• ホーム
  • ひと
  • 縁を切った親が死んだ後の手続きと心構えについて

縁を切った親が死んだ後の手続きと心構えについて

レス24
(トピ主6
お気に入り54

家族・友人・人間関係

クロレラ

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

    犬天使 様

    優しいメッセージをありがとうございます。
    あなたもお辛い経験をなさったのですね。今はお幸せなのでしょうか。
    私にも兄弟がいればよかったのですが、あいにく一人っ子ですので
    最後くらい子としての義務は果たそうと考えております。
    代理人を立てたり行政に相談するのはいい考えですね。参考にさせて頂きます。

    ユーザーID:8020450857

  • トピ主です(2)

    とくめいきぼう 様

    本当に誰もいつ自分や家族が死ぬかなんてわかりませんね。
    が、母の場合は歳が歳だけにあと10年20年ピンピンしているという可能性はやはり低いので、せめてそのときにあたふたしないよう心の準備をしておきたいのです。

    母は私への報復として自分が死の床にあってもその事実を知らせず、私は親類から母の死を知らされることになると予想しています。これは被害妄想ではなく以前母が入院したときに経験済みです。

    私は母がどんな風に亡くなろうと、子としての義務で葬儀から後始末まで一人でするつもりなのですが、そのときは親類には介入されたくありません。それは現実問題として可能なんでしょうか。

    親類にとって母は血の繋がった姉であり彼らにも母の死を悼む権利はあるはずなので、私がそれを無視することはできないとは思います。

    続きます。

    ユーザーID:8020450857

  • トピ主です(3)

    続きです。

    が、私と母がここまでこじれるまで一切手助けはしてくれず、母の横暴を見てみぬふりし続け、私が絶縁を決心したらしたで母の虚言を信じて私を一方的に非難する彼らに二度と心を開く気になれないのも事実です。

    私の気持ちで言えば、自分は既に天涯孤独の身であり、今後彼らとつきあいを続ける気はありません。自分が死んでも無縁仏で結構です。

    そんな自分の気持ちと世の中の常識や慣習を秤にかけて、いざとなったら自分はどうすべきであるのかを思い悩んでしまうのです。

    そこで再びの質問なのですが、もし、このような状況にあったとしたら、皆様ならどうされますか?

    ユーザーID:8020450857

  • トピ主です(4)

    東の光様・ゆずジャム様・トピっ子様・テツ様・コイヌじるし様・しかく様・とくめいきぼう様・那由他様・まる様・ころん様まで拝見しました。

    レス有難うございます。まとめてのご返事になることをお許しください。

    親類が私を疎外すること。それも悩みの種です。
    以前母は手術をしたとき私に対して腹を立てており、私は叔父から「お前は母親が病気なのに見舞いにも来ないのか!」と電話で罵倒されるまで何も知りませんでした。

    慌てて病院に行くと別の叔父が来ており、ゴミを見るような目で「お前にはもう何も言うことはない」と吐捨てられました。その横で母は明後日の方向を向いて私を見ようともしませんでした。

    母は私が子供の頃から言うことを聞かないなどで腹を立てたら徹底的に私を「無視」してきました。それは躾というより思い知らせるための罰で、私が泣いて謝るまで続くのです。

    最後に連絡を絶つきっかけとなったのも母の「無視」でした。今回も母は私が謝ってくると思っていたのがどうも様子がおかしいと気づき、手の平を返して泣き落とし、それがダメと知るや私の友人知人、果ては警察まで巻込む騒ぎを起こしました。

    ユーザーID:8020450857

  • トピ主です(5)

    それでも一切反応を示さない私に今は怒り心頭だと思われますので、次に考えられる母の「仕返し」は恐らく「自分に何かあっても絶対教えてやらない」ことでしょう。

    そうなれば東の光様が仰っていることは現実となるかもしれません。母の意向を楯に私を蚊帳の外に押しのけ、叔父叔母が全て自分達のいいように進め、私に一生「哀れな母親を見捨てた親不孝娘」の烙印を押そうとするでしょう。

    勝手なことを言うようですが、私は母が死んだ後は自分できちんと始末をつけたいのです。それができて私は初めて母の呪縛から自由になれるような気がするのです。

    事の本質を何も理解せず的の外れた説教しかしてこなかったばかりか、私を悪者扱いし追い詰めて心を病むまで追い込んだ彼らにこれ以上何も命令されたくありません。彼らが血縁者として母を弔いたいならそれを止めることはできませんが、彼らに主導権を握られるくらいなら、私は一切手を引きたい、これが本音なのです。

    ユーザーID:8020450857

  • トピ主です(6)

    皆様の体験談やアドバイスは大変参考になりました。
    それぞれがお辛い思いを抱えて生きていらっしゃることを知り、自分ひとりが不幸なのではないと思いました。

    行政にはいろいろ相談しました。母がお世話になっている市の福祉の方には大まかな事情を話したのですが「親と子は別の人生がある。そういう事情なら貴女は貴女の人生を生きていくべきだ。お母さんのことは行政でできる限りのことをやっているから今は心配しなくてもよい」と言ってもらい、恥ずかしながら号泣してしまいました。

    母の虚言に対しては法律の相談もしましたが、私が追うべき責任はないとの見解でした。

    ただ警察の方には「あんたがもっと親ごさんを大事にしていれば親ごさんもそんなは事しないよ!」と厳しく言われ、まだまだ世間では親の方が絶対的に正しいんだなあと痛感しました。

    それから親から逃げる方法ですが、テツ様が仰るように戸籍や住民票を移動しても、最終的には実親が子の戸籍を閲覧するのを止めることは難しいようです。現実問題として金銭的にも精神的にもそんな余力は残っていないというべきかもしれませんが・・・。

    ユーザーID:8020450857

レス求!トピ一覧