• ホーム
  • 話題
  • 何かに守られていると、思うときはありますか?

何かに守られていると、思うときはありますか?

レス56
(トピ主2
お気に入り294

生活・身近な話題

はるる

私は営業の仕事で、一日中、車で移動しています。
ルート営業なので、道に慣れてしまうせいか、運転中緊張感が薄れ、ついついウトウトしてしまう事が多々ありましす。
そんな自分ににヒヤッとした事もあります。それでも、知らず知らずにウトウトしていまい、二度ほど、不思議な体験で目が覚めました。

一度目は誰かに首をトントンと叩かれたように感じ、目がさめました。

二度目急に雨でも降ってきたかと思うように、車全体から、ポツポツと音がして目が覚めました。

運転中は私一人しかいません。
誰かに守られているのかな?と思ったりしています。

車の運転に限らず、何かに守られているのかな?と思うような体験をした方いませんか?


いたら教えて頂きたいです。

ちなみに私は亡くなった父に起こされたのでは、と、勝手に思っています。

居眠り運転はもうしないように、心がけたいと強く思っています。

ユーザーID:9907526134

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数56

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あります

    駐車場で車を止めて本を読んでいました。隣に車が停まりました。
    ふと違和感を感じ、ドアのロックをしました。すると隣の車から見知らぬ男性が降りてきて、突然ドアを開けようとしました。ロックしていたのでドアは開かず、私はそのまま発進して逃げられましたが、あの時、ロックをしていなかったら、どこかへ連れ去られていたかもしれません。(私は女性で、当時はそういう事件に巻き込まれる可能性のある若い年齢でした。今はもう、可能性はないですが・・)
    誰かは分かりませんが、本当に自分で考え付いたというより、誰かに促されたような感じで、無意識のうちに行動していました。
    その時は夢中でしたが、後々何度も「助けてもらった」という感謝の気持ちで、あのときのことを思い出します。

    ユーザーID:4719534060

  • ありますー!

    私の場合は、2年前の夏。ちょうどお盆のときのことです。
    実家へ帰っていた私は、麦茶を作ろうとやかんを火にかけていました。
    沸騰してから麦茶をざらざら入れて、それで弱火にしました。
    そこまでは覚えているのですが、その後、なぜかそのことをすっかり忘れて、
    そのまま父のお墓参りに出かけてしまったのです!!

    私はのん気に母と車で走っていました。10分ぐらい走った頃でしょうか。
    車の中にいて窓も開けていないのに、なぜかふっと麦の香ばしい香りがしました。
    それで、思い出したのです。
    「あ!!麦茶かけっぱなし!!!」
    真っ青になり、急いでUターン!!
    家にあわてて帰り、コンロを見ると、自動装置かなにかが働いたのか、
    ガスの火は消えていました。
    でも、火事になっていたかもしれないと思うと、今でもゾッとします。
    きっとあのとき、父が教えてくれたのだと思います。

    ユーザーID:2864482049

  • 有りますよ

    祖母のお通夜の翌日が、妹の結婚式という、とんでもない状況でクタクタの私と母に起こりました。
    湯船に浸かっていたら、ついウトウト。あぁ、あがらなきゃ、と思いながら、疲れと眠気に勝てずまたウトウト。(湯船で寝るって、死亡率高いんですよね…)
    眠りに落ちる瞬間の闇の中に、ぼんやり白い顔の様なものが浮かびました。「おばあちゃんだ!」と思って、すぐに湯船から出ました。

    翌日、母に話したら、母は湯船でウトウトしたら心臓が苦しくなって、すぐにあがったと言うのです。

    どこまでも身内思いの祖母だった…と、今でも感謝しています。

    あと、私に限って言えば、父方の祖父(?)に守られていると思います。
    何か物をなくした時、おじいちゃーんと手を合わせると大抵出てきます(笑)
    強い捻挫で困った時も、おじいちゃーんとお願いすると、スっと治るんです。
    勿論、助けてくれない時も有りましたけどね…。

    ユーザーID:4802532204

  • そういうことってあると思います

     素敵な体験をなさいましたね。
     お父様なのか、トピ主さんにもともと付いている守護霊のようなものなのかはわかりませんが、トピ主さんを守ってくれていることは確かだと思います。

     私が「守られている」と感じたのは、自転車に乗っている最中、車にはねられた時です。
     かなり強くぶつかったのに、私ははねられたというより自転車から振り落とされただけで、擦り傷&アザ程度ですみました。自転車はもちろん壊れてしまいました。
     いつも大切にしていた自転車だったから、私の身代わりになってくれたのかも……なんて、思ってます。
     あと、大学入試の本番の日だけ花粉症が出なくて、合格したという経験もあります。
     私の小学校のときの先生は、飛行機に乗り遅れたとき、乗るはずだった飛行機が墜落したそうです。
     守護霊とかそういうものって、やっぱりあるのでしょうね。

     面白い話題をありがとうございました。
     お仕事がんばってくださいね。

    ユーザーID:5617107234

  • 守られていると思います

    (1)小学校4年の頃、不審な車にしつこく後をつけられたことがありますが、子供ながらに相手の裏をかいて逃げることができました。

    (2)去年知り合ったママ友に、すごく積極的にランチに誘われたので、実際に行く約束をしました。ところが、何度約束しても相手の子供が熱を出すなどして、約束が実現したことがありません。そうこうしているうちに、そのママ友が自分とはあまりよくない相性だと感じることが多くなり、相手のいやな面も見えてきて、結局行かなくて良かったと思うようになりました。

    (1)は、逃げたのは自分の力だという意見もあるかと思いますが、今思うと本当によく逃げられたと自分をほめたいぐらいの出来事で、自分一人の力ではなく何かご加護があったのだと信じています。

    (2)は、自分にとってマイナスになる人間関係から、見えない力で遠ざけてもらったのだと考えています。

    他にも色々あります。反対意見もあるでしょうけど、私は見えない力に心の中で感謝しています。

    ユーザーID:9196663366

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • よくあります

    他の方のように、具体的に誰がかは実感できませんが、人生の色んな場面で予兆がでます。
    何か選択をしないといけない場面などで予兆が出て、それが私にとって正しい(良い)選択だったりします。
    後は、よくわからない胸騒ぎがあったり、いつになくイライラが続いたりなどです。
    あまりに非科学的なので無視したのですが、イライラと胸騒ぎは収まらず、それでも続行したら、その選択については非常に残念な結果になりました。
    先祖か誰かが親切に教えようとしてくれていたとしたら、あんなにハッキリとわかりやすく教えてくれていたのに・・・それを軽く扱って強引に押し進めてしまい申し訳なかったと反省しました。

    別の場面では、準備のため着物を着付けていた時に、帯締めがはじけるように切れました。
    下駄の鼻緒が切れるのが悪い予兆と言われますが、この時は過去の例があるのでピンときました。
    やはりその通りでした。
    それ以来、胸騒ぎや理由のないイライラなどには耳を傾けるようにしています。
    あと、障害がでて出来ない時は、「やめなさい」のメッセージと考え素直にやめます(笑)
    日々感謝しないといけませんね。

    ユーザーID:9324731132

  • ありますよ

    他界した母が、背後斜め右上にいるように思います。嫌な感じではありません。

    選択を迫られた時に、心の中で「お母さん、どっちが良いと思う?」とつぶやいている自分がいます。
    そのお陰か、大きく踏み外した事はありません。
    叱咤激励されている感じ、です。

    ユーザーID:9135116438

  • メールや電話が入ります♪

    私の場合は、友人・家族から守られている感覚を得ています。

    普段はめったにメールはしないのに、弱ってて泣きたくなってる時に
    偶然?! とは思えないタイミングでメールをくれる友だち。
    内容は、たわいもない短文で弱っていることは知るよしもありません。

    数ヶ月に一度 電話をくれる友だちは、
    決まって、私の身に何かが起きて ひとり孤独にもんもんとしている時に まるでわかっているかのようにくれるのです。

    子どもがケガをして不安だった時、たまたま会った友人が、ルルドの泉の水を持っていて…
    その方が言うには
    『これは必要な人の所に手渡される物で、
    本当はこの後に会う予定の友人に頼まれていたのだけれど、
    その前に必要な人の手に渡るのがこれで三度目なの!』と、本当に驚いていました。

    実在する人物から
    でも偶然とは思えないタイミングでのこと

    また、自分ではたいしたことないかな我慢すればいいや…と思っていた出来事に対し
    これは大問題に発展しかねないとアドバイスを受け、みるみる人脈が繋がり
    まるでバリアを張りめぐらせるかのように私を守ってくれる人に囲まれました。

    ユーザーID:4093823353

  • 私も 思っています

    私の場合 25年前に亡くなった姉に いつも守られていると思うことがよくありますし
    守られていて そういう状況になっていっているんだと思っています。

    私は うっかりもので よく 物事を忘れてしまうのです。
    メモもダイアリーもつけていないので 忘れちゃうと そのままアウトになってしまいます。
    ですが しなければいけない予定や事項の 少し前に 何か音がしたり 急に思い出したりして
    スムーズに 生活が流れていきます。
    きっと 姉に守られているんだと思います。

    ですから 姉には いつも感謝して過ごしています。

    また その時は 悪い状況だと思えることでも
    大きな目でみれば 姉が守って そういう状況にしてくれているのではないかと思えています。

    お姉さん ありがとう! 

    ユーザーID:6085052836

  • 有ります!

    はるるさん、こんにちは。

    幾らでもありますよー。

    去年の暮れの話。
    朝早く小雨振る中でいつも通りに出勤中の出来事。
    交差点で信号待ち・・青になって気合を入れて歩き出したその時・・
    何処からか音が聞こえて・・その音の方向を見たら車のヘッドライトが直ぐ左に迫っていました。

    もう間に合わない(逃げられない)と思った瞬間、膝に車のバンパーが接触しました。
    咄嗟に(無意識に)お尻をボンネットの上に置いた様な・・まるでスタントマン。
    運転者が気付いて急ブレーキを掛けたので、私は滑って路上へドスン(着地は失敗)。
    要は車に撥ねられた訳でした・・生まれて初めての交通事故(被害者)でした。

    あの時、音が聞こえなかったら・・いきなり撥ねられていた・・相当な怪我になっていた筈。
    今はもう完治に近い状況で怪我の当日から通院で良い程度の軽傷でしたよ。

    でも音のタイミングが何とも・・何と衝突0.5秒前!
    これ以上早いと怖くて歩けないし、遅いと間に合わない。
    事故の怖さを感じる間も無く確りと護られた印象です。

    私の家族も、相手の家族も護られたのかと思っています。

    ユーザーID:7435874407

  • 阪神大震災の時に。

    当時、会社の寮(マンション7F)に住んでいた私は
    明け方にベランダから飼っていた猫(すでに亡くなっている)が
    <にゃあ>と鳴いて入ってくる夢を見ました。

    でも、その子は頭だけで体はヒモのように細く風になびいている感じで
    (よく漫画などに書いてある幽霊の足元みたいに細くなってて)
    驚いた私は、《しんちゃん、体はどうしたの?》と叫んだ自分の声で
    目が覚めました。

    しばらく、今のはなんだったんだろう…とボーっとしていた時、
    突然に激しい揺れが起こり、私は目の前のテレビを倒れないように
    押さえる事が精一杯でした。

    あの時、しんちゃんが起こしてくれなければ私は転倒したテレビで
    ケガをしていたと思います。

    ユーザーID:9449600742

  • あります!

    私も今まで生きてきて、何度か”誰かに守られている”と思った事があります。普通にいつも通り水道でコンタクトを洗っていたら、レンズが突然パリンと割れてしまい、そして、なぜかいつも行かない街の眼科に行って、「念のため眼底も見ておきましょう」と言われ診てもらったら、網膜剥離をそこで発見されて、至急大きな病院で手術をし、失明せずに済みました。

    また私が原付バイクに乗っていて、隣の車が突然Uターンしてきたので、その車に衝突しそうになり、急ブレーキを踏み転びましたが、車に手を引かれたにもかかわらず、無傷で済みました。

    また困ってると、何かしらの助けがあり、本当にどん底な状況にならないのです。前々からいつも思ってました。なので、今回同じように感じてる方がいらっしゃって、気持ちが分かち合えて嬉しかったです。

    ユーザーID:6464905689

  • 夫婦愛かな?!

    1義父が亡くなった時、部屋で一人になった義母を心配して
    日に何度か覗いていました
    ある日、何気なく覗いた視線の先には頭にタバコの火が燃え移ったばかりの義母!!
    「きゃー!!」あわてて部屋に飛び込んで手で消しました
    普段から煙草を吸う義母は、その日は煙草片手にウツラウツラして
    煙草を持つ手が髪の毛に触れたことでそうなったようです
    義父が私を義母の部屋に向かわせたと思ってます

    2三女が4歳の頃階段を降りてくるのを3mくらい離れた所で何気なく見ていた私は
    「あ・・・落ちるかも」と急いで階段に駆け寄りました
    その瞬間三女は下から三段目で滑って前に一回転
    …したと同時に受け止めてました
    これも義父かな?三女をことのほか可愛がってくれてましたから
    「虫の知らせ」とは誰かが守ってくれて発信していると思いますが・・・

    ユーザーID:9385140527

  • ありました

    横断歩道を渡る時です。
    待っているのは私1人。
    青になって渡りかけたのですが、何故かほんの1〜2秒くらい
    足を踏み出すのを待ったんです。
    その瞬間スピードをあげた車が目の前を走り抜けました。
    ふつうに渡っていたら100%跳ね飛ばされていました。
    自分の意思でそうしたのではないことは自分ではっきり分かります。
    その時感じました、守られているというのはこういうことなんだって。

    車を運転中にも同じようなことが2回ありました。
    その時も信号無視の車にぶつからずに済みました。

    ユーザーID:4002122633

  • あります。

    青春真っ盛りの大学2年の春頃。
    同じ学部の女友達からいじめにあい、悩んで悩んで辛くて
    慟哭しつつこのまま手首を切ろう、と泣いていたそのとき。

    電話が鳴るんですね。で、仕方ないから電話をとる。
    すると、間違い電話。
    で、また手首を切ろうとする。
    電話が鳴る。また間違い電話。

    結局3回ぐらい間違い電話があって、ばからしくなって
    しかも疲れて、電話に手首をガシガシぶつけたら痛くて
    結局、手首を切るのはやめました。

    後にも先にも自殺しようとしたのはそれっきり。
    すんごいタイミングの間違い電話、しかも複数回だったので
    やっぱり、誰かに守ってもらったのかなと今でも思ってます。
    14年前ぐらいの話かなあ・・・今はいろいろありますが幸せです。

    ユーザーID:5308171041

  • ありますねぇ

    あります。
    いつも何かあるたびに助けてくれる人がいました。
    どちらかと言うか出てくる人(幽霊)。
    私は姿形は見ないのですが周りの人が見るのです。
    Tシャツで袖をまくった若い男の子だと。
    恋人が裏切ってる時に別の場所で私の背後に。
    その日に通る道沿いにある工場が爆発する日に限って件の彼の
    姿が見えた見知らぬオバちゃんに「あなたの後ろにお化けが見えた」
    と騒がれ 足止めをくらい難を逃れたり。
    今の夫と付き合ってる冬の日に ふと誰かから「彼氏のとこに行きや」
    と言われ 行ったら彼が風呂場でお風呂に入ったまま寝てました。
    一人暮らしです。助かったんです!感謝しました。

    誰だろうと思ったある日、友人が別件で霊能者さんに観て貰ってたら
    「あなたの亡くなったご家族は今、あなたのご友人の所にいらっしゃいます」
    と言われとっさに「あぁおーちゃんとこだ」と思えたそうです。

    友人とは今でも付き合いがあり目撃談を話してます。

    ユーザーID:5655263682

  • 母の「虫の知らせ」で命拾いしました

    一人暮らしの派遣社員です。

    昨年、ひどい夏ばて倒れ、胃腸科に通うも全然よくならず。
    ちょうど仕事の更新時期だったので、しばらく休養することにしました。

    倒れるようにベッドで眠り込んだまま、何日たったやら。
    実は夏ばてではなく、食あたりによる急性肝炎の昏睡だったのですが、自覚症状がないため、危機感もありませんでした。
    十分休めば元気になるわ、お医者にもいったし。
    無職中なため、欠勤で誰かが心配してくれるということもなく。

    「喉乾いたな・・・でも起きるのしんどいな・・・
    一眠りしたら元気も出るだろうから、目が覚めてからにしよう・・・」
    みたいに夢うつつの状態にいたところ
    突然普段はやってこない実家の母(新幹線で3時間の距離)が登場!

    「あなたが病気になってる夢を見たんで、メールしたんだけど返事がないから、来た!」と。
    別段信心深くもなく、オカルトも信じない母なのですが
    今回だけは只事ではない気がしたからんで来た、と母。

    私は救急にかつぎこまれ、即入院。
    母が来てくれなかったら、人知れず腐乱死体になってるとこでした。
    母、ありがとう。

    ユーザーID:3201145576

  • 二人の祖父

    いたって普通のサラリーマンの家庭に育ちました。中学の時に父が他に女性を作って家を出る迄は。
    母は生活不安も伴って自殺未遂。
    既に大学に進学していた姉は荒れた家には戻ってこず、13歳だった私が全てを否応が無く受け入れる羽目に。
    それから数年、短大も卒業した私はある男性と出会い24で結婚しました。
    彼と結婚したのは私にとって人生の土台を作る大切な基盤でしたがそれも4年で上手くいかず。
    離婚し自立できる迄大変な思いをしました。

    縁あって転職した会社でも激務で心療内科に通う様に。
    でも社内で出会った彼氏に助けられながら何とか今日迄やってこれました。

    母方の祖父が大きな出版社を興したのは知っていました。
    祖父と祖母が離婚し縁が薄くなっている今では特に付き合いはありませんが。
    最近父方の祖父がその昔やくざの親分だと知りました。
    田舎の山師から始まって、東京に出て大きな組を構えたそうですが生前は2回位しか会った事はありません。

    自分の人生が波瀾万丈だと大して思っていませんが、そんな両祖父の血を引いている私が、転びながらも今満足した毎日を過ごせているのは彼らの何かが影響しているとしか思えません。

    ユーザーID:8937431813

  • つい昨日も、ありましたー

    0歳の娘はよく後ろに倒れ、頭を打ちます。
    つい昨日、外でランチでした。
    段差のある地面(アスファルト)の上に、レジャーシートを敷いて。
    ふと目を放した隙に、後ろに倒れるっ!危ない! ガクッ!

    私の足首がクッションになったのです。
    私はその時、なぜか普段しない不自然な座り方をしてました。
    前日に娘の誕生石を購入した矢先、それもあるのかな。

    もう一つは、以前、添乗員をしてた時。
    集合場所が見える部屋のホテルに前泊した私は、目覚ましをセット。

    突然、男性の大きな声がして、ビックリして飛び起きました。
    心臓はバクバク・・・私一人で宿泊してたので。
    落ち着き、時計を見ると、寝て、寝過ごした、しかもなぜか止まってる。
    慌てて外を見ると、早くもお客さんがチラホラ。 (朝5時)

    部屋を出ようと思ってた時間ちょうどだったので、とにかく大急ぎ。
    もし、あの時、起こしてくれなかったら??遅刻でした。
    見守っててくれてたんだな、と、感謝です。

    ユーザーID:5156222820

  • 父の身代わりになってくれました

    数年前、家族で外食をしていたところ、父が急に倒れました。
    私達の目の前で、変な声を出しながら椅子にもたれ、目を開いたまま動かなくなってしまいました。
    その姿を見て、死んでしまったと思い、震え、皆パニックになりました。
    救急車を呼び、幸い意識を取り戻し、無事でした。
    父が倒れたとき、その場に妊娠中の姉も同席していましたが、その2日後、流産してしまいました。
    とても悲しく、皆で泣きました。
    でも母が、「きっと赤ちゃんが父の身代わりになってくれたんだと思う」と言ったのです。
    うちは自営業で、家族だけで営んでいる小さな会社ですが、社長である父しか知らないことも沢山あったそうで、その時もし父が亡くなっていたら大変なことになっていたそうです。
    こんなタイミングだったし、本当に赤ちゃんが父の身代わりになって、皆を守ってくれたのだな〜と納得しました。
    生まれてこれなかったことはものすごく悲しいことだったけど、赤ちゃんにはとても感謝したいです。
    その2年後、姉には無事にとても元気な赤ちゃんが産まれました。
    身代わりになってくれた赤ちゃんの分まで可愛がってます。

    ユーザーID:4420653296

  • 私もあります。

    私も、常々、誰かにまもられてるなぁって感じてたので、このトピは、とても嬉しいです。 うまく説明できませんが。私も三年半前に父を亡くしました。 父や、先祖の方が守ってくれてるのかな。 辛い事ありますが、頑張って生きてこうと考えさせられます。

    ユーザーID:7059101787

  • はい、あります

    ご先祖様に守られていると思われます。
    在米ですが、帰郷すると必ずお墓参りに行きます。

    最大は信号待ちで左から来た車と右車線の車が衝突して、
    目の前の車にぶつかったのですが、私の車はかすりもしなかったです。
    その瞬間巨大なシールドに包まれたような錯覚がしました。
    他にも2、3台破片等で被害があったようですが、
    単にラッキーだったとはどうしても思えません。

    他に、一度離婚してますが、再婚相手が信じられない程良い人で、
    前より経済的にも余裕が出来て幸せになれた事。
    中学生から思い描いていた生活を現在手にしている事。
    失敗、挫折しても結果的により豊かな生活に導かれている事。
    自分だけの力とはどうしても思えません。

    ご先祖様どうもありがとう!
    これからも私達家族を見守って下さいね。

    ユーザーID:9664082499

  • ありますあります!

    1.小学生の頃、家の前で不審者に連れ去られそうになったんですが、隙を見て家に入りました。その後何日か、その男が遠くから私を見ているのを見ました。ある日、一人で自転車で出かけたとき、家から見送っていた祖母が後で、私の後を男が自転車で追いかけて行ったと言いました。あの男だったんです。私は途中角を曲がったところで自転車を止めて、後から来るはずの父を待っていました。すると、私が角を曲がったのに気づかなかったその男がまっすぐ道を走って行くのが見えました。危ないところでした。(その男はその後、公園で他の幼児を連れ去ろうとしていたところを捕まったそうです。)

    2.海外の高速道路で事故にあったんですが、サイドミラーが折れてガラスを破って入ってきて、顎を直撃。もしかしたら衝撃で気絶していたかもしれないし、ミラーやガラス破片が目に当たっていたら、死ぬところでした。幸いその時は私の周りには車があまり走っていませんでした。車はドアとミラーの修理だけ、私は2針縫っただけ。不幸中の大幸いでした。

    他にもいろいろあります。私は勝手に、私の後に生まれてくるはずだった弟か妹が守ってくれているんだと思ってます。

    ユーザーID:3484886650

  • あります!あります!

    ヨーロッパへ一人旅している時の出来事です。
    朝の9時半ごろ、ホテルからの大通りを使って美術館に向かいにいく途中、すれ違った男に羽交い絞めにれました。その時、怖いとかいう感情を通り越した、今まで味わったことのない感情でした。うまく表現できませんが、搾り出し様な「生きていたい」という感覚です。

    そのときに、その国の言語が喋れる日本人の人が私を見つけてくれ、「こら、なにやってるんじゃー!」と叫んでくれたので、解放されました。

    その日本人の方のおかげで解放されたのはもちろんですが、そのときに不思議と、なくなった祖父母が助けてくれたんだ、と確信しました。
    おじいちゃん、おばあちゃん、ありがとう!

    ユーザーID:4327910808

  • あると思います!

    数年前の出来事です。当時付き合っていた彼と車で飼い猫のお墓参りに行く途中でしたが、交差点で事故に遭い、私は助手席に座っていたのですが助手席はぺしゃんこ。助手席側の窓ガラスは全部割れていました。ものすごい衝撃だったと思いますが、何故か無傷。擦り傷ひとつありませんでした。もっていたお線香はばらばらになっていて…。きっと守護霊さまが守ってくれたんだと信じて疑いませんでした。本当に奇跡でした。

    ユーザーID:9214172070

  • 私の体験ではないですが

    妹の結婚式の日、予報では降水確率70%と言われていて妹はとても残念がっていました。
    当日は、朝小雨がちらついていたものの式が始まる頃にはおさまり、青空が見えてきました。レストランで行ったのですが、テラスに出てブーケトスやお友達の余興など、楽しく過ごし最後に記念撮影を行いました。式が終わりお客さま全てが帰られた途端、いきなり大雨が降ってきたのです。
    式の間だけ天気が回復したのは亡くなった祖父がそうしてくれたのではないか、と勝手に解釈しています。

    ユーザーID:3328021321

  • ありますよ〜

    最初の夫を亡くした者です。

    海外へ転居し、広い道の端に車を停めて地図を見ていました。
    だいたいの場所がわかったので、発進して道へ出よう、としたその時!

    坂の向こう側で見えなかった後方車とあわや衝突しそうになりました。
    相手の車の鼻先が見えたとき、「しまった!終わりだ!」と一瞬目を閉じました。が、その方がすんでのところで止まってくれたので、助かりました。
    マックスで脈打つ胸に手を当てながら外を見ると、車間距離はなんと3cmほど。
    窓をあけて、相手にやっとの思いで「すみません」というと、相手の若い男性はにっこり微笑んで手を挙げ、「大丈夫、気にしないで」というジェスチャーをして走り去って行きました。(相手がいい方だったのもラッキーでした)

    あのときは、ぜーったい亡夫に助けられた、と思いました。
    亡夫は、とても運転がうまかったのです。

    ありがとう、○○くん、とても感謝しています。

    ユーザーID:3945074275

  • 虫の知らせみたいな

    私の場合は仕事の書類とかで、きちんと見直しもして封筒に入れる時「?」みたいな感じがして、念のため封をする前にもう一度確認をすると小さなミスが見つかる事があります。書類だけじゃなくて他の事でも、なんかもう一度確認したい気持ちがフッと湧く時だけ、思い違いや話のすれ違いとか必ずあります。誰かが教えてくれてるんだなって思ってます。

    ユーザーID:4528252709

  • あります。

    私は2回、母は1回あります。
    母のケース
    1.母が高校生のころ、いつも仲良くしていた叔母家族の家に引越しの手伝いに行き、叔母は母がいつも通りのように泊まっていくと思っていたところ、母はなんだかずっと胸騒ぎを感じ、用事もないはずなのに、「帰らなきゃ、帰らなきゃ」と焦り、叔母の勧めも振り切りあわてて帰ったそうです。そしたら明け方叔母から「帰ってくれて良かった」と電話があったんです。その理由は、母が寝るはずだった部屋の真下から火が出火し、家が全焼しました。

    私のケース
    1.高校生の時、ある日の薄暗い冬の夕方自転車で帰っていました。信号のない場所を渡ろうと右左と確認してたのですが、片側(私がいた方側が)がものすごい渋滞の上に少し坂になっていたので、その反対側(ガラガラの方)がほとんどよく見えないのです。その内タクシーが真横にきて私と同じ方向に渡ろうとしているので、タクシーが渡る時に行けば大丈夫と思い、タクシーが動いたと同時に一緒に渡ろうとしたら、なんでか分からないのですが一瞬何かに軽く後ろを引っ張られた感があったので、あっと思い渡るの辞めました。
    続きます。

    ユーザーID:6280469649

  • LAでの大地震

    私もアメリカ留学時に、何かに守られていると感じたことがあります。
    あれは、今から15年ほど前、夜中に車でサンディエゴに向かおうと家を出たところ、
    なぜか全然違う方向のフリーウェイを走っていることに気がつきました。
    あわててフリーウェイを降りてUターンして、正しいフリーウェイに乗ろうとするのですが、
    何度トライしても通り過ぎてしまうのです。普段は何の問題もなく走っています。
    しまいには、珍しく霧も濃くなってくるし。
    それで、何かおかしい、行ってはいけないって言っている気がして、止めて家に帰りました。
    そうすると、次の日の朝、ニュースを見て驚きました。
    なんと、LAで大地震があって、フリーウェイが橋脚などが折れて倒れているのです。
    早朝には、LAあたりを通過しているはずだったので、時間はぴったりでした。
    そのまま行っていると、死んでいたかもしれません。

    あの時は、何かに守られていると強く感じました。
    その後は特に危険な目にはあっていないので、守られていると感じたことはありませんが、
    ご先祖様には、いつも感謝しています。

    ユーザーID:9720810739

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧