現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供に絵を教えますか?

迷える母
2009年5月24日 12:21

4才幼稚園年中の息子がいます。
息子は絵がとても下手です。下手というか何を書かせても自分の好きな色でただぐちゃぐちゃと紙を塗りつぶすだけです。
(知能に問題があると言われたことはありません。口も人一倍達者ですし、友達関係も問題はありません。ひらがなカタカナ数字も読めます。)
それでもうれしそうに「お花かいた!」などと見せてくれるので私は無条件に「上手だね!楽しそうなお花だね!」とほめています。

先日幼稚園で母の日のイベントがあり子供たちがお母さんの顔を書いてくれました。
うちの息子は相変わらず好き勝手な色でぐちゃぐちゃと書くだけでした。
それでも「ママがお皿洗っているところ書いた!」と息子が言ったので「かわいく書いてくれてありがとうね。」と言いました。
しかしまわりを見るとけっこうたくさんのお母さんがお子さんに絵の書き方を教えているのに気がつきました。例えば、
「ママのお顔は肌色でしょ?だからまず肌色で顔を書いてね。それから目は黒だから黒で目と眉毛も書いてね。次は口ね。口は赤だから赤で書いてね。ちがうでしょ。お口はもっと下でしょ。髪の毛はママの髪は肩までだから黒で肩まで書いてね。お洋服は紫よ。後ろのあいている所にはお花かいたら?」というような感じで手取り足取り教えていました。
私は自由に書かせているからいつまでも上達しないでしょうか?
やはりある程度絵の書き方というものは教えるべきなのでしょうか?

ユーザーID:6509353661  


お気に入り登録数:26
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:28本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
ある程度は教えます。
もも
2009年5月24日 22:52

手取り足取りじゃないけど
「ママのお顔何色?」「・・・はだいろ?」「そうね」→娘、ベージュ色でマルを書く
「じゃあ髪の毛は?」「くろー!!」「せいかーい」→娘、黒で触覚ぽい髪を2本だけ書く(笑)
背景については「うしろ真っ白け?」「なにかいてもいいの?」「いいよ」
→娘、自分の顔やちょうちょ(黄色のマルが2こくっついたやつ)を描く
こんなかんじで。
これを何度か繰り返すうちに、自分で考えて色を変えるようになりました。

子供は何も知らないので、トイレトレやして良いこと悪いこと、
文字や時間・ご飯中に立ち歩いちゃダメ等、色々教えると思います。
絵や足し算などもそれと同じように、概要を教えて後は考えさせています。

ユーザーID:8882211861
心配ないと思います
アーリッカ
2009年5月24日 23:00

美術家です(保育の専門家ではありません)幼児に美術を教えています

男の子の方が見てすぐ何かわかるような絵を描き始めるのは遅いです
また、年中の5月頃に、まだなにを描いているのかわからない絵しか描かない子も
男の子ではそれほど珍しくはありません
年長の場合ですと、あまり見かけません

自分で何を描いているかのイメージを持っての、ぐちゃぐちゃ描きは
先につながりますので、いまのところ指示して描かせる必要は無いと思います
というか、とても大事です
豊かな内的イメージがあれば、ある時から、きっととてもよい絵を描き出します


ただ、字や数字が読めるというところが気になります
時々、絵や工作のイメージが手に結びつかない子がいて、多くは経験不足が原因ですが
中に、早めに文字の世界と結びつきすぎて、絵も記号的に認識されている傾向がある子がいます
そういう場合、視覚的なイメージが貧困です

一般的な事しか言えませんが、まだ年中なので
自由に描かせる、何を描いたかばかり聞かない、お手本を描かない、比べない
適当なお世辞を言わない、描く機会をなるべく作ってあげる
で良いかなとおもいます

ユーザーID:6752567893
何を教える?
Kaz
2009年5月25日 2:09

>「ママのお顔は肌色でしょ?だからまず肌色で顔を書いてね。それから目は黒だから黒で目と眉毛も書いてね。次は口ね。口は赤だから赤で書いてね。ちがうでしょ。お口はもっと下でしょ。髪の毛はママの髪は肩までだから黒で肩まで書いてね。お洋服は紫よ。後ろのあいている所にはお花かいたら?」

 これは、教えているのではなくて、自分(母親)が気に入るように誘導しているだけですね。子供が絵を嫌いになってしまいますよ。自由に描かせましょう。
 幼稚園のレベルで絵が上達(親が見て上手いと思う程度)して何の意味があるのでしょう。
 自由に描かせて本当に絵が好きになったら、長じるうちに、調べたり学んだりしながら作画のテクニックは身に付けていくでしょう。
 それとも、迷える母さんは、絵と幼児教育の専門家で、わが子に英才教育を施したいのかな。それなら止めはしないです。

ユーザーID:2316054785
教えないで!
ぴよぴよぽよ
2009年5月25日 9:06

教えるママがいるんですね。ちょっとその光景怖いですね。

私は昔から絵は上手だったですが(学校で上手ね、って言われる程度でプロとかじゃないです)、もし親に一言でも否定的なことを言われていたら(違うでしょ、口は赤色ね、とか)絵を描かなくなったと思います。

絵で、口を描くのは赤、というのは一般概念ですよね。
子供の鋭い感性で好きなように書かせてあげていた方が良いと思います。

ややずれますが、私の主人はすっごく字が汚いのですが、字が下手と指摘されるのが嫌なので、どうしても書かなきゃいけない時以外は絶対に書かないというものすごい頑固なポリシーをもって生きています。
一緒に美容院いってもアンケートや住所は全部私が口頭で聞いて記入。結婚式の招待状の返信だって私が全部代筆(失礼ですよね…私は招待されていません)。超面倒です。
否定される(修正を受ける)ことで曲がってしまう人っています。
お気をつけて。

トピ主さんはそのままでいいと思います。

ユーザーID:1323495568
写し書き
ひな
2009年5月25日 9:27

うちの子は絵が好きで紙を見ればどんな紙でもお絵かきする子でした。
ヘタではなかったのですが、なかなか上達しませんでした。

目に見えて上手くなってきたのは、好きなキャラクターの塗り絵などの上に紙をのせて写して書くようになってからです。
写した絵に色を塗っていくので、塗り絵も何度も使えます。
色塗りは綺麗に見える塗り方のお手本を作って、お子さんの塗った物と比べさせるとマネをするようになると思いますよ。

お絵かき用の紙はコピー用紙。
お絵かき帳などより安くて紙質がよく、何度も消してもやぶけにくいです。

あと、褒めてから「ここをこうすると、もっと良くなるかも」とアドバイスしてあげるといいですよ。

ユーザーID:0452631505
教えないでくださいね
自由に
2009年5月25日 9:44

息子さんは小学校受験を考えていらっしゃいますか?
そうでないなら絵の描き方を指導するようなことはしない方が良いと思います。年齢が上がると自然に「人の肌は肌色で目は黒で描く(日本人の場合)」ということができるようになりますよ。
子供を指導してしまう親御さんはつい、見栄えの良いもの=優れたものと考えてしまうんでしょうね。
絵を描くって感性的なものですよね。それを型にはめてしまうのはお子さんにとっては良くないのでは・・・?
話しは脱線しますが、小さい子供が人間の絵を描くと鼻や耳がないことがあります。なぜか?それは目や口ほど鼻や耳という器官を意識していないためです(意識的に使ってる感じがしませんよね)。年齢が上がって意識するようになると描く子が増えてきます。絵でそんな成長を知ることもできるんですよ。

ユーザーID:9153833414
絵は教えない方が良いと思う
りゅうりゅう
2009年5月25日 9:53

7歳双子(2卵性男女)の父親、某美大絵画科卒、某美大予備校講師経験ありです。

卵を描く時、どうします?
「卵は白いから白で描きなさい。」って言いますか?
白い紙には描けませんよね?
黒やグレーで濃淡や影を描かないと表現できないのですよ。
【白】を表現するためには【黒】が必要なのです。
そして、その影の中にもジックリ観ていくと青あり、赤あり、緑ありで実に色々な色が存在するのです。
『肌色』だって良く観ると微妙で複雑な色合いがあり、しかも一人一人違うのです。

私は予備校講師時代、生徒に手取り足取り教えた事はありません。【絵画】というジャンルは芸術表現の中でも唯一と言っていいくらい技術は重視されないのです。
そこが反復練習が必須の音楽と違うところです。
絵には【上手いけどダメな絵】と【下手だけどイイ絵】がありまして、当然【下手だけどイイ絵】の方が良い絵なんです。

御子さんは御子さんの感性で世界を捉え、拙いかもしれないけども必死で表現しているのです。そこへ凝り固まった大人の概念を植え付ける必要はないでしょう。
伸び伸び楽しんで描かせた方が良いと思います。

ユーザーID:5944899544
絵は「教える」ものではありません
あや
2009年5月25日 10:11

技術的に本物にそっくりの絵を描くことを要求するのであれば、教える必要が出てきますが、「絵」って感性ですよね。
感じたことを表すのが絵画ですから、教えることで逆に感性を奪ってしまいます。
型どおりの絵を仕上げることには何の意味もありません。
まだ写真がなかった時代は見たとおりの絵はとても意味を持って重要でしたが、絵画とは違う意味を持ったものです。

空の色を「空色」「水色」「青」など大人が情報を与えてしまうことは逆にマイナスです。
空の色は何色だろう?と考えて見て取ることが重要なのですから。

昔、「ぼくのクレヨン」という童謡がありました。
とても楽しい歌なのですが、今ではかかることがほとんどありません。
なぜかというと、歌の中で
「お日様は赤、空は青・・・」と色を決めてしまっている箇所が多いんです。
これは幼児の情操教育によくないということで使われなくなったと聞いたことがあります。

私は仕事柄プロのイラストレータや漫画家の知り合いが多いですが、彼らはみな「誰にも絵を教わっていない」んですよ。
自分で見たことを何度も絵にして自然に身についた自分の絵なんです。

ユーザーID:0369896611
うちでは
riro
2009年5月25日 13:29

美大出身の3歳児のママです。
絵は教えるものではないと思っています。
でも上手く書けるようになる見方は教えています。

肌は肌色、髪は黒・・・って、全くおもしろくない絵だと思いませんか?
肌って赤いところもあれば青いところもある、
髪も光によって茶色いところや黄色いところ、色々な色があるんです。

「よーく見てご覧。髪の毛は何色に見えるかな。
そうか赤に見えるのね。じゃ赤に塗ってみよう。
ここの部分、光が当たって違う色に見えない?
黄色にみえる?じゃ、黄色に塗ってみよう!」

なんていいながら、子供の感じた色を塗らせています。

鼻の場所が違っていたら
「お鼻はどこにある。お耳より上、下?
お口より上、下?」と私の顔を見せ、場所を確認させています。

ユーザーID:1711015291
小学校教員の夫いわくですが・・・・
きゃんきゃん
2009年5月25日 13:31

小学校の図工の時間では先のお母さんに近い指導をするべきと
しているようですよ。文部科学省の指導要領には、そのような
指導方法が示されているようです。
折角、書き上がった児童の絵画に「ここの色が違うから書き直そう」
なんて指導も間違ってはいないものなのだそうです。
絵は子供の感性で自由に描くものだと思っていた私も、この件では
夫と口論になったこともありますが、夫も自分自身の考え方が
そうであるわけではないので致し方ないことだと思いましたが。

しかしながら、絵の描き方を教えることはしなくても、描き方の気づきを
促してあげることは悪いことではないように思います。
手取り足取り教える必要はないと思いますが、「よ〜く形も見てみようね。
丸いよね」とか「色は何色かなぁ?」なんていう声掛けは悪いことでは
ないと思いますよ。

ユーザーID:3712582171
絵は魂がこもってないと!
シンシン
2009年5月25日 13:48

あの〜、例えばお子さんがトピ主さんの顔を描いてくれたとして、「お母さんの顔はもっとこうでしょ、色が違うでしょ」なんて言って、子供がその通りに描いてくれたとして…嬉しいですか??

私はイラストレーターをしていますが、親に描き方を教わった事はありません。小さい頃なんて(今でもだけど)、同じ年の子と比べても上手じゃなかったです。小学校の先生(専門は国語)にあー描けこー描け言われてショックだったなあ…。高校の美術の先生は自由に描かせてくれて、必ず褒めてくれて、嬉しくてどんどん描いてどんどん上達したなあ…。

本人が「上手く描けないなあ、もっと上達したいなあ」と思ったら勝手に模写して上手くなりますよ。そもそも画家にしたい訳じゃないんでしょ?

あーだこーだ言われて絵を嫌いになったらかわいそうですよ。

ユーザーID:9738427585
教えるというよりも…携帯からの書き込み
四歳ママ
2009年5月25日 14:37

うちはよく鼻や口を忘れるので「あれ?ママの口は?」とか「手と足も書いてね」と言います。

すると「あ、忘れてた!」と書いてくれます。

ユーザーID:3084471026
教えない方が面白い携帯からの書き込み
アイス
2009年5月25日 15:04

小2♂と年中♂の母です。二人共、絵が上手だと言われます(自慢みたいでスミマセン…それだけが取り柄なもので…)子供達の通う幼稚園ではみんながみんな同じ手法の書き方で揃えてあって、それまでの個性が全くなくなって、面白みがなくて、がっかりしました。
勿論、子供達が楽しんで描いた絵なので、めいっぱい誉めてます。
しかし、園児の絵は和みますね。
画用紙をはみ出す程の大きな顔に、左右大きさの違う目やズレた鼻…そんな絵から普段の陽気さが伝わってきて愛おしいです。
絵は皆さんがおっしゃる様に感性なので教えたら勿体無いと思いますが、あまりにグチャグチャで気になると言うのでしたら…一枚の紙に丸を何個か書くのをちょっとアドバイスしただけでグンと形になります。 大きい丸や小さい丸の組み合わせで、顔に見えるようになりますし、大人が手解きしなくとも丸と線が書ければ、子供なりに進化させて、表現出来るものが増えていきます。

ユーザーID:4994196606
教えない
ひー
2009年5月25日 17:29

息子さんの感性のままの絵でいいと思いますけど。
成長すれば、嫌でもいろんな知識が入ってきます。
先入観のない絵って大人になってからは書けません。
そして絵の上手い下手はどれほどたくさんの絵を見てきたかによるよ聞きました。

ユーザーID:7830636947
貴重な時期です
ほたる
2009年5月25日 18:07

本人が悩んでおらず、嬉々として描いてるのならほっといていいと思いますよ。
ただし、感想は正直に。
可愛く描いたな、と思ってもいないのに「かわいくかいてくれて、ありがとうね」と言っては、ウソになります。
「綺麗な色ね」
「おもしろいね」
「ありゃ、お皿はどこなのさ?」
萎縮させない、やる気を失わせないためにも、良い所を発見して褒めてあげるのと同時に、そろそろ物の形を表現できてもいい、と思うなら、疑問を呈してあげるのもいいと思います。
幼稚園児ですから、まだまだ成長には個人差も大きいです。だから、お子さんに合わせてあげてください。
たまに子どもの好きなものを「よーくみて、そっくりにかいてみよう」という課題を与えてみる(描けなくていいから)のも良いきっかけになると思いますよ。

私は以前、絵画教室をやってました。4歳児と小学生ではすごく違います。
きっと、あっという間にありきたりな絵なんか描くようになります。
そっくりに描かせることはいつでもできます。今こそ感性を育てておく貴重な時期だと思いますよ。

ユーザーID:8477057993
子供が自分の絵に満足しているのなら教えない。携帯からの書き込み
クラウディア
2009年5月25日 19:43

いますいます、子供に絵の指導をする親!自分の描きたいように描いたらいいよ、でいいですよ。子供が自分の絵に満足しているのなら、それが最善です。
いずれ、他者と自分を比べてしまい、自分は絵が下手だなあとか思う時があるかもしれません。その時は、アドバイスしたらよいのでは。
うちの子も線の細いミミズみたいな絵を描いてましたが、描きやすい画材を与えたら見違えるように上達し、小学校に上がってからは絵画コンクールで毎年賞をもらっています。

ユーザーID:7322158325
そういう教え方はしません
じょんじー
2009年5月25日 19:48

美大出身、8歳の男の子の母です。

うちの息子もそんな感じでした。幼稚園時代は「なんじゃこりゃ?」系の絵でした。学校に入り、花はこんな風に、家はこんな風にと習うようになっていわゆる子供の絵が描ける様になりました。でも、それは習ったテクニックを使っているだけで、本人が好きな描きたい絵を描かせると、抽象的な線と色だけの絵を描きます。親バカかも知れませんが、味のある絵です。

小さい頃から、花とかお姫様とか普通の絵を描いていた私には、自分とは違う息子の発達の仕方に、かなりの戸惑いがありましたが、そのままを受け入れ(ま、内心はかなり不安があったのですが)、特に、「こういう風に描いてごらん」と促した事はありません。
逆に、訳のわからない絵ながらも、「この青いのは何?」とか物語を語ってもらったりしていました。

お子さんに「これは何のお花なの?」とか「お皿を洗ってる水はどこから出てるの?」とか聞いてみると、きっと興味深い答えが聞けますよ。

ただ、算数とかで「犬が3匹、猫が2匹います。絵で表すと?」的な問題では、手早くそれっぽく見える絵の描き方のテクニックを教えたりしますけどね。

ユーザーID:0014072958
何もいわずに
ショコラウサギ
2009年5月25日 20:48

私は何もいいません。最初は絵を描くことがうちの子らにとってカタルシスだととらえ、あれこれ言っては無意味だと思ったからです。そのうち私よりずっと絵のセンスがよくなってしまい、今は子どもに指導できる状況ではありません。子どもは絵が好きで、絵本や本の挿絵などを手本にして絵を描いていました。なぐり描きの時代から、お互い干渉せず、子どもと一緒に絵を描いてはいました。

どうやら、うちの子らは職人的に物事をつかんでいるようです。

ユーザーID:6221631708
殻を破るのは親と子の共同作業
ksys
2009年5月25日 21:15

影響と言うのは必ず受けるもので、こうでなければならないというのはないでしょうが、自由に描くことだけにあまりこだわると、今度は自由でなければならないという思いにとらわれ、新たな不自由が生まれます。

絵はお手本通りだけが良いとは思いませんが、必ずしも芸術的でなければならないとも思いません。記号化された絵になってしまうなら、その記号を使って自由な表現も出来ると思います。ちょうど私たちが、限られた言葉で伝えようとするように。

心配になったら、こういう風に描いてみればと教え、納得したら次を教え、しなければ待って様子を見る。それでいいと思います。

卵の殻は、ひなが内側から割ろうとした時に、親鳥がそれに合わせて外から割ってあげるのだと言います。早すぎても駄目ですが、何もしないと、ひなは殻から出られません。良く見て合わせてやる事が重要です。それと似ていると思います。

ユーザーID:9739312966
教えません
ツカサ
2009年5月25日 22:05

美大卒です。

「ママのお顔はベージュ色でしょ?だからまずベージュ色で顔を書いてね。」

と描いた絵より、

「自分の好きな色でただぐちゃぐちゃと紙を塗りつぶすだけ」

の方が良いからです。

絵は個人の感性のみが唯一、必要とされるものです。
それを他人からの情報で制限されるべきではありません。

私の子供がお母さんの顔だと好き勝手な色でぐちゃぐちゃと描いたら
「私の作品よりエモーショナルだわ!」と感激したと思います。(←親ばか)

作画技術を親が気にするのは、本人が学校の成績で悩んだ時で十分ですよ。

私だったら手取り足取りのお母さんを見たら、
絵くらい好きに描かせてあげたらと、ため息をついてしまうと思います。

ユーザーID:3930431498
 
現在位置は
です