• ホーム
  • 子供
  • この国では子供は産めないといったら大喧嘩になりました。

この国では子供は産めないといったら大喧嘩になりました。

レス76
(トピ主0
お気に入り168

妊娠・出産・育児

電柱

北欧の某国に住んでいます。

この国の医療制度は無料ではありながら最低です。

子宮ガン検診のときには普通の診察室にある普通の長いすに座ってと言われ、そのままいきなり下着まで脱げと言われ、目隠しのカーテンもないままいきなり内診です。

具合が悪くて今すぐ見て欲しくて病院にいったのに予約がなければ
見てもらえず、見てもらえても1週間後。1週間まちの2秒医療で、しかも薬など出してもらえず詳しい検査もなし、医療器具は日本の何十年前のものがそのまんま。
風邪をこじらせ慢性副鼻腔炎になり、具合が悪いと何度も医者に行ったのに塩水の鼻うがいを薦めるのでそのとおりにしていましたが、具合が良くならず、日本の医者に帰国時に行ってみたら「こんなになるまで放置するな」と叱られました。

そんな経緯もあって、この国の医療を私は信用していません。

日常会話のついでに「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」といったら大喧嘩になってしまいました。それでも私は絶対にこの国では生むつもりはありません。夫は自分の子供でもあるから、日本で生むのは反対だといいます。夫に言わせると日本の過剰な医療行為が気に食わないそうです。

私にしてみれば医療費がタダでも、雑で、適当で、まともに診察もしてくれず緊急時に言葉が通じないなんてうんざりです。出産で命を落としたらやり切れません。

日本以外の国に住んで、外国の医療システムにうんざりの皆さん
どのように相手を説得しましたか?

ユーザーID:5546072492

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数76

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 外国だからこそ

    自分の事は自分で、となりませんか?

    相手の説得ですね??

    出産は、トピ主さんのことですよね。御主人の事ではありません。
    お子さんは2人のものかもしれないから、「小児科」は今いらっしゃる国かもしれませんが、、。海外では、医者であろうと親しくならないと「親身」になってくれないんですよね。
    私はアメリカで産みましたが、日本は確かにいろいろやりすぎだと思いました。歯科なんかは日本のほうは研磨しすぎですよ。

    それで病気が発見できた人も居たと思いますが、私はいろいろやられるのが嫌でしたので。でもやらないと言っても基本的な事はおさえたことでした。専門に別れてプロでしたし。

    正直、日本にいたって「どこの病院に行きたい」などは個人の自由じゃありませんか?
    大病院、個人病院、いろいろですし、、。

    トピ主さんのいらっしゃるところは、日本系列の病院は無いのです、、よね?
    気に入る医者が見つかる迄でいいのではないですか?

    病院は納得して通わないと、嫌ですよね。

    ユーザーID:9096471512

  • 安心して産みましたが・・・

     デンマークコペンハーゲンに住んでいる2人の子供の母です。
    一人目はお隣スウェーデンで産みましたが、トピ主さんのおっしゃるような事は全く感じたことがありません。
    北欧のどの国ですか???????
    むしろ、とても丁寧で清潔、キレイな設備なので安心して産みましたよ。
    フォローも万全ですし。
    一人一人に担当医名が保険証に記載されているので、受診の際はまずその決められたクリニックに予約しそこで初見
    →その後大きな病院の専門の科で詳しく検査なり入院なりしました。
    病院への連絡や移動ももちろんすべてその担当医がしてくれ、クリニックからはタクシーで運ばれますよ。(無料)
    盲腸で入院したときや子宮がん検査でもそうでした。
    北欧の言葉が通じなくとも英語ならほとんどの人はできるし、医者なら当然話せると思うのですが・・・・?????

    本当に北欧ですか???信じられません

    ユーザーID:3642153515

  • 「新生児の生存率は日本がトップ。」

    海外で出産しました。
    日本帰国時に産婦人科に行きましたら、先生に言われました。

    私は上の子が逆子で帝王切開だったのですが、
    下の子は逆子ではありませんでしたが、母も姉も骨盤が小さく、
    児頭骨盤不適合でしたので、家系から見ても体系から見ても
    私もそうだろうと思い、自然分娩はとても恐かったのです。

    しかし、こちらの先生にそれを説明しても、
    さらに、上の子が帝王切開でも、下の子は自然分娩することを推奨され
    とっても不安だったとき、 
    日本の先生が「日本では少しでもリスクのある出産は
    初めから帝王切開にする事が多いです」と言われ、
    しかも「新生児の生存率は日本がトップです」とも言われ、
    気持ちは固まりました。

    こちらの先生を説得し、二人目も帝王切開で出産しました。
    出産した今となっては、産後の肥立ちはやはり自然分娩のほうがはるかに良いですから、自然分娩トライすべきだったかと思うときもありますが、
    命があるからそれを思えるんだろうなと納得しています。

    日本は世界でもトップの長寿国です。
    高度な医療だという事も平均寿命が証明しています。

    ユーザーID:0735098163

  • 文化と価値観の違い

    外国人と外国での結婚生活では「考え方(捉え方)が違う」ということ、ありますよね。

    第三者として本文を読んだら、「離婚して帰国した方がいいんじゃ…」と思う方も多いのでは。
    里帰り出産すらできないということは、永住なさるのでしょうか?
    そうしたら、イヤでも老後の医療は受ける羽目になるんですよね。
    私だったらゴメンです。

    >緊急時に言葉が通じないなんてうんざりです

    少なくとも、↑の状況は、ある程度語学力が上がったとしても、その国に住む限り根本的解決はしないことですから。
    無事説得できて、帰国出産しても、その後の子どもやあなたの受ける医療は…
    ご夫婦の価値観のズレは話し合えば段々良くなることもあるでしょうが、国全体が大きく変わる事(日本語が公用語になるとか、日本の価値観が適用されるとか、日本の病院が建つとか)は、まずありえません。
    国全体の事に関しては、あなたが慣れる(受け入れる)事が唯一の解決の道でしょう。

    もう一度、ご自分がどう生きたいのか、じっくり考え直す良い機会なのではないでしょうか?

    ユーザーID:8805561133

  • 夫婦喧嘩?

    北欧出身のご主人との夫婦喧嘩ですね。
    それでしたら、犬も食べない、といいますから、どうぞお二人でトコトン議論してください。

    但し、外国人が海外に住む場合は、その国に「居させて貰っている」と考えたいものです。
    トピ主さんもご主人も共に、ホスト国に対してそういう感謝の念が欠けているように見受けられ、その意味では残念です。

    ユーザーID:0455578043

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 生むのは女性なのだから

    生む本人が決めていいと思います。命をかけるのはあなたなのだから。

    ユーザーID:9805516158

  • 里帰りが普通だから当然帰国

    ダメですか?。日本のご両親にも協力して貰い、生まれてたのベビーに会いたいとご主人が仰るなら、お休みにあわせて出産計画をたてましょう!出産は一大事です。産むのは女性なのですから遠慮せず、主張して下さい!

    ユーザーID:4772651012

  • ちょっと、、、

    あの〜、何年住んでいらっしゃるのかわかりませんが、きっと言葉が通じないって言うぐらいですから来て間もない方ですね。

    婦人系の触診、ヨーロッパはまず、目隠しのカーテンなんかありませんよ。何言ってるんですか?
    それって日本独自、もしくはアジアだけじゃないかと思うのですが。
    それは、プロの医者に見てもらうのは恥ずかしいことじゃないからです。
    男性の先生がいやなら、事前に女性医師さんをお願いしたり、ナースいてもらうことも出来ます。

    あと、住んでいる所によっても変わりますが、どうしてもすぐに見てもらいたい時はプライベートクリニックに行くことをお進めします。
    確かに電話で予約して、”おいおい、今具合が悪いのに来週?”ってことありますけど、そこで引き下がっちゃいけないんですよ。
    ちゃんとそれを説明すれば、たいがい、”じゃ、とりあえず朝一で来てみて”とか言われますよ?!
    ただ、風邪関係に関しては、こっちは寝て、ビタミンとって治せってかんじなので、日本の薬は欠かせませんが。。。

    生むのだけ日本でしても意味はないでしょう、、、そんなにいやなら日本にお帰りになった方がいい気がします。

    ユーザーID:5671098202

  • ご主人は日本人?

     「この国では」という文言があったので、これから他の国に転勤なり移住される可能性があり、そこでなら出産しても、と思えるのでしょうか。
    それならば、それから出産を考えては?

     日本と比べると医療の恩恵を受けること自体が海外では難しいと、実際に住んでみると切に感じます。

     ただ、内診のカーテンって他の国ではあるのかなぁ? 私は妊娠中トラブルがあって検査を受けましたが、そのときも医者は男性でしたがカーテンなんかありませんでした。ただ、精神的なサポートは検査中看護師さんが「大丈夫だから安心して」と手をさすって下さったり、日本よりかえって手厚い印象を受けました。

     私の印象としては、先進国の場合、最先端の医療は進んでいるのだと思います。日本のようにどこでもレントゲン撮影や超音波検査が受けられる、という国の方が珍しいのでは。

    ユーザーID:2649787560

  • どこで生もうが本人の自由

    日本の医療は設備が整い清潔でミスが少ないことで定評があります。世界でも日本の医療はトップクラスです。ヨーロッパでは、医療費が無料でも数ヶ月待たされてその間に手遅れになる現地人も多いと聞きます。日本とは比較にならないほど医療ミスが多く病院の責任逃れが社会問題視になっているヨーロッパの国さえあります。

    出産は、危険も伴います。無事に生むまでわからない。だからこそ万全を期してしかるべきです。海外生活が長くても、普段聞いたことのない難しい医療専門用語のボキャブラリーを外国語で聞かされた時、不安に感じると思います。医療用語が完全にわからず体を丸投げしてうける手術は賭け。
    不本意な結果に終わったり後遺症が残ったときに海外で難しい医療用語がわからずに承諾して手術を受けたからだと後悔しませんか。

    外国人と結婚して日本を出て外国に住むものは、在住国の病院でしか医療を受けてはならない、というばかけた法律は日本には存在しませんから、どうぞ安心して日本に里帰りして出産する道を選んで下さいね。

    どこで生もうが、どこで医療を受けようが本人の自由。
    ご主人の体ではなく、あなたの体なのだから。

    ユーザーID:7349289518

  • 興味深い体験談ですね

    どうも日本では、北欧諸国は手厚い福祉が無料・男女共同参画等の理想郷のように
    語られることが多いのです(特に福祉政策の場での礼賛はすごいです)が、
    一方で、トピ主さんの言われるように、日本に比べると粗雑な設備、日本なら緊急
    のケースでもすぐに診てもらえない(予約が必要)等の「無料に見合ったサービス」
    という話も聞きます。
    実体験に基づくお話を聞けるのは大変有益だと思います。

    トピ主さん個人に対するアドバイス(?)としては、日本で出産をされるのが良いか
    と思います。夫さんは自分の国の悪口を言われているようで不満なのでしょうが、
    里帰りは日本人の風習、二人の大事な子供なのだから、わたしが安心して出産できる
    ところでさせてほしい、と言われてはいかがでしょう。

    ユーザーID:0007398814

  • イヤな部分が目に付く時期でしょうか?(1)

    私も主人の駐在の帯同中にヨーロッパ(仏)で初めての出産をしました。
    主人も私も日本人ですのでトピ主さんとちょっとケースは違いますが・・・

    まず書かれていた内診の目隠しカーテンの件、私は逆に日本のカーテンって嫌いです(日本の婦人科はあちこち経験しています)
    向こうで何が起こっているか、何をしようとしているかよく分からないという不安がありますし、
    自分を人として扱われてないと言うか、単なる内臓を扱っているという印象があります。

    ちなみに仏でかかった一つの産婦人科での話ですが、
    妊娠時の初診の際、上も下も全部脱いで、と言われましたよ、スッポンポンですよ(笑)
    (上は胸のハリを診るため、下は勿論内診のため)
    これはびっくりしました、でも後で笑い話になりましたよ。

    ユーザーID:8556351129

  • イヤな部分が目に付く時期でしょうか?(2)


    病院の予約の件も、ご主人が現地の方であればそれこそ早く診てもらうための裏道(?)とか予約なしでも待てばみてもらえるドクターや病院ご存知なかったのでしょうか?
    ご主人の友人に聞いてみるとか・・・
    私達は現地の事情に明るくなかったので、やはり色々な知人に聞いてみたりしましたよ。

    私も恥ずかしながら言葉はイマイチでした、主人だってうまいと言うレベルではありませんでした。
    特に医療関係の言葉は日常会話と違い難しいですが、ご主人が現地の方なら頼もしいではないですか。

    私から見ると恵まれた環境だと思うのですが、最終的には決めるのはご自身ですから納得のいく解決策が見つかればよいですね。

    ご主人が現地の方としてお話させていただきました、もし違っていればスルーして下さいね。

    ユーザーID:8556351129

  • トピ主です。

    これは本当に北欧の某国の首都の話です。信じないとおっしゃった方は運がよかったのでしょう。国の名前は私の名前をよく読んでいただければ分かりますがトピの中では国名は出しません。編集でカットされると困るので。

    某耳鼻科の診察用のライトは、普通の室内照明のスタンドから
    覆いをとったようなものでできていました…いくらなんでもありえませんよ、こんなひどい設備。

    副鼻腔炎をこじらした件は、日本のお医者さんによれば、
    こんなのはレントゲンかCTを取れば一発で分かるし、
    むしろ虫歯があったりすれば他のことも疑う必要があるから
    まともな医者なら一応検査はする!とものすごく怒っていました。

    レスを下さった皆様ありがとうございます。

    さて、私はこの国の現地語も英語も一応は社会生活に支障のない程度にできます。仕事もしています。それからこの国に住んでいる日本人に相談しても、この国を褒めることしか言わないし、本音でしゃべることもないので、意味がありません。

    続きます。

    ユーザーID:9048515725

  • トピ主です2。

    日本系の病院なんてありません。
    私的医療保険をかけて、本当にまずいときは私立の病院にかかれるようにはしていますが、この国の普段の状況からして、そんなものどこまで頼りになるか…。こちらにきてから急に体調をひどく崩すことが多くなり、具合が悪くて死にそうだったときに医療機関に取り合ってもらえず、電話口で泣き叫んだことも1度や2度ではありません。待たされた挙句に「なんでもっと早く来ないんだ」なんて
    いう医者もいて…女性医師さんを頼んでも無視されるし、
    もううんざりです。

    また休暇のシーズンになると予約の電話もかからないとか、いい加減にしろよと思うことがつづき、うんざりしました。この国に感謝の気持ちは多少なりともありますが、健康について、こんないい加減な態度をとられたら感謝は薄らぎます。

    >日本は世界でもトップの長寿国です。
    >高度な医療だという事も平均寿命が証明しています

    これが一番私の中で有力な意見です。
    日本人は、高度な医療システムに長生きをさせられているのです。
    健康診断すらろくすっぽさせてくれない医療制度の国で
    出産しろなんてそもそも前提が無茶だと思います。

    ユーザーID:9048515725

  • お気持ちわかります。。。

    夫が外国人で現在ヨーロッパに住んでいます。(南の方です。) 私もここで子供を産みたくない。と考えていました。そしてそれは、いまでも少しあります。日本と比べている自分がダメで、イヤなら日本に帰れと言われれば、もう何も言えないですよね・・。ただ、私の場合は周りの人達(夫も知っている身近な友人等)の病院でのひどい話を常に話している事、また以前日本に一緒に帰った時に、日本の病院へ連れて行き、簡単な健康診断を受けました。比べるためではなく、私がどのような医療を受けてきたか、何が私にとって普通なのかを知っておいて欲しかったからです。それ以来、子供を産むなら日本で、と夫自身が願っています。
    もしも、夫が賛成しなくても、私ならきっと、自分で安心のできる場所で出産するかと思います。ご自分の体なので、その旨をしっかり旦那様にお話されるのがよいと思いますが・・。

    ユーザーID:1772102413

  • 解決策じゃないです、同情です

    在米です。婦人系の疾患で米国と日本の病院で診てもらいましたが、レベルの差を見せ付けられました。なので一時期、夫婦で日本に暮らしていたときは絶対に日本で生みたくない!怖い!と思っていました(歯医者も)。が、日本の医療が羨ましがられるのですね。カルチャーショックです。
    私のクリニックではカーテンは無いですが、服を脱いでケープをつけて診察イス(?)に上がるまでは部屋で一人にしてくれ、簡易的なついたてを後からつけるので(診察イスがさらに上がってから)私と医師の顔が見合うことは無いように配慮されています。
    まぁ、こちらは医療費が高いのがネックですが。
    私だったら里帰りしますね。絶対。

    ユーザーID:8561876447

  • ストレスが溜まっていますか?

    なんだか、トピを読んでトピ主さんが随分海外での生活にストレスを溜めているな、と感じました。

    私も海外生活がトータルで12年になります。北欧にも数年住みました。
    なので、トピ主さんの気持ちも分かります。

    ですが、海外に長く住んでいると日本の『病院』が懐かしい反面、あの過剰医療はどうか・・と言うことも有ります。

    直ぐにレントゲンが撮れたり検査結果が出たり、その辺は素晴らしいと思いますが、薬漬けだったり何でもかんでも検査したり、って言うのには必要性を感じなくなりました。

    只今は北米に住んで出産もしましたが、内診でのカーテンも勿論有りませんでしたし、予約の電話をしたら2週間後、って事も有りました。でも、医者を信用しているのでカーテンの事は思いつく事も無かったし、予約は緊急なら緊急で見て欲しいと掛け合っています。

    日本との違いを比べる気持ち、痛いほど分かりますが、余りにも過剰になるとその国では幸せに暮らせなくなりますよ。その国の良い面を見て尊重しないと、いつまでたっても余所者感覚が抜けなくて自分の首を自分で絞めてしまうので、良い面楽しい面を沢山探してみてくださいね。

    ユーザーID:2547922589

  • 出産だし

    ご主人は現地の方ですか?
    永住ですか?
    それによっても答えが変ってくると思いますが、両方YESだと仮定すると
    そこまでお互いが自分の意思を通すタイプだったら、トピ主さんが妊娠後すぐ1人で日本へ行って産んでから帰ってくるくらい極端な説得&選択をしてもいいのでは。あとでそのことでケンカするより、離れてるくらいのほうが仲良くできそうなカップルの気がします、なんとなく・・・。
    余談ですがうちは1人目は日本で産み、2人目は夫の国で産むつもりです。

    ユーザーID:1682123057

  • まずは冷静になりましょう

    気持ちすごく分かります。私は在米ですがやはり医療には不満と不信だらけで本当にいやでした。全て日本と比べては、アメリカをどんどん嫌いになっていき、ことあるごとに「だからこの国は、、」「こんな国、、」といつもイライラ。ただでさえ体調悪いのに思うようにいかないことが本当にストレスでした。
    渡米前に日本で受けた手術と同じ手術をまたする可能性があり、日本では3泊の入院だったものがこちらでは日帰り入院だと知り、絶対こんな国で手術なんてしたくない!と思ってました。

    でも、先日日曜に具合が悪くなりERにいきました。もちろん日本とは対処の仕方、診察の仕方も違いますがこの国なりの方法でちゃんと処置してもらい、痛みも即座に取り除いてもらえたし、帰る時には診察結果、今後すべき事など細かく書かれたレポートももらい本当に助かり、安心できました。

    ちなみに私がかかったのも婦人科ですが診察も超音波もカーテンなんてありませんよ、日本が特殊です。私はDrと顔を合わせて説明されるほうが安心感があっていいと思います。

    続きます。

    ユーザーID:6395176915

  • 続きです

    今はとにかく色々なことが嫌でしょうがないのだと思いますが、その国で信頼できるお医者さんが見つかれば気持ちも大分落ち着くのではないでしょうか?

    出産そのものをやはりどうしても日本でしたいのであれば、それはご主人とよく話し合い、いかに自分が不安を抱いているのか理解してもらうしかないですし、ご自身が納得できる場所で生むのが一番いいと思います。
    ただ日本で出産するとしても途中までは現地で診察も受けなくてはならないですし、出産以外で他の病気でも今後病院にかかることは出てくるでしょう。その度にそんなストレスがあったら精神衛生上もよくありません。
    その国で暮らしていかなくてはならない以上、その国のやり方も受け入れ、自分の気持ちの中で折り合いをつけていくしかないだろうと思います。これは私が自分に言い聞かせていることです。

    そのために出来る事はまずはやはり信頼できるお医者さんを見つけることです。
    私はこれが出来て本当に気持ちの上で楽になりました。
    批判の目だけで見ていては、その国のいいところに気がつかないのではないでしょうか。

    ユーザーID:6395176915

  • お辛いですよね。

    在米の母です。

    先日一時帰国したとき、北欧のとある国の特集をやっていました。
    まじめな番組でしたが、夢の国のようなことを言っていて「本当なの?」って疑っちゃいました。

    医療に関して全てタダなのは本当でしょうけど
    「医療のレベルは最高」「医師によって技術の差はない」って、そんなのどこの国でも差はあると思うけど。

    で後日たまたまネットを見ていたら、その国に住む日本人の投稿があって「医療費はタダだけど、予約がなかなかとれない。とれても待ち時間は長い。医療レベルは低い。」と。


    さてさて、トピ主さんの投稿を読んで。

    >目隠しのカーテンもない←アメリカもないですが、白い大判のの使い捨ての紙で隠してくれます。

    >夫に言わせると日本の過剰な医療行為が気に食わないそうです。←御主人は何人で、具体的に日本のどの部分を「過剰な医療行為」と感じているのでしょうか?

    御主人がそこの国の方でしたら、この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」なんて言っちゃあマズイでしょう。

    続きます。

    ユーザーID:1710086107

  • 続き

    えてして日本人以外の人って、自国にすごいプライドを持ってますよねえ。

    日本人って逆に自虐的だし、外国人に日本の悪いところを指摘されると
    喜んじゃうというか、素直に聞き入れちゃうというか。

    で、肝心の対策ですが、日本には里帰り出産という考えがあると言えばどうですか?やっぱり言葉が通じるというのは、大きなポイントだと思いますよ。

    因みに私の場合、産婦人科医が日本語ができる日系人でした。
    私自身、滞米長いので英語にはそれほど困ることはありませんが、それでもERに入院したときなど、「ああ。こんな辛いときにも英語で話さなきゃならないなんて」と思ったこともあります。

    なんのお役にも立てませんけれど、同じ海外に住む女性として、トピ主さんをかげながら応援しています。

    同じ国に住む日本人女性と意見を交換してみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:1710086107

  • 昨年出産しました(スウェーデンで)

    確かに日本みたいに風邪ひいただけで薬はでて、検査もこれでもかとしてくれる国から来ると待たされる上に何もしてくれない!と思いますよね。でも、日本式でやってる国って少ないです。
    こちらの人に日本はこんなにやってくれるのに!!と言っても必要ないものにムダな金つかってる、くらいにしかとらないです。
    私は主人には文句を言い続けたら病気になった際、私立の病院で即日見てもらえる保険があると教えてくれたのでそれに入りました。
    お産に限って言えば私はこちらで満足です。マッサージも美味しい食事も何もないですが、医療技術は互角だと思います。死亡率も日本とほぼ同じです。ただ、検診も必要最低限なので、主さんのようにガン検診でカーテンがないことが気にする人は不安になるかも。
    里帰り出産は立会いが当たり前、子育ては二人で、というこちらの国では理解不能だと思うので説得するのは難しいと思います。
    主さんは日本の医療のいいところだけ、こちらの悪いところだけに目が向きすぎでは?
    私と主人は医療はどっちもどっち、予防は日本が良いという結論に達したので一時帰国の度に日本で人間ドックと歯科検診をしています。

    ユーザーID:3760664124

  • 北欧の医療のレベルは低いと思います

    北欧在住です。北欧の2カ国に住んだ経験があります。
    子供はそのうちの一カ国で産みました。日本での出産
    経験がないので、お産の比較はできませんが医療
    一般について一言。

    北欧の医療システムはよくないです。簡単に医者に
    かかれません。次に(通常)医者や病院や
    手術の方法などが選べません。医療器具なども
    日本と比べると旧式の事が多いです。
    ただ病理検査の水準は大変高いと聞いています。
    またノーベル賞受賞教授のいる大学病院も
    ありますから、レベルの高い分野もあるの
    でしょうが。

    私は今、ある手術のため日本に帰ってきて
    います。北欧での手術法に納得できなかったからです。

    無料であるという事はどこかでそれをカバー
    しなければいけないのだな、と理解しています。

    ユーザーID:1681465121

  • お気持ちお察しします

    横ですが、私も先週から1週間風邪をこじらせて副鼻腔炎になりました。鼻の周辺とひどく重い頭痛で食欲もなく3kgも痩せましたよ。それでも熱が出ないので何となく会社には行きましたが、とうとう8日目にして気力も尽き、昨日休んで家の近くの耳鼻科に行きました。
    薬をもらって数時間で地獄から天国へ。もっと早く病院へ行けばよかったです。

    本題にもどりますと、よほど遅れた国でなければ誰でも重大な病気や出産など自分の国の病院に行きたいと思うのが心情です。
    ご主人はそれを理解しないんですね。申し訳ないですが、ご主人は他国の女性と結婚するのに向かない方だと思います。国の違う者通し結婚するのは、同国人同士で結婚するのとは違った価値観や覚悟、そしてお金がかかります。それが解らない人は他国の人と結婚するべきではないでしょう。貴方が我慢する事で成り立つ結婚生活でかまわなければいいのですが、私なら耐えられないな〜。

    ユーザーID:8533966363

  • EU在住ですが

    里帰りして日本で産むなら、妊娠直後に日本に帰らないと無理ではないでしょうか。
    安定期になっても飛行機はキツイですし、何よりも、今の日本では、妊娠後期になってから産院を探すことは非常に困難なことのようです(小町でも日本国内での里帰り出産をどうするか?という話がよくあります)。
    当然ながら、妊娠後期で単身で北欧から10時間以上かかる飛行機に乗る事も産後直後に乳児を乗せて飛行機に乗ることも、無謀行為です。
    つまり、日本で産みたいなら1年半近く、単身帰国になりますよ。

    それに、産んだ後だって話は続きます。
    住む以上は、ずーっとその医療のお世話にならなければならない。今のあなたは、「産む時の医療が心配・私が命を落としたらやり切れない」と、自分のことばかりを考えている。
    しかし、もっと大事なのは、産まれた後の子供です。子供は住む国を選べません。
    子供に対する医療がどうなっているか、考えてください。
    もしそれが非常に杜撰でお粗末な医療ならば、その国に住むこと自体を考え直さなければならないのではないでしょうか。

    ユーザーID:1907011384

  • 日本の20分の1人口の国の医療レベルが同じなわけがない

    わかります。
    私のいるスウェーデンは日本の人口の10分の1以下ですが、ざっと計算しても症例が10分の1以下ということでしょう?それなのに医療レベルが同じだなんて笑止千万です。トピ主さんの所はお隣だと思いますので、人口は日本の20分の1ですね。

    しかも、北欧人の仕事に対する姿勢、責任感、良心、学生の勉強状況を見てると、とても日本と同じとはいえませんよ。

    さらに最近は医者不足で東欧からの移民医者が増えて、こっちがいくら言葉ができても医者の言語能力が不安です。

    いやなら帰れと言う意見は必ず出ますが、国際結婚でも日本人同士の結婚でもそう簡単にいくものなら小町はいりません。

    トピ主さん、自分で決めていいのです。出産するのはご自身です。痛いのも辛いのもご自身です。

    私の北欧人夫は自国の医療体制を自覚してますので、私が日本で治療を受けたいなら全力で支援すると言ってくれてます。

    がんばってください。

    ユーザーID:5045264624

  • まずは ご主人と よく話し合って!

    私はカリブ海の島で出産しました(初産)。医療や気配りに関してはトピ主様の書かれている程ではありませんが、似たり寄ったりでした。でも 東京まで最短でも24時間かかるし、帰りは赤ちゃんも連れての飛行、出産前後の身の回りの世話を頼める人もいない、高額な費用、などを考え 私には里帰り出産は不適でした。カリブの出産は 結構大変でしたが 主人(外国人)に立ち会ってもらうことも出来たし、嫌なことも含めて 主人と共有できたし、良かったです。トピ主様の場合、出産前後 日本渡航が可能か、日本での生活が可能か、二人(+赤ちゃん)にとって どこでの暮らしが一番理想的&現実的か、様々な観点から 話し合うべきです。私の語学力は仕事できるレベルではないし、アジア人ということで日常的にちょっとした差別をうけるし、主人に先立たれたら、など不安も多いです。その点、トピ主様のように 現地語を習得し、仕事もされているのは とても立派です。その分、いろいろな選択肢があると思います。その国には至れり尽くせりの病院などは ないのでしょうか。まとまりなく 書きましたが、胎教第一で 心穏やかに過ごされることを お祈りいたします。

    ユーザーID:0062137250

  • 住んでる国への敬意は必要じゃない?

    トピ主さんの主張は、極端に言えばアマゾンの奥地で「お腹痛いからすぐ救急車呼んで!」って言ってる様なもんです。

    日本の医療はメンタル面でも技術面でも近年非常に進歩しました。
    ただ、トピ主さんが住んでいるのは日本ではありません。その国ごとに良い意味でも悪い意味でも一長一短です。不満も当然あると思います。

    トピ主さんの考える事は現地の国民にとっても課題なのかもしれません。
    しかし、面と向かって自分の国を外国人に批判されて良い気がする人がどれくらい居るでしょうか。

    外国の医療批判をするより、自国の医療の素晴らしさを説いて、「自分の安心の為に日本で生みたい」と言えば相手も納得できるのではありませんか?

    海外で生活する以上、不満な点はあっても最低限の敬意は払わなければならないと思いますよ。

    ユーザーID:2771782739

  • 両方で出産しました

    在欧で2児の母です。

    一人目はこちらで、二人目は日本で出産しました。
    二人目を日本で出産したのは、こちらでの医療技術に不満だったわけではなく、出産後に余裕を持って回復したかったからです。
    在住国では、普通分娩の場合産後2日で退院、部屋も相部屋だったので、正直少し大変でした。

    二人目は、産後のケアなどと考えると日本で出産したいなと思い、実家近くのクリニックに問い合わせをし、受け入れて頂けたので、妊娠31週で帰国しました。

    出産の場合、普通の病気とは違うので、他の治療と同じ評価はできないと思います。NICUなどの場合は分かりませんが・・。
    どうゆう医療スタッフがいて、どのような流れで出産できるのか、実際に出産された方に聞かれてみるのが良いかと思います。
    あと、日本だと、会陰切開はかなり普通に行われてるようですが、私の在住国ではほとんど行われません。
    なるべく自然な出産を重視するというスタンスだそうです。

    いろいろ調べて検討された結果、それでも日本で出産する方が安心だと思われるのであれば、根拠を提示してご主人を説得されてみてはいかがでしょうか。
    がんばってください。

    ユーザーID:0647510403

  • そうかなあ。

    日本で出産したことはありませんが、高そう。私はただの方がいいな。

    日本で産みたいなら出産費用や産院等の準備を良くしておかないと。エコーにいくら、出産にいくらと教えてくれるブログがいくらでもありますから、見てみてください。そんなに何回もエコーするのって何で?と不思議です。サービス?が良すぎでこれでは出産費用が莫大にかかるわけだと思いました。それと日本は産院が不足しているようですので、よく調べてください。

    確かトピ主さんのお住まいの国は、医師が不足気味で問題になっていますよね。隣国の人が医学部に入って来て、医師免許取ると母国に帰ってしまうって新聞で読みました。(その彼らの母国に住んでます。)

    トピ主さんが住んでらっしゃる国は統計的に北欧諸国のなかでも乳児死亡率が比較的高かったり、医療水準もちょっと低めかもしれません。

    最近増えているのはこちら(世界二位の長寿国です)に住み、トピさんの住んでらっしゃる町で働くケース。(海を越え車で通勤)納税と医療はこちら、収入は現状維持。是非おいでなさいませ。そちらの言葉がお出来になるならこちらの言葉なんてすぐ覚えます。

    ユーザーID:0870659453

  • ドイツの医療状況はよいのか?

    在独です
    出産経験はないですが、今まで数度病院にお世話になりました
    いずれも予約なしで、非常に丁寧に診察してもらいました
    (夜間緊急でない時は、30分〜1時間程度待たされましたが)
    病院は日本より綺麗、器具も真新しいという印象でした
    婦人科の内診では、スカートをはいたままでOKで、しかも女性の先生でした
    ドイツで出産された日本人の情報をインターネットで見ても、皆さん特に不満を抱いていません(入院時の食事位)

    ただ、私も日常のドイツ語には不自由しないのですが、医療ドイツ語が分からなくて微妙にとまどいました

    トピ主さんのいらっしゃる国が分かりませんが、EU加盟国であれば(ノルウェーのも?)保険がEU中で効くと思います。そこで、どうしても日本での出産が無理なら、ドイツなどの日本語の通じる病院では駄目ですか
    例:http://www.duesselnet.com/
    (日本語で対応できる医者、というページがあります)

    文章から、精神的に追い詰められているような印象を受けました
    まずは落ち着いて
    自国の欠点をぬけぬけと言われると嫌になってしまうものです。
    言い回しだけでも変えてみてくださいね

    ユーザーID:2314798332

  • デンマークに住んでます 1

    こんにちは。私もデンマーク在住8年です。出産もしました。私も来た頃はこの国の医療にカルチャーショックを受けました。自由に専門医に直接かかれないなんて!とかね。ホームドクターにて初めての子宮頸がんの検査の時、先生が普通の医療ベッドに足載せ台をセットして、さぁ、下着を脱いでここに横になって足をのせてといわれたときはびびりました。思わず「日本ではカーテンがあるんですよ」っていったら、先生が気を使って、なにか布でもかけましょうかと言ってくれました(断りましたが)。今では慣れてしまいました。
    実際、検査の目的は癌の発見であって、その目的達成のためにはカーテンなど無くても問題ないわけです。

    今でももちろん色々不満はありますよ。でも最初の頃のようになんでもかんでも否定してしまう気持ちはないです。産後、自宅に保健士さんがちょくちょく来てくれたりする制度は日本にはないみたいだけど、よかったですよ。子供ができてから、子供の発熱などで休日診療も含め、よく医者にもいくようになりました。日本ほどすぐに薬は出してくれないけど、ポイントを押さえた診察はして、もちろん必要な薬は出してくれるという印象です。

    ユーザーID:0070032424

  • デンマークに住んでます 2

    こちら在住の日本人の友人達と酷い目にあった経験談の話に花が咲くこともあります。電柱さんにも本音で話せる友達が出来るといいですね。

    まずできる事として、ホームドクターに不満なら、知り合いに評判を聞いて、違うドクターにかえてみては?

    ちなみに私のホームドクターのクリニックには数人医者がいて、そのうちの1人を指名することができます(急な場合は除き)。何か辛い症状があって電話すると、たいていその日に診て貰えますよ。夏休みシーズンで電話がつながりにくかったことは私もあります。腹が立ちました!そのときは妊娠中の検診の予約で急を要するものではなかったので、電話はあきらめてインターネットで予約しました。

    私も健康診断は時々日本で受けています。せっかく2カ国を知っているので、両国のよい面をなるだけ利用できるといいですね。里帰り出産も事情がゆるすならしてもいいのでは。数人、そうした人も知っています。知り合いの日本人のネットワークやインターネットを使って情報を集めてみてはどうでしょうか。経験談など聞けるといいですね。
    またもしもの場合は不妊治療が無料というのは安心できますよね。

    ユーザーID:0070032424

  • ドイツ在住です

    こちらで妊娠、出産も経験しましたが、ドイツの医療について私は何の文句もないです。日本より良いかもって思います。
    産婦人科医はとても信頼できる方でした。日本では内診で痛い思いをさせられたことがありましたが、全然そんなこともなかったし。私は内診の際のカーテンが逆に苦手です。顔が見えないせいか、何の前触れもなく内診を始めるし、いきなり痛い思いさせられるし。ドイツ人医師は痛いかもしれないって言うときには前もって言ってくれますし、でも痛くないってことが殆どでした。設備も綺麗だし、問診室は完全個室で、ソファがあり絵画が飾ってあってリラックス出来ました。
    現在娘がお世話になっている小児科医も技術、人格共に申し分のない方です。歯医者も定期的にお世話になっていますが、女性医師で子供の扱いにも慣れていて、とても助かっています。
    周りの日本人に聞いても医療について誰も文句を言う人がいないので、多分ドイツ医療は優れているんだと思います。

    北海そばさんも仰っていましたが、もし良かったらドイツの病院にかかることを考えてみたらいかがでしょう。日本よりは近いですし…。

    ユーザーID:1168945786

  • 日本の医者不信です

    私が日本の医者不信なので、日本で出産したくない方かと思ってしまいました。日本の病院って、そんなにいいですか?
    私は、留学先の健康診断で先天的な病気を診断してもらっったため、今までの日本の医者は何を見てたの?と怒ってます。

    先進国で出産時に、笑気ガスが普通に使えないのは日本くらいだ、と聞いたことがあります。
    あと、新生児の生存率は高いですが、妊婦の死亡率もダントツに日本が高いというのをテレビ番組で見ました。

    ユーザーID:7707837869

  • 私は今住んでいるオランダで初産の経験をしました。

    こちらでは妊娠8週以降でしか医者か助産師にかかれないので、妊娠初期の頃は不安(初産、言語の壁など)で日本で生む事しか考えていませんでした。妊娠2ヶ月の頃、日本に一時帰国して総合病院の産科にかかりました。その時、医者に状況を相談して日本で生む場合の予測を立てていただきました。

    妊娠から産後、実家に世話になって、夫(欧州人)と長期離れている事が気になりました。その時の状態は良好だったので一度オランダに帰り、こちらで主の助産師にかかり始め、妊娠も順調に行ったのでこちらでの出産を決め、無事に出産(自宅)できました。夫が妊娠中、産後常に近くにいてくれた事が私にはとても心強かったし、夫が生まれたての子供の近くにいたのも良かったと思います。

    ここまでは私の経験ですが、友人は同じオランダでの出産でしたが、体内で子供が大きく育ちすぎ、出産でとてもつらい思いをしていました。日本ではない事だと思います。彼女はこちらで生んだ事を少し後悔していたようです。

    私の考えは、医療や社会環境、家族、体調など総合的に考えて生む本人が一番安心できる出産が出来ればいいのではと思います。安産お祈りします。

    ユーザーID:3819746170

  • ドイツも似た様なものです

    ドイツに住んでいます。

    私もこの国の医療システムにはうんざりです。
    確かに医療費は無料です。が、毎月高額な保険料を払っています。

    確かに医療のレベルは日本と遜色ないのかもしれません。
    ある分野では、日本よりも数段進んでいるのかもしれません。

    しかし、治療を受けようとすると医者に実際に会うまでにかなりの時間がかかります。
    そして、高額な検査はなかなかしてくれません。

    私は椎間板ヘルニアになり一般医から紹介状をもらって整形外科医に行ったのですが、MRIを撮ってもらい、椎間板ヘルニアと診断されるまでに4ヶ月を要しました。
    日本でならその場で診断が下されるはずです。
    同じくヘルニアだった日本人友人は一旦帰国し、日本で手術を受けました。
    ドイツでは”手術の必要なし”とされ、リハビリセンターを紹介されただけでした。足に痺れがくるくらいひどい状態でした。。

    電柱さんの気持ち、すごく良く分かります。
    でも、私の場合は夫がこの国の人なので、簡単に日本に逃げ帰るわけにも行かないのが現実です。

    ユーザーID:9338385453

  • 私はドイツの病院は勧めません

    何人かの方がドイツの病院を勧めて、日本よりいいとまで書かれていますが、ご自分の経験だけで結論づけて出産まで勧めるのは言いすぎのように思います。

    ドイツには、医療保険に公的なものと私的なものが混在していて、医者の対応も保険の種類によってコロリと変わります。私は両方の種類の保険を経験しているので、同じ医者の対応が全く変わるのを実際に経験しています。

    ドイツの医療も予約制です。骨折しているのに予約がないからと追い返されたドイツ人の話も聞いたことがあります。出産の場合、基本的には出産後も2日で病院を追い出されます。

    どこでもそうでしょうが、ドイツでも、評判のいい病院・悪い病院があります。ここでドイツの医療を褒めておられる方はは、たまたまいい病院・いい先生にあたったのでしょう。

    ユーザーID:3345113702

  • 厳しい意見が多くビックリです。

    結婚してしばらく海外で暮らしていました。
    当然、出産のことも考えました。
    自分の命だけでなく、子供の命もかかってるんです、
    ましてや初めての出産。
    自分の好きな所で出産するのは我侭だとは思いません。
    それを言うならば日本で出産してる人だって
    実家に帰ったりしますよね。同じですよね。
    それでなくても不安があるのに
    子供や自分の命を託すことなんて出来ません。
    電柱さんの言ってることはおかしいとは思いません。
    私の友人で、海外で妊娠→日本で出産した人も何人かいましたよ。
    普段、遠く離れて暮らしてる両親への
    親孝行にもなると思います!
    電柱さんもお好きな方法を選んだほうがいいと思います。
    ご主人には根気よく説得するしかないと思います。

    ユーザーID:0055406404

  • うーん

    みなさんが、どこの国がいいとか悪いとか
    日本はそんなにいいの?とか
    そんなことは関係ないと思います。
    電柱さんがどう思い、どうしたいか?が全てじゃないですか?
    海外の方と結婚してその国に移住したから
    全てその国でがんばらないといけないのかしら?
    出産くらい、自分の好きな国や病院を選んだって
    いいと思いますよ。
    出産してからも大変だし、ましてや永住ならば
    そういう時くらいしか日本にだって帰れないでしょうし。

    ユーザーID:0055406404

  • EUの診療協定

    ちょっと気になったので。
    EUの住民はEU内の病院を自由に選べるわけではないですよ。

    計画診療の場合は自国で同等の診療を受けられない、緊急の場合で診療計画書を申請し承認されなければなりません。

    旅行中などの緊急診療についてはEU保険証カードというのを所持していなければなりませんし、すべてがカバーされる保障もありません。

    出産の場合は計画診療ですから自国で同等の診療を受けられないとは認められないでしょう。

    しかも、どちらの場合も当然公立の病院に限ります。
    ただ(小額含む)より高いものはない、EUの公立医療機関はどこもカツカツなんですよ。

    ユーザーID:5695671553

  • 選ぶ権利はトピ主さんにある

    医療制度ではないですけど、夫と無痛にするかどうかでもめました。「産みの苦しみを経験した方がいい」という夫と、「痛いのは嫌」という私。「産むのは私なんだから勝手なこと言わないで」と、ごり押ししました。
    産むのはトピ主さんなんだから、トピ主さんが安心できる場所で産むのが一番。そう言えばご主人だって納得しますよ。

    ただ、里帰り出産するにしても、デメリットは知っておいた方がいいでしょう。私は出産前後に夫がずっと側にいてくれて、育児にも協力してくれて良かったと思います。子供への感心もお腹が大きくなるにつれて高くなりました。2人で親になっていく感じがしました。

    里帰り出産だって、産前後は飛行機には乗れません。ご主人の「自分の子でもあるから」は、そういうさみしさも含まれていると思います。里帰り後、離婚したとか家族関係が薄れたという話もよく聞きます。その覚悟も踏まえて決断なさってください。

    医療は日本に比べれば不安なところもありますが、医者にもよります。それは日本でも同じではないでしょうか。前もって評判のいい所を調べれば大丈夫です。

    ユーザーID:9964801188

  • どうにもならないことだからこそ

    当方北欧以外のEC圏にやむを得なく住んでおります。
    主人は日本人です。まさか主人の仕事内容を考えれば自分が海外で過ごすなんて夢のまた夢と思っていたような境遇の人間です。

    先週かなりひどい風邪をひき、初めてこちらの国で病院にお世話になりました。
    その経験をもとにあえて言わせていただけれるなら。
    日本のように自分が好きに病院を選べることはなんてすてきなシステムだったんだろう!!とうことです。

    そして、自分が望もうと望んでなかろうとも。

    ・この国に今自分がいることは現実。
    ・日本と比べてこの国でよかったと思えることが絶対ひとつはあるはず。

    である以上、日本の方がよいこともあって当たり前なのです。
    お気持ちは痛いほどわかります。
    でも国際結婚を選択した時点で受け入れなけれならないこともあるのではないですか?
    貴方には選択権があった。
    外国籍の夫ではなく日本人の夫を選び日本に住み続ける選択権もあったわけです。
    でも国外に住むことを選択した、その重みを自分で感じるべきだ、と自分に言い聞かせています・・・。

    ユーザーID:0861691687

  • わかります。違う国ですが。

    こちらも、医療は基本的に無料です。でも、国の財政が苦しい(現在は世界的にですが)ため、日本なら当たり前の検診もすっとばされているようです。

    私が決定的に不信感を持ったのは、妊娠5週目に出血があり不安を抱えて電話をしたら「その週数に出血はよくあること。特に検診する必要はありません。流産になるのなら、それはすでにそうなることに決まっていることだったからなので、診療したからといって、流産を止めることは出来ません」と言われたからです。結局、流産になってしまいました。医療する側からすれば日常茶飯事で助からないとわかっていることでも、患者はすがる思いで電話をかけているのです。でも、この国でそういった感情論は通用しないようです。加えて、一般的な医療の質も高いとは決して言えません。

    ですから、日本に帰って産みたいというお気持ちはとても良くわかります。ただ、一点だけ。「夫を置いて、一人だけで日本で産めば」という事には反対です。だって、二人の子どもですもの。絶対にその日には立ち会ってもらいたいし、出産直後から子育てには関わって欲しいです。

    ユーザーID:1028655524

  • サービスを探して利用する

    個人の体験はひとそれぞれ異なります。ご自身の限られた体験から「この国では」云々という飛躍的断定の言い方はされないほうがいいですよ。お住まいの国の全部の病院や医者を体験されているのなら、それはそれで言い切ってもいいと思いますが。トピ主さんのような言い方されたら其の国で育ってきたパートナーはうんざりするというか怒ってしまうのも無理はありません。ものは言いようなんですけどね。ちなみに私は北米在住でパートナーは日本人ではありません。ですから物言いには気をつけます。

    この国では緊急病院で6ー7時間待ちってこともあります。私は病院だけに頼らず、それに関連する医療サポートのサービス各種、医療通訳ボランティア、その病気のサポートグループなどをどんどんネットで調べて、サービスを受けるようにしています。トピ主さんの住んでおられる福祉国家ならそういったサポートもあることでしょう。ご主人参加の妊婦さんクラスなどで地元の人との交流をはかり、他の妊婦さんからも情報収集してみてもいいのではないでしょうか。

    ユーザーID:1873452900

  • 産む人が病院を選ぶべき

    産むのはトピ主さんです。
    トピ主さんが病院を選ぶのが、一番いいですよ。

    もしも、ご主人の意見を通して、トピ主さんの希望とは違う
    病院で産んで、何か問題があった場合、夫のせいだ、
    という気持ちになると思います。

    でも、自分で病院を選んで何か問題があっても、
    自分で選んだのだから仕方が無い、と思えるでしょう。

    知人は、二人子供を産みましたが、一人目を自分の希望する
    病院で無事に出産、その後、二人目は、夫に押し切られ、
    夫の選んだ病院で産みましたが、そこで事故があり、
    子供は無事でしたが、本人は子宮破裂、結局子宮を
    取り出して、もう二度度子供は産めません。

    旦那さんは、泣いて謝り、後悔したそうですが、
    子宮はもとにはもどりません。

    出産は、女性にとって命がけです。
    命をかける、産む人が納得できる病院を選ぶべきです。

    子供は自分の子供でもあるから、自分の意見を通すなんて、
    はっきりいって、出産は女性が命をかける、という認識がなさすぎです。

    子供を産む立場ではない、トピ主さんの旦那さんに、そう伝えてください。

    ユーザーID:4233737401

  • アメリカですが

    妊娠5ヶ月で死産しました。
    10週目のある日突然出血し、ERに行くも大量に出血しているのに4時間も待合室で座って待たされ、内診だけして「このまま流産になるかは分からない。2日後にかかりつけのクリニックにかかって下さい」とだけ言われました。超音波検査も無し。頼み込んで超音波もやってもらいましたが、検査をしてもらうまで更に3時間待たされました。
    その後も出血は続きましたが「何もできることは無い」と言われ、投薬は一切無し、最後は破水、翌日死産しました。破水しても抗生物質もくれません。「2時間毎に体温を測って○○度以上熱があったら感染してるかもしれないのでその時はERへ」とだけ言われました。ERには合計3回行って最後は入院しましたが、毎回診察まで5〜8時間待ち(ERの意味って???)した上にこんな対応で医療費は合計200万円を超えました(保険がカバーしましたが)。

    夫はアメリカ人ですが、以前日本に住んだこともあり、また、この経験から「次に妊娠した時は日本に帰った方が良い」と言っています。
    日本にいたら違う対応をしてもらって赤ちゃんは無事産まれていたかも、と時々思い、悲しくなります。

    ユーザーID:3831790553

  • ちょっと違う方向から。

    外国に在住の方って、国同士を比べられるぐらい偉いんですか?

    よく「日本人って○○」とか「外国だと考えられない」とか
    上から目線のコメントがありますが。

    「この国で子どもが産めない」とは、
    その国で出産されている女性(だんな様のお母様を含む)
    に対して失礼だと思います。

    産むのは母親ですし、決定権も母親にあるとは思いますが、
    「自分の国の方が安心して産める」等、
    片方を貶めない言葉を選んで欲しいです。

    ユーザーID:5731747976

  • 最後はトピ主さんが決める事

    まずは生む方が納得できないところでは生まない事です。
    意見が合わなければ話し合うしかありません。
    本人とお子さんの命にかかわる事です。

    敬意云々という書き込みもありましたが、トピ主さんが非難されるほど敬意を払っていないとは私には思えません。

    仮に敬意を払っていないとしても生き死に関する問題で、ヤブ医者に診られたくないと言う意見に敬意もクソもありません。

    パートナーにケンカを売れという事ではありませんし、うまく話しを持っていくという意味では異論ありません。

    ユーザーID:3274301752

  • 物は言い様

    自分が安心できる環境で生みたい、というのは当然の権利でしょうね。しかし、

    >「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」といったら大喧嘩

    当たり前です。自分の母国のことを、そこまで露骨に悪し様に言われて何とも思わない人なんて、例外中の例外です。自分に理があれば何をどんな言い方をしてもよいというわけではありません。

    ユーザーID:4939011390

  • mimさんのレスを読んで

    少しトピとずれてしまいますが・・・。

    私もアメリカ在住です。まだ妊娠ができるかどうか疑いがある状態なのですが、子供を作りたいと思っています。

    mimさんの話を聞いてちょっとびっくりしてしまい、やはり日本で生んだ方が良いのかもしれないと思い初めています。mimさん、その後は体調等大丈夫ですか?読んでいてものすごく腹が立ちました。確かに救急病院最悪です。平気で苦しんでいる人を何時間でも待たせます。

    ママ2さんの新生児の生存率が日本がトップという話を読んで、更に日本のほうが良いのかも知れないと・・・。
    肝心な私の母は私をアメリカで無事に生み育てたので何ともいえないのですが・・・。母も日本で子供を生んだ事がないので比べようがないようです。

    日本で出産された方はいつ住んでいる国へ帰られましたか?乳児と一緒の飛行は大変だと聞いた事があります。
    あと妊娠何ヶ月ごろに日本へ行きましたか?

    ユーザーID:9080699629

  • まぁそんなところですね

    あはは。トピ主さんと同じ国の首都に住んでます。名前から察していただけますね。トピ主さんのフラストレーション良くわかりますよ。でも結構裏技ってあるんです。

    とにかくこの国は自分からじゃんじゃん要求しないと2秒診療はおろか、予約すら入れてくれませんよね。午後診療してないところもあるし。夕方以降に電話して診てくれる連絡先をご存知ですか?私は不安があればそこへすぐ連絡しますよ。不安な時は主張しまくって、無理やりにでも診てもらいます。とにかく自分から向かっていかなくちゃ。不満だけでは泣きをみます。

    私はこの国で子どもを産みました。超音波も2回しかしてくれませんから日本とは大違い。日本だったら切迫流産の疑いが発覚すれば即入院で出産まで、という例でもこちらだとあっけなく流産となるでしょう。そんな国であることは事実です。

    ご主人を説得して里帰り出産されてはどうですか?ご自身が不安であることは胎児にも影響しますし。あるいは妊娠出産は単なるきっかけで医療全般への不満をご主人にぶつけたかっただけとかでしょうか。それならお話相手になれるのになぁと思ったりします。残念!!

    ユーザーID:8365078785

  • 無題

     日本を天国みたいに思っていらっしゃるようですが、日本じゃ産科医は絶滅危惧種に指定されていて、産科病院はどんどん閉鎖していってますので、妊娠確認と同時に分娩予約を入れないと出産先がないような状態ですよ。
     特に地方で公立病院しかないような地域ですと、その自治体の住民以外の分娩はお断り、里帰り出産もお断りというところも増えています。
     ですので、日本に帰ってきても産むところがないという状況がありえることは覚悟しておいた方がいいですよ。

    ユーザーID:5520470043

  • 海外で出産しました

    ヨーロッパ某国で出産しました。こちらも妊婦健診や出産費用は無料でしたが、この国で出産するのが不安でした。

    妊娠中に超音波で診てくれるのは3回のみ。妊娠が分かったのが6週目でしたが、初めての超音波で診てくれたのは9週目でした。すぐ内診してくれると思ってたので3週間も待たされて不安でした。

    妊娠初期〜中期におなかが張る状態が続いていて、病院で相談しても便秘かおならが溜まっているだけだと言われただけで、張り止めの薬もくれませんでした。

    妊娠性掻痒にもなって、体中かゆくておかしくなりそうだったのに、産婦人科医に相談しても、妊娠とは関係ないから皮膚科に行けと言われ、皮膚科でも同じことを言われました。

    たまたまその1週間後に日本に里帰り予定だったので日本の産婦人科で相談したら「妊娠中によくあることです」といって薬を処方してくれて、やっと安心できました。 

    日本に比べて、診断が適当で私もほんとに大丈夫だろうかと妊娠7ヶ月まで日本で産むか現地で産むか相当悩みましたが、結局大きいお腹で長旅も不安なので現地で産むことに決めました。

    不安の塊でしたが、今はこっちでよかったと思えます。

    ユーザーID:2848205466

  • 旦那さんの気持ちも尊重する必要あるかな

    「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」

    その国の人たちに凄く失礼では
    日本の過剰サービスが当たり前だと思うからそういう上から目線になるのでしょうか
    日本にも酷い医者、病院ありますよ。医師のレベルも低いのが
    沢山います。トピ主さんはそういう経験がないから
    日本の医療が最高だと思うだけです。

    産むのは女性だから女性が決める権利があるとおっしゃる方いますが、確かに産むのは女性です。
    だけど赤ちゃんは夫婦2人の子ですよ。
    旦那さんは出産に立ち会いたいのではないのですか?
    そして赤ちゃんを「最初から2人で」育てたいのでは?
    旦那さんも日本に滞在出来るのなら一緒に帰国されては
    どうですか?
    だけど産まれたての赤ちゃんに父親として接したい旦那さんの気持ちはどうでもよいのなら、お一人で帰国されては。

    そして、日本の産科の現状を知らないようですが、
    妊娠後期から診てくれる産科って今少ないですよ。
    日本は産科医不足で深刻な状態です。

    旦那さんの子育てに対する考え、日本の産科の現状も考慮して決められてはどうですか。
    帰国出来ても産婦人科が見つからなければ困るのはトピ主さんですから。

    ユーザーID:3532793793

  • 医療費無料の国に住んでいますが?

    私の住んでいる国は医療費無料です。ヨーロッパではありませんが。
    ところが、特に産科などはきれいで、至れり尽くせりの診察や準備をしてくれます。初診の時は、参考書や子育て日記などのプレゼントもくれます。

    とても安心してお産できる国です。

    >但し、外国人が海外に住む場合は、その国に「居させて貰っている」と考えたいものです。
    トピ主さんもご主人も共に、ホスト国に対してそういう感謝の念が欠けているように見受けられ、その意味では残念です。

    のご意見には賛成できません。遠慮しながら生活しなくてはいけないのですか?住む権利を持っている限り、意見を言う権利はあります。

    >内診のカーテンって他の国ではあるのかなぁ?
    ありますよ。こちらでは各診察室にあります。

    >外国に在住の方って、国同士を比べられるぐらい偉いんですか?
    偉いと言っているのではなく、愚痴ですね。

    私は、海外に住んでいるのに、毎日日本食が食べられないと言って、ごねる人は苦手ですが、医療や福祉に改善を求めるための意見は必要だと思います。

    海外に比べ、日本の福祉はまだまだ…ですが、それでも海外に住んで偉そうにと言われるのでしょうか?

    ユーザーID:2754941436

  • 言い方が悪いのでは

    >「この国で子供生む人って勇気あるよ、私は絶対にいやだ。」

    自国をそんな風に言われてカチンとこない人がいるでしょうか。ご主人が
    日本の医療システムについてあれこれ言われたのも売り言葉に買い言葉なのでは。余程出産時死亡率が高い国ならわかりますが、そうではないですよね?旦那様のお母様をはじめその国で無事出産している女性はたくさんいらっしゃるわけですし失礼だと思います。

    ご主人の母国を貶めるのではなく、日本では出産は実家でするのが通常であり、自分もずっとそういうイメージを持っていること、自分や子供の命がかかることなので、やはり日本語が通じ、母親のいる日本の方が安心できる。申し訳ないけど理屈ではなく妊婦としての本能なのだ・・・と穏やかに説得されてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:2728158656

  • 適者適存

    問題になっているトピ主さんの「この国で出産する人は勇気あるよ」発言ですが、
    その前のやりとりはどんなものだったのでしょうね。
    夫さんから「なんで日本に拘るの?この国の医療で大丈夫、日本なんかより良いよ」
    とでも言われたなら、この発言につながるのはわかります。

    実際、新生児の生存率はどうなのですか?また、流産の率はどうですか?
    北欧諸国は適者適存、厳しい自然環境の中でも生き抜ける強い子供を求める風潮が
    あると聞いたことがあります。
    つまり手厚く保護しなければ生きられない子供は・・・
    (強制を伴う優性保護政策が行われていたという話もあります)。

    いずれにせよ、トピ主さんが後悔しないようにされるのが一番だと思います。

    ユーザーID:0007398814

  • きりがない

    日本に転居せずその国に住み続けるなら、そこでなりに自分が一番いいと思えることをするまでのこと。出産も、何が何でも日本で産むのが一番いいと思うなら、そうなさればよろしいでしょう。実際に産むのはご主人ではなくあなたなのですから。

    出産する場所にしても、あれこれ言い出せばきりがありません。外国より日本のほうがいい、日本でも地方より東京の方がいい、東京でもそこらの産院より愛育病院がいい・・・と、いった具合に。

    そのお国の医療システムを憂慮されるより、どこで生きていても元気で健康な自分でいられるよう日頃から摂生に努められるのが一番かと。予防に勝る治療はありませんから。

    ちなみに私も北欧在住です。どの国でも、医療関係者には、気持ちの暖かい方々が多い、と言うのが私の印象です。

    ユーザーID:9248591352

  • 本論

    トピ主さんが聞いているのは、日本とその国の医療体制の比較論ではなく、まして外国に住む際の精神論ではなく、同じ立場にあった人が「どのように相手を説得しましたか」ということであるのはトピ自体から明らかです。
    比較文明論や精神論をやりたい人が続々と出てくるのはどうしてでしょうかね。

    ユーザーID:8262103673

  • 合理的に判断を。

    なんだか情緒的な意見が多いですので一言。

    まず、日本とトピ主さんが住んでいらっしゃる「北欧の某国」でどの程度リスクが違う
    のか、インターネットでWHOの統計を見れば簡単に調べられます。
    そうすれば、「夫のこだわりだけのために、わざわざ何倍も死亡リスクが高い国で出産し
    なければならない」のか、「妻が偏見で北欧の某国を毛嫌いしているだけ」なのか
    はっきりします。

    次に、子供の市民権や永住権、受けられる行政サービスや出産の際の費用負担などが
    出生国によってどのように影響されるか調べましたか?子供の将来のことを考えるならば
    そういった違いを全て調べた上で決断されることをお勧めします。

    ユーザーID:4189679688

  • Carnitasさんへ

    おかげさまで体調は無事回復しました。

    順調な妊娠、出産ならたぶんどこでも大丈夫なんでしょう。
    ただ、何かあった時の対応が各国によって違うということなのだと思います。私も医療業界にいた為、日本の医療の現状も知っていますので、日本がパーフェクトだなんて全然思っていません。アメリカも、実際に診てくれたDr.やナース等、皆さん誠意をもって接して下さいました。一緒に泣いてくれた方もいて、とても慰めになりましたし。でも、「できるだけの『医療』を施してもらった」とは思えません。

    私の場合、日本食も手に入りにくい所なので、つわりの時も余計に苦しかったことと、妊娠しても、無事生まれるとは限らないと体感したので(それまでは頭ではそう思っていても、自分がそうなるとはどうしても感じられませんでした)、ここで産む気になれません。次に妊娠したらつわりが始まる前には帰国する予定です。
    夫は立会い希望なので、予定日近くから1、2ヶ月休暇をとって来日する、と言っています。生まれるまでの過程も夫も参加したがっているし、私も彼にいて欲しいとは思いますが、それだけのために、命を失うことはできないので。

    ユーザーID:0838813891

  • たくさん話し合うしかないです。

    私は外国で暮らしたことがないので、外国で暮らすストレスなど全くわかりませんが、今の日本ではたして産めるのか?と純粋に思います。
    私は7年前に1人子どもは産みましたが、7年前と今じゃ産婦人科の環境が全く変わりました。

    産婦人科医不足です。
    今の日本の産婦人科事情では、トピさんのご実家が都会になければ里帰り出産は大変ハードルの高い出産方法で、国内に住んでいる妊婦が共通で困っている状態なんですよ。
    都会でも予約が年々取りずらくなってきているようですし。
    特に田舎では、国立・公立病院しかないような場所はひどいですよ。
    産婦人科で分娩が減り、出産しづらい国になりました。
    予約しないと診察を断っている病院も確実に増えています。

    最終的にご夫婦が納得できる出産方法を選ぶしかないですが、日本のほうが安心して産めるという思い込みは捨ててください。
    今の日本は、外国滞在者まで快く受け入れてくれる産婦人科はものすごいスピードで減っているんです。
    どうしても日本で産むと決めたら、電話料金が高くなっても、確実に受け入れてくれる産婦人科を探すことからはじめないといけない時代なんです。

    ユーザーID:8213186555

  • 医療過剰?

    トピ主さんの感覚に同意します。
    出産は絶対に日本のほうがいいですよ。
    ホスピタリティへの姿勢が根本的にがちがうのですから。

    日本の医療を「過剰」と決めつけている方も散見されますが
    違和感を思えます。
    日本の文化を貶めることで、
    自分が異国に存在することを無意識に正当化、有価化しようとする
    よくある「外国かぶれ」の心理が働いているように見えてしまいます。

    それから、妊婦の死亡率が高いなんて妄言はどこから出てきたのでしょう?
    WHOの統計を確認してごらんなさい

    いずれにしても、トピ主さんは間違っていません。
    なによりもご自身のお体と、生まれてくるお子さんの命を
    最優先なさってくださいね

    ユーザーID:7803059695

  • 横ですみません、Carnitasさん、mimさんへ

    ご参考までですが、
    米国の病院ですが、事前に(といっても救急のときは無理かもしれませんが)、病院は選んだほうが良いです。

    当方は米国人の夫で3回、私自身で1回の救急病院の経験があります。
    最初の救急病院は便利さから最寄の病院を選んだのですが、まぁまぁ疑問もありましたが、こんなものかな、と。次に行った病院では雑誌で見かけてた全米Top10とかの病院で(ちょっと自宅から離れているのですが)、対応の差にびっくり。お陰で安心して治療に専念できました。このときは夫が入院する破目になったものの、全院個室でフラットスクリーン付き、食事は患者が食べたいときに食べたいものをメニューから選んで注文とホテルかと思うようなサービスでした。

    また、救急病院の対応は、そのときの混み具合と、そのときに本当に緊急の人とかが先になるので、こればっかりはしょうがないと言うかなんと言うか。同じ病院でも風邪がはやると小児患者であふれて対応が遅くなりますね。

    ちなみに私に出産予定はないですが、もし産むとしたら米国の病院で問題ないと思います。

    ユーザーID:7317518687

  • 負のエネルギー

    トピ様は住んでいらっしゃる国の医療システムに愛想が尽きて、信用できないのですよね。でしたら、やっぱり日本で出産されるのが一番だと思いますよ。

    というのは、ネガティブな意識を持っていると、もっとネガティブ(この場合、合併症など)が起こりやすいと臨床で働いていると感じます。全く科学的根拠はないのですが…、負のエネルギーは更なる負のエネルギーを呼ぶと言う感じです。

    旦那様にはそのようにお話しをされたらいかがでしょうか?信頼できない場所で出産すると、それだけでストレスになり、そのストレスが別の問題を呼び起こす…と。

    ユーザーID:6838844174

  • mknewbさんへ

    アメリカは広いので地域格差が激しいです。ただ、妊娠後期以前の流産や死産に関しての対応は基本的にどこも同じようです(夫の身内にドクターとナースがいてそう聞きました)。
    私達は一時的に田舎住まいなので、病院はあまり選べません。
    私が対応してもらった病院はヘリで患者さんが運ばれてくる所で、地域では一番設備が整った所です。それ以上に設備が整っているのは車で2時間かかる大都市にしかありません。私もテレビ、シャワー、トイレ付きの個室で食事は電話で注文して好きなものを運んでもらいました。

    アメリカでは妊娠中は産婦人科のクリニックに通い、緊急や分娩の時は担当医が出張してきて総合病院で産むケースが多いので、やっぱり緊急時はクリニックの指定するERへ、となってしまいます。
    私の場合、初期流産ではなかったので、対応によっては無事産まれたのではという気持ちは拭えないです。出血していても、お腹が張っても、死産を防ぐことは何もしてもらえませんでした。日本にいたら、「やれる医療はしてもらったから仕方がない」と思い切れたと思います。気持ちの問題と言えばそれまでですが、もう二度と後悔したくないのです。

    ユーザーID:3831790553

  • 本題に戻ろう

    各国の医療比較はもういいでしょう。

    >どのように相手を説得しましたか?

    トピ主さんは既にご主人と喧嘩になってしまいましたね。

    他の方も書かれているし、私も前回書きましたが、「この国で子供生む人って勇気あるよ」という他国批判ともとれる発言についてご主人に謝った上で、安心の為に日本で生みたいと言えば良いだけだと思います。

    それと、もし日本での出産が実現しても、帰って来てからその国の人にご主人に言ったのと同じ様な内容を喋ってはダメですよ。「日本の医療」を自慢するのも危険だと思います。

    でも、トピ主さんだと言いそうな気がする(汗)

    ユーザーID:2771782739

  • 7-8年前のデータを見る限り

    日本は確かに周産期死亡率は他国に比較しても低いのですが、妊産婦死亡率については先進国比較でも若干高めです。
    新生児等(出産時および産まれる前後)のケアの医療水準は高いのでしょうが、母体へケアはこのデータをみると一概に日本が良いとは言い切れない。

    データで説得すればいいのではないかと思ったのですが、ちょっと難しそうですね。

    ユーザーID:0455860832

  • アメリカでの出産について

    mimさんの経験談にとてもショックを受けています。本当に残念でしたね。

    ただ、地域の違いがあるのでしょうか、考えられないことです。私の場合は、妊娠が分かった時点で産婦人科医に出産までのケアをお願いします。これは定額です。その後は、どんな小さなことでも24時間電話で相談できます。ましてmimさんのような場合は病院にその医者がきてくれて適切な処置をしてくれます。待たされた上、流産してしまったら確実に訴えると思います。

    ユーザーID:2878858298

  • 無いものねだり

    トピ主さんがそういう自分もあることを自覚しているかどうか。
    先日、新聞に看護師の病人に対する国際比較で日本の看護師不足が出ていました。母親は楽に出産できるかもしれないけど、生まれた赤ちゃんは日本の方が少ない看護師で管理されることになり医療的にもどうでしょう?
    などと言っても、ズケズケ物言い過ぎるトピ主さん、もうこの人とは結婚を続けていけない、とか?
    相談どうなったのかな?

    ユーザーID:6620975449

  • 一言だけ

    7,8年前の妊産婦死亡率とか、看護師さんとか色々なデータでトピ主さんをお国で生ませようと考えている人がいるようですが。
    具体的に言えば、この数年でも進歩しているので古いデータを出すのは問題があります。看護師さんは、その場所の能力で考えるべきです。
    ただし日本は訴訟社会になる前から生まれる命を大事にする傾向はありましたから、その努力はむしろこの数年が積極的に極限的に最高状態に向かっていると思います。
    根本的にどこで生まれようと、お医者さんや病院の個々のその時の状態に左右されます。人間ですから。
    つまりは、出会いが大切ということです。
    それぞれを悪く言う意図が私には悪魔的に見えます。
    トピ主さんは、探すことです。できるだけ。自分のぴったり来る病院を。日本と思うならメールや電話や色々な方法で。お金をかけても。
    その国でも良い病院はあるはずです。死生観に違いがあるなら話し合いをするしかありません。国毎の文化の違いを生める努力は国際結婚なら覚悟をされていたかと思います。
    悔いの無いように。その国に日本人はいませんか?お医者さんとか。

    ユーザーID:6514321122

  • ズケズケ物言うトピ主です

    皆さん、沢山のレスをありがとうございます。お叱りくださった方も情報を下さった方もアイディアを出してくださった方も、データーを出してくださった方(調べてくださりありがとう)も、みんなみんなありがとうございました。どれ一つとしてムダな意見はありませんでした。どなたかは話を本筋に戻そうと頑張ってくださいましたね。ありがとうございます。私としては全部がいい意見として頭の中に残っています。

    最初にトピを立て、レスを立てたときは、そりゃ、もう本当に怒りで頭が沸騰していたので、
    文章が滅茶苦茶でした。でもあれは本音です。怒りのフィルターがかかっているので読んだ方は
    非常に不愉快な思いをされたことでしょう。すみません。

    あと離婚もしてません。

    それから夫は様々な体験から日本が嫌いです(笑)私はいつも日本の根回し・同調・強調・暗黙のルール等々嫌という程文句を聞いて来ましたし、そのせいで妥協の上、北欧の某国に住んでいるのです。だからこの程度のことは言ってもいいと思ってました。…まさか夫が本気で怒るとは思いもせず。

    ユーザーID:4822502625

  • ズケズケ物言うトピ主です

    過酷な状況で生き残れる子供しかいらないのだという適者適存の論理はあると思います。おおっぴらには言わないでしょうが、この国の医療システムの根幹にある暗黙のルールのように思えます。

    夫は本当に子供と私のことを考えるなら、パソコン担いで日本に来ればいいので、私の知ったことではありません。こちらは命を削って子供を産みます。窮屈で暑くて面倒で過干渉な(夫本人談)日本に旅行者として短期間居座るぐらい我慢してもらわないと困ります。文句があるなら日本語勉強して手術の同意書にサインできるぐらいの語学力つけたらいいのです。それが出来ないなら父親なんて偉そうにしてもらわなくても結構、こっちだって血を吐くような努力をして現地語を身につけて社会復帰してる訳だしということで…もっとズケズケ言ってますが、皆さんのお話を読んでそのように考えています。

    最後になりますが、本当に身を切られるような思いをされているmimさんの書込みを読んで怒りで涙が止まりませんでした。ご自分の身に起こった辛いことを思い出してまで私のような者の為に書込んでくださってありがとうございました。心からお礼を申し上げます。

    ユーザーID:4822502625

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧