• ホーム
  • 子供
  • この国では子供は産めないといったら大喧嘩になりました。

この国では子供は産めないといったら大喧嘩になりました。

レス76
(トピ主0
お気に入り168

妊娠・出産・育児

電柱

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 両方で出産しました

    在欧で2児の母です。

    一人目はこちらで、二人目は日本で出産しました。
    二人目を日本で出産したのは、こちらでの医療技術に不満だったわけではなく、出産後に余裕を持って回復したかったからです。
    在住国では、普通分娩の場合産後2日で退院、部屋も相部屋だったので、正直少し大変でした。

    二人目は、産後のケアなどと考えると日本で出産したいなと思い、実家近くのクリニックに問い合わせをし、受け入れて頂けたので、妊娠31週で帰国しました。

    出産の場合、普通の病気とは違うので、他の治療と同じ評価はできないと思います。NICUなどの場合は分かりませんが・・。
    どうゆう医療スタッフがいて、どのような流れで出産できるのか、実際に出産された方に聞かれてみるのが良いかと思います。
    あと、日本だと、会陰切開はかなり普通に行われてるようですが、私の在住国ではほとんど行われません。
    なるべく自然な出産を重視するというスタンスだそうです。

    いろいろ調べて検討された結果、それでも日本で出産する方が安心だと思われるのであれば、根拠を提示してご主人を説得されてみてはいかがでしょうか。
    がんばってください。

    ユーザーID:0647510403

  • そうかなあ。

    日本で出産したことはありませんが、高そう。私はただの方がいいな。

    日本で産みたいなら出産費用や産院等の準備を良くしておかないと。エコーにいくら、出産にいくらと教えてくれるブログがいくらでもありますから、見てみてください。そんなに何回もエコーするのって何で?と不思議です。サービス?が良すぎでこれでは出産費用が莫大にかかるわけだと思いました。それと日本は産院が不足しているようですので、よく調べてください。

    確かトピ主さんのお住まいの国は、医師が不足気味で問題になっていますよね。隣国の人が医学部に入って来て、医師免許取ると母国に帰ってしまうって新聞で読みました。(その彼らの母国に住んでます。)

    トピ主さんが住んでらっしゃる国は統計的に北欧諸国のなかでも乳児死亡率が比較的高かったり、医療水準もちょっと低めかもしれません。

    最近増えているのはこちら(世界二位の長寿国です)に住み、トピさんの住んでらっしゃる町で働くケース。(海を越え車で通勤)納税と医療はこちら、収入は現状維持。是非おいでなさいませ。そちらの言葉がお出来になるならこちらの言葉なんてすぐ覚えます。

    ユーザーID:0870659453

  • ドイツの医療状況はよいのか?

    在独です
    出産経験はないですが、今まで数度病院にお世話になりました
    いずれも予約なしで、非常に丁寧に診察してもらいました
    (夜間緊急でない時は、30分〜1時間程度待たされましたが)
    病院は日本より綺麗、器具も真新しいという印象でした
    婦人科の内診では、スカートをはいたままでOKで、しかも女性の先生でした
    ドイツで出産された日本人の情報をインターネットで見ても、皆さん特に不満を抱いていません(入院時の食事位)

    ただ、私も日常のドイツ語には不自由しないのですが、医療ドイツ語が分からなくて微妙にとまどいました

    トピ主さんのいらっしゃる国が分かりませんが、EU加盟国であれば(ノルウェーのも?)保険がEU中で効くと思います。そこで、どうしても日本での出産が無理なら、ドイツなどの日本語の通じる病院では駄目ですか
    例:http://www.duesselnet.com/
    (日本語で対応できる医者、というページがあります)

    文章から、精神的に追い詰められているような印象を受けました
    まずは落ち着いて
    自国の欠点をぬけぬけと言われると嫌になってしまうものです。
    言い回しだけでも変えてみてくださいね

    ユーザーID:2314798332

  • デンマークに住んでます 1

    こんにちは。私もデンマーク在住8年です。出産もしました。私も来た頃はこの国の医療にカルチャーショックを受けました。自由に専門医に直接かかれないなんて!とかね。ホームドクターにて初めての子宮頸がんの検査の時、先生が普通の医療ベッドに足載せ台をセットして、さぁ、下着を脱いでここに横になって足をのせてといわれたときはびびりました。思わず「日本ではカーテンがあるんですよ」っていったら、先生が気を使って、なにか布でもかけましょうかと言ってくれました(断りましたが)。今では慣れてしまいました。
    実際、検査の目的は癌の発見であって、その目的達成のためにはカーテンなど無くても問題ないわけです。

    今でももちろん色々不満はありますよ。でも最初の頃のようになんでもかんでも否定してしまう気持ちはないです。産後、自宅に保健士さんがちょくちょく来てくれたりする制度は日本にはないみたいだけど、よかったですよ。子供ができてから、子供の発熱などで休日診療も含め、よく医者にもいくようになりました。日本ほどすぐに薬は出してくれないけど、ポイントを押さえた診察はして、もちろん必要な薬は出してくれるという印象です。

    ユーザーID:0070032424

  • デンマークに住んでます 2

    こちら在住の日本人の友人達と酷い目にあった経験談の話に花が咲くこともあります。電柱さんにも本音で話せる友達が出来るといいですね。

    まずできる事として、ホームドクターに不満なら、知り合いに評判を聞いて、違うドクターにかえてみては?

    ちなみに私のホームドクターのクリニックには数人医者がいて、そのうちの1人を指名することができます(急な場合は除き)。何か辛い症状があって電話すると、たいていその日に診て貰えますよ。夏休みシーズンで電話がつながりにくかったことは私もあります。腹が立ちました!そのときは妊娠中の検診の予約で急を要するものではなかったので、電話はあきらめてインターネットで予約しました。

    私も健康診断は時々日本で受けています。せっかく2カ国を知っているので、両国のよい面をなるだけ利用できるといいですね。里帰り出産も事情がゆるすならしてもいいのでは。数人、そうした人も知っています。知り合いの日本人のネットワークやインターネットを使って情報を集めてみてはどうでしょうか。経験談など聞けるといいですね。
    またもしもの場合は不妊治療が無料というのは安心できますよね。

    ユーザーID:0070032424

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • ドイツ在住です

    こちらで妊娠、出産も経験しましたが、ドイツの医療について私は何の文句もないです。日本より良いかもって思います。
    産婦人科医はとても信頼できる方でした。日本では内診で痛い思いをさせられたことがありましたが、全然そんなこともなかったし。私は内診の際のカーテンが逆に苦手です。顔が見えないせいか、何の前触れもなく内診を始めるし、いきなり痛い思いさせられるし。ドイツ人医師は痛いかもしれないって言うときには前もって言ってくれますし、でも痛くないってことが殆どでした。設備も綺麗だし、問診室は完全個室で、ソファがあり絵画が飾ってあってリラックス出来ました。
    現在娘がお世話になっている小児科医も技術、人格共に申し分のない方です。歯医者も定期的にお世話になっていますが、女性医師で子供の扱いにも慣れていて、とても助かっています。
    周りの日本人に聞いても医療について誰も文句を言う人がいないので、多分ドイツ医療は優れているんだと思います。

    北海そばさんも仰っていましたが、もし良かったらドイツの病院にかかることを考えてみたらいかがでしょう。日本よりは近いですし…。

    ユーザーID:1168945786

  • 日本の医者不信です

    私が日本の医者不信なので、日本で出産したくない方かと思ってしまいました。日本の病院って、そんなにいいですか?
    私は、留学先の健康診断で先天的な病気を診断してもらっったため、今までの日本の医者は何を見てたの?と怒ってます。

    先進国で出産時に、笑気ガスが普通に使えないのは日本くらいだ、と聞いたことがあります。
    あと、新生児の生存率は高いですが、妊婦の死亡率もダントツに日本が高いというのをテレビ番組で見ました。

    ユーザーID:7707837869

  • 私は今住んでいるオランダで初産の経験をしました。

    こちらでは妊娠8週以降でしか医者か助産師にかかれないので、妊娠初期の頃は不安(初産、言語の壁など)で日本で生む事しか考えていませんでした。妊娠2ヶ月の頃、日本に一時帰国して総合病院の産科にかかりました。その時、医者に状況を相談して日本で生む場合の予測を立てていただきました。

    妊娠から産後、実家に世話になって、夫(欧州人)と長期離れている事が気になりました。その時の状態は良好だったので一度オランダに帰り、こちらで主の助産師にかかり始め、妊娠も順調に行ったのでこちらでの出産を決め、無事に出産(自宅)できました。夫が妊娠中、産後常に近くにいてくれた事が私にはとても心強かったし、夫が生まれたての子供の近くにいたのも良かったと思います。

    ここまでは私の経験ですが、友人は同じオランダでの出産でしたが、体内で子供が大きく育ちすぎ、出産でとてもつらい思いをしていました。日本ではない事だと思います。彼女はこちらで生んだ事を少し後悔していたようです。

    私の考えは、医療や社会環境、家族、体調など総合的に考えて生む本人が一番安心できる出産が出来ればいいのではと思います。安産お祈りします。

    ユーザーID:3819746170

  • ドイツも似た様なものです

    ドイツに住んでいます。

    私もこの国の医療システムにはうんざりです。
    確かに医療費は無料です。が、毎月高額な保険料を払っています。

    確かに医療のレベルは日本と遜色ないのかもしれません。
    ある分野では、日本よりも数段進んでいるのかもしれません。

    しかし、治療を受けようとすると医者に実際に会うまでにかなりの時間がかかります。
    そして、高額な検査はなかなかしてくれません。

    私は椎間板ヘルニアになり一般医から紹介状をもらって整形外科医に行ったのですが、MRIを撮ってもらい、椎間板ヘルニアと診断されるまでに4ヶ月を要しました。
    日本でならその場で診断が下されるはずです。
    同じくヘルニアだった日本人友人は一旦帰国し、日本で手術を受けました。
    ドイツでは”手術の必要なし”とされ、リハビリセンターを紹介されただけでした。足に痺れがくるくらいひどい状態でした。。

    電柱さんの気持ち、すごく良く分かります。
    でも、私の場合は夫がこの国の人なので、簡単に日本に逃げ帰るわけにも行かないのが現実です。

    ユーザーID:9338385453

  • 私はドイツの病院は勧めません

    何人かの方がドイツの病院を勧めて、日本よりいいとまで書かれていますが、ご自分の経験だけで結論づけて出産まで勧めるのは言いすぎのように思います。

    ドイツには、医療保険に公的なものと私的なものが混在していて、医者の対応も保険の種類によってコロリと変わります。私は両方の種類の保険を経験しているので、同じ医者の対応が全く変わるのを実際に経験しています。

    ドイツの医療も予約制です。骨折しているのに予約がないからと追い返されたドイツ人の話も聞いたことがあります。出産の場合、基本的には出産後も2日で病院を追い出されます。

    どこでもそうでしょうが、ドイツでも、評判のいい病院・悪い病院があります。ここでドイツの医療を褒めておられる方はは、たまたまいい病院・いい先生にあたったのでしょう。

    ユーザーID:3345113702

  • 厳しい意見が多くビックリです。

    結婚してしばらく海外で暮らしていました。
    当然、出産のことも考えました。
    自分の命だけでなく、子供の命もかかってるんです、
    ましてや初めての出産。
    自分の好きな所で出産するのは我侭だとは思いません。
    それを言うならば日本で出産してる人だって
    実家に帰ったりしますよね。同じですよね。
    それでなくても不安があるのに
    子供や自分の命を託すことなんて出来ません。
    電柱さんの言ってることはおかしいとは思いません。
    私の友人で、海外で妊娠→日本で出産した人も何人かいましたよ。
    普段、遠く離れて暮らしてる両親への
    親孝行にもなると思います!
    電柱さんもお好きな方法を選んだほうがいいと思います。
    ご主人には根気よく説得するしかないと思います。

    ユーザーID:0055406404

  • うーん

    みなさんが、どこの国がいいとか悪いとか
    日本はそんなにいいの?とか
    そんなことは関係ないと思います。
    電柱さんがどう思い、どうしたいか?が全てじゃないですか?
    海外の方と結婚してその国に移住したから
    全てその国でがんばらないといけないのかしら?
    出産くらい、自分の好きな国や病院を選んだって
    いいと思いますよ。
    出産してからも大変だし、ましてや永住ならば
    そういう時くらいしか日本にだって帰れないでしょうし。

    ユーザーID:0055406404

  • EUの診療協定

    ちょっと気になったので。
    EUの住民はEU内の病院を自由に選べるわけではないですよ。

    計画診療の場合は自国で同等の診療を受けられない、緊急の場合で診療計画書を申請し承認されなければなりません。

    旅行中などの緊急診療についてはEU保険証カードというのを所持していなければなりませんし、すべてがカバーされる保障もありません。

    出産の場合は計画診療ですから自国で同等の診療を受けられないとは認められないでしょう。

    しかも、どちらの場合も当然公立の病院に限ります。
    ただ(小額含む)より高いものはない、EUの公立医療機関はどこもカツカツなんですよ。

    ユーザーID:5695671553

  • 選ぶ権利はトピ主さんにある

    医療制度ではないですけど、夫と無痛にするかどうかでもめました。「産みの苦しみを経験した方がいい」という夫と、「痛いのは嫌」という私。「産むのは私なんだから勝手なこと言わないで」と、ごり押ししました。
    産むのはトピ主さんなんだから、トピ主さんが安心できる場所で産むのが一番。そう言えばご主人だって納得しますよ。

    ただ、里帰り出産するにしても、デメリットは知っておいた方がいいでしょう。私は出産前後に夫がずっと側にいてくれて、育児にも協力してくれて良かったと思います。子供への感心もお腹が大きくなるにつれて高くなりました。2人で親になっていく感じがしました。

    里帰り出産だって、産前後は飛行機には乗れません。ご主人の「自分の子でもあるから」は、そういうさみしさも含まれていると思います。里帰り後、離婚したとか家族関係が薄れたという話もよく聞きます。その覚悟も踏まえて決断なさってください。

    医療は日本に比べれば不安なところもありますが、医者にもよります。それは日本でも同じではないでしょうか。前もって評判のいい所を調べれば大丈夫です。

    ユーザーID:9964801188

  • どうにもならないことだからこそ

    当方北欧以外のEC圏にやむを得なく住んでおります。
    主人は日本人です。まさか主人の仕事内容を考えれば自分が海外で過ごすなんて夢のまた夢と思っていたような境遇の人間です。

    先週かなりひどい風邪をひき、初めてこちらの国で病院にお世話になりました。
    その経験をもとにあえて言わせていただけれるなら。
    日本のように自分が好きに病院を選べることはなんてすてきなシステムだったんだろう!!とうことです。

    そして、自分が望もうと望んでなかろうとも。

    ・この国に今自分がいることは現実。
    ・日本と比べてこの国でよかったと思えることが絶対ひとつはあるはず。

    である以上、日本の方がよいこともあって当たり前なのです。
    お気持ちは痛いほどわかります。
    でも国際結婚を選択した時点で受け入れなけれならないこともあるのではないですか?
    貴方には選択権があった。
    外国籍の夫ではなく日本人の夫を選び日本に住み続ける選択権もあったわけです。
    でも国外に住むことを選択した、その重みを自分で感じるべきだ、と自分に言い聞かせています・・・。

    ユーザーID:0861691687

  • わかります。違う国ですが。

    こちらも、医療は基本的に無料です。でも、国の財政が苦しい(現在は世界的にですが)ため、日本なら当たり前の検診もすっとばされているようです。

    私が決定的に不信感を持ったのは、妊娠5週目に出血があり不安を抱えて電話をしたら「その週数に出血はよくあること。特に検診する必要はありません。流産になるのなら、それはすでにそうなることに決まっていることだったからなので、診療したからといって、流産を止めることは出来ません」と言われたからです。結局、流産になってしまいました。医療する側からすれば日常茶飯事で助からないとわかっていることでも、患者はすがる思いで電話をかけているのです。でも、この国でそういった感情論は通用しないようです。加えて、一般的な医療の質も高いとは決して言えません。

    ですから、日本に帰って産みたいというお気持ちはとても良くわかります。ただ、一点だけ。「夫を置いて、一人だけで日本で産めば」という事には反対です。だって、二人の子どもですもの。絶対にその日には立ち会ってもらいたいし、出産直後から子育てには関わって欲しいです。

    ユーザーID:1028655524

  • サービスを探して利用する

    個人の体験はひとそれぞれ異なります。ご自身の限られた体験から「この国では」云々という飛躍的断定の言い方はされないほうがいいですよ。お住まいの国の全部の病院や医者を体験されているのなら、それはそれで言い切ってもいいと思いますが。トピ主さんのような言い方されたら其の国で育ってきたパートナーはうんざりするというか怒ってしまうのも無理はありません。ものは言いようなんですけどね。ちなみに私は北米在住でパートナーは日本人ではありません。ですから物言いには気をつけます。

    この国では緊急病院で6ー7時間待ちってこともあります。私は病院だけに頼らず、それに関連する医療サポートのサービス各種、医療通訳ボランティア、その病気のサポートグループなどをどんどんネットで調べて、サービスを受けるようにしています。トピ主さんの住んでおられる福祉国家ならそういったサポートもあることでしょう。ご主人参加の妊婦さんクラスなどで地元の人との交流をはかり、他の妊婦さんからも情報収集してみてもいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1873452900

  • 産む人が病院を選ぶべき

    産むのはトピ主さんです。
    トピ主さんが病院を選ぶのが、一番いいですよ。

    もしも、ご主人の意見を通して、トピ主さんの希望とは違う
    病院で産んで、何か問題があった場合、夫のせいだ、
    という気持ちになると思います。

    でも、自分で病院を選んで何か問題があっても、
    自分で選んだのだから仕方が無い、と思えるでしょう。

    知人は、二人子供を産みましたが、一人目を自分の希望する
    病院で無事に出産、その後、二人目は、夫に押し切られ、
    夫の選んだ病院で産みましたが、そこで事故があり、
    子供は無事でしたが、本人は子宮破裂、結局子宮を
    取り出して、もう二度度子供は産めません。

    旦那さんは、泣いて謝り、後悔したそうですが、
    子宮はもとにはもどりません。

    出産は、女性にとって命がけです。
    命をかける、産む人が納得できる病院を選ぶべきです。

    子供は自分の子供でもあるから、自分の意見を通すなんて、
    はっきりいって、出産は女性が命をかける、という認識がなさすぎです。

    子供を産む立場ではない、トピ主さんの旦那さんに、そう伝えてください。

    ユーザーID:4233737401

  • アメリカですが

    妊娠5ヶ月で死産しました。
    10週目のある日突然出血し、ERに行くも大量に出血しているのに4時間も待合室で座って待たされ、内診だけして「このまま流産になるかは分からない。2日後にかかりつけのクリニックにかかって下さい」とだけ言われました。超音波検査も無し。頼み込んで超音波もやってもらいましたが、検査をしてもらうまで更に3時間待たされました。
    その後も出血は続きましたが「何もできることは無い」と言われ、投薬は一切無し、最後は破水、翌日死産しました。破水しても抗生物質もくれません。「2時間毎に体温を測って○○度以上熱があったら感染してるかもしれないのでその時はERへ」とだけ言われました。ERには合計3回行って最後は入院しましたが、毎回診察まで5〜8時間待ち(ERの意味って???)した上にこんな対応で医療費は合計200万円を超えました(保険がカバーしましたが)。

    夫はアメリカ人ですが、以前日本に住んだこともあり、また、この経験から「次に妊娠した時は日本に帰った方が良い」と言っています。
    日本にいたら違う対応をしてもらって赤ちゃんは無事産まれていたかも、と時々思い、悲しくなります。

    ユーザーID:3831790553

  • ちょっと違う方向から。

    外国に在住の方って、国同士を比べられるぐらい偉いんですか?

    よく「日本人って○○」とか「外国だと考えられない」とか
    上から目線のコメントがありますが。

    「この国で子どもが産めない」とは、
    その国で出産されている女性(だんな様のお母様を含む)
    に対して失礼だと思います。

    産むのは母親ですし、決定権も母親にあるとは思いますが、
    「自分の国の方が安心して産める」等、
    片方を貶めない言葉を選んで欲しいです。

    ユーザーID:5731747976

  • 最後はトピ主さんが決める事

    まずは生む方が納得できないところでは生まない事です。
    意見が合わなければ話し合うしかありません。
    本人とお子さんの命にかかわる事です。

    敬意云々という書き込みもありましたが、トピ主さんが非難されるほど敬意を払っていないとは私には思えません。

    仮に敬意を払っていないとしても生き死に関する問題で、ヤブ医者に診られたくないと言う意見に敬意もクソもありません。

    パートナーにケンカを売れという事ではありませんし、うまく話しを持っていくという意味では異論ありません。

    ユーザーID:3274301752

  • 物は言い様

    自分が安心できる環境で生みたい、というのは当然の権利でしょうね。しかし、

    >「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」といったら大喧嘩

    当たり前です。自分の母国のことを、そこまで露骨に悪し様に言われて何とも思わない人なんて、例外中の例外です。自分に理があれば何をどんな言い方をしてもよいというわけではありません。

    ユーザーID:4939011390

  • mimさんのレスを読んで

    少しトピとずれてしまいますが・・・。

    私もアメリカ在住です。まだ妊娠ができるかどうか疑いがある状態なのですが、子供を作りたいと思っています。

    mimさんの話を聞いてちょっとびっくりしてしまい、やはり日本で生んだ方が良いのかもしれないと思い初めています。mimさん、その後は体調等大丈夫ですか?読んでいてものすごく腹が立ちました。確かに救急病院最悪です。平気で苦しんでいる人を何時間でも待たせます。

    ママ2さんの新生児の生存率が日本がトップという話を読んで、更に日本のほうが良いのかも知れないと・・・。
    肝心な私の母は私をアメリカで無事に生み育てたので何ともいえないのですが・・・。母も日本で子供を生んだ事がないので比べようがないようです。

    日本で出産された方はいつ住んでいる国へ帰られましたか?乳児と一緒の飛行は大変だと聞いた事があります。
    あと妊娠何ヶ月ごろに日本へ行きましたか?

    ユーザーID:9080699629

  • まぁそんなところですね

    あはは。トピ主さんと同じ国の首都に住んでます。名前から察していただけますね。トピ主さんのフラストレーション良くわかりますよ。でも結構裏技ってあるんです。

    とにかくこの国は自分からじゃんじゃん要求しないと2秒診療はおろか、予約すら入れてくれませんよね。午後診療してないところもあるし。夕方以降に電話して診てくれる連絡先をご存知ですか?私は不安があればそこへすぐ連絡しますよ。不安な時は主張しまくって、無理やりにでも診てもらいます。とにかく自分から向かっていかなくちゃ。不満だけでは泣きをみます。

    私はこの国で子どもを産みました。超音波も2回しかしてくれませんから日本とは大違い。日本だったら切迫流産の疑いが発覚すれば即入院で出産まで、という例でもこちらだとあっけなく流産となるでしょう。そんな国であることは事実です。

    ご主人を説得して里帰り出産されてはどうですか?ご自身が不安であることは胎児にも影響しますし。あるいは妊娠出産は単なるきっかけで医療全般への不満をご主人にぶつけたかっただけとかでしょうか。それならお話相手になれるのになぁと思ったりします。残念!!

    ユーザーID:8365078785

  • 無題

     日本を天国みたいに思っていらっしゃるようですが、日本じゃ産科医は絶滅危惧種に指定されていて、産科病院はどんどん閉鎖していってますので、妊娠確認と同時に分娩予約を入れないと出産先がないような状態ですよ。
     特に地方で公立病院しかないような地域ですと、その自治体の住民以外の分娩はお断り、里帰り出産もお断りというところも増えています。
     ですので、日本に帰ってきても産むところがないという状況がありえることは覚悟しておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:5520470043

  • 海外で出産しました

    ヨーロッパ某国で出産しました。こちらも妊婦健診や出産費用は無料でしたが、この国で出産するのが不安でした。

    妊娠中に超音波で診てくれるのは3回のみ。妊娠が分かったのが6週目でしたが、初めての超音波で診てくれたのは9週目でした。すぐ内診してくれると思ってたので3週間も待たされて不安でした。

    妊娠初期〜中期におなかが張る状態が続いていて、病院で相談しても便秘かおならが溜まっているだけだと言われただけで、張り止めの薬もくれませんでした。

    妊娠性掻痒にもなって、体中かゆくておかしくなりそうだったのに、産婦人科医に相談しても、妊娠とは関係ないから皮膚科に行けと言われ、皮膚科でも同じことを言われました。

    たまたまその1週間後に日本に里帰り予定だったので日本の産婦人科で相談したら「妊娠中によくあることです」といって薬を処方してくれて、やっと安心できました。 

    日本に比べて、診断が適当で私もほんとに大丈夫だろうかと妊娠7ヶ月まで日本で産むか現地で産むか相当悩みましたが、結局大きいお腹で長旅も不安なので現地で産むことに決めました。

    不安の塊でしたが、今はこっちでよかったと思えます。

    ユーザーID:2848205466

  • 旦那さんの気持ちも尊重する必要あるかな

    「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」

    その国の人たちに凄く失礼では
    日本の過剰サービスが当たり前だと思うからそういう上から目線になるのでしょうか
    日本にも酷い医者、病院ありますよ。医師のレベルも低いのが
    沢山います。トピ主さんはそういう経験がないから
    日本の医療が最高だと思うだけです。

    産むのは女性だから女性が決める権利があるとおっしゃる方いますが、確かに産むのは女性です。
    だけど赤ちゃんは夫婦2人の子ですよ。
    旦那さんは出産に立ち会いたいのではないのですか?
    そして赤ちゃんを「最初から2人で」育てたいのでは?
    旦那さんも日本に滞在出来るのなら一緒に帰国されては
    どうですか?
    だけど産まれたての赤ちゃんに父親として接したい旦那さんの気持ちはどうでもよいのなら、お一人で帰国されては。

    そして、日本の産科の現状を知らないようですが、
    妊娠後期から診てくれる産科って今少ないですよ。
    日本は産科医不足で深刻な状態です。

    旦那さんの子育てに対する考え、日本の産科の現状も考慮して決められてはどうですか。
    帰国出来ても産婦人科が見つからなければ困るのはトピ主さんですから。

    ユーザーID:3532793793

  • 医療費無料の国に住んでいますが?

    私の住んでいる国は医療費無料です。ヨーロッパではありませんが。
    ところが、特に産科などはきれいで、至れり尽くせりの診察や準備をしてくれます。初診の時は、参考書や子育て日記などのプレゼントもくれます。

    とても安心してお産できる国です。

    >但し、外国人が海外に住む場合は、その国に「居させて貰っている」と考えたいものです。
    トピ主さんもご主人も共に、ホスト国に対してそういう感謝の念が欠けているように見受けられ、その意味では残念です。

    のご意見には賛成できません。遠慮しながら生活しなくてはいけないのですか?住む権利を持っている限り、意見を言う権利はあります。

    >内診のカーテンって他の国ではあるのかなぁ?
    ありますよ。こちらでは各診察室にあります。

    >外国に在住の方って、国同士を比べられるぐらい偉いんですか?
    偉いと言っているのではなく、愚痴ですね。

    私は、海外に住んでいるのに、毎日日本食が食べられないと言って、ごねる人は苦手ですが、医療や福祉に改善を求めるための意見は必要だと思います。

    海外に比べ、日本の福祉はまだまだ…ですが、それでも海外に住んで偉そうにと言われるのでしょうか?

    ユーザーID:2754941436

  • 言い方が悪いのでは

    >「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」

    自国をそんな風に言われてカチンとこない人がいるでしょうか。ご主人が
    日本の医療システムについてあれこれ言われたのも売り言葉に買い言葉なのでは。余程出産時死亡率が高い国ならわかりますが、そうではないですよね?旦那様のお母様をはじめその国で無事出産している女性はたくさんいらっしゃるわけですし失礼だと思います。

    ご主人の母国を貶めるのではなく、日本では出産は実家でするのが通常であり、自分もずっとそういうイメージを持っていること、自分や子供の命がかかることなので、やはり日本語が通じ、母親のいる日本の方が安心できる。申し訳ないけど理屈ではなく妊婦としての本能なのだ・・・と穏やかに説得されてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2728158656

  • 適者適存

    問題になっているトピ主さんの「この国で出産する人は勇気あるよ」発言ですが、
    その前のやりとりはどんなものだったのでしょうね。
    夫さんから「なんで日本に拘るの?この国の医療で大丈夫、日本なんかより良いよ」
    とでも言われたなら、この発言につながるのはわかります。

    実際、新生児の生存率はどうなのですか?また、流産の率はどうですか?
    北欧諸国は適者適存、厳しい自然環境の中でも生き抜ける強い子供を求める風潮が
    あると聞いたことがあります。
    つまり手厚く保護しなければ生きられない子供は・・・
    (強制を伴う優性保護政策が行われていたという話もあります)。

    いずれにせよ、トピ主さんが後悔しないようにされるのが一番だと思います。

    ユーザーID:0007398814

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧