アメリカの牛乳

レス13
お気に入り17
トピ主のみ1

グルグル

話題

在米です。日本に居た時には、乳製品でお腹の調子が悪くなるということはありませんでした。小学校、中学校では給食の牛乳をきちんと飲んでいたし、働き始めてからはヨーグルトをほとんど毎日欠かさず食べていましたが、異常なしでした。
でもアメリカの牛乳を飲むと、必ずゴロゴロという不吉な音とともに、お腹が痛くなります。最近ではヨーグルトやアイスクリームなどの乳製品を食べると、牛乳のようにひどい腹痛は起きませんが、ゴロゴロお腹が鳴り、膨満感を感じるようになってきました。これって年齢とともに、体が乳糖を受け付けられなくなったということでしょうか。それともアメリカの牛乳と日本の牛乳の成分が違うということはあるのでしょうか。同じような経験をされている方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:0330179086

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • アメリカは広いよ

    シカゴ辺りでは、ビタミンD添加が多いですね(どうやら義務付けがあるらしい)。
    味も匂いも独特です。
    もしかしたら、関係あるかも知れません。


    もう一つは、パスチュアライズド(低温殺菌)牛乳が日本に比べて多いということ。
    やはり、味やにおいがことなります。

    日本式の高温殺菌だと成分が一部変質するという説もありますが、この辺りに相違があるかもしれません。

    ユーザーID:3033150296

  • 違いますよ

    アメリカに両親が住んでいます。私も住んでましたが、今は日本です。

    母曰く、アメリカならローファットミルクじゃないとお腹がゴロゴロなる、と言って、ローファット飲んでます。
    理由はよく分かりませんが、成分は違います。

    そもそも牛の品種とかも違う訳ですし。

    ローファット、是非試してみてください。

    ユーザーID:5020982281

  • 私の場合


    こんにちは

    私がアメリカにいた時、牛乳がうすいと感じていました。
    お腹の調子は悪くはならなかったですが、そちらの卵と牛乳って
    賞味期限が異常に長くないですか?
    私は1週間くらいで捨ててました。乳酸品で賞味期限が長いのって
    抵抗あるので、成分とか違いはわかりませんごめんなさい。

    ユーザーID:0016253895

  • ホルモン剤の影響でしょう。

    日本でも牛乳は温めたり砂糖を入れたりしないと、お腹にくる方でしたが、アメリカに来てからは、温めたものでもごろごろがでるようになりました。

    ある時、オーガニックの牛乳にかえたところ、ぴたりと収まりました。

    看護婦の伯母いわく、普通の牛乳にはホルモン剤が沢山使われており、日本人の私はそれに慣れていないため(アメリカ人は子どもの頃から飲みなれているので、免疫がある)、お腹にきていたのだろうということでした。

    オーガニックに変えてもまだごろごろするようなら、そういう人用の牛乳(ラクトースなし)もありますから、そちらを試してみてはどうでしょうか?まずは、一度オーガニックを飲んでみる事をお勧めします。

    ユーザーID:2585541327

  • 殺菌方法が違う

    アメリカの牛乳の方がより低温での殺菌だからではないでしょうか。
    日本と同じような殺菌方法のUHT殺菌のものを試してみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:8590241790

  • ひとつの説ですが。

    何かで読んだのですが、そもそもミルクと言うものは赤ちゃんが飲む物であり、ミルクを分解、吸収する成分?酵素?は大人になるにつれて消化器の中からなくなっていくそうです。
    その辺も関係あるのではないでしょうか。

    ユーザーID:4450556575

  • 詳しくは分かりませんが・・・

    恐らく日本の牛乳と成分が異なるのかもしれません。

    以前、私がハワイへ行った時の事。一般のスーパーにて牛乳を購入しました。(旅に出ると便秘になるため)
    朝、飲んでその日のツァーに参加した時の事!急に腹痛を起こし何と下痢してしまいました。(食事中の方すみません!)
    気のせいかな?と思い翌日も牛乳を飲んだ後に下痢!
    日本の牛乳では絶対にありえないのに…本当に驚きました。
    なので、アメリカへ旅行する友人達には「絶対に現地で牛乳を飲まないように!」と忠告しまくりました。
    でもまぁ州に寄って成分は異なるのでしょうかねぇ・・・
    他の州は知りませんが。

    ユーザーID:4859702192

  • lactose-free milkにしては?

    高校時代に交換留学でアメリカに行ったのですが、その時のホストブラザーが
    普通の牛乳を飲むとお腹を壊すと言ってlactose-free milkを飲んでいました。

    私は当時、全然お腹を壊さなかったのですが(日本でも牛乳を飲んでいたせい?)、
    大人になるつれ、牛乳を飲まなくなったら、日本でもアメリカでも
    ゴロゴロするようになりました(シリアルに普通の牛乳をかけるのもダメです)。
    今では、日本では牛乳は飲まない、アメリカでシリアル食べる時はどうしても
    牛乳がいるので、lactose-free milkがあればlactose-free milkをかけて、
    ない時はゴロゴロと下痢覚悟で、少しだけ普通の牛乳をかけてるかのどちらかです。

    日本ではlactose-free milkは手に入りにくいですが、アメリカでは普通に
    売っていたと思うので、試してみて下さい。

    ユーザーID:7646163401

  • Lactaid 牛乳の出番

    上で<まーまれーど>さんが言及されている Lactaid 牛乳をお試しあれ。  何処のスーパーでも売っております。 味等普通の牛乳そのもので、 脂肪分とも関係ありません。 値段は一寸高めかもしれません。 お腹がゴロゴロ鳴る方の飲む牛乳です。 

    ユーザーID:8802659844

  • ありがとうございました

    皆様、貴重な情報をありがとうございました。やっぱり違うんですね。日本では濃厚牛乳のように、リッチな味わいの牛乳が人気ですが、こちらでは逆ですよね。私もどうも匂いや味わいが違うと思ってはいたのですが、アメリカの牛乳を飲んだ時の雷のようなゴロゴロとお腹の痛み・・・一体どうしてだろうと思っていたのです。残念ながら、ローファット、ファットフリー、ドライミルクでもゴロゴロです。トピを立ち上げてから、夫が「ヤギのミルクは、ゴロゴロならない」という記事をメールで送ってきてくれました。が、ヤギのミルク・・・。

    そうまでして飲みたいとは思わないのですが、たまにシリアルなぞ朝食に食べたくなる時があり、そうなると分かっていながら我慢出来ず、ゴロゴロゴロ・・・でもオーガニックはまだ飲んだ事がありませんので、是非試してみたいと思います。ありがとうございました!

    ユーザーID:0330179086

  • Lactose Free

    トピを締め切られた後で申し訳ありませんが、夫(アメリカ人)も牛乳を飲むと必ずお腹がゴロゴロなるので、Lactose Free(高い!)の牛乳を買っています。私と子供たちは普通の牛乳(Whole Milk)を買っています。Lactose Freeだと大丈夫みたいです。

    他の方も仰っていましたが、アメリカの牛乳はWhole Milkでも薄いな〜、と個人的には感じます。日本へ帰国するたびに特濃4.2とかを飲んできます(笑)。高めのスーパー等には脂肪分の高い牛乳も売っていますが、近所にはないので、たまに牛乳に生クリーム混ぜて飲んじゃったりしています。夫には変な目で見られますが。他にはParmalatという開けるまでは冷蔵不要の牛乳メーカーがありますが、これのWhole Milkも濃い味がして美味しいです。Lactose Freeの種類もあるみたいです。

    私のまわりではスキム、1%、もしくは2%ミルクを飲む人が大多数なんですよね。Whole Milkを飲んでいる、と言うとなんでミルクシェークみたいなの飲むの(飲めるの)?って不思議がられます。本当はもっと濃い牛乳が飲みたいんだよぉ〜。

    ユーザーID:7224779492

  • 乳糖不耐症になられたのでしょう。ラクテイドをどうぞ

    今までお飲みになっていたのは、ロー・ミルクですか?
    raw  milk = non-pasteurized milk 
    パスチャーライズ しないままの、生のミルク。

    これは細菌を殺していないので、お腹が下ることが多いのです。
    アメリカでは、いちおう禁止されていますが、手に入る地域も
    稀にあるそうです。

    以下は、きちんとパスチャライズ・ミルクを
    飲んでおられるとして話を進めます。

    牛乳でお腹がごろごろいったり、下痢をするのは、
    牛乳の中の、乳糖を消化する酵素を持ってないためです。
    (乳糖不耐症 
    ラクトース・イントレランス lactose intolerance)

    乳糖不耐症は、日本人や中国人などアジア人は、
    白人より高率に見られ、同一人物でも、途中で不耐症になる人も
    います。
    (乳糖不耐症の人もヨーグルトは食べられます)


    ラクテイドという錠剤があり、ミルクやアイスクリームなどを
    とる前に、一錠、飲むと良いのです。(”Lactaid” 薬局にあり)
    Lactaid

    ラクテイド・ミルクという物も売られています。
    Lactaid milk

    ユーザーID:4582115863

  • 私の場合

    個人的な状況で恐縮ですが、私は日本の牛乳(給食など)でおなかをこわすたちで、逆にアメリカの2%やskim milkは全く平気でした。

    脂肪分の違いが影響していることはないでしょうか??

    ユーザーID:5768721096

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧