• ホーム
  • ひと
  • 大学受験当時の思い出話が尽きない50代の義姉

大学受験当時の思い出話が尽きない50代の義姉

レス6
(トピ主0
お気に入り12

家族・友人・人間関係

悩める次男妻

もやもやしている次男の妻です。

夫のお兄さんの奥さまは名門の国立大学をご卒業。
そして、なぜか、自分の大学受験当時の思い出話が大好きなんです。もう40年近くも前のことなのに。

名門高校に通っていたので、当日の受験会場にはクラスメイトがほぼ全員いたとか、高校の期末試験の方が難しかったとか。クラスの女子で輪になってお弁当を食べたのでリラックスできたとか。数学があーで、古文がこーで、どーでこーのとか、もう問題の細部まで。

今その話をきかされて、どないせーっちゅうねん?

愚痴ですみません。でも大学自慢ならともかく、受験自慢ってなんなんだろう。なんか会うたびに必ず受験の話を始めるので、不思議です。受験、楽しかったのかなぁ?

そろそろ、「よっぽど楽しい思い出だったんですね。繰り返し話してくださるなんて」と言ってみる時期かもしれない。

読んでくださってありがとうございました!

ユーザーID:8382115496

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうなの

    昔の話、特に自分の自慢話をするようになったら人間終わりです。
    あなたはその名門国立出の義姉に学歴コンプレックスはありますか?
    な〜んにもコンプレックス持たなくてもいいんですよ。

    義姉さんはその頃が人生のピークであり、懐かしんでかつ自慢したいんです。哀れです。悲しい人です。毎回同じ話して、完全なオバチャンですね。

    中途半端に皮肉っぽく言ってもこういう目出度い人には通じないので、
    「お姉さん、聞き飽きました。他に何もないんですか」

    勇気を持って言ってみましょう。

    ユーザーID:1975348840

  • 他にもいたのね。。

    うちの夫の実家の義親も義姉とうちの夫の受験の話を、20年間繰り返し聞かせてくれています。
    どの大学落ちた。。っことまでが、自慢みたい。
    うちの夫も受験のお話大好き。。30年前ですが。。。
    古文・化学・物理余裕で出ます。
     
    それ話してる時の目とか見てると、彼らの脳みそからは、なんか気持ちよいホルモンが出てるんじゃないかと想像しています。
     
    聞いてるこちらの目は明らか死んでますが。。気にしている様子はありません。

    ユーザーID:1105670206

  • トピ主です。

    レスをありがとうございます。

    >momo さま
    なるほど、懐かしんで自慢したいんですね。たしかにそんな感じです。
    しかしこちらは受験にノスタルジーを感じないし、自慢されてもピンとこないので、その感性のギャップが私をもやもやさせてしまうのかもしれません。

    >nano さま
    ほかにも同じ経験をなさっている方がいらっしゃるんですね。
    「なんか気持ちよいホルモンが出てるんじゃないかと」、そうなんです、まさに義姉もそんな感じです。聞いてるこちらの目が死んでいるのも同じです(笑)。

    愚痴っぽいようなところもあるので、もしかして日常のストレスがたまってて、つい昔に浸っちゃってるのかな。
    そう思うと、なんか心配なような気もします。
    育ちも性格も価値観も違う同士が家族としてつきあっていくのは難しいですね! でも、共感していただいて、なんか元気が出てきました。次にあったときは、もうちょっと上手にコミュニケーションできるような気がします。ありがとうございました!

    ユーザーID:9240683425

  • うちの上司はもっと凄い

    尋常小学校の3年生で成績がトップだったのに、級長(今で言うクラス委員)に選ばれなかったことを未だに言ってます。
    自分が一番出来たのに‥あの先生は、自分を選ばなかった。
    当時級長は、先生が成績優秀者に選ぶもので、とても名誉なことだったそうです。
    だからといってもう50年以上前のことを100回くらい聞かされました。
    もう昔のことだから忘れれば楽になるのにと思うのですが、恨みは晴れないようです。

    自分のお子さんが同じくらいのとき、授業参観日に行き、教室で授業のアラ(聞いた内容は非っ常にくだらないこと)を生徒保護者の得々と説明してやったと鼻の穴を膨らませて武勇伝を語ってくれました。
    自分の担任への恨み、自分の子供の担任に投影して復讐をしたんですよ。
    そのせいか、自分自慢を良くする人です。
    モラハラ発言もよくします。

    その方おそらく楽しいだけではない何かの思い出がある気がします。
    そこまで強い記憶だと楽しいだけでは残りませんから。
    「聞き飽きた」は近親者ならばっさり切れますが、トピ主さんの立場なら流すのが賢明です。
    なんだか地雷を感じます。

    ユーザーID:9865145371

  • 記憶がよみがえる年頃

    私も若い時の記憶が鮮明に戻ってくることがあります。
    私も40代になってから、
    すっかり忘れていた高校の時のことが、
    昨日のことのように、思い出すことがあります。
    変なぐらい、鮮明で、正確なんです。
    頭の中がどうかしてしまったのかと、
    心配になったほどです。

    脳の老化は、
    しっかり刻み込まれた古い記憶よりも、
    新しい記憶の方が、
    だめになりやすいのかも。

    50代が話すことは、
    昔話ばかりです。
    「この前ねぇ」と話し始めたことが、
    10年前ぐらいの出来事なんて、ざらですよ。

    自分もいずれたどりつく道と思って、
    笑って話し相手になっていたら
    いいじゃないですか。

    ユーザーID:0655121916

  • ついでに

    思い出しました、大学入学以来、ずっと某有名私立大学の受験時の話をしているY君。
    浪人しても二流の私立大学なのだから、そんな話をすれば頭の悪さを露呈するだけなのに、本人は“僕の実力はこんなんじゃないんだ”と言わんばかり。
    2年時にはその大学の編入試験も受けないばかりか、学内の転部試験にも落ちたくせに、まだ思い出に浸っているなんて…憧れもすっかり失せましたっけ。

    トピ主さんの義姉様もそうだろうけれど、こういう人って現状の自己評価に不満があるのかな。
    “私ってあなたが思うよりもっと凄い人なのよ”って言いたくて仕方ないんでしょう。
    ならばどこまでよいしょすれば気が済むのでしょうね…ため息が出ます。
    私なら「受験のお話ばかり(ここを強調)じゃもったいない。賢くていらっしゃるんだから、今からでも◯◯(難関な海外の大学や資格)に挑戦されてはどうですか?お姉様なら大丈夫ですよ」と受験の話になったとたん、うっとりした目で毎回言いますね。
    目標が高いほどお姉様はあなたの話には付き合ってられないと思い、次第に受験の話を控えるようになるでしょう。

    ユーザーID:8731836400

レス求!トピ一覧