耐震改修について

レス4
(トピ主1
お気に入り3

生活・身近な話題

albireo

平成17年に築30年の自宅を耐震診断してもらい、耐震改修しました。翌年、「基準が変わったから再診断を受けることを勧める」という手紙が来ました。そのときは「工事したばかりだし」とあまり気にしませんでしたが、今年再度その手紙が届き、流石に気になってしまいました。
実はこのことについて、ある相談サイト(建築ジャンル)で質問したところ、結果的に「再診断はしなくてもいいでしょう」という意見が多かったので、そう思うことにしました。
しかしこの度、施行業者が取り付けた金物の定期点検に来てくれた際にそのことを聞いてところ、「以前の基準は震度5を想定していた。今回は震度6を想定している。一度工事しているのでそう悪い判定は出ないと思うが、データとして診断結果を持っておくことは勧める。工事はあえて勧めないが」という、微妙に解釈に困る答えで、また気持が揺らいでしまいました。
我が家は母の年金と非正規雇用の私の収入で暮らしており、生活には不自由していませんが決して余裕があるわけでもありません。以前の工事費用も少ない蓄えから120万を出しました。母も介護サービスを利用するようになりました。 いくら「工事は勧めない」と言われても、結果がそれなりに工事を要するものならば不安になってしまいます。かといって、少ない蓄えが住宅のためにそうそう消えていくのも困ってしまいます。
前回の工事の時、自治体の補助金を受けようと思ったのですが、それには改修プランそのものを大幅に変える必要があったため見送りました。
「もっと自分で勉強しろ」というご意見もありましたが、あの難解な耐震補強についての勉強は私には無理です。
同じような経験した方いらっしゃいましたら、ご意見お聞かせ下さい。

ユーザーID:9080840168

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 地震雷火事?

    当方有資格(建築士)の者です。
    結論から先に言うと、再診断の必要は無いと思います。建築基準法の耐震基準の改正が最後にあったのは、H.12でした。それ以降に耐震基準が変わったというのは、信じられません(最も、各自治体の条例でも有れば分かりません)。当方地震の専門家ではありませんが、どうも不安を煽る手口の様な気がします。
    但し、改築時に屋根が重い瓦ならスレート類に変えたり、建物の四隅に筋交いが入った耐力壁にする等は、効果大です。又、心配なら、役所の建築指導課等へ出向か、電話で率直に聞いてみましょう。その為に、税金を払っているのですから、そのくらいの行政サービスは受けるべきです。私も何度も経験がありますが、親切丁寧に教えてくれます。
    参考になれば幸いです。

    ユーザーID:3922690149

  • 耐震診断の方法が変わりました

    某政令指定都市の耐震診断士をしています。

    法改正というより、平成16年に、国において、耐震診断の「方法」の全面的な改正があり、それまでの「簡易診断法」から「一般診断法」に変更され、計算プログラムの内容も変わり、診断士の見直しも行われ、19年9月から、新しい講習と試験にパスした診断士に総入れかえがありました。

    なので、トピ主さん宅へ連絡が届いたのではないか、と思います。

    ただ、補助金を受けなかったとのことですので、改修後の上部構造評点は1.0を満たしていない(=1.0以上が、一応倒壊しないという目安です)のではないか、と推測します。

    だとすれば、もう一度診断を受けても、不安になられるだけかなあ、という気もします。

    また、耐震診断は自治体が行うものと、民間(木○協が有名ですが)が行うものでは、多少結果が違ってくるかと思いますので、ご心配でしたら、自治体の相談窓口にご相談されるのが一番かと思います。

    私の経験ですと、築30年の木造住宅が120万円の費用はで評点1.0に届かないと思いますので、「今までよりは安心」というレベルでご納得いただければ、と思います。

    ユーザーID:0641239290

  • いらないでしょう

    会社には住宅関係部門あり、でも自分は事務職のものです

    つまり素人(ごめんなさい)なのですが

    最近、補強金具などの仕様変更はなかったと思いますので
    基準自体が大きく変わったのではないと思います

    より効果の大きい耐震補強施工方法はいろいろ出てきますが
    建築基準法大幅改正後に改修されているなら
    劇的に耐震性が高まる
    と言うことはないでしょう

    それに対し、手間=費用は同じようにかかりますから
    無理することはない
    と考えます

    それより
    リフォーム中のお宅を拝見すると
    雨漏りや水漏れによる木材の劣化
    施工時のミスなのか金具が有効に働いていない
    など、補強以前の状態が散見されます

    外見で全くわからない(自分には)ものもありますが
    きしみ、ゆがみ、亀裂、剥離、ズレ、など
    目視や体感できる症状があることも少なくないようです

    一時の工事だけでなく
    日頃から住まいの異変に注意することが
    長く住むコツと思います

    ユーザーID:8186201495

  • トピ主です。皆様、ご意見ありがとうございます。

    皆様、お返事が遅くなって大変申し訳ありませんでした。
    自宅の改修は一応、1.0になるように工事してもらいました。
    皆様のご意見も、基本的には「必要ない」とのことでしたし、今後は家の小さい変化を見逃さないようにすることに努めようかと思います。

    また、前回は木耐協へ直接申し込んでの改修でしたので、一度自治体の窓口へ「一度耐震改修したのだが、耐震診断は必要か?」と機会があれば問い合わせてみようと思います。

    お忙しい中ご意見を頂き、ありがとうございました。まとめてで申し訳ありませんがお礼に代えさせていただきます。

    ユーザーID:9080840168

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧