医学部再受験

レス31
(トピ主4
お気に入り41

キャリア・職場

s

今自分の体のことで悩み始め医学部をまた受験しようかと考えています。

可能性があるのか皆さんの客観的な意見を聞かせてください。

一浪時
代ゼミ模試で理系科目65位(2000年時)
早大理系模試で名前がのるくらい、医学部はボーダーライン上

大学院
病気で中退→編入試験を目指す
2校筆記で合格、面接落ち、その後癌

その後就職
地元の塾に一年間
三か月プログラマー(徹夜明けで倒れて解雇)

今はアルバイトをしています。

こんな状態て人生終わらせたくないと考え受験を考えるようになりました。

皆さんにお聞きします。
1・ポテンシャル的に可能か
2・医学部のハードなカリキュラムに対応できるのか

厳しい意見もお待ちしております。でも不思議と自信はあります。ですがいまの世間の風が怖いので、皆さんの広い見識を伺いたいとおもい発言させていただきました。

ユーザーID:1141122414

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 学士編入者です。

    医学部学士編入で入学したものです。
    田舎の大学のせいか、他の入学者を見ても、
    さほど学歴は重視されていない印象ですし、
    筆記試験が合格でき、面接で好印象を残せれば
    合格は可能かと思います。

    ただ癌というのが心配です。
    少なくとも面接の場では絶対に言わないほうがいい
    のではないかと…。

    ユーザーID:3246638022

  • 立ち位置の再確認を

    いま28才ぐらいでしょうか?

    医学部は、高齢入学を嫌がる大学があるのも事実なので、
    そこのあたりをよくお調べになった方がいいかもしれませんね。
    その辺は、掲示板や、予備校などで情報を仕入れたら
    いいかもしれませんね。

    ・・・3年次編入で入ったとして、4年+研修期間 or 4年+大学院
    普通に入学したら最短6年。
    問題は金銭ですね。学費だけでなく生活費もありますから。無給期間を
    上記期間過ごすとして、それだけの十分な蓄えはありますか?

    ・・・面接ではここが問題になるかもしれませんよ。
    18才の子とは、問われることがやっぱり違うんです。
    立派ないち「社会人」として、常識的範囲で将来設計をしつつも
    夢を実現しようとしているなら、評価されるでしょう。
    ただ、18のこと同様、学費・生活費も親のすねをかじるというのであれば、
    「社会人」としての資質を問われるために、難しくなる・・・。

    夢はあきらめてほしくないが、夢に挑戦できるだけの立ち位置に自分がいるか
    どうか、しっかり見つめる必要があると思います。
    話はそれからです。

    ユーザーID:5461508914

  • 具体的な経歴は

    過去にどこかの医学部に受かったのでしょうか。それは国公立でしょうか私立でしょうか、具体的にどこの大学でしょうか。現在の年齢は?
    何もかも全て明らかにしないと何も言えません。

    ユーザーID:7642827457

  • 医学部に入学するのは可能だと思います。

    ただ、医者になるのは不可能だと思いますけど。

    医者なるには年齢的にも体力的(徹夜明けで倒れて…くらいじゃムリ)です。
    もし、あなたにとって医学部入学がゴールだと言うのならば、頑張ってみる価値はあるかと思います。
    医者になるのが目標だと言うのならば、現実を直視することをお勧めします。

    1.についてはここで聞いても誰も答えられないでしょう。
      過去の成績なんてアテになりませんし。

    2.については本人のやる気次第です。
      っていうか、医学部のカリキュラムを心配している時点で多分医者にはなれません。

    以上、経済的な問題は全く度外視で回答致しました。

    総合的に判断するならば…「相当の財力と知力と体力と気力が続かなければ医者になるのは不可能」です。

    ユーザーID:4036746232

  • 自信があるなら

    自信があるというのは、入試ですよね。
    医学部は入試が一番困難ですから、入ってしまえば医師免許取得は可能でしょう。

    ところで癌の治療は終了されたのですか?
    受験勉強中でも定期健診は欠かさず、おだいじになさってください。

    ユーザーID:8991967344

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 自信があるならやってみればいい

    ポテンシャルなんて個人によって違いますし
    精神、身体、成績・・・自分のことはトピ主さんが一番知っているはずです。
    自信があるならやってみては?
    ここで反対されたから諦めたとしても、後悔するのはトピ主さん以外いません。
    受かってから考えても遅くないですしね。

    世間の風が怖いなら転職なんて考えないことです。

    ユーザーID:3001390356

  • 国立は・・・。

    頭の良い理系の人は難関と言う理由もあるのか、偏差値が高いと国立の医学部を受験する人が多いようですが、個人的には医師という職業ではなく、医師となり人の病気や怪我を治して助ける「医師」言う仕事に就きたい人が努力して医学部に入り「医師」になって欲しいと思います。
    トピ主は、例え大学に通っても医師国家試験を通るとか、医師として働く等、体力的に難しいのではないでしょうか。

    少なくとも医師資格を持って医師をやらない人は、国立に行って国のお金を無駄に使って欲しくないので、もし医学部に行かれるのでしたら、自分(親でも良いですが)の金で私立の医学部を目指してください。

    個人的な感想ですが、国立大学医学部を出て医師資格を取り、医者と結婚して主婦している女子(女性医師)多すぎです。(国立医学部の30%は女子生徒)国立行って税金使って医者になったなら最低30年は医師として働いて欲しい。

    ユーザーID:4500726598

  • みなさんありがとうございます

    経歴は
    一浪時
    札幌医大前期×
    早大理工 ○
    です。

    編入試験をうけたのですが
    筆記合格 2/5
    面接 不合格
    やはり癌についてつっこまれました。

    徹夜明けでぶっ倒れたのは残業180時間の末の突貫工事の故です。

    体力はあるほうで、学生時代はさらっとハーフマラソンができたくらいです。前職はそれ以上にハードだったということです。
    今は病気も完治し、なおかつもう一度目標を見直した結果以上のようになりました。

    医師を本格的に目指そうと思ったのは大学院を病気で中退せざるをえなくなり、そこで人を救える立場になりたいと思い目指すようになりました。だから編入試験もうけたんです。でも落ちちゃいましたけど。

    しかしもんもんとしているのでいっそこのままならと受験を決意しました。
    長い戦いになるかもしれませんが、覚悟のうえです。

    僕は企業側のないがしろにされる人材と、人事権を有しない産業医の立場に疑問を感じているので、企業戦略を担いながら人事権まで考慮できる産業医を目指したいと思っています。特にメンタルヘルスの面から考えたいと思っています。

    ユーザーID:1141122414

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 無理かなぁ…

    申し訳ないけど、そんな気持ちで医者になるなら、やめた方がいいです。医療に携わるなら、他にも仕事があります。
    私は看護師ですが、代わりがいないなら、徹夜でも動きどおしでも倒れても点滴しながらだって仕事を続けなくちゃならない事もあります。成績なんて勉強でなんとかなるけど、仕事内容考えて進んだ方がいいです。私は悪いけど、一緒に働きたくないな…。甘いよ。

    ユーザーID:8937787443

  • レス有難うございます

    甘いというのは現実を見ていないということでしょうか。
    しかしやはりどこの世界でも厳しいというのは当り前ではないでしょうか。
    仕事というのは厳しくて当たり前であると思っています。

    当方は学生時代大学院の学費のためにアルバイトを続け、すべて学費を貯めました。自腹で大学院通っていたバイタリティは持っていると思っています。

    SEやプログラマー業界は人材の切り捨ては当たり前です。徹夜も当たり前です。デスマーチという言葉も聞いたことがあるでしょう。

    豆なーすさんの言葉で気が引きしましました。自分の体力増強も考えながら、少しでも患者さんのために尽くすことのできる医師を目指したいと思っています。

    そこでお聞きしたいのですが、豆なーすさんの理想の医師像というのはなんでしょう。24時間フルタイムでミスなく働ける人材でしょうか。甘さを具体的に提示してください。

    ただこれだけは言っておきたいのは、自分は大きな病気を二回ほどしたので、それに関する家族の問題、自分自身の問題や辛さなどは痛いほどわかります。それでも甘いと言われればそれまでですが、患者さんの辛さはわかります。

    ユーザーID:1141122414

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 死ぬ気でやれ!

    何、甘えたこと抜かしてるの?
    医学部に入るだけでいいんだったら、死ぬ気で勉強しろ。
    面接?そんなの面接がない所選べばいんだよ。
    どこかって?もちろん、東大理3に決まってるだろ。
    あそこは、面接がない。
    おまけに年齢差別も受けない。たとえ、アンタが40、50歳だとしてもだ。
    試験で合格点さえ取れれば受け入れてくれる。
    医者として資質?そんなもの関係ないよ。
    そんなものなってから考えればいいんだよ。
    ただ単に、二次試験440点満点中、350点取れば合格だ。簡単だろ?
    こんな所で聞く暇があったら、理3に入るために勉強しろよ。
    ぶっちゃっけ、国、数、英、理、社だけで医学部に入れるんだぜ?
    しかも、受験に限って言えば、全教科暗記で何とかなる。
    他の奴の意見なんて聞く暇はないぞ。
    チャートの1題でもより多く暗記しろ。合格したもの勝ちだよ。受験は。
    仕事内容云々より、今は合格することだけを考えろ。
    合格したら、どうしてもなら楽な科選べばいいだけだよ。
    眼科とか精神科とかな。頑張れ。本郷で待ってるぞ!

    ユーザーID:8937159572

  • 体力的にどうなのか・・・

    元SEの女です。
    正直180時間程度の残業(&徹夜)で倒れる程度の体力で医者が勤まるとは思いません。
    私はもっと残業してましたし会社に缶詰で徹夜続きなんてざらでしたが、倒れませんでした。

    医師の友人も居ますが、正直命を預る現場でこの程度の残業で倒れてしまう人間に医師が務まるとは思えません。
    医師免許は取れると思います。

    でもこんな体力のない人間に危険な夜勤をして看てもらいたくないです・・・。

    もし医師を目指すのなら夜勤がない現場を選んでください。

    ユーザーID:2239450925

  • 頑張って下さい

    医師として働く者です。丈夫でないですしハーフマラソンなんて無理ですが、仕事はきちんとしていますよ。患者様が治って喜んでいただけるのが何より嬉しいです。
    外科等体力の必要な科は最初から避けました。

    受験時は理系偏差値68で、面接のあるところは高校時代病欠が多いことを理由の一つに落ちました。
    面接のある大学はやめたほうがいいです。

    再受験を決めたら、一分一秒を惜しんで勉強しなくては。
    迷ってる場合ではないことが一度受験されたらよくわかるはずです。

    本音ですが、健康面を補うのはやはり金銭です。学費だけでなく、高い教科書代、実習代その他をバイトなしでどうにかできますか?
    実習時間は相当長いので、バイト時間はなかなかとれませんし、健康面で不安なら、バイトせずに勉強に集中したほうがベター。お金が足りずにバイトして勉強出来る時間がたりず単位を落とし、留年した方が何人かおられます。
    資産運用が得意であれば、入学後FXや株で資金をふやして学費等に当てるなどをおすすめします。

    お体に気をつけて気を強く持ち頑張って下さい。

    ユーザーID:0430335793

  • なんだかなー

    プログラマーをやっていたときには職場で仕事をこなせていた
    同僚はただの一人もいなかったのでしょうか。

    「歩留まり」が悪い職種であることは認めますが、自分の適性を
    きちんと判断して成功している人もちゃんといるのです。

    トピ主さんは、自分ができなかったことを成功させた人への
    敬意が感じられません。
    うまくいかなかったときに世の中に恨み節をぶつけるだけしか
    能がない人は、何やってもうまくいきませんよ。

    ユーザーID:8359149265

  • 頑張って医者になってください。

    私は、夫を癌で20年ほど前に亡くしたものです。又、いとこの3人は、医者をしています。夫を癌で失った家族の目からいえばあなたのような方にぜひとも医者になってほしいとおもいます。病気をした人間が患者の気持ちがもっともよく理解できるとおもいます。又、その家族の気持ちも。体力も大切だとおもいますが、患者、家族にとって優しい医師からの言葉、思いやりがどんなに力と励みになるかわかりません。あなたのように辛い闘病生活を経験なさった方の言葉は、大きな勇気と希望を患者および、家族に伝えてくれるとおもいます。まずは、頑張って医学部に受かって下さい。心から応援をしております。

    ユーザーID:0480139055

  • 理想の医師像

    投稿者さんの医療に対する気持ちは立派なものだと思います。
    自分は臨床現場に立ち、若手を指導し、自分が指導されることもある立場です。個人の意見を述べます。
    「理想の医師像」は、結局患者さんや病院経営者からどう評価されるか、ということになりますが、「病気との戦いに勝てる戦闘力」が高いことが最も求められます。メディアでも「世界の名医」などがもてはやされます。

    自分の経験からは医療は戦争であり、医療従業者は戦闘員であり、医師は司令官です。第一に求められるのは戦闘を勝利に導く力であると痛感しています。受験の段階で学生を選別するには、疾患との戦いにおける戦闘力を第一に評価したいところです。
    投稿者殿は「自分との戦い」に勝利できる精神力をお持ちのようですが、「他人との戦い」に勝利できますか?真に求められる能力はそれです。

    また、徹夜どうこうは出来て当たり前で選別のポイントではありません。癌の経験も今は優位なポイントですが、今は純真無垢な高校生もいずれ身近な人や自身が病気になります。10年度にはその優位はほぼ消滅します。医学部の面接官はそのあたりも心得ています。

    結局、能力が全てなのです。

    ユーザーID:1876332470

  • 夢ならチャレンジすれば?

    医学部はそんなにハードじゃありません。卒業したら楽な科に行けばいい。高度医療や救急医療には近づかない。国民から批判されようと決める権利は本人にあります。

    ただし、こういった考え方は医学部教官にすでに見透かされています。年齢が上がれば上がるほど、よく言えば世間を知ってるし、悪く言えば患者より自分や家族を優先する。体力的にも高校生あがりと同等の仕事を求めるのは無理でしょう。

    患者に優しい医者ができるんじゃないかと学士入学制度を作りましたが、学士入学者は小児科や産科やメジャー系のきつい仕事はしたがりません。すでに学士入学制度はお荷物だと思われていて、地域枠への変更が進められています。

    労働基準法違反で働くのは良くないですが、大学にとっては世間知らずに死ぬほど働いてくれる若い医者のほうがよっぽど魅力的です。医師不足で年齢が高いというだけで不合格にすることも容認されるようになりました。
    若いころに比べて合格しにくいとは思いますが、やるだけやってみては?

    もっと働ける人を合格させてほしいという意見もあると思いますが、焼け石に水ですからお気になさらず。

    ユーザーID:2608997781

  • ご意見ありがとうございました

     倒れた原因を医者に聞きました。結局は幼児期による虐待がまだ尾を引きずっているとのことです。

    いま自分で状況を考えてみると、障害者の兄のサポート、親の負債、相続問題、母親の面倒をみる、自分の仕事をやっているという孤軍奮闘の状態なので、精神的にもハードだと思います。

    SEの方が自分はもっと残業したからむいてないという意見もおっしゃっておりましたが、仕事自体よりもそれ以外の精神的な圧迫が
    「心がこれだけ悲鳴をあげている。なのにこの人は働き続ける。だから他終えれさせちゃおう」
    という防衛本能を働かせたから倒れたと医者のかたはおっしゃっていました。

    まず一番の優先タスクは
    ・自分の体を心身ともに健康にすること(本当もともとは体力がある人間)。学生時代は三徹、四徹もしてましたし。

    これを乗り越えたら受験勉強に踏み切ろうと思っています
    ご意見ありましたらお願いします。

    ユーザーID:1141122414

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 医学生です

    多分いけます!
    その年齢で(まだまだ若い)しかも1浪でそんだけの成績をとってたんだから、絶対いけます。
    でも、一部の国立は(京都府立医大など)2浪以上はとらないとか制約があるので、受ける大学を間違えない事です。

    あと、年齢を食ってるので、もしかしたら、マッチングといって研修したい病院からはねられるかも。
    母校の病院なら100%大丈夫です

    ただ、面接で「何でこんなに年を食ってるのか、何を今までしてたのか」絶対に聞かれると思います
    癌って何癌なったのですか?
    もし国立なら、貴重な税金を使って医者を一人育成するわけです

    医者になっても、がんが再発して医師を続けられないようだと判断されればそれだけで、面接では不合格になるかも。
    厳しいですが、税金で医者になるという事はそういう事です。

    また面接は医学部ならほぼすべての大学であるでしょう。
    逃げられませんよ。

    優秀な成績なのに、結局全て中途半端なのが気になります
    多分そこも突っ込まれますよ。
    精神的にやばい人かと疑われて。
    医学部は精神的におかしそうな人を面接官は絶対にはじきます。

    ユーザーID:9387792596

  • おかしくありませんか?

    >徹夜明けでぶっ倒れたのは残業180時間の末の突貫工事の故です。

    と書いていたかと思えば

    >倒れた原因を医者に聞きました。結局は幼児期による虐待がまだ尾を引きずっているとのことです。


    幼少期の虐待とハードワークとは関連性がないように感じますが。

    メンタルな面で、問題ないですか?
    癌にかかっておられたこととはさらに別な意味で

    ユーザーID:0578638981

  • 受験すればいいじゃん

    根拠のない自信があるみたいだし、受験したら良いでしょう。
    ここで意見を求めても、結局反論するなら、聞かなきゃ良いです。
    でも、私は現役ナースですが、あなたのような医師とは一緒に働きたくないです。
    自分が病気にならないと患者さんの痛みがわからないわけではありません。
    自分の弱さを正当化して、他人の意見を聞けない人が良い医師になれるとは思いません。

    ユーザーID:2745162145

  • どちらの可能性?

    医学部に合格して医学生になることですか?
    それならば、可能でしょう。

    それとも、

    国試に合格して医師になることですか?
    それならば、難しいかもしれません。

    「仕事と言うのは厳しくて当たり前であると思っています。」とありますが、その前職を3ヶ月間しかこなせなかったのですよね?残業180時間を大変だと特別に考え、徹夜明けで倒れたことを考えると、国試に合格して医師になるのは精神的・体力的に難しいような気がしますし、体をさらに悪くするのではないかと心配です。

    なぜなら、徹夜できて当たり前、残業できて当たり前、そんな状況でも診療できる気力・体力・能力があって当たり前なのが医師(例外もありますが)です。毎日が勉強であり、闘いです。そんな日々に対応するための土台作りを、医学生として、研修医として過ごす時間にします。

    いずれにせよ、医学部に合格しないと何も始まりません。
    本当に医師になりたいのであれば、医学部のカリキュラムがハードだからといってくじけることはないでしょう。

    ただ、医師にならずとも、患者さんやご家族の辛さを和らげられるような仕事があることをお忘れなく。

    ユーザーID:2210946380

  • よく考えてください

    卒後21年目の医師です。
    あなたが医師を目指す目的は何でしょう?'自分の体のことで悩み始め'と書いておられますが、自分の病気のことが心配で医師になりたいのでしょうか?他の多くの方が書いておられるように、医師の仕事はたやすいものではありません。それは物理的にハードであるというだけではなく、自分が何のためにこの仕事をしているのか自問自答する必要がある場面にたくさん遭遇するからです。あなたは自分の調子が悪くても人を助けるために働きたいと思いますか?たとえ感謝されなくても自分の使命として全うすることができますか?‘不思議と自信はあります。ですがいまの世間の風が怖いので’というような認識では止めた方がよいのではないかと思います。覚悟と医学部に入学できる学力があれば医師にはなれるでしょう。しかし本当に大事なのは医師になってからの生き方なのです。

    ユーザーID:2432570072

  • 医学部って全然ハードじゃないですよ!

    たしかに他の大学生みたいに午後から授業とか午前だけとかはほとんど無いですが
    ハードか否かと聞かれれば、軟弱な自分でも余裕で過ごしてるので大丈夫です。

    しかも今は医者不足ですので、秋田の方の研修医になれば月収70万ほど貰えますよ。

    ただ正直国立ですと20代後半では入学が厳しいと思います。
    やっぱり税金投入する限りは、国は頭悪くても若い方を取りたいですからね。

    私立なら30代40代での入学がわんさかいますけど。


    一回きりの人生なんだから、sさんの自分の決めた道で頑張ればいいと思います。
    受験がんばってくださいね!正直病気については面接官に言わない方がいいかと思います。

    ユーザーID:0232012186

  • 倒れた原因

     表面上では意識消失発作とのことでした。ですが精神的な面から見てみると「かい離」との診断でした(かい離で意識消失発作や突発性けいれん発作に似た症状を呈することもあると医師のかたはおっしゃっておりました)。

    癌検診、通常の健康診断では問題もありませんでした(むしろ普通よりも健康なくらい)。

    ハードワークに対しての倒れた原因は残業などのハードワークという物理的要因よりも
    「普通の人なら受け流してしまうようなストレス要因を、受け流せなかった
    」という精神的要因だと思います。

    なぜストレス要因を人よりも感じるようになったかというと家庭ではすべて結果を残してしか生きて来られない家庭だったからです。結果を残せない場合はご飯などないのが当たり前、金属製のハンガーで6時間くらい叩かれたこともありました。

    数字、結果に対して異常なまでに固執する性格が形成されることになりました。
    「結果」
    を求められる会社という組織において
    「結果に異常なまでに固執する自分の性格」
    がかみ合っておらず、さらに
    「ハードワークという物理的要因」
    が重なったのが倒れた原因だと思います。

    ユーザーID:1141122414

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 自分がどうしたいか、が全てだと思います

    ここで他人の意見を聞いているより、医者になりたいと思うなら医学部受験に向けてGO!
    まずトライしてみるしかないでしょう。
    とにかく医学部に受からなくては医者にはなれないのですから。

    医学部の生活は、どなたかがおっしゃっているように、さほどハードではありません。もちろん文系学部に比べれば自由時間は少ないでしょうけれど、体力的にきついというものではありません。

    ハードなのは、医者になってから。
    メディアは今頃になって連続36時間勤務など喧伝していますが、別にこれは今に始まったことではなく、20年前も、そして産科小児科以外の臨床科でも、普通にあったことです。
    事実、私は世間で楽と言われているマイナー科ですが、当直明けの休みはないのが当たり前(疑問にさえ思わなかった)。大学病院勤務の頃は、連続36時間勤務が月6回、ひと月のうち、全休(病院に行かない日)はたったの2日、という生活も珍しくはありませんでした。

    でも、大丈夫。無理と思えば、楽な道もあるのが医者の世界。
    楽な道にやりがいをみつけられるかどうかは別問題ですが・・

    ユーザーID:6560081272

  • 医師になりたいのでしたら

    正直、難しいかと。
    年齢以上に体力とメンタル面で。

    知り合いの医師の方をみると知力・体力・気力が必要な職業だと感じました。
    体力のほうは研修医の時代をのりこえれば科によって何とかなるかもしれないですけど、メンタルは性格もあるから変えるのは難しくないですか?
    ちょっとしたミスで患者さんが亡くなることもある。
    診察時も言動に気をつけないと患者さんに泣かれたり罵声をあびせられたりする。
    患者さんだけでなく他の医療スタッフにも気を使わないと仕事がやりにくくなる。etc

    トピ主さんは臨床より医学の研究や病理などに進まないと精神がまいってしましそうに感じました。

    ユーザーID:3642247689

  • やってから考えろ

    現在30歳、たぶんどんな科よりも厳しい状況で勤務しております。

    「産業医になりたい。」
    なんてのは今の希望でしかなく、医者になった時に本当の希望が見えます。
    人事権だの、上司だの、そんなものは医者になり、1vs1の医者患者になった時には、関係ありません。
    上役の医者すら、介入できない人間関係ができてきます。
    自分からみるとトピさんの医者になりたい、言い訳にしか聞こえません。

    なりたいんでしょ?
    まずなってみたらいい。
    それから考えましょう。
    つらいのならば、逃げだせばいい。
    一度、社会から逃げ出したんだから、簡単でしょ?
    楽しければ続ければいい。
    やってから考えろ、だめですか?

    どなたかが書いていらっしゃいましたが、戦争です。
    人の体を舞台にした、人生と病気と感情の戦争です。
    いい結果、悪い結果、どちらにしても医者の技術の結果であり、責任であります。
    訴えられたって、恨まれたって、自信を持って、やれることはやりましたと言えるように踏みとどまるしかない。
    やれること、やってから考えろ。

    だめですか?

    ユーザーID:8233087403

  • 可能性は低いのでは

    一、二度、模試を受けて、
    国立大医の合格ライン上にあれば、
    少し可能性を探ってみてもいいかもしれません。
    しかし、その歳で、これからの生活の原資をどうするか、
    親に頼るのか、多少の蓄えがあるのか、
    問題は多いですよ。

    私大医レベルでは、経済的な問題を
    あなたの親に完全に頼ることになりますね。
    大金をポンと出してくれる親なら、
    可能性もあるのでは。

    いずれにしても、再受験というのは、
    長期間の経済的な安定が背景になければ、
    トライは不可能です。

    ユーザーID:7088488436

  • やってみなければわからない

    現役医師の端くれです。

    トピ主さんは、おそらくどこかの医学部には合格するでしょう。
    現役医学生の数人の方々が「医学部はそんなに大変じゃない」と書いていますが、私はそれなりに大変でした(たぶん私が優秀ではないせいだと思います)。

    東大理3を、という方もいらっしゃるようですが、卒業すれば出身大学はまず関係ありません。それは非医療従事者の意見でしょう。私は地方の公立大学出身ですが、東大出身の先生方ともごく普通に仕事をしております(笑)。

    体力云々についてこだわっておられるようですが、徹夜とかそういうのはそのうち慣れます。実際、当直明けは通常勤務、というのが普通の臨床医の日常ですから。

    しかし、精神的にナイーブだとつらいかもしれません。また、1か0で割り切れないのも医療の特徴だと思います。限りなくグレーな結果を容認していく毎日が医療というものではないでしょうか。

    医師は看護師や技師から常に決断を要求されます。そういう意味で、プロデューサーみたいなものです。優柔不断な臨床医は不必要ですし、存在自体が迷惑となります。医師を目指すなら、是非決断力を養ってください。

    ユーザーID:2940222974

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧