母に言えなかったこと後悔してます

レス22
(トピ主6
お気に入り32

心や体の悩み

4年前に母を癌で亡くして以来、
ふと母を思い出しては部屋で一人泣いています。
当時私は大学を卒業後就職したばかりで東京で一人暮らし。
仕事になれるのにいっぱいいっぱいでした。

その入社直後に母が末期の癌ということが判明しましたが、
実家に戻ることもできず、週に一度新幹線などを使ってお見舞いをしていました。お正月などに帰省すると、正直、余命少ない母と一緒にいることは
私の心が折れそうで苦痛でした。もちろん、病気を患っている母の方がもっと苦痛だったと思いますが、余命宣告をされていた母を前にどう接してよいかわからず普段と変わらず過ごしていました。

入退院を繰り返していた母ですが、
抗がん剤も効かなくなった頃、自宅での療養に移りましたが、
当時父も兄弟も全員働いており、それぞれが融通を利かせて休みなどを取って、付き添ったりもしましたが、母が家に一人という日も多かったのです。
そのことも今思えば私が退職して、看病するべきだったのではと悔やんでます。

その後容態が悪化して、病院に入り一週間でなくなりました。
そのときの入院は、私も一週間ほど休みを取っていたので
毎日付き添うことができ、
最期も家族全員で看取ることができました。

ただ、ただ後悔しているのは、
母と一対一で話ができなかったことです。
早くから余命宣告されていたものの、
私自身も怖くてそれには触れずに過ごしていたんです。
母を抱きしめて、『産んで育ててくれてありがとう!
これからも心配しなくていいからね』って
言いたかったなあって思います。
毎年母の日も近くなると思い出して、辛くなります。

続きます。

ユーザーID:7797647949

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 続きです。

    母の亡くなる3日程前に、体を拭いてあげると、
    とても喜んで『ごめんね。こんなになっちゃって。』と言われたのが
    最後の会話でした。
    その時は、胸がいっぱいで何も言えませんでした。

    涙があふれそうになるのをこらえるのが精一杯で
    タオルを洗ってくるねって病室の外に出てしまいました。
    私はすぐ涙がでてしまう為、母の前では泣かないように
    していたのです。

    でも、泣いてもいいから
    『そんなことないよ。私はお母さんがどんな姿でもいてくれるだけでいいから』って言ってあげたかったなあって今は思います。

    我が子や夫を残して逝った母親の気持ちを思うと、
    今でも本当に切なくて涙がとまりません。

    長々と読んでくださってありがとうございました。
    今も無職で引きこもっています。
    こんなではいけないって思うけど、
    母のことを考えると、涙も止まらないし、
    どうしてよいかわかりません。
    どうやって心の整理をしたらいいでしょうか。

    どうか私に元気をくれませんか。

    ユーザーID:5739906087

  • その思いは届いているはずですよ

    私も最近までふと6年前に亡くなった母の事を思い出し、泣いていました。
    私も『あの時、何でこうしてやれなかったのだろう』とか、
    『どんなに闘病の時苦しんだことか…』
    堂々巡りのように自分を責めつづけていました。

    でも、考えても悩んでも自分で自分を苦しめるだけ。
    後戻りはできないんですもの。

    こんな私を見たらさぞかし母は心配するだろうと考えるようにしました。
    今は、何の痛みも苦しみもなく、母の魂は生きている。
    天国の母には、今思っている事がきっと通じている。
    と私は思うようにしています。

    海さんの思いもお母さんに通じていますよ。
    大丈夫ですよ。
    そう思って、お母さんと自分を楽にしましょうよ。

    ユーザーID:5513661535

  • ちゃんと伝わっています

    トピ主さんよく頑張ったと思います。

    週に一度新幹線などを使ってお見舞い
    一週間ほど休みを取って毎日付き添い
    家族全員で看取ることができた

    これだけで充分お母さまに
    「産んで育ててくれてありがとう」
    「お母さんがどんな姿でもいてくれるだけでいいから」
    という気持は伝わっていると思います。

    親子なんだから言葉に出さなくてもあなたの献身的な看護からお母さまに気持ちは伝わっていますよ。

    言葉が全てではありません。

    だから安心して前を向いて歩いてください。早く「これからも心配しなくていいからね」とお母さまに言えるようになってください。

    ユーザーID:5148323573

  • 私も4年前に母を亡くしました。1

    母は癌がわかり1年で他界しました。

    母と2人暮らしでした。

    手術をしたものの開腹すると、もう手の付けられない状態。
    その後抗がん剤が効き退院することができました。

    本当に食欲もあり、一時は「このままよくなってくれるのでは?」と思っていました。

    しかし徐々に病状は悪化。

    最後の入院の日、家を出るときに「もう二度と母とこの家に戻ることはないんだろうな」と振り返ったことを昨日のように思い出します。

    私は自分が体調を壊し、退職。体調がよくなった頃に母の癌がみつかりました。

    幸い病院も近く、入院をしている時は毎日お見舞いに行きました。

    退院後も毎日一緒でした。

    それでもいまだに後悔することが沢山あります。

    母との最後の会話は「ごめんね。こんなにあなたにも他の子供にも迷惑かけちゃって。でも、これで最後だから・・・」

    本当に最後の会話になりました。
    毎日一緒にいても今までのお礼の言葉はいえませんでした。
    母には生きてほしかった。さよならなんて言いたくない。

    私が「お母さん、ありがとう」と言えたのは母が亡くなってからでした。

    ユーザーID:5502649185

  • 私も4年前に母を亡くしました。2

    続きです。

    母が亡くなった後に病院を訪ね、お世話になった医師、看護師さんに挨拶に行きました。すると看護師さんから「お母さん、いつも言ってたよ。あなたには感謝してもしきれない。頭をあげることができないって」

    母の口からではなく、看護師さんの言葉でしたが、嬉しかったです。
    母も私と同じように、その言葉は言えなかったんだろうなと。

    海さんの気持ち、お母様には全て伝わっていると思います。
    言葉が全てではありません。

    海さんが毎日笑顔で暮らし、幸せになることが唯一の親孝行だと思います。

    お互いに幸せになりましょう。

    ユーザーID:5502649185

  • どうか元気を出してください

    30代専業主婦です。海さんはまだ20代ですよね。
    お若いのにお母様を亡くされたんですね。
    トピを拝見していて、涙があふれ出ました。私の両親はいまだ健在ですが、
    いつか来る「その日」をどう迎えるのか、30代の私にでもわかりません。
    トピを拝見していて、海さんの心の清らかさ、優しさが伝わってきました。

    お母様がそうやって海さんを育てたのだと思います。お母様の心は、悔やんでも悔やみきれない、優しい海さんの心にそのまま受け継がれています。
    上手い言葉が出てきません。お母様は天国から絶対に貴方を見守っています。無職でひきこもっているのでしょうか?そんな海さんを心配しているに間違いありません。今海さんが思っていることはお母様の心にきっと響いています。いつまでも後悔して泣いていることを心配しています。

    その優しい心を糧にして、どうか前を向きませんか?お母様と自分のために。海さんが笑顔で生活することがお母様の願いです。ゆっくりでもいいです。足を踏み出してください。幸せになってください。「私は幸せだよ、ありがとう」って・・お母様に報告出きる日が早くくることを心から祈っています。

    ユーザーID:3811372044

  • 絶対に伝わってます

    この1月末に母が亡くなりました
    寝たきりで最後の2年間は言葉のキャッチボールもできませんでしたが
    亡くなる少し前、母の枕元で姉と幼い頃の思い出話をしていたら
    いつもは目を閉じて起きているのか寝ているのかもわからない母が
    じっと目を開けて話しに耳を傾けているようでした

    亡くなる3日前からは時々涙を目のふちに溜めてました
    死期を悟っていたのでしょうか?!

    子どもたちに看取られて蝋燭が燃え尽きるような最期でした
    亡くなったお母様は海さんの今を見守っていてくださってます
    そして感謝もなさってます

    絶対に・・・

    ユーザーID:4364290307

  • その時の精一杯だったんだと思います

    若いのにお母様を亡くされたわけですから
    戸惑いを隠せなかったのも当然だと思います。

    4年前のあなたはそれで精一杯だったんだと思うんです。
    4年経って、今振り返って後悔しているわけですが、あなたが成長した証ではないかと考えます。

    その時のあなたは自分にできる精一杯のことをやったんです。
    身内が亡くなると「こうしてあげればよかった」「ああもできた」と必ず一つ二つはあるのだと思います。
    キリがありません。
    人間ですから。

    仕事を辞めて家にいたらいたで、お母さんはあなたの将来を思って心配なさったかもしれません。
    お父様を大切になさってください。

    ユーザーID:9981618767

  • 一つ提案

    はじめまして海さん。
    同年代、過去に一年ほど引きこもった経験のある者です。
    自身の経験からアドバイスを。

    まず、お母様への自責の念や後悔と海さんの現状は、
    区別して考えられた方が健康的だと思われます。

    お母様とのことで何も手につかないというより、
    一人で考えている時間が過去の後悔や失敗を呼び寄せてしまっているのかもしれません。

    そこで一つ前向きな提案です。
    お母様に対する後悔の思いを外側へ向ければ、
    きっと海さんの足を動かす元気になると思います。
    三ヵ月か半年に一度、お墓参りすることを目標に生活してみませんか。

    新幹線に乗るのであれば交通費が必要です。稼がなくてはいけません。
    今、社会生活から離れ期間が空き、きっといろいろなものに不安や恐れを
    感じておられるでしょう。
    でも、「お母さんのお墓参りをするんだ!」と思えば少しだけ勇気が湧いてきませんか。
    もし徒歩などでお墓に行けるのなら、たまに花などを持って
    しばらく通ってみるのも良いかもしれません。

    きっと、亡くなってもなお、お母様は海さんの力になってくれると思います。

    ユーザーID:9936006123

  • トピ主です

    皆様、暖かい言葉をかけてくださってありがとうございます。
    何度も読み返して今も、涙がとまりません。
    後悔というものは、どうしても残るものだという
    言葉に少し心が軽くなりました。

    こはるさん、確かに考えても悩んでも苦しむだけで、
    後戻りはできないですね。
    母の魂は生きていると思うように心がけます。

    桜色さん、言葉が全てではないという言葉に救われました。
    最後まで言葉には出せなかったけど、
    母が感じ取ってくれていたらうれしいです。

    メガネっ子さん、同じ経験をされていて読んでいて
    重なる部分も多くて、母の闘病生活を思い出しました。
    メガネっ子さんと同じで、母には生きててほしかったので、
    私も何も言えなかったのかもしれません。言ってしまうと、
    いよいよ最期が迫ってきているような気がしてました。
    幸せになることが親孝行なんですよね。

    ユーザーID:7797647949

  • トピ主です2

    青葉さん、私の涙もろいところは母ゆずりです。
    だから、言わなくてもわかってくれてたのかもって
    思えてきました。
    母が生きていたら間違いなく無職の私を心配してることと思います。
    母のおかげで大学にもいけたのに今こんな状態で情けないとは思います…。

    まりもさん、お母様をなくされたばかりなのですね…。
    とてもつらいことと思います。
    私も母が昏睡状態になってから、はじめて
    泣きながら、今までありがとうと言いました。
    意識はもうなかったですが、
    その言葉が届いていたと信じたいです。

    tataさん、確かにその時精一杯だったんです。
    若くて楽しい事ばかりの時期だったので、
    突然の不幸でどうしたらいいかわかりませんでした。
    退職して看病する事を考えたものの、母が就職を喜んでくれていたので
    できず、その時はそれがベストな選択だったのかなと思います。

    ユーザーID:7797647949

  • トピ主です3

    山さん、ひきこもった経験から立ち直ることができたんですね。
    一人で考える時間がありすぎると、マイナスな事まで考えすぎてしまうので
    よくないですよね。
    私の現状と母のことは切り離さないといけないですね。
    思えば今生きる力となっているのは、母の存在が大きいです。
    母が見届けることができなかった今とこれからの私が
    幸せにすごしていることが本当に大事だなあと思えてきました。



    このトピを書くことによって、心の中に眠っていた感情が湧き出て
    目がはれるほど、泣きましたが、少しすっきりしました。
    明日からは前を向いて歩けるように
    ちょっとずつ外にでようと思います。

    ユーザーID:7797647949

  • がんばって!!

    拝読しました。
    涙無しに最後まで読むことは出来ませんでした。
    お気持ち良くわかります。お辛いですよね。
    たぶん自分も同じ気持ちになるだろうし、余命宣告をされた母と向き合うことは正直できないかもしれません。
    きっと貴方のやさしさ、人知れず涙を流している貴方の姿をお母様は知っていたと思います。貴方を育て、貴方を一番わかっている人なんだから。
    だからどうか元気をだして! 自分を責めないで。
    うまく言えないけど、どうか早く現実を受け入れて前へ進んで欲しいです。
    それが一番お母様を安心させてあげられることだと思いますよ。

    ユーザーID:2693312457

  • 親だからわかってくれてるはず!

    お気持ちとてもよくわかります。私は母を急性の病をなくしまだ一年たっていません。私も母の日という文字をみて泣けてきていました。

    私の場合は二人目がまだ生後半年で実家から遠くで激務な夫の手助けがないまま二人の育児をしていました。母の急病を知り二人をつれ新幹線で帰省していても慣れない場所でぐずる子供たちの世話に追われただけでした。そして何より私もただ母の死というものを直視するのが恐く逃げていたのです(涙)母は一度持ち直しとりあえずと一度帰宅しその間になくなりました。後悔ばかりです。

    私は母が亡くなったあと父にぽつりと「お母さん私のこと怒っていなかった」とつぶやきずっと甘えてきてばかりだった、何もしてあげれなかった、と打ち明けました。続きます

    ユーザーID:4004114881

  • 続きです

    父は私に「お前も親だからわかるようになると思うけれど親だから当り前なんだ。お母さんはお前が幸せで幸せだった。そして気持ちもわかっていた。病室にきたとき「子供の前でないちゃだめ」というと必死に涙をこらえた目をみたとき優しい心がわかった、と言っていた」と。この父の言葉は海さんにもあてはまるはずです。言えなかったけれどきっと海さんのしぐさ、瞳を見るだけでその気持ちは伝わっているはずです。そして今も見守っているはずです。これ以上お母さんを心配させないようお互い元気だしましょう。お母さんもきっとそれを望んでいるはずです。

    後悔、その思いは誰しも持つことだと今は思います。でも頑張って前を向き生きていかなくてはならないのです。そうするうちに傷が癒える日はきっときます。辛いときは小町ではきだしましょう。

    海さんの幸せを祈っています。

    ユーザーID:4004114881

  • それでいい

    私の大好きだった祖母が2年前に亡くなりました。
    昔から親孝行だった母は働きながらずっと介護をし、入院してからも
    毎日病院に通って祖母の世話をしていました。
    できることは全てやっていたと思います。
    それでも祖母が亡くなった後、母は「ああしてあげればよかった、
    もっとこうしてあげればよかった」と後悔ばかりでした。

    ある日、ラジオで福山雅治さんの番組を聞いていた時、福山さんが
    「一生懸命看病したり、親孝行してきた人ほど、亡くなった後に
    もっといろいろしてあげたかったと後悔する。
    それは故人に対して強い思いや愛情があるから。
    だから、後悔していいんですよ。」って言っていたんです。
    祖母が余命宣告される前に、今年は梅の花を見に連れて行ってあげようと思っていて
    実現できなかったのが私の心残りだったのですが、
    この言葉を聞いて、少し気持ちが楽になりました。

    海さんが後悔するのは、お母様への愛情がそれだけ大きかったから。
    それは言葉に表さなくてもお母様に伝わっていると思います。
    お母様がくれた人生ですから、大切に生きてください。

    ユーザーID:6986528314

  • 母親を甘く見てはいけません

    ずっと産み育てたお母様が海さんの気持ちを分からなかったと思いますか?
    親が子供に望むのは自分が先に逝った後も無事に暮らしてくれることですよ。
    子供の顔色を見れば、目を合わさないだけで何かを察するものです。
    海さんの気持ちはもちろん伝わっていますよ。

    お母さんに私後悔してたって言ったら何て言いそうですか?
    「いいのよ、ばかね〜。分かってたわよ」って、言いそうじゃないですか?
    私の母ならそう言いそうです。
    そして、私なら娘に「何言ってんの。そんなのいいから自分の事だけ考えなさい」って言うでしょう。

    どうか一日も早く健やかに過ごされます事を祈っています。

    ユーザーID:9493181646

  • トピ主です4

    皆様、暖かいレスありがとうございます。
    小町に思っていることをかいて、皆様が的確なアドバイスをしてくれたおかげで
    本当に元気になりました。
    最近お天気も良いので外にでています。人生に対してやる気がでてきました。

    無縁坂さん、現実を受け入れることは本当に難しいけど、それを乗り越えないと前に進めない
    ですね。実感してます。母の事は心にいつまでもありつつ、自分の人生を歩みたいと思います。

    ママ大好きさん、お母様をなくしたばかりで大変辛い時期だと思います。私も母が亡くなってしばらくは
    抜け殻のような感じでした。小さなお子様の育児とお母様の事で大変なご苦労だったと思います。
    ママ大好きさんのお母様のように、母が私の心の声をわかっていてくれたらうれしいです。

    当たり前さん、福山さんのお話なるほど〜って思いました。この後悔の感情は、愛情なんですね。
    母がくれた人生という言葉にも重みを感じました。本当にそうですね。大切にします。

    ユーザーID:7797647949

  • トピ主です5

    mukuさん、レスありがとうございます。
    私は母を特別熱心に看護もしなかったので、母が私の気持ちを分かっていたかどうか自信がなかったんです。
    母が病気になるまで、身の回りのことや大学に行かせてくれたことなど、当たり前に感じていた部分があり、母が病気になってはじめて母に対する心からのありがたみを感じました。
    母がただ元気でいてくれることが素晴らしいことだと病気になってから実感しました。
    でも今日で、後悔するのはやめます。
    私が後悔したといったら、きっと私の母も『いいのよ』って言ってくれるでしょう。そう信じます。

    ユーザーID:7797647949

  • 立派な大人になったからいいんですよ

    お仕事をやめるという選択は、これから先あなたが生きていく人生のためには良くないと、お母さまはかえって気に病むでしょう。
    だから、辞めれば余計な心配をかけただけだったと思います。

    そして、お仕事をしながら精いっぱいお母様のお世話をし、まだしたりなかったかも、もっとこう言ってあげられれば良かった…という気持を抱けるやさしい女性に育ったことを、嬉しく、誇らしく思っているはずです。

    今はお仕事を探すのも大変な世の中ですが、ひきこもっている姿をお母さまが見て心配されていると思います。無理に元気を出せとは言いませんが、お母さまが見て喜んでいただける人生に軌道修正できたら、その時こそ本当の親孝行ではないかと思います。

    ユーザーID:3375151225

  • トピ主です6

    あらあらふぉーさん、ありがとうございます。
    励ましの言葉が心に染みます。

    GWの前半に久しぶりに新幹線に乗って
    旅行に出かけてきました。
    とてもリラックスできて、生きる力がわいてきました。
    自分の人生を悔いなく生きるために
    これからどんどん外に出て行こうと思います。
    少しずつがんばってみます。

    ユーザーID:7797647949

  • それでいいんですよ

    私も 6年前 癌を患いました
    それでいいんですよ
    人にとって 一番大切なのは日常です
    主様が会社を辞めて看病してくれたとしたら
    その方が お母様は
    心配されたでしょうね

    うちは息子だったので
    ただただそばにいてくれましたが
    それだけで本当に
    嬉しかったです

    私が癌を患った時は
    息子も中学生で まだ親としての義務も果たしていないし
    死ねないとは思いましたが
    皆 成人して 無事社会にも出られ
    たくましく生きて行ってくれる
    これが お母様の本当の願いだと思いますよ

    ただ、大人になり女性として
    お母様と色々な話ができたら と想うと
    少し お母様の死は早かったですよね

    時々目を閉じて お母様を思い出し
    感謝の言葉を かけてあげてくださいね

    大丈夫!ちゃんと わかってくれていますから

    ユーザーID:0897084358

レス求!トピ一覧