんが飛行機事故で急逝されたときもショックでしたが、ナンシーさんが亡くなられたときも言いようのない無念さに襲われました。

    このお二人なら今の世相をどのように切り取られるかと時折思ったりします。

    ユーザーID:9435088523

  • あの辛口が爽快

    私もナンシー関さん、大好きでした!

    あの辛口ながら全く不快にならないコメントの数々。本当にテレビが好きでいらっしゃって、視聴者側からのコメントながら、テレビの裏情報は決して知ろうとしないし、知っててもエッセイに書かれなかったと聞いています。。。

    ほとんど本を持っていますが、読みたくてもこれ以上出版されないかと思うと残念で仕方ないです。

    今、消しゴム版画家を名乗る方が沢山いらっしゃいますが、ナンシー関さん以外認めたくないとすら自分で思ってしまいます。

    ユーザーID:4911679606

  • ああ、だいすきだった。

    わかります。

    だいすきでした、ナンシー関。

    芸能ニュースや昨今のお笑いブームなどを彼女がどのように弄るのか。

    テレビを見ていて意味のわからないもやもやに遭遇したとき、
    彼女ならどんな風に斬るのかを想像する癖がいまだ抜けません。

    消しゴム版画に添えられる一言も絶妙でした。

    彼女ほど「才能」の言葉が似合う人はいないと私は確信します。

    ユーザーID:1971295802

  • 彼女のかわりはいない

    私も大ファンの一人でした。著書はほとんど持っています。彼女が急逝された時はかなりショックでしたね。
    周りを見渡しても彼女のかわりになる人は誰一人と見当たりません。
    本当に早過ぎる死でしたね。
    彼女がいなくなっても社会情勢や芸能界では、日々とてつもないことが起こっています。
    ナンシ−さんならあのこと、このことどう切ってくれたのかなあと想像しています。

    ユーザーID:8848489377

レス求!トピ一覧