ピアノ!!!

レス5
(トピ主0
お気に入り26

趣味・教育・教養

sakuran

小2の子どものピアノコンクールについてです。
いろいろなコンクールがあると思いますが○ティナ・・・
先生自身が力を入れているのか、○ティナは他のコンクールとは違うからみたいな事を連発して言われます。
娘は今まで他のコンクールでは上位入賞でしたが、今までのようにはいかないからとも・・・・
○ティナの上位入賞者はすべてをピアノにかけているからとも・・・
正直このような発言をすること自体人格を疑ってしまい最近子どもより私のほうがうんざりしています。
子ども自身はどのコンクールでも取り組み方は同じで、できる限り努力はしていますし、先生に言われたことはこなしていると思います。
ただ、現時点では他にも習い事をしており、すべてをピアノにかけているわけではありません。
もっと練習しなさいと言いたかったのかもしれませんが、こちらとしてはそういう言い方はないでしょうという感じです!!
正直、コンクールで必ず結果を残そう(音楽の道に進む)と思うのだったら他の先生についています。
・・・・がそれはもう少し先でもいいし、という思いもあり今の先生に教えていただいています。
子どもの習い事なのに疲れます。

ユーザーID:9088398887

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 先生も覚悟していると思います。

    トピ様、こんにちは。ずっとトピ様のお悩みを考えていました。
    うちはそのコンクールを6年間受け続けてきました。C級からF級まで。
    今年は諸事情から受けません。振り返ってみますと親も子も二人三脚で
    よくがんばってきました。疲れるという気持ち、とてもよく解ります。
    ただ、そのコンクール経験者としていろんな状況を見てきて、先生方も
    ある程度覚悟のいるものだということです。先生の間のコンクールかなという程
    力が入るという事です。審査員の先生方も立ち上がるときにふらつかれるくらいの
    もので、トピ様の先生も予選の前から、うんと勉強されてきているはずです。

    トピ様にそのご意思がなければ先生の方としてもどう指導していいかわかりませんよね。
    予選をいつどこで受けるか、その前にステップを何回受けるか、作戦まで
    立てて取り組みます。すごいのは北海道や沖縄からもワンレッスン2万円からのレッスンに
    度々通われる〜。アスリートみたいな感じと言えば解り易いですね。
    どの習い事も遊び程度とするか一芸とするか考えは様々です。
    先生を尊敬する姿勢も親として見せたいところですが如何ですか?

    ユーザーID:6227807047

  • 覚悟が必要です

    娘もA1級からC級まで受け受験で1年休み今年D級に挑戦します。
    ハッキリいって、先生と親と子どもの三位一体か三者合体かと言う位チームワークが必要です。先生は課題曲が発表されてから何度もセミナーを受けられ、対策を練られます。親はレッスンに必ず付き添い時にはビデオを撮り、自宅での練習に備えます。楽譜をコピーし自分用の書き込みをするお母様もいます。平日の練習時間は3時間以上休日は5時間位簡単に過ぎてしまいます。B級の時はそれでも人数が多いので対策に苦慮しましたね。
    それでも、音大に入るとかピアニストになるとか考えているわけではありません。ピアノは趣味で続けるそうです。
    と〜〜〜ても大変ですが、とっても楽しいですよ。親子で乗り越えた感があります。今年も頑張ります。

    ユーザーID:0673956035

  • たぶん先生は事実を言われただけでしょう

    ペティナのコンクールは確かに気合いの入った出場者が多いでしょうから、今まで娘さんが出ていたコンクールとレベルが違うというのはわかります。今までよく上位入賞していたからといって、同程度の準備でペティナを受けると、思いのほか評価が出なくてがっかりするかも、ということでしょう。それ自体は十分理解できる内容であり、そう言われたからといって先生の「人格」を疑うというのは、あまりではないかと思います。

    先生は先生である以上、そしてエントリーする以上は「まあ、適当でいいでしょ。今回は挑戦ってことで」とはあまり言わないのでは。大人の趣味ピアノの生徒さんでなく、見込みのあるお子さんであればなおさらです。
    先生の意気込みとお子さんのピアノに対する思い入れとのギャップがあまりに大きければ、うちはそこまではピアノに力入れていませんと、先生におっしゃってみては。その上で、先生が「私は熱心な生徒しかとりたくない」というなら他の先生を探すしかないでしょう。でも、今の先生は熱心すぎるけど指導がうまいとか、確かに上達しているとか、何かメリットがあるのなら、多少は我慢してみてもいい気がしますが。

    ユーザーID:0666204717

  • コンクール出ないという選択は?

    私からすれば、人格を疑うどころか先生の言われている事の方が正論のような気がします。

    せっかく大きなコンクールに出るのに「必ず結果を残そうと思ってない」のであれば、辞退すればどうですか?皆必死になって一丸となる時に当の本人たちが「別に・・・」と言う態度はどうかと思います。いっそハッキリ《今のところ、ピアノにかけている訳ではない。

    必ず結果残さなくてもいい。音楽の道に進もうと思ってない》と、言えばいいじゃないですか。でも、それを言うと先生の熱心さが、覚めるから言えないのではないですか?いいとこだけとって、相手の言い分は聞かないと言うのはおかしいです。指導者はその娘が、少しでも良い結果を出して次につながるように考えています。

    では、「ピテイナは、適当にやりましょ。別にピアノにかけなくても、結果を出さなくてもいいですから」と言われたいですか?子供の年齢が一桁の場合は、親の力や早くに始めた事でなんとかなりますが、この先あまりやる気のない場合はドンドン淘汰されます。子供さん本人の意思を大事にしてあげたいですね。お母様のほうがうんざりされているようです。コンクールに出るにはそれなりの心構えが必要です。

    ユーザーID:7111466991

  • お気持ち、分かります。。。

    >正直、コンクールで必ず結果を残そう(音楽の道に進む)と思うのだったら他の先生についています。

    お母様のお気持ち、なんとなく分かるような気がします。
    今は、多分、良家の子女の嗜みの一つとして、お嬢様にピアノを習わせておられるのではないでしょうか?

    それなのに、先生から、ピアノが全てみたいな言い方をされると・・・、きっと心外でしょうね。。。

    とにかく、今の先生とよく話し合われることが大切だと思います。
    その結果、先生を変えることになったとしても、それはそれで、決して悪くはないと思います。

    ピアノばかり弾いていて、人格的に偏った人間になってしまうよりは、ずっとましかも知れません。

    ユーザーID:3252084950

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧