現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

妻が亡くなりました

41歳
2009年5月6日 10:50

初めまして。
ここは以前から拝見していて「色んな考えの人がいるなぁ」
と楽しんでいました。
さて、タイトル通り今年の1月の末に癌のため妻が他界しました。
42歳でした。子供は高校3年の長女と今年から小学校に入った
長男がおり、現在は3人で暮らしています。
昨年の12月初めに体調不良による検査で癌が発見されたときには
脳、肺、肝臓に転移していて、医者からは「治療は本人が辛いだけ」
と言われ、怯えている本人に告知も出来ず、年が明け最後を迎えるまで
あっというまに過ぎてしまいました。

その最後にしても、前日の夕方にいつもと同じように皆で面会に行き、
ベッドに座っている妻(母)に手を振って「また明日ね」と別れました。
日付が変わって午前3時に病院から連絡が入り、私一人で30分後に
急いで駆けつけましたが、既に心配停止状態でした。
最後すら看取れなかった虚無感、子供達に母を冷たい体で家に連れて
帰ってしまった申し訳無さ。
3ヶ月が経ち何となく生活にリズムのようなものが出来てきた今、
改めて虚しさがこみ上げてきます。
私自身、10歳の時に両親が離婚し父方の祖母に育てられましたが、
母親のいない寂しさを経験しました。その母も昨年やはり癌により
他界し、2年連続で大切な人が逝ってしまいました。

今一番の心配は、まだまだ母親の温もりが大切な6歳の長男です。
妻方の祖父母、地域の学童、もちろん小学校の先生もとても良くして
くれます。おかげで今は楽しそうに毎日を過ごしています。
そういったことでは、一番凹んでいるのは私自身かもしれません。
もし、同じような境遇の方がいらっしゃったら、今後の心構えなどを
ご指導いただけると助かります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ユーザーID:6105068883  


お気に入り登録数:158
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:34本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
アドバイスではなくてごめんなさい
のん
2009年5月8日 17:14

お辛い思いをなされましたね。

トピ主様とは事情が違いますが私も祖母と伯母を癌で亡くしました。
大好きな祖母と伯母だったのでとても寂しかったですし悲しかったです。

息子さん、まだ1年生ですもんね。色々、寂しい思いをするかもしれませんがお父さんやお姉ちゃんががいつも笑っていてくれたらそれで良いと思います。
娘さんも色々と力になってくれるのではないでしょうか。

これから娘さんの進路の事もあって大変だと思います。
トピ主様もお仕事をされているわけですしね。

どうぞ、お体を大切に家族3人仲良く頑張ってください。

心構えとかアドバイスとか、何の役にも立たないレスでスミマセン。
奥様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ユーザーID:0081725299
応援しています。
頑張って
2009年5月8日 19:03

おつらいですね。人生って本当に何なんでしょうね。

静岡県の小学3年生の詩をみつけたのでご紹介します。


母の日

母の日だった。
「おとうさん 毎日おかあさんのかわりをしてくれて ありがとう。」
小さな声で、おとうさんに、プレゼントをわたした。

おとうさんは、なきそうな顔で、じっと、わたしを見ていた。
・・・


トピ主さん、頑張って一日一日をのりこえてくださいね。応援しています。

ユーザーID:9359020883
うちの場合
aya
2009年5月8日 19:34

母が46で闘病2ヶ月程で亡くなりました。
私は18歳で大学入ったばかり、妹は16歳で高校生。
妹は父からも皆からも高校生だから可哀想と。
確かに私より2歳思い出が少ないし高校生なのは可哀想に思います。
でも長女さんもとても辛いのです。
6歳の息子さんも辛いのはわかります。二人とも平等になぐさめて慈しんであげてください。
18歳って思ってるほど大人じゃないです。

ユーザーID:1364288293
お願いします。携帯からの書き込み
もも
2009年5月8日 19:43

わたしは、小学六年生のときに、病気で母を亡くしました。友達や父親の前では、悲しみを悟られないように、明るく振る舞うことを心掛けていました。まだ子供でしたし、友達の心ない言葉に傷ついたことは、一度や二度ではあらませんでした。
その後、高校一年生になったとき、父が再婚しました。嫌で嫌で仕方ありませんでした。家も出たかったのですが、学生ですし、自活するわけにもいきませんでした。また、父にそのような本音は言えませんでした。
お願いですから、お子様が家を巣立つまでは、再婚はよくよく考えてください。子供にとって、母親はひとりしかいません。
いまわたしは30代ですが、20代前半くらいまでは、母を思い出し、ひとりで泣いていました。
貴方も悲しいとは思いますが、子供の世界では親だけが頼りです。
これからできる限り、参観日や入学式、卒業式には祖父母ではなく、貴方が行ってあげてください。
お願いします。

ユーザーID:5014820174
以前に娘の事でトピを立てた事があります
千の風に
2009年5月8日 19:57

大切な方を亡くされたことに、心よりお悔やみ申し上げます。

私の妻も娘が小さいときに病気で他界してしまいました。
子供の存在があるため悲しみに更けている場合ではなく、未来への不安が押し寄せ途方に暮れていたことを思い出します。

私も真っ先に母親のいない穴埋めを出来るものなのか考えました。気持ちが不安定な頃、変な内容でトピを立てたこともあります。
しかしその不安は、自分がしたくない事を逃げてるだけだったという事が分かってきました。
精一杯の愛情を持って育てるしかないと思います。周りの協力は遠慮しなくてもいいとアドバイスをもらいました。

私の心構えは、構えるのではなく自然体でいることを心がけています。

年下であまりいいコメントではありませんでしたが、また笑顔を取り戻せるよう願っております。

ユーザーID:1364380253
長女さんも心配です
れお
2009年5月8日 20:19

確かにまだ幼い息子さんも心配ですが、私には高3のお嬢さんがとても気になります。

母が急に亡くなってつらいのは、小1だって高3だって同じです。
姉だから、幼い弟よりはずっと年上だから、「あの子は大丈夫だろう」なんて思わないであげてください。

奥様とお母様のご冥福をお祈りいたします。

ユーザーID:5062019747
みなさま、ありがとうございます
41歳(トピ主です)
2009年5月8日 20:58

今回は自宅のPCから送信してます。
 >のんさん ありがとうございました。
本当に今は寂しくてしょうがありません・・・
20年前の付き合っていた頃の事ばかり思い出します。
毎日そんな感じなので、仕事の事や家の事に行き詰ってしまい
2週間ほど前にカウンセリングに行かざるをえなくなりました。
でもそこで「今、両方を完全にこなせるはずはないんです」と言われ
随分と救われた感じです。

 >頑張ってさん ありがとうございました。
今、子どもにそんな事をされたら「泣きそうな顔」では済まないですね
泣き崩れてしまうと思います。でももうすぐ母の日ですね・・・

 >ayaさん ありがとうございました。
娘は本当に気丈に振舞ってます。
寂しくない訳はありません・・・
自分としては、娘が今1番楽しんでいる部活を、出来るだけ
続けさせてあげたいです。

みなさん体には本当に注意して下さい。
ありがとうございました。

ユーザーID:4456468751
長女さんの立場でした
みずいろ
2009年5月8日 22:15

私が高校2年、弟が中学3年の時に母が急死しました。父の落胆は大きく、明るく朗らかだった父は人が変わってしまいました。仕事が忙しかったのに、進学を抱えていた私たちに家事をなるべくさせないようにしていました。私たちもそれに甘んじていました。2年後父は胃潰瘍と言われ胃を殆ど摘出、その数ヵ月後亡くなりました。私大学1年生になったばかり、弟は高校3年でした。

本当は胃潰瘍ではなくて、胃がんだったと後で医師から真実を聞いていた叔父から聞きました。トピ主さんも非常にさびしいでしょうし、今後自分の手で子供たちを育てていけるのか等心配不安もあることとお察しします。孤児の経験をした私からトピ主さんにお願いしたいのは、どうかご自分の健康に十分きをつけて頂きたい、ということです。トピ主さんに何かあったら、子供たちはもっともっとかわいそうです。

奥様の不在は、心に大きな穴を残されたでしょうが、どうか奥様の思い出を大事に、奥様との楽しい思い出を家族でも話しながら、3人で手を取り合って生きていってください。時間はかかると思いますし、今はまだ思い出にできないと思いますが、きっとそういう日が来ますよ。信じてください。

ユーザーID:1639535550
大変ですね
ありた
2009年5月8日 22:35

読んでいて目頭が熱くなりました。

これしか言えません、無理のない範囲で頑張ってください。

ユーザーID:0103358295
境遇違いますが
ぽん
2009年5月9日 0:09

45歳妻子もちです。一人息子は今年小学1年生となりました。私の妻は健在ですが、実は私は実母、養母とも癌で亡くしました。養母は一昨年に亡くなりましたが、実母は私が5歳になってまもなくでした。母を亡くすと言うのは勿論辛いことではありますが、妻子を持って中年のこの時期に養母を亡くして思うのは、二度も妻をなくした父の寂しさです。私自身がもし妻を亡くしたらなどと想像しても、子供の存在があってもその寂寥感はいかんともしがたい気がします。

お子さんに対するご心配ももっともなことと思いますが、自分自身の経験で言うと子供は大人よりも親の死を受け入れやすい場合もあるのではと思います。
トピ主さんに対して心構えと言うほど大層なことは何も言えるものではないですが、私が大事な人を亡くした時に思うことは、「その人を亡くしたことを、その人と別れなければならないことを悲しむのではなく、その人と出会えたことに、その人と僅かなひとときでも共に過ごせたことに感謝しよう」です。

ユーザーID:7338467015
娘のお友達のお母さんが携帯からの書き込み
くりいむ
2009年5月9日 0:19

亡くなりました。ついこの前…2月だったと思います。

お母さんとは行事でお見かけする程度でしたが、娘と同学年のお姉ちゃんは5年生、妹さんは幼稚園。なにがそんなにおかしいの?と言うくらい、大きな声でコロコロ笑うお嬢さん達なので、本当に不憫で…。

でも、忌引きがあけてすぐくらいに我が家に遊びに来てくれました。
そんなに間を置かずにまたコロコロ笑ってくれてます。

私からは特に何も話したりせず「よ!いらっしゃーい」くらいですが、笑顔を見る度にほっとしてます。

お母さん本人とは特に親しくなかったので、ご主人は私の事は全然知らないと思いますが、このままうちの娘と仲良しでいてくれたらいいな…と思ってます。

アドバイスにもならないとは思いますが、トピ主さまのお子さんたちも、どんどんいろんな人に出会えるようにしてあげてください。
トピ主さま自身も、こうしてトピを立てたように、周囲に助けを求めることを忘れないでください。

ユーザーID:3613461858
お父さん
じゃん
2009年5月9日 0:43

お辛い気持ちすごくわかります。
読んでいて涙が出ました。
私の母も、癌で闘病中で長くないと告知されています。
毎日が不安ですし、夜も寝れないです。

お子さんを残し逝ってしまった奥様もどれだけ心残りだったかと思うと。。。
がんばるしかないさ、そしてお父さんが倒れるわけにはいかないのだから、きちんと健診を受け子供さんたちの無事成長心よりお祈り申し上げます。
私も今回の母の件で、共倒れになってはいけないと思い、早急に健診を受けましたよ。
奥さんもうちの母の場合も、きっともっと早くに発見されていれば助かっていたはずですよね。
これ以上の寂しい思いをさせないようしてあげてください。
そして泣きたい時は、子供さんの前でも泣いてもいいと思いますよ。
きっと数十年後には、違う涙を流してると思いますよ。

ユーザーID:4046948465
お辛いですね
17
2009年5月9日 0:59

子どもの立場ですが、私の経験と似ています。長女の私が高2、弟が幼稚園生と、年齢の離れ方も似ているため、思わず初めての書き込みをしてみました。

母も癌でした。でも母の場合、自分の病名を知ってから余命を告げられるまで少し時間がありました。小さい弟を残して逝くことが一番の気がかりだったようで、父の再婚相手を自分で探していたようです。父にとっては余計なお世話だったかもしれませんが、それほど弟のこと、そして残される父のことが気がかりだったのでしょう。

父と母との間でどういう話があったかは知りませんが、結局、母が亡くなって1年後に父は再婚しました。それから随分と時が経ち、私も亡くなった母の年齢に近づいています。振り返ってみると、弟にとっては、新しい母親がきてくれて結果的に良かったと思います。その頃の私は未熟すぎて、弟の母親代わりは満足に務められなかったでしょう。父も、亡くなった母のことを私と話すときは今でも目に涙を浮かべますが、今の母とも仲の良い夫婦として老後を過ごしているようです。

同じ境遇にあった私の経験談に過ぎません。そして大切な人を亡くしたばかりの方にこんな話をして申し訳ありません。

ユーザーID:7109972766
何とも言えませんが携帯からの書き込み
長女
2009年5月9日 1:40

お悔やみ申し上げます。
奥様も無念だったことでしょう。
ご家族皆様もまだまだお辛いことでしょう。
しかし、お父さんががんばってあげてください。
娘さんにどうしても負担がいってしまう気がします。
娘さんもがんばってしまうでしょう。
息子さんももちろん、娘さんがあなたに甘えられる隙間も作っておいてくださいね。
そしてあなたは大変でしょうが、子供の成長を糧にがんばってください。
どうか家族皆で乗り越えてください。
応援しています。

ユーザーID:0041181356
お父さんの元気が一番!
りらっくま
2009年5月9日 16:30

私のケースは逆で、夫が40代半ばで突然倒れ、亡くなりました。倒れてからは全く意識がなく、最期も看取ることができませんでした。
しばらくは、夫が亡くなったという感覚はありませんでした。夫がどこか、長い旅行にでも出かけているような気がしていました。
でも、日が経つにつれ、どうしようもない虚無感、そして、子供たちが「パパに会いたい」と泣くのに対して、何もしてあげられない悲しさ、いろんな感情がどっと押し寄せてきて、よく家で一人で泣いていました。

続きます。

ユーザーID:6146972091
お父様の元気が一番!
りらっくま
2009年5月9日 16:52

続きです。
子どもたちは意外とたくましいもので、学校へ通う中でいつものペースを取り戻しました。もちろん、近所の方、学校の先生方は、とても配慮してくださいました。
そして、子供たちがいてくれたことが私を早く立ち直らせてくれたように思います。

でも、これは心身共に自分が元気であってこそのこと。検診などはまめに受け、何よりお父様が元気で過ごされることが大事ですよ。子供さんにとって、頼るべき唯一の存在ですから。
夫が亡くなって数年経ちますが、今では涙なしで子供たちと想い出話ができるようになりました。いつか、きっと笑って奥さまの事を話せる日が来ます。日にちが薬です。
ご無理をされず、時々息抜きをしながら。マイペースで進みましょう、お互いに。

ユーザーID:6146972091
悲しみのままに終わらせないで・・・
monshato
2009年5月9日 16:58

素晴らしい奥様との出会い、また奥さまの思いやりに満ちた人
柄や、在りし日の眩しいばかりの存在の印象が伝わってきます。
そうした大きな存在を失ったあなたの悲しみは体験していない
私には、とうてい想像できるものではありません。

今の悲しみの背後にあるのは、素晴らしい奥さまとの出遇いが
喜びに満ちていた証でしょう。奥さまを亡くされてから今日ま
での歩みの中で、それまでは感じられなかったことを、色々と
感じることがあったのではないでしょうか。

どことなく漂ってくる今の空虚さも、その一つだと思われます。
悔いや愚痴も含めて、亡き奥さまがあなたに残してくれた存在
の証しであり、死別の体験を通して見えるようになったことや
感じられるようになったことを深め、それらを受け止め育んで
いくことこそ、これから亡き奥さまと共に生きていくことを意
味するのだと思います。

おそらくは悲しみや空虚さには意味があるはずです。こうして
小町にトピを立てたことも、その悲しみによってもたらされた
ものだと思えるからです。身も心も簡単に癒えるものではない
と思いますが、どうぞ、ご自身をいたわってあげて下さいませ。

ユーザーID:4498621032
立場は逆ですが
負けない母
2009年5月9日 17:25

5歳と10ヶ月の2人の子の母です。下の子を妊娠している間に
乳癌が見つかりまして、出産後自分も全摘手術を受けました。
奥様もトピ主さんやお子さんを残してお亡くなりになったのは
無念だったことでしょう。
私の場合も決して早期とは言えないですが幸い骨などの転移は
なく、術後1年を迎えようとしています。
生きていて良かったと思う反面、再発への恐怖は尽きません。
主人や子供達に悲しい思いをさせないよう自分を奮い立たせる
毎日です。
トピ主さんどうぞ体を大切にして、あまりがんばりすぎないように
してください。お子さん達もきっとトピ主さんの気持ち
分かっていると思いますよ。

ユーザーID:1429354392
やっぱり
41歳(トピ主です)
2009年5月9日 21:06

ここに相談してみて良かったです。
皆さんお一人お一人に返事が書けずにすみません・・・
こんなに励ましていただけて本当に感謝いたします。

今日は休日出勤で、息子を連れて会社へ行ってきました。
娘は部活の発表会が近いので学校へ・・・
でも朝の洗濯干しは娘がやってくれました。

2週間前は本当に精神が不安定で自暴自棄になっており、
今思えば恐ろしいですが、「自殺」の文字が頭の中を過ぎりました。
これからは皆さんの励ましを胸に、体調管理に気を付け、
妻の分も子ども達と笑いあいながら成長を見届けたいと思います。

 >負けない母さん
頑張って下さい!

レスを下さった皆さんもお体に気を付けて
ありがとうございました。

ユーザーID:4456468751
同じ立場です
MASU
2009年5月11日 15:55

はじめまして
普段は見てばかりなのですが、思わずレスさせて頂きます。
私も5年前、妻を大腸ガンでなくしました(私は43、妻は40でした)。当時6歳の娘がいます。
病気が分かってから半年も経たないうちに、あっという間に行ってしまいました。
今振り返っても、その後1年位の記憶が曖昧です。
時間薬とよく言われます。確かに悲しみは薄れては来ましたが、今でも毎日のように妻のことを思い出しています。
トピ主さん、今は悲しむ時です、悲しんで泣いて良いんです。子供たちが居ると気を遣うと思いますが、一人っきりで泣く時間を作ることをお勧めします。
当時(今もですが)、慰められたものを御参考までに。
愛と死別の掲示板、Walking tour(このあたりはwebで検索してみてください)
中島みゆき「永久欠番」「雪」、コブクロ「蕾」「遠くで」、新井満「千の風になって」
下園 壮太 (著)「愛する人を失うとどうして死にたくなるのか「《うつ》から自殺へ」を「生きよう」に変える力 (単行本)」
元気になって下さいとかはとても言えません。ただ、トピ主さんが穏やかに過ごせることを祈念します!

ユーザーID:8124091462
 
現在位置は
です