• ホーム
  • 子供
  • この国では子供は産めないといったら大喧嘩になりました。

この国では子供は産めないといったら大喧嘩になりました。

レス76
(トピ主0
お気に入り168

妊娠・出産・育児

電柱

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ズケズケ物言うトピ主です

    過酷な状況で生き残れる子供しかいらないのだという適者適存の論理はあると思います。おおっぴらには言わないでしょうが、この国の医療システムの根幹にある暗黙のルールのように思えます。

    夫は本当に子供と私のことを考えるなら、パソコン担いで日本に来ればいいので、私の知ったことではありません。こちらは命を削って子供を産みます。窮屈で暑くて面倒で過干渉な(夫本人談)日本に旅行者として短期間居座るぐらい我慢してもらわないと困ります。文句があるなら日本語勉強して手術の同意書にサインできるぐらいの語学力つけたらいいのです。それが出来ないなら父親なんて偉そうにしてもらわなくても結構、こっちだって血を吐くような努力をして現地語を身につけて社会復帰してる訳だしということで…もっとズケズケ言ってますが、皆さんのお話を読んでそのように考えています。

    最後になりますが、本当に身を切られるような思いをされているmimさんの書込みを読んで怒りで涙が止まりませんでした。ご自分の身に起こった辛いことを思い出してまで私のような者の為に書込んでくださってありがとうございました。心からお礼を申し上げます。

    ユーザーID:4822502625

  • ズケズケ物言うトピ主です

    皆さん、沢山のレスをありがとうございます。お叱りくださった方も情報を下さった方もアイディアを出してくださった方も、データーを出してくださった方(調べてくださりありがとう)も、みんなみんなありがとうございました。どれ一つとしてムダな意見はありませんでした。どなたかは話を本筋に戻そうと頑張ってくださいましたね。ありがとうございます。私としては全部がいい意見として頭の中に残っています。

    最初にトピを立て、レスを立てたときは、そりゃ、もう本当に怒りで頭が沸騰していたので、
    文章が滅茶苦茶でした。でもあれは本音です。怒りのフィルターがかかっているので読んだ方は
    非常に不愉快な思いをされたことでしょう。すみません。

    あと離婚もしてません。

    それから夫は様々な体験から日本が嫌いです(笑)私はいつも日本の根回し・同調・強調・暗黙のルール等々嫌という程文句を聞いて来ましたし、そのせいで妥協の上、北欧の某国に住んでいるのです。だからこの程度のことは言ってもいいと思ってました。…まさか夫が本気で怒るとは思いもせず。

    ユーザーID:4822502625

  • 一言だけ

    7,8年前の妊産婦死亡率とか、看護師さんとか色々なデータでトピ主さんをお国で生ませようと考えている人がいるようですが。
    具体的に言えば、この数年でも進歩しているので古いデータを出すのは問題があります。看護師さんは、その場所の能力で考えるべきです。
    ただし日本は訴訟社会になる前から生まれる命を大事にする傾向はありましたから、その努力はむしろこの数年が積極的に極限的に最高状態に向かっていると思います。
    根本的にどこで生まれようと、お医者さんや病院の個々のその時の状態に左右されます。人間ですから。
    つまりは、出会いが大切ということです。
    それぞれを悪く言う意図が私には悪魔的に見えます。
    トピ主さんは、探すことです。できるだけ。自分のぴったり来る病院を。日本と思うならメールや電話や色々な方法で。お金をかけても。
    その国でも良い病院はあるはずです。死生観に違いがあるなら話し合いをするしかありません。国毎の文化の違いを生める努力は国際結婚なら覚悟をされていたかと思います。
    悔いの無いように。その国に日本人はいませんか?お医者さんとか。

    ユーザーID:6514321122

  • 無いものねだり

    トピ主さんがそういう自分もあることを自覚しているかどうか。
    先日、新聞に看護師の病人に対する国際比較で日本の看護師不足が出ていました。母親は楽に出産できるかもしれないけど、生まれた赤ちゃんは日本の方が少ない看護師で管理されることになり医療的にもどうでしょう?
    などと言っても、ズケズケ物言い過ぎるトピ主さん、もうこの人とは結婚を続けていけない、とか?
    相談どうなったのかな?

    ユーザーID:6620975449

  • アメリカでの出産について

    mimさんの経験談にとてもショックを受けています。本当に残念でしたね。

    ただ、地域の違いがあるのでしょうか、考えられないことです。私の場合は、妊娠が分かった時点で産婦人科医に出産までのケアをお願いします。これは定額です。その後は、どんな小さなことでも24時間電話で相談できます。ましてmimさんのような場合は病院にその医者がきてくれて適切な処置をしてくれます。待たされた上、流産してしまったら確実に訴えると思います。

    ユーザーID:2878858298

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 7-8年前のデータを見る限り

    日本は確かに周産期死亡率は他国に比較しても低いのですが、妊産婦死亡率については先進国比較でも若干高めです。
    新生児等(出産時および産まれる前後)のケアの医療水準は高いのでしょうが、母体へケアはこのデータをみると一概に日本が良いとは言い切れない。

    データで説得すればいいのではないかと思ったのですが、ちょっと難しそうですね。

    ユーザーID:0455860832

  • 本題に戻ろう

    各国の医療比較はもういいでしょう。

    >どのように相手を説得しましたか?

    トピ主さんは既にご主人と喧嘩になってしまいましたね。

    他の方も書かれているし、私も前回書きましたが、「この国で子供生む人って勇気あるよ」という他国批判ともとれる発言についてご主人に謝った上で、安心の為に日本で生みたいと言えば良いだけだと思います。

    それと、もし日本での出産が実現しても、帰って来てからその国の人にご主人に言ったのと同じ様な内容を喋ってはダメですよ。「日本の医療」を自慢するのも危険だと思います。

    でも、トピ主さんだと言いそうな気がする(汗)

    ユーザーID:2771782739

  • mknewbさんへ

    アメリカは広いので地域格差が激しいです。ただ、妊娠後期以前の流産や死産に関しての対応は基本的にどこも同じようです(夫の身内にドクターとナースがいてそう聞きました)。
    私達は一時的に田舎住まいなので、病院はあまり選べません。
    私が対応してもらった病院はヘリで患者さんが運ばれてくる所で、地域では一番設備が整った所です。それ以上に設備が整っているのは車で2時間かかる大都市にしかありません。私もテレビ、シャワー、トイレ付きの個室で食事は電話で注文して好きなものを運んでもらいました。

    アメリカでは妊娠中は産婦人科のクリニックに通い、緊急や分娩の時は担当医が出張してきて総合病院で産むケースが多いので、やっぱり緊急時はクリニックの指定するERへ、となってしまいます。
    私の場合、初期流産ではなかったので、対応によっては無事産まれたのではという気持ちは拭えないです。出血していても、お腹が張っても、死産を防ぐことは何もしてもらえませんでした。日本にいたら、「やれる医療はしてもらったから仕方がない」と思い切れたと思います。気持ちの問題と言えばそれまでですが、もう二度と後悔したくないのです。

    ユーザーID:3831790553

  • 負のエネルギー

    トピ様は住んでいらっしゃる国の医療システムに愛想が尽きて、信用できないのですよね。でしたら、やっぱり日本で出産されるのが一番だと思いますよ。

    というのは、ネガティブな意識を持っていると、もっとネガティブ(この場合、合併症など)が起こりやすいと臨床で働いていると感じます。全く科学的根拠はないのですが…、負のエネルギーは更なる負のエネルギーを呼ぶと言う感じです。

    旦那様にはそのようにお話しをされたらいかがでしょうか?信頼できない場所で出産すると、それだけでストレスになり、そのストレスが別の問題を呼び起こす…と。

    ユーザーID:6838844174

  • 横ですみません、Carnitasさん、mimさんへ

    ご参考までですが、
    米国の病院ですが、事前に(といっても救急のときは無理かもしれませんが)、病院は選んだほうが良いです。

    当方は米国人の夫で3回、私自身で1回の救急病院の経験があります。
    最初の救急病院は便利さから最寄の病院を選んだのですが、まぁまぁ疑問もありましたが、こんなものかな、と。次に行った病院では雑誌で見かけてた全米Top10とかの病院で(ちょっと自宅から離れているのですが)、対応の差にびっくり。お陰で安心して治療に専念できました。このときは夫が入院する破目になったものの、全院個室でフラットスクリーン付き、食事は患者が食べたいときに食べたいものをメニューから選んで注文とホテルかと思うようなサービスでした。

    また、救急病院の対応は、そのときの混み具合と、そのときに本当に緊急の人とかが先になるので、こればっかりはしょうがないと言うかなんと言うか。同じ病院でも風邪がはやると小児患者であふれて対応が遅くなりますね。

    ちなみに私に出産予定はないですが、もし産むとしたら米国の病院で問題ないと思います。

    ユーザーID:7317518687

  • 医療過剰?

    トピ主さんの感覚に同意します。
    出産は絶対に日本のほうがいいですよ。
    ホスピタリティへの姿勢が根本的にがちがうのですから。

    日本の医療を「過剰」と決めつけている方も散見されますが
    違和感を思えます。
    日本の文化を貶めることで、
    自分が異国に存在することを無意識に正当化、有価化しようとする
    よくある「外国かぶれ」の心理が働いているように見えてしまいます。

    それから、妊婦の死亡率が高いなんて妄言はどこから出てきたのでしょう?
    WHOの統計を確認してごらんなさい

    いずれにしても、トピ主さんは間違っていません。
    なによりもご自身のお体と、生まれてくるお子さんの命を
    最優先なさってくださいね

    ユーザーID:7803059695

  • たくさん話し合うしかないです。

    私は外国で暮らしたことがないので、外国で暮らすストレスなど全くわかりませんが、今の日本ではたして産めるのか?と純粋に思います。
    私は7年前に1人子どもは産みましたが、7年前と今じゃ産婦人科の環境が全く変わりました。

    産婦人科医不足です。
    今の日本の産婦人科事情では、トピさんのご実家が都会になければ里帰り出産は大変ハードルの高い出産方法で、国内に住んでいる妊婦が共通で困っている状態なんですよ。
    都会でも予約が年々取りずらくなってきているようですし。
    特に田舎では、国立・公立病院しかないような場所はひどいですよ。
    産婦人科で分娩が減り、出産しづらい国になりました。
    予約しないと診察を断っている病院も確実に増えています。

    最終的にご夫婦が納得できる出産方法を選ぶしかないですが、日本のほうが安心して産めるという思い込みは捨ててください。
    今の日本は、外国滞在者まで快く受け入れてくれる産婦人科はものすごいスピードで減っているんです。
    どうしても日本で産むと決めたら、電話料金が高くなっても、確実に受け入れてくれる産婦人科を探すことからはじめないといけない時代なんです。

    ユーザーID:8213186555

  • Carnitasさんへ

    おかげさまで体調は無事回復しました。

    順調な妊娠、出産ならたぶんどこでも大丈夫なんでしょう。
    ただ、何かあった時の対応が各国によって違うということなのだと思います。私も医療業界にいた為、日本の医療の現状も知っていますので、日本がパーフェクトだなんて全然思っていません。アメリカも、実際に診てくれたDr.やナース等、皆さん誠意をもって接して下さいました。一緒に泣いてくれた方もいて、とても慰めになりましたし。でも、「できるだけの『医療』を施してもらった」とは思えません。

    私の場合、日本食も手に入りにくい所なので、つわりの時も余計に苦しかったことと、妊娠しても、無事生まれるとは限らないと体感したので(それまでは頭ではそう思っていても、自分がそうなるとはどうしても感じられませんでした)、ここで産む気になれません。次に妊娠したらつわりが始まる前には帰国する予定です。
    夫は立会い希望なので、予定日近くから1、2ヶ月休暇をとって来日する、と言っています。生まれるまでの過程も夫も参加したがっているし、私も彼にいて欲しいとは思いますが、それだけのために、命を失うことはできないので。

    ユーザーID:0838813891

  • 合理的に判断を。

    なんだか情緒的な意見が多いですので一言。

    まず、日本とトピ主さんが住んでいらっしゃる「北欧の某国」でどの程度リスクが違う
    のか、インターネットでWHOの統計を見れば簡単に調べられます。
    そうすれば、「夫のこだわりだけのために、わざわざ何倍も死亡リスクが高い国で出産し
    なければならない」のか、「妻が偏見で北欧の某国を毛嫌いしているだけ」なのか
    はっきりします。

    次に、子供の市民権や永住権、受けられる行政サービスや出産の際の費用負担などが
    出生国によってどのように影響されるか調べましたか?子供の将来のことを考えるならば
    そういった違いを全て調べた上で決断されることをお勧めします。

    ユーザーID:4189679688

  • 本論

    トピ主さんが聞いているのは、日本とその国の医療体制の比較論ではなく、まして外国に住む際の精神論ではなく、同じ立場にあった人が「どのように相手を説得しましたか」ということであるのはトピ自体から明らかです。
    比較文明論や精神論をやりたい人が続々と出てくるのはどうしてでしょうかね。

    ユーザーID:8262103673

  • きりがない

    日本に転居せずその国に住み続けるなら、そこでなりに自分が一番いいと思えることをするまでのこと。出産も、何が何でも日本で産むのが一番いいと思うなら、そうなさればよろしいでしょう。実際に産むのはご主人ではなくあなたなのですから。

    出産する場所にしても、あれこれ言い出せばきりがありません。外国より日本のほうがいい、日本でも地方より東京の方がいい、東京でもそこらの産院より愛育病院がいい・・・と、いった具合に。

    そのお国の医療システムを憂慮されるより、どこで生きていても元気で健康な自分でいられるよう日頃から摂生に努められるのが一番かと。予防に勝る治療はありませんから。

    ちなみに私も北欧在住です。どの国でも、医療関係者には、気持ちの暖かい方々が多い、と言うのが私の印象です。

    ユーザーID:9248591352

  • 適者適存

    問題になっているトピ主さんの「この国で出産する人は勇気あるよ」発言ですが、
    その前のやりとりはどんなものだったのでしょうね。
    夫さんから「なんで日本に拘るの?この国の医療で大丈夫、日本なんかより良いよ」
    とでも言われたなら、この発言につながるのはわかります。

    実際、新生児の生存率はどうなのですか?また、流産の率はどうですか?
    北欧諸国は適者適存、厳しい自然環境の中でも生き抜ける強い子供を求める風潮が
    あると聞いたことがあります。
    つまり手厚く保護しなければ生きられない子供は・・・
    (強制を伴う優性保護政策が行われていたという話もあります)。

    いずれにせよ、トピ主さんが後悔しないようにされるのが一番だと思います。

    ユーザーID:0007398814

  • 言い方が悪いのでは

    >「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」

    自国をそんな風に言われてカチンとこない人がいるでしょうか。ご主人が
    日本の医療システムについてあれこれ言われたのも売り言葉に買い言葉なのでは。余程出産時死亡率が高い国ならわかりますが、そうではないですよね?旦那様のお母様をはじめその国で無事出産している女性はたくさんいらっしゃるわけですし失礼だと思います。

    ご主人の母国を貶めるのではなく、日本では出産は実家でするのが通常であり、自分もずっとそういうイメージを持っていること、自分や子供の命がかかることなので、やはり日本語が通じ、母親のいる日本の方が安心できる。申し訳ないけど理屈ではなく妊婦としての本能なのだ・・・と穏やかに説得されてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2728158656

  • 医療費無料の国に住んでいますが?

    私の住んでいる国は医療費無料です。ヨーロッパではありませんが。
    ところが、特に産科などはきれいで、至れり尽くせりの診察や準備をしてくれます。初診の時は、参考書や子育て日記などのプレゼントもくれます。

    とても安心してお産できる国です。

    >但し、外国人が海外に住む場合は、その国に「居させて貰っている」と考えたいものです。
    トピ主さんもご主人も共に、ホスト国に対してそういう感謝の念が欠けているように見受けられ、その意味では残念です。

    のご意見には賛成できません。遠慮しながら生活しなくてはいけないのですか?住む権利を持っている限り、意見を言う権利はあります。

    >内診のカーテンって他の国ではあるのかなぁ?
    ありますよ。こちらでは各診察室にあります。

    >外国に在住の方って、国同士を比べられるぐらい偉いんですか?
    偉いと言っているのではなく、愚痴ですね。

    私は、海外に住んでいるのに、毎日日本食が食べられないと言って、ごねる人は苦手ですが、医療や福祉に改善を求めるための意見は必要だと思います。

    海外に比べ、日本の福祉はまだまだ…ですが、それでも海外に住んで偉そうにと言われるのでしょうか?

    ユーザーID:2754941436

  • 旦那さんの気持ちも尊重する必要あるかな

    「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」

    その国の人たちに凄く失礼では
    日本の過剰サービスが当たり前だと思うからそういう上から目線になるのでしょうか
    日本にも酷い医者、病院ありますよ。医師のレベルも低いのが
    沢山います。トピ主さんはそういう経験がないから
    日本の医療が最高だと思うだけです。

    産むのは女性だから女性が決める権利があるとおっしゃる方いますが、確かに産むのは女性です。
    だけど赤ちゃんは夫婦2人の子ですよ。
    旦那さんは出産に立ち会いたいのではないのですか?
    そして赤ちゃんを「最初から2人で」育てたいのでは?
    旦那さんも日本に滞在出来るのなら一緒に帰国されては
    どうですか?
    だけど産まれたての赤ちゃんに父親として接したい旦那さんの気持ちはどうでもよいのなら、お一人で帰国されては。

    そして、日本の産科の現状を知らないようですが、
    妊娠後期から診てくれる産科って今少ないですよ。
    日本は産科医不足で深刻な状態です。

    旦那さんの子育てに対する考え、日本の産科の現状も考慮して決められてはどうですか。
    帰国出来ても産婦人科が見つからなければ困るのはトピ主さんですから。

    ユーザーID:3532793793

  • 海外で出産しました

    ヨーロッパ某国で出産しました。こちらも妊婦健診や出産費用は無料でしたが、この国で出産するのが不安でした。

    妊娠中に超音波で診てくれるのは3回のみ。妊娠が分かったのが6週目でしたが、初めての超音波で診てくれたのは9週目でした。すぐ内診してくれると思ってたので3週間も待たされて不安でした。

    妊娠初期〜中期におなかが張る状態が続いていて、病院で相談しても便秘かおならが溜まっているだけだと言われただけで、張り止めの薬もくれませんでした。

    妊娠性掻痒にもなって、体中かゆくておかしくなりそうだったのに、産婦人科医に相談しても、妊娠とは関係ないから皮膚科に行けと言われ、皮膚科でも同じことを言われました。

    たまたまその1週間後に日本に里帰り予定だったので日本の産婦人科で相談したら「妊娠中によくあることです」といって薬を処方してくれて、やっと安心できました。 

    日本に比べて、診断が適当で私もほんとに大丈夫だろうかと妊娠7ヶ月まで日本で産むか現地で産むか相当悩みましたが、結局大きいお腹で長旅も不安なので現地で産むことに決めました。

    不安の塊でしたが、今はこっちでよかったと思えます。

    ユーザーID:2848205466

  • 無題

     日本を天国みたいに思っていらっしゃるようですが、日本じゃ産科医は絶滅危惧種に指定されていて、産科病院はどんどん閉鎖していってますので、妊娠確認と同時に分娩予約を入れないと出産先がないような状態ですよ。
     特に地方で公立病院しかないような地域ですと、その自治体の住民以外の分娩はお断り、里帰り出産もお断りというところも増えています。
     ですので、日本に帰ってきても産むところがないという状況がありえることは覚悟しておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:5520470043

  • まぁそんなところですね

    あはは。トピ主さんと同じ国の首都に住んでます。名前から察していただけますね。トピ主さんのフラストレーション良くわかりますよ。でも結構裏技ってあるんです。

    とにかくこの国は自分からじゃんじゃん要求しないと2秒診療はおろか、予約すら入れてくれませんよね。午後診療してないところもあるし。夕方以降に電話して診てくれる連絡先をご存知ですか?私は不安があればそこへすぐ連絡しますよ。不安な時は主張しまくって、無理やりにでも診てもらいます。とにかく自分から向かっていかなくちゃ。不満だけでは泣きをみます。

    私はこの国で子どもを産みました。超音波も2回しかしてくれませんから日本とは大違い。日本だったら切迫流産の疑いが発覚すれば即入院で出産まで、という例でもこちらだとあっけなく流産となるでしょう。そんな国であることは事実です。

    ご主人を説得して里帰り出産されてはどうですか?ご自身が不安であることは胎児にも影響しますし。あるいは妊娠出産は単なるきっかけで医療全般への不満をご主人にぶつけたかっただけとかでしょうか。それならお話相手になれるのになぁと思ったりします。残念!!

    ユーザーID:8365078785

  • mimさんのレスを読んで

    少しトピとずれてしまいますが・・・。

    私もアメリカ在住です。まだ妊娠ができるかどうか疑いがある状態なのですが、子供を作りたいと思っています。

    mimさんの話を聞いてちょっとびっくりしてしまい、やはり日本で生んだ方が良いのかもしれないと思い初めています。mimさん、その後は体調等大丈夫ですか?読んでいてものすごく腹が立ちました。確かに救急病院最悪です。平気で苦しんでいる人を何時間でも待たせます。

    ママ2さんの新生児の生存率が日本がトップという話を読んで、更に日本のほうが良いのかも知れないと・・・。
    肝心な私の母は私をアメリカで無事に生み育てたので何ともいえないのですが・・・。母も日本で子供を生んだ事がないので比べようがないようです。

    日本で出産された方はいつ住んでいる国へ帰られましたか?乳児と一緒の飛行は大変だと聞いた事があります。
    あと妊娠何ヶ月ごろに日本へ行きましたか?

    ユーザーID:9080699629

  • 物は言い様

    自分が安心できる環境で生みたい、というのは当然の権利でしょうね。しかし、

    >「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」といったら大喧嘩

    当たり前です。自分の母国のことを、そこまで露骨に悪し様に言われて何とも思わない人なんて、例外中の例外です。自分に理があれば何をどんな言い方をしてもよいというわけではありません。

    ユーザーID:4939011390

  • 最後はトピ主さんが決める事

    まずは生む方が納得できないところでは生まない事です。
    意見が合わなければ話し合うしかありません。
    本人とお子さんの命にかかわる事です。

    敬意云々という書き込みもありましたが、トピ主さんが非難されるほど敬意を払っていないとは私には思えません。

    仮に敬意を払っていないとしても生き死に関する問題で、ヤブ医者に診られたくないと言う意見に敬意もクソもありません。

    パートナーにケンカを売れという事ではありませんし、うまく話しを持っていくという意味では異論ありません。

    ユーザーID:3274301752

  • ちょっと違う方向から。

    外国に在住の方って、国同士を比べられるぐらい偉いんですか?

    よく「日本人って○○」とか「外国だと考えられない」とか
    上から目線のコメントがありますが。

    「この国で子どもが産めない」とは、
    その国で出産されている女性(だんな様のお母様を含む)
    に対して失礼だと思います。

    産むのは母親ですし、決定権も母親にあるとは思いますが、
    「自分の国の方が安心して産める」等、
    片方を貶めない言葉を選んで欲しいです。

    ユーザーID:5731747976

  • アメリカですが

    妊娠5ヶ月で死産しました。
    10週目のある日突然出血し、ERに行くも大量に出血しているのに4時間も待合室で座って待たされ、内診だけして「このまま流産になるかは分からない。2日後にかかりつけのクリニックにかかって下さい」とだけ言われました。超音波検査も無し。頼み込んで超音波もやってもらいましたが、検査をしてもらうまで更に3時間待たされました。
    その後も出血は続きましたが「何もできることは無い」と言われ、投薬は一切無し、最後は破水、翌日死産しました。破水しても抗生物質もくれません。「2時間毎に体温を測って○○度以上熱があったら感染してるかもしれないのでその時はERへ」とだけ言われました。ERには合計3回行って最後は入院しましたが、毎回診察まで5〜8時間待ち(ERの意味って???)した上にこんな対応で医療費は合計200万円を超えました(保険がカバーしましたが)。

    夫はアメリカ人ですが、以前日本に住んだこともあり、また、この経験から「次に妊娠した時は日本に帰った方が良い」と言っています。
    日本にいたら違う対応をしてもらって赤ちゃんは無事産まれていたかも、と時々思い、悲しくなります。

    ユーザーID:3831790553

  • 産む人が病院を選ぶべき

    産むのはトピ主さんです。
    トピ主さんが病院を選ぶのが、一番いいですよ。

    もしも、ご主人の意見を通して、トピ主さんの希望とは違う
    病院で産んで、何か問題があった場合、夫のせいだ、
    という気持ちになると思います。

    でも、自分で病院を選んで何か問題があっても、
    自分で選んだのだから仕方が無い、と思えるでしょう。

    知人は、二人子供を産みましたが、一人目を自分の希望する
    病院で無事に出産、その後、二人目は、夫に押し切られ、
    夫の選んだ病院で産みましたが、そこで事故があり、
    子供は無事でしたが、本人は子宮破裂、結局子宮を
    取り出して、もう二度度子供は産めません。

    旦那さんは、泣いて謝り、後悔したそうですが、
    子宮はもとにはもどりません。

    出産は、女性にとって命がけです。
    命をかける、産む人が納得できる病院を選ぶべきです。

    子供は自分の子供でもあるから、自分の意見を通すなんて、
    はっきりいって、出産は女性が命をかける、という認識がなさすぎです。

    子供を産む立場ではない、トピ主さんの旦那さんに、そう伝えてください。

    ユーザーID:4233737401

  • サービスを探して利用する

    個人の体験はひとそれぞれ異なります。ご自身の限られた体験から「この国では」云々という飛躍的断定の言い方はされないほうがいいですよ。お住まいの国の全部の病院や医者を体験されているのなら、それはそれで言い切ってもいいと思いますが。トピ主さんのような言い方されたら其の国で育ってきたパートナーはうんざりするというか怒ってしまうのも無理はありません。ものは言いようなんですけどね。ちなみに私は北米在住でパートナーは日本人ではありません。ですから物言いには気をつけます。

    この国では緊急病院で6ー7時間待ちってこともあります。私は病院だけに頼らず、それに関連する医療サポートのサービス各種、医療通訳ボランティア、その病気のサポートグループなどをどんどんネットで調べて、サービスを受けるようにしています。トピ主さんの住んでおられる福祉国家ならそういったサポートもあることでしょう。ご主人参加の妊婦さんクラスなどで地元の人との交流をはかり、他の妊婦さんからも情報収集してみてもいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1873452900

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧