現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

求む。怒ってくれてありがとう、の経験談。

ワオワ
2009年3月29日 15:10

30代女性です。仕事の後輩指導について悩んでいます。
私が今の仕事についた当初の頃は、先輩や上司に注意をされ、いっぱい怒られて、半泣きで仕事してきました。でも、そのおかげでここまで来られて、昔も今もとても感謝しています。

最近は、私に怒ってくれたりダメ出しをしてくれる人が少なくなってきました。むしろ、私が後輩に対してダメ出ししなければいけない立場です。でも、自分だってまだまだ半人前だし、人のことを偉そうに言えるほど仕事できているわけではありません。それでも、本人のためを思って一生懸命アドバイスするのですが、過去には、妙に誤解されて恨まれたり、落ち込ませて急に休まれてしまったりもありました。最近では、本〜当〜にマイルドな表現で、褒め言葉を織り交ぜて注意を促しています。心の中ではカンカンでも表面的には怒ったりしません。でも、教育的にはガツンと言った方が効くのかなあ〜?、怒らない私は後輩のことを親身に考えてない or 優しいアドバイスするだけ無駄な時間投資をしている?のではないか?と自問自答してしまいます。
自分的は、自分のことを怒ってくれた先輩には感謝こそすれ、逆恨みなんてとんでもないですが、それって少数派の意見でしょうか?
皆様には「怒ってくれてありがとう」って思えた経験はありますか?

別に後輩から感謝されたいわけじゃないんです。もし、怒るほどの気力体力を私が使うとしたら、誤解されずに理解されたいんです。

ユーザーID:8482253857  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:8本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
よく注意はされ、怒られて
しまこ
2009年3月30日 20:55

トピ主さんのいう怒るというのは、感情的にガツンと叱るという解釈でよろしいでしょうか。
私も就職当時よくやられ、おかげで仕事の飲み込みは早くなりました。
そのかわり人に教わるのは得意なのですが教えるのが苦手です。
時間をかけて教えても忘れましたと後で開き直られたり、いくら言ってもメモを取らないなどされると
その人と接するのが嫌になります。口調がきつくなるのが自分でもわかります。
熱心に吸収するひとばかりではないので、嫌になってくるときもあります。
怒りたくなる人にかぎって問題意識がない人が多いような気がしますね。
>逆恨みなんてとんでもないですが
そのとおりなのですが、無意識のうちに堪えていたのかもと思います。
自分がきつい思いをしたから、不真面目な態度をとられると許せないみたいな
感情を抱えているのかなと最近、思うようになりました。
今は怒る前にあきらめるようにしています。
>「怒ってくれてありがとう」
これを思えるようになったのは、他人の指導をするようになってからです。
怒られていた当時は反発と見返してやるみたいな気持ちが半々でした。

ユーザーID:2732145832
職場ではないですが
me
2009年4月5日 22:14

理系の研究室の院生です。後輩に対して私はかなり怒る方です。もとが怒る性質なので、褒める方にも比重を置くように意識はしてますが。
後輩の指導に関わるようになって5年ほど経ちますが、一度で直らない人はどんなに怒っても直らないし、こちらの怒る労力に考えが及ぶなんてことはありません。泣くほど(フリ?)落ち込んでも反省はしてないなんてざらです。卒業までの期間限定なので、嫌われても構わない覚悟で厳しくしています。他の子の足を引っ張るようなことされたら困るので。できる子ほど要求がシビアになってしまうこともありますが、そういう子は厳しくしても不思議と懐いてきます。
一度で直らない人って育ちというか性格上の問題がネックになってることが多い気がします。そういう人たちであれば感謝するなんてことはないんじゃないかと。
私は母に「あんたが大事だから怒る。どうでも良かったら何にも言わない」と育てられたので、怒られてるうちが華だと思っています。研究室では上の立場の人が先生しかいないので、色々指摘してくれてた先輩たちがいた頃が懐かしいです。指摘されない≠問題点がないって現状では気づくきっかけが減ってるようで。

ユーザーID:7952586247
うーん、どうだろう
オコリンボ
2009年4月6日 22:44

私が若い頃は上司が引っ張ってくれました。
怒るというよりは叱咤激励というのでしょうか、
はっぱかけるというのでしょうか。

注意された事は数限りなく(笑)あります。

トピ主さんと同じように感謝こそすれ恨むなんてとんでもないです。

私に部下ができた時、上司に「私が手本になるというなら、その姿を見て
覚えてくれればと思っています。」と言うと
「この時代に背中を見て育つなんてありえないよ。一から十まで手取り足取り
噛み砕いて教えなさい。そうしないと彼らには伝わらないんだよ」と言われました。

時代の差は否めません。

自分がそうされてきたようにはせず、懇切丁寧に指導しました。

でも、注意が必要な時は躊躇せずにタイミングを逃さずバシッと言いました。

ユーザーID:3591653174
うーん、どうだろう(2)
オコリンボ
2009年4月6日 22:47

昔のように何言われても黙ってついていくという部下ではないですから、
いろんな話の際に「注意するのは、叱るのは見込みがあると思うから。
伸びると思うから。それにいい歳した人が間違えていても本人には絶対言わない、
言えないもんなんだよ。それも恥ずかしいことだと思うでしょ。だから今のうちに
言ってるんです」

これは本音ですから、結構伝わります。

上の立場になれば部下を育てるのも仕事のうちだとも思います。
(会社に還元する)

時間の無駄ではないと思ってますよ。

ユーザーID:3591653174
あるあるある・・・
まる
2009年4月8日 18:47

20歳の時に携帯ショップ店員へ就職しました。
理由は「キレイで簡単そう、暇なときはおしゃべりできる」など、とんでもない思い込みでした。

いざ働いてみると、覚える事は山のようにあるし、接客業も初めてだし、試験もある、クレームはくる・・・と理想とはかけ離れていましt。

が、若かったので、適当に仕事をしていたら男の先輩からガツンと
怒られました。しかも、本気で大声で・・・

それで心を入れ替え、真剣に仕事をするということを覚えました。

また、その先輩にはいちいち細かい事も注意され、本当に毎日が
憂鬱でしたが、今はその注意された事が役に立っています。

怒ってくれたらこそ、今の私があると思います。

今の私は「仕事ができる人」との(一応)評価がついています・・・。

ユーザーID:9697303285
多くの方に感謝します
choko
2009年4月11日 23:05

以前お世話になった会社の先輩に、毎日怒られて泣いて帰ったことも何度もあります。
1.お昼の外出時間が長くて、昼休みを過ぎてから帰社したこと。
2.領収証の記載ミスで謝罪文を書かされたこと。
3.書類のチェックミスが多くて、何度もチェックをさせられたこと。
4.電話応対で「ちょっとお待ちください」と言うのを「少しお待ちください」と訂正するように言われたこと・・・など。

当時は、厳しい先輩でビビッておりましたが、今、後輩を指導する立場になって、彼女の気持ちは痛いほどわかります。
上記のような指摘は、今後の社会人としてあってはならない基本的なものだったのだな、と。
私は今でも、悩んだり落ち込んだりしたときには、「彼女ならどうするかな?」と考えることがあります。
トピ主さんも、いつか後輩に気持ちが通じると思いますよ。
お互いに頑張りましょうね。

ユーザーID:4005210748
私も雷親父を目指し中です。
Piro
2009年4月15日 22:30

前の上司なのですが、めちゃくちゃ仕事もできる人なのですが、腹にためず、すぐ点火する昔の雷親父タイプ。
あまりに怒り方が激しいので、皆からは厳しい人、怖い人、苦手に思われる事の多い人でした。

私も雷を落とされた経験は多いのですが、その中でも、決算時にあってはならないミスをした時。
覚悟していたとはいえ、当然これ以上ないくらいにぼろかすに怒鳴られました。本社も巻き込んだ処理になり当然自分もそれに加わったのてずが、散々怒鳴っていた上司は、本社への報告の第一声が「私のミスで…」その後も散々なじった私の名前は一切出さず、1人で責任を負い始末書も書いてました。
その後、私には「ミスはともかく、あの時点でよく気付いてくれた」と。
怒られる事にビビってただけなら、自分も成長しなかったと思います。真剣に怒りながらも、それだけではなかった姿勢を感じたからこそ、上司と向き合う事ができたと思ってます。
叱責の度理由を理解していけたのも、仕事をこなせていけた1つにあると思います。

怒られてばかりの私でしたが、現在この上司の推薦から仕事の多くを引き継いでいます。
時折、上司から栄養ドリンクが送られてきます。

ユーザーID:3486778054
怒られましたよ〜
ピギー
2009年4月17日 23:54

上司はものすごく言い方のきつい人で、とても怒られました。泣きながら仕事したことも多々あります。でも振り返れば、おかげでとても仕事に自信が持てるようになり、上司からも大変信頼され、褒められました。

後輩を指導することにもなり、それなりにストレスも感じましたが、言うときははっきり言います。もちろん、相手はムッとしてしばらく口もききませんが、仕事をこなしてもらうためには業務指示をしなければなりませんから、伝達は行います。それで結果が出ない場合、責任は半々ですので、割り切って手伝います。そんな毎日ですが、飲み会の折に、褒めてもらうのがとても嬉しかったです、と泣かれたときには、すごく救われた気がしました。

自分に嘘をつかない、というやり方は必ずわかってくれると思ってます。優しいか厳しいかは表面だけのことですから。

ユーザーID:4163824999
 


現在位置は
です