機内での釈然としないできごと

レス14
(トピ主0
お気に入り22

生活・身近な話題

ひらこ

最近、日本の航空会社の国際線を利用した際の話です。
(以下、登場人物は全て日本人です)

飛行機の離陸前に、荷物棚の扉が全てちゃんと閉まっているか、CAが確認して回る時間がありますよね?
その時に、通路を挟んで私の隣に座っていた男性が、
「上の荷物棚にものすごく重いスーツケースを入れていて、もし落ちてきて当たったら死ぬと思うんだけど、大丈夫か?」
とCAに尋ねたので、ギョっとしてしまいました。

その荷物棚は男性の席の真上にあるため、「もし落ちてきたら」ご本人に当たることはありえず、ちょうど私(およびその前後の席)に直撃するような位置にあります。
CAはかなり困惑しながら、
「棚の扉を一旦閉めれば、飛行中の揺れなどによって扉が開いてしまうことはまずございませんが・・・」
と説明しながら、扉を閉め直していました。

確かに理屈ではその通りで、どれだけ重い荷物なのか知りませんが、普通は棚の扉が開いて荷物が落ちてくるようなことはないでしょう。
それは分かっています。
が、隣の人から「落ちる」だの「死ぬ」だの、よりによって飛行機でそんな言葉を言われたら、すごく不愉快で不吉な気持ちになると思いませんか?

実際私はフライト時間中ずっと、飛行機が揺れる度に気が気ではなく、どうしてもその言葉から飛行機事故を連想してしまったりで、実に嫌な気分で過ごすことになりました。
ヨーロッパ行きなので約11時間。苦痛でした・・・。

しかし直接害を及ぼされたわけではないので、その男性ご本人にもCAにもクレームを言うことができませんでした。
この場合はどうすればよかったのでしょうか?

ユーザーID:9528365138

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • できることを工夫してみるしかないかな・・・・

    私なら、自分の動揺を落ち着かせるかな。深呼吸してみたり、楽しいことをイメージしてみたりとか、気持ちを切り換えられるような工夫をすると思います。揺れが生じた時など必ずそうしています。こういう極端な物言いをする人には困りますが、この人はこの人なりに、本気で不安に思っていて、CAに確認したのかもしれません。

    私はトピ主さんと同じく、飛行機が大の苦手です。仕事で何度も乗るため最近では、自分の緊張を和らげる方法を、あれこれ見つけることがうまくなってきました。たとえば、「こういう人がそばにいるのはアンラッキーだけど、不運はこれでもう終わったから、目的地まで無事行くに違いないわ」とか、勝手に前向きな思考に切り換えてしまうのです。

    自戒もこめて言うのですが、嫌な言葉を聞かずに済むことは難しいので、可能なことは、自分の心を鍛えることだと思います。特に、自分自身が緊張している場で聞くマイナスの言葉は、何倍にもなって不安を増幅させてしまいますから、うまい切り換え方の技術を身につけるのが一番かと。トピ主さんの「直接害を及ぼされたわけではないのでクレームは言えない」は、妥当な考え方だと思います。

    ユーザーID:0944190028

  • 繊細…なんですね

    う〜〜ん、、、私だったら、それくらいは気にならないかも。
    逆に、もしトピ主さんがCAさんに彼のことで苦情を言ったとしたら、
    「あーあー、めんどくさいお客だねえ。CAさんも大変だよー。」
    なーんて、思っちゃうかも。

    でも、そうだなあ。
    言うとしたら、その場で男性に向かって
    「そんな不吉なこと、言わないでくださいよー」
    って言うくらい。で、CAさんには「ねえ?」と同意を求める。
    そうしたらたぶん、CAさんは極上の笑顔で
    「大丈夫です。ご安心ください。」
    って言ってくれるでしょうから。

    妄想ですけどね。

    ユーザーID:3682699827

  • 言っていいと思いますよ

    エクセスチャージを払いたくない(払えない?)とか、さっさと降りたいなどの勝手な理由でドカ重い荷物を機内に持ち込んだ上、自分の席から遠い棚に突っ込んで平気な客っていますよね。

    その男性の荷物ではないなら、「そういう縁起でもないこと言わないで下さいよ〜、落ちてきても当たるのは私の位置なんですから!」とピシャリと言って、乱気流に巻き込まれても大丈夫なのかCAに確認しますね。それで100%安全でないならその荷物を別の場所に移してもらうか、安全な席に替えてもらいます。

    もし自分の荷物を指してそんな勝手なことを言う人がいたら、席を交換してもらいますよ。相手の荷物が壊れようが何しようが知ったことではありませんが、当たって怪我するのはこちらですから。

    ユーザーID:8864347282

  • 男性自身が不安だっただけだと思いますけど

    周囲の乗客がどう思うかなんて考えもせず、落ちてくるとしたら自分のところだと本当に思っていたのだと思います。
    周囲の人を不安にさせようとして、そんな発言をする人はそうそういないでしょう。
    その男性は、使いもしない重い荷物を機内に持ち込む詰め込み方からしても、おそらく飛行機の旅に慣れていない人なんじゃないでしょうか(分かりませんけど)。

    トピ主さんも、少し繊細ですよね。
    離陸前、非常の際にどういう行動をとるかの説明は必ずありますが、それもひょっとして、説明をしっかり聞いて安心というよりは、事故のことなんて想像させないで!などと思ってませんか?
    今度からは席を替えてもらってもいいんじゃないですか?
    よい旅を。

    ユーザーID:2480750078

  • うーん

    >この場合はどうすればよかったのでしょうか?

    気にしないようにすれば良かったと思います。

    そりゃ世の中いろんな方がいますが、そんなにいろいろ気にしてちゃ疲れませんか?
    実際には言わなかったとはいえ、私ならその程度のことで「クレームつけたい」とまで思いません。

    飛行機は苦手さんの「自分の心を鍛えること」に賛成です。

    ユーザーID:8817327088

  • なぜ?言えば良かったのに。

    11時間不安になる位なら、直接男性にもCAにも言えばいいと思います。
    変な人かと思われるかもしれませんが、11時間ですよ?
    主さんの11時間を不安にしたのですから。

    これが、主さん一人でその男性が荷物を収納する場を見て「ちょっと!そんな重そうな荷物いれたら危ないじゃない。出しなさいよ」と言うなら別です。
    相手が「危なくないかな」と言っていて、主さんが「危ないのは私じゃない」と思うなら、言えばいい。
    更に言うと、3時間位経った時点で「さっきの会話ですけど…」と言って荷物を出して貰ってもいいと私は思います。
    扉が開いてしまうことはまず無いと言えど、乱気流に巻き込まれたら当然空きます。
    角の引っかかりで大抵落ちないみたいで、荷物が飛び出る迄は見た経験はありませんが。

    海外に行かれる程の主さんが、機内の様に自由が利かない場所で11時間不安になっている気が知れません。
    言わなければ叶わない。
    言えば叶う場合もあるのですから。

    ユーザーID:7178536675

  • 現役CAです

    外資系ですが現役CAとして飛んでいます。

    機内では搭乗中のアナウンスで「重い手荷物は危険ですので頭上の物入れには入れず、前の座席の下にお納め下さい」と案内していますよね。 私がそのように言われたら「落ちてくると危険ですので棚から下ろして前の座席の下にお入れ下さい」と言います。 その担当CAは保安要員としての意識が低すぎます。

    これで本当に本人が重い荷物の事を心配しているのだったら、自分の足元が狭くなっても気にせず「では足元に置きます」となるでしょうし、もし本気ではなくただ乗務員や周りの乗客を困らせようとして言っているのだったら「いや、実はそんなに重いわけではないんだよ」と引き下がるでしょう。 足元が狭くなるのは誰だって嫌ですからね。

    続きます

    ユーザーID:9335337504

  • 現役CAです 2

    トピ主さんは乗客として安全性に疑問を感じたのですから、その旨を乗務員に伝えるか、本社に手紙でも書けば良いと思います。 航空会社にとって安全性は命です。 お客様が不安を訴えているのにきちんと対処しなかったのはその乗務員の責任になります。 他の方のレスに「気にしなければ良い」とか「繊細すぎる」とか「自分の心を鍛える」だとかありましたけど、それは乗客側の仕事ではありません。 皆さんがそんな事を心配する必要はないんですよ、と声を大にして言いたいです。

    飛行機が苦手な人はいるんです。 そんな人も飛行機に乗らなければならない事情もあるし、そういう人達を安全に目的地へ届ける事が乗務員の仕事です。 私はその担当CAのプロ意識に疑問を感じました。 

    ユーザーID:9335337504

  • 確かに気になりますよね

    でも、「落っこちてくるわけないじゃん。」とでも自分に言い聞かせるしか
    ないと思います。簡単にそれが出来れば苦労は無いですが、緊張をほぐす為
    に本を読んだり、音楽を聴いたりして他の事で気を紛らわせるのが宜しいか
    と思います。

    かく言う私も、新婚旅行の帰りの便で同乗者に非常に怖い思いをさせられた
    事があります。

    某国の海兵隊かと思うような大柄で逞しい白人男性が、離陸前にソワソワと
    落ち着かない様子。しきりに十字を切り、クロスを握りしめて何事か囁いて
    いました。ジロジロ見るのは失礼と思いましたが、よく見たら涙目です。
    これで私の不安もMAXとなり、離陸時は生きた心地がしませんでした。
    幸いなことに水平飛行にうつってからは落ち着いてくれましたが、着陸時は
    離陸時と同様でした。本当に怖かったです・・・・・

    それ以来、飛行機に乗るときは自分の都合の良い方向で妄想を膨らませる様
    に心がけています。

    ユーザーID:4595498152

  • 不安に思うポイントが不思議

    その場合、私は「いくら大丈夫と言われても、荷物が落ちてくる不安」はぬぐえません。
    座席の下だの、CAが預かるだの落ちても問題のない場所にして欲しいと伝えるクレームなら言うかもしれません。

    ただ「落ちる」「死ぬ」の言葉に関して、
    死ぬを連呼されたらそりゃ嫌ですが、落ちるのは荷物なのですから、それを飛行機の落下とは結びつけて考えません。

    トピ主さんが荷物が落ちてきたらと不安というのではなく
    飛行機が落ちるか不安だというのは、クレームしてもどうしようもないと思います。

    ユーザーID:9331138493

  • CAさんもわかってない人なのかも

    そんな大切なこと、worst case scenarioを考慮しないCAだったのですね。私ここ20年ほど日本の飛行機にのったことはないですが、私の住む国のエアラインでは通常“重いものは座席の下に”とのアナウンスがあります。なので人が死んでしまう可能性があるほどの重量の荷物を“多分ないとは思うけど保証はない”状況で何もしないCAには能力不足を感じますので、即刻航空会社に連絡しましょう。人が死んでからでは遅いのですし、航空会社にとっても事故の回避はありがたい意見だと思います。死亡に対する保障はかなりの金額になりますから、エアラインにとってもすごいダメージですよね。

    他の方々の危機感のないご意見に、逆に驚いています。“自分を鍛える”って、万一落ちてきても鍛えていれば大丈夫とでも思っていますか?(って精神的なことはわかっていますが、落下物がある状態で精神を鍛えていても肉体のダメージには変わりはありません)

    ユーザーID:1670441991

  • 10キロ以上の荷物は、本来持ち込み禁止じゃない?

    先日国際線に乗りましたが、通常、10キロ以上になる小型のスーツケースは、機内持ち込み禁止のはずですよ。
    多分、航空会社自体がゆるいところで、その男性の「10キロない」という言葉を信じて重量を測らなかったんでしょうね。
    CAも、ちょっとお粗末。
    私だったら上記のことをCAに言って、現役CAさんのおっしゃるように、荷物を前の方に預けるようお願いしたと思います。
    理由は、乱気流などでドアが開かないとも限らないから。
    ご自分も心配なら、こっちはもっと心配ですから、お預けになってください、とでも言いますかね。

    ユーザーID:5135930734

  • 尤もな懸念

     トピ主さんの懸念は杞憂ではありません。

     もう十五年近く前になりますが、シカゴ発関西空港行のNW便ファーストクラス席で飛行中に頭上コンパートメントが突然開いて中に入っていた荷物が落ちました。幸いその端のほうだけが下の乗客(荷物の持主ではない)に当たり、大怪我にはならなかったようですが、一寸した騒ぎになりました。 もしあれがトピ主さんのおっしゃっているような重量物で乗客を直撃していたら、命にかかわる事故になったと思います。

     近年かなり重い中型のスーツケースをCarry−onするのが事実上黙認されており、持ち込む人が増えてきています。コンパートメントに入りきらないのを、無理やり蓋をしているのはごくありふれた情景ですが、恐ろしいことです。

     機内に持ち込む前に、厳重に取り締まるべきで、フライトアテンダントに任せるのは実効性がないと思います。

    ユーザーID:8280147385

  • トピ主です

    皆様レスありがとうございます。
    実際、フタがあいて荷物が落ちてきたケースがあるとのこと、
    杞憂ではなかったのですね・・・。
    もし再度こういうことがあったら(そうないと思いますが)、
    荷物を下に移してもらえるよう、CAさんに頼むのがよさそうですね。

    ちなみに、私はいわゆるネガティブ思考人間なので、
    「もし飛行機が激しく揺れて、棚の荷物が落ちてくるような事態になったとしたら、荷物の重い軽いに関係なく危険。だから諦めるしかない」
    と自分に言い聞かせて耐えていました。
    ・・・「飛行機は苦手」さんと、全く逆の発想ですね。

    あと、持ち込んでいたのが辞書と文法書だけで、不安な気持ちを紛らわすような本を持ってなかったのも失敗だったかもしれません。
    次からは軽い本も持参した方がよさそうだと思いました。

    ユーザーID:7840335008

レス求!トピ一覧