みなさんのご両親はお見合い結婚でしたか?

レス48
お気に入り27

徹男の部屋

男女

団塊の世代くらいまではお見合い結婚が主流だったと聞きましたが違いますか?

お見合い結婚の賛否ではなく、決められた結婚に逆らえない時代背景ってどんな感じだったのでしょうか?

法事等で親戚一同集まる席で、「結婚はまだか」と独身の方はターゲットにされませんか?
そんな時あなた達とは時代が違うと思ったりしませんか?

私が知りたいのは、好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実があったのかなかったのかということです。

ユーザーID:8930709472

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数48

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • みんな見合いだそうです

    >好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実があったのかなかったのか

    という問いには「何%かはあったでしょう」ですね。

    私の親も祖父母も、たくさんいるおじ・おばも、
    みんな見合いだと聞いています。
    当の私も兄も(団塊の世代よりちょっと下ですが)見合いです。
    友人も従兄弟も見合いが多いです。

    でも、みんな夫婦仲は良いですよ。
    みんな決められて逆らえないとか、好きでない人と結婚する
    という偏見はやめましょう。
    もちろん、政略結婚などで、そういう話もあったようです。

    昔は、就職も結婚も、初めは好きでなくても努力すれば
    仕事もできるようになるし、夫婦仲も良くなったのではないかと
    思います。

    今は自由が浸透して、最初から好きなのを前提に
    しているだけだと思います。

    今は結婚しなくても暮らせる社会になりましたけど、
    就職の自由は増えましたが、「より好み」しすぎると
    行きたい就職先がなくなって暮らせなくなる事は同じです。

    昔は結婚も生活の手段であり、お互いがそう思っているから、
    うまくいくケースが多かったのかなと想像しています。

    ユーザーID:1869752819

  • 幸せな事例かな?

    母の兄弟はほぼ全員、お見合いです。
    でも、今のお見合いと同じで、気に入らなきゃ断ってたみたいですよ。
    母も一人目は断った、と言ってましたし、伯母は結納後に破棄したので大変だったみたいです。叔父の一人が恋愛で、しかも駆け落ちして絶縁していましたが、恋愛結婚が問題ではなく、祖父との大げんかによるものだったようです。
    遡って、曾祖父は血を薄めないために従妹と結婚したものの相性が合わず、すぐに離婚、遠縁の曾祖母と見合いして再婚したようです。曾祖父は生前、曾祖母のことを「可愛い人」と言い、曾祖母も「美男だったから結婚した」と言ってました。
    実はそこそこそれなりな家(歴史追えます)なので、後継ぎや付き合いは大変なのですが、付近には張り合う家も文句を言うような家もなく、問題にはならなかったようです。
    曾祖父と離婚した方も、すぐにまた、気に入った方に嫁したようで、未だにその家とも付き合いが続いていますし、絶縁してた叔父一家も今は出入り自由になってます。

    母曰く、「うちはリベラルな家系なのよ」だそうです。
    ちなみに両親はもうすぐ古希を迎えますが、自他共に認めるラブラブ夫婦(笑)です。

    ユーザーID:5831142032

  • 参考にならないとは思いますが・・・

    私の実の両親は団塊の世代の一世代上(戦中生まれ)ですが、
    両方の親に反対されつつ、恋愛結婚をした珍しい人たちです。

    で、主人の方の両親はと言うと、私が嫁いだ時には既に、義父しかいませんでしたので、
    義父の時はと言うと、ある日、昼ごはんを食べていたら、ご両親から
    「このご飯を食べたら、午後から向こうの家に行くように」と言われ、
    タンス一竿持たされて、この家に来たがよ・・・と言うお婿さんでした。
    初めて聞いた時は目がテンになりました。。。
    子供は3人居ましたが、どうなんだろう。。。
    主人の話を聞くと、両親が一緒に出かけると言う事は全くなかったとの話でした。
    そして、どうも、義母の方が強かったみたいです。

    ちなみに、私は、40代を過ぎるまで独身でしたので「結婚はまだか」と言われ続けましたが
    35歳を境に全く、誰からも言われなくなりました。

    ユーザーID:3304720803

  • 政略結婚じゃないんだから

    普通の家庭なら普通に嫌なら断るし今の見合いと変わらないですよ。今のネットや相談所主流の代わりに近所のおじちゃんおばあちゃんの紹介ってぐらいじゃないですか?

    見合いなんて出会いの一手段なんだからそんな目くじら立てなくてもいいと思いますけど。

    ユーザーID:2168059400

  • 私の両親は

    私の両親は恋愛結婚だそうです。私は既婚の35歳です。父親は60過ぎ、母は60直前の学生運動の世代です。
    大学で知り合って、母が卒業してすぐに結婚したそうです。
    同級生には学生結婚の友達もいたそうです。

    私はそんな両親の元で育ったので、昔から恋愛結婚が普通だと思っておりました。
    祖母の恋愛話も(戦争で悲恋だった)聞いていましたし…。

    ユーザーID:3950911200

  • 両親も双方の祖父母も恋愛結婚だそうです

    しかも母方の祖父母の場合、祖父の両親は祖父の長兄に祖母を(見合いさせる)という思惑があったようですが、四男である祖父と大恋愛の末結婚しました。
    よって、祖父の母による嫁いびりが半端なものではなかったとのことです。
    ただ四男なので同居ではなかったらしいですが。

    私も恋愛結婚ですが、夫の実家が両親も両親の兄弟姉妹もみ〜んなお見合いで、私たちが恋愛結婚というだけで反対でした。
    夫とはうまくいっていますが、夫の実家のような考え方の人たちは、お見合いで相手を探した方が、結局お嫁さんが一番楽なのではないかと感じています。

    父方の祖母の友人の一番上のお子さんは父親がご主人でないと、認知症の祖母から聞かされた時は、数回会ったことがあるくらいの私みたいな者がこんな重大な事実を知ってしまって、祖母の友人やお子さんが気の毒だなぁと思いました。
    しかもご主人は、お見合いで祖母の友人と出会ったそうですが、恋してしまい、妊娠の事実を告げられてもそれを承知で結婚を申し込んで来たそうです。
    男気がある。
    たしかに祖母の友人は美人さんでした。
    妊娠した娘を見合いに出すというのもすごいですけどね。

    ユーザーID:7370758155

  • お見合いと言うより、勝手に親に決められていた。

    母親談ですが。
    他に好きな人がいて、結婚も考えていたのに親に反対され挙句勝手に相手(現父親)が決められていて、泣く泣く18で結婚したそうです。

    でも、子供3人も産んでいます。(苦笑)
    (私には真似できません。)

    とそんなグチを子供に散々愚痴っておきながら、私が26になった途端、世間体が悪いとお見合いの嵐。
    好きでもない人と結婚できないと言っても聞く耳持たず、果ては断ると号泣するし困った親でした。

    また紹介者も見合い結婚だった場合、写真を見て断ると「一度だけでも会ってみて。」→会ってもピンと来ず断ると、「一度じゃ分からないでしょ!」と1時間以上説教されたり。(初めの写真、意味無し)

    ある紹介者の40歳の女性曰く、「私も初めは夫の事好きじゃ無かったけど、結婚してから好きになったのよ。」と、下手な宗教の勧誘みたいでした。

    見合い結婚した紹介者、及びお見合いを仕切る人って、会わせれば何とか成ると思ってるのか・・会ったが最後、断ろうとすると説教で説き伏せようとするので、心身ともに苦痛でした。

    お見合いとは人生最大のストレスでした。紹介者が年寄りだと尚更。

    ユーザーID:0613497228

  • 両親も義父母も祖父母も恋愛結婚。

    >団塊の世代くらいまではお見合い結婚が主流だったと聞きましたが違いますか?
    あっ、そうなんですか。
    私の周りでは恋愛結婚の方が多いので私からすると主さんの考え方は偏見に思えます。
    私の両親は恋愛結婚で「学生の分際で」とか「上の兄弟より先に結婚するな」と
    言われて反対されていたそうです。
    でもこれではトピの主たる問いに答えてないですね、済みません。
    一応みんな団塊の世代より上です。

    ユーザーID:7268847429

  • お見合いでしたよ

    お見合いだけど、別に嫌なら断れる見合いです。

    戦国時代の結婚じゃないんだから
    お見合いったって、ちゃんと本人の意思を尊重しての結婚が
    多いと思いますよ。

    家や地域などにも多少は違いがあるかもしれませんが。
    我が家の親戚はお見合いが多いですけど、
    離婚している人はいません。

    むしろ、恋愛結婚している親戚の方が離婚率高いです。
    理由はいろいろありますが。

    今だって、恋愛だ〜っていっても
    結局は「誰かの紹介」が多いでしょ。
    合コンだって、集団お見合いじゃないですか。
    だから お見合いって悪くないと思います。

    むしろある程度の年齢で結婚を考えての出会いなら
    見合いが一番いいです。
    結婚までのかけひきや悩みがワープされるから。

    ユーザーID:0651179109

  • うちの場合

    私の両親は昭和20年前後の生まれです。
    2人は遠い親戚同士だったそうです。
    「××家に年頃の男性(父のこと)がいるけどどうだ?」と母に話が来たそうです。
    母ははっきり言って嫌だったので断りたかったらしいのですが、長兄に「親父、がっかりするぞ」と言われて泣く泣く結婚したらしいです。
    ということは、父はどうだったか分かりませんが、母はたいして好きでもない男性の子供を産んだのかも知れません。
    子供の私としては複雑な気持ちになる話ですが・・・。
    しかし最近、母が体調を崩しました。父は母の入院先に2週間毎日通い、身の回りの世話をしてくれたそうです。母もそんな父にとても感謝しているみたいです。
    結婚して40年、いろいろあっただろうけど、お互いにかけがえのない存在になっているんでしょうね。
    大好き同士で結婚したけど離婚した夫婦も知っているので、お見合いだから、恋愛だから、というのはあまり関係ないのかもしれませんね。

    ユーザーID:2510090731

  • お見合いでしたが…

    うちの両親も見合いでした。仲は普通かな?
    二人のお見合いの時の話は、今でも笑い話で懐かしそうに話してくれます。
    父は仕事が忙しかったそうで、ようやく取れた休日に、その日のうちで三回もお見合いしたそうです。
    母はその2番目のお見合い相手で、しかも母も過去に何度もお見合いしてたそうで、
    いい加減面倒になったとかで、その日のうちに「この人でいいや」って決めちゃったそうです。
    そんなんでいいの?(笑)って感じですが、今までなんとかやってます。

    でも祖母の世代はちょうど戦争が重なったから、お見合いするにも男性は戦地に行ってて、
    そのまま結婚式も代理で済ましたそうですよ。
    夫である人との初対面が結婚式してから数年後とかざらだったとか。
    それでも夫が生きて帰ってきてくれた人は運が良かったって言ってましたから、
    戦時中に結婚する年頃を迎えた人は本当に大変だったでしょうね。

    ユーザーID:6600781211

  • 恋愛結婚&お見合い結婚

    団塊の世代の両親と、母より二つ上の叔父夫婦は恋愛結婚でした。
    母より3つ下の叔母は、大学に長くいたため、
    「女は25過ぎたら売れない」と言われた時代に29歳でぎりぎり駆け込みで
    見合い結婚でした。でも当時でも気に入らなければ断ることも出来ましたよ。

    今との違いは恋愛結婚は珍しくないけど
    「付き合ったら結婚」っていう感覚だったようであることです。

    完全に家同士が決めた結婚で二人の意志がまったく介入ゼロだったのは
    祖父母(祖父は他界、祖母は80代)ですね。
    戦前の価値観なので、さすがに結婚観も今とはずいぶん違ったでしょう。

    その祖母から25歳のころ、「のりたまはどうして結婚しなかったんだい?」と過去形で
    尋ねられたときにはびっくりしました。25で独身なら、もうこの子は一生ヨメに行かないつもりなのだろうと思ったらしいです、、、、
    いまだにヨメには行っていないので(まだ行くつもりですが)、あながち間違ってはいないですが。

    ユーザーID:1014338294

  • 断ったこともあったそうです

    わたしの両親は見合いでした。
    生きていれば75歳くらいです。
    母の話によれば、断ったこともあったそうです。
    何人か会った中で、よしと思ったのが父だったわけです。
    「同じ世界の人間だと思った」んだそうですよ。

    わたし(40代半ば。恋愛結婚至上主義の多い世代です)も見合いです。
    大きな交通事故に遭うなど困難なこともあったけど、
    支え合う仲の良い両親を見て育ちました。
    それで、自分も絶対見合いで相手を選ぼうと、
    子どものころから決めていました。

    好きでもない男のこどもを身ごもるということも、
    中にはあったんじゃないですか。
    見合いで知り合って、愛情を育みながら結婚生活を送っている人はたくさんいると思います。
    でも、すべての見合結婚のカップルがそうなわけではないと思います。
    すべての恋愛結婚のカップルがそうではないように。

    ユーザーID:4076572580

  • 昔の人は偉い・・・

    私の父方の祖母は、19歳で、一回りほど年上の祖父と
    親に決められ、顔も一度見ただけで結婚しました。
    しかし、祖母が30過ぎの頃、祖父がガンで他界。
    その後、祖母は、ひ祖母と家業を続け、子どもを育て、
    祖父の50回忌の法要を済ませた翌年、急性心不全で亡くなりました。
    もちろん、不倫のにおいのかけらもありません。

    父の姉二人も、親が決めた相手と結婚し、
    伯父は亡くなりましたが、最後まで添い遂げました。
    父だけが、職場恋愛です。

    私の夫の両親、伯父、叔母、全員、見合い結婚だそうです。
    でも、今の見合いのようなものらしいです。
    皆、円満です。

    ところが、夫の父方のいとこ8人中、3人は恋愛結婚し、数年で離婚しました。
    2人は独身主義です。
    上手くいっているのは、私たちと、あと二人の従兄夫婦だけです。

    昔の人は、辛抱強いですね。

    ユーザーID:5650785774

  • 母と叔母は

    結婚当日初めて旦那と会ったそうです。
    しかも写真を間違えて母と叔母で入れ替えて見ていたらしく
    当日旦那になる相手が入れ替わっていたのに気づいたそうです。
    親の言いなりだったそうです。
    母は父とは会わなかったみたいで文句ばっかり言ってました。
    叔母も旦那とは喧嘩が絶えなかったです。

    ユーザーID:1612104864

  • うちは代々、恋愛結婚

    母方は、慶応生まれの曾祖母、明治生まれ祖母、昭和10年生まれの母は、みんな恋愛結婚です。
    当時とても珍しかったそうです。
    曾祖母は、初恋の幼なじみと16歳で、祖母は学生だった祖父が下宿したところの近所に住んでいたそうですが17歳で、母は東京に憧れて親の反対を押し切って上京し、就職した会社で父と出会って恋愛結婚です。

    私は昭和44年生まれですが、私の友人の両親はみんなお見合いだったということで、結構驚いた覚えがあります。
    ちなみに母のきょうだいは10人きょうだいですが、お見合い結婚したのは本家の跡継ぎの母の兄である長男だけ。
    あとは全員恋愛結婚だそうです。
    父は昭和4年生まれの6人きょうだいの長男ですが、全員両親含め、恋愛結婚だそうです。

    夫の両親、きょうだい、祖父母は全員お見合いだそうです。

    ユーザーID:6348031155

  • 明治の時代のはなし

    祖母から聞いた曽祖母の話です
    その時代、職業選択の自由なんてありませんでした
    結婚が食べていくための唯一の手段と思われていたそうです

    誰もが親の決めた相手と結婚していました。
    それは見合いとも呼べない状態。

    結婚式まで相手の顔を見たこともなく、そして結婚式においても相手が誰だかわからなかったそうです

    当時の田舎の結婚式は、3日間たくさんの親戚を集めて飲めや歌えやの大騒ぎ
    新郎の兄弟はたくさんいて顔も似てるし…この中の誰だろう…みたいな感じだったそうです

    今から100年くらい前の田舎の村のはなしです

    ユーザーID:6161599657

  • 恋愛結婚のほうが多くなったのは1960年代後半だそうです

    戦前には圧倒的多数がお見合い結婚ですが、1960年代後半にはお見合い結婚と
    恋愛結婚の比率が逆転したという統計があります。
    団塊の世代は1948年前後の生まれですから、主に1970年代に結婚
    していると思われますので、もう恋愛結婚の方が多少多いでしょうね。
    私の長兄も団塊の世代生まれですが大学の同好会で知り合って恋愛結婚しています。

    数年前100歳目前で亡くなった祖父の妹は演劇をやっていて仲間と恋愛結婚したとかで、
    亡くなるまで「○○おばさんは自由恋愛だった」と話題にされていましたから
    その頃はかなり珍しかったのでしょう。

    ユーザーID:6402956403

  • かなり昔の話

    私の祖母〜生きてれば126歳です。
    一度は結婚前に会って納得して嫁いだのですが
    嫁いで、一目見て帰ったそうです。
    何故と聞いたら背が低くかった、小さかったと〜
    そんなの見合いしたとき、分かるだろうと言ったら座ってたし、よく見なかったと

    次に結婚するときは、しっかり背が高い祖父と結婚!
    おかげで私がいます。
    身長189センチです。

    そんな時代〜大正末期ですが
    嫁いで一夜も過ごすことなく帰ったのが私の祖母です。

    ユーザーID:2695415854

  • すみません。愚痴言わせてください。

     昭和ヒトケタの両親は、お見合いというか、母方の祖父の始めた町工場を継がせるために、婿養子を取りました。私の生まれる前に祖父は亡くなり、も〜う悲惨な家庭でした。母親はもう父が嫌いというのを前面に出していましたから。外からは分かりませんけどね。「断れた」と言う方の家庭は幸せですね。好きでもない男のこどもを身ごもっていたんですよ。私たちこどもを嫌うということはなかったけれど、私たちに、父の悪口を何たらかんたら。あの〜、アナタにとっては憎い男かもしれないけど、私たちの父親なんですけど?よくそんなこと言えますね。父は亡くなり、母だけ残っていますが、誰も同居しようなんて思いません。まあ、時代や社会制度の犠牲になったかわいそうな母とも言えますが、それにしても子どもに与えた悪影響は大きすぎます。
     嫌いな人と結婚しちゃいけませんよ。

    ユーザーID:1169839608

  • トピ主さんはどうして知りたいの?

    トピ主(徹男の部屋)さんは男性ですよね?

    >私が知りたいのは、好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実があったのかなかったのかということです。

    申し訳ありませんが、質問の動機にいやらしさを感じてしまいます。
    自分の母親に聞いてみてはどうですか?

    ユーザーID:6647169947

  • うちの両親は見合いですが・・・見合いはすすめないそうです

    父は母をすごく好きだったみたいですけど
    それは母が美人だからで

    母は他に恋人がいたけれどその恋人が結婚に踏み切れなかったらしく
    子沢山の家庭の長女だった母は自分は早く家を出なければいけないと思っていて
    サクッと見合いで結婚したそうです

    父を選んだ理由は、一流企業につとめていて転勤族だったから
    田舎の地元を出たかったらしいです

    そして父が病を得て亡くなり
    母は
    「まさか父が死ぬとは思わなかった。結婚は本当に好きな人とした方がいいわよ」
    と言ってましたよ

    こういう事情を子供の間に聞いてしまってたら
    ぐれたろうな〜と苦笑しました

    ユーザーID:7845596947

  • 見合い結婚も見直して欲しい

    私の友人、50歳、団塊の世代よりかなり下ですが、見合い結婚です。恋愛結婚でここまで両家の相性が良いことはありえないのではないとさえ思える結婚をしています。そして、20数年今でも幸せだそうです。
     恋愛結婚で失敗知る人たちを見ていると、見合い結婚の利点を感じずに入られません。

     偏見を持つのはやめましょう。決めるのは当人同士ですから。

    ユーザーID:9334556701

  • 見合いから→恋愛

    私の姉たち、団塊の世代や社会人時代の先輩たちにも
    恋愛、見合い半々でしたよ。

    見合い結婚の先輩(団塊の世代)は、結婚後、新たな
    発見があり今やラブラブだそうです。
    そういう話をヤマと聞きます。だんだん愛が深まるのが
    見合いだと。

    恋愛に関しては、婚約時がピ−ク、だんだん下降気味に
    なるようですね。
    私も社内恋愛ですが、これはあてはまります。
    ただ、一挙に下降せずに平坦なカ−ブでとどまってる
    ことが救いかな。(笑)
    ある意味、いろんな試練があり夫婦一致団結しながら
    愛は、どこかへ行き、絆で結ばれているような感じがします。

    ユーザーID:7656555437

  • 見合い

    主さんが何に対して目くじらを立てるのかはわかりませんが
    かつてはそういう事実はいくらでもあったのでしょうね。

    父は(というか私も)前近代的な田舎町の人間ですが
    長男であるにもかかわらず親がわずらわしくて
    隣村の女のところに転がりこんで同棲していました。

    さすがに心配になった祖母(故人)が近所の行き遅れ(当時23歳 笑)
    の女(母)を説得して外堀を埋められ今に至っています。
    父と祖母から同じ証言を得ています(なつかしいな〜)

    元々農家だったんですが父の代でどういうわけか
    経済的な大成功を収めて今に至ります。

    父は母に「おまえのおかげで俺は(結果的に)いい人生だった」
    と、歌の文句みたいなセリフを言います。
    いいじいさまがよく言うよ、とは思いますが
    人のえにしとはそういうものかもしれません…

    親戚にとやかく言われて悔しいなら
    いい女を捕まえて結婚して幸せな家庭を築くしかありません。
    むしろ言われているうちが花、ですよ。
    そうでなければ無視することです。

    あなたの人生はあなたのものです。

    ユーザーID:6618217831

  • 父に見初められた母を誇りに思います。

    明治生まれの母が、関東大震災の後女学校を出て東京電話局の交換手になりました。キャリアウーマンのはしりのような職業で、羽織袴に黒ストッキング、編み上げの黒い中ヒールの制服、今で言えば卒業式に着るような服を着た写真が幾つも残っています。

    父と母の結婚は、父から見れば一目惚れの恋愛結婚ですが、母から見れば知らないうちに見合いをさせられたようなものだったそうです。母の女学校の先生が父の親友で、旧制中学の教師をしていた父に母を紹介したいと思い、ある日母の家に一冊の本を持って来て、これをお返ししたいが時間がないので、これこれの中学校のこういう先生に届けてくれませんかと頼まれたそうです。仕事あけの制服のまま中学校に本を届けた母を、父はとても気に入ってすぐに紹介者を仲人にして結婚を申し込まれ、トントン拍子にお輿入れが決まってしまったそうです。

    98歳で認知症が進んで来た母ですが、数え年21歳の時には、父の心をときめかせた才媛だった母を、子供の私は誇りに思っています。

    ユーザーID:5092502472

  • お見合い結婚です

    両親と、叔父叔母は6人中4人がお見合い結婚です。
    私もお見合い結婚しました。

    断れなくて無理やり・・というのはまったくありませんでした。
    借金のかたにとられるわけじゃなし。(時代劇じゃあるまいし)
    母も私もお見合いは20回近くしました。

    紹介してくださる方が物分りの良い方でも、
    1回会っただけでお断りすることは難しかったですが、
    2度会ってやっぱり合いません、とお断りすれば大丈夫でした。

    ちなみに叔父叔母で恋愛結婚した2人は離婚しています。
    他のお見合い結婚の人たちは仲良くやっています。
    恋愛だと、結婚が二人の気持ちのピークの時で、
    お見合いだと結婚はまだ気持ちの上昇過程にあるぐらいで
    成立することがおおいからでしょうかね?

    あと、恋愛だと盲目的に相手をすごく良く評価してしまいがちですが、
    お見合いだと比較的冷静に評価するというのもあるかもしれません。

    不思議なもんですね。

    ユーザーID:8601184785

  • 明治時代の話

    明治生まれの祖母は、結婚式の日に始めて祖父の顔を見たそうです。

    好きとか嫌いとか、そういうことは単なる我侭で
    親が決めたことに文句は言えないということでしょうか。

    私の両親(昭和生まれ)もお見合いですが、気に入ったから
    結婚に至りました。

    私もお見合いですが、親が勝手に結婚を決めたのではなく
    場を設けていただいて、この人ならば結婚しても良いかなと
    自分で判断して結婚しました。

    >好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実があったのかなかったのかということです

    その昔は当たり前にあったけど、今の時代にはありえないと思います。

    「結婚はまだか」という質問攻めされたら
    「まだまだ未熟者ですから」とにっこり笑って答えればいかがでしょう。
    嫌な顔したら負けです。

    ユーザーID:9137570670

  • 団塊の世代です

    親は大正生まれで、それこそまともに顔も見ず、御見合い結婚した世代です。

    私達の時代はマスコミでも<同棲時代>という漫画や映画が流行り、それに乗じたわけではありませんが、私も同棲時代を経て結婚したクチです。(同棲していたカップルは多かったです)

    長男ゆえに家督や家を継ぐべきといわれていたのは、法律に守られていた大正時代まで。親/義親の介護をしてきた大正時代の嫁は、いざ自分が介護してもらう番になったら、民法改正で<子供夫婦は独立した別家庭>とか言われて嫁にそっぽをむかれ、自分達は一番損な世代、いわゆる狭間の世代として同情されたもんです。

    当時、私の兄弟、友人、職場、90%が恋愛結婚でした。好きでもない男の子供を身ごもったのは、本人に聞いた事はありませんが、居たと思います。その頃唯一、御見合い結婚をした同年代の義妹は「相手の事は好きではなかったが、誰と結婚しても同じだー」と親に言われ結婚を決めた〜と聞いて、のけぞりました。

    でも小町を読むと、女性の悩みは私が結婚した頃とちっとも変わってないですよね。夫との家事労働の配分、長男故の同居、義親の介護・・・・・それにも驚きました。

    ユーザーID:2031177983

  • 団塊の世代・両親の場合

    両親は60代。結婚に反対されまくった二人は駆け落ちです。

    母の両親はこれまた駆け落ちです。
    祖母がバツ1だったんですけど運よくお見合いの話が来てお互い一目惚れでめでたしめでたしになる所が、急に祖父の両親が反対し始めて仕方なく駆け落ちしたそうです。

    私は今年で30歳で、うちの両親は娘を貰ってくれるなら熨斗と金一封つけるとまで言っているのでまず反対されて駆け落ちはなさそうです。

    おじ・おばたちも恋愛結婚ですね。

    ユーザーID:9319429107

  • 両親がお見合い結婚です

    母65歳、父(生きていれば)72歳、お見合い結婚です。

    独身時代の母の職場に、母のことを好いている人がいたそうで
    「そっちと結婚すればよかったかしら」なんて言うこともありました。
    母から見て、父に対して不満や腹の立つことはそれなりにあったようですが、
    仲のよい夫婦でしたよ。
    冗談好きの明るい性格が合ってたみたいです。
    子供のいない頃は、毎晩二人でオセロなどのゲームをやっていたそうな。

    父が亡くなって5年経つ今も、なにかと「おとーさん、おとーさん」と
    言っていて、父以外の男には興味がないようです。
    父も母を信頼しきってましたし、母に看取られて幸せだったのではないでしょうか。
    恋愛結婚でも破局することはあるんだから
    お見合い結婚も相性がよければ、幸せな家庭を築けるでしょう。

    その娘の私は30歳で恋愛結婚。
    兄、未だ独身。
    私達兄妹にお見合いの話題が出たことはないですねえ。
    お見合い話を持ってくる人もいないし。

    ユーザーID:4856575755

  • 訳アリ恋愛結婚らしい

    夫の両親(70代)ですが、恋愛結婚です。
    ただし、舅には離婚歴あり。親戚であり上司ある人の強引なお見合い(見合いする時点で結婚と決められたらしい)で結婚したものの、どうにも愛着もわかずなんと3ヶ月で離婚したそう。相手の女性は初婚ではあるものの今で言う不倫でしくじった過去ある女性だと結婚後にわかったそう。

    姑には親が決めた許婚がいてあと1年くらいの内に婚礼にしようという話が出てる時に舅と出会い、恋しちゃったそうです。姑の親は勿論大反対。許婚のある身でバツ1男と「恋愛」なんて!
    駆け落ちのような形で(同じ市内ではあるけれど)一緒になったので、結婚式の写真はありません。舅28才・姑21才の時。
    長男(私の夫)が生まれるまで実家の敷居をまたげなかったそうです。

    結婚のいきさつを聞く前から私は姑の人柄が大好きでしたが、聞いてすごく合点がいきました。一見田舎の普通のおばちゃんで田舎のしきたりや「嫁とは…」って固い考えを押し付けそう(舅の仕事が教師だったし)なんだけど、驚くほど頭が柔らかくて子供の結婚や何かに口出しはしない姑。愛に燃えた事あるからかな、と思っています。

    ユーザーID:1812287844

  • 地域差がある気が

    私の両親は団塊の世代ど真ん中です。
    両親は恋愛結婚。
    両親の兄弟も両親の友人も、はたまた私の友達の両親も
    皆恋愛結婚でした。そういう話をした事があり知っている人だけですが。
    お見合いして結婚したのは叔母夫婦1組だけです。

    そのため”団塊の世代くらいまでお見合い結婚が主流だった”に
    違和感がありました。
    団塊の世代の親世代はみんなお見合いのようです。

    団塊の世代のお見合い結婚率には地域差がありそうですよ。

    それはさておき、ご質問の好きでもない男の子供を身ごもる、
    これ、あったと思います。
    おばあちゃんが、早くに病気でなくなったおじいちゃんの事を
    見合い当時からいじわるで嫌いだったと言ってました。
    あの当時のお見合いって断れなかったみたいです。

    ユーザーID:3286766071

  • ちょっと、ちょっと

    トピ主さん、おいくつの方なんでしょう?
    他の方もレスしてるように
    甚だしい勘違いと無知がトピ文にあふれてます
    よく調べてください

    団塊の世代の年頃の頃には
    恋愛結婚の方が比率で逆転していたはずです


    >決められた結婚に逆らえない……
    >好きでもない男の……
    ありましたよ、確かに。
    戦時中とか、それ以前の旧家の話です
    でもそれは見合いというより
    いわゆる許嫁(許婚)でしょう

    >「結婚はまだか」と独身
    の、就職してある程度経っている人になら
    挨拶替わりに言いますよ

    ちなみに私は、「友人の紹介」も「見合い婚」にカウントすべきだと思ってます。誰かの世話になった、という点で同じだと思うからです、横でしたね。

    ユーザーID:3405599630

  • 私の両親もそうです。

    私の両親もお見合い結婚です。
    父が写真で母を気に入ったらしく、強引に話を進めたらしいです。
    母は父のことをあんまり気に入らなかったと話していたので、
    子どものころは、何で大して好きでもない相手と結婚できるのかと
    不思議に思っていましたが、
    当時は、誰もがいつかは結婚するのだから、それなら
    ある程度条件等で許容できればいいかみたいな感じだったんでしょうか。

    ちなみに、私の祖父母(明治生まれ)は同い年の恋愛結婚で、
    しかも三十路婚だったそうです。
    2人ともとっくに他界しましたが、どちらも気が強かったみたいで
    私の記憶では言い争いばっかりしてました。
    お見合いか恋愛かも大切かもしれませんが、
    本当に大切なのは結婚後に新しく築いていくパートナーシップなのでは
    ないかと思っています。
    独身なのに偉そうなこといってスミマセン。
    でも、両親&親戚からの「見合いしろ!」攻撃は同じく凄まじいですよ。

    ユーザーID:2349552534

  • 見合いで不仲でした

    父昭和12年生まれ、母昭和14年生まれです。
    母は過去のことをあまり話したがらない人なので、詳しいことは分かりませんが、かなり強引に結婚させられたらしいです。
    私は小さいころから、両親の仲が良かった姿は「一度も」見たことがなく、母は父のことを「世界で一番嫌い」といつも言っていたので、子どもながらに「あ〜、私は母の一番嫌いな人の子どもなんだ」と思っていました。

    >私が知りたいのは、好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実があったのかなかったのかということです。
    これですが、母が私に言っていたことは本心なのかどうかわかりませんが、私が初めて「子どもはどうやってできるか」を知った時、母は大嫌いな父と、あんなことをできるのかと思いショックで死にたい気分でした(苦笑)

    いつも不思議に思うのですが、嫌いだと言いつつ別れない夫婦って、嫌いな人とよく「あんなこと」できるなとものすごく(純粋に)不思議です。

    ユーザーID:3785450748

  • お見合いだけど、強制ではない

    父70代半ば、母60代後半、約9歳ほどの年齢差があります。
    お見合い結婚ですが、本文トピのような、決められた結婚ではないです。

    父も母も、何度かお見合いはしたようですし、父にいたっては、結婚を前提として同棲経験もあったようです。色々あってその人とは結婚はしなかったようですけど。
    で、いくつかのお見合い等を経験した上で、父と母はお見合いで出会い、結婚したようです。

    母の姉は、並居るお見合いを全部けって、70歳近い今、独身をつらぬいています。なんでも、商売人はいやだとか、顔がいやだとか、色々難癖つけている間にぱったりとお見合い話が来なくなり、そのまま独身になったのよ、とは母の談です。

    そもそも、過去においても、見合いは断る事も想定内で、例えば武士の婚姻は断れないと言う意味において、「見合い」ではなかったそうです。
    武士階層以外は結構「見合い」はあったのではないでしょうか?
    いわゆる断れない結婚と言うのは、一部の家庭で行われていた「政略結婚」の類になるものだと思います。

    ユーザーID:2515870499

  • 私の両親も

    お見合いです。仲はいいと思います。
    経緯は聞いた事はありませんが
    父が気に入ったのだと思います。

    ただ母の兄弟は全て恋愛婚で
    親戚が集まってお酒が入ったりする場では
    彼らのちょっとした愛情表現を見るにつけ
    あー、この人たちは好きあって結婚したんだなあ
    と思う事もよくあり、子供心にうちの両親だけ
    お見合いなんだと痛感し何だか寂しかったです。

    二人とも恋愛経験がほとんど無かったと思われ
    恋愛に積極的ではない性格を受け継ぎ
    私を含め子供3人みな今でいう草食系です。
    全員、きっと見合や紹介で結婚する気がします。
    (結婚はしなきゃいけないとどこかで思っています)
    燃え上がることもなく、嫌悪することもない
    平穏な暮らしを好む家には合ってるのかもしれません。

    ユーザーID:8612952272

  • 見合いです

    両親は、昭和40年代半ばに、お互い20代前半の時に見合いで結婚しました。
    当時は、その位の年齢で見合い結婚するのが普通だったと聞いています。
    詳しい話は母からしか聞いていませんが、一日に数件掛け持ちで見合いしまくるのを何日か繰り返し、その中から一番いいと思った相手を選ぶ形だったそうです。父も数人と見合いをし、その中から母を気に入って結婚したと聞いています。

    見合いを1回目の対面として、2回目は結納、3回目が結婚式の打合せ、4回目が結婚式だったそうです。驚きましたが、皆こんなものだと言われました。

    結婚後は価値観の相違など色々と問題もあったようで、私ができた頃に互いに好きあっていたかは判りません。

    >好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実が

    もしかしたら、そういう状態だった可能性もありますね。
    母は他界しておりますので、今更真実は聞けません。
    少なくとも、私が物心ついてからずっと両親の仲は良好でしたし、周囲におしどり夫婦とも言われていましたので、結果的に悪い結婚ではなかったと思いたいです。

    ところで、聞いてどうされるんでしょう?

    ユーザーID:5621879852

  • 親戚ご一同はどちらにお住まいでしょう?

    俗に

    家付きカー付きババア抜き

    などと申しましてね。
    1960年の流行語です。
    団塊世代よりやや前ですね。

    ユーザーID:3979955540

  • うちは恋愛結婚

    両親・義理両親とその兄弟姉妹を合わせても、
    恋愛結婚は私の両親だけみたいです。

    当時、両親・義理両親とも見合い結婚が普通だったそうですが、
    (地域差もあるでしょうね)
    「俺は美人と結婚するのだ!」と豪語していた父が、
    出張時に仕事で困っていたところ、てきぱきと助けてくれた母(美人です)に一目惚れして、プロポーズしたんですね。
    当時母には気になる人がいたらしいのですが、
    父の方が大事にしてくれそうだと思い、結婚したようです。

    父はいつも母が一番で、大切に思っているのが娘の私にもよく分かりました。
    一方の母は、出産の話を聞いたとき「ホント痛いんだから!好きな人の子供じゃなきゃ無理よ!」と言っていました。
    両親だけど、いい夫婦だなぁと思います。

    ユーザーID:8516837233

  • お見合いだけど。

    戦前生まれの両親はお見合いですが
    両親の兄弟はみな恋愛結婚です。

    でも、好きじゃなかったら結婚しないのでは?

    今でもメチャメチャ仲のいい夫婦で
    未だにノロケ聞かされてますけど(汗

    あっそれから
    トピ主さんの言い方は幼いですが

    祖母の時代には
    結婚して初夜まで身ごもる行為しりませんから。

    もう少し、身内とお話することをオススメします。

    ユーザーID:9110928007

  • 昭和一桁どうし

    姻戚で紹介、みたいです。それまでほかに見合いなどしたかどうか知りません。それほど興味なかったし。

    トピ主さん、もしかして、「恋愛相手と結婚する」のがずっと続いてきた、と勘違いしてませんか?そんなのここ3、40年でしょう、恋愛結婚が普通になったのは。

    ユーザーID:0790494242

  • 恋愛結婚

    私の両親(昭和20年代前半生まれ)、義両親(昭和10年代後半生まれ)共に恋愛結婚です。
    しかもどちらも出会いがナンパだったそうで。
    もしかして時代的には珍しい出会い方だった!?

    それはさておき、

    >好きでもない男のこどもを身ごもっていた事実があったのかなかったのかということ

    これについては、「そのような事実があったご夫婦もあるだろうし無かったご夫婦もあるだろう。」とは思えませんか?
    2つの選択肢のアンケートで誰もが「Aだろう」と思っていても数パーセントのB回答が出ることはほぼ確実で、100パーセントの回答が出るということはまずありません。
    ましてや結婚・恋愛・妊娠という極めてデリケートな内容。
    このような質問に100パーセントの答えを求めるのは無謀だと思います。

    ユーザーID:3409962837

  • 70代半ばの両親

    大恋愛結婚ですよ。

    母が高校の先輩、父が高校の後輩です(打ち間違いじゃないですよ。母が先輩、父が後輩です)。
    高校の時からおつきあいを始め、約10年後、お金の貯まった30歳ちょい手前で結婚したようです。

    同年代の夫の両親は、お見合い結婚です。
    ですが、ホントにお見合い?と思うほど、いまだにラブラブな二人です。

    ユーザーID:5108731422

  • 父の思い込み勝ち

    まだ独身の時に父親は、お見合いをしていまして
    母とは親戚関係で、母の実家を父が訪ねてきて
    てっきり、お見合いで結婚が決まった事の報告かと思ったら
    何も言わずに帰ってしまい、何だったんだと話をしていたら
    次に、祖母(父の母)が母の実家にやってきて、祖母曰く
    父が母を気に入ってしまい、結婚したいのだけど自分で申し込めずに
    祖母が結婚の申し込みに来たそうです。

    母の兄弟の長男は、勉強のために関西方面に出ていたのに
    戦争で特攻隊の訓練を受けて、あと2・3日で出撃になる日に
    終戦を迎えました。
    それで吹っ切れたのか、付き合っていた女性の家に婿に行きました。
    父方の祖母の末弟も、会社の同僚と恋愛して婿に行きました。
    父の弟も、高校時代の知り合いと恋愛して婿に行きました。

    高校生の私の頭の中には、恋愛すると婿に行くんだと
    本気で思っていました。

    ユーザーID:5770412551

  • いろいろ

    大正元年生まれの母方の祖母はたぶんお見合いです。
    (なんでも曾祖父が三人いる娘をそれぞれ「官吏」「芸術家」「学者」と割り振って結婚させたとか)
    10人の子をなし、戦争を乗り越え、現在90代の祖母は、
    アラサーアラフォー孫たちがなかなか縁づかないのを
    泰然自若と眺めている穏やかなゴッドマザーの風格を備えています。
    その辺は小さなことなのかもしれません。

    一方明治生まれの父方祖父母は、
    祖父が留学先で知り合った外国人の祖母を見そめ、向こうで結婚。
    大陸越えの恋愛結婚です。
    その後二人で日本に来、子や孫に囲まれそれぞれ天寿を全う。

    団塊世代の両親はどうした因果か祖父母同様、留学先で知り合いそのまま結婚。

    現在30代独身の私は、確かに「いい人いないのか?」と言われますが、
    そんな感じの家庭なせいか、無理に結婚を勧められることはないです。
    「あなたの人生はあなたの人生」
    「どのような選択をしても最終的にはあなたの自由」
    「あなたが思う一番良い選択をして、幸せな人生を送ってくれるのが私たちの望み」
    というのがはっきりしているので、あまり葛藤はありません。

    ユーザーID:9215430259

  • 双子の祖母

    大正生まれの祖母(故人)ですが、一卵性双生児の妹という立場でした。

    祖父は祖母姉妹にとって10歳上の従兄。
    ある日祖父は親戚である祖母宅にフラっと現れ
    「今日は双子の姉の方を嫁に頂きたくお願いに上がりました。」
    と言ったそうです。
      
    祖母の姉はとても意思のはっきりした女性で、
    「私はイヤです」と突っぱねたそう。

    祖父は数日後また現れ「姉がダメなら妹のほうでいい」と言ったそうです。
    一度姉が断ってしまい、気まずい思いをしていたせいか
    祖母は両親から遠まわしに「受けろ」と言われたような気がしたそうです。

    祖母はずっと「私は姉の代わりにされた」という思いから抜け出せなかったようです。
    「損した」「姉は要領がいい」
    と晩年ずっと愚痴り続けていました。
    祖母の姉は恋愛結婚、一度の離婚、再婚、アーティストとして自立。
    自由を謳歌した女性でした。

    当時はそんな時代だった。お前(私)はうらやましい。
    自分で相手を見つけられる時代に生まれたことに感謝しろとよく言われたものです。

    ユーザーID:2438677069

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧