ここに旅すると人生観変わるよっ!!

レス37
(トピ主0
お気に入り93

旅行・国内外の地域情報

ココカラ

というところ教えてください。
最近、派遣切りにあい毎日もやもやした日々を送っています。
また。別に
この映画は号泣できるよ。
この本は号泣できるよ。
でもいいので教えてください。

わがままな質問ですいません。。

ユーザーID:9248742540

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 雲南省で桃源郷探し?

    お勧めしていいのか微妙ですが、
    バックパックで中国雲南省旅行、
    人生観が変わるうえ、心身とも逞しくなります(多分。

    雲南省は中国の中でも独特で、
    少数民族が多く、人は穏やかでおっとりしていて(漢民族比)、
    気候は年間通して「春のよう」と言われています。

    都市昆明からバスなどで北上しつつチベット国境付近を目指すか、
    南下して西双版納を目指すか。
    西双版納はタイの雰囲気が色濃い感じです。
    どちらにしても、緑豊かな農村、広大な棚田、
    桃の木の下で碁に興じる老人たち、お尻を出した幼児、
    都市や観光地を離れれば離れるほど、とーっても「桃源郷」です。

    一方で、バスにはアヒルが乗って来たりなんだり、
    ギュウ詰めでおばあちゃんや子どもと相乗り、
    しかも皆サトウキビを噛み続けてたり、
    日本風の繊細な「常識」は全く通用しません。
    (風土が合う人だとめちゃ楽しいです)

    1ヶ月ふらふらしても、飛行機代込みで15万くらいで余裕。
    言語は、漢字が通じるので筆談で乗り切る。
    「旅行人」という出版社のガイドブックがお勧め、
    一冊買ったら適当に飛行機で飛んで、あとは安ドミに泊まりつつ、
    バス移動!です!

    ユーザーID:8805479237

  • ありますよー

    ハンドルネームが他の方とかぶっているようなので、変えました。

    やはりビルマでしょう。
    特に田舎に行きましょう。
    電気のない村の道を、満点の星の下、歩いてみてください。
    竹作りの映画館の中で、他の観客と一緒に手拍子しながら、主演女優と男優を声を上げて冷やかしてみてください。
    イラワジ川に船を浮かべて、夕日が川に落ちるまで、じっと見てみてください。
    夕日に真っ赤に染まった寺院の最上階で、風に吹かれてみてください。
    早朝のマーケットで、托鉢の僧侶に寄進をしてみてください。

    映画ならソフィアローレン主演のひまわり。
    私は号泣しました。

    ユーザーID:5504440863

  • 人生観じゃなくて、人生が変わった

    テレビで野生のイルカと泳げると知り、バハマに行きました。
    イルカと泳いだ領域は、バミューダトライアングルで、パワースポットだったらしく(そんな事は、全く知らんかった)、人生が変わりました。
    実際、良いところでしたよ。

    ユーザーID:7365830022

  • 工場見学

     夏休みなど、親子対象に旅行会社が募集する場合もあります。
    個人の場合は、各会社のHPを参照して下さい。
    見学日は、平日が多く予約制なので、、申し込みましょう。
    各企業の環境へのとりくみや、企業理念を学ぶことができます。

    たとえば、
    ビール会社は大企業が多く、良心的。スケールの大きさ、品質管理・
    衛生管理のすばらしさが体感できます。新聞社の見学も、勉強になります。
    工場へは、必ず電車・バス・タクシーをご利用下さい。

    ユーザーID:5371179013

  • インド

    友人達はインドとアフリカに行って人生が変わりました。
    良かったそうです。

    私はフランスのかなりの田舎に行った時に「ゆったり過ごすこと」
    を知りました。

    インドやネパールはおすすめです。

    ユーザーID:8142457495

  • 海外でよければ・・・

    オーストラリアのエアーズロック!!

    とにかく凄い!
    悩み事が・・・いや、人間ってものがちっちゃく思えます!

    ユーザーID:2492921550

  • モンゴル

    私が行ったのは内蒙古でした。
    乗馬ツアーで、3日間毎日馬に乗ってトレッキングです。
    モンゴルの馬は体高が低いので乗馬未経験の初心者でも大丈夫。

    その乗馬トレッキングで行った、ナーダムが行われるという場所。
    ナーダムの時期ではないので草原の真ん中に石を積み上げた小山があるだけだったのですが、そこに立った時、日本でいろいろ思い悩んでいたこと、執着していたこと全てが不思議なくらいに掻き消えてしまいました。

    広い草原に散らばって生活している人たちが年に一度吸い寄せられるように集まって熱狂する。
    そんな場所なので祭りが終わって人がいなくなっても何か神聖な気のようなものが残っているのでしょう。

    あれから10年以上も経ってまた自分の中に澱がたまっているのを感じますが、今私は行くことができません。
    本当にこの澱をもう一度吹き飛ばしてしまいたいのですが。

    ユーザーID:5036251649

  • 海中

    国内で十分です。体験ダイビングはいかがでしょうか?基本的に二次元な地上の生活から、三次元の世界を垣間見ることができます。また、動き方もまったく違うので一つ一つの動作が新鮮です。魚ってえらい!と思えます。

    上のモカさんとは違う意味で、人生そのものを変えてしまった人もいます。(平凡なサラリーマン→南国移住インストラクター)私も一生続けられる大切な趣味を得ることができました。

    ユーザーID:4684182264

  • 沖縄

    斎場御嶽(セイファ−ウタキ)

    とても神聖な気持ちになりました
    本来女性しか入れない聖地だったそうです(今は男性も入れる…)

    ユーザーID:0466130757

  • ハワイ島を車で1周

    自分で運転してみて下さい。

    誰もが想像出来る美しい海岸の風景、潮を吹く鯨が見えたりもします。
    キラウェア火山へ向かって進むと緑が少なくなり、一面溶岩で覆われた
    荒涼たる風景に変わります。

    欝蒼とした森の中では木々やシダ類の色と香りを感じ、高い山越えでは
    まるで雲の中を行くような不思議な気分を味わいます。

    1日の間にこの様々な景色を見ると自然の凄さ、そして人間なんてちっぽけな存在なんだと思い知らされちまちまと思い悩んでいることが馬鹿らしくなってきます。
    どうあがいたってなるようにしかならないんだ…という開き直りのような。

    号泣できるかどうかは分かりませんが、映画「ストレイトストーリー」を見た後は涙がとめどなく流れました。
    私にとっては忘れることのない映画です。

    ユーザーID:7222536769

  • 旅行で人生観は変わりませんでしたが〜

    旅行好きで海外を数年、放浪しましたが人生観までは変わりませんでした。結婚しても変わりませんでした。でも子供が生まれたときは変わりました。自分にとって一番大切なものが〜できました。子供です。

    ユーザーID:2167211428

  • バリにて

     バリの土産店で支払いをした時のこと。

     レジ係のおば様達はとても楽しそうにおしゃべりしながらのんびりと対応。日本ではありえないその接客にイライラしながら待っていた私ですが、心からの笑顔で何か話しかけられてふっと気づきました。
     
     そうか、仕事ってこんなふうに楽しくてもいいんだ・・・。
     
     その時まで私が持っていた
    「仕事はいつも真面目な顔をしてするツライもの」
    という固定観念が打ち砕かれた瞬間でした。
     
     あとはモンゴル。土地を個人が所有する、ということがなく、好きな場所に住んでよい、との説明を聞いた時。
     
     さすが広大な大地を駆ける遊牧民の国。
     気に入った場所にいきなり住むことができるなんて、日本では考えられないなぁ、と。
     
     現在は法律が変わり、土地所有の制度ができたようです。

     実際に旅しなくとも、海外や沖縄の旅行記、国際結婚についてのエッセイを読まれると異なる価値観に触れることができると思います。
     お勧めは
     
     「沖縄オバア列伝」
     「トルコで私も考えた」
     「バックパッカーパラダイス」

     です。

    ユーザーID:1027726311

  • ココ意外ならどこでも

    自然環境がまったく日本と違うところなら文化も違い、人間の価値観や考え方も違うので、地図で気候が違うとところ、自分ならまず行かないと思うところはどうでしょうか(安全な範囲で)

    近いところでは、中国内モンゴルの砂漠
    インドは人生観が変るといいます
    一番無条件に素直になれたのは南極(半島)でした。

    ユーザーID:5689959038

  • ドライブで♪

    私は米国を1年半かけてドライブしてきました
    日本の法律も ルールもマナーも
    全部他国のもの
    2mを越す男性も普通にいますし
    白人 黒人 黄色と いろんな人種が混ざり
    みな○○系アメリカ人と名乗ります

    地図を見て 隣町まで平気で100kmを越し
    その間 家は一軒もありません

    日本のガイドブックに乗ってるところは全て回りましたが
    国土が25倍あるがゆえ その広さは too bigと言うだけあります

    いろんな意味で勉強になりますし
    小さな悩みなんて どうでも良くなります

    さらに 日本の治安の良さも再認識できます
    単語すら 聞き取れないと 一杯の水も手に入れられず
    ガソリンの入れ方さえも分からない
    そんな1年半をすごしてみては いかがでしょう

    ユーザーID:5817834229

  • 遠いけど・・・

    私の人生観が変わった場所は長崎県五島列島の一つ、野崎島です。

    ここは普段住人はいません。毎日小値賀島から施設の管理人さんが船で通っています。

    ここには世界遺産登録を目指している長崎の教会群の一つ、旧野首天主堂があります。
    船着場から1時間弱山を登ると辿り着きます。
    車などはありません。船着場から自分の足だけが頼りです。

    でも着いた時天主堂から見えた海の美しさは今でも脳裏に焼きついています。
    管理人さんから天主堂が建てられた当時の話を聞くと自分がまだまだ甘いと思い知らされました。

    便利な都会の暮らしに慣れた自分にはいいお灸になりました。
    また行きたいと思ってます。

    ユーザーID:5547945667

  • やっぱり無人島!

    電話も通じない電気もない(ガソリンで数時間だけ)
    周遊3分ほどの無人島ジープ島しかないでしょう!

    http://www.kingdomofjeep.com/

    ホントにいいとしか言えないですね。

    ユーザーID:8552521533

  • インドかな

    人生観変わるとまではいかないかもしれませんが、
    インドかな・・・。

    仕事で3回、デリーに行きました。

    首都なのに、この混沌さは何!?
    え!?仕事の会合なのに、時間通りじゃないのって何!?
    インドはIT化がすごい!って訊いてたのに
    職場にはLANもない、自宅のネットはデジタル回線・・・。
    突然停電当たり前。
    仕事環境として突っ込みどころ満載なのに、
    インドのヒトたちは、みんな「インド最高!!」って・・・。

    なのに、なんだか、居心地いい!?

    日本の秒単位まできっちりしてる生活があほらしくなるというか、
    イイ意味で「ど〜でもいいか」感が沸いてきます。

    インドに行って、自分の中の何かが抜けてったと思います。
    いい意味で。

    ユーザーID:9031552253

  • グランドキャニオン (要宿泊)

    わたしの人生を変えたのは、マンハッタンの世界貿易センタービルから見た黄金の夕日でしたが、今はもう見ることができません。

    なので、グランドキャニオンをおススメします。
    よく、ラスベガスなどから飛行機で日帰りのツアーがありますが、それでは十分とは言えません!!
    必ず公園内の宿泊施設に泊まってください。
    わたしは二泊しました。
    朝早く起きて、朝日を見に東へ移動、夕方は夕日を見に西へ移動。

    刻々とその表情を変える雄大な景色は、今まで気付かなかった大切なモノに気付かせてくれるかもしれません。

    ユーザーID:7786685829

  • シンプルにお遍路でも

    人生観やなんかを変えるのに時間と労力を使わない手はないでしょう。
    なんせ、一生付き合うことになるかも知れないんですから。
    四国のお遍路を徒歩でやってみてください。
    人のやさしさや、
    自分が思っているよりも、自分の体も心も強いんだ、
    ってことが頭でではなく、身にしみた体験としてわかります。
    毎日毎日長い距離を歩くのは大変だけれど、
    疲れ果てて眠った翌日に、前日よりも体が重くない、
    そんな単純な人間の肉体の強さにも軽く感動できると思います。
    いろんな人と出会えて、話ができるのも、有意義な体験になると思いますよ。

    ユーザーID:2362520717

  • 行き辛いし、今いけるかどうか

    分からないけど、黒竜江(アムール川だったっけ?)の河口付近。
    飛行機から見た時も、大蛇が何匹ものたくっているようで、これのどこが川なのかわからなかったけど、降りてみたらもっと凄かった。

    ゆうゆうとタンカーが行きかい、向こう岸がかすんで見えない川なんて、日本では想像もできないものね。

    まあ、人生はそうそう変わりませんでした。でも、時々あの光景をまぶしく、懐かしく思い出し、そして、なによりも自分はあの巨大な蛇に比べたら、ちっぽけな人間としての生き方しかできないんだと妙に納得してしまっております。

    ユーザーID:7468897970

  • おすすめ!!

    私のおすすめは!!海外に行ったことのない私なので・・・
    屋久島をお勧めします!!海あり山あり美味しいものも沢山あるし・・
    地元のひとは少し人見知りの方々が多いけど 親切だから 癒されます。
    言葉も通じるし 屋久杉を見たら 次の自分が見えてくるかもしれませんよ。

    ユーザーID:0314052617

  • 私もバリ!

    人生観が変わるというか、バリに行くと、日本でセカセカ働いてオシャレして一生懸命貯金して…なんていう生活を「う〜む」と思ってしまいます。


    土地の神様を大切にして、毎日食べるのに困らない程度にのんびり働いて、いつもみんな笑顔で…っていうのがバリの人達です。
    また風景も、同じアジアで田んぼがたくさんあるからか、古きよき日本の農村。という感じで若い人でも、バリの風景を懐かしいな…と感じるようです。


    あぁ、無理にセカセカ働かずとも、お金なくてものんびり笑って生きる方が幸せなんだなぁ…と思わせてくれる土地です。
    また神様を大切にしているのでスピリチュアルな面でも何かを感じる、という日本人が多いですね。

    バリの本もたくさん出てますから是非読まれてみては?

    ユーザーID:7887223834

  • ギリシャのミコノス島

    大学4年の春、卒業旅行で40日間ヨーロッパ一人旅をしました。
    その後何度もヨーロッパを訪れていますが、
    ミコノス島にはそれ以来一度も行っていません。
    私にとっては特別な場所です。

    風車のある高台に上がり、エーゲ海に夕日が落ちる様子を、
    現地で知り合った女の子と一緒に眺めました。
    「幸福」という言葉が自然と胸に湧いてきました。

    未だにその時撮った写真ほど、いい笑顔で写っているものはありません。
    たぶん、これからも・・・

    ユーザーID:1875797834

  • 深夜特急読んでみたらわかるかも!!

    沢木耕太郎さんが、実際に旅行したのはずーっと前ですが、このシリーズ、本当に面白かったです。私はインドがとっても印象に残りました。
    私自身、国際線に長年乗務しているクルーなので、この仕事を楽しみながらいろいろなところには行っています。でも皆さんが書いてらっしゃるようなところはほとんど行ってませんねぇぇ(笑)。残念なことに仕事では主要都市しか飛べないので。。
    でもひいて言えば、夜間のフライトで時々夜空を見ると、地上ではありえないような数の星が見えて、私たちが普段暮らしている世界とは全く別のところでひっそりと存在しているというか、なんともいえない神秘的な気持ちになります。

    星の奇麗なところに旅するのもいいかもしれないですね。世界にはいろんなパワースポットがあります。日本では富士山や屋久島など。
    私は現在賑やかなところに住んでるので、たまに帰る実家のまわりの自然に触れると癒されているのが本当にわかります。トピ主さんにぴったりの場所が見つかること祈ってますね。

    そうそう、どなたかも書いてましたが、私も南フランスで1週間滞在したときの景色は忘れられません。

    ユーザーID:4620984224

  • バラナシ

    インドのバラナシが人生観変わると聞いて、楽しみに行き、実際びっくりすることも多々。牛さんに道譲ってくださいとお願い?したり。笑 現地のしつこい物売りとひたすら闘ったり、足のない子がスケボーにのって車が信号で停まる度に窓をノックして人に物をもらう姿にただただ衝撃を受けたり。

    人間の遺体が焼却される河原で牛がその香りをかぐわしいものと恍惚としたような表情を浮かべているように見えて、私たちが焼き肉の香りを楽しむように、もしかして牛もいい香りと思っていたりしてもおかしくないよなと感じたり。。

    でもでも、、人生観が変わったとは思えませんね。たかが2週間の旅行でそこまでの衝撃は受けませんでした。40数カ国旅行してきて鈍ってしまったのか、単に自分の感性が鈍いのか。日本に帰って、都会の慌ただしさにすぐ慣れてしまいました。

    あまり旅行したことない人なら違う感想を抱くかも。

    ごめんなさい、あまり建設的な意見じゃないのですが、インドでこういう感想をもったものもいますということを伝えたくて。

    他に思いついたらまた書きますねー。

    ユーザーID:8818980319

  • 自分で探さなきゃ!

    本屋に行けば、「泣ける」「号泣しました」のPOPのついた本がいくらでも平積みになっています。

    映画だって、しかり。映画やDVDのクチコミ本もいくらでもありますよ。
    それにネットが使える環境なのですから、「泣ける映画」でweb検索してごらんなさい。

    人生観の変わる旅先?
    トピ主さんにはこれまで「いつかは行ってみたい」と思った場所はありませんか?

    レスしている皆さんは、そうやって自分の「行ってみたい」気持ちに導かれて運命の場所と出会っているのですよ。
    人に「よかったよ」と言われて、行ってみるというのも否定はしませんが、本気で何かを変えたいと思うのなら、まず己の内側から湧いてくる気持ち、(本やモノなどと)目と目があったときの直感に素直になることが大事だと思います。

    自分探しは人頼みでするものじゃないですよ!!

    ユーザーID:0848986598

  • 人生観が変わるとは?

    具体的にどういう事をいうのでしょうね。

    私はマチュピチュやグランドキャニオンやインドやカッパドキアやオーロラ、その他色々観に行きましたが、別に人生観は変わりませんでした。
    すごーく感動はしましたが。

    旅を繰り返すうちに、忍耐力がついたのか、日常の瑣末なことがあまり気にならなくなりました。
    しいていえばそれだけが自分の成長でした。

    ユーザーID:0002649133

  • 立山・大汝山からのご来光

    ここから眺める日の出は感動モノです。
    周りは残雪の残る切り立った山々、真下は黒部ダム、そして山特有の無音の世界。
    この大自然の中に吸い込まれたような錯覚感?!(うまく表現出来ませんが…)
    とにかく最高でした。
    室堂バスターミナルからゆっくり登っても4時間あれば大汝山に着きます。
    大汝休憩所という小さな山小屋があり、そこに一泊するのがお勧めです。
    (高山病にかかるかも知れませんが…翌朝のご来光を拝むにはこれしか方法無し)
    人生観が変わるか解りませんが、登ってみて損な山では無いと思いますよ。

    本だと「インドなんて二度と行くか!ボケ!…でもまた行きたいかも」(さくら剛・著)
    この本、普通のインド旅行記と違いとてもブッ飛んだ内容です。
    インドに行かなくてもインド人の突っ込み処満載さが判りかなり笑えますよ!
    本を読むと、こんなお馬鹿で可愛い民族が同じ地球上で存在してるってのが判るし
    ある意味斬新で人生観変わるのかも?!
    何でも便利な日本で過ごしてるのが馬鹿らしくなっちゃうかもよ(苦笑!)

    ユーザーID:1751547946

  • 小笠原!

    今の時代に飛行機が飛んでおらず、
    片道25時間かけて船で行くしか方法が無い島なんて
    あまり無いですよね。
    帰るときもその船に乗って帰ってくるので、
    「嫌になったから明日帰ろう」ということも出来ず
    その隔離された感じがたまりません。

    自然はもちろん最上級に素晴らしい。
    海は沖縄より綺麗だった気がします。
    イルカと泳げます。鯨も見れます。サメにも会えます。
    私が行った時に、一人旅行の女性の人が同じペンションにいました。
    観光地、観光地していないので、一人でいても気にならないと
    言っていましたよ。

    ユーザーID:6597219132

  • スペイン

    マドリッドの都会より、アンダルシア地方がオススメです。マラガやセビリアも素敵です。22歳の時にクサクサした日常に嫌気が差し、会社を辞め転職する前に思い切って「スペイン生活体験ツアー」に参加。1ヶ月の長丁場のツアーでコンドミニアム滞在型でした。
    地中海にも近く、紺碧の空は群青色に近い程。夜は満点の星。昼は雑踏も静まりかえるシエスタタイム。開いているバルでお茶を飲む昼下がり。セビリアに行く途中で一面のひまわり畑がありました。空の群青色と対比した一面の黄色。はてしなく続く道。ゴッホやピカソの芸術が産まれた場所だとうなづけます。私自身、神経を一本抜かれたような、完全にスペインに魂を抜かれた状態になりました。
    今40代。後にも先にもスペインは別格中の別格。
    一ヶ月はオーバーでも、一週間でもいかがですか?

    ユーザーID:9453766332

レス求!トピ一覧