• ホーム
  • 子供
  • 療育(言語療法)を受けている方、教えてください。

療育(言語療法)を受けている方、教えてください。

レス18
(トピ主1
お気に入り28

妊娠・出産・育児

ちょんちょりん

2歳半の娘を保育園に預けてフルタイムで働いています。ちょんちょりんです。
娘はまだ意味のある言葉が出ず、
発達障害(疑)で言語療法のリハビリを受けています。

リハビリにはここ3ヶ月間で6回通ったのですが、娘が人見知りするため、
まずはリハビリの先生(言語聴覚士)に慣れるのが目標とのことで、
まだリハビリらしいことは全くしていません。

先生は、おもちゃで遊んだりお絵描きする娘の様子を観察して記録をとり、
前回からの娘の成長具合、先生への接し方の変化などをその場で話してくれます。
(リハビリの間、親も同席)

娘は初回は先生を威嚇するような態度でしたが、
先日は先生に高い高いしてもらって嬉しそうでした。
ようやく慣れてきたようです。

でも、親としてはこののんびり加減が心配なのです。
先生に聞いたら、「先生と信頼関係ができないと何もできない。
娘さんのペースで、焦らずにいきましょう」と言われてしまいました。
それは分かるのですが、このまま何もできずに時間だけ過ぎるのでは、
せっかく早期に療育を始めた意味がなくなる・・・と焦ってしまいます。

私は娘が発達障害かもしれないと思うと怖くて怖くて、
2歳過ぎまで何もできずにいたのですが、
「療育は早い方がいい」と小町でさかんに言われているのを見て、
さんざん悩んで迷って、思いきって受診して、
ようやく始めたリハビリなので、有意義なものにしたいのです。

言語療法ってこんな感じなのでしょうか?
言語療法のリハビリで言葉が出るようになったお子さんをお持ちの方、
リハビリはどんな風にすすめられたか教えてください。

ユーザーID:2240814279

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も言語障害で言葉の教室に通っていました。

    はじめまして!私は今33歳になる兼業主婦です。私の場合は、4歳から小学校入学まで週に1回通っていました。色々な機械を使って遊びながら言葉について獲得していった記憶があります。
    人見知りはあんまりなかったような記憶がありますが、最初のうちは絵本を読んでもらったり、お絵かき歌を歌って絵を描きながら完成させたりとかしました。それから本格的な内容に入っていったのかな?でも、あんまり嫌な記憶が無かったような気がします。
    ちょんちょりんさんは焦りを感じているようですが、何故でしょうか?同じ歳のお子さんとの引け目を感じていますか?子どもの成長の早さは個人差があるので比べてもあんまり意味が無いと思うのです。
    言葉を獲得するために必要な信頼関係は、言葉に対する信頼感と同じのような気がするのです。
    言葉の発達の遅れている子どもが、言葉を獲得し、使うのがとても楽しく感じられてコミュニケーションが取れる子どもになれるのが、言葉の教室の目的のような気がします。
    ちょんちょりんさんは、早期に療育を始められてとても良いお母さんだと思います。もうちょっと長い目でみれませんか?焦りはお子さんの精神状態にも影響しますよ。

    ユーザーID:2489567211

  • あせりすぎかな

    うちの子もやはり言葉が遅く、2歳前後の時「言葉の教室」で
    療育を受けてました。
    だから今のトピ主さんの気持ちは今でも胸がぎゅーとなる
    ぐらいわかります。焦りますよね。これでいいのかしらって。
    私も言葉の訓練でもするのかなと思い通い始めたのですが、
    行うのはおもちゃを使って保育士さんと楽しく遊ぶ事と、
    臨床心理士さんや言語聴覚士さんによる「現在の発達の程度の確認テスト」
    だけでしたよ。
    保育士さんがボールを転がしますよね?子供がキャッチできたとします。
    そしたら保育士さんがいっせいに「できた!」「やったー!」と
    子供をほめるんです。「○ちゃんボール上手ねえ!」とか。
    そういう一見「これが訓練なの?遊んでるだけじゃない」って
    事を何回も何時間も繰り返すうちにある日子供が「ボール」と
    言ってボールを持ってきたり、何か成功すると「できた!」と
    言ったりするようになってるんですよね。
    体験と言葉がリンクしないと言葉って出ないんだそうです。
    先生と楽しく遊んでいるなら、
    「何もできずに時間が過ぎていってる」訳では無いと思いますよ。

    ユーザーID:4059870712

  • だって2歳児だし

    日本・アメリカで言語遅延のためのセラピーを受けました。
    1歳半からはじめ、2歳ちょっとで渡米。現在はアメリカで継続中。まさに、うちの子はもうすぐ3歳の2歳児です。

    先生たちの態度は全員、トピヌシさんが会われた先生と同じような感じかと思います。

    子供は楽しそうだし。言葉は確実に増えているし。良いじゃないかしらと思ってるんですけれど。とはいえ、まだ二語文は言えませんが。

    ユーザーID:3955609710

  • 先生は大切です

    お子さんと私とでは違う気がしますが、参考になればと思いレスさせて頂きます。

    私は言語障害があります。
    子供の頃に治せればよかったのですが、初めて行った「言葉の教室」で、とてもイヤな思いをしました。
    小学校の中に「言葉の教室」があったので、言わば、「小学生への見世物」にされたのです。
    先生には悪意がなかったと思いますが、子供でも深く傷つき、二度と行きませんでした。
    (※30年も昔の話です。今はありえないと思います)

    もし先生と仲良くなっていたら、いろいろお話したと思います。褒められたくて治療も頑張ったと思いますし、たとえ上手く話せなくて苦労しても、好きな先生の言うことなら信じられるでしょう。

    そう考えると、やはり信頼関係が土台だと思うのです。

    付け加えますと、大人になってからでも改善はできます。
    私は社会人になってからリハビリ科に通いました。だいぶ良くなったと思います。
    ですから、あまり焦らないで下さいね。

    ユーザーID:6950434111

  • 大丈夫と思います

    在ヨーロッパで、心理療法士から療育をするための訓練を受けているところです。
    その心理療法士さんのところにくるお子さんの中には、レッスンの最初の一ヶ月は泣き続けでレッスンにならなかった子もいたとのことです。でも、新しい先生と慣れていくために、子どもが通過せねばならぬ道であり、一ヶ月したら、その子はレッスンに来ても泣き出さなくなり、半年ほどたった今ではにこにこと笑顔でやってくるそうです。
    言語療法にいたるまでには、まず相手との信頼関係が必要です。気が遠くなるほど時間がかかるのが普通だと思います。レッスンを始めて数ヶ月ですから、まだしばらくは言語以前のレッスンが続くのではないでしょうか。なぜならそれが成立しなければ言語活動には至らないからです。
    どんなにゆっくりでもいいからお子様が確実に成長されるといいですね。

    ユーザーID:7337571546

  • 娘がST受けてました

    高機能自閉症の息子は受けてませんが、2歳半頃は意味のある言葉どころか泣くときも声を発せず奇声のみ、でした。(今は拙いながらも喋ってます)
    診断先では高機能自閉の場合、就学前しか言語療法が受けれないので息子は受けれませんでしたが、娘は場面カンモクが酷かったために受けました。
    娘は5歳になった頃に受け始めましたが最初の4ヶ月は固まったり、部屋に入れなかったりで殆ど何も出来ず(笑)
    娘を他の臨床心理士さんにあずけ、私が部屋に入って育児相談を受けたり、家で出来る簡単な事を教えて貰ってて、ホント会社を早退して何してるんだか、な状態でしたよ(笑)
    先生に懐いてくると遊びのなかでの訓練をし、きちんと絆が出来ると『虐めかい?!(笑)』なくらいな娘にとって厳しいこともやってました。
    だからきちんとした信頼関係を築かないと続けていくことが難しくなります。
    我が家の子どもらの場合、自発的な欲求を発することが難しいので遊びのなかでの訓練が必要でした。
    ケースバイケースですが我が家なこんな感じだったので焦ることないのでは?

    ユーザーID:5303574894

  • 適切だと思います

    言語聴覚士です。

    言語療法のリハビリを、もっとお勉強的な物と想像してらっしゃるのかな。トピを読んだ限りでは、すごく「リハビリらしいこと」を順調にやっているように見受けられますよ。

    言語療法って、「言葉=コミュニケーションのリハビリ」ですから、娘さん自身が、この人と(言語聴覚士)とコミュニケーションをとりたい!この人とコミュニケーション取るのは楽しい!って思ってくれないと、そもそも始められないのです。(コミュニケーションは、会話だけでなく、目を合わせたり一緒に同じことをして楽しむ等も含みます)

    なので、楽しい遊びを介してコミュニケーションが楽しいと思うところから始めていきます。信頼関係を作るという過程自体もリハビリなんです。
    信頼関係が築けた後も、基本やることは変わらないかもしれません。その年頃のリハビリは、「お勉強」というより「遊び」のような感じで行うことも多いです。でもただ遊んでいるように見えても、必ず目的を持ってやっているはずです。わからなければSTに直接聞けば話してくれるでしょうし、家庭での遊びの中での関わり方についてもアドバイス等してくれると思いますよ。

    ユーザーID:3716128805

  • 息子4歳児です

    最近言語療法に通い始めました。言語に限らずリハビリでも何でも、まずはコミュニケーションを図るところから始まります。ちなみに、この子の上に10歳の筋ジスの娘がいますが、心理・言語療法、リハビリ、動作、すべて最初はコミュニケーションからでした。さらに言えば私自身、特支学校高等部の教諭経験者です。様々な障害を持った生徒達でしたが、生徒とコミュニケーションを図るところから始めました。
    教師の立場から書かせていただきますが。
    多くの指導者は、その保護者とも良好な関係を築くことが大切だと考えます。保護者に信頼されないまま、子供さんとの良好な関係というのも難しいモノです。
    疑問などあれば、そのまま指導者にぶつけても構わないのですよ。何を聞かれたとしても、きちんと指導方法や見通しなどを、何度でも納得するまで答えてくれるはずです。それがなれば、お子さんだけでなくお母さんとも信頼関係の取れた療育となるはずです。
    こういうことは一朝一夕にに結果が出たり解決するモノではなく、長い月日が必要でしょう。どうぞ焦らず、疑問点はどんどん指導者に直接ぶつけて、悩まなくてもすむ日々をつかんでください。

    ユーザーID:0591413658

  • うちの子も療育中。

    私はイギリス在住なので、状況は違うかもしれませんが、、、。
    今、3歳8ヶ月の男児です。2歳の誕生日あたりで言葉が出ないな、と思って保健師さんに相談したところ、ポーテージ(日本にもある?)という組織から月に1、2回、家へ療育に来てくれるようになりました。
    結局3歳半になってから自閉症の診断がおり、それからは週1に増えました。毎回、子どもに目新しいおもちゃを持ってきてくれて「順番交代」の待つ練習をしたり、「どっちで遊ぶ?」と選択の練習をしたり、あくまでも子供が楽しめるようなものです。
    親としては、そんなのでいいの?と焦ってしまうのですが、とにかく、コミュニケーションの成功体験を積むということが大事だそうです。あと、療育プランは認識力、身辺自立、身体の動き、コミュニケーション、言語能力など分野別にチェックリストがあり、足りないものをどう達成していくか、方法も子供によって違いますから相談します。親が中心で、あくまでも言語療法士はアドバイザーという位置づけです。小さいうちは、日常生活、たとえば料理や、花の水やりといったことからも多くを学びます。可愛い時期を楽しみつつ、共にがんばりましょう!

    ユーザーID:8861568967

  • ことばを育てる親の会の会長です。

    2歳からということなんですね〜。

    うちは今小2の息子が年中さんの時からの療育です(現在進行形)。
    ちなみに息子は広汎性発達障害の診断済みです。

    お子さんがそうかもしれないということで、ちょっとナーバスになっているんですよね。
    まだお子さんが小さいので、言葉もやっとでしょう?
    もちろん発達検査に達する年齢ではないので、遊びに行く感覚で今のところは十分と思いますよ。

    それに、子供達ってものすごく敏感です。
    お母さんが動揺すると、すぐ子供に影響します。
    ど〜んと構えて、ま、いっか〜くらいのキモチでいた方が、これからの事も含め立ち向かう原動力にもなります。

    とりあえず、小学校入学までを目標にして長い目で見ていただけませんか。
    1ヶ月、1年のスパンでは短すぎます。
    先生にも懐いたというところで、第一段階はOKだと思います。

    ユーザーID:1038287941

  • コミュニケーションの源は?

    いい大人だって、知らない人と話をするのは緊張して、いつもより口数少なくなっちゃったりしません?
    それがまだ二歳半のお子さんならなおのこと。会話の基礎には「この人と自分の気持ちを共有したい!」っていう相手へのプラスの気持ちが必要だと思うんです。お子さんも二歳半なら、そろそろ自我が出てきて難しい頃では…?お子さんが自分で話すのが苦手、となんとなくでも感じていれば、なるべく苦手なことには関わろうとしません。 
    苦手なことに挑戦してもいいかな?という気持ちになるためには、STの先生といると楽しい!という信頼関係が必要なんです。
    言葉には個人差も大きいですし、もう少し、ゆっくり見守ってみてはいかがでしょうか?
    また、トピ主さんの少し不安な気持ちを、先生に相談されてもいいと思いますよ。

    ユーザーID:5012394568

  • 我が家の場合

    広汎性発達障害と構音障害の保育園年中4歳♂をもって、フルタイムワーカーをしております。

    うちも言葉が出るのが遅く、発音も不明瞭でしたので、去年の5月から月2回ペースでSTさんの訓練を受けています。彼の場合は人見知りが皆無で、すぐ訓練に入りましたが、ファーストステップとしてSTさんに心を開くという段階を踏む方も多いようですよ。
    で、実際の訓練も、絵カードを使った言葉の勉強もあるものの、パズルやひも通しなど「言葉が出るのに何の関係があるんだろうな」と思うメニューも多い。しかしよく考えられているもので…2歳過ぎまで有意語を発しなかった子供が、今じゃ(発音は相変わらず拙いけど)煩いくらいに喋ります(笑)。

    逆に伺いたいのですが、トピ主さんの仰る「有意義なもの」って、どんなものでしょうか。周囲の子供に早く追いついてほしい…みたいな感じでしょうか?
    成果を焦るお気持ちは痛いほど分かりますが、療育ってST任せのものじゃなく、親も含めた周囲の大人が「対応の仕方を学んで実践するもの」かな、と思いますので、ぜひお子さんのペースを大事に、長い目でゆったり構える方がいいと思いますよ。

    ユーザーID:5035689903

  • うちの息子の場合

    うちの息子は2歳半で語彙が8語で、すぐに言語療法士が作った幼稚園に入って毎日みっちりと言語療法を受け、中学校からは何とか普通の中学校に通っています。今でも1学期に一度は言語療法士が学校に来てアドバイスをくれます。
    ここで注意しなくていけないのは、「言語療法」といってますが、子供の場合、多くが「発達障害」に付随する障害で(うちの場合もそう)、器質的な原因による言語障害とは全く性質が異なります。既に発達障害が疑われているなら、たぶん、それなりの理由があるんだと思います。そういった場合、「言語治療」は単に言葉を教える以上のものです。トピ主さんが感じるように、幼い時こそ色々やるべきだと思います。もしご心配なら、療法士や主治医に、他にどんなことができるかアドバイスを受けて、全力でそれをやったらいかがでしょうか。私はその幼稚園が週に3回だけだったので、他の日には普通の幼稚園やアクティビティグループに連れ出すなど、できることは何でもしました。セラピーがどの頻度かわかりませんが、少なくとも週に一度は欲しいですよね。セラピーの内容を家でも何度もやることも必要。仕事があって大変だろうけど、がんばって。

    ユーザーID:6988806260

  • ひとりひとり、違うので。

    療法士の言葉の「娘さんのペ−ス」、トピ主さんがこれを理解しないと、納得できないと思います。
    発達障害児でも、素直な子や警戒心の無い子には、早いペ−スで療育に取りかかれます。でも、頑固な子やなかなか心を開かない子の場合、無理やり進めることはできません。
    ここで「無理やり」なにかをしてしまうのは、発達障害児にとって、時には取り返しのつかない心の壁を作ってしまうことになるので、療法士は、遊んでいるだけのように見せて、実は、鋭く見極めようとしているのだと思います。
    娘さんにとっても、療法士と対峙している時間は、それだけでたいへん有意義なんですよ。前に進んでいるのですから。
    他人と比較できるものではありませんから、トピ主さんが、良いところや、前進した証しを見つけて、それを大いに褒めてあげてくださいね。
    一滴ずつ水を溜めているコップは、溜まるまでは、あふれませんが、いつか、急にあふれますよね。それと同じです。
    せっかく溜めているのに、途中で焦って、コップを揺らさないであげてくださいね。

    ユーザーID:1393104054

  • 経験談ではないのですが

    初めまして。6才娘と3才息子を持つ母です。我が家も数日前に3才になった息子はほとんどしゃべりません。単語がたまに数語でる程度ですが私達や保育園の先生の言っていることは分かっています。
    息子は2才すぎに小児発達に詳しい小児科医に診ていただいたのですが、先生はもっと専門の小児発達の総合病院に受診したほうがよいだろうとの事で紹介状を書いてもらい今年の1月に受診しました。

    小児発達の先生は息子は軽い自閉症との事。もっとリハビリすれば少しはしゃべれるようになるだろうとの事で先生にリハビリ病院にまた紹介状をかいてもらい明日受診します。リハビリ病院に初めて面談したときに療法士さんは最初は慣れてもらうため遊びながら30分程度のことからはじめると言われ私もそうなんだと思いました。

    正直息子も3才になったのでもう少ししゃべってもらったらコミニケーションとれるからリハビリを時間長くしてもらえないのかなと療法士さんに再度聞いたら時間が長くなると子供が飽きるので短時間で進んでいくとの事。
    明日はドキドキしながら最初のリハビリに行ってきます。
    経験談ではなくてすみません。

    ユーザーID:1489308594

  • そんなもんですよ。

    私の経験ではそんな感じではないかと。
    半信半疑のまま手探り状態で言語療法を受けていました。当時2歳でした。

    トピ主さんが感じる焦りは、仕方ない事なのかもしれません。
    なぜなら、子供の持つ認知力が大人のそれと大いに違うからです。

    パニックを起こしたり走り回ったりで席につくことも出来なかった我息子は、言語療法は早過ぎると私が判断し、早々に児相を急きたてて療育施設への入所を決めました。
    結局言葉を話せるようになったのは3歳半を過ぎてからでした。
    それが一般的に正しいことなのかどうかは分かりません。
    けれど、それでも息子にとっては正解だったと自負しています。
    母親を認知する力のない子供でしたし、多動、パニック、寄食などの問題行動が多かったもので、まず先に言語よりもやるべき事があると判断しました。

    早期療育とは言っても、お子さんによって療育の手法、手順に適正があると思います。
    どこまでトピ主さんがお子さんの認知力を理解し把握できているかによって、療育の手順を判断されたら良いと思います。

    ちなみに。
    そんな息子も今では普通に会話をし、通常級に通っています。

    ユーザーID:9510813511

  • こんな事言ったら…

    たぶん不快になる方がいらっしゃるかと思いますが…
    我が家の娘も言語訓練に通っています。トピ主さんの娘さんと同じ頃から通っているかな… 今は小学2年生の知的障がいを持つ娘です。今現在の言葉は不明瞭であったり、よくわからない言葉だったり、普通の言葉だったりという所です。

    はっきり言って言語訓練に通ったから言葉が出るようになったとは思っていません。むしろ幼稚園・保育園で周りの子達に混ざって生活する事でずいぶんと発達したと思っています。 そう思っているのに何故言語訓練を続けるのか… 一見遊んでいるようにしかみえない訓練でも言葉の発達に大きく関連した遊びであったり、先生が子どもとどう接しているかなど親が見て学ぶべき事がたくさんあるからです。またちょっとしたつまずきなども先生に聞くと「こうしてみては?」と専門家ならではのアドバイスも頂けます。

    言語訓練を行ったからと飛躍的に言語が発達する物ではないと思っていた方がいいですよ。あまり期待がすぎると「こんな事してて…」なんて思ってしまうかもしれません。 でもやっぱり専門家のすることですし、困ったときは良いアドバイスがもらえると思います。

    ユーザーID:5502824579

  • ありがとうございます(トピ主)

    皆さんありがとうございます。

    ネットの掲示板を見たことがない夫は、
    「見ず知らずの人がこんなふうに励ましてくれるなんて、
    すごいね。ありがたいね」と驚いていました。

    先生の「娘さんのペース」という意味がよくわかりました。
    また、私は今を「リハビリ以前の時間」ととらえていたのですが、
    すでにリハビリは始まっているんですね。

    リハビリには夫と交代で行っていますが、
    いつもお互い「今日どうだった?」「いつもどおり。特に何もしない」
    という報告でした。

    リハビリって、「こんなことするんだよ」「娘はこんな風に変わった」
    などと報告できるものかと思っていたんです。

    最近、知らない人が、私でなく娘に向かって話しかけるので、
    「このくらいの子は、大人と会話できるのが普通なんだろうな。
    うちは遅れてるんだなあ」と思って、落ち込んだり。

    娘は楽しいと「あー、あー、いー、あっきゃー!!」
    みたいな声を出して走るのですが、
    それも年齢的におかしいんだろうかと心配になったり。

    子供はかわいいけど、親ってたいへんですね・・・。
    頑張ります!

    ユーザーID:2240814279

レス求!トピ一覧