懺悔:46年間忘れることの出来ない女性

レス8
(トピ主0
お気に入り24

恋愛・結婚・離婚

憧憬

高校一年の入学早々のクラスでお互い一目見るなり、もしかして初恋の人になるかもと胸の高まりを覚えました。

彼女に会える思うだけで心がいっぱいになりました。
しかし、交際を申し込むには彼女はクラス一の美貌他の男子羨望の的でした。
そして自分自身の人生観は社会に出て稼ぐことよりも、男女差別や弱者が受ける差別の不条理に疑問を持ち学校の勉強はさておき、授業中は図書館で借りた本を夢中で読んだものです。

そんな私には彼女に声を掛ける資格はないと思っておりました。
しかし世の中皮肉なもので、かえって興味を抱いたのか気のある男子から冷やかされながらも、フォークダン等を誘ってくれたり、掃除の当番まで代わってくれました。

周囲の友人達は学校を出て良い大学・会社をめざしていましたが私にはその生活感がほとんど無く交際の資格はないと決めつけて、彼女との青春の思い出を作ることが出来ませんでした。

卒業後偶然街で会いましたが、お互い所帯を持っており同じ市内に住んでいると言うことだけでわかれました。

現在の妻が最愛の人です。
しかし、心の隅には44年間忘れることの出来ない最愛の初恋の人が私にはいます。
現実とプラトニック、二人の女性を愛しています、懺悔としかも失せません。

ユーザーID:9849859079

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 別に良いのでは…でも変ですね。

    トピ主さんは44年間忘れらない初恋の人がいることに、罪悪感を持たれているのですね。
    人の心は自由ですし、誰に迷惑をかけているわけでもなく、思い出に浸ることはとがめられるわけではありません。

    ただ一つ不思議なのが、44年間交流もない女性に対し、「二人の女性を愛しています」と言い切れるのですね。
    だって、初恋の女性は今はただのおばちゃん、もしくはおばあちゃん(失礼)で、苦楽を超えて人生を過ごしてきたわけですよ。
    この44年間にはトピ主さんはおらず、あなたのなかにある彼女の姿は「いいとこどりの一瞬の記憶」にすぎないのではないでしょうか。

    なのに、「愛してる」って言えちゃうなんて…愛とは何かをはき違えているとしか思えません。
    はっきり言って、トピ主さんは過去の思い出を「理想化し」、「空想の世界へ現実逃避」しているだけだと思います。

    思いきって、初恋の彼女に会ってみたらどうでしょうか?理想化した彼女の思い出が、一瞬で消え去るかもしれません。

    ユーザーID:2279414755

  • 忍ぶ恋。

    世の中には「恋厥」という感情があるらしいです(レンケツのケツの字は定かではないが)。
    現実の交流がなくても始終交流の対象になってしまう忍びの恋情です。

    私は9年目。
    この言葉はその相手に教わりました。

    この生涯であと一度だけ会いたいと思っています。

    ユーザーID:1613599688

  • だって、初恋なんですもの。

    トピ主さん、懺悔だなんて。そんな風に罪の意識をお持ちにならなくてもいいと私は思います。

    かく言う私も心の中に、高校生のときに好きだった人がずっと棲み続けています。もう、会うことがなくなって35年になります。

    今の夫と結婚するときに正直に話しました。夫は「そういう気持ちがあってもかまわない。過去は変えられないしあなたの気持ちを無理やり変えることもできない。」と言ってくれました。以来、けんかもたくさんしましたが、おおむね幸せな結婚で、仲のいい夫婦です。

    今、一番大切で、愛しているのは夫ですが、心の中の彼も大切な存在です。悩み事を抱えたりすると、彼だったらどうしたかしらと考えたりします。できれば死ぬまでにもう一度会って、どんな人生を歩んだのか語り合えたらいいなあとも思っています。そのことは夫も知っていて、会えたらいいね、と言ってくれています。

    心の中の彼を大切に思うと言うことは、きっと当時の、恋をしていた私自身をいとおしんでいるのだろうと言うこともよく分かっています。

    今会えばすっかり変わってしまっていてがっかりするのかも知れませんね。心の片隅の彼は最後に会ったときのままですから。

    ユーザーID:1507109292

  • うわっ

    結局ご自身ではどうしたくて悩んでるんでしょうか?何十年も過去のたわいもない事を勝手に美化し、いくじの無さをねちねちと未練がましい言い訳ばかり。何を言いたい?純粋とか純情というものは、うじうじした気色悪いというものと違うと思いますが。いい年して何やってんの。

    ユーザーID:2298505297

  • 男性ってロマンチストですよね。

    女性の方が現実主義のような気がします。
    若い頃は女性の方が夢見る夢子ちゃんかもしれませんが、結婚・子育て等いっぱい苦労してきて現実を知るのでしょうね。夢は無残に砕け、厳しい現実にぶちあたる。

    男性だって仕事は大変でしょうが、子育ても家の煩わしいことも全部奥さん任せだから結構気楽なんじゃないでしょうかね。だから定年後に職場を離れちゃうと何していいのかわからない。

    男性発のトピでも自分が不倫→離婚後、浮気相手と即再婚して、今幸せだと惚気ているくせに、前の女房は俺に未練があるだろう、みたいな訳わかんない人もいますよ。そういうの読む度、男性って子供みたいって思います。

    女性の方が大人ですから、奥様にも50年近く心に秘めた愛する男性がいるかもしれませんよ。
    皆が皆、好きな人と一緒になれる訳でもないし、たとえ一緒になっても永遠に愛が続くとは限りませんからね。

    >現在の妻が最愛の人です。

    こうおっしゃる方々のお相手に「本音」を聞いてみたいです。
    「熟年離婚」を密かに準備しているのは女性で、男性は晴天の霹靂というケースが多いようですから温度差はあるのでしょうね。

    ユーザーID:6353942270

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 初めての恋を忘れない

    初めての、プラトニックな恋を忘れないって素敵だと思います。

    男女の体だけの付き合いに夢中になり、刹那的に振り回されてる男性が多い昨今ですから。

    奥様を誰よりも愛していて、初めて愛した女性も忘れない。

    トピ主さんはきっと小説や映画に感動できるタイプなのではないでしょうか。私は素敵だと思います。

    私の夫にもそんな女性がいるのかな?と少し考えました。そして個人的にはいて欲しいと思いました。夫を誰よりも愛しているのは私だし、夫も私を一番に愛してくれてる自信があるからかもしれませんが・・

    ユーザーID:5743810628

  • 懺悔としか申せません、か。

    何で懺悔なんですか?妻に悪いと思うから?でも奥さんが最愛の人なんでしょ?
    今は亡き村下孝蔵さんの名曲で「初恋」というのがありますね。そんな感じですか?
    つまり「浅い夢だから胸を離れない、今も胸を離れない」と。
    思うのですけど、そうやってどうしたわけか心に居着いてしまっている人って、少なからずみんないると思うのです。
    でもそんな毎日毎日その人のことを考えているわけではないでしょう?
    普段はきっちり鍵を掛けているけど、ふとした瞬間思い出す。お気に入りの綺麗なガラス細工みたいなもの。
    胸の奥に閉まって時々取り出して眺めるくらいならいいんじゃないでしょうか。
    もっともっと時間が経てば奥様にも「こんなのを持ってるんだ」とばかりに、淡い恋の話を聞かせるまでになるかもしれませんし。
    無理になくそうとしなくともいいんですよ。
    あ、でもこれはあくまでも奥様が最愛の人だというのが前提です。
    で、二人の女性を愛してるのではなく、その状況を愛してるのですよ、憧憬さんは。ロマンチストさんですね〜。
    でも奥様が不意に憧憬さんの元から消えてから後悔することの無い程度に、懐かしがって下さいね。

    ユーザーID:3630810637

  • いいじゃないですか

    素敵な思い出ですね。
    多分、私の父と同世代の方のトピだと思いますが…。
    おそらくその同級生の女性は、そんな風に思い出してくれる人が居るとも
    知らず、年月を重ねておられる事でしょう。
    天から降ってくる目に見えない雪のようなものでしょうか?

    でも、そっと心の中にしまっておくからこそ、美しい思い出のままで
    いられるのでしょう。
    思い出を壊さず、このままずっと胸に抱いておいて欲しいです。

    ユーザーID:8164339576

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧