義父の月命日。離れて住む長男の嫁はどうすべき?

レス2
お気に入り7

あんず

話題

義父が2月に亡くなりました。とても大がかりな葬儀でした。
夫は長男ですが、私たちは東京に住んでおり、実家は東北地方の農村地帯です。義弟家族が結婚当初より同居して跡取りになっています。

義父は本家長男ですので、月命日にもお坊さんを呼ぶのかもしれませんが、まだ聞いていません。もしかすると、そこまでせず、徒歩10分のお墓へお参りに行くだけかもしれませんが、法事関係は大事にしている家です。

いずれにしても、月命日ごとに私たち夫婦が実家へ行くのは難しいので、お供えのお花でも毎月送ろうかと思っているのですが、どんなものでしょう?離れた土地のお嫁さんの皆様、どんなふうにされていますか?

私の両親の実家とはまったく風習が違う上に、夫も高校卒業後からずっと東京に住んでいるため、あまり土地の風習に詳しくありません。

これまでは何かあるごとに義母に聞くようにしていたのですが、先日の四十九日法要の際に何かが気に食わなかったらしく、結婚以来10年間うまく付き合ってきたのに今は取り付く島が無い感じで、今回は直接聞けない雰囲気です。
そもそもはっきり物事を言わない土地柄なので、もし聞いても気を遣わなくていい、としか言われない気がします。(でもそれを真に受けるとダメなんですよね)

義姉にも聞きにくいし、同居している義妹もよくわからないと思うし、でも突然亡くなった義父への弔意は伝えたいので、どうしたものかと悩んでいます。

土地によるとは思いますが、夫の実家と出身地がまったく違い、結婚後も離れて婚家先と付き合っている皆様の経験談をお聞かせ願いたいと思います。よろしくお願いします。

ユーザーID:7093056406

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご主人から問い合わせる

     各家でのやりかたがありますし、風習も考え方も環境変化によって変わっていきます。
     祭祀を主導するのが姑[1]、それを補佐するのがその子[2]という構造ですから、
    子であるご主人[3]から[1][2]に問い合わせて[1]が出来る事をする(花代や香料を送るとか)のが穏当ではないかと思います。
     
     [1][2]は[3]といろいろ話したがっています。[3]のお連れ合い「あんず」様は具体的な行動からは、しばらく引いて、「お体お大事に」「おくやみ申し上げます」という態度ですごされたほうが___
     
    [3]は♂にありがちの「肉親間コミュニケーション面倒くさがり」の疑いがありますので、
    あんず様から、[3]に対して、単なるご機嫌伺いでよいから電話を[1][2]に週1くらいはするようにしむける。___私の経験からはこのくらいしか思いつきません。

    ユーザーID:0955159029

  • ありがとうございます(トピ主です)

    長男嫁さま

    的確なアドバイスをありがとうございました。

    お察しの通り、夫は無口で実家への連絡も滞りがちです。
    私の母も田舎にある父の実家で苦労をしたので「息子なんてそんなものだから、アナタが代わりにやるべきよ、それが嫁の務めです!」とプレッシャーをかけるばかり、煮詰まっておりました。

    しかし小町であれこれ見ても、やはり自分の親は自分が面倒みるべきだし、「女はおとなしくしていろ」という土地柄で、ヨソ者が出しゃばるのはやめたほうがいいですよね。

    改めて夫をつつこうと思います。ありがとうごさいました。

    ユーザーID:7093056406

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧