結婚予定の彼に私の意見を聞いてもらうには?

レス39
お気に入り51

珈琲

男女

小町の皆様、こんにちは。30代女性、来年結婚予定の珈琲と申します。
結婚相手との考え方の違いについて相談です。

今までは考え方の違いも喧嘩もあって当然と思っていたのですが、一体どこまで譲るべきなのかわからなくなってきました。

結婚が決まるまでは、頭が良くて色々な経験をしている彼の意見の方が正しい気がして、結果として私が譲ることが多く、実際彼が提案したやり方のほうが楽しかったり効率が良かったりしたのですが、実生活ではなく遊びの範囲内だったからなのでは?と思ってしまいます。

そう思い始めたきっかけは、結婚式や住む場所、将来の家の購入等の話が出始めて、意見がすれ違ったときです。

彼が意見を言うときの根拠は「今の社会情勢、政治状況を考えると」「雑誌(ネット)にはこう書いてあった」「自分の親はこうしてた」です。
私の根拠は「私の周りの結婚した友人、親戚、兄弟に聞いてみたら…」「私が一人暮らしをしてから不便(便利)思ったことは…」です。

長文ですみませんが、続きます。

ユーザーID:3346044789

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。皆様ありがとうございます。

    たくさんのレスありがとうございます。

    皆様のご意見、ご忠告、正反対のものもあるますが、それぞれなるほどと思いながら読ませて頂きました。

    現状といたしましては、実は先日彼のご家族やお友達と会う機会がありまして、彼の周りの方たちは、私寄りの考え方が多いことがわかりました。

    私も、彼の考え方は周辺環境が影響していると思っていたので、少し驚きました。

    私は特に自分の意見は言わず黙っていたのですが、あまりに周りが彼の意見に反対するので、思わず私が彼の意見に賛同してしまいました。

    その後、彼はだいぶ私の話を聞いてくれるようになりました。たぶん彼は、味方になってくれる人が欲しかったのだと思います。

    とはいっても、またいつ元の状態に戻るかわかりませんので、その時はまたこのトピを思い出して、一つ一つ乗り越えていきたいと思います。

    アドバイス下さった皆様、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3346044789

  • 実際大変になるのは誰なのか

    披露宴の件は、彼がすべて段取りしてくれるならまあ従ってもいいかと思います。(私は、です。披露宴に思い入れがないもので・笑)
    彼が全て段取りしてくれるなら、ですけどね。
    裏を返せば、『私が段取りするなら、私の意見を通す』です。

    家の購入に関しては…、
    >「学校も病院も、都心ならちょっと探せばどこにでもあるだろう。」
    なんて言われた暁には、
    「で?ちょっと探したり病院に毎回連れていったり学校に通ったりは、誰がするの?」
    とアプローチします。(これも、あくまで私は、ですが)

    誰かの言葉で人を説得するのは難しいです。
    トピ主さんも、彼の言葉が誰かの受け売りだから納得できないんだと思います。
    言葉の達者さに関係なく、『実際、それを行うのは誰なのか』を詰めていけば、誰の意見を採用するのがいいのか自ずと見えてくるのでは?

    ちなみに、家の中もだんなさんがハリキっちゃうと家事動線がめちゃくちゃになっちゃう場合があるので気をつけてくださいね。

    家は女が決めるものですよ。嫁ってくらいですから♪

    ユーザーID:4146203979

  • 騙されてはいけない

    彼の論理?の殆どは何かの受け売りだと感じました。

    一見論理的に受け取れますが、実体験による根拠が無さそうなので、トピ主さんに反論されるとすぐに自分の論理が瓦解するのを自覚していて強気に出ているのだと思います。一度こてんぱんに叩きのめされないと気付かないタイプかもしれませんね。

    トピ主さんの書き込みを読んだ感想としては、トピ主さんの考え方の方が実生活に則していると思います。

    饒舌に語る彼の姿に騙されてはいけません。
    きちんと事の本質を知る人間は意外に言葉は少ないものですよ。

    ユーザーID:7214811513

  • 現実的な対処

    私は議論好きですが、なにかを決定する過程においては抽象的な議論は一切しません。

    どういう披露宴をしようか、家はどういう場所がいいか、ということを抽象的に相談するようなことは不毛だと思うのです。

    ひとつだけ原則を決めます。それは、どちらか一方が嫌だというものは選ばない、ふたりとも納得するものが見つかるまで探す、ということです。その時には、嫌だと思う理由も聞きません。嫌なものは嫌なのだから。

    具体的にAがよい、Bにしよう、とお互いに選択していきます。

    披露宴でいうならば、実際に式場・ホテル・レストランを見学して、その上でプランを詰めていって、一つ一つ選択しながら決めていきます。ここでも、式場かホテルかレストランかの話し合いはしません。お互いに良いと思うものをジャンルを問わず複数挙げていき、一致点で決めていきます。

    いろいろ見ている際に、トピ主さんの意見をそれとなく言っておくことが大切。「あ、これはシンプルで素敵ね」とか「格式張らなくて温かみがあっていいね」とか。

    どちらかが嫌だと思うものには決めない、すぐにそれを諦める、というのが秘訣です。「具体的に考えよう!」

    お幸せに。

    ユーザーID:1573995851

  • そこは怒るところ!

    >「そういう人とはすぐ議論になってしまい、男女の関係にはならない。」

    私、そんなこと言われたら、その日限りでさよならします。

    珈琲さんは、もっと自信をもってください。

    文章のイメージからだけで申し訳ないですが、彼は頭でっかちで、自分の考えのない(情報しかない)、個性もない、机の上だけでものを言っている方のように映ります。

    知識も経験も豊富で口の立つ女性からは、見下されているのではないでしょうか。

    >上司や恩師のスピーチ、ケーキカットやキャンドルサービス、友人らの余興等、最初から最後までしっかりと盛り込まなければいけない」

    なぜ?

    >「そんなのは披露宴として成り立たない。」

    なぜ?

    「私は式に15回ほど出たし、そのほか色々な方の話を聞いた。やり方はさまざま。なにを以って披露宴というか知っている?」と私が珈琲さんならば彼に言い返したい。

    珈琲さんから何か言わなくても、彼の話に「なぜ?」を繰り返していれば、おかしな点が浮かんでくるような気がします。

    彼は言いなりになる女性が好きなんです。きっと。

    ユーザーID:5335797072

  • 譲る気はないってことかと。

    > 以前旅行の件で喧嘩になったとき、「あなたはもっと頭が良い人が合うんじゃない?」と言ったら、
    > 「そういう人とはすぐ議論になってしまい、男女の関係にはならない。」と言われました。

    自分が言い勝つまで議論をやめない人なんでしょうね。
    つまり、トピ主さんが理論的になろうが、感情的になろうが譲る気はさらさらないってことです。

    料理のエピソードは「目に見える矛盾」があったから負けを認めただけで
    トピ主さんの意見を採り入れた訳じゃないでしょう。
    負けた経験のある料理は勝負しない方が無難だと思うから意見を求めるんでしょう。

    彼の頭の中は些細な出来事での勝ち負けでいっぱいだから
    今後もそうだと思います。
    トピ主さんと結婚する理由に、自分が勝ち続けられること、
    負けた相手がごねないことがあるのは間違いないと思います。

    そういう人との結婚は、なかなか大変かもしれません。

    ユーザーID:1522794773

  • 披露宴

    先日披露宴を終えました。

    それまでの道のりはいばらの道でしたよー


    私と彼は「披露宴と言っても何もなくて食事会みたいな感じでいい」でした。

    しかしホテル側からの助言は「ドレスを着るなら&人前ならば、司会者を入れてやった方が楽」でした。


    結果。
    プログラム通りにやって正解でした!(スムーズに進んで楽しかった☆)
    しかし私達は空き時間に色んな方へ挨拶をしてまわりました。
    写真もいっぱい撮ってもらいました。


    来月、仲のよい友達だけを100人くらい集めて飲み会(食事会)をします。

    披露宴は親族&親友のみの小規模なレストランウェディングでした。

    全てを一気にやるのは無理です。

    ユーザーID:3597180526

  • 第三者に相談

    彼とトピ主さんの意見が平行線なら、「じゃあ一度、その道のプロに相談してみましょうよ」と提案してみては?

    披露宴の事だとブライダルプランナーになりますかね。
    お二人のそれぞれに違う意見を、専門家なら上手いこと一つに纏めてくれそうに思うし、彼も「その根拠は?」などと言わずに納得してくれそうな。

    家の相談は不動産屋ですかね?分かりかねますが。
    購入場所に関して言わせて頂くと、私はトピ主さんの考えと同じです。
    地価の変動で決めるって、彼は妻になる女性の意見より損得勘定が優先なんですねぇ…。

    料理の時の指摘のように、彼は本に書かれている事には納得できるタイプのようだから、トピ主さんの意見に近い事が書かれているブライダルの本や不動産の本などを見付けてきて、「こう書いてあるけど?」と説得してもいいかも。

    ユーザーID:0873835820

  • 政治経済面しか興味のない人でしょ、彼。

    トピ主さんのもやもやする気持ち、すごく分かります。

    生活って 確かに政治や経済の一部に属することかもしれないけど
    毎日の積み重ねであり、感情がうずまく家や人が集まることであり
    それって、決して 「グローバル」だけでは成り立たないものです。

    披露宴に関して言えば、もしかしたら彼のご両親も
    「しっかりしたオーソドックスな披露宴」を望んでいるのかも。
    それを小さい頃からすり込まれて育っているかも。
    だからこの考えを変えるのは中々難しいでしょうね。

    ただ、家のことですが
    これは絶対にトピ主さんが正しい!
    特に子供を考えているならばなおさらです。
    病院や学校がいくら都内に点在していても、
    結局病気で苦しんでいる子供を抱えて医者に行くのは、
    お母さんになる女性です。
    子供の病状によっては遠くに運ぶのもできないほどし、
    時間が勝負!ってことも多々あります。

    病院と学校は本当に近所がベスト。
    点在する遠方の病院や学校は、セカンドオプションです。

    議論で勝てないんだったら、いっそのこと感情だけでモノをいって
    ワガママとおしましょう。

    ユーザーID:4094766106

  • 感情だけはNG

    男性が一番嫌う女性のタイプが「感情で物事を言う」ですよ。
    ますます馬鹿にされるだけです。

    「感情で話す。」
    これだけは、本当に止めた方が、あなたの為です。

    ユーザーID:8898509296

  • 説得以前の問題のような気がする。

    最初から彼が結婚したかったのは見下せる女性だったのでは?というのが
    ここまで読んだ感想です。

    >>以前旅行の件で喧嘩になったとき、「あなたはもっと頭が良い人が合うんじゃない?」と言ったら、「そういう人とはすぐ議論になってしまい、男女の関係にはならない。」と言われました。

    視野の広い知的な議論できる女性とは男女の関係にはならない。
    だから、あなたを選んだ。なので自分の意見に反対されるとイラッとする。

    トピさんの感じている見下すような感じは当たってると思います。
    あなたは見下されてるんです。稚拙な文章を読むとそれも理解できます。

    で、そんな男性と結婚する?!自分の意見も聞いて欲しい?!
    となったらもう建設的な意見じゃなくて「こうしたいの♪」と甘えるしかないのでは?

    頭のいい女性はお嫌いのようですから甘えなら効くかも。
    披露宴は招待客次第。彼の会社の方を多く招くなら祝辞や余興は削れないのでは?

    ユーザーID:6977798736

  • 下手に出たら負け

    理論だの根拠だので武装しなくても、自分の意見を通せる種類の人に会ったことはありませんか?
    どれだけ言葉を尽くしデータを並べても「ああそう、でも私はこうしたいから」と聞く耳をもたず自分を曲げない人。そういう人には、どれだけ口がうまくても勝てません。
    女王様のように、私の意見(感情)が何ものにも勝る優先事項なのだから皆言うことを聞いて当然、という態度をとれたら、今後彼に負けることはないでしょう。
    こんな奴とは思わなかった、と言われてしまう可能性もありますが。

    トピ主さんの文を読むと、どうも彼のご機嫌を伺って(彼の機嫌を損ねないようにしたくて)自分の意見を控えめにしか言えない人のように感じるんですよ。
    彼が自分が優位にいることを感じ取っていたら、トピ主さんが「お願い」しても、気分次第で自分の意見を通してしまうんじゃないかと。
    たまには強情なところも見せておかないと、見くびられますよ。

    ユーザーID:3277660472

  • 感情論は逆効果

     感情論はとても仲がよければ男女間でも女同士でも許してもらえる範囲ですが、経済面の話やお互いがイラついている場合はただのわがままにしか聞こえません。女性同士でも同じですよね?。新婚さんや付き合い始めの時でもあくまで許せる範囲と言うだけです。わがままばかりになるといくら妻でも心の距離が離れていくでしょう。
     つまり感情論(わがまま)が通じなくなった場合、時間をかけてでもあなたの意見のほうが二人にとって大事だと言う事を調べて教えてあげましょう。重要なのはまわりの人や世間ではなく二人にとって最善かを話し合う事です。

    ユーザーID:1060219940

  • 本題からははずれますが、、

    >以前旅行の件で喧嘩になったとき、「あなたはもっと頭が良い人が合うんじゃない?」と言ったら、「そういう人とはすぐ議論になってしまい、男女の関係にはならない。」と言われました。

    私はこの発言にひっかかりを感じました。

    彼がトピ主さんに感じているバリューのかなり上の方に「あれこれ言わずに自分の言うことをきく」ということがあるように感じられるからです。「意見を聞いてもらうようにする」プロセスや表現を間違えると、彼にとってのトピ主さんの価値が急降下することも考えられます。

    また、この発言は「自分と同等の情報収集力と判断力を持った女性を説得できないし、彼女たちから魅力を感じてもらうこともない」彼の自己イメージも読みとれます。トピ主さんには偉そうにしているけれど、彼が日頃属している社会(職場、出身校など)では並程度でその自覚もあるということです。

    トピ主さんがこの彼に意見を聞いてもらうハードルは高そうです。日常の小さなことで「トピ主さんの意見の通りだった」と彼が実感するような”実績”を積み重ねるのが一番効果があると思いますが、時間がかかるので、いますぐの不動産購入などには使えないですね…。

    ユーザーID:4587647440

  • トピ主です4

    皆様のおっしゃるとおり、説得力のある議論で相手を納得させることは、なかなか私には難しく思えます。

    よく、結婚してから「ママ友達のBさんにこんなこと言われて」と言っても、旦那は全く聞いていないという話がありますものね。
    私は彼と話しているとき、そんな話し方になっているのだと思います。

    また、データを並べて同等に話したとしても、それが良い方向に向かわない可能性、多いにありますね。


    感情に訴えるというご意見、なるほどと思いました。彼に感情で訴えても「根拠は?」と言われそうで、今までは試したことがありませんでした。

    一度、「お願い、私はこうしてくれたら嬉しい。」と言ってみます。
    そのほうが、案外すんなりと行きそうな気がしてきました。


    最後に「人を見下すような」と書いた件、私の思いこみか本当にそうなのか、これからの彼の言動を冷静に見ていきたいと思います。

    ユーザーID:3346044789

  • トピ主です3

    皆様こんなにもたくさんのレス、ありがとうございます。まとめてのお礼になりますこと、お許し下さい。

    さて、私が正しかった時の彼の態度は?というご質問にお答えします。
    数少ないですが、思い返してみると…
    彼が料理をしているとき、手順を見落としていたので指摘すると、「本には書いてない!」と言われました。
    しかし私は料理に関しては自信があるので、彼が参考にしている本を見せてもらうと、隅っこに注意書があり、私が正しいことが証明されました。

    「その部分はこれから読むところだった!初めに書くべきだ!」等と言ってはいましたが、それ以来料理に関しては私に相談してきて、素直に言うことを聞きます。


    逆に私が彼の忠告を聞かずに突き進み、失敗したときは(主に店選びや資格取得)「あの店も美味しかったよ」「まあ結果は残念だったけどしかたがない」等と言ってくれます。

    議論の段階では色々言われますが、結果について責められることはありません。
    しかし、披露宴や住む場所等関しては私一人で突き進むわけにも行きませんので、どちらかの意見に決めて実行段階に移らなければなりません。

    ユーザーID:3346044789

  • 感情でいきましょう!

    とにかく、「意見をきいてもらうには?」という質問に対しては、「理論で返さない」だと思います。

    彼は、自分が正しいと思い込んでいる頭の良い人なので、そういう人に「自分よりも納得でいる意見だ」と思わせるのは大変です。もともとあまり聞く耳を持たないからです。
    トピ主さんがそういうことが苦手だと思っているならなおさら難しいと思います。

    だからどちらが正しいかどうかではなく、「私はこうしたい」「そうされると悲しい」「聞いてもらえないと私は嫌な気分になる」という、自分の思いを伝えることが
    大事だと思います。「こういう考え方が正しい」という事実は否定できますが、トピ主さんが持つ感情は否定できません。
    「友人の披露宴でもこうだった」ではなく、「私の披露宴は私が幸せな気分になれるようにやりたい。そのためには余興は少なめで沢山来てくれた人と話がしたい。
    それを考えてもらえない?」といってみたらどうでしょう?

    ユーザーID:8601809346

  • 続き

    トピ主の発言だけでは、彼が理論的に話をしているかどうかも怪しいですね。
    本当に理論的に話しているならば、話をしているうちに本人も気づかない矛盾点が発生する事がたまにあるので、この矛盾点を突っついてやれば簡単なのですが。

    彼も貴方と同じく、情報源が違うだけで「○○にこう書いてあったから…」と言っているだけにしか過ぎないように感じます。

    こういうタイプに対抗するには、信頼性の高い情報源をより多く集める事です。
    これまでは、トピ主周囲の人達とあなた個人の感想が根拠となっていましたが、今後は新聞や雑誌(ファッション雑誌はNGですよ)、TVニュースなどを情報源として、彼に意見を言ってください。

    しかし、思うのですが、彼の性格の場合、あなたが彼に意見を聞いてもらえるようになったところで、結婚の話は無くなりそうです。
    彼が望むのは、自分の意見に簡単に言いくるめられる、頭の弱い女性なのですから。

    ユーザーID:8898509296

  • 説得力が持てたとして

    トピ主さんが、説得力のある言い方を会得したとして、そこでやっと50:50で対等になるんですよ。ご自分の案が通るという前提では妥協点は出てきません。
    そしてダンナさんから見たら、従順で理想の妻候補だと思ったら、婚約が決まったあたりから、急に人格が変わって、自分の意見ばかり通そうとする悪妻に見えるでしょう。

    ユーザーID:6662419936

  • あなたの根拠は、あなたの周囲にしかない

    >>彼が意見を言うときの根拠は「今の社会情勢、政治状況を考えると」「雑誌(ネット)にはこう書いてあった」「自分の親はこうしてた」です。
    >>私の根拠は「私の周りの結婚した友人、親戚、兄弟に聞いてみたら…」「私が一人暮らしをしてから不便(便利)思ったことは…」です。

    まず、これが駄目。
    トピ主の根拠は、すべて貴方自身の感想か、その周囲の人間から聞いた話のみ。
    根拠とするには、弱すぎます。
    それに、それは根拠と言えるのでしょうか?

    「私の兄弟に聞いてみたら、○○と言っていたよ、だから…」

    あなた、これくらいしか言っていないんじゃないですか?
    なぜ、その人が○○と言ったのか。
    その原因、そう言う結論に至るまでの過程など、あなたは周囲の人から聞いていますか?
    そして、その話が、その人個人の特別なケースではなく、他の人にも当てはまる可能性が高いケースだと判断した上で彼に話していますか?

    彼は、自身の発言は公(雑誌、ネット)の情報や、社会情勢を判断した上での発言なのに対し、あなたは、周囲からの意見のみを参考に発言をしてきたから、彼に見下されているのでしょう。

    ユーザーID:8898509296

  • 根拠資料の問題点

    トピ主様はAという選択肢が嫌、Bがいい。彼氏はAがいい、Bは嫌。であれば、どちらかが我慢してAかBにするか、AともBとも違うCにするしかありません。

    ABどちらにするかは、どちらの理由が妥当かによって定まるのが通常です。「そんなのは個々人によって違う、トピ主様がAを嫌な以上は……」という議論もありますが、彼氏もBを嫌である(そうでなければ理由を縷々述べたりしない)以上、上記の議論はトピ主様の側だけから見た一方的なものに過ぎません。

    さて、お互いの理由から考えてみると……
    「社会情勢」→的確な検証の上であればよい。
    「雑誌に」→多数意見かどうか検証の上であればよい。
    「自分の親は」→「私の親は違う」の一言で消し飛ぶ程度の論拠ですが、そうでないなら一つの論拠です。
    「周りに」→知人友人は自分に配慮した意見を言うことが多いので、他者への説得力は乏しいです
    「私が」→結論を言い換えただけで、理由になっていません。

    彼氏の論拠が十分とまではいえませんが、トピ主様の方が理由に乏しく、トピ主様寄りの結論は認められにくいです。論拠の挙げ方からして、トピ主様は相手を説得する姿勢に立っていません。

    ユーザーID:9612232944

  • 老婆心ながら

    「人を見下す奴」とだけは、結婚しないほうがいいですよ。

    ユーザーID:7912957153

  • 根拠があいまい

    >私の根拠は「私の周りの結婚した友人、親戚、兄弟に聞いてみたら…」
    彼のやり方が正しいかどうかは分かりませんが、『説得』という観点だけを考えると人の考えをそのまま伝えるという方法は根拠に欠けるのではないかと思います。
    その意見を聞いて自分なりの解釈を付け加えた結果、こういう風に応用できるんじゃないという提案方法はどうでしょうか?
    女性の「好き」「良い」は感覚的な物が多いので根拠は難しいのかもしれませんが、それは好みだ!根拠は無いと言ってくれると逆に議論の対象から外せるので良いと思います。

    僕も彼と似たタイプなのかもしれませんが提案に具体的な良いところが無く、皆がしているからは理由になりにくいです(もちろんケースバイケースです)

    >「私が一人暮らしをしてから不便(便利)思ったことは…」
    こちらの提案はより具体的なのですごく参考になると思いますよ。

    ユーザーID:4412071051

  • 実は彼氏が強引に話を進めている訳ではなく…

    >生活については実際の経験の方が参考になると思うのですが、彼の話は理路整然としていて、話し合いだと結局押さえ込まれてしまいます。

    トピ主さんいわく実際の経験が参考にならないから彼の話の方が通るのではないですか?

    >私の方が社会人経験、一人暮らし経験が長く周りに結婚している人が多いため、

    経験が長いからその意見が必ずしも参考になるとは限りません。

    >生活面に関しては私の意見も聞いてほしいと思っているのですが…。

    トピ主さんの意見が正しければ聞いてくれますよ。

    ユーザーID:5451535872

  • 同じ土俵に立たない

    これが一番。
    横綱と幕下が相撲で戦ったら、横綱が99%勝ちますよね。
    大リーガーとリトルリーガーが野球で戦ったら、大リーガーが99%勝ちますよね。
    しかし、もし、じゃんけんで戦ったならば勝率は50%になります。

    根拠を基にした理論的な話し合いでは、頭の回転のいい人、客観的な考えが出来る人、現状を分析し次を考えられる人が勝つのは当たり前です。
    根拠の無い意見、主観しか入っていない意見などは、説得力が無くて当たり前です。
    まず、この事実を理解しましょう。

    その上で、
    「あなたの考えのほうが正しいのはよく分かっている。
     それでも私はこうしたい。
     私の我が儘だと言うことも分かっている。
     でも、今回だけは私の言うことを聞いて。」
    とお願いするのがいいでしょう。
    夕飯に何を食べるか、賃貸でどこにすむか、部屋のインテリアなど、どっちでもいいことや後から修正できることなら、彼も願いを聞いてくれるでしょう。

    ユーザーID:7425423141

  • 理路整然と曲がることもある

    政治や経済をよく知っていると自負している人にありがちなのが、「理路整然と曲がる」ということです。
    一見、理路整然として正しい結論のようでも、時間が経つと間違いだと分かるってことです。
    エコノミストを見れば分かる話ですね。

    したがって、科学的な物事に対する判断でなければ、単にモノの買い時や人生設計を考える場合、「自分はどうしたいのか?」ということを中心に考えることも重要です。
    たとえば、いくら稼げる方法であってもリスクをどうしても避けたい人にとって株式は適切な運用手段ではないように、生活様式などについても向き不向きや価値観から考える必要があります。

    「正しいかどうかの問題ではなく、私の価値観をどれだけ尊重するか、私もあなたの価値観をどれだけ尊重するかの問題なのだ」と話を進めてはいかがでしょうか?
    自分で譲れない優先順位を決め、ひとつ獲得したらひとつ譲る。
    そのようにして結論を一つ一つ出していった方がいいと思います。

    どちらが正しいかではなく、どこをどう譲り合うのかってことですね。
    そうすれば、無用な議論には陥りません。
    もちろん、無理な選択は避けましょう。

    ユーザーID:9949180989

  • トピ主です2

    家の購入に関しても

    彼の意見「この地域の地価の変動を見ると、ここ(学生や社会人一人暮らしの多い地域)が買いだ。」

    私の意見「将来の子供の事を考えて、家族連れが多くて、学校や小児科が近くにあったほうがいい。」

    彼の意見「学校も病院も、都心ならちょっと探せばどこにでもあるだろう。」

    といった具合です。

    学校も病院もどこでも良いわけじゃないという私の説明も、私の言葉に説得力が無いのか、なかなか通じません。

    彼に「どんな環境でも親がしっかりしていれば子供は育つ。外国では(新聞で読んだけど、昔の人は、俺の親は…等)」と言われてしまうと、
    「そりゃそうだけど、ここは日本だし(時代が違うし、今子育てしてる友人が…)」という言葉しか出てきません。

    以前旅行の件で喧嘩になったとき、「あなたはもっと頭が良い人が合うんじゃない?」と言ったら、「そういう人とはすぐ議論になってしまい、男女の関係にはならない。」と言われました。

    確かに私は言葉が達者ではないですが、譲れない部分もありますので、彼を説得したいのです。

    皆様のレスを再度じっくり読ませて頂き、考えたいと思います。

    ユーザーID:3346044789

  • トピ主です1

    皆様、早速のご意見誠にありがとうございます。
    私の質問のしかたが稚拙であることはその通りと反省しております。申し訳ありません。

    そして、この要領を得ない発言が、彼を説得できない要因の一つなのだと、実感いたしました。

    なかなかすぐには修正できませんが、引き続き発言させていただきますこと、何卒ご容赦下さい。

    具体例といたしまして、まずは披露宴。

    彼の意見「上司や恩師のスピーチ、ケーキカットやキャンドルサービス、友人らの余興等、最初から最後までしっかりと盛り込まなければいけない」

    私の意見「少人数だし、新郎新婦が各席をまわり、ゆっくりお話をしても良いのではないか。余興はやってくれる人にも負担になるし、無くてもいいと思う。私が出席した披露宴も、半分位は余興は無かった。特に恩師や親戚はなかなか会えない人も居るのだから。」

    彼の意見「そんなのは披露宴として成り立たない。それならやらない方が良い。」
    という具合です。


    ちなみに彼は披露宴に一度しか出たことがないそうです。
    私も多くはないですが、15回ほど出席した経験と、会社の方や知人に聞いた話を踏まえた意見です。

    続きます。

    ユーザーID:3346044789

  • 気持ちで説明してませんか?

    彼氏さんと話し合うときにも、トピ本文のような説明の仕方をなさっていませんか?

    高学歴で自分でも頭がいいと思っている人を説得するには、具体例を挙げて理論的に説明できないと、そもそも聞くに値すると思ってもらえません。
    「私はこう思う」「私の親はこうだった」という、自分の感情としか取れない説明だと、そもそも彼氏さんは自分の案への対案だとすら思っていないかもしれませんよ。
    たぶん、彼氏さんにとっては、あなたの経験や(彼氏さんよりレベルが下の)あなたの周囲の人の経験は、参考データとして採用するものとは思っていないはずです。
    いわゆるプロの主婦のような方の著書などでもいいので、客観的で権威のあるものを元にして、話さなくてはいけないでしょう。

    「この先の関係を見直す」とかいう、抜本的な対応が可能なら、そうすればいいでしょうが、そうでないなら、彼氏さんに話を聞いてもらえる土俵に、まずトピ主さんが乗れるような話し方を習得しないと、意見を聞いてもらうのは難しいだろうと思います。

    ユーザーID:4562071012

  • 彼は珈琲さんの意見を尊重しないの?

    意見を一蹴って・・・。
    今はまだ2人だけの生活だから、良いでしょうけど
    (珈琲さんが我慢すれば)
    子育てになってきたら、なんだか独善的な父親になりそうな予感が・・・。

    私の夫も普段はヘラヘラ優しいのですが、
    こだわっている部分には頑固に自分の意見を通します。
    でも、一応話ぐらいは聞いてくれますよ。
    説得材料として一番強いのは生活実体験だと思うのですが、
    それすら耳を傾けようとしない人には、どう話せばいいのか悩みますね。
    伺いたいのですが、彼のいうことより、結果的に珈琲さんの意見が正しかった場合の彼の態度はどうですか?
    ちゃんと自分の誤りを認めて納得してくれますか?
    それだったらまだ意見の刷り合わせができそうですけど、
    ただのジャイアンだったら、ちょっと息苦しい生活ですね。

    ユーザーID:6418204285

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧